※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)
  • 出版社:朝日新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:[紙版]毎週金曜日  [デジタル版]毎週土曜日
  • 参考価格:[デジタル版]265円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)
  • 出版社:朝日新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:[紙版]毎週金曜日  [デジタル版]毎週土曜日
  • 参考価格:[デジタル版]265円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 8%OFF
  • プレゼント

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

毎号お手元にお届けいたします!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 8%OFF
  • プレゼント

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

毎号お手元にお届けいたします!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー) 雑誌の内容

  • 出版社:朝日新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:[紙版]毎週金曜日  [デジタル版]毎週土曜日
  • 参考価格:[デジタル版]265円
日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」
朝日ウイークリー(AW)の記事は、初級・中級・上級とレベル別になっているので、毎週レベルアップを目標に読み進められます。英文ニュースや英語エッセーなど一部の記事は、音声を聴くこともできます。AW独自の工夫をこらした英作文、英文法などの学習コラムから、国内外のニュース、エッセー、エンタメ、クイズ、星占いまで、多彩な内容で飽きさせません。美しいカラー写真満載の旅行記、最新映画のシナリオ対訳、人気作家による連載小説など、楽しい読み物も満載です。レベルに応じた対訳、日本語注釈つき。

詳細

新聞 The Bilingual Paper for English learners 特別号

生きた英語を学べる「朝日ウイークリー(AW)」は、小学生から上級者まですべての英語学習者をサポートします。
楽しみながら学べるよう、レベルや世代別に応じた「使い方」をご紹介します。

詳細

【 初級 】 小学生・親子で ―― 英語学習の入り口に

まずは、1ページ目から見てください。新聞の「顔」である表紙には、話題の人、ニュースな人を中心に大きい写真で紹介しています。話題をシンプルに伝えるkickerと呼ばれる見出しには、英語の言葉遊びが入っていることも。米国人編集者らを交えて、編集部が頭をひねっています。なぜその人が取り上げられたのか? 見出しの意味は? 親子で話し合ってはどうでしょう。
 また、人気キャラクターのスヌーピーたちが活躍する漫画「PEANUTS」(日曜版)を読めるのも、AWだけ。オリジナルの英語と日本語の対訳で毎週お届けします。チャーリー・ブラウンの生き生きとした会話で、楽しく学べます。まずは、漫画だけを見て、内容を想像してみましょう。その後、右側の日本語訳を見て、お子さんに読み聞かせてあげてください。

詳細

【 初級 】 中学生・高校生 ―― しっかり学びたい方に

2ページ目以降は「News for Beginners」で、英検3~2級レベルの読者を想定したページになっています。初級向きとはいえ、海外通信社の配信記事や朝日新聞の記事の英訳など、「生きた英語」ばかりで、必ずしも簡単ではありません。でも、紙面の随所にわかりやすくする工夫が施されているので大丈夫です。まずは「気軽に」始めてみてください。

■日本語の要約も
「100語で読むニュース」を見てみましょう。英文ニュースの「見出し」は、独特のルールがあり、慣れないとわかりづらいことがあるかもしれませんが、見出しの下に日本語の要約があるので安心です。英文の中に、わからない単語や表現があっても、まずは記事の内容の概略をつかんでみましょう。難しい単語や表現には日本語のヒントがついているので、確認しながら読み進めるのもいいでしょう。最初は大変かもしれませんが、英語学習は継続が大切。わかる単語や表現が増えてくれば、それらをつなぎ合わせて文章の大意が見えてきて、上達が実感できるはずです。

■音声が聴ける
また、「紙面から音声」のマークの記事は、スマホやタブレットで英文音声を聞くことができます。無料アプリ「朝日コネクト」をインストールして聴くか、朝日ウイークリーのwebサイト(https://www.asahi.com/english/weekly/)でも音声ファイルを公開しています。
「Phrase It Right」では、一つの動詞のように機能する「句動詞(phrasal verbs)」を学ぶことができます。口語英語の習得に不可欠で、だれでも知っているシンプルな単語の組み合わせで、様々な内容を伝えることができます。問題に挑戦し、カッコ内に入る適語を四つの選択肢から選んでみてください。

詳細

【 中級 】 高校生・大学生・社会人 ―― 楽しく学ぼう

ためになるだけでなく、「読んで楽しい」のもAWのアピールポイントです。中級者向けのページでは、多彩な執筆陣による連載をお届けしています。厚切りジェイソンさんの「時事放談 Off the cuff」やアグネス・チャンさんの「地球うおっちんぐ」などで、タイムリーなニュースを題材にした話題をお届けします。また、最新映画の脚本と対訳を紹介する「Movies」も人気企画です。朝日新聞連載の「しつもん!ドラえもん」も、英語で読むことができます。
読む力をつけたら、書く練習もしてみましょう。「英文ライティング道場」では、課題を英訳する投稿を募集しています。自分で訳してみるのは英語の一番の勉強方法ですが、成績優秀者に選ばれる人たちの訳のどこが良くてどこをどう改善したらいいのかを解説した愛知学院大学講師の杉浦正好先生の添削や、愛知教育大学准教授のトニー(アンソニー・ライアン)先生のコメントを読むと、英語学習に役立ちます。

詳細

【 上級 】 レベルアップ・受験にも ―― もっと深く

さらに深く英語を学びたい社会人の方には、中~上級者向けのページで「多読」していただくのがおすすめです。「News」「Topics」「Weekly Picks」では、海外の報道を中心に最新ニュースを取り上げていますので、国際情勢をつかむのにも最適です。同じ内容のニュースを日本語の新聞で読めば、理解も格段に深まるはずです。報道でよく耳にするキーワードが、英語ではどんなふうに訳されているのか確認できるでしょう。気に入った表現があれば、ノートに書き留めておいてください。自分だけの表現集がいつの間にか出来上がります。 また、「英訳・天声人語で英文読解」は河合塾講師による、大学入試対策用の英文読解問題です。朝日新聞の「天声人語」の英訳を素材にしています。紙面の下にある「正解と解説」が見えないように、中央の点線部分で折り曲げてから問題にチャレンジしてみてください。目安は20~30分です。 朝日ウイークリーの記事は、大学入試など試験問題にも使われています。毎週読むことが受験勉強になります。

詳細

さらに上をめざすなら
The New York Times International Weekly
NYT紙面から選りすぐった、国際、経済、科学、テクノロジー、生活・文化、アート&デザインなどのニュース記事を全8ページに満載。日本語の解説はありませんので、上級者向きです。​英語で国際情報を求める読者に人気の週刊英字新聞です。​

詳細

詳細

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)の無料サンプル

2021年7/4号 (2021年07月03日発売)
2021年7/4号 (2021年07月03日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー) 2021年9/19号 (発売日2021年09月18日) の目次

週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/9/19号

This Week
On the Cover

Grand Slam grin 
米ニューヨークでテニスの全米オープン女子シングルス決勝が行われ、英国のエマ・ラドゥカヌ選手(18)が優勝しました。大会直前の世界ランキングは150位。四大大会のシングルスで予選通過者が優勝したのは初めてです。予選終了の段階で帰りの航空券を予約していたラドゥカヌ選手本人も、この結果には「信じられない」と話していました。19日号の表紙は、優勝カップを抱きしめるラドゥカヌ選手です。

◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 米国で猛威を振るう山火事
米国の西海岸を中心に、異常気象が原因とみられる山火事が猛威を振るっています。長く続くコロナ禍、我慢の生活からの解放を求めて夏休みに大自然の中でのキャンプやスポーツを計画していた多くの米国人が、見直しを余儀なくされました。AP通信の記者たちが、各地で広がる落胆の声を集めました。

