医薬経済 発売日・バックナンバー

全240件中 166 〜 180 件を表示
**【特 集】********************

■深層◎2013参院選・比例区
 威信をかけた椅子取りゲーム―充実・羽生田氏と劣勢・木村氏の違い
■アコファイドが挑む「胃炎」の壁―世界初のFD薬は「先行者利益」を確保できるか
■「原則解禁」ネット販売の舞台裏―推進派〝勝利〟の背景に厚労官僚の衰退
■患者が知らぬ罪深き「投与実態」―中小病院で不適切に使用される「簡易懸濁法」
■道交法改正でも「虚偽申告減」は期待薄―てんかん患者に罰則、事故防止には限界
■再び「ジャパン・アズ・ナンバーワン」をめざすなら―株主還元に偏らない、新しい日本的モデルを
■抗PD1抗体でがん治療の進化を目撃―新薬の市場環境を読む
■ネット販売解禁で次世代EDIが不可欠に―正念場を迎えた「SCM」構築
■医療機関の役割「よろず相談所」もあり―子ども貧困対策元年、小児科だからこそできること
■「ヘルスケアリート」に医療の障壁―異次元緩和で国交省は鼻息荒いが
■長期収載品の崩壊
■隘路にはまり込む「ローソン」―クオールなど提携先にも影響

==【連 載】====================

◆OBSERVER=長友秀樹 長友社会保険労務士事務所代表
◆世界の医薬品業界=大手医薬品メーカーは成長可能か
◆海外時報=再び対立モードに入る政権と業界
◆ワクチン悲喜こもごも
副反応騒動でわかる広告規制の弊害
◆医薬経済気象台=回復色みせる景気の持続力
◆審査建言=新しい視点で医薬分業の見直しを
◆経営学から見た医薬品=MBAコースで教える新しい薬利学
◆薬剤経済学=有効性比較情報を個別化する理由(前)
◆MR活動実態調査レポート=精神神経科領域での活動分析
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=デジタルプロモーションに大きなチャンス
◆環境激変 MR進化論=インターンシップと社内留学

◆患者会=NPO法人 アレルギーを考える母の会

◆眺望「医薬街道」=玉虫色の決着「医療事故調査制度」
◆ラテン転々=イタリア人の場合①
◆製薬企業・その現状と展望 あすか製薬=新中期経営計画は前計画の再挑戦
◆時流遡航=J-PARK放射能漏れ事故を省みる
◆技術革新と製薬企業の明日=夜明けを迎える日本の「再生医療」
◆薬剤師のスキルアップ=日米比較でみる実力向上法
◆放言de万事開帳=不妊治療を議論し、日本型の法整備急げ
◆この国につけるクスリ=健康預金

◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆Current Issues
◆明快語録
◆ニュースダイジェスト
◆時感/編集後記
**【特 集】********************

■深層◎医薬品市場
 後発品リスクに慄く卸と薬局―「再編」と「公定マージン」の選択肢

■小泉政治を否定し始めた安倍首相―社会保障費抑制に「反省」、苦慮する財務省
■「分業バッシング」再燃の理由―政策誘導に依存してきた薬局のツケ
■「全大臣不在」で成立する官民対話―“陳情”に満足で失われる創設意義
■後発品ネガティブ事象の「根幹」―メーカー、業界の努力だけでは超えられない課題も
■UMN対応に明け暮れる製薬業界―尽きない開発要請、未承認薬のツケは国内大手
■エクスタンディの不幸な「生き別れの兄弟」―新薬の市場環境を読む
■情報を読み解く力が市場を制するカギ―正念場を迎えた「SCM」構築
■独自抗体技術で活気づく協和キリン―国内各社のがん戦略を見る⑥
■「下山」を強いられる幾多のナナイチ―次期診療報酬改定と病床報告制度、力技の「予定調和」
■指折りの優良物件「東電病院」―立地のよさから「120億円」との声も
■長期収載品の崩壊
■JT医薬再構築は製品買収かM&A―新薬発売に沸くも事業継続には圧力

