すばる 発売日・バックナンバー

全180件中 1 〜 15 件を表示
1,100円
【小説】
古川真人「間違えてばかり」

【特集:「古典」のチカラ】
鼎談/桜庭一樹×李琴峰×三宅香帆「漢詩からひろがる」
対談/俵万智×山崎ナオコーラ「現代の私たちだからこそできる古典の読みかた」
論考/木村朗子「『源氏物語』受難のとき」
論考/渡辺祐真「古典は誰もが使える最強のデータベース──和・歌枕・本歌取・季語・庭・引用・共感と驚異」
エッセイ/安田登「漢詩をよむこと、楽しむこと」
エッセイ/小津夜景「抽斗に導かれた断想」
エッセイ/堀越英美「古典の中の「おもしれー女」たち」

【『錠剤F』刊行記念対談】
井上荒野×高山羽根子「物語は常に、過渡期を描写する」

【『みどりいせき』刊行記念対談】
大田ステファニー歓人×豊﨑由美「作家誕生」

【追悼:ポール・オースター】
飯野友幸「オンリー・コネクト」

【連載第2回】
小森陽一×成田龍一「大江健三郎を読む──文学と歴史の複眼的視点から」

【連載】
松田青子、李琴峰、滝口悠生、江國香織、青山七恵、谷崎由依、池澤夏樹、岸本佐知子×杉田比呂美、村井理子、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、九段理江「読書日録」、本

【日日是好日】
暮田真名(1)
1,100円
【小説】
二瓶哲也「ふたご理論」

【『グリフィスの傷』刊行記念対談】
千早茜×石内都「傷痕の奥に見えるもの」

【新連載】
安藤礼二「黄金の道」
小森陽一×成田龍一「大江健三郎を読む──文学と歴史の複眼的視点から」

【ロングエッセイ】
森田真生「再生する庭」
水上文「狭間の沈黙」

【論考】
今福龍太「「映画」を閉じて――ビクトル・エリセ「最期」の映画」

【第九回渡辺淳一文学賞発表】
塩田武士『存在のすべてを』

【第三十九回詩歌文学館賞発表】
詩部門/松岡政則『ぢべたくちべた』
短歌部門/三井ゆき『水平線』
俳句部門/正木ゆう子『玉響』

【最終回】
村田沙耶香「世界99」

【連載第2回】
松田青子「ポリゴナムの集会室」
武田砂鉄「ルサンチマンをぶち壊せ」

【連載】
李琴峰、滝口悠生、江國香織、青山七恵、谷崎由依、池澤夏樹、岸本佐知子×杉田比呂美、村井理子、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、小津夜景、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、大崎清夏「読書日録」、本

【日日是好日】
大田ステファニー歓人(3)
1,100円
【新連載】
松田青子「ポリゴナムの集会室」

【小説】
山内マリコ「ペンと絵封筒」
水原涼「台風一過」

【シリーズ対談】
桜庭一樹×かが屋(加賀翔・賀屋壮也)「変化する価値観と物語の強度(4)笑いの多様性――誰も傷つけない笑いと、社会へのカウンターになる笑い」

【対談】
キム・ソヨン×文月悠光「悲しみに寄り添うのが詩人の役割」

【講演と対談】
「左川ちか モダニズムの女性詩人」
講演/川村湊「左川ちかと同時代の女性詩人について」
対談/川村湊×島田龍「左川ちかの現代性」

【文芸漫談】
奥泉光×いとうせいこう「大江健三郎『水死』を読む」

【最終回】
吉見俊哉「続・東京裏返し 都心南部編――川筋と軍都をたどる社会学的街歩き」

【連載】
李琴峰、滝口悠生、江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、池澤夏樹、岸本佐知子×杉田比呂美、村井理子、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、小津夜景、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、大崎清夏「読書日録」

