月刊HACCP 発売日・バックナンバー

全224件中 1 〜 15 件を表示
2,063円
グラビア 省人化・省力化、ロボット化、AI、DXなどの資材が目白押し FOOMA JAPAN 2024 4日間で11万3千人超が来場
巻頭言
特集 CCPにおける工程管理に適した遊離塩素濃度モニターの開発 株式会社堀場アドバンスドテクノ 宮村 和宏、麻布大学 生命・環境科学部 三宅 司郎
特集 水分活性測定について―食品微生物コントロールにおける水分活性管理の重要性 株式会社セントラル科学貿易 蔵並 良祐
特集 温度管理システムの選定ポイントと導入メリット タイムマシーン株式会社 代表取締役社長 前田 一樹
特集 食の安全と品質保証を支える温度モニタリングシステムとその活用事例 株式会社カンブライト 代表取締役 井上 和馬
特集 製品紹介
第2特集 カビ発生を防ぐ~食品製造加工、包装段階の技術対策 NPO法人カビ相談センター 理事長 高鳥 浩介
第2特集 カビ発生・繁殖を抑制するための食品施設・設備面の留意点  K2D&M株式会社 代表取締役 野々村 和英
第2特集 食品製造時のカビ対策 株式会社ウエノフードテクノ 開発本部 R&D推進部 技術開発課 課長 三上 優美
第2特集 製品紹介
Challenge the Future~未来への架け橋~78
メディアSCOPE
連載 化学演習
連載 サニテーションプラクティスⅡ
連載 現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
連載 食品工場における衛生管理の仕組みづくりと実務
連載 コンサルの現場から
連載 利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
連載 「食品照射」の基礎知識と最新技術動向
セミナー HACCP普及が進まない要因は何か 草の根の普及活動から見えた現状について~第42回JHTCフォローアップセミナーより~ 株式会社サニックスES事業本部 技術部 PCS事業課 亀甲 裕仁氏
ニュース
イベント紹介
私の視点
リコール情報
食中毒統計
書籍案内
バックナンバー
編集後記
2,750円
2,063円
特集 食品媒介微生物の食品健康影響評価と迅速検査技術の最新動向・正しい理解

食品により媒介される微生物等に関する食品健康影響評価指針の改定点など
食品安全委員会委員長 山本 茂貴

食品微生物検査における自主検査か、委託検査かの見極めのポイント
株式会社エルメックス 取締役学術部長 丸山 純一

迅速検査の技術動向と食品工場で利用する際の留意点~食品微生物検査を中心として~
一般財団法人 東京顕微鏡院 微生物検査部 森 哲也

食品衛生検査への迅速化装置活用
株式会社槌屋 技術開発本部 ことづくり開発センター 工学博士 海谷 慎一

中小零細食品企業における微生物検査の現状と課題
日本細菌検査株式会社 李 鎭熙

製品紹介 JNC株式会社/株式会社mil-kin/株式会社エルメックス/メルク株式会社



Challenge the Future~未来への架け橋~77
みずなすなどの漬物商品の製造・販売で多数受賞、生協や高級スーパーなどと長年取引
17年前からISO9001を運用しHACCP管理を徹底、食品衛生7S活動も継続
堺共同漬物株式会社(大阪府堺市)


特別解説
FSSC 22000 追加要求事項 箇条2.5.17 コミュニケーションの要求事項について
~求められる世界に向けた正確な情報発信~
湯川食品科学技術士事務所 所長(FSSC 財団 日本代理人) 湯川 剛一郎


トピックス
「製造現場の実践事例から学ぶ」をテーマに会員らが情報共有
近畿HACCP実践研究会が定期交流研修セミナー開催

紅麹関連製品に係る事案を受けた機能性表示食品制度等に関する今後の対応
第2回紅麹関連製品への対応に関する関係閣僚会合より

米国における食中毒発生近況
~食品安全情報(微生物)No.09 (2024.05.01)、No.10 (2024.05.15) より


連 載
新連載 食品工場における衛生管理の仕組みづくりと実務
第1回 「食」の安全と衛生管理の役割を考える
SOCSマネジメントシステムズ株式会社 代表取締役 田中 晃

コンサルの現場から 第66回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする⑩
チェックしやすい表示をつけよう
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
食品衛生法の改正で漬物製造が保健所の許可制になる問題
加藤 光夫

HACCP基礎講座―演習編(285)
HACCPのための微生物演習(157)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第42回 追加要求事項 2.5.7 環境モニタリングプログラム
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

「食品照射」の基礎知識と最新技術動向
第3回 芽止めと植物検疫 小林 泰彦


NEWS
行政動向、業界動向

統計資料
リコール情報

GRAVURE
食品検査機器・システムを紹介、食品安全関連セミナーも開催
国際食品素材・添加物展「ifia JAPAN 2024」開催される

巻頭言
国際的にも分かれる自社検査と外部委託、
迅速検査の利用 岩本 嘉之

メディアSCOPE
アメリカの農家救った燃料政策、そのころ日本は…
平沢 裕子

イベント情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 国際的な環境モニタリングに基づくサニテーションの実施と検証
~正しい環境モニタリングと検証なくしてサニテーションの効果なし

食品工場衛生管理における微生物検査~環境モニタリングの重要性
国立大学法人東京海洋大学 名誉教授 木村 凡氏に訊く

環境モニタリングに基づくサニテーションの実施と洗浄・殺菌効果の検証方法
〜「静的」衛生管理から「動的」衛生環境マネジメントへ〜
SOCSマネジメントシステムズ株式会社 代表取締役 田中 晃

食品製造施設における
正しいリステリア環境モニタリングの実践方法
ネオジェンジャパン株式会社 マーケティング部 古川 麻美

FSSC 22000ガイダンス文書
「環境モニタリング」のねらい
湯川食品科学技術士事務所 所長(FSSC財団 日本代理人) 湯川 剛一郎

製品紹介 株式会社エルメックス


Challenge the Future~未来への架け橋~76
麺類を中心とした和食レストランチェーンを展開、外販やOEM、ECサイトの拡大も目指す
製麺工場の衛生・安全性管理をISO22000に集約し“プロフィット”を追求
株式会社サガミフード 尾西工場(愛知県一宮市)


セミナー
広域食中毒の対応について
厚生労働省 健康生活衛生局 食品監視安全課 食中毒被害情報管理室 室長 飯塚 渉氏


トピックス
「すべての人々に安全な食品を確保する」を最優先課題に掲げ
シンガポールでGFSI年次会議開催、世界から関係者500名が参集
編集部

欧米における食中毒発生近況~食品安全情報(微生物)
No.7 / 2024(2024.04.03)、No.8 / 2024(2024.04.17) より

健康志向と簡便化志向が上昇、経済性志向も40%超を維持
 日本政策金融公庫 消費者動向調査(2024年1月調査)


