トランヴェール 発売日・バックナンバー

全54件中 1 〜 15 件を表示
【特集】
将棋とおやつをめぐる旅

将棋駒生産で日本一を誇る天童市。駅には誰もが将棋を指せる道場があり、未来の棋士たちが鍛錬を積んでいる。春の風物詩は人間が駒となる「人間将棋」だ。春はまた、始まりの季節でもある。棋士のように厳しい頭脳戦に挑む人も、新しいことを始める人も、お菓子や果物は絶好のエネルギー源となる。老若男女、誰もが楽しめる将棋とおやつをめぐる山形の旅へ。

【連載】
[EKIBENギャラリー]牛肉どまん中 カレー
[旅のまにまに]静かな思い出(柚月裕子)
[東京スキマTrip]ステキ建築、目白“推し”。
[地・温泉]山形県「肘折温泉」
[いいコト、駅から]高畠駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:春の将棋 イラスト/吉實 恵
【特集】
タイムカプセルが語る北陸

福井県が恐竜王国として知られるのは、発見された恐竜化石の多さだけが理由ではない。恐竜博物館に気鋭の研究者が集まり、研究機関としても世界に抜きん出た存在だからだ。若狭町の年縞博物館にも注目したい。三方五湖の一つ、水月湖の湖底の泥を標本にして展示している。7万年分の地球の気候の歴史が刻まれており、気候変動の原因を解く鍵を握っているという。


【連載】
[EKIBENギャラリー]銚子の鯖寿司
[旅のまにまに]トトコちゃん、がんばれ(柚月裕子)
[東京スキマTrip]桜を愛でに、市ヶ谷へ。
[地・温泉]富山県「小川温泉元湯」
[いいコト、駅から]新小岩駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:福井駅西口恐竜広場 イラスト/吉實 恵
【特集】
音楽のある詩を紡ぐ人 萩原朔太郎

普段の話し言葉を使い、自由に表現する口語自由詩を確立し、その後の詩人に大きな影響を与えた詩人・萩原朔太郎は、かく言う。詩は音楽であり、声に出して読むべきだ、と。鋭く迫る言葉と、類いまれな音楽センスを持つ詩を残し、現代のミュージシャンにまで影響を与え続けている。その創作の源泉を探り、「言葉とは何か」を掘り下げる旅に出た。

【連載】
[EKIBENギャラリー]鶏めし弁当
[旅のまにまに]花咲くとき(柚月裕子)
[東京スキマTrip]梅の花咲く、亀戸へ。
[地・温泉]群馬県「草津温泉」
[いいコト、駅から]高崎駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:『月に吠える』イメージ イラスト/吉實 恵
【特集】
秋田のミラクルマーケット

私たちの暮らしには市場(マーケット)が欠かせない。自社でバスを走らせ、隣村までお客さんを迎えに行く横手市の「スーパーモールラッキー」。秋田で親しまれるパンメーカー「たけや」とお惣菜自慢のスーパー「せきや」。昔ながらの風景が残る「五城目朝市」と「本荘駅前朝市」。日々のお買い物を楽しませてくれる、秋田のミラクルなマーケットをのぞいてみよう。

【連載】
[EKIBENギャラリー]小田原提灯弁当
[旅のまにまに]あるものでいい豊かさ(柚月裕子)
[東京スキマTrip]蒲田で、温泉はじめ。
[地・温泉]岩手県「鉛温泉」
[いいコト、駅から]小田原駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:五城目朝市 イラスト/吉實 恵
【特集】
とちぎ、土をめぐる冒険

今回の旅のテーマは栃木の土。私たちの足元にある、あの土だ。案内人は世界を旅しながら土を採掘する土壌学者の藤井一至さんと、噴火を研究する火山学者の下司信夫さん。一方は農業で、一方は地質。日光、鹿沼へ、異なる視点から謎多き土を読み解く旅にでた。さらに足をのばして益子へ。濱田庄司が愛した益子の陶土の魅力に迫った。

【連載】
[EKIBENギャラリー]燻煙香箱
[旅のまにまに]冬の星空(柚月裕子)
[東京スキマTrip]下町・亀有、食べ歩き。
[地・温泉]栃木県「塩原・元湯温泉」
[いいコト、駅から]宇都宮駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:栃木の土とイチゴ イラスト/吉實 恵
【特集】
ディスカバー、NAGANO WINE