◇Special: クーデター後のミャンマー
2月の軍事クーデターから7カ月。コロナウイルスの流行が拡大する中でも市民は国軍への抵抗を続けています。この間の節目となった出来事に、SNSなどで集めた現地の声をからめ、ミャンマー語の通訳・翻訳者の島岡みぐささんが解説します。

◇Movies: マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”
日本でも人気の高いファッションブランド「メゾン マルジェラ」の創業者マルタン・マルジェラ氏を追ったドキュメンタリーです。対面取材や撮影に応じないことで知られるマルジェラ氏ですが、「このドキュメンタリーのためだけ」という条件のもと、制作に全面的に協力したといいます。初公開のドローイングやプライベートな資料とともに、華やかなキャリアの裏の知られざる素顔が明かされます。

◇Travel: スペイン・フォルメンテラ島
地中海西部、スペイン・バレンシア沖に浮かぶフォルメンテラ島は、観光地として有名なイビサ島の南に位置し、かつては木造船が唯一の渡航手段でした。このためヒッピーの聖地となっていましたが、今ではイビサ島からフェリーで30分程度。8月には観光客が詰めかけるようになりました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、中国の海外発信に対抗するため台湾が新たに英語ニュース配信サービスを開始▽洪水で破損した大量のユーロ紙幣がドイツ連邦銀行に集まる▽スリランカの保護施設で双子のゾウが生まれる▽秋篠宮家の眞子さま、小室圭さんと年内に結婚――の四つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「カナダの総督に初の先住民」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーが図書館で司書にお勧めの本を尋ねています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。今週号では、クイーンさんの会社が入居する古い建物から見つかった写真や、新渡戸稲造が著書「武士道」で説いた思想を通じ、クイーンさんの起業の理念を語ります。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにした、KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号は「期間、時代」を取り上げます。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 五箇山(富山県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を独自の視点で紹介します。今回は、世界遺産に登録された合掌造りの集落で有名な五箇山を紹介します。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に、実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今回のテーマは「よろしければ」です。

◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。秋の夜長といえば読書ですが、今回は日英両語が飛び交う家庭ならではの読書事情について語ります。

◆Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、今回はカナダのバンド、バックマン・ターナー・オーバードライブの「仕事に御用心」を取り上げます。

◆Essay: Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今週号では、ニキさん自身の体験を通じてSNSの利点と難点を考察します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
アフガニスタンの暫定政権の顔ぶれをタリバンが発表▽世界で初めてビットコインを法定通貨にしたエルサルバドル、初日は波乱含み▽米フォード、ハイテク車開発のためアップルの元幹部を採用――の三つのニュースをお届けします。

◆Topics  
発掘された遺跡から、現代よりも海産物を楽しんだ古代ローマ人の生活ぶりが分かったという話題と、仏映画ヌーベルバーグを代表する俳優ジャンポール・ベルモンドさんの訃報をお伝えします。

+   週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)の目次配信サービス

+   週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)のメルマガサービス

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)定期購読のプレゼント

オバマ広島演説DVD
対象購読プラン:1年・6ヶ月
今6ヶ月以上の購読をお申込みのお客様にオバマ広島演説DVDをプレゼント!
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.34
全てのレビュー:441件

レビュー投稿で500円割引!
読み物が面白い
★★★★☆2021年09月03日 Tig2011 教職員
他紙が休刊となり、本紙に乗り換えました。日本語解説がやや多いようですが、逆に分かり易く、毎号楽しみにしています。ニュースに加え、トピックスや読み物の内容がとても気に入っています。
読みやすいです
★★★★☆2021年08月17日 えいご鶏 会社員
今までずっとJapan Times Alphaを購読しておりましたが、気分転換に本紙を購読しました。イラストが多く、ドラえもんも登場するためAlphaよりもカジュアルな印象を受けました。英語に慣れるきっかけとしておすすめです。
読みやすいし面白いです
★★★★☆2021年08月11日 みっしぃ 会社員
英語中級~上級向けにレベル別のコンテンツがあるのがいいところだと思っています。 中級者向けの100wordニュースは短いセンテンスに見慣れたニュースがまとまっていて 重要な表現なども一目瞭然なので、続けることで力が付きそうな感じがします。
内容多彩で飽きない
★★★★★2021年08月10日 ポポちゃん 高校生
初めて定期購読しました。はじめは続くか心配でしたが、内容のジャンルが色々多彩で興味が持てるように工夫されておりとても助かりました。英語学習にはとてもよいと思います。
英語を楽しむ
★★★★★2021年07月16日 Moon 会社員
英語の勉強は楽しむのが一番と思い、朝日ウィクリ―を選びました。 中学生の娘に負けないように続けたいと思います。
助かっています
★★★★★2021年07月13日 きゃみー 役員
友人がおススメしてくれたので、子供たちの英語学習のために購読しています。
朝日ウィークリー(AW)
★★★★★2021年07月08日 志岐 教職員
英語の難易度が色分けされていて、最初は易しく、段々と難しくなっていくところが学習者にとって都合がいいです。中学3年以上の英語学習者にお勧めです。
英語力upの為に
★★★★☆2021年07月07日 ももろん OL
英語を勉強しなおしたいと思い購読。1週間かけてじっくり読んでいます。まだ効果はわかりませんが飽きずに続けられています!
楽しく英語力アップ
★★★★★2021年07月07日 Ritzy 会社員
前に何年も購読していて、久々に購読を再開しました。他の英字新聞も試しましたが、字ばっかりで飽きてしまいました。AWは写真やイラストがきれいで、様々なジャンルの記事が読めるので楽しいです。 テストやクイズ形式の問題で理解度がわかるのも、助かっています。楽しく英語力をつけたい人、維持したい人には、お勧めの内容です!
勉強になります❗️
★★★★☆2021年06月19日 ベス 会社員
日本語が書いてあるのでわかりやすくためになります。
レビューをさらに表示

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

『週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)』は、朝日新聞社が発行している週刊新聞です。日本語つきの英字新聞であり、「英和新聞」と銘打っているとおり、英語学習者向けに大きな配慮がなされています。
たとえば、記事が「初級編」「中級編」「上級編」とレベル別に分かれています。自分のレベルに合わせて読む記事を選べるのが便利なところです。また、全体的に日本語の割合が多く、そのあたりも英語学習者にはありがたい部分です。それから、ニュースだけでなく星占いコーナーなどのエンタメ要素が強い記事もあり、読者を楽しませる工夫が盛り込まれています。

英語学習の際には、たくさんの、そしてきれいな英語に触れることが重要です。ですから、継続的に新聞を読んで英語を学ぶのは良い方法なのではないでしょうか。また、『週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)』では日本で扱われているニュースも多く紹介されていますので、英語が十分にわからなくてもとりあえず内容をイメージすることができるので、その点も便利なはずです。
それから、日刊でなく週刊というのも、英語学習には適しているのかもしれません。毎日英字を読むのはハードルが高いかもしれませんが、週に1回でしたら無理なく続けられるのではないでしょうか。
おすすめの購読プラン

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)のバックナンバー

週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/9/19号

This Week
On the Cover

Grand Slam grin 
米ニューヨークでテニスの全米オープン女子シングルス決勝が行われ、英国のエマ・ラドゥカヌ選手(18)が優勝しました。大会直前の世界ランキングは150位。四大大会のシングルスで予選通過者が優勝したのは初めてです。予選終了の段階で帰りの航空券を予約していたラドゥカヌ選手本人も、この結果には「信じられない」と話していました。19日号の表紙は、優勝カップを抱きしめるラドゥカヌ選手です。

◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 米国で猛威を振るう山火事
米国の西海岸を中心に、異常気象が原因とみられる山火事が猛威を振るっています。長く続くコロナ禍、我慢の生活からの解放を求めて夏休みに大自然の中でのキャンプやスポーツを計画していた多くの米国人が、見直しを余儀なくされました。AP通信の記者たちが、各地で広がる落胆の声を集めました。

◇Special: クーデター後のミャンマー
2月の軍事クーデターから7カ月。コロナウイルスの流行が拡大する中でも市民は国軍への抵抗を続けています。この間の節目となった出来事に、SNSなどで集めた現地の声をからめ、ミャンマー語の通訳・翻訳者の島岡みぐささんが解説します。

◇Movies: マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”
日本でも人気の高いファッションブランド「メゾン マルジェラ」の創業者マルタン・マルジェラ氏を追ったドキュメンタリーです。対面取材や撮影に応じないことで知られるマルジェラ氏ですが、「このドキュメンタリーのためだけ」という条件のもと、制作に全面的に協力したといいます。初公開のドローイングやプライベートな資料とともに、華やかなキャリアの裏の知られざる素顔が明かされます。

◇Travel: スペイン・フォルメンテラ島
地中海西部、スペイン・バレンシア沖に浮かぶフォルメンテラ島は、観光地として有名なイビサ島の南に位置し、かつては木造船が唯一の渡航手段でした。このためヒッピーの聖地となっていましたが、今ではイビサ島からフェリーで30分程度。8月には観光客が詰めかけるようになりました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、中国の海外発信に対抗するため台湾が新たに英語ニュース配信サービスを開始▽洪水で破損した大量のユーロ紙幣がドイツ連邦銀行に集まる▽スリランカの保護施設で双子のゾウが生まれる▽秋篠宮家の眞子さま、小室圭さんと年内に結婚――の四つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「カナダの総督に初の先住民」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーが図書館で司書にお勧めの本を尋ねています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。今週号では、クイーンさんの会社が入居する古い建物から見つかった写真や、新渡戸稲造が著書「武士道」で説いた思想を通じ、クイーンさんの起業の理念を語ります。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにした、KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号は「期間、時代」を取り上げます。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 五箇山(富山県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を独自の視点で紹介します。今回は、世界遺産に登録された合掌造りの集落で有名な五箇山を紹介します。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に、実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今回のテーマは「よろしければ」です。

◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。秋の夜長といえば読書ですが、今回は日英両語が飛び交う家庭ならではの読書事情について語ります。

◆Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、今回はカナダのバンド、バックマン・ターナー・オーバードライブの「仕事に御用心」を取り上げます。

◆Essay: Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今週号では、ニキさん自身の体験を通じてSNSの利点と難点を考察します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
アフガニスタンの暫定政権の顔ぶれをタリバンが発表▽世界で初めてビットコインを法定通貨にしたエルサルバドル、初日は波乱含み▽米フォード、ハイテク車開発のためアップルの元幹部を採用――の三つのニュースをお届けします。

◆Topics  
発掘された遺跡から、現代よりも海産物を楽しんだ古代ローマ人の生活ぶりが分かったという話題と、仏映画ヌーベルバーグを代表する俳優ジャンポール・ベルモンドさんの訃報をお伝えします。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/9/12号

This Week
On the Cover

カブールで女性の権利を訴えるデモ
アフガニスタンの首都カブールを占領したタリバンに対し、女性の権利の保障を求める市民が抗議デモを行いました。女性が教育を受ける権利などを求めましたが、現場では何者かが催涙ガスを放って一時騒然となり、その様子が世界中に流れて各国から非難の声が上がっています。9月12日号の表紙は、カブールの大統領府周辺で行われた女性たちのデモの様子です。


◇今週の注目記事 ================

◇English Writing : 英語本の著者に聞く
英語を話そうとすると、習ったはずの英文が口から出てこない――。 英語学習者なら誰もがこんな経験をしているでしょう。「スピーキングのためのやりなおし英文法スーパードリル 英語のハノン 初級」(筑摩書房)は学校で習った英文法の知識をそのまま会話に運用できるように反復練習するドリルです。著者の一人、横山雅彦・関西国際大准教授に話を聞きました。

◇Weekly Picks: Afghanistan from 9/11 to today
2001年9月11日に発生した米同時多発テロから20年が過ぎました。ここに端を発した「テロとの戦い」で主戦場となったアフガニスタンでは、それまで支配していたタリバンを一掃することで、新しい時代がくると期待する市民も少なくありませんでした。しかし、米軍率いる多国籍軍主導の国づくりが進む一方で、政府高官の汚職や民族間の憎悪がはびこり、ついに幻滅する人々はタリバンを支援するに至りました。AP通信でアフガニスタン情勢を30年間追ってきたキャシー・ギャノン記者が回顧します。

◇Movies: 素晴らしき、きのこの世界
きのこや菌類の驚異的なパワーを描いたドキュメンタリーです。米国の人気SFドラマ「スタートレック:ディスカバリー」に登場する人物のモデルになった米国の菌類学者ポール・スタメッツさんが案内役です。

◇Travel: オーストラリア・メルボルン
19世紀半ばのゴールドラッシュにより発展し、1927年にキャンベラが首都に決まるまでは暫定的に首都機能を果たしていました。現在は人口規模でシドニーに次ぐ国内第2の都市で、テニスの四大大会の一つ、全豪オープンの開催地でもあります。先住民族や世界中からの移民が集まり、英誌が発表する「世界で最も暮らしやすい都市」ランキングの上位の常連である都市を紹介します。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
民泊仲介サイト大手が、アフガニスタン避難民に物件を提供▽大手コーヒーチェーンが、閉店3時間前から食品を割引▽仏高級ブランドのシャネルが、香水「5番」用にジャスミン畑を追加購入▽米ニューヨーク・タイムズスクエアに観覧車出現――の4本をお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「カンボジア当局、ペットのライオンを保護」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではハンナとケイトがサッカーについて話しています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんのエッセーです。現在は日本と英国を行き来しているクイーンさん。今週号のテーマは、「英国のパブで日本酒は定着するか?」です。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにしたKEN’S ENGLISH INSTITUTE代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では、「幽霊、お化け」を表す英単語の使い分けを解説します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、一世を風靡(ふうび)した写真シール「プリクラ」の栄枯盛衰を語ります。輸出先の海外では、期待されたほどの人気を得ることはできませんでした。

◆森住史の英語のアレコレQ&A
成蹊大学文学部の森住史教授が、読者の質問にお答えします。今週号では、いつでもついつい「~しなくてはならない」と訳してしまうhave to について解説してくれます。

◆地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。東京五輪・パラリンピックが終わってもコロナ感染が収まる様子はなく、将来への不安がぬぐえないと言います。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
米軍制服組トップが、ISに対抗するためタリバンとの連携を示唆▽米テキサス州、妊娠6週目以降の中絶禁止▽コロナに感染した若者、7人に1人が後遺症――の3本のニュースをお伝えします。

◆Topics  
世界の猛禽(もうきん)類の3割が絶滅の危機にあるという国際機関の調査結果と、サッカーのヘディングによる脳の損傷を防ぐためVRを活用した練習法を開発したという話題をお届けします。

