※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:TIME(タイム)
  • 出版社:Time Magazine Hong Kong Limited
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜発売(但し、不定期の合併号があり発売のない週もあります。毎年流動的な刊行数になります。)   
  • サイズ:A4変形
  • 参考価格:1,100円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:TIME(タイム)
  • 出版社:Time Magazine Hong Kong Limited
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜発売(但し、不定期の合併号があり発売のない週もあります。毎年流動的な刊行数になります。)   
  • サイズ:A4変形
  • 参考価格:1,100円
  • 雑誌
  • 69%OFF

TIME(タイム)

海外出版社への注文手続きの関係上、ご選択頂いた開始号からのお届けが出来ず、開始号がずれる場合がございます。(期間でのご契約ではございませんので、開始が遅れましてもご契約冊数分は最後まで配送されます。)
  • 雑誌
  • 69%OFF

TIME(タイム)

海外出版社への注文手続きの関係上、ご選択頂いた開始号からのお届けが出来ず、開始号がずれる場合がございます。(期間でのご契約ではございませんので、開始が遅れましてもご契約冊数分は最後まで配送されます。)

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
TIME(タイム)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

50冊 16,848円(税込)
最大
69%
OFF
※他のプランもございます

TIME(タイム) 雑誌の内容

  • 出版社:Time Magazine Hong Kong Limited
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週火曜発売(但し、不定期の合併号があり発売のない週もあります。毎年流動的な刊行数になります。)   
  • サイズ:A4変形
  • 参考価格:1,100円
No.1国際英文ニュース誌!本商品はTime Asia Edition です。
1923年創刊、発行部数368万部。世界200カ国、2000万人が読む世界最大の英文週刊ニュース誌「TIME」。政治、経済、環境、文化、エンターテイメント、最新医療事情等、様々な分野をグローバルな観点から鋭く切り込む世界のオピニオンリーダー。日本では入手しにくいニュースを、TIME独自の見解・視点で伝えます。また、アジア版では日本の読者向けに、よりなじみの深いニュースを編集しておりますので、日本人にも身近な話題を外側から知る事が出来ます。そしてビジネスやインターネットなど、さまざまなシーンで英語力が重要視される時代。現代英語のお手本とされ、洗練された英語表現を駆使したタイムなら、世界の情報を通して生きた英語表現が身につきます。TIME is published by TIME Magazine HK Limited. TIME publishes weekly, except for seventeen double issues that count as two of forty-eight issues in an annual subscription. Frequency of magazine issues is subject to change without notice, which may include changes in the number of double issues. Offer valid in Japan only. Offer subject to change without notice.

TIME(タイム)の無料サンプル

2014年12/22特大号 (2014年12月16日発売)
2014年12/22特大号 (2014年12月16日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

TIME(タイム)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.38
全てのレビュー:555件

レビュー投稿で500円割引!
レア記事もあって面白い
★★★★★2021年04月26日 パピヒコ 専業主婦
日本ではほとんど報道されない記事なども読むことができ面白い。
国際社会の情報網
★★★★★2021年04月19日 keii アルバイト
定期購読していると、常に国際化社会と接点をもっていられる気がして、情報に遅れないでいられると思えるところが利点です。日本だけではなく、世界の人々からのご意見欄が読めて、記事の共有が楽しいと思います。
海外からの視点で
★★★★☆2021年04月11日 あき 会社員
2年半ほど定期購読しています。内容はビジネスから政治、アートや映画、音楽と大変幅広く、同じニュースについても日本のメディアとは異なった視点で書かれていることもあり、毎回楽しみに読んでいます。定期的にネイティブの英文に触れることで、英語の勉強意欲もキープできています。
世界を知る
★★★★☆2021年04月04日 すへ 専業主婦
TIMEは私には難解です。正しく内容が理解出来ているかは自信はありませんが、いつかはTIMEを読めるようになりたいと思っていました。以前より読解力はついたと思います。毎回興味のある記事を継続して読むことは英語力だけでなく、世界情勢も知ることができ、TIMEは魅力ある雑誌だと思います。
読めると嬉しい
★★★★★2021年04月04日 ゆう 会社員
英検1級合格を目指し購読し始めました。 最初、難しいですけど、徐々に読めるようになると嬉しくなります。 単語帳では、なかなか覚えられない単語も文章の中に同じ単語が出てくるので、覚えやすいです。 長文の正答率も上がってきたので、これからも「読む習慣」を大事にして、合格を目指したいと思います。 内容に関しては、トピックが幅広くとても興味深い内容がたくさんあるので、飽きません。
TIME
★★★★★2021年03月26日 B 大学院生
会社員をやりながら、学校を通っているので、あまり読む時間がなくて一時読まなくなったが、後で読んでも歴史を感じるし、良い雑誌です
最高の教材
★★★★★2021年03月20日 lemon 会社員
これだけ洗練された英語をこの値段で手にできる、本当に豊かな時代になりました。何十年も英語を学習していても、今だに新鮮に毎号新たな発見のあるTIMEを一生読み続けます。英語初心者の方も、自分の好きな写真からタイトルだけを学習しても良いですし、何行か読んで表現方法や新しい単語を覚えるのにも良いでしょう。手に取って損はありませんよ!!
英語力向上のお供
★★★★★2021年03月12日 PON君 学生
Timeは、かなり良い素材が充実していて単語力の増強や教養を広めるのに役立ちます。ぜひ活用してください!
Good enough to read!
★★★★★2021年03月08日 Nick 部長
最近はあまり買いませんが、以前は、情報収集と英語学習を兼ねて購読していました。メディアの凋落が叫ばれていますが、TIME誌のクオリティは今も昔も変わっていないようです。本物の英語読解力をつけるためには必須の英文誌かもしれません。
レベルが高い
★★★★☆2021年03月07日 blue 自営業
数年前に英検1級を取り、今は産業翻訳の仕事をしています。仕事上、英語の読解力を上げなければならず、TIMEを読み始めました。まだ3冊しか読んでいませんが、以前読んでいた英字新聞に比べるとずいぶん負荷がきつく感じられ、まだスラスラとは読めません。しかし、TIMEを読むのは個人的な目標でもあったので、頑張って読んでいくつもりです。
レビューをさらに表示