連載
コンサルの現場から 第65回
-整頓のコツ、数の決定と置きスペースの確保-
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築162
結露対策はカビ、細菌、虫対策に有効
加藤 光夫

HACCP基礎講座―演習編(284)
HACCPのための化学演習(128)


現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第42回 追加要求事項 2.5.7 環境モニタリングプログラム
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

「食品照射」の基礎知識と最新技術動向
第2回 放射線殺滅菌/なぜ生物は放射線に弱いか
小林 泰彦


NEWS
行政動向
・消費者庁が紅麹問題受け機能性表示食品制度見直しで議論進める
・食品製造現場のロボット導入・運用衛生管理ガイドラインを公表

業界動向
・JACBが第34回総会と技術委員会成果報告を実施/FSSC 22000 Ver. 6.0の訳版改訂などの取り組みを説明
・名城大学農学部「食品の品質管理を考える会」が勉強会を開催

製品紹介
・色の変化で温度変化がわかる示温材、ボタン電池型の温度ロガーなど販売 日油技研工業㈱

新刊紹介
・改訂・新版はじめてのHACCP工場 編著者:宇井加美、本間忠雄 発行:㈱幸書房

開催告知
・フーズデザインが「食品工場の低費用カビ・虫・細菌対策セミナー」を無料配信



統計資料
リコール情報

GRAVURE
世界初の惣菜盛り付け工程の前ロボット化、高速社会実装に関する成果報告会
経済産業省・(一社)日本ロボット工業会主催、(一社)日本惣菜協会共催

巻頭言
世界の流れに合わせ
L. monocytogenes規格基準改定の時か
岩本 嘉之

メディアSCOPE
健康食品のサプリ バカにできないプラセボ効果
平沢 裕子


イベント情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 アナフィラキシーなどの発症も増加傾向~さらなる徹底管理が求められる食物アレルゲン

食物アレルゲンコントロール®を目的とした製造環境管理の考え方
シーアンドエス株式会社 西日本事業部セールス部門 スーパーバイザー 津田 訓範

アレルゲン原料の適切な保管方法と交差接触防止のための動線管理
スタジオワーク合同会社 上田 和久

食物アレルゲンの「交差接触」を防止する衛生環境マネジメント
~食物アレルゲン対策としてのライン洗浄~
SOCSマネジメントシステムズ株式会社代表取締役 田中 晃

食アレルゲン管理に使用するイムノクロマト法
測定原理とプロゾーン現象について~正しいアレルゲン検査結果を得るために
プリマハムグループ 株式会社つくば食品評価センター検査試薬事業部 加藤 重城

GFCOグルテンフリー認証審査員から見た日本におけるグルテンフリーの展望と課題
~アレルゲンの管理、健康食品の定義およびその功罪、日本人の美食意識、フェイク情報の影響、食育行政の手詰まりと国民の偏見~
グローカルシステムズファーム代表 山田 哲彦…40

製品紹介 プリマハムグループ 株式会社つくば食品評価センター


Challenge the Future~未来への架け橋~75
本国産うるち米100%使用、原料と製法にこだわりオリジナル商品多数開発
JFS-BからFSSC22000認証取得へステップアップ、せんべい・あられの輸出拡大目指す
ホンダ製菓株式会社(埼玉県川越市)


特別企画
952社が出展、衛生管理、ロボット・IoT、SDGs関連など多数出展
2024年6月4日~7日開催国際食品工業展「FOOMA JAPAN 2024」
NOKクリューバー株式会社/株式会社エコノス・ジャパン/株式会社クレオ/
スガツネ工業株式会社/住商モンブラン株式会社/中設エンジ株式会社/ホシザキ株式会社


トピックス
欧米における食中毒発生近況~食品安全情報(微生物)No.4 / 2024(2024.02.21) より

製造現場の衛生管理手法を学ぶ」をテーマに会員らが情報共有
近畿HACCP実践研究会が令和6年第2回定期交流研修セミナー開催

FSMSが要求する食品容器包装・機械の衛生設計をテーマに
日本機械学会がオンラインで市民フォーラム開く

厚労省が令和5年食中毒発生状況を公表

一般社団法人食品微生物科学協会が第10 回産学連携事例研究発表会を開催
食品製造における微生物と水分活性などテーマに


特別解説
ISOマネジメントシステム規格の気候変動対策改正について
株式会社日本環境認証機構研修事業部 グループ長 竹内 秀年


連載
新連載 「食品照射」の基礎知識と最新技術動向
第1回 食品照射とは
小林 泰彦

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
機械装置からの異物混入防止
加藤 光夫

HACCP基礎講座―演習編(283)
HACCPのための微生物学演習(156)

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第63回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする⑧
5S/7S の最適解は現場が知っている
衣川 いずみ

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第41回 追加要求事項 2.5.6 アレルゲン管理
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢


NEWS
業界動向
・食品健康影響評価指針の改定点、広域食中毒の対応、HACCP普及活動などテーマにJHTCが第42回フォローアップセミナー開催、会場受講と300人がオンライン受講
・迅速検査研究会が第49回定例講演会を開催
・食品産業の景況DIが8年ぶりに全業種プラス/仕入価格は上昇基調が続くも、経常利益は持ち直しの動き 食品産業動向調査(2024年1月調査)
・食に関する志向は「健康志向」と「簡便化志向」が上昇/「経済性志向」も2半期連続40%超えの高水準を維持 消費者動向調査(2024年1月調査)
・デリカアドバイザー修了認定者累計3,363名/4月1日から2024 年度第 1 回受講受付開始

開催告知
・NPO法人食の安全と微生物検査「2024年度講演会」開催のお知らせ
・結露発生や結露対策事例などを詳細に解説/第15回RiSOKOオンラインセミナー開催

新刊紹介
・食品微生物の基礎 第2版 編者:藤井建夫 発行:㈱講談社


統計資料
リコール情報


GRAVURE
JFS規格とTQF規格の相互承認プログラムで日本の食品事業者が初登録
2規格の相互承認推進し日本・台湾間の食品輸出入拡大を促進


巻頭言
4年ぶりに事件数4桁、患者数はノロウイルスが
依然最多、大量調理における安全・衛生管理徹底を 岩本 嘉之


メディアSCOPE
現代人に不足の食物繊維、摂取増に何を食べればいい?
平沢 裕子


私の視点
拡大解釈される食品安全文化
最大公約数vs最小公倍数は不毛
杉浦 嘉彦


食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 さらに増えるノロウイルス食中毒~最多病因物質であり続ける背景と根絶に向けて


