• 雑誌:月刊HACCP
  • 出版社:鶏卵肉情報センター
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月22日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]2,750円 [デジタル版]2,063円
  • 雑誌:月刊HACCP
  • 出版社:鶏卵肉情報センター
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月22日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]2,750円 [デジタル版]2,063円

月刊HACCP 最新号:2024年06月22日発売号

鶏卵肉情報センター
特集 食品媒介微生物の食品健康影響評価と迅速検査技術の最新動向・正しい理解

食品により媒介される微生物等に関する食品健康影響評価指針の改定点など
食品安全委員会委員長 山本 茂貴

食品微生物検査...

月刊HACCP 最新号:2024年06月22日発売号

鶏卵肉情報センター
特集 食品媒介微生物の食品健康影響評価と迅速検査技術の最新動向・正しい理解

食品により媒介される微生物等に関する食品健康影響評価指針の改定点など
食品安全委員会委員長 山本 茂貴

食品微生物検査...

ご注文はこちら

2024年06月22日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
2,063円 / 冊
2024年06月22日発売号から購読開始号が選べます。
送料無料!毎号お手元にお届け!

月刊HACCP 最新号:2024年06月22日発売号 の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集 食品媒介微生物の食品健康影響評価と迅速検査技術の最新動向・正しい理解

食品により媒介される微生物等に関する食品健康影響評価指針の改定点など
食品安全委員会委員長 山本 茂貴

食品微生物検査における自主検査か、委託検査かの見極めのポイント
株式会社エルメックス 取締役学術部長 丸山 純一

迅速検査の技術動向と食品工場で利用する際の留意点~食品微生物検査を中心として~
一般財団法人 東京顕微鏡院 微生物検査部 森 哲也

食品衛生検査への迅速化装置活用
株式会社槌屋 技術開発本部 ことづくり開発センター 工学博士 海谷 慎一

中小零細食品企業における微生物検査の現状と課題
日本細菌検査株式会社 李 鎭熙

製品紹介 JNC株式会社/株式会社mil-kin/株式会社エルメックス/メルク株式会社



Challenge the Future~未来への架け橋~77
みずなすなどの漬物商品の製造・販売で多数受賞、生協や高級スーパーなどと長年取引
17年前からISO9001を運用しHACCP管理を徹底、食品衛生7S活動も継続
堺共同漬物株式会社(大阪府堺市)


特別解説
FSSC 22000 追加要求事項 箇条2.5.17 コミュニケーションの要求事項について
~求められる世界に向けた正確な情報発信~
湯川食品科学技術士事務所 所長(FSSC 財団 日本代理人) 湯川 剛一郎


トピックス
「製造現場の実践事例から学ぶ」をテーマに会員らが情報共有
近畿HACCP実践研究会が定期交流研修セミナー開催

紅麹関連製品に係る事案を受けた機能性表示食品制度等に関する今後の対応
第2回紅麹関連製品への対応に関する関係閣僚会合より

米国における食中毒発生近況
~食品安全情報(微生物)No.09 (2024.05.01)、No.10 (2024.05.15) より


連 載
新連載 食品工場における衛生管理の仕組みづくりと実務
第1回 「食」の安全と衛生管理の役割を考える
SOCSマネジメントシステムズ株式会社 代表取締役 田中 晃

コンサルの現場から 第66回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする⑩
チェックしやすい表示をつけよう
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
食品衛生法の改正で漬物製造が保健所の許可制になる問題
加藤 光夫

HACCP基礎講座―演習編(285)
HACCPのための微生物演習(157)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第42回 追加要求事項 2.5.7 環境モニタリングプログラム
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

「食品照射」の基礎知識と最新技術動向
第3回 芽止めと植物検疫 小林 泰彦


NEWS
行政動向、業界動向

統計資料
リコール情報

GRAVURE
食品検査機器・システムを紹介、食品安全関連セミナーも開催
国際食品素材・添加物展「ifia JAPAN 2024」開催される

巻頭言
国際的にも分かれる自社検査と外部委託、
迅速検査の利用 岩本 嘉之

メディアSCOPE
アメリカの農家救った燃料政策、そのころ日本は…
平沢 裕子

イベント情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
グラビア 食品検査機器・システムを紹介、食品安全関連セミナーも開催 国際食品素材・添加物展「ifia JAPAN 2024」開催される
巻頭言
特集 食品により媒介される微生物等に関する食品健康影響評価指針の改定点など 食品安全委員会委員長 山本 茂貴
特集 食品微生物検査における自主検査か、委託検査かの見極めのポイント 株式会社エルメックス 取締役学術部長 丸山 純一
特集 迅速検査の技術動向と食品工場で利用する際の留意点~食品微生物検査を中心として~ 一般財団法人 東京顕微鏡院 微生物検査部 森 哲也
特集 食品衛生検査への迅速化装置活用 株式会社槌屋 技術開発本部 ことづくり開発センター 工学博士 海谷 慎一
特集 中小零細食品企業における微生物検査の現状と課題 日本細菌検査株式会社 李 鎭熙
特集 製品紹介
トピックス 「製造現場の実践事例から学ぶ」をテーマに会員らが情報共有 近畿HACCP実践研究会が定期交流研修セミナー開催
新連載 食品工場における衛生管理の仕組みづくりと実務 第1回 「食」の安全と衛生管理の役割を考える SOCSマネジメントシステムズ株式会社 代表取締役 田中 晃
連載 コンサルの現場から
連載 利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
Challenge the Future~未来への架け橋~77
メディアSCOPE
連載 微生物学演習
連載 サニテーションプラクティスⅡ
連載 現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
連載 「食品照射」の基礎知識と最新技術動向
トピックス 紅麹関連製品に係る事案を受けた機能性表示食品制度等に関する今後の対応 第2回紅麹関連製品への対応に関する関係閣僚会合より
特別解説 FSSC 22000 追加要求事項 箇条2.5.17 コミュニケーションの要求事項について~求められる世界に向けた正確な情報発信~ 湯川食品科学技術士事務所 所長(FSSC 財団 日本代理人) 湯川 剛一郎
トピックス 米国における食中毒発生近況~食品安全情報(微生物)No.09 (2024.05.01)、No.10 (2024.05.15) より
ニュース
イベント紹介
リコール情報
食中毒統計
書籍案内
バックナンバー
編集後記

月刊HACCPの内容

食の安全と品質保証のために
月刊HACCPは「食の安全性と健全性」をテーマに、原材料の生産現場から食品製造、流通、消費まで(farm to table)の一貫した食品衛生対策を柱とし、新時代に対応するための情報誌です

月刊HACCP最新号の目次配信サービス

月刊HACCP最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊HACCPの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.