TIME(タイム)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

TIME(タイム)はアメリカで1923年に発行された歴史ある雑誌です。これは愉しむための情報ではなく、世界をまたは外から見た日本を知るための情報雑誌といえる存在です。日本では世界のニュースといっても殆ど知る機会は限られていて、自分で積極的に動かなければ「井の中の蛙」になってしまいます。そんな時に役立つのがTIME(タイム)誌ではないでしょうか。時事問題からエンターテイメントまで、様々な話題が取り上げられています。小さな記事であっても読み応えがあり、それを知ることが出来たことをありがたいと思うはずです。

TIME(タイム)のコラムとなる題材は目を覆いたくなるもの、わざわざ知りたくないと思えるものなどもあります。例えるなら他国内での虐殺や、軍事行動による死者の写真です。それを見るには覚悟がいるでしょう。でも知るべきであり、知ったからには何かをするべきではないかと考える切っ掛けを与えてくれます。TIME(タイム)は近年、その年の最も影響を持つ100人を発表するようになり日本人も仲間入りすることがあります。視点はあくまでもアメリカ側のものですので、これだけで世界を知ることはできません。でもアメリカはこういう見方をするのかと、理解するひとつの道具となりえます。
おすすめの購読プラン

洋(海外)雑誌の売上ランキング

最大
10%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2021年05月14日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ

ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
――――――――――――――――――――
[Top News]
Noguchi and NASA crew return to Earth in SpaceX capsule
宇宙飛行士野口さんら、無事地球に帰還


[Easy Reading]
Portugal opens 516-meter pedestrian suspension bridge, the world’s longest
世界最長の歩行者用つり橋、 ポルトガルにオープン


[National News]
Prime minister orders creation of large-scale vaccination centers in Tokyo, western Japan
大規模ワクチン接種会場設置へ
、他


[World News]
Myanmar protests, crackdown go on after 3 months
ミャンマー、クーデターから3 ヵ月
、他


[Science & Health]
NZ to make banks report climate impact
NZ、金融機関の気候への影響開示義務化へ


[Focus]
ABBA’s Bjorn Ulvaeus: ‘Pay songwriters their worth’
ABBA ビョルン・ウルヴァース氏、音楽制作者の窮状を訴える


[This Week’s OMG]
109-kg fish, age 100, caught in Detroit
米デトロイトで超大型チョウザメを捕獲


コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
――――――――――――――――――――
[シネマ倶楽部]
今週は老いによる思い出の喪失と、親子の揺れる絆を描く “The Father”をご紹介します。


[LUANN]
少しずつ成長を続ける 主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描く ほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。


[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。世界中で愛されているコーヒーが今、地球温暖化の影響により生産の危機に陥っています。今週は環境変化に強いコーヒー豆の品種改良への期待が高まっている様子についてお届けします。


[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。今週登場するのはタン・イン・ツェンさんです。新型コロナウイルスの感染拡大が比較的落ち着いたシンガポールでは 職場への出社制限が緩和されました。しかし、テレワークに慣れた人々にとってこれは必ずしも歓迎される変化ではないようです。


