• 雑誌:ワイナート(Winart)
  • 出版社:美術出版社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の5日
  • 参考価格:[紙版]1,980円 [デジタル版]1,782円
  • 雑誌:ワイナート(Winart)
  • 出版社:美術出版社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の5日
  • 参考価格:[紙版]1,980円 [デジタル版]1,782円

ワイナート(Winart) 最新号:2024年7月号 (発売日2024年06月05日)

美術出版社
ヘイテージ品種ともいうべく3品種(シュナン・ブラン、グルナッシュ、サンソー)を中心に現地取材!

ワイナート(Winart) 最新号:2024年7月号 (発売日2024年06月05日)

美術出版社
ヘイテージ品種ともいうべく3品種(シュナン・ブラン、グルナッシュ、サンソー)を中心に現地取材!

ご注文はこちら

2024年06月05日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
10%
OFF
この号なら
1,782円
送料無料
2024年06月05日発売号から購読開始号が選べます。
次号予約受付中!

ワイナート(Winart) 最新号:2024年7月号 (発売日2024年06月05日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
【特集:南アフリカ ブドウ品種にフォーカス いま飲むべきその理由】
 南アフリカワインならではのアイデンティティの追求

 クライン・ザルぜ・ワインズ/テスタロンガ/ライネケ・ワインズ/
 カープツィヒト・ワイン・エステート/フラム/クルーガー・ファミリー・ワインズ/
 ボスマン・ファミリー・ヴィンヤーズ/A.A. バーデンホースト・ファミリー・ワインズ/
 ローレンス・ファミリー・ワインズ/ウォルフ・アンド・ウーマン・ワインズ

 コラム1 古樹にフォーカスした画期的プロジェクト
 コラム2 輝きを取り戻した美しきピノタージュ

 ワインリゾートで気軽に楽しむ至福のペアリング
 南アフリカワイを買う、飲むなら、ココ!
 取材先生産者のワイン 試飲コメント48本

 旅のプロローグを彩る シンガポール航空で南アフリカへ

【特別企画:多様化時代の新ジャンル ノンアルコールドリンク最前線】
 ノンアルコールドリンクはワイン市場のフロンティアとなり得るか?
 愛好家にとっての第3の選択 進化系ノンアルコールワイン
 「今日は“ゼロ”の日」、ソバーライフを楽しもう!
 ノンアルコールの未来を拓く イタリアの新星「アルテルナティヴァ」
 ペアリングの新境地を開く オルタナティブドリンク
 フレキシブルが合言葉!パリのノンアルコール事情

【ほか】
 日本のハチミツと水で造る 古くて新しい酒、ミード
 いかなる年もフローラル 2015年の象徴はカーネーション
 クリュッグの新醸造施設 “ヨーゼフ”がアンボネイ村に完成
 自然が授けるリッチネス ラ・グラン・ダネ&ロゼ 2015
 夏のおすすめ&新商品 ワインカタログ
 読者プレゼント&次号予告

【巻頭グラビア】
 今号のワイン/世界のカベルネ・フラン
 今号の人/トレヴァー・ダーリン
 今号のレストラン/ラ・プリスティン レストラン 東京

【カラー連載】
・締めの一杯はこれでいく ワイン好きに捧げる食後酒入門
 第11回 ヴァン・ド・リキュール 田上 健一
・ワイナート的写真の見方 ファインダーの向こうがわ
 第4回 写真家 木村 文吾
・パンとワインの美味しい関係 
 第53回 シミット 大和田 聡子

【モノクロ連載】
・造り手を変えた1本 第58回 ルナー 9. 2008 モヴィア
 今回の造り手・坂爪 清志 (KIYO wines)
・飲み手と造り手のためのワイン法講座/蛯原 健介
 第29回 スポーツ観戦とお酒のむずかしい関係

【レポート】
・国際化と先進性に注目 ワイン・パリ&ヴィネクスポ・パリ
・2年に一度の大試飲会 レ・グラン・ジュール・ド・ブルゴーニュ
・ラタフィア再発見 ラタフィア・シャンプノワ、特別カクテルランチ開催
・石田博による特別講義 赤・白ワイン別にみるボルドーの先進性
・品種から読み解くサヴォワのワイン
・ドイツワインのいまを知る プロヴァイン&4地方をめぐる旅
・ “思ったよりも”冷涼で多彩なパソ・ロブレス
・オーストリアと北海道で比較
・ツヴァイゲルトの多彩なスタイル 
・ワークショップで見えたアルバリーニョの未来

【ほか】
・ワインラバーのためのWINE CULTURE REVIEW
 BOOK 織田豊
 『ブラインドテイスティングの教科書 科学的アプローチからワインを理解して品種を当てる』(著)鈴木明人
 MOVIE 相田冬二
 『フェラーリ』
・ワイナートワールドワインニュース
 フランス/イタリア/アメリカ/日本/その他
・自宅でもワインライフを楽しめる ワインイベント&お得サービス掲示板
・バックナンバーと書籍のご案内
・ショップリスト
・インフォメーション
・協力社一覧
・ショップ発イチオシ情報
 フランスワイン専門誌 ラ・ヴィネ/
 インタートワイン ケーエム 山仁(yamajin M×K intertWine)/
 サッポロ・ヴァン・ドゥ・キャビネ Sapporo Vin de Cabinet

