林業新知識 1月号 (発売日2023年12月05日) 表紙
林業新知識 1月号 (発売日2023年12月05日) 表紙

林業新知識 1月号 (発売日2023年12月05日)

全国林業改良普及協会
特集「山に人を呼び込む観光林業の実践」

林業新知識 1月号 (発売日2023年12月05日)

全国林業改良普及協会
特集「山に人を呼び込む観光林業の実践」

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
林業新知識のレビューを投稿する
2023年12月05日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
10%
割引可
この号なら
288円
送料:1配送 72円
2024年05月02日発売号から購読開始号が選べます。
山村での仕事と暮らしの実用誌『林業新知識』

林業新知識 1月号 (発売日2023年12月05日) の目次

特集...8
「山に人を呼び込む観光林業の実践」
所有林に都市住民を受け入れ30余年/田中惣次さん(東京都)
キャンパーに森林をレンタルする「フォレンタ」/田口房国さん(岐阜県)

 森林を活用した経営の一つに「観光林業」があります。
都市住民などを山に滞在させ、その対価として入場料などを得る仕組みです。
山側としては、主伐までの期間の収入を補う経営手法の一つ、ということになります。

 森林・林業分野では「森林空間利用」という用語が知られているように、
観光林業は特に目新しい手法ではありませんが、
近年のキャンプブームによって再び脚光を浴びています。
キャンプ愛好者の中には、自らのキャンプ場所のために山を買い求める人もいて、
そのための指南書も出版されるほどです。
こうなると、「所有林をキャンプ場として整備し、集客できれば...」と
考えたくなる方もいるでしょう。

 ただ、来場客相手のビジネスとなり、木材生産とは異なる難しさがあることは
誰もが想像できます。そこで、人を呼び込み滞在させる際に、
どのような点に気を付けなければならないのか、
また経営上のメリットをどう捉えているかを実践者に伺います...
山の技...1
「森林の空間利用~森林サービス産業」
編集部

 森林・林業分野では従来から、「森林空間利用」という考え方があります。
森林空間を森林資源の一つとして捉え、森林空間をレクリエーション・健康・教育
などの目的で利用することを指し、森林側はその対価を得ようという仕組みです。
これは特に目新しい考え方でなく、みなさんもよくご存じのことでしょう。

 近年、この森林空間利用をさらに発展させた「森林サービス産業」の創出が
林野庁から提唱されています。

 「『森林サービス産業』とは、健康、観光、教育等の様々な分野で
森林空間を活用した体験サービス等を提供し、
幼児期から老年期まで幅広い人々の健康で、心豊かな暮らしに貢献し、
かつ、山村地域に新たな雇用と所得機会を生み出す新たなサービス産業です...
兼業林家が語る林業経営実践ガイド...4
「仕事の頼み方と仕事の技術力」
文・菊池俊一郎(愛媛県)

新連載!

 今回は、林家が自家の仕事を行う時に
忙しくて手が回らない際のお話をしたいと思います。

 何回も触れているように、私自身はいくつかの事業を複合化して経営しているので、
誰かに仕事を頼むとしても業務によって頼み方が変わります。
農業、樹上作業、林業の3つの仕事でそれぞれを比べながら、紹介しようと思います。

 農業(果樹)の部門で言えば、欲しい労力がすべて手に入るわけではありません。
農業ではしっかりした分業がされているので、経営側の作業と従業員の作業は異なるからです...
お悩み相談室...7
たまには夫と都会へ行きたいのに...

災害のリスクに備える森林保険...17
「山火事後すぐに再造林でき、安堵しました」...17
NPOふるさと創生(熊本県)

林研コーナー 私たちのチャレンジ...18
「「ヨロイマツ」遺伝子の保存にかける夢」
大田市林友会(島根県)

こちら林業普及指導員です...20
高校生向け高性能林業機械の操作体験研修を開催(秋田県)
ナラ枯れ対策にQGISで被害マップ作製(高知県)

読者コーナー...22
木材市況
全林協からのお知らせ...24

林業新知識の内容

山林所有者みなさんと、ともに歩む
山村に暮らす方々のため、山林管理の実用誌です。全国の林家や現場技術者など、実践者の技術やノウハウを現場で取材し、読者の山林経営や実践に役立つディティール情報が満載。「私も明日からやってみよう」。そんな気持ちを応援します。後継者・相続の心配、自然災害に対する不安、山林経営や施業の知識、資産価値の維持、など、みなさんの課題・疑問をいっしょに考える雑誌です。一人で不安に思うことも、本誌でいっしょに考えれば、いいアイデアも浮かびます。

林業新知識の目次配信サービス

林業新知識最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

林業新知識の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.