I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 237 (発売日2016年12月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 237 (発売日2016年12月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 237 (発売日2016年12月20日)

神戸クルーザー
名曲名盤 室内楽、カルテットの面白さ

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 237 (発売日2016年12月20日)

神戸クルーザー
名曲名盤 室内楽、カルテットの面白さ

ご注文はこちら

2016年12月20日発売号単品
  • 売り切れ
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年05月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 237 (発売日2016年12月20日) の目次

表紙 レ・ヴァン・フランセ

特集
名曲名盤 室内楽、カルテットの面白さ

 ハイドンは「交響曲の父」であると同時に「弦楽四重奏曲」の父と言われる。交響曲を約100曲作曲したのも驚くが、室内楽曲の数はこれを大きく上回る。弦楽四重奏は60曲以上、ピアノ三重奏は約40曲、バリトン三重奏曲は120曲以上になる。バリトンはチェロに似た楽器で、ハイドンの雇い主、エステルハージ侯が弾いていたため、ハイドンはご主人のためにせっせと作曲に励んだ。左手の指で弦を押さえ、親指で共鳴弦を弾くなどの演奏や調律が難しく、廃れてしまったが、20世紀の古楽復興に伴い、復元されている。
 ハイドンが「弦楽四重奏の父」と言われた理由を、音楽ジャーナリストの寺西肇氏は「キャリアのごく初期から弦楽器による四重奏曲という形態に着目、生涯を通じて、その可能性を追求し続け、創意工夫をこらすことで、ひとつのプロトタイプを確立。幼いモーツァルトに影響を与え、やがてベートーヴェンの広大な宇宙へと至らしめたのみならず、後進の作曲家の創作意欲に強烈な刺激を与え続けた」と指摘している。
 ハイドンに学んだモーツァルトは「ハイドン弦楽四重奏曲(ハイドン・セット)」を作曲し、ハイドンに献呈した。弦楽四重奏曲第14番から第19番までの6曲で、第17番「狩」、第19番「不協和音」などを含む。1785年1月、ハイドンを自宅に招き、披露、モーツァルトは自らヴィオラを弾いたという。「ハイドン四重奏曲集は傑作ぞろいで、それぞれまったく性格の違うところに、モーツァルトがこの曲種の可能性を多角的に探ろうとしていることがうかがえる」と音楽評論家の寺西基之氏は記している。
 室内楽曲はカルテットばかりではない。表紙のレ・ヴァン・フランセは、今、人気の木管アンサンブル。クラリネットのポール・メイエを中心に結成され、ベルリン・フィルの首席フルート奏者エマニュエル・パユ、オーボエのフランソワ・ルルー、ホルンのラドヴァン・ヴラトコヴィチらヴィルトゥオーゾ集団で、スターがそろっている。編成は作品によりフレキシブルで、ピアノのエリック・ル・サージュが加わることも多い。
 特集は他に、◎初めての室内楽、究極の弦楽四重奏◎往年の名楽団、アルバン・ベルク四重奏団/東京クヮルテット◎ホルンのラデク・バボラク・インタビュー◎世界の国際室内楽コンクール、などを取り上げている。

◎BIGが語る 
クシシュトフ・ウルバンスキ 指揮
 来年3月、東芝グランドコンサート2017として、首席客演指揮者を務めるNDRエルプフィルハーモニーと来日する。1982年、ポーランド生まれで、第62回プラハの春国際音楽コンクール指揮部門で優勝した俊英。エルプフィルに初めて客演したのは2000年。15/16年シーズンから、アラン・ギルバートの後任として首席客演指揮者に就任した。「とてもまじめな楽員たちなので、むしろこちらが刺激を受けます。多くのことを教えられます。休憩になると指揮台まできて、解釈の理由などを質問してくるのです。会話をしているうちにこちらもインスパイアされる」などとオーケストラとの関係を話した。

◎宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 郷古廉 ヴァイオリン
 ウィーンに留学中の若手ヴァイオリニスト。来年1月17日(火)にHakuju Hallでリサイタルを行う。バルトークのヴァイオリン・ソナタ第1番と第2番の2曲を1時間で弾くという“通”好みのプログラム。ヴァイオリン・ソナタ第2番はCDで録音している。郷古は「2曲のソナタは同じ指揮に書かれているのに、まったく性格が違うというのも面白い。取り組みがいがあるので、ずっと引き続けていきたい」と話す。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.