BIO Clinica(バイオクリニカ) 2024年8月号 (発売日2024年07月10日) 表紙
  • 雑誌:BIO Clinica(バイオクリニカ)
  • 出版社:北隆館
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月10日
BIO Clinica(バイオクリニカ) 2024年8月号 (発売日2024年07月10日) 表紙
  • 雑誌:BIO Clinica(バイオクリニカ)
  • 出版社:北隆館
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月10日

BIO Clinica(バイオクリニカ) 最新号:2024年8月号 (発売日2024年07月10日)

北隆館
肥満症治療の最前線 Frontline of obesity treatment

BIO Clinica(バイオクリニカ) 最新号:2024年8月号 (発売日2024年07月10日)

北隆館
肥満症治療の最前線 Frontline of obesity treatment

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
BIO Clinica(バイオクリニカ)のレビューを投稿する
2024年07月10日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
2,860円
送料無料
2024年07月10日発売号から購読開始号が選べます。
送料無料で、毎月確実にお届けいたします。

BIO Clinica(バイオクリニカ) 最新号:2024年8月号 (発売日2024年07月10日) の目次

肥満症治療の最前線
Frontline of obesity treatment


TOP (巻頭言)日常臨床における肥満の意義(宮崎 滋)

・総論 肥満症治療の進歩とオベシティスティグマの解消に向けて(門脇 孝)
・肥満症の成因と病態(庄嶋 伸浩・山内 敏正)
・肥満症診療ガイドライン2022改訂のポイント(西影 星二・小川 渉 他)
・薬物療法(小野 啓・横手 幸太郎)
・統合的肥満症治療としての減量・代謝改善手術の進歩
 -減量・代謝改善手術のための包括的な肥満症治療ガイドライン2024への期待-(龍野 一郎)

HISTORY
・我が国における補助人工心臓の開発と臨床導入(4)
 DT(Destination Therapy),小児用VAD(EXCOR),カテーテルVAD(Impella)の臨床導入の経緯(許 俊鋭)

NEWS FROM INDUSTRY
・OTC医薬品の新展開 — 内臓脂肪減少薬 アライ —(室賀 翔太・坂井 荘一 他)

BIOLOGY TOPICS
・褐色脂肪組織のBCAA代謝と肥満(米代 武司)
・mRNA代謝を制御するピリミジン合成経路(堀 史人・増田 誠司)
・小児肥満からみたレプチン・メラノコルチン系シグナルの遺伝学的な重要性(中島 久和)
・抗肥満薬が黄色ブドウ球菌の病原因子を阻害するメカニズムを解明(北所 健悟・神谷 重樹 他)
・アクチビン・ミオスタチン阻害薬としてのFSTL3製剤開発(森川 真大・宮園 浩平)
・ミグリトールの褐色脂肪組織を介した抗肥満効果(杉本 哲・中島 久和)
・代謝性疾患に潜むスプライシング因子の制御異常(宮崎 拓郎)

CLINICAL TOPICS
・食事時刻の乱れによる肥満と骨格筋萎縮(安倍 知紀)
・天然からの脂質代謝改善作用成分の探索と食品への応用(長友 暁史・森川 敏生)
・心筋細胞内脂肪蓄積が不整脈に与える影響(佐藤 さつき)

「BIO Clinica 」編集委員会構成メンバー
【委員長】
・黒川  清(政策研究大学院大学名誉教授)
【委員】
・門脇  孝(虎の門病院 院長)
・川上 正舒(自治医科大学名誉教授・地域医療振興協会副会長)
・黒川 峰夫(東京大学医学部教授)
・小室 一成(国際医療福祉大学 副学長)
・戸田 達史(東京大学医学部教授)
・小池 和彦(関東中央病院 院長)
・戸田剛太郎(東京慈恵会医科大学客員教授)
・萩原 正敏(京都大学医学部教授)
・稲垣 暢也(医学研究所北野病院 理事長)
・金倉  譲(住友病院 院長)
・木村  剛(枚方公済病院 院長)
・熊ノ郷 淳(大阪大学医学部教授)
・妹尾  浩(京都大学医学部教授)
・高橋 良輔(京都大学医学部教授)
・北   徹(神戸市看護大学 理事長)
・板倉 光夫(徳島大学名誉教授)
・祖父江 元(愛知医科大学 学長)
・千葉  勉(関西電力病院 病院長)
・中尾 一和(京都大学医学部名誉教授)
・三木 哲郎(阪和第一泉北病院 認知症疾患センター長)
--------------------------
・本庶  佑(京都大学高等研究院特別教授)

BIO Clinica(バイオクリニカ)の内容

  • 出版社:北隆館
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月10日
臨床医学への応用化を中心テーマに、その周辺情報を満載しています。
月刊「BIO Clinica」北隆館 1981年6月創刊 臨床医学への応用化を中心テーマに、その周辺情報を満載 高度最先端技術の中で最も脚光を浴びているバイオテクノロジーは、農林・水産・食品・化学・医薬品さらには医療の場での実用化が進められています。臨床現場にどのように活用され、どのような効用をもって、どのように展開されて行くのか。月刊「BIO Clinica」は、バイオテクノロジーの臨床医学への応用化を中心テーマに、たんに基礎研究にとどまらず、応用技術や医療技術、またその周辺情報を満載しています。編集委員代表<黒川清(東京大学名誉教授)・本庶佑(京都大学特別教授)> 編集委員<萩原正敏(京都大学教授)・稲垣暢也(京都大学教授)・金倉譲(大阪大学教授)・木村剛(京都大学教授)・熊ノ郷淳(大阪大学教授)・妹尾浩(京都大学教授)・高橋良輔(京都大学教授)・門脇孝(東京大学医学部教授)・川上正舒(自治医科大学名誉教授)・黒川峰夫(東京大学教授)・小室一成(東京大学教授)・戸田達史(東京大学教授)>

BIO Clinica(バイオクリニカ)の無料サンプル

1月号 (2009年12月10日発売)
1月号 (2009年12月10日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

BIO Clinica(バイオクリニカ)最新号の目次配信サービス

BIO Clinica(バイオクリニカ)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

BIO Clinica(バイオクリニカ)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.