近年のノロウイルス食中毒の発生動向と予防対策
公益社団法人日本食品衛生協会 学術顧問  
国立医薬品食品衛生研究所 客員研究員  
麻布大学 客員教授 野田 衛

米国におけるノロウイルス食中毒の特性解析と食品安全研修、清掃方針などの重要性
国立大学法人東京海洋大学 名誉教授 木村 凡氏に訊く

ノロウイルス感染対策と食品取り扱い者の教育・訓練
~管理者が知らなければならないノロウイルスの特徴
特定非営利活動法人HACCP実践研究会 主幹研究員 幹事  
特定非営利活動法人近畿HACCP実践研究会 理事  
一般社団法人HACCPと経営 理事  
戸ヶ崎 惠一

現代において撲滅が困難な食中毒・感染症~ノロウイルスの特徴と食中毒対策
株式会社BMLフード・サイエンス 教育研修所 北見 麻里央

ノロウイルス食中毒予防に効果を発揮する「炭酸次亜水」の活用方法
ヴィータ販売株式会社 取締役 馬場 英明

食品工場における冬場の炭酸次亜水の応用について
株式会社エコノス・ジャパン 鈴木 欽也

ノロウイルスに関するQ&A
編集部

製品紹介
JNC株式会社/ヴィータ販売株式会社/株式会社エコノス・ジャパン/サラヤ株式会社


Challenge the Future~未来への架け橋~74
本社工場でFSSC Development Program、第二工場でFSSC22000の認証取得
学校・事業所・福祉施設に届ける「おかん弁当」で介護食と輸出拡大目指す
オーケーズデリカ株式会社(三重県桑名市)


特別解説
食品容器・包装ポジティブリスト制度の現状
一般財団法人化学研究評価機構 食品接触材料安全センター 企画調整室長 梶原 健世


セミナー
食品安全ネットワークが食品衛生7S実践事例発表会
食品企業各社における最新の7S取り組み事例


連載
HACCP基礎講座―演習編(282)
HACCPのための化学演習(127)
塩見 一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第63回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする⑦
置き方ルールを決めよう
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
多層階のゾーニング例
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第40回 追加要求事項 2.5.4 食品偽装予防
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢


NEWS
行政動向
・第10食品添加物公定書に係る食品、添加物等の規格基準の一部改正を告示
・米疾病予防管理センターが日本に東アジア・太平洋地域拠点を開設
・農林水産物・食品の輸出額11年連続で過去最高を更新

業界動向
・食品安全システムとペストコントロール業務などテーマにPCO微生物制御研究会/フードハイジーン研究会開催
・日本食品衛生協会食品衛生センターが移転


統計資料
リコール情報


GRAVURE
毎秒48兆個のOHラジカル発生、カビ・アレル物質抑制、除菌、脱臭などに効果
「ナノイーX(48兆)」搭載業務用エアコンでHACCP Internationalのグローバル認証取得
パナソニック株式会社 空質空調社


巻頭言
米国における食品トレーサビリティ規則の費用対効果
岩本 嘉之


メディアSCOPE
化学物質「PFAS」 健康への影響は?
平沢 裕子


食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 食品施設における『人によるリスク』徹底防止
~個人衛生・衛生教育・二次汚染防止強化のための徹底解説

「手順書は言葉で語って、手で示せ!」
一般社団法人日本HACCPトレーニングセンター 常務理事  
一般社団法人サニクリーン・アカデミー理事 長井 昭

食品施設における手洗いや従業員の健康チェックの重要性・ポイント
SEITA食品安全コンサルティング 青森 誠治

「手洗い教育用新型手形培地」New パームチェック
一般社団法人食品微生物科学協会 武政 二郎  
株式会社日研生物 内貴 一彦、金子 俊平…26

フード業界における人手不足と機械的衛生管理
株式会社ワークソリューション 代表取締役 荻原 真二

クリーニングによる作業着の衛生性の向上
株式会社白洋舍 ユニフォームレンタル東部事業所 菊池雄太郎

食中毒対策のための健康管理~検便検査を中心に~
株式会社町田予防衛生研究所 戸田 信太郎

製品紹介
サラヤ株式会社/タイムマシーン株式会社



Challenge the Future~未来への架け橋~73
バックヤードの省力化・差別化に貢献、生鮮カット野菜の新たな価値創造にチャレンジ
BtoBの天ぷら・惣菜キットなど製造、JmHACCP認定取得で品質・安全性さらに強化
フルックスグループ 株式会社フルックス 東海カンパニー(愛知県愛西市)


トピックス
「食品衛生法施行規則」および「食品、添加物等の規格基準」改正
器具・容器包装ポジティブリスト制度が最終化 2025年6月適用

食品産業の景況は6年ぶりにプラス、輸出の取り組み意欲も上昇
食品産業動向調査(2023年7月調査)

欧米における食中毒発生近況
~食品安全情報(微生物)
No.26/2023(2023.12.20)、No.1 / 2024(2024.01.10)より

令和5年度輸入食品監視指導計画に基づく監視指導結果(中間報告)

農業含む全業種で機械の取り扱い、作業手順などの教育が義務に
雇入れ時教育の省略規定の廃止で令和6年4月1日から施行



連載
HACCP基礎講座―演習編(281)
HACCPのための微生物学演習(155)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第62回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする⑥
表示のない「整頓」なんて、「整頓」とは言えない
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
バードコントロール
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第39回 追加要求事項 2.5.3 食品防御
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

NEWS
行政動向
・牡蠣フェスで35人がノロウイルス食中
・2023年の農林水産物・食品輸出額が1兆4,547億円で過去最高を更新
・外国人労働者が過去最多の200万人超に
・ブロッコリーを国民生活に重要な「指定野菜」に追加

業界動向
・日本惣菜協会が2024年賀詞交歓会を盛大に開催
・食品用機器、器具、消耗品などの安全性の評価・普及促進を目的に「HACCP備品消耗品研究会」が発足、賛同企業を随時募集



統計資料
リコール情報


GRAVURE
充実の最新検査機器と他業種で培ったノウハウを
業界の垣根を超えて食品検査に活用
株式会社静環検査センター(静岡県藤枝市)


巻頭言
青果物での食中毒に要注意、栽培段階から
病原菌の侵入・汚染防止が求められる
岩本 嘉之


メディアSCOPE
「亜硝酸塩」野菜でも生成、肉の成分と結合でピンクに発色
平沢 裕子


食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引


2,750円
2,063円
特集 大規模食中毒発生のリスクとその徹底対策

①大規模食中毒の発生事例から学ぶ万全の予防策

黄色ブドウ球菌とセレウス菌による食中毒と予防のポイント
一般財団法人 東京顕微鏡院 微生物検査部 吉川 百合、森 哲也

広域、海鮮弁当食中毒事件の原因箇所とそのフードビジネスの背景に関する推察
一般社団法人 全国スーパーマーケット協会 シニアアドバイザー  
大阪公立大学食品安全科学&微生物制御研究センター 客員教授・獣医学研究科 非常勤講師  
元国立大学法人 東京海洋大学大学院 食品流通安全管理専攻 教授 日佐 和夫

