MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 1月号 (発売日2009年11月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 1月号 (発売日2009年11月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 1月号 (発売日2009年11月20日)

神戸クルーザー
(表紙:指揮者 大友直人)
特集『第九とベートーヴェン』
日本の師走の風物詩となっているベートーヴェンの「第九」。今年も全国各地で「歓喜の歌」が響き渡る。指揮者の大友直人は100回以上、第九のタク...

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 1月号 (発売日2009年11月20日)

神戸クルーザー
(表紙:指揮者 大友直人)
特集『第九とベートーヴェン』
日本の師走の風物詩となっているベートーヴェンの「第九」。今年も全国各地で「歓喜の歌」が響き渡る。指揮者の大友直人は100回以上、第九のタク...

ご注文はこちら

2009年11月20日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年02月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 1月号 (発売日2009年11月20日) の目次

(表紙:指揮者 大友直人)
特集『第九とベートーヴェン』
日本の師走の風物詩となっているベートーヴェンの「第九」。今年も全国各地で「歓喜の歌」が響き渡る。指揮者の大友直人は100回以上、第九のタクトを執っている。「第九の第4楽章は作曲法としても非常に大胆。同じ音楽をみんなで分かち合おうというベートーヴェンの哲学が見事に反映されている」と話す。また第九を録音したばかりのエストニアの指揮者、パーヴォ・ヤルヴィは「ベートーヴェンは第九で、あらゆる交響曲の歴史をまとめ、その中から未来に続く新しい曲を創造した。これを成し遂げることのできた作曲家は他にいない」という。今月号は今年の第九の聴きどころやコンサート・ガイドを含め、第九とベートーヴェンの魅力をたっぷりとお届けする。

「BIGが語る」 指揮者 アンドレ・プレヴィン
9月にNHK交響楽団の首席客演指揮者に就任したアンドレ・プレヴィン。モーツァルトやリヒャルト・シュトラウスを指揮して聴衆を感動させた。「N響はローカルなオーケストラではありません。世界クラスのオーケストラです。メンバーから演奏することが大好きだという気持ちが伝わってきます」と話す。自分の時間の半分を作曲に当て、今回も自作「オウルズ」を日本初演した。

「NONFICTION」 オーボエ奏者 モーリス・ブルグ
70歳になるフランスのオーボエ奏者、モーリス・ブルグ。パリ管弦楽団などを経てソリスト、近年は指揮者としての活動にも力を入れる。名伯楽としても知られ、アルブレヒト・マイヤー、フランソワ・ルルーらを育て上げた。「私の教え方は解決法を言わないんだ。すぐに解決法を教えてしまうと身に付かない。まず、吹かせ、周辺のことから少しずつアドバイスする」と話す。

「宮本文昭の気軽に話そう」今月のお客様 ギタリスト 村治佳織
7枚目のCD「ポートレイツ」を10月にリリースした村治佳織。収録曲は自分が弾きたい曲を選んだといい、坂本龍一やエリック・クラプトンの作品をアレンジした曲も入っている。レコーディングした英のポットン・ホールは納屋を改造した木製のホール。ギターの音が自然に録れ満足しているという。

外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
仲道郁代の「感動の瞬間」
横溝亮一の「音楽千夜一夜物語」ストラヴィンスキーとブリテン
「巨匠名盤列伝 パブロ・カザルス」など充実の連載、記事が満載です。
12月19日(土)発売の2月号は「ピアノの詩人ショパン」を特集します。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.