週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/9/5号

This Week
On the Cover

東京パラリンピック開幕
東京パラリンピック大会の車いすラグビーで、日本代表が銅メダルを獲得しました。前回リオ大会と同じ色のメダル。池透暢主将(写真中央、27日の1次リーグ豪州戦から)は「自国開催の大会の金メダルを手に入れたかったけど……」と悔しそうに語りました。9月5日号の表紙は、車いすラグビーの迫力の試合写真です。


◇今週の注目記事 ================

◇Special: 東京パラリンピック特集
水泳の個人メドレーで自己最多3個目のメダルを獲得した鈴木孝幸選手、2種目で金を獲得した陸上の佐藤友祈選手のほか、話題の競技や選手を紹介します。

◇Travel: スペイン・マドリード
欧州最高の美術館がそろい、ショッピングやえりすぐりの料理が楽しめます。ノミの市を巡ったりバルでタパスをつまんだりした後は、世界で最も高い評価を受けるサッカーチームのひとつ、レアル・マドリードの試合を観戦することもできます。

◇Movies: ミス・マルクス
「資本論」などで世界に変革をもたらした偉大なる経済学者・哲学者のカール・マルクス(1818-83年)ですが、家庭人としてはどうだったのでしょう。その娘で政治活動家のエリノアの半生を描いた本作を、脚本と対訳でご覧ください。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、アフガニスタンを米軍用機で脱出した妊婦が機内で出産▽米国生まれのダンサー、ジョセフィン・ベーカーの遺骨をパリ・パンテオンに改葬▽トヨタ、ルマンで4連覇▽国際派アクションスターの千葉真一さん亡くなる――の4本のニュースをお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学び
ましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「上野動物園のパンダ『シンシン』が双子を出産」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではグリーンビルに嵐が来るというので、マリーと母のエレンが停電に備えています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。今週号では、田舎暮らしと都会の暮らしの長所を「いいとこ取り」する生活を紹介しています。

◆シミケンの英単語使い分け講座
KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんが、名詞を中心に意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では「ゴミ・くず」を示す単語の使い分けを説明します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: ラムネ温泉館(大分県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが、日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を、独自の視点で紹介します。コロナの流行が一段落しインバウンドの旅行者が戻ってきたら、英語で景勝地を外国人に説明するのに役立ててください。今回訪れたのは、大分県竹田市の長湯温泉にある「ラムネ温泉館」です。2005年に開館した観光施設で、高濃度炭酸泉が特長です。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今週号のテーマは「お構いなく」です。

◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセーです。コロナウイルス流行下で愛好者が増えていると言われるサイクリングですが、田村さんの家族も例外ではありません。サイクリングをより楽しむのに役立つアプリとともに、家族の取り組みを紹介します。

◆Every BENTO:  そばいなり
日本が世界に誇る昼食文化「弁当」に関するコラムです。6年前から動画やSNSで弁当づくりを公開してきた食メディア代表の多田千香子さんが、フランスやインドで暮らした経験などを交え、食に関する豆知識とともに、見栄えが良くておいしい弁当作りを紹介します。各回、英語によるレシピ動画もついています。暑い日が続くと、買い物に出かけることはおろかメニューを考えることすらおっくうになりがち。今週号は、賞味期限間近のお値打ち価格の食材を意識的に探して購入することで、食品ロス削減や環境保護に貢献しつつ、食費を節約もするという一石三鳥作戦を提案します。食品ロスを減らすために欧米で広がりつつある「コミュニティー冷蔵庫」の取り組みも紹介します。

◆Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今回は、ネガティブ思考を抜け出すために、様々なことについて自分を責めることをやめ、自分を大切にすることを提案します。

◆Novel: Indigo Summer ルーツと出会うひと夏
米ミシガン州出身で徳島県在住のスザンヌ鎌田さんによる連載小説です。米国人の母と日本人の父の間に生まれ、離婚して米国に帰国した母によって育てられた主人公の少女アイコ。夏休みに一人で日本の父を訪ねますが、父の家族はなかなか心を開いてくれません。今週号では、アイコの失敗に激怒した祖母が、急に倒れてしまいます。

◆英文読解 それってどんな意味?
辞書の訳語を「平行移動」して英文に当てはめただけでは真に英語を理解したとは言えません。辞書の語義はその単語のごく一部の姿でしかないのです。文学作品からニュースまで豊富な素材を使いながら、直訳ではなく自然な日本語を重視した意訳のコツを伝授します。筆者は東京大学名誉教授の山本史郎さんです。今回のテーマは「鍵は階級にあり」です。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics
いよいよ人気映画「007」の最新作の公開日程が決まりました。ブロードウェーの大手劇場が多様性に関する大綱をまとめた話とともに紹介します。

◆News  
米軍がアフガニスタンから完全撤退し、20年続いた戦争が終結したものの、多くの避難対象者が取り残されています。ほかに、原因不明の「ハバナ症候群」がハノイの米大使館で発生したニュースと、香港が映画の検閲を強化した話をお届けします。

◆Weekly Picks:  米地方テレビの元女性キャスター、放送局を提訴
米アイオワ州の地方テレビ局でニュースキャスターとして活躍した女性が、放送局を相手に、性別と年齢に基づいた差別行為があったとして提訴しました。ニュース部門の柱として17年間にわたり活躍しましたが、昨年、年齢と容姿を理由に番組から降板させられたと訴えています。テレビ業界に横行する風潮に一石を投じたいとしています。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/8/29号

This Week
On the Cover
アフガニスタン、不安いっぱいの国外脱出
政権が崩壊したアフガニスタンから逃れようとする市民らを乗せた米軍の輸送機が、カブールの空港を飛び立ちました。米国が、取り残された市民約1万人と米国への協力者やその家族約5万人の退避を約束する一方、空港にはアフガンから避難しようとする多くの人が詰めかけています。カブールを占拠したタリバーンが出国に厳しい態度を取り始めたとも伝えられるなか、アフガンを逃れた人たちを今後どのように受け入れるのか、各国の対応が問われています。8月29日号の表紙は、すし詰め状態になった米軍の救援機内です。


◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: カブールの空港で脱出を待つ女性の恐怖、葛藤、怒り
カブールの空港に殺到した市民の中には、国の復興のために仕事をしながら自分のキャリアを築こうとしていた女性たちも多くいました。救援機を待って空港で夜を明かした女性の一人が、AP通信の取材に応じて心の中に抱えた不安と葛藤、怒りを語りました。

◇Travel: イスラエル・テルアビブ
ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地があるエルサレムと比べて宗教色が薄く、中東有数の国際都市でもあります。地中海に面したビーチのそばには近代的な高層ビルがそびえ、古代の港町の歴史を刻んできた建造物と混ざり合って一つの街を形成しています。多くの国際的なテクノロジー企業が集まり、人口当たりのベンチャー企業数は世界一。「中東のシリコンバレー」とも呼ばれる都市です。

◇Special: 居場所をシェア 「さんきゅうハウス」の挑戦
ホームレスや生活困窮者のためのシェアハウスが東京都内にあります。NPO法人「さんきゅうハウス」が立川市で2013年から運営し、ハウス併設の「さんきゅうカフェ」では週2回、手作りの食事などを提供しています。このカフェでボランティアとして活動するスレイマン・ブルキッチさん(ホームレス支援団体 Tokyo Spring Homeless Patrol 主宰)にリポートしてもらいました。