==【連 載】====================

◆OBSERVER=江崎禎英 経済産業省製造産業局生物化学産業課長
◆海外時報=保険適用は健康を改善しない?
◆少数派経済観測=ヘッジファンドの恐ろしさ
◆医薬経済気象台=景気楽観に落とし穴はないか
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑪=漢方薬と西洋薬の相互作用
◆新薬を斬る=さぁ、どうする「ゼルヤンツ」
◆薬剤経済学=個人差を無視した給付制限の危険性
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=製薬会社の患者理解度
◆環境激変 MR進化論=「気がきく人」をめざそう
◆患者会=日本心臓ペースメーカー友の会
◆フロントライン=高齢者の医療費を考える
◆霞が関人物録 宮崎県=活躍する両県立高OB
◆製薬企業・その現状と展望 日本ケミファ=ジェネリックが牽引し収益大幅改善
◆老医師のつぶやき=裁判員制度と憲法96条
◆From Local to Global=インフル今昔―集団防衛と個人防衛
◆時流遡航=電脳社会回想録~その光と翳⑥
◆薬剤師のスキルアップ=どのようにして実践すべきか?
◆眺望「医薬街道」=喫煙者の治療にはペナルティーを
◆この国につけるクスリ=お節介のツケ

◆Current Issues
◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆ニュースダイジェスト
◆時感/編集後記
**【特 集】********************

■医療界の「JUMP」は跳べるか―番号制推進とビッグデータ活用で新協議会

■鬼門「国保救済」は成就するか―日医には根回し済み、経済界が高い壁
■高給取り「過剰在庫」の向かう先―人材流動化が引き起こす受託会社への転身
■医師会が振り払えないカルテル疑惑―インフルエンザ予防接種、公費か自費か
■「分業バッシング」から内部崩壊へ―政治組織の瓦解でピンチ拡大
■「断酒」で30年ぶりの新薬登場―飲みたい気持ちを抑える「レグテクト」
■セルトリオンの遅れでざわめく「バイオシミラー」―新薬の市場環境を読む
■なぜ「がん幹細胞」は重要なのか
■ドラッグ成長戦略に必須の製・配・販連携―正念場を迎えた「SCM」構築
■「第2のAIJ」と化すMRI事件―「診療報酬」で引っ掛かった皆保険の日本人
■長期収載品の崩壊9
■「製販分離」が招いた製薬会社の堕落―相次ぐ製品回収、製造販売業3役は機能せず



==【連 載】====================

◆OBSERVER=後藤玄利 ケンコーコム株式会社代表取締役
◆世界の医薬品業界=医薬品市場の縮小が業界を直撃
◆海外時報=新技術に実質的便益を求める「市民」の目
◆医薬経済気象台=期待先行で消費が回復
◆審査建言=ドラッグ・リポジショニングに注目を
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑩=漢方薬が含む化合物の消化管吸収
◆経済記事の読み方=介護施設融資に励む銀行の“凄まじさ”
◆新薬を斬る=データモニタリング委員会で開発は変わるか
◆薬剤経済学=個人差を無視した給付制限の危険性
◆MR活動実態調査レポート=内科系診療科のMR活動分析
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=医師と患者の会話をサポートする(下)
◆環境激変 MR進化論=老荘思想でホッとひといき
◆患者会=公益財団法人 日本ダウン症協会
◆眺望「医薬街道」=総合診療専門医は地域の救世主となるか
◆ラテン転々=ルイス・アルバレスさんに聞く④
◆製薬企業・その現状と展望 鳥居薬品=13年度から新3ヵ年計画スタート
◆時流遡航=電脳社会回想録~その光と翳⑤
◆技術革新と製薬企業の明日=がん幹細胞標的薬の夢と現実
◆放言de万事開帳=H7N9とB787を比べると……
◆この国につけるクスリー胆管がんで〝強制捜査〟

◆Current Issues
◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■接近し過ぎる安倍首相と薬業界―やはり絵に描いた餅で終わる「日本版NIH」

■「調剤バブル」が招いた地価1000倍の余波―10億円で売れた「門内薬局用地」に慌てる薬剤師
■袋小路に陥る「零細GE販社」―市場は再編要求、押し寄せる淘汰の波
■本格始動する米系後発品連合―ファイザー/マイランが切り崩す日本市場
■調整必須となる「医療人材」の需給―「雇用の質」改善に〝親身〟な公的介入
■現実味帯びる原薬「生産地」開示―「中国産」が後発品普及に障害も
■流通BMSを導入したドラッグストアの「思惑」―正念場を迎えた「SCM」構築28
■開発失敗を乗り越え輝く「パルボシクリブ」―新薬の市場環境を読む42
■「デノスマブ」で領域強化進めた第一三共―国内各社のがん戦略を見る⑤
■「不適合」評価で面目失った横浜薬科大―理事長の経営姿勢に問題
■長期収載品の崩壊8
■ガラパゴス化する日本の経済記事―外れっ放しの「助言」に振り回される経営者

