• 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 325 (発売日2024年04月19日)

神戸クルーザー
祝 生誕200年 ブルックナーに親しむ

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 325 (発売日2024年04月19日)

神戸クルーザー
祝 生誕200年 ブルックナーに親しむ

ご注文はこちら

2024年04月19日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年06月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 325 (発売日2024年04月19日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
★表紙:オーストリア・リンツ郊外の風景

〇特集 祝 生誕200年 ブルックナーに親しむ
巻頭エッセイ ブルックナーへの限りない憧憬 東条碩夫
インタビュー 下野竜也「ブルックナーはみんなのための音楽を書いた」
公演レポート 下野竜也=広響の交響曲第8番 東条碩夫
インタビュー 尾高忠明 大阪フィルとの共演は喜び
公演レポート 交響曲第6番 尾高忠明の意欲と「大阪フィルらしさ」全開 岩野裕一
インタビュー エリアフ・インバル 交響曲第9番第4楽章・SPCM最新版の日本初演 石合力
公演レポート 大野和士=都響の交響曲第3番(第2稿) 池田卓夫
公演レポート 井上道義=名古屋フィルの交響曲第5番 藤盛一朗
公演レポート 飯森範親=群響の交響曲第9番 柴田克彦
演奏論 朝比奈隆、マタチッチ、ヴァント 金子建志
1880年代生まれの3人の伝説の巨匠たち 山崎浩太郎
現代の巨匠たちのブルックナー 増田良介
全集を完成させた戦後世代の指揮者たち 山崎浩太郎
日本人指揮者 朝比奈後も多士済々 増田良介
多様性の時代 ブルックナー演奏も 矢澤孝樹
ブルックナーの生涯 根岸一美

〈作品解説〉
交響曲00番と0番 後の作風を予感させるブルックナー交響曲の原点 横原千史
交響曲 第1番 若書きの魅力 自ら愛着を示す 横原千史
交響曲 第2番 中期の創作への転換点 横原千史
交響曲 第3番 ベートーヴェンの第九土台に独自作品 根岸一美
交響曲 第4番 大自然への畏敬、憧憬 寺西基之
交響曲 第5番 神秘的な序奏 音楽による大伽藍 寺西基之
交響曲 第6番 構造意識よりも抒情性、流れの良さ 鈴木淳史
交響曲 第7番 ロマン派の抒情、流麗に 鈴木淳史
交響曲 第8番 終楽章の頂点 カトリシズムと一体化 金子建志
交響曲 第9番 神にささげた未完の大曲 土田英三郎
交響曲の土台 神にささげる教会音楽 宮越俊光
弦楽五重奏曲 尖った表現に現代性 根岸一美

〈特別エッセイ〉
ゲルハルト・ボッセの交響楽巡礼 ブルックナーの孤独、あるいは神との対話 菅野ボッセ美智子

〈他の作曲家とブルックナー〉
ベートーヴェンの影響 交響曲に色濃く 土田英三郎
ワーグナーを崇拝 模倣はせず 岡田安樹浩
若きマーラー ブルックナー作品に熱烈な共感 小宮正安
注目のブルックナー交響曲演奏会 柴田克彦

〇マウリツィオ・ポリーニ 逝く
完璧なテクニック、深い音楽性 伊熊よし子
ポリーニ 不朽の名盤の数々 真嶋雄大

特別記事 新国立劇場と東京・春《トリスタンとイゾルデ》競演 堀内修
特別記事 ブッフビンダー、東京・春・音楽祭でベートーヴェン ピアノ・ソナタ全曲演奏 萩谷由喜子
特別記事 METオーケストラ、6月に来日 加藤浩子
特別記事 20回目のサマーミューザKAWASAKI
連載 小山実稚恵のピアノと私121 北の星座音楽祭で《ドゥムキ》、《大公》
PPT「室内楽シリーズ」始動へ 松橋輝子
PPT 5月演奏会の聴きどころ クオクマン&牛牛と共演 /文京学院と連携協定
ガルガンチュア音楽祭/エリック・グオ、BCJと共演 澤谷夏樹
小管優の「弾く曲、聴く曲」15 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第17番《テンペスト》
連載 コンサートマスター名鑑23 兵庫芸術文化センター管弦楽団 豊嶋泰嗣 江原和雄
連載 20世紀音楽 ちょっと奇妙なクロニクル5 1913年 1914年 1915年 沼野雄司

〇モーストリー・ディスク・ジャーナル
今月の一押し 
新譜を聴く
先取りレビュー
コレクターズアイテム
レーベル探訪 
音盤時空往来14 ペトレンコとラフマニノフ はるかな故郷 山崎浩太郎