◇Movies: ブライズ・スピリット
約80年前に発表された戯曲が原作の、良質な喜劇です。スランプに陥った作家のチャールズ。実は、彼の小説のアイデアを出していたのは事故死した先妻でした。チャールズはアイデアを得るために霊媒師を自宅に呼び、降霊会を開きます。ところが、幽霊になって現れた先妻は、彼と後妻の仲を引き裂こうとします。先妻の幽霊はチャールズにしか見えません。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆100語で読むニュース
40年前のチャールズ英皇太子とダイアナ妃のウェディングケーキが185ポンドで落札される▽スペイン南部の町が、夏の夜に住民が屋外に出ておしゃべりする風習を守ろうと世界遺産への登録をめざす▽国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士7人にピザを配達▽山梨県の甲州ワインの2銘柄が、世界最大級のコンクールで最高賞に次ぐプラチナ賞に輝く――の4本をお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「ドイツ、3月の出生数が急増」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、メルバの家にあるリンゴの木から、収穫を楽しみにしていたリンゴが無くなってしまいました。


◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。今週号では、日本語と英語で異なる会話の運びを考察します。

◆シミケンの英単語使い分け講座
KEN’S ENGLISH INSTITUTE代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では、「休み、休憩」を表す英単語の使い分けを解説します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆英語で案内してみよう!
通訳ガイドの伊東正子さんが、寺や神社の宿泊施設である宿坊の歴史や、近年の変化を解説します。

◆放課後ブッククラブ
翻訳家であり、大学で米文学などを教える林剛司さんが、英語力向上に役立つ多読の方法やそれに適した本を紹介します。今週号では、音読のコツも伝授します。

◆厚切りジェイソンの時事放談
テレビでおなじみの米国出身の芸人・厚切りジェイソンさんが、辛口の論評を繰り広げるコーナーです。今週号では、来日して10年を超えるジェイソンさんが、子どものころに米国で夏をどう過ごしたかや、日本での夏の思い出について書きます。

◆Dear Annie 十人十色の人生模様
物品セールスの電話がかかってくると談笑してしまう妻について、応答を控えてほしい夫がアニーに相談します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
政権崩壊の影響で東京パラリンピックへの参加を断念したアフガン選手団、全米オープンの調整試合の賞金を父の祖国ハイチに寄付する大坂なおみ選手、世界的人気パズル「数独」の名付け親・鍜治真起さん死去、の三つのニュースをお伝えします。

◆News  
カブールを占拠したタリバーンの幹部がロイター通信のインタビューに答え、民主制を否定しイスラム法で統治すると明言▽バイデン米大統領が、米国人の退避完了まで米軍のアフガン撤収期限を延期すると示唆▽韓国の元徴用工訴訟にからみ、三菱重工の資産を差し押さえ――をお伝えします。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/8/22号

This Week
On the Cover

Dream comes true 
トウモロコシ畑に設けられた野球場といえば、映画「フィールド・オブ・ドリームス」ですね。そのロケ地に建てられた球場で12日、米大リーグのヤンキース対ホワイトソックス戦がありました。テレビ中継で約600万人が観戦したこの試合は、ホワイトソックスが9-8で勝ちました。22日号の表紙は、球場で躍動するヤンキースの選手たちです。

◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 米国でも若者の車離れ
車社会と言われる米国で、大きな異変が起きています。自動車運転免許を取得する若者が激減しているそうです。18歳の免許保有率を見ると、1983年には8割だったのが2018年には6割にまで減りました。1990年代後半以降に生まれた、いわゆる「ジェネレーション Z」のライフスタイルや意識の変化が影響しているとみられます。

◇Special: TOKYO2020 感動と課題と
コロナ対策を講じながら開催された東京五輪大会は、多くの感動とともに様々な問題や課題を残しました。外国通信社などの記事や写真で振り返ります。

◇Movies: 沈黙のレジスタンス
パントマイム・アーティストとして半世紀以上活躍を続け、2007年に84歳でこの世を去ったマルセル・マルソー。ナチス・ドイツに抵抗しレジスタンスに身を投じた若き日にスポットを当てた映画です。フランスで俳優を志すユダヤ人青年マルセルは、兄アランらと共に、親を失ったユダヤ人の子どもたちの世話をします。しかし、ナチスが勢力を拡大し、ユダヤ人迫害が激化する中、レジスタンスに加わることを決意します。そして1942年、ドイツ軍がフランスを占領すると、マルセルらは冬のアルプスを越えて子どもたちをスイスへ逃がす計画を立てます。

◇Travel: 南仏 サン・ベルトラン・ド・コマンジュ
ローマ時代の遺跡や中世に建てられた建造物が街中に多く残り、少し街から足を伸ばせば古代人の生活がうかがえるガルガス洞窟群がある美しい町です。城郭に囲まれ小高い丘の上にユネスコ世界遺産に登録された教会(大聖堂)がそびえる、典型的な中世の街の作りとなっています。町から約7キロ離れた洞窟は、赤や黒黄色の顔料を吹きかけて描かれた古代人の手形で有名です。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、ブラジル最年少メダリストの愛称が見知らぬ弁護士によって勝手に商標登録されていた▽無観客だった東京五輪の会場で、選手や各国関係者がルールに反して応援▽北海道・知床半島沖で白いシャチ2頭が並んで泳ぐ▽ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英・京都大名誉教授が死去――の4つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「A級戦犯、太平洋に散骨」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、ケイトとカズがハイキングに出かけています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。今週号のテーマは「だし」です。西洋料理のスープやブイヨンとの比較や、「だし」にまつわる日本語の表現などについて考察します。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにした、KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号は「会話、話」を取り上げます。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: ノリタケガーデン(名古屋)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を独自の視点で紹介します。今回は、名古屋市西区則武新町にある「ノリタケの森」を訪れました。セラミックメーカーのノリタケが、創立100周年を記念して2001年にオープンした複合施設です。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に、実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今回のテーマは「ひょっとして」です。

◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。今回は、子どもたちが通う習い事について日米を比較しました。取り組む姿勢や位置づけがずいぶん違うようです。

◆Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、今回はモンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」を解説します。日本ではCMソングとしておなじみですが、米国での評価は高くないようです。

◆Essay: Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今週号では、ラジオに出演し始めて気づいたことや、10代のころのラジオにまつわる思い出を語ります。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
アフガン政権崩壊、空港に脱出求める市民殺到▽異常気象、世界で増加▽香港の人口、1年で9万人減――の三つのニュースをお届けします。

◆Topics  
愛猫の体調が分かるアプリが開発された話と、地球に酸素ができた理由についての新学説を紹介します。
週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/8/8-15号

This Week
On the Cover

ボルトの後継
長らく陸上男子短距離界に君臨したウサイン・ボルト選手(ジャマイカ)が2017年に引退しました。その後継者候補がそろうことでも注目された東京五輪の男子100メートル決勝が行われ、「伏兵」とも言えるラモントマルチェル・ヤコブス選手(イタリア、左から5人目)が9秒80で優勝しました。8月8-15日合併号の表紙は、躍動感あふれる男子100メートル準決勝のスタートシーンです。


◇今週の注目記事 ================

◇Special: 東京オリンピック特集
Travelを休載し、五輪競技の中から外国通信社が注目した競技や出来事を紹介します。金メダル9個を獲得した日本柔道、男子体操・個人総合で優勝して内村航平選手の王座を継承した橋本大輝選手、フェンシングで日本初の金メダルを勝ち取ったエペ団体のほか、イタリアに囲まれたミニ国家サンマリノに初のメダルをもたらした射撃選手などを写真とともに取り上げました。

