I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 4月号 (発売日2009年02月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 4月号 (発売日2009年02月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 4月号 (発売日2009年02月20日)

神戸クルーザー
(表紙:アンネ=ゾフィー・ムター)
【特集1】「メモリアル・イヤー2009 ヘンデル没後250年、ハイドン没後200年、メンデルスゾーン生誕200年…」
アンネ・ゾフィー・ムター、ヒラリー・ハーン、...

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 4月号 (発売日2009年02月20日)

神戸クルーザー
(表紙:アンネ=ゾフィー・ムター)
【特集1】「メモリアル・イヤー2009 ヘンデル没後250年、ハイドン没後200年、メンデルスゾーン生誕200年…」
アンネ・ゾフィー・ムター、ヒラリー・ハーン、...

ご注文はこちら

2009年02月20日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年05月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 4月号 (発売日2009年02月20日) の目次

(表紙:アンネ=ゾフィー・ムター)
【特集1】「メモリアル・イヤー2009 ヘンデル没後250年、ハイドン没後200年、メンデルスゾーン生誕200年…」
アンネ・ゾフィー・ムター、ヒラリー・ハーン、竹澤恭子、庄司紗矢香、リッカルド・シャイー、ブリュッヘン、チェチーリア・バルトリ、鈴木雅明ら演奏家・指揮者に彼らの音楽の魅力を存分に語ってもらう。
また、メモリアル・イヤーを迎えた3人以外の作曲家にも焦点をあてる。
ヘンデル、ハイドン、メンデルスゾーンの必聴CD・DVDも一挙紹介。
【特集2】「今年のオペラ計画」
今年はオペラの1年ともいえそう! 6月にボリショイ・オペラが「スペードの女王」と「エフゲニー・オネーギン」を引っさげて来日、9月にはミラノ・スカラ座が「アイーダ」と「ドン・カルロ」をもって来る。それ以外にも多くのオペラ公演が予定されている。
オペラ初心者から中級者、上級者まで楽しめる1年となるのは必至、グレード別オペラ指南、オペラ的相性診断、そして、ボリショイ・オペラとミラノ・スカラ座の徹底比較、大野和士と小澤征爾という二人のオペラ指揮検証、新春オペラレポート、成熟する国内オペラプロダクション事情、ホール・オペラや小劇場オペラの現状も紹介する。
「BIGが語る」指揮者ルドルフ・ビーブル
オペレッタ界の大御所としてウィーンを中心になおも活躍するビーブルにオペレッタの魅力を聞く。「オペラもオペレッタも同じ音楽なのに、オペレッタの価値が低く思われるのは忸怩たるものがある」
「追跡! 小澤征爾」
新日フィルとの初めてのブルックナー交響曲第1番、ウィーン・フィル主催舞踏会での「こうもり」序曲、ベルリン・フィル定期でのランランとの共演などをレポート。
「特別インタビュー」指揮者デイヴィッド・ジンマン
N響との公演でマーラー交響曲第10番の「アダージョ」、ウェーベルン「パッサカリア」、リヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」を取り上げたジンマンがその背景を語る。「マーラーの書いた指示をすべて真摯に受け止めようと考え、それを実際に音にするにはどのようにすればよいかと考え抜いた」
「ステージ」指揮=インゴ・メッツマッハー、ピアノ=三浦友理枝、テノール=秋川雅史、ヴァイオリン=ユリア・トゥルノフスキーら
「没後20年企画第2弾」カラヤンのヘンデル、ハイドン、メンデルスゾーン
「許光俊の名曲のツボ」ショスタコーヴィチ交響曲第5番
「外山雄三オーケストラと暮らして60年」連載3 離日直前のカラヤンからアドバイス
「宮本文昭の気軽に話そう」今月のゲスト:フルート工藤重典
「千住明のドレミのしくみ」 ワーグナーの「トリスタン和音」
「仲道郁代の感動の瞬間」ピアノ人生をかける最後のレの音
「NONFICTION」作曲家の大中恩 素晴らしき歌、素晴らしき人生

※3月19日(木)発売の5月号は「すべてはバッハから始まった」を大特集、近代楽器の演奏法にも影響を及ぼしている「古楽の現在」も徹底分析する。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.