• 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 2月号 (発売日2009年12月19日)

神戸クルーザー
ピアノの詩人ショパン

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 2月号 (発売日2009年12月19日)

神戸クルーザー
ピアノの詩人ショパン

ご注文はこちら

2009年12月19日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年02月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 2月号 (発売日2009年12月19日) の目次

(表紙:ピアニスト ユンディ・リ)
特集『ピアノの詩人ショパン』
来年はショパン生誕200年のショパン・イヤー。記念のコンサートやイベントが世界各地で行われ、また、5年に1度開催されるショパン国際ピアノ・コンクールが10月に開催されるなど、クラシック音楽界はショパン一色の1年になりそう。“ピアノの詩人”と呼ばれるように、ほとんどピアノ曲しか作曲しなかったショパン。ピアノはショパンにとっての言語であり、またショパン自身が卓越したピアニストだったことも関係している。そしてポロネーズやマズルカなどポーランドの民族舞曲をモティーフにした作品を多く生み出したのは、ロシアに支配されていた祖国の独立を願い、ポーランドへの思いを曲に託したのだ。そんなショパンの魅力を特集する。
特集の内容は、ポーランド・ルポ、ショパン弾きの系譜、ピアニストが選ぶ1曲「マイフェイヴァリット・ショパン」、アンジェイ・ヤシンスキ・ショパン・コンクール審査委員長インタビュー、名曲解説とCD紹介などです。
なお今月号は特別付録としてショパンの名曲を収めたCDが付いています。

「BIGが語る」 指揮者 ピエール・ブーレーズ
今年の第25回京都賞思想・芸術部門を受賞した作曲家で指揮者のピエール・ブーレーズ。授賞式やワークショップなどを行うために来日したが、84歳とは思えないほどバイタリティーにあふれている。作曲家と指揮者いずれもで成功、巨匠と呼ばれるのはリヒャルト・シュトラウス以来だ。かつて前衛の旗手として「オペラは死んだ」などの過激な発言が物議をかもしたこともある。「前衛とは戦後、過去に戻らず、世界の変革と世界の発見を目指した、時代とともに生み出された運動と認識しています」と語る。

「NONFICTION」 指揮者 十束尚宏
十束尚宏は、民音指揮者コンクールに優勝し、また日本人で2人目のクーセヴィツキー賞を受賞し、将来を大いに嘱望された指揮者だった。しかし、群馬交響楽団、東京シティ・フィル、広島交響楽団などのポストを失い、今はウィーン国立歌劇場に出入りし研鑽を積んでいる身だ。多くが「ケンカ別れ」だったという。11月、シエナウィンドオーケストラを指揮して“再デビュー”を果たした。今年50歳を迎えた十束が心中を語った。

「宮本文昭の気軽に話そう」今月のお客様 ユーフォニアム 外囿祥一郎
ブラスバンドや吹奏楽でおなじみのユーフォニアム。今月のゲストの外囿祥一郎はその第一人者。サクソルン属とテノール・ホルンの流れを持つ、ホルンのようなトロンボーンのような音を出す楽器。外囿は金管アンサンブル、ブラス・ヘキサゴンでも大活躍しているが、本業は航空自衛隊航空中央音楽隊の3等空尉だ。演奏会だけでなく、自衛隊の式典などで妙技が聴ける。

浜松国際ピアノコンクール・リポート
外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
仲道郁代の「感動の瞬間」
横溝亮一の「音楽千夜一夜物語」ギレリスとリヒテル
「巨匠名盤列伝 フリッツ・クライスラー」など充実の連載、記事が満載です。
2010年1月20日(水)発売の3月号は「2010年来日アーティスト」を特集します。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.