サルモネラ・エンテリティディス(SE)を原因とする弁当による
食中毒発生の経緯と原因、その予防策 和歌山県環境衛生研究センター 村上 毅


②食品企業における微生物検査の課題と精度・迅速化の動向

HACCPに基づく食品衛生管理にかかる微生物検査の意義
日本細菌検査株式会社 元食品科学研究所 所長  
特定非営利活動法人近畿HACCP実践研究会 主幹研究員 山内 裕成

食品工場における食品微生物検査の課題と迅速化への取り組み
株式会社エルメックス 技術顧問 坂根 香

自動グラム染色機PoCGS®-iEと微生物推定支援AIソフトウェアBiTTE®-iEについて
カーブジェン株式会社

製品紹介
JNC株式会社/株式会社エルメックス/関東化学株式会社/キッコーマンバイオケミファ株式会社/島津ダイアグノスティクス株式会社/株式会社槌屋/日本細菌検査株式会社/株式会社ピーエムティー/株式会社町田予防衛生研究所


Challenge the Future~未来への架け橋~72
5年をかけ安全性強化、ハード・ソフト面一新しHACCP管理確立
青果物の小分け包装でSGS-HACCP認証取得、優位性を全国に発信
株式会社MRKベジフル(石川県金沢市)


特別解説
2022 Food Code U. S. Food and Drug Administration
Annex 6 食品の加工処理基準
公益社団法人日本食品衛生協会 小久保 彌太郎


セミナー
フィルム培地「Easy Plate」とコロニーカウンターシステムを体感
キッコーマンバイオケミファが第3回微生物検査コロセミナー開催


トピックス
食品工場の意識改革とコラボレーション
T.M.C.研究所 代表 谷 淳臣


連 載
HACCP基礎講座―演習編(280)
HACCPのための化学演習(126)
塩見 一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第61回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする⑤
要らないモノを増やさないために必要なこと
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
落下物からの危害
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第38回 追加要求事項 2.5.1  製品ラベル及び印刷物
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢


NEWS
行政動向
・輸入食品監視体制強化に10%増の21億円、令和6度厚労省予算概算決定
・輸出産地・事業者育成などに5年度当初予算上回る32億円、令和6年度農水省予算概算決定
・アレルギー表示推奨品目にマカダミアナッツを追加、まつたけは削除
・マフィンに病原菌検出されず行政処分見送り
・牛の生レバーでカンピロバクターによる食中毒
・小麦のカビ毒問題、防除適期外での農薬散布、乾燥に時間要したことなどの原因と再発防止策を発表

開催告知
・フーズデザインが「食品工場の新造・改修セミナー」を無料配信


統計資料
リコール情報


GRAVURE
クラウド型温度管理システム導入で予防的保全の迅速化、作業手順逸脱防止など実現
「ACALA」で温度管理を「見える化」、HACCP管理もブラッシュアップ
株式会社京樽 京樽セントラルキッチン(船橋工場)(千葉県船橋市)


巻頭言
食中毒は大規模化傾向、腸管出血性大腸菌の患者数は急増
ノロウイルスの患者数依然最多、カンピロも増加傾向
岩本 嘉之


メディアSCOPE
リンゴ、マフィン、焼肉…食中毒予防の原則順守を
平沢 裕子


私の視点
PFAS・PFOSに4極嚢粘液胞子虫!
新興ハザードには正確さと冷静さを
杉浦 嘉彦


食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引



2,750円
2,063円
特集
フードサービス業界における人手不足対応と食中毒予防の徹底両立!

【特別座談会】
フードサービス業界の人手不足問題への対応
~新しい食事サービスの衛生管理ポイントと普及に向けて

ホテル業界における人手不足対応と衛生管理の両立
オフィス・オクズミ合同会社 奥住 嘉朗

製品紹介
ニチワ電機㈱/㈱バーテック



Challenge the Future~未来への架け橋~71
地産地消、食育、六次産業化、高齢化対応などを柱に弁当・惣菜・給食事業展開
センター方式の学校給食で国内初のJFS-B適合証明取得、美味しさ・健康も重視
広島アグリフードサービス株式会社(広島県広島市)



トピックス
食品工場向けロボット、IoT、AIなど自動化・省人化システムが目白押し
HACCP運用、温度管理システム、検査・分析関連資材なども多数出展
第4回フードテックジャパン/ドリンクジャパン/スマートレストランEXPO

主要国における食中毒発生近況
~食品安全情報(微生物)より

安全衛生のための7S活動おぼえ書
~500日の挑戦・50日の改革
T.M.C研究所 代表 谷 淳臣


セミナー
ガバナンス、サステナビリティ、食品表示、HACCP制度化などテーマに
JFSMが食品安全コンベンション2023を開催、JFS規格認証は2,538件に

畜種ごとに農場HACCP取得の取り組み、メリットなどを報告
第13回北海道農場HACCP研究会をハイブリッド形式で開催





食×農MOOCセミナー
【Codex2020ポイント解説&なんでも質問箱!】
IHA認定Trainer of TrainerによるCodex2020 対応セミナー③~総合編~
一般社団法人日本HACCPトレーニングセンター専務理事 杉浦 嘉彦



連 載
HACCP基礎講座―演習編(279)
HACCPのための微生物学演習(154)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第60回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする④
なぜ現場はモノを捨てたがらないか?
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築157
仕入れと外部委託
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第37回 追加要求事項 2.5.1 サービス及び購入材料の管理
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢


NEWS
行政動向
・令和5年度の農林水産関係補正予算/食料安保構造転換など総額8,182億円
・日本畜産物輸出促進協など3団体を品目団体として認定
・給食のせんべい汁にカビ毒検出の小麦、連絡ミスで提供防げず

業界動向
・中央畜産会の農場HACCP認証農場数は346農場に

開催告知
・フーズデザインが「食品工場の新造・改修セミナー」を無料配信

新刊紹介
よくわかる食品工場の排水対策/著者:北川政美 中村 環 発行:㈱幸書房


統計資料
リコール情報


GRAVURE
セントラルキッチン開設、各施設をサテライト化
離島でもニュークックチルシステム導入の流れ
花いち膳(沖縄県石垣市)

温度・時間管理、二次汚染防止などを徹底し
見栄え・栄養価・美味しさを提供
新あしもりクリニック(岡山県北区)