◇Weekly Picks: 東京までの長い長い道
東京五輪では、海外から来日する関係者について、出国前の96時間以内に2回の新型コロナウイルス検査を受けることと引き換えに、本来入国後に必要な2週間の待機を免除しています。今回、ゴルフ競技の取材のためAP通信のベテラン運動記者が米国から羽田空港に到着したところ、2回目の検査が制限時間を数十分超過しているとして入国を断られました。どうやったら最速で取材に取りかかれるのか?「急がば回れ」を地でいった記者の渾身(こんしん)のルポです。

◇Movies: Lil Buck Real Swan
米テネシー州メンフィスで1980年代に発展したジューキン(Jookin)というストリートダンス。その重鎮的な存在の黒人ダンサー、リル・バックの半生を描いたドキュメンタリーです。メンフィスは同国有数の犯罪多発地域ですが、リル少年は犯罪やドラッグに関わることなく、つま先から血が出るほど自分の技を磨き続けます。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
福島市の五輪ソフトボール会場近くにクマ出没▽五輪に8回目の出場となったウズベキスタンの女子選手▽財政難のレバノン軍が遊覧飛行で整備資金稼ぎ▽長崎・軍艦島の説明文にユネスコ世界遺産委が物言い――の4本をお届けします。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「ブダペストの通りの名を変更 中国の大学設置に抗議」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号ではマリーと友人のハンナ、ハンナの弟のクリフがプールで遊んでいます。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。今週号のテーマは、「やってまれ」のかけ声が響く五所川原の「ねぶた祭り」です。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにしたKEN’S ENGLISH INSTITUTE代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では、「中心」を表す英単語の使い分けを解説します。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆英語で案内してみよう!
通訳ガイドの海生郁子さんが、屋台の起源や歴史、キッチンカーへとつながる近年の変化を考察します。

◆森住史の英語のアレコレQ&A
成蹊大学文学部の森住史教授が、読者の質問にお答えします。今週号では、英語で電話をかけたり受けたりした時、どんな風に話すかを解説してくれています。

◆地球うおっちんぐ
おなじみのアグネス・チャンさんの連載です。東京五輪での各国選手の活躍はコロナ流行下の気晴らしにはなりますが、先行きが心配だと言います。

◆英語本の著者に聞く
近年大学受験や英語の検定資格試験で自由英作文形式の出題が目立ちはじめました。ビジネスシーンでも、経済のグローバル化にともない英文で報告書やメールを書く機会が増えています。「究極の英語ライティング Basic」(アルク)の著者津島玲子さんに、説得力のある、より洗練された英文を書くためのテクニックを聞きます。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Topics  
オーストラリアでゴミ箱をあさるオウムが、ふたの開け方を仲間から学習しているという研究と、まもなく始まる月の公転のブレが、地球規模の高潮被害を引き起こす可能性を指摘した研究をお伝えします。

◆News  
米議会が北京冬季五輪の開催地変更をスポンサー企業に要求▽米軍がイラクでの戦闘任務を年内に終了▽北日本の縄文遺跡や奄美大島などが世界遺産に登録へ――の3本のニュースをお伝えします。

新聞・業界紙の売上ランキング

最大
30%
OFF
送料
無料

The Japan Times Alpha(ジャパンタイムズアルファ)

2021年09月24日発売

目次: 今週号の主要コンテンツ


ニュース:国内外の主要な出来事や日本語メディアでは報じないニュースを英語でお届け
―――――――――――――――――――
[Top News]
World marks 20th anniversary of 9/11; Biden calls for unity
9.11米同時多発テロ20周年


[Easy Reading]
California may require public schools, colleges to provide menstrual products
公立学校トイレに生理用品設置へ 米加州で法案審議


[National News]
Lawmaker gets 4 years in prison over bribes
秋元議員、IR 汚職で懲役4年の実刑判決
、他


[World News]
Norway’s left-wing opposition wins in a landslide
ノルウェー総選挙、左派連合が勝利
、他


[Science & Health]
Meat, dairy firms’ emissions are country-sized
畜産・酪農大手排出の温室効果ガス、独経済活動上回る


[Focus]
Father of Japanese 9/11 victim publishes translated US report
テロ撲滅を願い、米9 .11報告書を独力で翻訳


[This Week’s OMG]
NY worker charged in digital money scam
役人が職場で暗号通貨採掘、起訴される


コラム:ニュース以外の多様なジャンルの読み物記事
―――――――――――――――――――
[シネマ倶楽部]
今週は『Esquire』誌に掲載された全米雑誌大賞受賞のエッセーの実写化 “Our Friend”をお届けします。


[Center Spread]
世界各国のニュースを美しいカラー写真と共にお届けします。今週は全米一の高さを誇る復興のシンボルOneWTCについてです。


[Essay]
世界各国に在住するライターから届くエッセーを紹介します。今週登場するのはサマンサ・ロンさん。コロナウイルスの世界的流行が始まって以降、筆者はオンラインで授業を 行なっている。以前と違い、一日のほとんどを画面の前で過ごすようになったほか、オンラインの自分の振る舞いにも変化が起きていることに気が付いたようです。


[LUANN]
少しずつ成長を続ける主人公の大学生ルアンとその家族、友人の日常を描くほのぼのアメリカンコミック。生きた「いまどき英語」の宝庫です。


[Interview]
英語を使って世界で活躍する人を取り上げます。今週登場するのはゴスペルシンガーでボイストレーナーのNOBUさんこと鬼無宣寿さんです。


学習コンテンツ:英語のさまざまなスキルを磨く連載
―――――――――――――――――――
[3-minute Reading With Kip]
やさしい英語でさくさく読解エクササイズするコーナー。オリンピックでは、どこの国がどれだけメダルを取ったということが注目されがちですが、筆者によると単純なメダル数の合計以外にも五輪での各国の成果を測る指標があるようです。


[Describe This!]
言えそうで言えない日常の場面を英語で表現してみるコーナーです。今週は「裁判」に関する表現を学んでみましょう。


[Basic Verbs in the News]
英語を理解するには、take、get、make のような基本的な単語の用法を押さえるのかが第一歩。このコーナーでは、記事の中で使われている基本語を観察しながら、そのさまざまな使い方をマスターします。今回は、8月に米国を襲ったハリケーン「アイダ」の被害について報じた記事の一部を読んで、leaveの用法をマスターしましょう。


[英語で読むちょっといい話]
寝る時も出掛ける時も一緒の少女とハチの不思議な友情についてお届けします。


[英語でお仕事101]
基礎から学ぶビジネス英語講座。今週のテーマは「同僚のメールの返信がやたらと短くて冷たいのが気になる」です。


[対話で学ぶ日本を語る英語力]
今週は、長崎県対馬について話す登場人物の対話に着目してみましょう。


[Odds&Ends]
やさしい英語の正しい使い方について学ぶコーナー。今月のテーマは”Similar words”です。obligationと dutyの違いについてご説明します。


[Crossword Puzzle]
英語でクロスパスワードに挑戦!正解者の中から、抽選で素敵な賞品も当たります。


[Life as an Expat]
トロント駐在中の須藤健の海外奮闘記をお届けします。







※この他、多数のコンテンツを掲載しています

参考価格: 320円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:224円

The Japan Times Alpha -- 英字新聞だから身につく 世界の視点、確かな英語力

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/08/13
    発売号

送料
無料
参考価格: 350円

国際的な視点に立って、国内の日刊紙では読めない幅広い話題を提供

  • 2021/03/28
    発売号

  • 2021/03/21
    発売号

  • 2021/03/14
    発売号

  • 2021/03/07
    発売号

  • 2021/02/28
    発売号

  • 2021/02/21
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021年09月17日発売

目次: 週刊英和新聞 Asahi Weekly (朝日ウイークリー)