==【連 載】====================

◆OBSERVER=森下竜一 規制改革会議委員、内閣官房健康・医療戦略室参与
◆海外時報=新薬価制度で先行き揺らぐNICE
◆少数派経済観測=円安の目標値は1ドル120円以上
◆医薬経済気象台=焦点は成長戦略の具体化
◆経営学から見た医薬品=MBAコースで教える新しい薬利学
◆薬剤経済学=患者の自己決定権とCER
◆一筆入魂=リスクとベネフィットの狭間に陥った盲点
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=医師と患者の会話をサポートする(上)
◆環境激変 MR進化論=進化するドクターの勉強会

◆患者会=がん遺族会 青空の会

◆フロントライン=今度こそ期待したい「日本版NIH」
◆製薬企業・その現状と展望 富士製薬工業=着々と進む成長力強化の布石
◆老医師のつぶやき=日医代議員会のスケッチ
◆From Local to Global=Care at the End of Life
◆時流遡航=電脳社会回想録~その光と翳④
◆眺望「医薬街道」=後発品全規格の取り揃えは見直すべきだ
◆霞が関人物録 青森県=活躍する弘前高や青森高、八戸高の出身者
◆この国につけるクスリ=国民皆保険の戦略的活用

◆Current Issues
◆明快語録
◆ニュースダイジェスト
◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆時感/編集後記
**【特 集】********************

■値引き「我慢」で妥結率8割
 13年度の価格交渉、DPPⅣ阻害剤で「乱」も

■米国は魔物か杞憂の連鎖か―TPPで叫ぶ医療界と黙る製薬業界
■日薬連に潜む「離反ドミノ」―傘下団体は不満たらたら、「一致団結」はもう限界
■後発品促進「第2ステージ」に突入―「全面置き換え」から「適切な置き換え」に路線変更
■がん免疫領域で存在感増すBMSと小野―新薬の市場環境を読む
■流通BMS導入で出遅れる薬業界―正念場を迎えた「SCM」構築
■終末期医療「機」は熟したか―注意すべきはセンセイ方の「放言」→炎上
■訴訟に追われるアイセイ薬局―不可解な不動産取引と岡村前社長の関係
■追い出された「メディビック」創業者―乗っ取った妙な投資会社の狙いとは
■長期収載品の崩壊7
■「ニッチ」から炙り出される日本化薬―大競争下に晒される医薬事業

==【連 載】====================

◆OBSERVER=桐野高明 独立行政法人国立病院機構理事長
◆世界の医薬品業界=複雑化するメーカーの販売価格管理
◆海外時報=各国の評価機関に方法論の調和を
◆ワクチン悲喜こもごも⑥=風疹流行で再確認された行政の無責任さ
◆医薬経済気象台=景況回復は期待から実感の段階へ
◆MR活動実態調査レポート=「武田」対「ノバルティス」のMR活動
◆審査建言=ランマーク問題から学ぶリスクマネジメント
◆新薬を斬る=ディオバン論文撤回騒動を検証した
◆薬剤経済学=製薬業界の発言が抑制される非対称
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=重要なファーストラインマネジャー
◆環境激変 MR進化論=名言から学ぶ~ジャック・ウェルチ氏

◆患者会=エンパワリング ブレストキャンサー

◆ラテン転々=ルイス・アルバレスさんに聞く③
◆眺望「医薬街道」=高齢者に応じた「2次救急」拡充を
◆製薬企業・その現状と展望 ゼリア新薬工業=最重点領域の消化器系で製品力強化進む
◆時流遡航=電脳社会回想録~その光と翳③
◆技術革新と製薬企業の明日=日本は新パンデミックに対抗し得るか
◆フロントライン=マダニ感染をむやみに恐れるな
◆この国につけるクスリ=誰かが笛を吹かなければ

◆Current Issues
◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■武田子会社で「あり得ない」事故―日本製薬が起こした旧大洋以上の不祥事

■再び「バッシング」される医薬分業―日医、マスコミ、国民をも敵に回す薬剤師会
■交渉参加が決まったTPPと医療の論点
■こんなに違う国立大病院のGE割合―文科省予算「根拠データ」が広げる波紋
■立ちはだかる障壁「知財保護弱体化」―新興国で足元見られる製薬企業、最良の妥協点とは
■個別情報開示、1年先送りで「再試」―製薬協は医師の理解が得られるか
■「ブレークスルー」制度は福音となるか^新薬の市場環境を読む
■SMや地域卸も流通BMSを導入―正念場を迎えた「SCM」構築
■「団塊の世代」狙ったキャンペーン―軽度は保険給付対象外、「老々互助」を誘導
■詐欺師に悪用される「医療機関債」―罰則のないガイドラインがあるだけ
■長期収載品の崩壊6
■さらなる改革迫られる三菱ケミカル―支えは回復機運にある田辺三菱