[The Western Way of Thinking]
この連載では、西洋的な考え方について歴史や人物を通して知ることで、外国の文化への理解を深めていきます。第2回は、土地についての考え方を学びます。


[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのは都内11 ヵ所の上空でニコちゃんマークを描くフライトを実施して話題を呼んだパイロットの室屋義秀さんです。20歳で単身渡米し、小型機の免許を取得した。空の上で使われる共通言語は英語ですが、やり取りする相手はネイティブスピーカーとは限らないと話します。


学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
――――――――――――――――――――
[3-minute Reading With Kip]
やさしい英語でさくさく読解エクササイズするコーナー。筆者はイギリスに住んでいたころ、数々のホームパーティーに招かれました。その中で、ある家族のことが印象に残っているそうです。その家族は、少し変わった方法でコミュニケーションをとっていたようですよ。


[Describe This!]
言えそうで言えない日常の場面を英語で表現してみるコーナーです。今週は「注文」に関する表現を学んでみましょう。


[Basic Verbs in the News]
英語を理解するには、take、get、make のような基本的な単語の用法を押さえるのかが第一歩。このコーナーでは、記事の中で使われている基本語を観察しながら、そのさまざまな使い方をマスターします。基本語に精通することで、記事をスラスラ読める力を身に付けましょう!


[英語でお仕事101]
基礎からビジネス英語を学んでみましょう。今週のテーマは「電話対応」に関する表現をご紹介します。


[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今週のテーマは”Go off”です。句動詞について学んでみましょう。


[Crossword Puzzle]
景品が当たるクロスワードパズルに挑戦してみましょう。正解者の中から抽選で20名に Alphaロゴ入りマスクを差し上げます。


[Life as an Expat]
ロンドン駐在中の須藤ひかるの海外奮闘記をお届けします。









※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:288円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/04/23
    発売号

  • 2021/04/16
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

  • 2021/04/02
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021年04月30日発売

目次: 週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/5/2-9号

This Week
On the Cover

八代亜紀さんと洋楽の関係
「舟唄」など数々のヒット曲を持ち、「演歌の女王」として知られる八代亜紀さん。実は洋楽のファンで、英語の歌も収録してきました。あまり知られていませんが、歌手になったきっかけを作ったのはある米国人ジャズシンガーの歌声でした。今週号の表紙は、八代さんの撮り下ろし写真です。Special面にインタビュー記事も掲載しています。無料アプリ「朝日コネクト」ではインタビューの動画をご覧いただけます。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks  多様性輝く米アカデミー賞
第93回アカデミー賞の授賞式が4月25日、米ロサンゼルスの名所ユニオン駅で開催されました。作品賞・監督賞・主演女優賞の三冠を得たのは、家を手放し車上生活を送る人々の生活を追った「ノマドランド」でした。中国出身のクロエ・ジャオ監督は、有色人種の女性で初めての受賞です。今年のオスカーは、多様性に富んだ祭典となりました

◇Travel: メキシコ・ツィンツンツァン
発音が難しい地名は、現地の言葉で「ハチドリがいる場所」という意味です。首都メキシコ市から西に向かうと、太平洋に面したミチョアカン州があります。ツィンツンツァンは州の内陸部にあるパツクアロ湖岸に位置し、かつてはアステカ帝国のライバルとされた王国の都でした。半円形の遺跡が有名です。


◇Movies: ジェントルメン
ガイ・リッチー監督の原点回帰ともいえる、ロンドンが舞台の複雑で精巧な犯罪群像劇です。大麻の売買で成功した米国生まれの主人公ミッキーは、ビジネスの売却と引退を決意。うわさがロンドンの暗黒街に広がり、巨額の利権をねらうユダヤ系米国人の大富豪や私立探偵、中国系マフィアらが跡目争いにしのぎを削ります。複数の登場人物が複雑に絡み合い、ドラマが二転三転して鮮やかに着地する一連の流れは、まさにリッチー監督のお家芸です。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、カナダの下院議員が着替え中にうっかりオンライン会議に参加▽デジタル地球儀「グーグルアース」に過去40年の地球の変化を見る機能▽陸軍士官学校で大規模カンニング発覚▽英ウィンザー城内でフィリップ殿下の葬儀――のニュースをお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学び
ましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めるこのコーナー。これまでは英文の読み上げ速度を変えて、ノーマルスピードとスロースピードで計2回音声を流していましたが、4月からスロースピードを廃止し、ノーマルスピード1回のみにしました。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、昨年まで2回流れていた音声を1回だけとする問題が増え、1回で聞き取れる能力が求められていることに対応しました。また、英文の分量をこれまでの倍近くに増やし、聞き取って記入する欄も増やしました。今週号のテーマは「ハリー王子夫妻、英王室から完全離脱」です。


◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーとその家族が夕食を食べながら写真を見て1年前を振り返ります。


◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。4~6月は、英国ウェールズ出身のベサニー・カミングスさんが担当します。現在は東京都大田区役所に国際交流員として勤務し、文化や言語の架け橋として外国人区民をサポートしながら大田区や母国の魅力を紹介しています。今週号では、観光地ではない場所を気ままに訪れる楽しさを説いています。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトで筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。

◆シミケンの英単語使い分け講座
KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんの名物コラムが、装いを新たにしました。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では「におい」の使い分けを説明します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 蒲生町(鹿児島県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんの人気コラムが、舞台を東京近郊から日本各地に拡げました。それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を、独自の視点で紹介します。コロナの流行が一段落しインバウンドの旅行者が戻ってきたら、英語で景勝地を外国人に説明するのに役立ててください。今回は大クスノキで知られる蒲生八幡神社を訪れました。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今週号のテーマは「頭を絞る」です。

◆Essay: POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセーです。日本では夫婦別姓論議が長年続いていますが、今週号では、日光や、家の窓からの景色に関する日米のとらえ方の違いを考察します。

◆Novel: 町をおそった悪夢のなぞ
AWで数々の人気小説を発表してきたアンドリュー・ヒッチェンさんのファンタジーサスペンスです。主人公の男の子と女の子は毎晩悪夢に悩まされています。調べていくと、自分たちだけではなく町中の住民が同じように悪夢を毎晩見るようになり、その内容が同じだということが分かりました。その原因を探るため、二人は町外れにある「立ち入り禁止」の廃墟を訪れますが……。

◆英文読解 それってどんな意味?
辞書の訳語を「平行移動」して英文に当てはめただけでは真に英語を理解したとは言えません。辞書の語義はその単語のごく一部の姿でしかないのです。文学作品からニュースまで豊富な素材を使いながら、直訳ではなく自然な日本語を重視した意訳のコツを伝授します。時には原文の英語が間違っていることもあります。そういう時はどうすればいいでしょうか。筆者は東京大学名誉教授の山本史郎さんです。

◆ハタと膝を打つ英語表現
専修大学文学部教授の田邉祐司さんが、英語話者と実際にやりとりしたメールや手紙などの中から、実践的で役立つ表現をピックアップして解説します。

◆Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今回は、「自分がされて嫌なことを他人にしてはいけない」という「黄金律」について考えます。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
NASAが火星で小型ヘリコプターの飛行に成功した話と、コロナ下の米国で、テイクアウト需要増のため小袋ケチャップが不足している話題をお届けします。

◆News  
気候変動サミットで、バイデン米大統領が温暖化ガスの大幅削減を表明▽豪政府が、州政府が中国と結んだ協定を破棄▽キューバで「カストロ時代」に幕――の3本のニュースをお伝えしています。

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/04/17
    発売号

  • 2021/04/10
    発売号

  • 2021/04/03
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

  • 2021/03/20
    発売号

送料
無料

The Japan Times / The New York Times Weekend Edition

2021年05月01日発売

目次: [ニューヨークタイムズ休刊に関するご案内]

ニューヨークタイムズ(以下「NYT」)は、例年1月1日付(元旦)、5月1日付(レイバーデー)、12月25日付(クリスマス)は休刊となります。

2021年のNYT休刊日は、1月1日が金曜日・5月1日と12月25日が土曜日です。

2021年5月1日(土)と12月25日(土)のThe Japan Times / The New York Times Weekend edition は、ジャパンタイムズのみの単独発行となります。

なお、料金は通常と変わりません。予めご了承ください。

参考価格: 350円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/04/17
    発売号

  • 2021/03/28
    発売号

  • 2021/03/21
    発売号

  • 2021/03/14
    発売号

  • 2021/03/07
    発売号

5 英国The Economist(エコノミスト)

The Economist Newspaper Limited

最大
31%
OFF
送料
無料

英国The Economist(エコノミスト)

2021年05月08日発売

目次: The world this week

Politics this week
Business this week
KAL’s cartoon
Leaders

The rise of e-money
The digital currencies that matter
Government-run virtual currencies are coming. They are a giant risk that is worth taking

Gun laws in America
Bearing harms
Permitless-carry gun laws are misguided and should be scrapped