【日日是好日】
大田ステファニー歓人
1,100円
【小説】

河﨑秋子「化けの毛皮」



【新連載】

李琴峰〈小説〉「世界文学の交差点 アイオワ印象」

武田砂鉄「ルサンチマンをぶち壊せ」

岸本佐知子×杉田比呂美「ふたりのミッション」



【特集:ティータイムの効用】

ルポ/千早茜「京のお茶会」

ルポ/安達茉莉子「お茶修行日記 武夷山・岩茶の旅」

小説/山崎ナオコーラ「アリスは紅茶を飲まない」

小説/石井遊佳「ティータイム」

小説/川野芽生「無茶と永遠」

エッセイ/澤田瞳子「茶をめぐる日々」

エッセイ/赤坂憲雄「岡本太郎の茶会」

エッセイ/石原あえか「チョコレート愛飲者ゲーテ」

エッセイ/清田隆之「俺たちは「お茶する」ことができるだろうか?――ケアの欠如とbeingの肯定」



【トークイベント載録】

くぼたのぞみ×斎藤真理子×岸本佐知子×八巻美恵「公開・塩の会」



【対談】

長島有里枝×飯田祐子「女性作家の自伝の読者は誰なのか?」



【連載】

滝口悠生、江國香織、青山七恵、村田沙耶香、池澤夏樹、吉見俊哉、村井理子、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、小津夜景、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩



【プレイヤード】

演劇、美術、映画、大崎清夏「読書日録」



【日日是好日】

大田ステファニー歓人
1,100円
【小説】
井戸川射子「印象」
小池水音「あのころの僕は」

【特集:ドストエフスキー『悪霊』の150年】
講演/中村文則「衝撃と宿題」
講演/綿矢りさ「笑ってはいけないドスト」
講演/平野啓一郎「〈影響〉の構造化と愛」
質疑応答/亀山郁夫×中村文則×綿矢りさ×平野啓一郎「講演を終えて」
エッセイ/亀山郁夫「狂熱の、「美しい」五日間――第18回国際ドストエフスキー学会名古屋大会の軌跡」

【対談】
斎藤真理子×温又柔「韓国文学と日本語文学のあいだで――「さえずり」に耳をすませる」


【連載】
滝口悠生、江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、池澤夏樹、今福龍太、吉見俊哉、村井理子、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、小津夜景、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、大谷朝子「読書日録」、本

【日日是好日】
山下紘加
1,100円
【小説】
桜木紫乃「情熱」
石田夏穂「世紀の善人」

【特集:子どもと本と未来と――座右の児童文学】
対談/小澤俊夫×エリザベス・コール「昔話の持つ力」
対談/金原瑞人×西村義明「忘れられても残り続ける物語」
エッセイ/深緑野分「児童文学について」
エッセイ/佐藤厚志「フィリパ・ピアスから日本の子供たちへ」
エッセイ/都甲幸治「暴力と祈り――ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』を読む」
論考/河合俊雄「河合隼雄と児童文学」
論考/安藤聡「英国ファンタジーとその背景――児童文学の名作を生んだ時代と風土」
論考/遠藤純「戦時下、ある文学者が子どもに向けたまなざし――山本有三編「日本少国民文庫」のこと」
小品/池澤夏樹「失われた子供たちの海岸」

【デビュー20周年記念インタビュー】
金原ひとみ「絶望から他者理解へ 金原ひとみの20年」

【『パッキパキ北京』刊行記念対談】
綿矢りさ×藤井省三「オンナ寅さん北京をゆく!? 新境地の魅力」


【連載第2回】
滝口悠生「透波と乱波」

【連載】
江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、池澤夏樹、吉見俊哉、村井理子、今福龍太、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、小津夜景、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、大谷朝子「読書日録」、本

【日日是好日】
山下紘加(1)
1,100円
小説

桜木紫乃 情熱
石田夏穂 世紀の善人

デビュー20周年記念インタビュー

金原ひとみ 絶望から他者理解へ 金原ひとみの20年(聞き手・構成/江南亜美子)

『パッキパキ北京』刊行記念対談

綿矢りさ×藤井省三 オンナ寅さん北京をゆく!? 新境地の魅力

特集:子どもと本と未来と──座右の児童文学

対談
小澤俊夫×エリザベス・コール 昔話の持つ力
金原瑞人×西村義明 忘れられても残り続ける物語
エッセイ
深緑野分 児童文学について
佐藤厚志 フィリパ・ピアスから日本の子供たちへ
都甲幸治 暴力と祈り──ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』を読む
論考
河合俊雄 河合隼雄と児童文学
安藤聡 英国ファンタジーとその背景──児童文学の名作を生んだ時代と風土
遠藤純 戦時下、ある文学者が子どもに向けたまなざし──山本有三編「日本少国民文庫」のこと
小品
池澤夏樹 失われた子供たちの海岸