==【連 載】====================

◆OBSERVER=山村真一 保険薬局経営者連合会会長
◆海外時報=似た経済評価が導く異なる結論
◆少数派経済観測=米国出張でよくわかったこと
◆医薬経済気象台=企業心理の変化は本物
◆新薬を斬る=外部リソース活用で現場力低下
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑨=漢方薬に関する医薬品情報
◆経営学から見た医薬品=MBAコースで教える新しい薬利学
◆薬剤経済学=観察的研究で優位の主張はできない
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=13年の医薬品マーケティング(下)
◆環境激変 MR進化論=男女の違いを知って生かそう

◆患者会 全国引きこもりKHJ親の会

◆霞が関人物録 京都府(下)=一大勢力の名門、私立洛星高出身者
◆製薬企業・その現状と展望 沢井製薬=後発品市場拡大を追い風に成長続く
◆老医師のつぶやき=在宅介護より施設介護へ
◆From Local to Global=麻生発言とメディアの責任
◆時流遡航=電脳社会回想録~その光と翳②
◆フロントライン=メタボ検診の効果を検証すべき
◆眺望「医薬街道」=より大きな視点で電子処方箋化を
◆この国につけるクスリ=住所地特例

◆Current Issues
◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■「悪者」になりたくない医薬品卸―未だに難航する価格交渉
■全体最適のための専門医制度改革―御意見無用のプロフェッショナルオートノミーに懸念も
■怯んだ生活保護「医療」の改革―参院選前に負担増に踏み込めず
■後発品への置き換えで卸が「本音」―急激なスピードアップに「追いつけない」
■抗凝固剤市場を牽引する「エリキュース」―新薬の市場環境を読む39
■最も早く領域参入を決めたエーザイ(後)―国内各社のがん戦略を見る④
■次世代EDIに乗り出し始めた地域SM―正念場を迎えた「SCM」構築25
■「メディビック」に乗っ取りの危機―国内ベンチャーの芽を摘む妙な投資会社
■長期収載品の崩壊5
■閉塞感漂う「生活者の味方」大正製薬―ネット販売とスイッチ「エパデール」が頭痛の種に


==【連 載】====================

◆OBSERVER=高橋洋一 嘉悦大学教授
◆世界の医薬品業界=日米より「ずっと安い」欧州の薬価
◆海外時報=新薬評価で立ちはだかるドイツ
◆医薬経済気象台=表面化した円安の光と影
◆審査建言=臨床研究や試行的医療行為に法の枠組みを
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑧=医療用漢方エキス製剤の適応
◆薬剤経済学=PCORI出資の研究企画とは
◆MR活動実態調査レポート=国内初「配合剤」の注目度は
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=13年の医薬品マーケティング(上)
◆環境激変 MR進化論=災害時のリーダーシップ

◆interview= 田部 宏 東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座 講師
◆患者会=トーチの会

◆霞が関人物録 京都府(上)=一大人脈を築く私立洛星高出身者
◆ラテン転々=ルイス・アルバレスさんに聞く②
◆製薬企業・その現状と展望 日本新薬=スペシャリティ医薬品で存在感
◆フロントライン=B787は「欠陥機」だ
◆時流遡航=電脳社会回想録~その光と翳①
◆技術革新と製薬企業の明日=抗体薬剤複合体の次「抗体誘導体」
◆眺望「医薬街道」=難病を「症状の程度」では判定できない
◆この国につけるクスリ=消費税と診療報酬

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■宿命に漂った病院職員の死
 3・11〝復興〟の陰でまだ癒えぬ心の傷

■放射能に振り回される福島の医療
 患者増えても収入増えず
■地域医療充実こそ日本復興のカギ
■対岸の火事でない米国「トレシーバ」不承認
 新薬の市場環境を読む
■製・配・販連携は物流の全体最適で
 正念場を迎えた「SCM」構築
■クラウド型の健康管理サービス続々
 ライフレコーダーで生体ログを24時間計測・集積する時代
■後発品への経済誘導は「もう限界」
 調剤体制加算、一般名処方加算の致命的欠陥を問う
■「運も味方」田村厚労相の実力
 「平成研の厚生族」から一皮剥けるか
■生産性なき「開発マン」の未来
 外部委託が人材流動の引き金に、CRO転職も安泰とは言えず
■医療界を震撼させた〝凄腕女社長〟
 贈収賄・詐欺事件、足掛け6年の最終章
■長期収載品の崩壊4
■子会社の計画に影落とす住化の苦境
 社運賭けたプラント、液晶関連素材で痛手

