• 雑誌:現代農業
  • 出版社:農山漁村文化協会
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円
  • 雑誌:現代農業
  • 出版社:農山漁村文化協会
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円

現代農業 最新号:2024年5月号 (発売日2024年04月05日)

農山漁村文化協会
ポリマルチは剥がすのが重労働。処分するのにお金もかかるし、環境にもよくない。有機物マルチ、生き草マルチなら、作が終われば、土に還る。微生物が喜び、天敵の棲み処にもなる。近年、生分解性マルチの使用量...

現代農業 最新号:2024年5月号 (発売日2024年04月05日)

農山漁村文化協会
ポリマルチは剥がすのが重労働。処分するのにお金もかかるし、環境にもよくない。有機物マルチ、生き草マルチなら、作が終われば、土に還る。微生物が喜び、天敵の棲み処にもなる。近年、生分解性マルチの使用量...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
現代農業のレビューを投稿する
2024年04月05日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,100円
送料:1配送 50円
2024年06月05日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けします

現代農業 最新号:2024年5月号 (発売日2024年04月05日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
ポリマルチは剥がすのが重労働。処分するのにお金もかかるし、環境にもよくない。有機物マルチ、生き草マルチなら、作が終われば、土に還る。微生物が喜び、天敵の棲み処にもなる。近年、生分解性マルチの使用量も増えてきた。特徴を知れば、かしこい使い方も見えてくる。どうやら激夏対策にもなりそうだ。――地球にやさしい「土に還るマルチ」の新段階。
<目次>
みんなで農!
 サツマイモってね、チッソが嫌いなんですよ 新谷梨恵子
 【菜園始めた4】農薬も液肥も手づくりしたい 田中由香里
特集 土に還るマルチ 最新情報
◆有機物マルチにますます期待
 竹マルチ大成功 去年あんなに暑かったのにサツマイモが元気ピンピン 下村京子
 イタドリマルチ、とってもよかった! 病害虫が減って、キクもカボチャもスイカも元気に/やわらかくて甘いトマトに 害虫も減った
 糖度アップだけじゃない 土着天敵も呼び寄せる 豊田雄大
 有機給食野菜づくりには、有機物マルチと生き草マルチが欠かせない 松岡尚孝
 井原のおんちゃん、ありがとう マルチムギでカボチャが抜群の味に 浜田妙
 段ボールマルチの上に堆肥でウネを盛る 耕さないノー・ディグ農法 ジョージ・ベネット
 耕作放棄地で草の上からノー・ディグ農法やってみた 小山悠太
 過去記事より 堆肥、米ヌカ、せん定枝──身近な資源で有機物マルチ
 大面積に均一に敷ける 改良型モミガラマルチャー 藤岡茂也
◆増え続ける生分解性マルチ
 生分解性マルチだから、高ウネをキープできる 水田転作で極上のサツマイモ 鈴木一男
 収穫がラク、速い 生分解性マルチでサツマイモ、やってみた 工藤安彦
 3種類のマルチで比較 生分解性で地温抑制、ナスの収量アップ 入江香織
 メーカーに聞く 生分解性マルチってどんなもの?(MKVアドバンス株式会社・安田磨理さん)
 まもなく生誕30周年 データで見る生分解性マルチ事情
 夏場の地温上昇を抑える紙マルチ 森本親

[稲作・水田活用]
生きものと一緒にイネつくり・草抑え
 2回の湛水で草を抑える 「コウノトリ育む農法」の春(兵庫・村田憲夫さん、青山直也さん)
 糸張りにも工夫 アイガモとはちょっと違う、アヒルちゃん農法 金谷武志
 勝手に緑の絨毯!? ウキクサマルチで無除草無施肥栽培 陶武利
【有機稲作4】 機先を制す! 雑草半減の代かき法 三木孝昭
田んぼに雨を降らせば、藻は消える 塚田浩一郎
【耕深4㎝2】順調な初期成育につながる太茎苗(宮城・千葉伸一さん)
イネの手植えがラクになる道具
 田んぼの中で座れる 装着型田植え椅子 山田重人
 どこにでも置ける、植え幅もわかる 田植え籠 村上厚介
ことば解説

[野菜・花]
熱いぞ 水田転作でカボチャ
 田畑輪換で雑草と病気をリセット 本気で有機カボチャ16‌ha 石田慎二
 重粘土質では、砕土のタイミングがポイント 吉原忍
超人気 タネごと食べられるスイカ「ピノガール」のアイデア栽培
【ネギお悩み相談4】べと病はどう防除すればいいの? 横山和彦
【高設イチゴ5】イチゴは気温や地温よりクラウンの温度がとても大事 伏原肇
【オランダ農業に学ぶ17】ウネ立てはいらない!? 斉藤章
道具の加工なしでホウキング フォークでかんたん株間除草 古野隆雄
ことば解説

[果樹]
展葉6枚時のフルメット処理が奏功!? シャインマスカットの未開花症が激減 坂田武史
翌年の花芽を増やす初夏の一手 カキ「太秋」 徒長枝の摘心で雌花着生を促進 安田実加
短果枝が維持しにくいナシ品種 摘心は遅め&長めで(栃木・青木武久さん)
リンゴ高密植栽培 スコアリングで花芽と短果枝がズラリ 長尾博人
【植物ホルモン塾7】青島づくりのコツ① (長崎・瀬片元治さん)
【熱帯果樹6】パイナップル 上原賢祐
【新連載 ミカン畑の農機使いこなし術】管理機で畑地造成 清田正明
ことば解説