巻頭言
方針やガイド示され普及段階に入った食品安全文化
岩本 嘉之

メディアSCOPE
放射線活用の米の新品種 不安あおる反対派は根拠示せ
平沢 裕子

私の視点
HACCP理解を妨げる「言語の壁」健在か
系統的アプローチの本質踏み外さないで
杉浦 嘉彦


食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円

特集 HACCP制度化の現状・課題と日本産食品の輸出拡大の可能性

HACCP制度化等の現状と課題
厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課 課長 三木 朗氏

日本産食品の輸出戦略
食品等事業者とステークホルダーに期待すること
農林水産省輸出・国際局審議官(大臣官房国際食料情報特別分析官) 道野 英司氏

HACCP制度化完全施行から2年余、監視指導の問題・課題、
新たな営業許可・施設基準の遵守状況 本誌自治体アンケート調査結果報告


Challenge the Future~未来への架け橋~(70)
らっきょう、かぼちゃなどの栽培から多種多様の農産物加工・販売まで
無添加や品質高く評価され大手との取引拡大、JFS-B取得で海外展開も推進
有限会社エスランドル(鹿児島県南九州市)


特別企画
今年は東京ビッグサイトで開催! 400社の最新技術が一堂に
第4回フードテックジャパン東京 食品工場の自動化・DX展
株式会社カンブライト/株式会社セントラル科学貿易/タイムマシーン株式会社


トピックス
Non-Foodの製品・サービスの食品安全認証とHACCP International認証
~その重要性、HACCPシステム認証との関係
HACCP International日本韓国代表 淺井 伸宏

「食品安全文化」をテーマにさまざまな切り口で講演・パネルディスカッション
GFSI日本LGが「Japan Food Safety Day 2023」をハイブリッド形式で開催

サニテーション、衛生管理DX・IoT、食品検査、異物対策資材など多数展示
フードセーフティジャパンなど5展示会同時開催~FOOD展2023

「ファベックス関西2023」など6展示会が同時開催
食品加工・菓子製造など最新機器紹介、省力化提案も


食×農MOOCセミナー
【Codex2020ポイント解説&なんでも質問箱!】
IHA認定Trainer of TrainerによるCodex2020 対応セミナー②~HACCP編~
一般社団法人日本HACCPトレーニングセンター専務理事 杉浦 嘉彦


連 載
HACCP基礎講座―演習編(278)
HACCPのための化学演習(125)
塩見 一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第59回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする③
5S/7S方針は、トップの本気度が試される
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
ご飯からの食中毒はすべての食品に共通
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第36回 FSSC22000Ver.6.0 追加要求事項
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

NEWS
行政動向
・カンピロバクター感染制御の鶏飼料開発へ
植物性化合物「トリプタンスリン」を利用

業界動向
・食に関する志向、13年ぶりに「経済性志向」が40%超え
・名城大学農学部で「食品の品質管理を考える会」の準備会開催/産学連携強化でOB・OGの相談の受け皿も視野に活動を計画

開催告知
・無料緊急セミナー「ハンバーグと弁当ご飯の食中毒事故防止」視聴案内

統計資料
リコール情報

GRAVURE
明確な系統造成進められてきた「飛騨牛」
国際標準の衛生管理確立、今や18地域・国に輸出
JA飛騨ミートが創立40周年記念式典開催

巻頭言
農水省が輸出5兆円対策に本腰、HACCPのみならず
輸出先国の規制や現地ニーズに沿った品質基準設定が課題
岩本 嘉之

メディアSCOPE
相次いだ集団食中毒-食品事業者は「命預かる仕事」自覚して
平沢 裕子

私の視点
HACCP理解を妨げる「言語の壁」健在か
系統的アプローチの本質踏み外さないで
杉浦 嘉彦

食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 急増する食物アレルギー、食品施設に求められるアレルゲン対策とは

経口由来を共通とする食物アレルギー症について
大阪公立大学 客員教授 ・ 獣医学部 非常勤講師  
一般社団法人 全国スーパーマーケット協会 シニアアドバイザー  
元東京海洋大学 大学院 食品安全管理専攻 教授 日佐 和夫

食品安全マネジメントシステム(FSSC22000 ver6.0)における
食物アレルゲン管理のポイントについて
~ハザード分析の重要性および規格要求事項の考え方~
シーアンドエス株式会社 津田 訓範、門田 陽集

食物アレルゲンの交差接触を防止する効果・効率的なライン洗浄
SOCSマネジメントシステムズ株式会社 代表取締役 田中 晃

適切なアレルゲン検査方法と効率・効果的な検査キットの利用
プリマハムグループ 株式会社つくば食品評価センター 検査試薬事業部 加藤 重城


Challenge the Future~未来への架け橋~69
職人の技を忠実に再現、こだわりの原料と製法で独特のコシと風味を引き出す
セルフ式うどん店437店舗を展開、製麺工場と店舗でISO22000の認証を取得
 株式会社はなまる 千葉工場(千葉県佐倉市)、宇大前店(栃木県宇都宮市)


特別解説
2022 Food Code U. S. Food and Drug Administration
Annex 5 リスクに基づく査察の実施
公益社団法人日本食品衛生協会 小久保 彌太郎


QRコード付HACCPサポート情報


セミナー
地域支援プログラムの指導経験と地域展開での課題
第41回フォローアップセミナーより
株式会社イムテス 代表取締役/JHTC認定HACCPリード・インストラクター 山口 久美氏

「食品衛生でつなぐ持続発展可能な未来~Think globally, Act locally」
FSP会が4年ぶりに対面形式で第54回講演会講演会と情報交換会を開催


トピックス
リスク評価機関が今後直面する課題と対応体制整備をテーマに食品安全委員会が
設立20周年記念国際シンポジウムを開催

連 載
HACCP基礎講座―演習編(277)
HACCPのための微生物学演習(153)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第35回 ISO-TS/22002-1 17章 18章、FSSC22000Ver.6.0の発行
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

コンサルの現場から 第58回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする②
5S/7Sは大事という価値観 衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
洗浄しにくい場所の洗浄
加藤 光夫


NEWS
行政動向
・弁当による集団食中毒で有症状者113人、1人死亡
・駅弁で29都道府県・516人が食中毒、黄色ブドウ球菌とセレウス菌検出される

業界動向
・フードテクノエンジニアリング創立25周年記念祝賀会/「オンリーワンエンジニアリング」の若い技術育てる

開催告知
・NPO法人食の安全と微生物検査/2023年度第2回講演会開催


統計資料
リコール情報


GRAVURE
業務用洗浄剤と殺菌剤でHACCP InternationalのAsia Regional License取得
幅広い商品群で業界初、グローバルスタンダード対応で食品衛生資材の海外展開強化
サラヤ株式会社