==【連 載】====================

◆OBSERVER=宮崎詩子 介護相談サロン「ソワニエグラン」代表
◆海外時報=「失敗の遅れ」が押し上げる開発コスト
◆ワクチン悲喜こもごも⑤=教員退職騒ぎと予防接種法改正の点と線
◆経済記事の読み方=未だ届かない被災者の金融支援
◆少数派経済観測=中国経済は危機寸前
◆医薬経済気象台=TPP参加は不可避
◆経営学から見た医薬品=MBAコースで教える新しい薬利学
◆薬剤経済学=研究結果を日常診療に反映させるキー(後)
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=がん専門医もMR訪問を制限
◆環境激変 MR進化論=社会貢献活動をテコに

◆患者会=うつの家族の会みなと

◆フロントライン=終末期医療に冷静な議論を求める
◆眺望「医薬街道」=もうひとつの流通改善「バーコード表示」
◆製薬企業・その現状と展望 キッセイ薬品工業=成長力強化と収益力回復への途上
◆老医師のつぶやき=兎追いし、かの山
◆From Local to Global=科学コミュニケーションの重要性
◆時流遡航=大学乱立と学力低下の背景④
◆この国につけるクスリ=胆管がんに労災認定

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■深層◎医薬品流通
 切り離せぬ増税と仕切価―触らぬ神「売差マイナス」の逆効果

■過熱気味の「受診啓発広告」に一石―〝行き過ぎ〟は誰が決めるのか
■武田薬品の変貌への期待と不安(後)
■国内事業に〝地盤沈下〟の兆し―第3四半期決算、相次ぐ計画の下方修正
■ジェネリック新目標の高き壁―強力な促進策「導入」の可能性
■評価分かれる流通のエポックメイキング―正念場を迎えた「SCM」構築
■支払基金がめざしたい社会的責任―韓国モデルに審査体制を強化
■踏んだり蹴ったりの日本の血液行政―自給率とDPCに翻弄、ツケはそのまま国民へ
■SMO訴訟騒動で見えた治験の裏側―飼い犬に手を噛まれたクリニプロ、カネで躓く
■長期収載品の崩壊3
■国富を流出し続ける国内医薬品業界―貿易面では「国際競争負け組」予備軍に

==【連 載】====================

◆OBSERVER=塩谷立 自民党科学技術・イノベーション調査会長
◆世界の医薬品業界=米国の実売価格低下で市場が縮小
◆中国医療見聞記=天津の心血管病院に見る世界水準への道
◆海外時報=「治験生データ」に開示要求の機運
◆医薬経済気象台=強気の経済予測の読み方
◆審査建言=日本版RMPを活かすためには
◆薬剤経済学=研究結果を日常診療に反映させるキー(前)
◆MR活動実態調査レポート=第一三共「ネキシウム」が総合トップ
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=各国のプロモーション経費の状況
◆環境激変 MR進化論=創造的思考力を鍛えよう

◆患者会=財団法人 いしずえサリドマイド福祉センター

◆眺望「医薬街道」=院内製剤の安全性確保を
◆ラテン転々=ルイス・アルバレスさんに聞く①
◆製薬企業・その現状と展望 持田製薬=中期視点で独自の経営戦略展開
◆時流遡航=大学乱立と学力低下の背景③
◆技術革新と製薬企業の明日=血友病患者を救う「ACE910」
◆フロントライン=薬の副作用を軽んじるな
◆この国につけるクスリ=傷病手当金の負担責任

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■深層◎消費税増税
 危機孕む薬価の「引き上げ」―病院は経営悪化、薬局は再編

■武田薬品の変貌への期待と不安(前)
■医薬品販売「緩和派」の視線の先―安倍政権、官邸主導で勢いづくあの面々
■「ご進講」に終始する中医協HTA部会―論点提示を済ませ、それでも見えぬ着地点
■カナグリフロジンで期待集まる経口糖尿病薬―新薬の市場環境を読む
■社長交代で次世代型ビジネスモデル構築―正念場を迎えた「SCM」構築
■最も早く領域参入を決めたエーザイ(前)―国内各社のがん戦略を見る③
■補助化学療法も「個別化」の時代―卵巣がん早期で「有用性」を問う〝日本初〟の試験始まる
■「地域包括ケア」の現在地やいかに―切り札の新サービスは不振、〝混沌〟は是正できるか
■詐欺師にカモられる民間臍帯血バンク―つくばブレーンズの二の舞になりかけたシービーシー
■長期収載品の崩壊2
■財界で出世する長谷川武田社長のリスク―権力抗争のめり込み不安視される本業の行方