公演レビュー
連載 東条碩夫の「音楽巡礼記」2024年3月
連載 ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り159
マンスリー・ベルリン・フィル155 バティアシヴィリ 故郷でヨーロッパ・コンサート出演
連載 傑作の履歴書15 ガーシュウィン《ラプソディ・イン・ブルー》 片桐卓也
連載 探訪ロシアの作曲家たち17 ラフマニノフ マリーナ・チュルチェワ
連載 知れば知るほどオペラの世界19 ロッシーニ《チェネレントラ》 香原斗志
仲道郁代リサイタル「夢は何処へ」/BOOK「オーケストラの危機」
連載 いけたく本舗―私が出会った演奏家たち50 江戸京子(音楽家) 池田卓夫
私のお薦めコンサート 水谷彰良/山根悟郎/石合力/清宮美稚子
連載 許光俊の「名曲のツボ」191 ハイドン ヴァイオリン協奏曲第4番
連載 音以上、音楽未満14 ウェーベルンはこんな曲も書いたのか 鈴木淳史
連載 音は語る24 BCJのマタイ受難曲 藤盛一朗
Art/Movie
Theater/Ballet
ニュース・アトランダム
Concert Selection
海外公演ここが聴きどころ
FM&TV INFORMATION
バックナンバー
読者の声
読者プレゼント
読者アンケート
次号予告 編集後記
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。また著名な演奏家やピアニストの小山実稚恵さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。


目次1
目次2
【特集】ブルックナーに親しむ
ブルックナーへの限りない憧憬
インタビュー 下野竜也
下野竜也=広響の交響曲第8番
インタビュー 尾高忠明
尾高忠明=大阪フィルの交響曲第6番
インタビュー エリアフ・インバル
大野和士=都響の交響曲第3番(第2稿)
井上道義=名古屋フィルの交響曲第5番
飯森範親=群響の交響曲第9番
演奏論 朝比奈隆、マタチッチ、ヴァント
1880年代生まれの3人の伝説の巨匠たち
現代の巨匠たちのブルックナー
全集を完成させた戦後世代の指揮者たち
日本人指揮者 朝比奈後も多士済々
多様性の時代 ブルックナー演奏も
ブルックナーの生涯
交響曲00番と0番
交響曲 第1番
交響曲 第2番
交響曲 第3番
交響曲 第4番
交響曲 第5番
交響曲 第6番
交響曲 第7番
交響曲 第8番
交響曲 第9番
教会音楽 交響曲の土台
弦楽五重奏曲 尖った表現に現代性
ゲルハルト・ボッセの交響楽巡礼
ベートーヴェンの影響 交響曲に色濃く
ワーグナーを崇拝 模倣はせず
若きマーラー ブルックナー作品に熱烈な共感
注目のブルックナー 交響曲演奏会
【特別記事】マウリツィオ・ポリーニ 逝く
【特別記事】ポリーニ 不朽の名盤の数々
新国立劇場と東京・春《トリスタンとイゾルデ》競演
ブッフビンダー、東京・春・音楽祭
METオーケストラ6月来日
20回目のサマーミューザKAWASAKI
連載 小山実稚恵のピアノと私
【特別企画】パシフィックフィルハーモニア東京
ガルガンチュア音楽祭/エリック・グオ、BCJと共演
【連載】小菅優の「弾く曲、聴く曲」
【連載】コンサートマスター名鑑
【連載】20世紀音楽クロニクル
MOSTLY DISC JOURNAL 今月の一押し
新譜を聴く
先取りレビュー
今月のコレクターズアイテム
レーベル探訪
【連載】音盤時空往来
公演 Reviews
【連載】東条碩夫の「音楽巡礼記」
【連載】ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルクのウィーン・フィル便り
【連載】マンスリー・ベルリン・フィル
【連載】傑作の履歴書
【連載】探訪 ロシアの作曲家たち
【連載】知れば知るほどオペラの世界
仲道郁代リサイタル・シリーズ/Book
【連載】いけたく本舗─私が出会った演奏家たち
私のお薦めコンサート
【連載】許光俊の「名曲のツボ」
【連載】音以上 音楽未満
【連載】音は語る
Art/Movie
Theater/Ballet
News at random
Concert Selection
海外公演ここが聴きどころ
FM&TV INFORMATION
Back Number
読者の声
読者プレゼント
読者アンケート
次号予告
裏表紙

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 2024年04月19日発売号掲載の次号予告

[特集]没後100年 プッチーニの魅力
プッチーニが没後100年。
《ボエーム》、《トスカ》、《蝶々夫人》、《トゥーランドット》─。
なんという名作を生み続けたことでしょう。
上演も相次ぎます。
シンフォニー・ファンにも、その音楽は魅力たっぷり。
その音楽の秘密を探ります。
 
Other Contents
●東京・春のリッカルド・ムーティ
●オットー・ビーバ、ブルックナーを語る

(内容や特集タイトルは変更の可能性があります)

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.