連載第二回

滝口悠生 透波と乱波

連載

江國香織 外の世界の話を聞かせて(10)
青山七恵 記念日(13)
谷崎由依 百日と無限の夜(15)
村田沙耶香 世界99(34)
吉見俊哉 続·東京裏返し 都心南部編──川筋と軍都をたどる社会学的街歩き(3)
村井理子 湖畔のブッククラブ(10)
今福龍太 仮面考(12)
池澤夏樹 風がページを…(49)

連載コラム

安達茉莉子 書きあぐねて山河あり(7)
小津夜景 空耳放浪記(13)
高羽彩 ちょっと待ってください(19)
朝吹真理子 記憶糠(22)
最果タヒ きみを愛ちゃん(22)
辻山良雄 読み終わることのない日々(22)
エリザベス・コール エアプランツの日記(22)

カラーグラビア

山下紘加 編(1) 日日是好日

プレイヤード 演劇

沢美也子 『海をゆく者』

プレイヤード 美術

保坂健二朗 シュシ・スライマン「Organizing Abandon」

プレイヤード 映画

越川芳明 『枯れ葉』

プレイヤード 本

大谷朝子 読書日録
伊藤氏貴 山田詠美『肌馬の系譜』
三宅香帆 綿矢りさ『パッキパキ北京』
瀧井朝世 柴崎友香『続きと始まり』
1,100円
目次
新連載

滝口悠生 透波と乱波

小説

古川真人 シャンシャンパナ案内
温又柔 二匹の虎

未邦訳短編

ケリー・リンク 白猫の離婚(訳・解説/金子ゆき子)

『最愛の』刊行記念対談

上田岳弘×高橋一生 合理の激流に抗う、表現の力

講演

池澤夏樹 父・福永武彦のこと

対談再録

アニー・エルノー×津島佑子 現代を生きる情熱

エッセイ

長島確 わたしたちは互いに異なる世界である
横山義志 存在のゆらぎに耳を傾ける──ヨン・フォッセ『だれか、来る』とクロード・レジ

すばるクリティーク

赤井浩太 堕天使の加速──Tohji論

最終回

奥泉光 虚史のリズム(43)

連載

江國香織 外の世界の話を聞かせて(9)
青山七恵 記念日(12)
村田沙耶香 世界99(33)
吉見俊哉 続·東京裏返し 都心南部編──川筋と軍都をたどる社会学的街歩き(2)
村井理子 湖畔のブッククラブ(9)
池澤夏樹 風がページを…(48)

連載コラム

安達茉莉子 書きあぐねて山河あり(6)
小津夜景 空耳放浪記(12)
高羽彩 ちょっと待ってください(18
朝吹真理子 記憶糠(21)
最果タヒ きみを愛ちゃん(21)
辻山良雄 読み終わることのない日々(21)
エリザベス・コール エアプランツの日記(21)

カラーグラビア

永井みみ編(3) 日日是好日

プレイヤード 演劇

沢美也子 『ジャズ大名』

プレイヤード 美術

鷲田めるろ 「鈴木ヒラク 今日の発掘」展

プレイヤード 映画

立田敦子 『蟻の王』

プレイヤード 本

砂川文次 読書日録
木村紅美 川上弘美『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』
瀧井朝世 江國香織『シェニール織とか黄肉のメロンとか』
豊﨑由美 古川日出男『の、すべて』
くぼたのぞみ 小野正嗣『あわいに開かれて』
山崎ナオコーラ 西加奈子『わたしに会いたい』
竹田ダニエル 高山羽根子『ドライブイン・真夜中』
ひらりさ 長島有里枝『去年の今日』
植本一子 くぼたのぞみ、斎藤真理子『曇る眼鏡を拭きながら』
山下紘加 村井理子『実母と義母』
吉本ばなな 猫沢エミ『猫沢家の一族』
柳原孝敦 モアメド・ムブガル・サール『人類の深奥に秘められた記憶』
1,100円
【第47回すばる文学賞受賞作】
大田ステファニー歓人「みどりいせき」

【新連載】
吉見俊哉「続・東京裏返し 都心南部編――川筋と軍都をたどる社会学的街歩き」

【講演】
片岡大右「「anarchic romanticism of youth」のあとで――小山田圭吾という芸術家の「炎上」をめぐる考察」

【文芸漫談】
奥泉光×いとうせいこう「ウィリアム・フォークナー『八月の光』を読む」

【第9回吉里吉里忌・井上ひさしの言葉――ふるさと 山形 川西で語り継ぐ】
鼎談/金平茂紀×吉岡忍×小森陽一「井上ひさしとジャーナリズム」
講演/小泉今日子「井上ひさしさんと私」