==【連 載】====================

◆OBSERVER=荒川義弘 東京大学臨床研究支援センター副センター長
◆海外時報=医療を変える「アメとムチ」政策
◆少数派経済観測=円レートが決める株高の限界
◆医薬経済気象台=国際機関の厳しい13年予想
◆経営学から見た医薬品=MBAコースで教える新しい薬利学
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑦ー医療用漢方エキス製剤について
◆薬剤経済学=合意形成アプローチによるCER命題の選定
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=医薬品マーケティングの改革(下)
◆環境激変 MR進化論=相手に話をしてもらうには

◆interview= 山口一城 日本ケミファ代表取締役社長
◆患者会=遠位型(PADM)ミオパチー患者会

◆フロントライン=エパデールスイッチ化にみる関係者の思惑
◆眺望「医薬街道」=長期収載品に犠牲を強いる厚労省
◆製薬企業・その現状と展望 科研製薬=独占販売権取得戦略で着実に成長
◆老医師のつぶやき=医師不足と就職率低下の背景
◆From Local to Global=「伝統」「勤勉」「団結」―体育会運動部今昔
◆時流遡航=大学乱立と学力低下の背景②
◆霞が関人物録 埼玉県(下)=霞が関で活躍する浦和高校出身者
◆この国につけるクスリ=安倍政権に黄信号

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■深層◎新薬創出加算
 問われる「恒久化」の価値―現場で〝嫌われる〟制度

■土壇場で日医が「豪腕」発揮―スイッチ化推進、再び迷走
■生活習慣病新薬が占う「13年」―DPPⅣ阻害剤と抗肥満薬、年内承認を得られるか
■制度改正端境期の製薬各社の戦略―医薬品業界新年展望(後編)
■14年度薬価改定「びっくり10大予測」―新薬の市場環境を読む
■公取が目を光らせる「優越的地位の濫用」―正念場を迎えた「SCM」構築
■「医療等ID」は何をもたらすか―医療情報の網羅的な蓄積・共有の必要性と近未来像の憂い
■病院に群がるハイエナ「ファクタリング会社」―一度利用したらサラ金地獄に
■長期収載品の崩壊1
■「調剤ポイント」ドタバタのその先―もはや個人情報収集手段に変貌


==【連 載】====================

◆OBSERVER=別所芳樹 日本医薬品卸業連合会会長
◆世界の医薬品業界=違法な販促の問題がもたらす影響
◆中国医療見聞記=中国の病院格付け区分
◆海外時報=岐路に立つジェネリック業界
◆医薬経済気象台=大転換の年になる条件
◆審査建言ー日本の特徴を生かした新薬開発を探れ
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑥=生薬が原料の製剤について
◆薬剤経済学=根拠のギャップを埋めるCER課題の選定
◆MR活動実態調査レポート=高まるターゲティングの重要性
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=医薬品マーケティングの改革(上)
◆環境激変 MR進化論=もっとインターネットを活用しよう

◆患者会=全国パーキンソン病友の会

◆眺望「医薬街道」=麻しん排除の徹底を
◆ラテン転々=カレロ・ルゴさんに聞く②
◆フロントライン=笹子トンネルは手抜き工事?
◆製薬企業・その現状と展望 ロート製薬=「ヘルス&ビューティ」で安定成長
◆時流遡航=大学乱立と学力低下の背景①
◆技術革新と製薬企業の明日=第2の戦場「抗体誘導体技術」の可能性
◆アジアの医療に学ぶ⑮=台北の私立・国立病院の医療と臨床試験
◆霞が関人物録 埼玉県(上)=県内屈指の官僚輩出校「浦和高」
◆この国につけるクスリ=治療の〝成功〟とは

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■深層◎薬価制度改革
 長期品「再算定」の道拓く本命は「中小メーカー潰し」とは別に

