MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 173号 (発売日2011年08月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円
MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 173号 (発売日2011年08月20日) 表紙
  • 雑誌:MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)
  • 出版社:神戸クルーザー
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]1,080円 [デジタル版]980円

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 173号 (発売日2011年08月20日)

神戸クルーザー
最新格付け! 世界の指揮者

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 173号 (発売日2011年08月20日)

神戸クルーザー
最新格付け! 世界の指揮者

ご注文はこちら

2011年08月20日発売号単品
  • 売り切れ
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
25%
OFF
808円 / 冊
送料無料
2024年02月20日発売号から購読開始号が選べます。
2021年5月号よりデジタル版発売開始!!ご好評いただいた2021年3月号、4月号もデジタル版で発売中。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック) 173号 (発売日2011年08月20日) の目次

表紙 カラヤン
特集 最新格付! 世界の指揮者
音楽評論家、音楽ジャーナリストら50人に指揮者ベスト10を投票してもらい、指揮者ランキングを決定した。1位はカラヤン、2位はフルトヴェングラー、3位はクライバーという順。以下、トスカニーニ、バーンスタイン、チェリビダッケ、アーノンクール、アバド、ワルター、クレンペラーと続く。この結果の見方はさまざまだろう。トップ3の差はそれほど大きくない。音楽評論家3人の座談会ではカラヤンがトップに立ったことに驚きの声が上がった。20位までの人物像、音楽をくわしく紹介している。いずれにしても上位にはかつてカリスマ、巨匠と呼ばれた物故者が多く入った。それゆえ「現代に巨匠指揮者は生まれるか」(音楽評論家、許光俊氏)という論考も面白い。
また、「速報!指揮界最新ニュース」として、小澤、ヤンソンス、大野、ネジェ=セギャン、ソヒエフの動向をリポート。イギリス、ドイツ、フランス、イタリアの指揮者事情を紹介。国によって人気指揮者は違う。9月に来日するバイエルン国立歌劇場音楽総監督のナガノ、同じくボローニャ歌劇場と同行するパルンボのインタビューも掲載している。
その他、古楽出身の指揮者たち◎「若手三羽烏」への期待◎オペラを知り抜いた指揮者はどこにいったのか? などです。

BIGが語る
ダニエル・ハーディング 指揮
若手世代のトップランナーとして注目されているイギリス出身の指揮者。2010/11年シーズンから新日本フィルの「ミュージック・パートナーofNJP」を務めている。さらにスウェーデン放送響の音楽監督、マーラー・チェンバー・オーケストラの首席指揮者、ロンドン響の首席客演指揮者という4つのポストを持つ。東日本大震災当日は新日本フィルの公演で、日本にいた。「チャリティー・コンサートをやってほしいと望まれたなら、喜んでコンサートをやるのが音楽家というものではないでしょうか」と話している。

NONFICTION
樋口あゆ子 ピアノ
桐朋学園大、パリ・エコール・ノルマルで学んだピアニスト。7月からスタートしたFM横浜の「ピアノ・ワイナリー~響きのクラシック」のパーソナリティーを務め、8月3日には6年ぶりのアルバムをリリースした。CDにはラフマニノフ、ガーシュインに加え、ベトナム民謡が収録されているのがユニーク。2004年からベトナムでコンサートを行い、妹がベトナムの孤児たちの自立を助けるNPOを立ち上げたため、それに協力するコンサートに携わっているのだ。そして自分の誕生日で長崎に原爆が投下された8月9日には、毎年恒例の平和を祈念するリサイタルを行った。

このほか
◯諸石幸生の「歴史的名盤とオーディオ」
◯「ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルグのウィーン・フィル便り」
◯宇野功芳の「これを聴かずにクラシックを語るな!」
◯外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◯宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 岩代太郎 作曲
◯横溝亮一の「音楽千夜一夜」プラハ弦楽四重奏団&アマデウス弦楽四重奏団
など好評連載が満載です。


MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の内容

クラシック音楽をもっと楽しむための月刊情報誌
「MOSTLY CLASSIC」(モーストリー・クラシック)は毎月20日発売の月刊音楽情報誌です。バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスなど作曲家の魅力をはじめ、交響曲や協奏曲、ピアノ曲など音楽のジャンル、また世界各地のオーケストラやホール、ヴァイオリンやピアノなどバラエティーに富んだテーマを毎号特集しています。またピアニスト、小山実稚恵さんや小菅優さんの連載など読み物もたくさん。ソリストの活動やオーケストラ事情など毎月新鮮な情報を掲載しています。知識が少し増えるとクラシックを聴く楽しみが倍加します。コアなファンからクラシックは少し敷居が高いと思われている初心者まで誰でも楽しめる雑誌です。

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の無料サンプル

176号 (2011年11月20日発売)
176号 (2011年11月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の目次配信サービス

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.