巻頭言
HACCP制度化の対応状況の把握、手引書の見直し、
自治体による指導方法の改善などに期待
岩本 嘉之

メディアSCOPE
中国輸入停止でピンチのホタテ 日本で加工の道探れ
平沢 裕子

私の視点
「SDGsウォッシュ」に気を付けつつ
ワンヘルス・アプローチを徹底しよう
杉浦 嘉彦


食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 腸管出血性大腸菌による食中毒再び増加傾向
~食品現場の効果的対応と検査方法

腸管出血性大腸菌の基礎知識とコントロールのポイント
一般財団法人 東京顕微鏡院 微生物検査部
森 哲也、吉川 百合

最近の腸管出血性大腸菌による食中毒の傾向と対策
NPO近畿HACCP実践研究会 理事(最高技術アドバイザー)
NPO HACCP実践研究会 主幹研究員 幹事
一般社団法人HACCPと経営 理事
戸ヶ崎 惠一

食品製造・調理現場における腸管出血性大腸菌の予防方法
株式会社BMLフード・サイエンス
管理企画本部 企画グループ コンサル企画チーム 課長 西宮 永人
管理企画本部 企画グループ 検査企画チーム 課長 米道 優

腸管出血性大腸菌による食中毒リスク低減のための微生物検査
株式会社町田予防衛生研究所 戸田 信太郎

製品紹介
ヴィータ販売株式会社/株式会社エコノス・ジャパン/関東化学株式会社/サラヤ株式会社


Challenge the Future~未来への架け橋~67
グルテンフリー、アレルギー対応の焼き菓子製造でJFS-BからFSSC22000認証取得
食べて体が楽になるような国産米粉の美味しいお菓子の販路を国内外で目指す
株式会社 禾(ノギ)(香川県さぬき市)


特別解説
2022 Food Code U. S. Food and Drug Administration
Annex 4 食品安全規範のマネジメント ―食品由来疾病リスク要因の積極的取扱い管理の達成
公益社団法人日本食品衛生協会 小久保 彌太郎


食×農MOOCセミナー
【Codex2020ポイント解説&なんでも質問箱!】
IHA認定Trainer of TrainerによるCodex2020 対応セミナー①~一般原則編~
㈱鶏卵肉情報センター代表取締役(月刊HACCP発行人)
一般社団法人日本HACCPトレーニングセンター専務理事
杉浦 嘉彦


トピックス
食品取扱施設の従業員教育の効率化に向けて
EQMライブラリ導入による従業員教育の力量アップ
シーアンドエス株式会社
(本社:東京都千代田区・西日本事業部:大阪府吹田市)


連載
利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
効率良い衛生管理と運営のコストダウンも出来る床改修
加藤 光夫

HACCP基礎講座―演習編(276)
HACCPのための化学演習(124)
塩見 一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第57回
5S/7S活動で食品安全マネジメントシステムを底上げする①
5S/7Sルールを作ろう 衣川 いずみ

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第34回 ISO-TS/22002-1 15章 製品のリコール手順
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢


GRAVURE
中国に自社工場設立、高品質維持と供給量のコントロールが可能に
海外展開視野にニトリル手袋で国内初のHACCP Internationalグローバル認証取得
サラヤ株式会社


巻頭言
Listeria monocytogenes汚染の実態を認識し環境衛生対策の徹底を!
                         岩本嘉之
メディアSCOPE
みそ汁にホエイ…米酪農家団体が提案、日本の酪農家は?
                     平沢裕子


食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 『食品接触面』の衛生管理! その重要性と必須実務!

食品接触面の清掃・洗浄・消毒について~ハザード分析に基づく食品接触面の重点管理~
株式会社エーグリット 代表取締役 萩原 正

米国認証制度ServSafe®における食品接触面の衛生管理
フォーシェア合同会社 代表 野村 和也

食品接触面に使用するSanitizer、その正しい使用法や使用時に陥る落とし穴
HACCP International 日本・韓国代表 淺井 伸宏

器具のポジティブリスト制度対応とFSSC 22000 ver.6.0要求事項「機器の管理」
HACCPコーディネーター(JHTC)/FSSC 22000:2018内部監査員養成セミナー修了者(JICQA)  
CKD株式会社機器事業本部フルードシステムBU第2技術部 伊藤 比呂樹

製品紹介
ヴィータ販売株式会社/株式会社エコノス・ジャパン/株式会社エルメックス/
サラヤ株式会社/一般財団法人日本品質保証機構マネジメントシステム部門



Challenge the Future~未来への架け橋~67
西洋料理店開店から145年、カレールー・ホワイトソースの製造・販売一筋
新工場でISO22000認証取得、グルテンフリーなどで差別化・ブランディング推進
株式会社エム・トゥ・エム(神奈川県鎌倉市)



企画特集
異物混入対策、衛生対策アプリ・DX、温度・鮮度管理などの資材多数展示
フードセーフティジャパンなど5展示会同時開催~FOOD展2023開幕
株式会社エコノス・ジャパン/キッコーマンバイオケミファ株式会社/株式会社クレオ/
株式会社サニクリーン/サラヤ株式会社/タイムマシーン株式会社/中設エンジ株式会社/
株式会社ピーエムティー



特別解説
FSSC 22000 ver.6追加要求事項Part2の概要と対策
株式会社QA-テクノサポート 代表取締役 衣川 いずみ

FSSC 22000のAddendum(補遺)およびModule(追加機能)説明会の開催
湯川食品科学技術士事務所 所長 FSSC 財団 日本代理人 湯川 剛一郎



トピックス
変更計画のFSMSへの組み込み、実績評価などの内容も盛り込む
食品安全文化の発展と維持のためのガイド「PAS 320:2023」

「FABEX中部」「第3回東海スーパーマーケットビジネスフェア 2023」開く
中部地域唯一の“食の総合見本市”に11,000人以上が来場



セミナー
NPO法人食の安全と微生物検査が2023年度第1回講演会開催



連 載
現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第33回 ISO-TS/22002-1 15章 製品のリコール手順
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

HACCP基礎講座―演習編(275)
HACCPのための微生物学演習(152)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第56回
FSSC22000ver.6の移行準備について
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
泡洗浄の不安と対応
加藤 光夫




NEWS
行政動向
・IARCがアスパルテームの発がん性をグループ2Bに分類、Q&A公表

業界動向
・飛騨ミートが役員改選、新代表理事会長に志田氏就任
・知識経営研究所が社名変更、本店移転

開催告知
・レトルト食品業界向け第3回HACCP講習会開催/講師は東洋食品工業短期大学の宮尾准教授
・第13回北海道農場HACCP研究会開催
・FAMS第20回全体研修会開催のお知らせ