【ワイナートワインガイド】
・生産者インタビュー
 ヴィニョーブル・ファミーユ・アンドレ・リュルトン/ブリス/シャルトーニュ・タイエ/
 ユレ・フレール/ポメリー/シャントレーヴ/シャトー・ピション・バロン/
 レ・ミル・ヴィーニュ/ミルコ・テピュス/セント マルガリート アン プロヴァンス/
 マローロ/ピオ・チェーザレ/ヴィベルティ・ジョヴァンニ/アテムス/
 オルネッライア/ラシッチ/ヴィティクルトーレス・マス・ダン・ジル/ 
 リッジビュー/レンツマーク/ロークシュファルヴィ・ワイナリー/ロシディ/
 ボーリュー・ヴィンヤード/カレラ/ラ・ペレ/マサイアソン・ファミリー・ヴィンヤード/
 メリーヴェール/テール ・ルージュ&イーストン・ワインズ/
 バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ/ビーニャ・サンタ・モニカ/
 マリヌー/seven cedars winery 

・セミナー&試飲会テイスティング
 ブルーノ・パイヤール/ピエール・パイヤール&ランスロ・ピエンヌ/ ジャン・マルク・ブロカール/
 G.D.ヴァイラ/ピエモンテワイン/ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ/ルエダワイン/
 イタタ・ヴァレー試飲セミナー/アルトス・ラス・オルミガス

※掲載のワインの価格は、基本的には税込み価格です。
※掲載のデータは2024年6月5日発売時点の情報となります。各施設、店舗、ワイナリーの最新のデータは直接お問い合わせいただくか、ホームページなどでお確かめください。
1998年創刊のワイン&フードマガジン。3・6・9・12月上旬発売。最新号6月5日発売の117号の特集は「南アフリカ 〜ブドウ品種にフォーカス いま飲むべきその理由〜」。巻頭特集としては、2019年の掲載以来2度目となる南アフリカのワイン。前回は南アフリカならではのアイデンティティを追求する新進気鋭の生産者たちを取り上げ、新しいフェーズを迎えた南アフリカワインの「今」を記事にしたが、今回はよりワインそのものの理解を深めるべく、品種にフォーカス。ヘイテージ品種ともいうべく3品種(シュナン・ブラン、グルナッシュ、サンソー)を中心に、それら品種を語るにふさわしい10名の生産者を現地取材。また適応品種を探る中で再注目されるになった「古木」のプロジェクトとその取り組みも紹介する。



目次1
目次2
今号のワイン
今号の人
今号のレストラン
特集 南アフリカ ?ブドウ品種にフォーカス いま飲むべきその理由?
旅のプロローグを彩る シンガポール航空で南アフリカへ
多様化時代の新ジャンル ノンアルコールドリンク最前線
日本のハチミツと水で造る古くて新しい酒、ミード
いかなる年もフローラル、2015年の象徴はカーネーション
クリュッグの新醸造施設 “ヨーゼフ”がアンボネイ村に完成
自然が授けるリッチネス ラ・グラン・ダネ&ロゼ 2015
夏のおすすめ&新商品 ワインカタログ
第11回 締めの一杯はこれでいく ワイン好きに捧げる食後酒入門
第4回 ワイナート的写真の見方 ファインダーの向こうがわ
第53回 パンとワインの美味しい関係 
読者プレゼント&次号予告
第58回 造り手を変えた1本 
第29回 飲み手と造り手のためのワイン法講座
レポート1 国際化と先進性に注目、ワイン・パリ&ヴィネクスポ・パリ
レポート2 2年に一度の大試飲会「レ・グラン・ジュール・ド・ブルゴーニ」
レポート3 ラタフィア再発見 ラタフィア・シャンプノワ、特別カクテルランチ開催
レポート4 石田博による特別講義 赤・白ワイン別にみるボルドーの先進性
レポート5 品種から読み解くサヴォワのワイン
レポート6 ドイツワインのいまを知る プロヴァイン&4地方をめぐる旅
レポート7  “思ったよりも”冷涼で多彩なパソ・ロブレス
レポート8 オーストリアと北海道で比較、ツヴァイゲルトの多彩なスタイル 
レポート9 ワークショップで見えた アルバリーニョの未来
ワインラバーのためのWINE CULTURE REVIEW
ワイナートワールドワインニュース フランス/イタリア/アメリカ/日本/その他
自宅でもワインライフを楽しめる ワインイベント&お得サービス掲示板
バックナンバーと書籍のご案内
ショップリスト
インフォメーション
協力社一覧
ショップ発イチオシ情報
今号のコメンテーター
セミナー&試飲会テイスティング
生産者インタビュー
ワイナートワインガイド

ワイナート(Winart) 2024年06月05日発売号掲載の次号予告

山梨のワイン魅力再発見!
歴史と伝統に培われた、確かな品質のワインを数多く生み出している山梨。
老舗ワイナリーから近年設立された新しいワイナリーまで、その幅の広さは他の産地にはない山梨ならではの特徴であり、また、海外にその名を知られるワイナリーも数多く存在します。
ブームと言われるほど日本ワインに高い関心が寄せられるようになったいま、改めて日本ワインを牽引してきた山梨に注目をし、その真髄に迫ります。

※内容は変更となる場合があります。

ワイナート(Winart)の内容

  • 出版社:美術出版社
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:3,6,9,12月の5日
ワインをこよなく愛するみなさまにぴったりの一誌です。ワインと食のビジュアルマガジン『ワイナート』
『ワイナート』は、ワインを中心とした豊かな生活を提案する、新しいタイプの雑誌です。フランスやイタリアといった主要ワイン生産地を訪ねる現地取材の特集記事と、個々のワインを100点法による点数付けで評価するテイスティング・コメントは、おいしいワインを知るためには必見の記事。他にも、料理とワインの相性といった、食への探究も『ワイナート』におまかせ下さい。

ワイナート(Winart)最新号の目次配信サービス

ワイナート(Winart)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ワイナート(Winart)のメルマガサービス

ワイナート(Winart)よりメールマガジンをお届けします。

※登録は無料です

おすすめの購読プラン

ワイナート(Winart)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ワイナート(Winart)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.