おとなの週末の編集長インタビュー

編集長プロフィール

講談社
「おとなの週末」編集長 奥裕好さん

おくひろよし 1956年生まれ。早稲田大学卒業後、講談社入社。営業で販売促進を4年間、その後、「週刊少年マガジン」に異動。
今はなきアイドル誌「月刊オーレ」、「FRIDAY」、「週刊現代」を経て、2003年9月より「おとなの週末」編集長。
※覆面調査をするため、顔写真は失礼させていただきます。

編集長写真

第44回 おとなの週末 編集長 奥裕好さん

外食というちょっとした非日常に少しの夢を

―なんと言っても料理写真のインパクトがすごいですよね。すごく旨そうです。

ちょっと恥ずかしいくらい(笑)。でも、これは創刊時の編集長だった鈴木哲の思いなんですよ。彼は「大きいことはいいことだ」の人でしたから、何でもどーんと行けと、気取ってちゃいかん、と。画面いっぱいに旨いものの写真があると、そりゃインパクトありますよね。われわれだって校了してるときに掲載する料理の写真見てると本当に腹が減ってきちゃって目の毒ですよ(笑)。
そういう分かりやすい表現なんですよね。よく女性誌などで見られるような綺麗な体裁や空間を生かしたようなレイアウトは私自身も好きじゃない。どーんと大きく、ストレートに読者の本能に訴えるんです。
でも電車なんかで読んでるとやっぱり隣のひとの目線が気になります(笑)。

―いやぁ本当にお腹がすいてきちゃいます。

まだコンセプトが固まっていなかった創刊号
まだコンセプトが固まっていなかった創刊号
創刊2号めからはもう今の形に近い
創刊2号めからはもう今の形に近い

この雑誌は、もともと「週刊現代」の増刊で出したんですよ。当時の鈴木哲編集長中心にグラビアの延長で何か別冊やってみようと。あのころの週刊誌はまだ余裕があったので、結構外部の人たちと毎日飲み歩いてたんです。で、いろいろ口が肥えたりしてたし、食がブームだったりで、そのあたりでやってみようかと。
創刊は2001年7月でしたが、創刊号はなんでもごちゃまぜで、「週刊現代」のグラビアの拡大に過ぎなかったんです。ですからあまり売れませんでした。
で、考えた。アンケートとってみると、やはり食のニーズが高いんですよ。
じゃあ、いっそ食を前面に出した構成にしてみようじゃないの、ということで2号目からは、いまと同じ路線になりました。表紙から寿司がどーん、です(笑)。月刊化して私が編集長になったのが2003年9月でした。
でも、会社の経費で飲み食いできる人はいいけど、普通はそうはいかないですよね。サラリーマンが自腹でいけるのはやはりひとり5000円くらいかなと。なのでお酒を飲んでもひとり7~8千円くらいで、そこそこいいと思える店を中心に紹介してみました。これはうけましたね。

―年齢はそこそこ高めですよね。

写真や資料はきっちり整理されている
写真や資料はきっちり整理されている

45、6歳ですね。男性6割弱、女性4割強といったところでしょうか。女性のほうが読者は若いです。まあ経験値が高くて同時にいろんなものを客観視できる、いわゆるおとなですね。ちょうど「サライ」が注目されてもいたので、その辺りも目標に考えたりもしました。でも、基本は自腹で行けるということに主眼をおいてます。

―あとは覆面調査ですね。

はい、これも最初から守っているコンセプトです。正直に自分たちが感じたことをやろうと。ですから店の宣伝はやりません。まずは評判の店や自ら探した店などへうちの編集とライターがペアで食べに行きます。そして、 それが納得いくものであれば、そこで初めて取材許可をとって撮影、掲載となります。
もちろんなかには掲載不可の店もありますが、料理の写真や外観などは基本的に載せるようにしています。おいしい料理は公共の宝であると思っているからです。もちろん店側とは誠意を尽くして話した上でですが。
そんな掲載不可の店でよくあるのが、行列ができて近所に迷惑がかかるから止めろというものです。そんな場合は仕方ないので掲載しないのもありますが、基本は、いい店は掲載するというスタンスで望んでいます。

―なんで男女ペアで取材するんですか。

これは男の視点と女の視点が違うからなんです。男はどうしても食そのものやお酒などに目がいってしまいますが、女性は器だったりもてなしだったり店の雰囲気だったりで、ペアでいくとそのへんのバランスがうまくとれるんですね。そして2人の掛け合い漫才のような臨場感のある記事にもなりますし。むかしは覆面調査用の店の採点表とかもあったのですが、いまはもうみんなよくわかってきているので使ってないです。

