定期購読がお得! 最新号・バックナンバーの購入もできます。

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
教育と医学のレビューを投稿する

教育と医学の内容

子どもの心とからだを考え・支える人のために
1953年の創刊以来、 「子どもの心身の発達」に関するあらゆる情報を発信し続けている教育総合誌で、2019年夏より隔月刊化・リニューアルを行いました。 発達障害、いじめ・不登校など、子どもの問題をはじめ、学級・学校運営、授業法など多様なテーマについて、各分野の第一線の研究者・臨床家が毎号わかりやすく解説します。気鋭の論者による連載も続々スタートしています。 公式ツイッターアカウントtwitter.com/kyouikutoigakuにて、最新情報を発信しています。.

教育と医学の商品情報

商品名
教育と医学
出版社
慶應義塾大学出版会
発行間隔
隔月刊
発売日
[紙版]偶数月27日  [デジタル版]紙版発売日の翌月1日
サイズ
A5
参考価格
[紙版]840円 [デジタル版]760円

教育と医学 3・4月号 (発売日2024年02月27日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集■ 発達障害のグレーゾーンの子どもたち
グレーゾーンへの注目がもたらすもの………黒木俊秀
グレーゾーンと呼ばれる子どもたちの臨床………青木省三
診断閾下の発達障害の臨床的意義………神尾陽子
通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について………加藤典子
発達障害を疑われて受診する子どもたち………成田奈緒子
グレーゾーンにある子どもたちの支援………大石英史
グレーゾーンの大学生に対する理解と支援………細川美由紀
グレーゾーンにある子どもたちへの関わり方………小嶋悠紀
〈子育て関連本から考える〉羽仁もと子『おさなごを発見せよ』………貴戸理恵
〈外国ルーツの子ども家庭を支える〉『子育て・しつけのスタイル』………南野奈津子
〈新しい時代の教育を創造する〉人新世の教育に向けて………楠見友輔
〈特別支援教育の「魅力」再発見〉教育実習で子どもを叱れるか………齋藤大地
特別支援教育のページ▼インクルーシブ教育システム構築の一層の推進のために………独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
●バリアフリー絵本の世界
 昭和28(1953)年、「教育と医学の緊密な連携」を理念に、九州大学教育学部教授の平塚益徳、牛島義友、同医学部教授の遠城寺宗徳、中脩三が発起人となり、九州大学内・外の有志教官、現場教師、学校医などが呼応して結成されました。同会の機関誌として、同年7月1日に月刊誌「教育と医学」第1巻第1号を発行。2022年に創刊70年を迎えています。
 (本誌の特徴)
・時代動向のキャッチに現代を反映する問題や、社会のニーズに応えるテーマを特集として取り上げ、充実した内容の論文を多数収録しています。
・専門領域外の情報収集に第一線の研究者や気鋭の若手が、専門領域外の読者にも分かるようにコンパクトにまとめて執筆しているので、情報収集に役立ちます。
・多角的なテーマ追究に教育学、医学、社会学、心理学、民俗学の研究者、看護・福祉・教育の現場の方々が、各号の特集について多角的に論じます。
・特別支援教育について最新の情報国立特殊教育総合研究所からの最新情報を毎号掲載しています。




目次
特集にあたって グレーゾーンへの注目がもたらすもの(黒木俊秀)
グレーゾーンと呼ばれる子どもたちの臨床(青木省三)
雑誌情報
診断閾下の発達障害の臨床的意義(神尾陽子)
通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果について(加藤典子)
〔連載〕子育て関連本から考える 第11回 羽仁もと子『おさなごを発見せよ』(貴戸理恵)
発達障害を疑われて受診する子どもたち(成田奈緒子)
〔連載〕外国ルーツの子ども家庭を支える 第11回 子育て・しつけのスタイル(南野奈津子)
バリアフリー絵本の世界29
久里浜だより551 インクルーシブ教育システム構築の一層の推進のために(独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所)
グレーゾーンにある子どもたちの支援(大石英史)
グレーゾーンの大学生に対する理解と支援(細川美由紀)
グレーゾーンにある子どもたちへの関わり方(小嶋悠紀)
新刊情報
〔連載〕新しい時代の教育を創造する 第11回 人新世の教育に向けて(楠見友輔)
〔連載〕特別支援教育の「魅力」再発見 第6回 教育実習で子どもを叱れるか(齋藤大地)
特集題目一覧
編集後記

教育と医学の目次配信サービス

教育と医学最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

教育と医学のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.69
  • 全てのレビュー: 16件
多様な視点から教育を考えられる
★★★★★2023年12月11日 イツキ 会社員
いろいろな観点から教育や子どもに対する自身の理解度を考えることができます。私は特に貴戸さんの連載が好きですね。平易な表現で子育てのあれこれが独自の見方から示されており興味深く読ませていただいています。
発達ということについて
★★★★★2022年01月30日 9350 自営業
アカデミックな、かつ実践的な知識が得られると思う。
タイトル通り、教育と医学をつなぐ雑誌である
★★★★☆2021年08月28日 かっしー 医者
教育の現場では、やはり医学のことはあまりよく分かっていない。反対に医学の現場では、教育のことがよく分かっていない。そのような、2つの分野で共通する話題を提供してくれる雑誌です。大変勉強になります。
わかりやすい
★★★★★2021年04月22日 tk その他
内容が身近な問題に関わっているので ためになります。 発達障害のお子さんの成長をどう捉えるかなど、アドバイスしやすい内容も良かったです。 先生方のお話がためになります。
発達障害
★★★★★2021年03月16日 ともこ 自営業
臨床心理学を大学で学んでおります。 発達障害についてはよく理解しておりませんでしたが、この専門誌を読みはじめてから発達障害に悩む親御さんの気持ちや生きづらさがあることがわかりました。 心と医療のケアが大切だと感じました。 また、リアルタイムで、子供達の置かれている環境の問題点を専門家の方のご意見として知ることができ勉強になります。
定期購読することにしました
★★★★★2020年10月01日 サスケ 教職員
識字障害に興味があり、この度、この雑誌を定期購読することにしました。コロナ感染症や不登校、発達障害など、今後の記事にも期待しています。
参考になるはず
★★★★★2020年05月15日 シュレン 公務員
文献研究として、立ち読みしました!やはり、参考となることが多く、定期購読します!
広くて深い
★★★★★2019年11月28日 sara 教職員
 気になる記事や論文があるときに読んでいましたが,思い切って定期購読します。  アートと教育の関連記事に期待しています。
おすすめです
★★★★★2019年09月16日 hana 専門職
リニューアルしてテーマがより精選されていて、仕事や日常生活で役立っています。新しい情報が分かりやすくまとめてあるので、毎号楽しみです。
コラボ
★★★★★2019年05月28日 baaba 専門職
教育と医療がコラボされた、最新情報が載っています。大変興深く、子育てにおいて大変勉強になります。
レビューをさらに表示

教育と医学の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.