Warren Buffett
Time’s up
The Oracle of Omaha should look to the future and step aside at Berkshire Hathaway

Somaliland
A state of one’s own
After 30 years of running itself, Somaliland deserves international recognition

German law and climate policy
The power of negative thinking
How to make long-term emissions pledges add up

Letters

Letters to the editor
On politics and business, Saudi Arabia, crowdsourcing, the draft, Singapore, football
Briefing

The creator economy
Serfing the web
Social-media platforms used to get most of their content for free. Now creators command a price, and online power is shifting

Asia


India’s second wave
Paper tiger
City administration in India
Urbs prima in Indis
Korean vibes
Let there be mood lighting
Charity in the Philippines
Reds under the veg
Development in Bangladesh
Thirst trap
Banyan
Closing argument
China


Propaganda
The new scold war
Plastic surgery
Nipping and tucking
Chaguan
Resistance is not futile
United States


Permitless-carry gun laws
The firearms free-for-all
Facebook and Donald Trump
Speechless
Renting v buying
The house wins
Waiting
Time and money
Tech trade policy
Assuming the position
Unsolved murders in St Louis
Crime without punishment
Lexington
A shad state of affairs
The Americas


El Salvador
Bukele’s bulldozer
A terrible accident in Mexico City
Mexico City’s metro
Protests in Colombia
Taxing times
Bello
Whose fish are they anyway?
Middle East & Africa


Somaliland
Out of the rubble, 30 years on
Cleaner cookery
Fire escape
Vaccine manufacturing in Africa
Home brewing
Qatar’s labour laws
Free to quit
The war in Yemen
Peace on hold
Arab elections
How despots pick their opponents
Europe


Spain
From rage to disillusion
Germany and climate
Red in robe, green in thought
Ireland and Brexit
Pluses and minuses
France and terrorism
Reform or relapse?
Turkey’s lockdown
Erdogan’s no-wine situation
Charlemagne
The anti-Orban
Britain


Sadiq v Boris
Why London’s bridge is falling down
Body parts
Water, water everywhere
Brexit
Fish fight with France
Discount retailing
The omnivore
Life sciences
A new recruit
Trains
The fat controller
International


Organised crime online
Spam, scam, scam, scam
Special report


The future of banking
Fewer—or even none?
Banks v big tech
Regime change
Debt v equity
Intangible capitalism
Low interest rates
Time is cheap
Public v private money
Going public
Monetary sovereignty
Hege-money
Money on my mind
A brave new world
Sources and acknowledgments
Business


Berkshire Hathaway
Honky Tonk Warren
Bartleby
The human touch
Vaccine patents
A shot in the arm
Ageing consumers
The boomer boom
Epic Games v Apple
Battle royal
Schumpeter
Losing the mystique
Finance & economics


China’s digital money
The new yuan: a lot like the old yuan
Foreign banks in America
Farce and furious
Buttonwood
Red hot
Greece
Clean-up operation
Women and investing
Rich pickings
The economics of prisons
The parent trap
Free exchange
Escape from the city
Science & technology


Back-ups for GPS
Locking out the bad guys
An early burial
Human prehistory
Ecology
Roadkill stew
Biomarkers for depression
Unlucky 13
Civil engineering
How to knit a road
Books & arts


“The Brothers Karamazov” on stage
Sins of the fathers
Allusive fiction
Second is nowhere
Renaissance art
A world of wonders
Pandemics and other disasters
With a whimper
Johnson
Tongue-twisters
Economic & financial indicators

Economic data, commodities and markets
Graphic detail


Pollution and poverty
Why east has least
Obituary


Michael Collins
The third man

参考価格: 1,234円 定期購読(学割3年(Online版付)プラン)なら1冊:853円

英国の世界に誇る知性『The Economist』。全体像を把握するには、より確かな視点が必要です。Economistは重要な問題に焦点を絞り、その全容を明らかにします。

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

  • 2021/04/17
    発売号

  • 2021/04/10
    発売号

  • 2021/04/03
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料
参考価格: 886円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:443円

世界各国で発売されているReader’s Digestのアジア版は英文の洋雑誌です。

  • 2021/03/30
    発売号

  • 2021/03/04
    発売号

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/30
    発売号

  • 2020/11/30
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

参考価格: 987円 定期購読(1年プラン)なら1冊:708円

1888年の創刊以来、世界180カ国1050万人に愛されている「NATIONAL GEOGRAPHIC」英語版!!

  • 2019/09/01
    発売号

  • 2019/08/01
    発売号

  • 2019/07/01
    発売号

  • 2019/06/01
    発売号

  • 2019/05/01
    発売号

  • 2019/04/01
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