【第三十八回詩歌文学館賞贈賞式記念講演】
高橋睦郎「老いること 書きつづけること――later-life crisisを超えて」

【連載】
江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、奥泉光、池澤夏樹、村井理子、朝吹真理子、安達茉莉子、最果タヒ、小津夜景、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、砂川文次「読書日録」、本

【日日是好日】
永井みみ(2)
1,100円
【戯曲】
蓬莱竜太「きのう下田のハーバーライトで」

【特集:哲学の言葉が必要だ】
鼎談/小川公代×戸谷洋志×中村佑子「「生」に対して問いを立て続ける」
論考/中島隆博「日本と哲学」
論考/古川日出男「吉本隆明とあなたと美」
インタビュー/古田徹也「哲学と文学が重なるとき――ひとの心はわかるか――」
座談会/永井玲衣×冨岡薫×三浦隼暉「なぜわたしたちは哲学できないのか」

【シドニー・マルディ・グラ紀行】
李琴峰「虹に彩られる季節(後編)」

【『江戸POP道中文字栗毛』刊行記念対談】
児玉雨子×三宅香帆「近世文芸はポップスだ!」

【リメイク短編】
児玉雨子「大好千禄本」「私の敵の敵の敵」

【『フェルナンド・ペソア伝』刊行記念対談】
澤田直×山本貴光「人はなぜペソアに惹かれるのか」

【追悼 ミラン・クンデラ】
西永良成「ミラン・クンデラとの四五年」
阿部賢一「「人生のしめくくり」の書――ミラン・クンデラ『無意味の祝祭』を読む」

【連載】
江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、奥泉光、村井理子、今福龍太、池澤夏樹、安達茉莉子、朝吹真理子、小津夜景、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、砂川文次「読書日録」、本

【日日是好日】
永井みみ
1,100円
【小説】
井上荒野「誰がいちばん」
天埜裕文「糸杉」
小山内恵美子「奇妙なふるまい」

【最終回】
高橋源一郎「この素晴らしき世界」

【シドニー・マルディ・グラ紀行】
李琴峰「虹に彩られる季節(前編)」

【刊行記念対談】
田中慎弥×宇佐見りん「足掻きながら言葉を紡ぐ」
高瀬隼子×ひらりさ「〈いい子〉の向こう側へ」
岩城けい×小島慶子「今の自分の居場所を求めて」

【連載】
江國香織、青山七恵、村田沙耶香、奥泉光、村井理子、池澤夏樹、安達茉莉子、朝吹真理子、小津夜景、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、佐藤厚志「読書日録」、本

【日日是好日】
日比野コレコ(3)
1,100円
【すばる文学賞受賞第一作】
大谷朝子「僕はうつ病くん」

【特集:トランスジェンダーの物語】
小説/桜庭一樹「赤」
小説/倉田タカシ「パッチワークの群島」
小説/川野芽生「Blue」
小説/岩川ありさ「僕と自分を呼ぶことが義務づけられた私」
小説/鈴木みのり「トランジット」
エッセイ/中村 中「いつになったら、私は人間になれるのだろうか。」
エッセイ/三木那由他「私たちには物語が必要だ」
エッセイ/高井ゆと里「トランスジェンダーの定義を知りたいあなたへ」
随想/周司あきら「家父長の城」

【新刊刊行記念対談】
島田雅彦×金原ひとみ「「私」を更新し続けるために書くということ」
恩田陸×松浦寿輝「創作する人間の宿命について」

【講演】
平野啓一郎「キーンさんの思い出」

【連載】
江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、高橋源一郎、奥泉光、今福龍太、池澤夏樹、村井理子、朝吹真理子、小津夜景、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩、安達茉莉子

【プレイヤード】
演劇、美術、映画、佐藤厚志「読書日録」、本

【日日是好日】
日比野コレコ(2)
1,100円
【小説】

古川真人「港たち」

足立陽「プロミネンス☆ナウ!」



【シリーズ対談 変化する価値観と物語の強度〈3〉】

桜庭一樹×ミキティー本物「アイドルもファンも一緒に成長し、ずっと活動が続けられる時代へ」



【ウクライナの核危機 林京子を読む】

第一部 講演/青来有一「林京子が言い残したこと」

第二部 シンポジウム/川村湊×青来有一×宮内勝典×村上政彦×森詠「いま文学者として何ができるか」



【対談】

池澤夏樹×黒川創「世界を描く、ということ」



【講演】

朝井まかて「?外夫人の恋」



【新連載】

安達茉莉子「書きあぐねて山河あり」



【連載】

江國香織、青山七恵、谷崎由依、村田沙耶香、奥泉光、村井理子、池澤夏樹、朝吹真理子、小津夜景、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩



【プレイヤード】

演劇、美術、映画、佐藤厚志「読書日録」、本



【日日是好日】

日比野コレコ(1)
1,100円
【小説】

永井みみ「ジョニ黒」

椎名誠「人間証拠博物館」



【特集 綿矢りさプロデュース 中華(ちゅーか)、今どんな感じ?】

鼎談/墨香銅臭×括号×綿矢りさ「良い物語を創るのに必要なこと」

エッセイ/綿矢りさ「激しく脆い魂」

論考/佐藤信弥「『陳情令』のルーツ――仙侠と武侠、金庸作品との関係、時代背景」

論考/はちこ「中華BL二十五年の歩み――誕生、発展、規制、そして再出発」

小説/綿矢りさ「パッキパキ北京」



【対談】

ヤマザキマリ×ニコル・クーリッジ・ルマニエール「『人類三千年の幸福論』刊行記念 老いの神髄は「良質の業(カルマ)」にあり」



【追悼 菅野昭正】

亀山郁夫、野崎歓、堀江敏幸



【第八回渡辺淳一文学賞発表】

古谷田奈月『フィールダー』

選考委員/浅田次郎、小池真理子、髙樹のぶ子、宮本輝



【第三十八回詩歌文学館賞発表】

詩部門/齋藤恵美子『雪塚』

短歌部門/小池光『サーベルと燕』

俳句部門/星野高士『渾沌』



【最終回】

千早茜「傷痕(8)慈雨」



【連載】

江國香織、青山七恵、谷崎由依、奥泉光、村井理子、今福龍太、池澤夏樹、朝吹真理子、小津夜景、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩



【プレイヤード】

演劇、美術、映画、安堂ホセ「読書日録」、本



【日日是好日】

遠野遥(3)
1,100円
【小説】

奥田亜希子「ポップ・ラッキー・ポトラッチ」

上村亮平「ノラ」



【連載第2回】

江國香織「外の世界の話を聞かせて」

村井理子「湖畔のブッククラブ」



【特集:文学×アート 語りえぬものを創造する】

対談/諏訪敦×朝吹真理子「不可逆の時間に手を伸ばして」

短編/石沢麻依「トルソの手紙」

短編/山内マリコ「ふわふわ、ゆらゆら、ストン」

短編/乗代雄介「三舟山」

インタビュー/川内有緒「〈間違い〉が存在しないアート鑑賞」

ルポ/滝口悠生「知らぬ間に知っている」

ルポ/石田夏穂「いちばん大きな窓」

ロングエッセイ/高山羽根子「あっち側にいたときの切実と、東京のこの数年」

ロングエッセイ/ミヤギフトシ「首里の谷、ウェビナー、取り替え子、ロキ」

ロングエッセイ/金子信久「江戸絵画が楽しい理由」

ロングエッセイ/松川綾子「展覧会の思い出」

プレイヤード美術 拡大版/橋本麻里「東洋美術史を書き換える、歴史的展覧会を観よ」



【追悼 大江健三郎】

島田雅彦、中村文則、小森陽一



【講演】

温又柔「言葉の居場所を探して――李良枝再読のために」



【最終回】

佐川光晴「あけくれ」(8)

富永京子「迂遠な思考、小さな運動を重ねて」(14)



【連載】

青山七恵、千早茜、谷崎由依、村田沙耶香、奥泉光、池澤夏樹、朝吹真理子、小津夜景、最果タヒ、辻山良雄、エリザベス・コール、高羽彩



【プレイヤード】

演劇、映画、安堂ホセ「読書日録」、本



【日日是好日】

遠野遥(2)
おすすめの購読プラン

すばるの内容

  • 出版社:集英社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月6日
良質な文芸を特集する総合誌
二つの世紀の変わり目にいる現在、六十余年間にわたる<昭和>とその文学を俯瞰する作業をしておくことが必要だと、私たち「すばる」編集部は考える。

すばるの目次配信サービス

すばる最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

すばるの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.