■意識させられる「特許切れ第2波」―医薬品業界新年展望(前編)
■来夏参院選への号砲が鳴った―「安倍自民」に擦り寄る医療関係団体
■長期収載品「新論争」の幕開け―「中間まとめ」で〝篩〟にかかる追加引き下げターゲット
■目利き力が評価されるアステラス―国内各社のがん戦略を見る②
■「リツキサン」シミラー開発に製法変更の壁―新薬の市場環境を読む
■IT化の起爆剤、医薬品卸の川下作戦―正念場を迎えた「SCM」構築⑳
■「薬害」で拡大する消費者庁の権益―コンニャクも医薬品も「調査委員会」の対象に
■「勝ち組」「負け組」に分かれる薬科大―6年制で学生奪い合い、問題は合格率より留年率
■後発品の未来像
■シミック「中計」のカギ握る人材問題―最終年度に古稀迎える中村会長の後継は

==【連 載】====================

◆OBSERVER=三好昌武 IMSジャパン取締役バイスプレジデント
◆中国医療見聞記=中国の医師キャリア・パス
◆海外時報=新薬の生産性、カギは総資産価値
◆少数派経済観測=米国と中国の立場が逆転
◆医薬経済気象台=新政権の経済対策に注目
◆経営学から見た医薬品=MBAコースで教える新しい薬利学
◆薬剤経済学=CER優先順位づけのための評価グリッド
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=キーアカウントマネジメント(下)
◆環境激変 MR進化論=医療の行方~2つのシナリオ

◆患者会=GIST・肉腫患者と家族の会

◆フロントライン=行政の隠れ蓑になっている審議会
◆製薬企業・その現状と展望 ツムラ=15年度目標の新中期計画がスタート
◆From Local to Global=私家版「この国につけるクスリ」―社会保障費を誰が払う?
◆時流遡航=新年を迎えるに当たって
◆老医師のつぶやき=薬剤副作用は誰が防ぐのか
◆眺望「医薬街道」=早急に医師法第21条改正を
◆この国につけるクスリ=ゴミ屋敷撤去費用

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■自己負担引き上げの「時が来た」
70歳代前半の優遇ぶり強調、受診抑制の議論は置き去り

■市場は花盛り、ARB配合剤のその先―新薬開発は頭打ち、「個の医療」の時代は来るか
■敗訴で上がる「課税」のハードル―消費税問題、財務省の論理と政治リスク
■シンクロ起こした12年「社長人事」―トップ絶大な武田・エーザイの「そのとき」
■ハードル高い「PCSK9阻害剤」―新薬の市場環境を読む
■消えた「有事対応デジタルインフラ」実証実験―正念場を迎えた「SCM」構築⑲
■思惑に躍らされた白鬚橋病院事件―自らに都合よく預託金を食い潰し
■後発品の未来像
■「アサコール」で注目浴びるゼリアの課題―脆弱性克服のカギ握る「アコファイド」

==【連 載】====================

◆OBSERVER=矢守隆夫 医薬品医療機器総合機構(PMDA)審査センター長
◆世界の医薬品業界=古きよき時代の終わり
◆海外時報=〝失望〟を避ける価格戦略の重要性
◆ワクチン悲喜こもごも④=178億円の補助金返還
◆医薬経済気象台=「下り竜」だった辰年
◆審査建言=薬事規制に開発促進的な要素を加えるには
◆いまさら聞けない生薬・漢方薬⑤=生薬が患者に提供されるまで
◆経済記事の読み方=「第三者委員会」に群がる弁護士業界
◆薬剤経済学=PCORIはCERのテーマをどう選ぶか?
◆MR活動実態調査レポート=絶妙なパートナーシップを発揮するネキシウム
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=キーアカウントマネジメント(上)
◆環境激変 MR進化論=やる気を引き出す顧客の言葉

◆患者会=NPO法人 パンキャンジャパン(すい臓がんアクションネットワーク)

◆ラテン転々=カレロ・ルゴさんに聞く①
◆フロントライン=ツアー登山に問題点あり
◆製薬企業・その現状と展望 キョーリン製薬ホールディングス=戦略領域の製品力強化で成長めざす
◆時流遡航=ノーベル賞発表の時節が終わって③
◆技術革新と製薬企業の明日=最重要のノーベル化学賞受賞研究
◆アジアの医療に学ぶ⑭=台湾の医療制度と精神医療
◆眺望「医薬街道」=スピードが遅い難病対策
◆この国につけるクスリ=特定保健指導のあり方

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
◆9大ニュース
**【特 集】********************