2021/9/19号

This Week
On the Cover

Grand Slam grin 
米ニューヨークでテニスの全米オープン女子シングルス決勝が行われ、英国のエマ・ラドゥカヌ選手(18)が優勝しました。大会直前の世界ランキングは150位。四大大会のシングルスで予選通過者が優勝したのは初めてです。予選終了の段階で帰りの航空券を予約していたラドゥカヌ選手本人も、この結果には「信じられない」と話していました。19日号の表紙は、優勝カップを抱きしめるラドゥカヌ選手です。

◇今週の注目記事 ================

◇Weekly Picks: 米国で猛威を振るう山火事
米国の西海岸を中心に、異常気象が原因とみられる山火事が猛威を振るっています。長く続くコロナ禍、我慢の生活からの解放を求めて夏休みに大自然の中でのキャンプやスポーツを計画していた多くの米国人が、見直しを余儀なくされました。AP通信の記者たちが、各地で広がる落胆の声を集めました。

◇Special: クーデター後のミャンマー
2月の軍事クーデターから7カ月。コロナウイルスの流行が拡大する中でも市民は国軍への抵抗を続けています。この間の節目となった出来事に、SNSなどで集めた現地の声をからめ、ミャンマー語の通訳・翻訳者の島岡みぐささんが解説します。

◇Movies: マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”
日本でも人気の高いファッションブランド「メゾン マルジェラ」の創業者マルタン・マルジェラ氏を追ったドキュメンタリーです。対面取材や撮影に応じないことで知られるマルジェラ氏ですが、「このドキュメンタリーのためだけ」という条件のもと、制作に全面的に協力したといいます。初公開のドローイングやプライベートな資料とともに、華やかなキャリアの裏の知られざる素顔が明かされます。

◇Travel: スペイン・フォルメンテラ島
地中海西部、スペイン・バレンシア沖に浮かぶフォルメンテラ島は、観光地として有名なイビサ島の南に位置し、かつては木造船が唯一の渡航手段でした。このためヒッピーの聖地となっていましたが、今ではイビサ島からフェリーで30分程度。8月には観光客が詰めかけるようになりました。


=========================

◆好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆100語で読むニュース
初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編として活用できます。今回は、中国の海外発信に対抗するため台湾が新たに英語ニュース配信サービスを開始▽洪水で破損した大量のユーロ紙幣がドイツ連邦銀行に集まる▽スリランカの保護施設で双子のゾウが生まれる▽秋篠宮家の眞子さま、小室圭さんと年内に結婚――の四つのニュースを取り上げています。

◆Phrase It Right 句動詞で話そう
口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう 
無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「カナダの総督に初の先住民」です。

◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇! 
米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーが図書館で司書にお勧めの本を尋ねています。

◆On the Keyboard:  リレーエッセー
3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。7~9月は、2016年に米国から青森県十和田市に移住し、地方発の新しい働き方や地方創生のあり方を探っているアレックス・クイーンさんが執筆します。13歳で米北西部ワシントン州にあるイースタン・ワシントン大学に飛び級入学し、10代の夏休みを青森県五所川原市で過ごしたことが青森県との縁になりました。朝日コネクトや朝日ウイークリーのウェブサイトでは、筆者自身の朗読による音声を聞くことができます。今週号では、クイーンさんの会社が入居する古い建物から見つかった写真や、新渡戸稲造が著書「武士道」で説いた思想を通じ、クイーンさんの起業の理念を語ります。

◆シミケンの英単語使い分け講座
装いを新たにした、KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんの名物コラムです。名詞を中心に、意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号は「期間、時代」を取り上げます。


中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 五箇山(富山県)
世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を独自の視点で紹介します。今回は、世界遺産に登録された合掌造りの集落で有名な五箇山を紹介します。

◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?
英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に、実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今回のテーマは「よろしければ」です。

◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY
筆者の家庭を舞台にしたバイリンガル漫画エッセー。秋の夜長といえば読書ですが、今回は日英両語が飛び交う家庭ならではの読書事情について語ります。

◆Marty’s Playlist
米ワシントンDC出身のミュージシャン兼プロデューサー、マーティ・フリードマンさんが、今回はカナダのバンド、バックマン・ターナー・オーバードライブの「仕事に御用心」を取り上げます。

◆Essay: Scatterbrain Diary
TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今週号では、ニキさん自身の体験を通じてSNSの利点と難点を考察します。


上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆News  
アフガニスタンの暫定政権の顔ぶれをタリバンが発表▽世界で初めてビットコインを法定通貨にしたエルサルバドル、初日は波乱含み▽米フォード、ハイテク車開発のためアップルの元幹部を採用――の三つのニュースをお届けします。

◆Topics  
発掘された遺跡から、現代よりも海産物を楽しんだ古代ローマ人の生活ぶりが分かったという話題と、仏映画ヌーベルバーグを代表する俳優ジャンポール・ベルモンドさんの訃報をお伝えします。

日本語ナビ付きでどんどん読める。レベル別で実力アップを実感。しかも面白い!初心者でも楽しく読める週刊英和新聞「朝日ウイークリー(Asahi Weekly)」

  • 2021/09/11
    発売号

  • 2021/09/04
    発売号

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/08/21
    発売号

  • 2021/08/07
    発売号

  • 2021/07/31
    発売号

送料
無料

プレホスピタル・ケア

2021年08月20日発売

目次: 【特集】救急活動時間短縮のための工夫

●医療・介護連携システム 「フェニックスネット」の活用について
長岡市消防本部 遠藤正一

●覚知から現場到着までの時間短縮に関わる取り組みと今後の課題について
豊川市消防本部 竹内宏実

●プレアライバルコールの現場滞在時間短縮効果と危機管理効果について
大津市消防局 三原崇裕ほか

●活動時間の見える化による現場活動時間短縮
受動的から能動的な取り組みへの移行による持続効果
豊中市消防局 大塚洸司

●救急車利用チェックシートで現場滞在時間を短縮
岡山市消防局 大熊重夫

●救急業務総合支援システムを活用した効率的救急活動
飯塚地区消防本部  田熊清治ほか

〈短期連載〉- - - - -

観察力・判断力スキルアップセミナー 第2回
心臓病が疑われる傷病者に対する身体観察
東京消防庁消防学校

救急車内における換気を研究!~感染防止のために~ 第2回
実車実験:救急車内における空気の流れ・粒子の動きを測定 
神戸市消防局 三浦達耶ほか

第3回(最終回) 救急隊のポテンシャルを最大に引き出すモチベーション管理法
個人のモチベーション向上を促進するための環境づくりのポイント
(株)HUMAN ROOTS 月ヶ瀬和利

〈連載〉- - - -

溜め込んでいませんか?救急隊員のためのストレスケア 第2回
ストレスと上手に付き合うには
兵庫県こころのケアセンター 大澤智子

救急現場における精神科関連症例への対応法 第2回
アルコール中毒傷病者への対応
メディクスクリニック溝の口 市村篤

やってみよう!救急活動+α 第2回
救急救命士がCOVID-19予防接種の打ち手に
東京曳舟病院 三浦邦久

病理医 玉川進博士のグラビア解剖学 第16回
疾患2 肺炎
旭川医療センター 玉川進

救急隊版 エマージェンシー臨床推論 第6回
主訴〈頭痛〉「雷鳴頭痛」と「頸部痛」を見逃すな!
鹿児島大学病院 望月礼子

基礎から学ぼう!統計について 第4回
連続データの示し方(1):代表値
獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科 浅井隆