長野県は近年、良質なワイン生産県として、国内外に知られるようになってきた。大手メーカーや地元資本のワイナリーに加え、ここ数年で家族経営の小さなワイン農家が増えている。多彩なつくり手によって生み出される、個性豊かで物語に満ちたNAGANO WINEを訪ねてワイナリーやレストランをめぐる旅へ。ワインの味わいとともに、ワインを育む長野の風土や人々の思いを体感しよう。


【連載】
[EKIBENギャラリー]あぶり豚の蕎麦みそ弁当
[旅のまにまに]余韻の旅(柚月裕子)
[東京スキマTrip]音楽あふれる、荻窪。
[地・温泉]長野県「白骨温泉」
[いいコト、駅から]長野駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:信州のブドウ畑 イラスト/吉實 恵
【特集】
黄門さまのロングトレイル

水戸の黄門さまこと徳川光圀は、諸国漫遊の旅をした名君として知られるが、これは後年に作られたフィクションである。実際の光圀は、隠居後、現在の常陸太田に居を構え、水戸藩領内を盛んに旅していたといわれている。果たして御老公一行は、どんな道を通り、どこへ訪ねて行ったのだろう。江戸時代の旅人の気分になって、黄門さまの隠居生活をたどるロングトレイルへ。

【連載】
[EKIBENギャラリー]常陸牛のすき焼きと常陸の輝きの生姜焼き辨當
[旅のまにまに]ひとつ、ひとつ(柚月裕子)
[東京スキマTrip]錦糸町で、時を〝駆ける〟。
[地・温泉]秋田県「後生掛温泉」
[いいコト、駅から]東京駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:御岩神社 イラスト/吉實 恵
【特集】
只見線からはじまる越境の旅

2022年10月に全線で運転を再開した会津若松と小出をつなぐ只見線は、福島県と新潟県の県境を越える絶景路線だ。その北にある磐越西線も、同じく県境をまたいで走っている。ローカル線でゴトゴト、県境を行ったり来たり。エッセイストの酒井順子さんが、県境ハンターの田仕雅淑さんをパートナーに、あてもない越境の旅へ。只見線からはじまる、酒井さんの乗り鉄×県境旅エッセイ。


【連載】
[EKIBENギャラリー]信州名物 山賊焼弁当
[旅のまにまに]発見は外にあり(柚月裕子)
[東京スキマTrip]神田、オフィス街の意外性。
[地・温泉]福島県「高湯温泉」
[いいコト、駅から]立川駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:田子倉湖を行く只見線 イラスト/吉實 恵
【特集】
また、短歌甲子園の夏が来る

世は空前の短歌ブーム。そのきっかけをつくったともいえる行事の一つが、全国高校生短歌大会、通称短歌甲子園だ。岩手県盛岡市を舞台に、全国から予選を勝ち抜いた高校生たちが集い、短歌を詠む。順位を競うだけではない、仲間との絆も深まる舞台に向けて奮闘する、高校生の姿を紹介する。さらに、仲間たちと文芸活動に打ち込んだ、宮沢賢治の若き日の姿を追った。

【連載】
[EKIBENギャラリー]秋田肉三昧
[旅のまにまに]あたたかい怪談(柚月裕子)
[東京スキマTrip]芝浦、ウォーターフロントの魅力。
[地・温泉]秋田県「乳頭温泉郷」
[いいコト、駅から]秋田駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:盛岡第三高校文芸部イメージ イラスト/吉實 恵
【特集】
東北の宝物を見に行こう

東北地方の岩手県北部を水源に、宮城県石巻市で太平洋へと注ぐ北上川は、東北地方で一番の大河だ。下流域の石巻市に広がるヨシ原は、日本の原風景ともいえる景色を創り出している。また、景色だけでなく、ヨシは東北の文化や食を支える重要な要素の一つでもある。さまざまな種類の生き物を育て、豊かな郷土料理を生み、文化財を守ってきたヨシ原の魅力を多角的に探っていく。

【連載】
[EKIBENギャラリー]海苔のり弁887
[旅のまにまに]夏祭りと母の顔(柚月裕子)
[東京スキマTrip]上野の、味な老舗へ。
[地・温泉]岩手県「夏油温泉」
[いいコト、駅から]仙台駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:夏の齋藤氏庭園 イラスト/吉實 恵
【特集】
踊る、新潟。

江戸時代末期、日本海側屈指の湊町だった新潟。古町かいわいを歩くと、そうした当時のにぎわいを感じることができる。毎年9月中旬に開催する、江戸時代の盆踊り図に着想を得た新潟下駄総踊り。そして、新潟市が舞踊家の金森穣さんを迎えて誕生した日本初にして唯一の公共劇場専属舞踊団Noism Company Niigataの奮闘を通じて、新潟市の文化的な豊かさを体験していく。