―文字通り「おいしい」取材なので、うらやましがられませんか。

実際やってみると大変ですよ。焼き鳥屋だけで何十件食べ歩くとか(笑)。朝昼夜とすべて外食になるわけですし。幸いみんなたくましいので頑張って食べまくってますが、健康診断の数値とかは気になりますよ。
社内に食堂があるのですが、たまにそこで食べたりしてると、こいつ仕事してないって言われたり(笑)。

―食に関わるひとは体張らないとできないとよく言いますね。編集部は何人いらしゃるんですか。

開放感のある作業室
開放感のある作業室
編集部も広くてゆったりしている
編集部も広くてゆったりしている

私を入れて5人です。あとは外部のライターが12、3人です。編集は女性がひとりですが、ライターはほとんどが女性ですね。まあ食の取材って、判断が基本的に主観的なものなので、評価が難しいところはありますが、長いことやってると客観的に見えるようになってきますね。ペアで動いていると特にそうですよね。

―編集会議とかはどんな感じなんですか。

いわゆる会議みたいなのは月1でやります。みんなから企画を出してもらって、それを私が判断してゴーサイン出す形です。覆面取材で上がってきたものは一通り私がチェックして、全体のバランスを見ながら構成していきます。とくに紹介する店の場所のバランスには気を配っています。
いわゆるB級グルメものも流行ってます。これは経費が抑えられていいということでやったこともあるのですが、逆に売り上げが落ちちゃって(笑)。やはりこの雑誌の読者には、外食というちょっとした非日常の部分に少し夢がないといけないんでしょうね。

―広告部からタイアップを頼まれたりしませんか。

それはありますよ。編集部がつくったほうがクライアントにとっては魅力的ですからね。年に一度くらいやりますが、これも基本的には、よいしょ記事ではなく、いい悪いは編集的判断でいいというもののみです。でないと読者の信用を失ってしまいますから。 ですから広告、宣伝がらみのページは基本的には広告部がつくっています。
女子スイーツ部といった企画もありますが、これは女性編集者がひとり入ってきたからこそできたページで、女性が入ると記事の幅が広がるいい例かもしれませんね。
お取り寄せページなどもつくっていますが、これはよく売れています。楽天に店を出したりしています。
ですからデジタル対応などももっと積極的にやらねばならないのでしょうが、まだまだこれからですね。

―今後もこの方向を維持していかれますか。

雑誌から生まれる書籍も多い
雑誌から生まれる書籍も多い

そうですね、基本は食なのですが、「食を愛する 街を楽しむ 旅に恋する」といったキャッチコピーのように、もう少し街や旅についてのページを増やしていこうと思っています。
私自身、街を歩くのが大好きなんですよ。暇さえあれば裏路地を散策したりしてる。もちろん健康への配慮もありますけどね。でも、会社のある文京区音羽から銀座まで歩いていって飲むなんてのも、いろんな発見があっていいものですよ。

編集長の愛読誌

(2010年10月)

取材後記
表紙からいきなりどーんと旨そうな料理。ページをめくればそれらのオンパレード。いやぁこれには誰もがやられてしまいます。理屈ぬきに本能に直接訴えてくるものがあります。
しかし、こういう取材こそ文字通り自分の体を張ってやらなければならないものなので、実は結構大変です。
むかしは「すし」を取り上げると常に評判がよかったそうですが、最近はそうでもなくなってきたようです。食のバラエティも広がりましたし、何より景気がよろしくない。創刊当初はひとり5000円という設定が、いまでは4000円くらいになってきているというのも頷けます。
だからといって、激安居酒屋をやるわけにもいかないでしょうし、なかなか舵取りも難しいところです。ただ食に関して、読者のレベルは相当なものだと思われます。だからこそ正直にやらないといけないでしょうし、店側も客商売の原点をつねに考えて経営をしていかないと、すぐに見放されてしまう厳しい現実がありますね。
でも週末のプチ非日常のちょっとした贅沢には、いろんなバリエーションがありそうで、取材テーマには事欠かない気がします。 講談社の社食も、私から見たらプチ贅沢な非日常ですから、どうかみなさん、編集部の人がいても大目にみてあげてください。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

おとなの週末の商品詳細

  • 出版社名:講談社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月15日
食を愛する、街を楽しむ、旅に恋する大人の情報誌
三大テーマ「食を愛する・街を楽しむ・旅に恋する」を毎号、美しい写真と共に特集。東京都内を中心とした質の高い飲食店など、プライベートをさらに充実させてくれる情報が満載。お店の情報量が多く、実際にスタッフが覆面取材をした情報なので、お店選びの際の参考にぜひ!比較的カジュアルなお店を多く扱っており、コストパフォーマンスも抜群です。女性スタッフが選ぶスイーツ特集など女性向けの記事も豊富です。

+   おとなの週末の目次配信サービス

おとなの週末の今すぐ読める無料記事

おとなの週末を買った人はこんな雑誌も買っています!

グルメ・料理 雑誌の売上ランキング

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