統計資料
リコール情報


GRAVURE
ATPふき取り検査のパイオニア「ルミテスター」発売30周年
キッコーマンバイオケミファが記念セミナー開催

汚れ見え~るプロチェックE
調理実習中の衛生指導で使ってみました
マスダ学院調理師専門学校教師 田中 大祐


巻頭言
腸管出血性大腸菌による食中毒が増加傾向
岩本 嘉之


メディアSCOPE
アスパルテームのIARC分類、危険あおる報じ方に違和感
平沢 裕子


私の視点
フクイチ処理水の国際リスコミ勝負
基本はプロアクティブ!&透明性!
杉浦 嘉彦


食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 食品微生物制御における水分活性、pHの重要性と管理の実務

食品微生物コントロールにおけるpH、aw(⽔分活性)管理の重要性
新潟食料農業大学 食料産業学部 食料産業学科 フードコース長・教授 丸山 純一

食品製造におけるpH・Aw管理の実際
東洋食品工業短期大学 包装食品工学科 宮尾 宗央

食品微生物コントロールにおける水分活性管理の重要性と水分活性測定について
株式会社セントラル科学貿易 蔵並 良祐

食品業界における課題とその解決-「水分活性測定装置 AW-1型」のご紹介
柴田科学株式会社 福士 花鈴

製品紹介
株式会社ケツト科学研究所/株式会社セントラル科学貿易



Challenge the Future~未来への架け橋~66
創業73年、おかきの製造・販売一筋、販路は全量工場直売と通販のみ
マニュアル作りから始めJFS-B取得、HACCP管理の現場落とし込みも円滑に
高山製菓株式会社(奈良県生駒市)



セミナー
「石川、北陸地域から発信する発酵食品と食品衛生」をテーマに
金沢市で第53回日本食品微生物学会学術セミナー開かれる

食と農の持続可能性と成長戦略~地方自治体の現場から
一般社団法人日本HACCPトレーニングセンター第40回フォローアップセミナーより
富山県副知事 横田 美香氏



インタビュー
認証件数順調に増加、日本でも科学的根拠に基づく衛生管理定着
SDGsなどに取り組む企業を積極的に認証、教育活動の強化・拡大進める
HACCP Internationalのストーン技術部長と淺井日本韓国代表に聞く



トピックス
英国規格協会が大手食品企業らと協力し食品安全文化醸成の手引書を作成
食品安全文化の発展と維持のためのガイド「PAS 320:2023」発行される

サステナブル経営の実践を目指す取組構築を想定
農水省「食品企業のためのサステナブル経営に関するガイダンス」公表

WOAH第90回年次総会決議第28号
高病原性鳥インフルエンザの世界的制圧のための戦略的課題
(Strategic challenges in the global control of high pathogenicity avian influenza)
国際獣疫事務局(WOAH)



連載
利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
効果的な教育
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第32回 ISO-TS/22002-1 14章 手直し(リワーク)
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

HACCP基礎講座―演習編(274)
HACCPのための化学演習(123)
塩見 一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~153
村松 寿代

コンサルの現場から 第55回
FSSC非通知審査にいかに備えるか②
衣川 いずみ


NEWS
WOAH第90回年次総会―HPAI制圧とワクチン接種テーマに動物衛生フォーラム

行政動向
・厚労省が腸管出血性大腸菌による感染症・食中毒調査の連携強化・迅速化について通知
・日本の高病原性鳥インフルエンザの清浄化宣言、OIEに認められる
・食品ロス量は前年度より多い523万トン/事業系では279万トンに
・農水省が鳥インフルエンザ処分数減らす「分割管理」進める方針

業界動向
・英国規格協会が食品安全文化醸成のためのガイド「PAS 320:2023」発行
・米国で培養鶏肉の販売認可される
・IAFPがFSPCAとIFSHに「2023年食品安全賞」を授与
・FSIS、豚肉処理・加工施設向けにサルモネラ制御ガイドライン更新


統計資料
リコール情報


GRAVURE
HACCPの今後の展開、GAP、鶏卵GPセンターのJFS-B取得をテーマに
静環検査センターが「第1回SEIKAN東京食品安全セミナー」開催


巻頭言
リコール事案前年の約9倍に増加、
アレルゲン表示欠落など食品表示法違反が大半
岩本 嘉之


メディアSCOPE
鶏や豚のレバー 妊娠中に食べるのはNG?
平沢 裕子


私の視点
FSSC22000最新第6版の講演依頼
“リスクベース”のアプローチに焦点を
杉浦 嘉彦


食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円

食品製造・調理施設における衛生環境向上のポイント
~空気・温度・湿度のコントロール、ゾーニング・動線管理

汚染しづらい工場づくり-その建築と空調+α
K2D&M株式会社 代表取締役 野々村 和英

製造環境の空気の質について
株式会社日本環境認証機構 食品ビジネスユニット 高宮 大助

国際調和が進む食品業界 次世代の空調管理とは
~さまざまな規格認証からの要求に対応するための空調管理方法を考える~
赤門ウイレックス株式会社 サニテーション事業部 九州事業所 課長 尾嶋 健一郎

規格要求事項に基づく動線などの考慮による環境改善
株式会社日本環境認証機構 食品ビジネスユニット 山下 敦士

製品紹介
赤門ウイレックス株式会社/ザイレム ジャパン株式会社/
一般社団法人日本ガス機器検査協会JIA-QAセンター/株式会社日本環境認証機構



Challenge the Future~未来への架け橋~65
業界に先駆け積極的に設備投資、OEM中心に250種類のレトルト食品製造
全員参加の5S・7S+HACCPの集合教育重ね、ISO22000認証取得目指す
日本調味食品株式会社(京都府京都市)



トピックス
JACBとFSSC財団がミーティング、FSSC 22000第6版とFSSC 24000を説明
第6版はフードチェーン区分の新設・改訂、品質管理やSDGsに関する要件を強化

欧米における食中毒発生近況
~食品安全情報(微生物)No.11/2023より

食品安全ネットワークが通常総会開催、新理事長に宮尾氏就任
記念講演会では荒木氏がHACCPの本質とISO 22000を詳細解説

食品容器で森林保護やCO₂排出量・食品ロス削減など環境問題に対応
天然素材で初のHACCP Internationalの認証を取得し安全性も担保
株式会社折兼ホールディングス/株式会社パックスタイル(愛知県名古屋市)

H5N1ウイルスの最新知見など踏まえ
感染研がリスクアセスメント文書を公表



セミナー
食の安全に対する消費者庁の役割と具体的対応
~(一社)日本HACCPトレーニングセンター第40回フォローアップセミナーより~
消費者庁 消費者安全課 課長 大森 崇利氏