【連載】
[EKIBENギャラリー]えび千両ちらし
[旅のまにまに]ロマンを抱け(柚月裕子)
[東京スキマTrip]アキバの、グルメな高架下。
[地・温泉]新潟県「貝掛温泉」
[いいコト、駅から]燕三条駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:新潟下駄総踊り イラスト/吉實 恵
【特集】
江戸の都市デザインを旅する

江戸時代の古地図に描かれた、「の」の字にお濠を張り巡らせた江戸の姿は、現代の東京に重なる。この原型を描いたのは、何を隠そう徳川家康。東京には至るところに、江戸という都市を巧みにデザインした家康の仕掛けが潜んでいる。江戸は、どのように築かれ発展したのか。そんな疑問をたずさえて、東京の中心部へ。さらに東の川を越え、東京郊外へと旅をする。

【連載】
[EKIBENギャラリー]銀だら幕之内
[旅のまにまに]心の自由(柚月裕子)
[東京スキマTrip]駒込、花咲く庭園でスローな休日。
[地・温泉]群馬県「四万温泉」
[いいコト、駅から]東京駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:日比谷のお濠端 イラスト/吉實 恵
【特集】
白神からの贈り物

有史以来、津軽の人々にさまざまな形で恵みを与えてきた白神山地。その恵みがあって、青森県は育ってきたともいえる。いわば母なる森、マザーネイチャーだ。今年、世界遺産登録30周年を迎える白神山地を、現代のマタギとともに歩くことで、これからも続く人と森との付き合い方を学ぶ。そして、白神からの贈り物である食の恵みの数々を食べ歩いてみた。

【連載】
[EKIBENギャラリー]津軽の弁当 お魚だらけ
[旅のまにまに]選べる豊かさ(柚月裕子)
[東京スキマTrip]新し、懐かし、大塚あたり。
[地・温泉]青森県「蔦温泉」
[いいコト、駅から]弘前駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:白神の春 イラスト/吉實 恵
【特集】
会津ものづくり新時代へ

歴史が息づく会津の地に花開いた、会津本郷焼や会津塗をはじめとするものづくりの文化。そのなかで静かに、しかし力強く新たな動きが続いている。伝統を踏まえつつ時代を切り開こうとする取り組みとは。300年続く宗像窯を中心に、会津本郷焼事業協同組合の挑戦や会津塗×つくり手×食の取り組みが注目を集める「ヒューマンハブ天寧寺倉庫」を訪ねる。


【連載】
[EKIBENギャラリー]ジャンボかつ弁当
[旅のまにまに]春は来る(柚月裕子)
[東京スキマTrip]運河の街、深川を味わう。
[地・温泉]山形県「白布温泉」
[悠久の鉄路を巡る]青森駅
[いいコト、駅から]館山駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:只見線の春 イラスト/吉實 恵
【特集】
土方歳三、栃木で奮闘す

明治という新時代が始まった1868年。旧幕府側の軍と明治新政府を樹立した軍とが戦った内戦、戊辰戦争が起こった。旧幕府軍として新選組も参戦する。戊辰戦争は会津や函館の戦いが有名だが、栃木でも激しい戦闘があった。そこで活躍したのが新選組副長の土方歳三である。小山から宇都宮、そして家康公を祀る日光へ。知られざる、栃木の戊辰戦争と土方の足跡を追った。


【連載】
[EKIBENギャラリー]駅弁発祥の地 宇都宮駅 御弁当
[旅のまにまに]春は靴から(柚月裕子)
[東京スキマTrip]センス光る、恵比寿。
[地・温泉]栃木県「塩原塩の湯温泉」
[悠久の鉄路を巡る]上野駅・川口駅・大宮駅
[いいコト、駅から]宇都宮駅

・JR EAST INFORMATION

表紙:北へ駆ける、東北新幹線 イラスト/吉實 恵
おすすめの購読プラン

トランヴェールの内容

JR東日本が発行する新幹線車内誌『トランヴェール』
トランヴェールはJR東日本が発行する新幹線車内サービス誌です。東日本の文化・風土を紹介しています。JR東日本の新幹線(北海道・東北・山形・秋田・上越・北陸)の座席に搭載されていますので、ぜひ手にとってご覧ください。「トランヴェール」はフランス語で「緑の列車」という意味です。

トランヴェールの目次配信サービス

トランヴェール最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

トランヴェールの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.