郡山先生の病院前救護学 第4回
私が考える意思決定論
北九州総合病院救命救急センター長 郡山一明

知りたい!米国EMSの役割について 14回目
「アメリカの救急隊員の給料ってどうなの?」
ニューメキシコ大学 医学部救急部 乗井達守

最新救急事情 第223話
インド型変異ウイルスと治療薬/新型コロナウイルスと空気感染
旭川医療センター 玉川進

リレー連載講座 第一線救急医による症例検討セミナー 第114回
病院内外におけるCOVID19との闘い
大津市民病院 千葉玲哉

Dr.ジョージの中毒相談室 第8回
【好評につき2作目】JPTECに基づく中毒初動指針中編 【作ってみた】
八尾市立病院 山本康之

快眠だより 第22回
クマが冬眠できるのだから人も冬眠できるはず!?
スタンフォード大学 西野精治

救急隊員のための部下指導・育成方法 VOL.20
技術・スキル面と心理・精神面の指導育成の違い
近畿大学経営学部 谷口智彦

続・救急活動をめぐる法律問題 File 87
出口が見えてきた(?)DNAR現場対応
香川大学客員教授 橋本雄太郎

- - - - -

各地の取組み
救急総合シミュレーション訓練の実施
廿日市市消防本部 津田幸紀

各地の取組み
新型コロナ患者想定訓練を実施
伊予消防等事務組合消防本部 新岡靖彦

私たちの工夫
救急はさみ用アタッチメントの開発について
湖北地域消防本部 志賀英夫ほか

投稿
救急隊員による病院前心電図判定の現状分析 -伊勢市での調査-
伊勢市消防本部 西井宏隆ほか

投稿
医師等同乗救急自動車(EMTAC)の運用について 県央地域広域市町村圏組合消防本部 川合雅也
投稿 救急隊における呼吸観察の現状と課題について
南那須地区広域行政事務組合消防本部 平野悦之

投稿
救急活動における感染防止用手袋の使用状況の現状と課題
広島国際大学保健医療学部救急救命学科 佐々木広一ほか


- - - - -

Column

BOOKS 滝口雅博

救急豆辞典 瀧野昌也

参考価格: 1,400円

救急救命士・救急隊員のための実務情報誌

  • 2021/06/20
    発売号

  • 2021/04/20
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2020/12/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

エステティック通信(ESTHETICS WIRED JAPAN)

2021年09月10日発売

目次: イチから学ぼう!ボディケア機器完全攻略


私たちのサロン、〇〇のおかげでこんなに変わりました
成功サロンのBefore>>After11選



稲川竜生のエステノミカタ 開運行動習慣 第12回



昨年大反響を呼んだ『レディッチ』がさらに進化して新登場!!
エイジングトラブルのケアを1台でサポートする
極上のLED機器がエステセレクション金賞受賞



THE BEAUTE DE LABO vol.6



コロナ禍で躍進した会社はココが違う!
『テルズ&クイーン』が選ばれる理由



ミトコンドリア×自律神経がカギを握る
『Lithap』と始める肌育生活 第2回



新配合の「NMN」と「PDRN」で
より若々しく美しい肌へ!



健康寿命の活性化をサポート!!
今注目の成分「NMN」の力で
“イキイキ”と輝ける毎日へ



生「HARI」がかなえる本気のホームエステケア



成長企業アワード2021を受賞しました!



Catch Up! News
自宅がジムに変わる?!
『ハイパーナイフ』を手がけるワムから
EMSホームケア機器が展示会に登場



売れ筋! 機器対応ボディジェルランキング



エステティック通信CHOICE
コンセプトは「ブライトニング×ハリ」
くもりのない明るい大人のハリ肌を目指す美容液




★好評連載も掲載中!

広告NG事例ファイル Vol.55
エス通編集部が試しまくる! Vol.23
Esthetician File File#36
NEWS






などなど、美容業界関係者なら必見の内容です!




参考価格: 500円 定期購読(3年プラン)なら1冊:250円

【エステティック業界専門】”今、人気の!”サロン専用コスメや美容機器。先取り情報満載!

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/10
    発売号

  • 2021/06/10
    発売号

  • 2021/05/10
    発売号

  • 2021/04/10
    発売号

  • 2021/03/10
    発売号

9 ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)

アカデミック・リソース・ガイド

送料
無料

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)

2021年08月13日発売

目次: ◆巻頭言
わかりやすい節目を待たない 岡本真(arg)

◆特集:戦争の記憶と記録
 責任編集 水島久光(東海大学文化社会学部教授)

◇はじめに-戦後76年目の「記憶」と「記録」
 水島久光

◇第1章 記憶の時代から記録の時代へ
【寄稿1】戦争資料の〈山〉をどう把握するか-量的調査の前提として
 福島幸宏(慶應義塾大学文学部准教授)
【レポート1】戦災・軍都の記憶と図書館
 水島久光
・広島市立中央図書館
 石井淳子、大塚和哉、野口雅子(広島市立中央図書館)
・佐世保市立図書館
 豆田友和、山邊史子、合満佐和子(佐世保市立図書館)
・恩納村文化情報センター
 呉屋美奈子(恩納村文化情報センター)
【レポート2】大学生が戦争と出会う-東京近郊の戦争資料館とワークショップ
 石井純(東海大学文学部広報メディア学科2020年度卒業生)
【寄稿2】空襲を記録・継承する団体についての序論-『 空襲通信』の分析を通じた現況確認と雑感
 柳原伸洋(東京女子大学准教授)

◇第2章 記録の保全とデジタルアーカイブ
【調査報告】戦争関連資料の保全の危機と管理の課題
 水島久光
・大磯町郷土資料館 地域博物館における戦時資料の収集と展示
 富田三紗子(大磯町郷土資料館)
・京丹後市教育委員会 京丹後市史編さんと戦争関連資料
 小山元孝(NPO法人TEAM 旦波、京丹後市役所)
・デジタルアーカイブ化に向けた「レベル」別支援
 水島久光
【寄稿3】戦争関連資料をつなぐメタデータ共有システムの構想
 椋本輔(鶴見大学、学習院大学)、上松大輝(国立情報学研究所、専修大学)
【鼎談】戦争の記録と記憶をつなぐ-メディアと施設の連携をめざして
 宮本聖二(ヤフー株式会社、立教大学大学院特任教授)、水島久光、岡本真
【付録】特集で登場した戦争資料保管施設・戦争遺跡一覧

◇司書名鑑vol.31
 乾聰一郎(奈良県立図書情報館図書・公文書課課長)

◆連載
・島ではじめる未来の図書館番外編 島それぞれの図書館(対馬・小笠原)
 田中輝美
・猪谷千香の図書館エスノグラフィーvol.17
 国内最大規模のマンガの「聖地」に
 「米沢嘉博記念図書館」と「現代マンガ図書館」が集約
 猪谷千香
・伊藤大貴の視点・論点第14回
 逆転の発想から生まれた新しい官民共創のカタチ「逆プロポ」開発ストーリー
 伊藤大貴
・かたつむりは電子図書館の夢を見るか LRG 編第19回
 質的手法のすすめ:どんなことがわかるのか、どういった手法があるのか
 連載内連載:アンケート調査再考(4)
 佐藤翔
【連載マンガ】ここが変だよ地方行政 第10回
 残したいもの、変えたいもの
 小田理恵子

・アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)業務実績定期報告

参考価格: 2,750円

図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

  • 2021/05/24
    発売号

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2020/12/18
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/30
    発売号

週刊英和新聞Asahi Weekly (朝日ウイークリー)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