連載
利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
金属探知機の限界基準の根拠
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第31回 ISO-TS/22002-1 13章 要員の衛生および従業員のための施設(後半)
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

HACCP基礎講座―演習編(273)
HACCPのための微生物学演習(151)
藤井 建夫

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代

コンサルの現場から 第54回
FSSC非通知審査にいかに備えるか①
衣川 いずみ



NEWS
業界動向
・2022年惣菜市場規模は前年比3.5%増の10兆4,652億円に /日本惣菜協会が「2023年版惣菜白書」発刊
・日本惣菜協会が2023年度定期総会開催
・島津ダイアグノスティクス中央研究所がISO/IEC 17025:2017認定取得

開催告知
・フーズデザインが「食品工場のHACCP監査50セミナー」を無料配信

新刊紹介
・食品のカビ検索図鑑~自然環境・室内環境調査にも役立つ/著者:宇田川俊一 発行:(一財)日本食品分析センター


統計資料
リコール情報



GRAVURE
世界の食品安全の専門家らがアトランタに集結
“GFSI世界食品安全会議2023”参加報告
第三社審査登録機関 オーディス 最高審査・研修責任者 齋藤 恵美



巻頭言
「激動の時代に安全な食品を提供:俊敏性と回復力の必要性」
GFSIカンファレンス2023開かれる 岩本 嘉之


メディアSCOPE
テレビで紹介の発酵食品が炎上、SNSが食中毒防止に一役
平沢 裕子


私の視点
世界食品安全デイとワンヘルス
「こころの健康」も大切な観点だ
杉浦 嘉彦


食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引
2,750円
2,063円
特集 義務表示拡大、さらに厳しい管理が求められる食物アレルゲン

食物アレルゲンコントロールⓇにおける原材料管理の重要性
シーアンドエス株式会社 西日本事業部  
セールス部門 スーパーバイザー 津田 訓範、セールス部門 チーフ 湯本 進一…24

適切なアレルゲン検査方法と効率・効果的な検査キットの利用
日本ハム株式会社 中央研究所 ヘルスサポート課 鶴田 慎太郎、橋口 雄樹…30

くるみの表示義務化とアレルゲン検査
株式会社森永生科学研究所 営業部学術担当 倉田 貴生

義務表示拡大、さらに厳しい管理が求められる食物アレルゲン
~レストランやホテルなどでの効率的なアレルゲン管理~
株式会社CAN EAT 代表取締役/CEO 田ヶ原 絵里

Codex規格におけるアレルゲン管理について
Codex 食品衛生の一般原則2020(改訂版)より抜粋 編集部

製品紹介
島津ダイアグノスティクス株式会社/株式会社つくば食品評価センター/日本ハム株式会社中央研究所


Challenge the Future~未来への架け橋~64
県版HACCPをベースに農畜産加工品で高校初のJFS-B適合証明取得
食品製造実習で先進的にHACCP管理の教育・訓練に取り組む農業高校
鳥取県立倉吉農業高等学校(鳥取県倉吉市)


特別企画
出展過去最多、衛生管理、ロボット・IoT、SDGs関連など多数出展
2023年6月6日~9日開催国際食品工業展「FOOMA JAPAN 2023」
CKD株式会社/NOKクリューバー株式会社/株式会社エコノス・ジャパン/
株式会社クレオ/株式会社ケツト科学研究所/サラヤ株式会社/スガツネ工業株式会社/
住商モンブラン株式会社/中設エンジ株式会社/株式会社中西製作所/ホシザキ株式会社


トピックス
HACCP制度化支援、食中毒・食品表示対策など重点実施
「令和5年度東京都食品衛生監視指導計画」公表される

厚労省が令和4年食中毒発生状況を公表
食中毒事件数961件、患者数は6852人

アジア地域で輸入される各種輸入飼料原料のカビ毒リスク明らかに
Alltech Harvest Analysis「2023アジア輸入原料カビ毒リスク分析レポート」公表

豚と畜頭数1%増、ブロイラー処理羽数1.4%増
令和3年度と畜・食鳥検査等に関する実態調査結果
編集部

主要国における食中毒発生近況~食品安全情報(微生物)より


セミナー
新型コロナウイルス感染症が5類になり、何が変わるか、何が変わらないか
サラヤがプロサラヤ会員向け感染症対策ウェブセミナー開催


調査報告
家畜伝染病(口蹄疫、豚熱、アフリカ豚熱、鳥インフルエンザ)に対する消費者意識の考察
公益財団法人日本食肉消費総合センター/令和4年度「食肉に関する意識調査報告書」より


連載
コンサルの現場から 第53回
形骸化した衛生管理規定の見直し
衣川 いずみ

利益も得られる低費用で効果的なHACCP構築
衛生管理の仕掛け
加藤 光夫

現場に活かす! ISO22000、FSSC22000の理解と活用!!
第30回 ISO-TS/22002-1 13章 要員の衛生および従業員のための施設(前半)
フーズアーキテクト株式会社 代表取締役 小川 賢

HACCP基礎講座―演習編(272)
HACCPのための化学演習(122)
塩見 一雄

サニテーションプラクティスⅡ~ヤシノミ天使のお悩み相談室~
村松 寿代


NEWS
行政動向
・複数指標分析し自給率に追加検討、改正案の2024年通常国会提出目指す
・WHO、新型コロナ緊急事態宣言終了を発表

業界動向
・サラヤ・東京サラヤが経済産業大臣賞受賞/「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞
・シーフードショー大阪が開催/9000人超が来場し、大盛況

製品紹介
・東芝テックがRFIDパッケージソフト「RF異物検知」と「RF簡単棚卸」を同時発売



統計資料
リコール情報


GRAVURE
SDGsに対応した使い捨て手袋のリサイクルシステム確立に向けて
食品のサプライチェーンにおける使用済み手袋の油化処理実現計画
一般社団法人手袋衛生協会


巻頭言
食中毒患者数減少も原因物質など傾向変わらず、
さらに現場での衛生管理徹底を 岩本 嘉之


メディアSCOPE
海水・海産物に頻繁曝露で発症? アニサキスアレルギー
平沢 裕子


私の視点
WHOがCOVID-19緊急事態解除
7つの暫定勧告をレビューする
杉浦 嘉彦


食中毒発生情報
食中毒統計
バックナンバー
編集後記・広告索引

おすすめの購読プラン

月刊HACCPの内容

食の安全と品質保証のために
月刊HACCPは「食の安全性と健全性」をテーマに、原材料の生産現場から食品製造、流通、消費まで(farm to table)の一貫した食品衛生対策を柱とし、新時代に対応するための情報誌です

月刊HACCPの目次配信サービス

月刊HACCP最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊HACCPの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.