MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 5月号 (発売日2010年03月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 5月号 (発売日2010年03月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 5月号 (発売日2010年03月20日)

神戸クルーザー
(表紙:アンナ・ネトレプコ ソプラノ)
特集『クラシック王国イギリス』
モーツァルトやベートーヴェンは生まれなかったが、ヘンデルがオペラを上演し、ショパンが演奏旅行を行うなどイギリスは昔から、クラ...

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 5月号 (発売日2010年03月20日)

神戸クルーザー
(表紙:アンナ・ネトレプコ ソプラノ)
特集『クラシック王国イギリス』
モーツァルトやベートーヴェンは生まれなかったが、ヘンデルがオペラを上演し、ショパンが演奏旅行を行うなどイギリスは昔から、クラ...

ご注文はこちら

2010年03月20日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年02月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 5月号 (発売日2010年03月20日) の目次

(表紙:アンナ・ネトレプコ ソプラノ)
特集『クラシック王国イギリス』
モーツァルトやベートーヴェンは生まれなかったが、ヘンデルがオペラを上演し、ショパンが演奏旅行を行うなどイギリスは昔から、クラシック音楽を輸入し、発信するクラシック王国だ。オックスフォード大学出身のテノール歌手で歴史学の博士号を持つイアン・ボストリッジは「イギリスという国はどちらかというと音楽は外から輸入するものという意識がどこかにあるのです」と話す。鑑賞眼に長けたイギリスゆえの優れた音楽が今年も日本の聴衆を喜ばす。まず最大の話題は9月に18年ぶりに来日するロイヤル・オペラ。アンジェラ・ゲオルギューの「椿姫」、アンナ・ネトレプコの「マノン」は聴きものだ。そしてオーケストラは、ロンドンのビッグ5のうちフィルハーモニア管弦楽団、ロンドン交響楽団、BBC交響楽団が来日する。またオペラに先立って6月にはロイヤル・バレエの公演もある。
特集の内容は、◎ネトレプコ、ゲオルギュー・インタビュー◎吉田都、ロイヤル・バレエを語る◎指揮者大国の誕生とその歴史◎イギリスの作曲家の系譜◎ロンドン・ホール・ガイドなどです。

「BIGが語る」 ハインツ・ホリガー オーボエ・作曲・指揮
スイス生まれのオーボエの名手ハインツ・ホリガーが18年ぶりに来日した。指揮者、作曲家としても活動する“総合的”な音楽家だ。兵庫芸術文化センター管弦楽団、名古屋フィルなどを指揮した。「私は何かの専門家になってそれだけを極めるというのではなく、演奏、作曲、指揮、教育など音楽で結ばれるすべてを楽しみたいのです」と話す。

「NONFICTION」 アリス=紗良・オット ピアノ
ドイツ人と日本人の両親を持つピアニスト、アリス=紗良・オット。ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団のソリストとして来日した。今年1月に発売されたアルバムにも収録されているチャイコフスキーの協奏曲第1番を演奏した。舞台はまった緊張しないというアリス。「まるでコンビニにでも出かけるように」ステージに踏み出す。

「宮本文昭の気軽に話そう」今月のお客様 指揮 下野竜也
楽団員の支持を受け現在人気上昇中の中堅指揮者、下野竜也。読売日本交響楽団の正指揮者だ。教師になろうと故郷、鹿児島大学教育学部に進んだが、指揮者の道を諦めきれず、イタリアやウィーンで学んだ。2001年にはブザンソン国際指揮者オンクールで優勝を飾った。今回の対談は、まだ指揮者としては“新人”の宮本文昭が下野に指揮の要諦をざっくばらんに学んでいる。

外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
吉田恭子のコラム「調べにのせて」
横溝亮一の「音楽千夜一夜物語」ランパルとニコレ
「巨匠名盤列伝 アルフレッド・コルトー」など充実の連載、記事が満載です。
2010年4月20日(火)発売の6月号は「生誕200年記念 パリとショパン」を特集します。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.