■深層◎医薬品市場
 消え行く「昔ながら」の営業―「価格と体力」から「監視と規制」の時代

■iPS細胞の「難敵」医療保険―HTA導入議論の加速化も
■丹羽氏「崖っぷち」の最終決戦―ドン復権に水差す“裏切り”の連鎖
■後発品の信用失墜させる「韓国原薬」―継続審査でGMP不適合、国の査察は手が回らず
■変化を先取りできなかった日本企業―国内各社のがん戦略を見る①
■リウマチ薬の転機となった「ゼルジャンズ」―新薬の市場環境を読む
■新ARB「アジルバ」を徹底検証―〝タケダイズムの結晶〟の実像に迫る
■小売とサプライヤーを結ぶ商品マスタ―正念場を迎えた「SCM」構築⑱
■収益増狙いのツケでバレた「不正受験」―毎日低価格の裏側で起こった西友の「登録販売者」事件
■後発品の未来像9
■バイオ薬受託製造に賭ける東洋紡―積極投資で「t─PA」の雪辱果たせるか



==【連 載】====================

◆OBSERVER=岩島誠 鈴鹿医療科学大学薬学部教授
◆海外時報=〝抑制〟目立つ製薬業界の政治活動
◆少数派経済観測=日本経済は復活できる
◆医薬経済気象台=円安に持続性はあるか
◆審査建言=医療技術評価を医療の質向上にどう活かすか
◆経営学から見た医薬品=価格交渉の歴史的考察
◆薬剤経済学=CER実施に産業界が求める原則
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=リーダーの変化の認識と対処法
◆環境激変 MR進化論=ズーム思考のススメ
◆医療のピットホール=ルール

◆患者会=NPO法人 PAHの会

◆フロントライン=メディアの劣化に危惧を抱く
◆霞が関人物録 富山県(下)=厚労省に一大勢力「築く」
◆製薬企業・その現状と展望 参天製薬=眼科領域の専門企業として高い存在感
◆老医師のつぶやき=愛読書と国政選挙
◆From Local to Global=医療事務補助者は救世主?
◆時流遡航=ノーベル賞発表の時節が終わって②
◆眺望「医薬街道」=消費税増税と国民会議の行く先
◆この国につけるクスリ=終の信託と医療保険

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
**【特 集】********************

■深層◎流通改善
評価不能「進展」の是非―卸と調剤チェーン、第2四半期は「明暗」

■後発品使用促進の新たな潮流―謎の文科省予算から次の目標まで
■武田悲願の高脂血症薬「ロトリガ」―持田には営業力で脅威に
■活発化する「血友病補充療法」市場―新薬の市場環境を読む
■進まない医薬品業界のIT化―正念場を迎えた「SCM」構築⑰
■てんかん診療が直面する課題―医療ネットワークで地域レベルを底上げ、行政との連携も
■「いい医者」ほど救われない現実―『終の信託』、医療と司法の折り合いは
■針の筵の医療系厚生年金基金―AIJ事件の痛手、長期運用で損失消却
■原薬が抱える「チャイナリスク」―粗悪品流通の兆し、日本企業の信頼問題に
■後発品の未来像8
■医薬業界の関心集める日東電工―テープ剤主軸に大日本住友とは良好な関係

==【連 載】====================

◆OBSERVER=濱敏弘 がん研有明病院薬剤部長
◆世界の医薬品業界=R&D戦略の変化を理解せよ
◆海外時報=特許切れと経済低迷の挟み撃ち
◆医薬経済気象台=焦点は景気後退の深さと長さ
◆ドクターかでいの医療の裏技=偽医者の健診
◆薬剤経済学=RA生物学的製剤の臨床試験設計(後)
◆一筆入魂=深い闇を掘り返す意味はあるのか
◆MR活動実態調査レポート=ディテール数上位企業の活動実態
◆OUTLOOK・欧米のMR事情=英国でベストMRコンテスト
◆環境激変 MR進化論=キーワードは「つなげる」
◆医療のピットホール=探しもの

◆患者会=NPO法人 ブーゲンビリア

◆眺望「医薬街道」=生ワクチン接種率67・2%を警戒
◆ラテン転々=小野リサさんに聞く②
◆製薬企業・その現状と展望 大正製薬ホールディングス=内外での買収戦略で成長力蘇生めざす
◆時流遡航=ノーベル賞発表の時節が終わって①
◆技術革新と製薬企業の明日=iPS細胞臨床応用に立ちはだかる数々の難問
◆フロントライン=焦りが大誤報を生む
◆この国につけるクスリ=保険料払っても給付なし!?

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト

医薬経済の内容

深く取材し独自の切り口で迫る医薬ビジネス誌
医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。

医薬経済の無料サンプル

1587号 (2019年05月01日発売)
1587号 (2019年05月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

医薬経済の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.