[山・特産]
【次世代につなぐ雑穀栽培 上】防鳥網を張って確実にとる 冨澤太郎
【新連載 日本ミツバチの飼い方質問箱】分蜂群を捕まえるには? 立石靖司

[畜産]
尾枕なしの子牛を目指して 増し飼い編 乳の出方、受胎で量を調整
頭絡にカラーテープで誰でも間違いなし(兵庫・谷山悦子さん、森井和子さん)
冬の難産・死産を防ぐために 春の種付けに注意 上松瑞穂
【新連載 産卵率80%超の牧草養鶏】一年通して新鮮な牧草を与える 宇治田一俊
【地域循環型の放牧養豚を実現 上】エサも燃料も地元で賄う 坂本耕太郎

[くらし・経営・地域]
野の花を煮詰めておいしい! タンポポ、レンゲ、ウメの花蜜 畠山千春
春 雑草を売るノウハウ
 小遣い稼ぎにアザミの花束(鹿児島・山内政枝さん)
 タンポポ、スギナ、ホトケノザ……雑草はもちろん、野菜の花も果樹の葉もみんなドライに 田中由香里
【HACCPを農産加工に活かす 中】計画次第でミスもロスも減らせる 鴫谷幸彦
【世界のビックリ農業7】風食を防ぐ耕地内休閑システム 伊ヶ崎健大
【新連載 レイモンドからの手紙】ご先祖たちとターキーレッド レイモンド・エップ
一粒万倍 バケツイネ選手権2024 参加者募集
誌上タネ交換会2024 結果発表!!
【甲賀──むら人が守ってきたもの5】むら人たちの里山争い その1 藤田佳信
【意見異見180】有機栽培に加点式の考えを 中道唯幸

【主張】「あなたの給食の思い出は?」──過去から未来へつなぐ「地域に根ざした」給食を
【農家の法律相談】インボイスと独占禁止法について教えてください 馬奈木昭雄
カラー口絵 今売れている野の草花(福島・菅家博昭さん)
ポリマルチは剥がすのが重労働。処分するのにお金もかかるし、環境にもよくない。有機物マルチ、生き草マルチなら、作が終われば、土に還る。微生物が喜び、天敵の棲み処にもなる。近年、生分解性マルチの使用量も増えてきた。特徴を知れば、かしこい使い方も見えてくる。どうやら激夏対策にもなりそうだ。――地球にやさしい「土に還るマルチ」の新段階。



カラー口絵 今売れている野の草花(福島・菅家博昭さん)
あっちの話こっちの話
みんなで農! サツマイモってね、チッソが嫌いなんですよ 新谷梨恵子
【菜園始めた4】農薬も液肥も手づくりしたい 田中由香里
特集 土に還るマルチ 最新情報
竹マルチ大成功 去年あんなに暑かったのにサツマイモが元気ピンピン 下村京子
【イタドリマルチ】病害虫が減って、キクもカボチャもスイカも元気に/やわらかくて甘いトマトに 害虫も減った
【イタドリマルチ】糖度アップだけじゃない 土着天敵も呼び寄せる 豊田雄大
有機給食野菜づくりには、有機物マルチと生き草マルチが欠かせない 松岡尚孝
井原のおんちゃん、ありがとう マルチムギでカボチャが抜群の味に 浜田妙
段ボールマルチの上に堆肥でウネを盛る 耕さないノー・ディグ農法 ジョージ・ベネット
耕作放棄地で草の上からノー・ディグ農法やってみた 小山悠太
過去記事より 堆肥、米ヌカ、せん定枝──身近な資源で有機物マルチ
大面積に均一に敷ける 改良型モミガラマルチャー 藤岡茂也
生分解性マルチだから、高ウネをキープできる 水田転作で極上のサツマイモ 鈴木一男
収穫がラク、速い 生分解性マルチでサツマイモ、やってみた 工藤安彦
3種類のマルチで比較 生分解性で地温抑制、ナスの収量アップ 入江香織
メーカーに聞く 生分解性マルチってどんなもの?(MKVアドバンス株式会社・安田磨理さん)
まもなく生誕30周年 データで見る生分解性マルチ事情
夏場の地温上昇を抑える紙マルチ 森本親
生きものと一緒にイネつくり・草抑え
2回の湛水で草を抑える 「コウノトリ育む農法」の春(兵庫・村田憲夫さん、青山直也さん)
糸張りにも工夫 アイガモとはちょっと違う、アヒルちゃん農法 金谷武志
勝手に緑の絨毯!? ウキクサマルチで無除草無施肥栽培 陶武利
【有機稲作4】 機先を制す! 雑草半減の代かき法 三木孝昭
 田んぼに雨を降らせば、藻は消える 塚田浩一郎
【耕深4㎝2】順調な初期成育につながる太茎苗(宮城・千葉伸一さん)
【手植え道具】田んぼの中で座れる 装着型田植え椅子 山田重人
【手植え道具】どこにでも置ける、植え幅もわかる 田植え籠 村上厚介
ことば解説
熱いぞ 水田転作でカボチャ
田畑輪換で雑草と病気をリセット 本気で有機カボチャ16ha 石田慎二
重粘土質では、砕土のタイミングがポイント 吉原忍
超人気 タネごと食べられるスイカ「ピノガール」のアイデア栽培
【ネギお悩み相談4】べと病はどう防除すればいいの? 横山和彦
【高設イチゴ5】イチゴは気温や地温よりクラウンの温度がとても大事 伏原肇
【オランダ農業に学ぶ17】ウネ立てはいらない!? 斉藤章
 道具の加工なしでホウキング フォークでかんたん株間除草 古野隆雄
ことば解説
展葉6枚時のフルメット処理が奏功!? シャインマスカットの未開花症が激減 坂田武史
【翌年の花芽を増やす】カキ「太秋」 徒長枝の摘心で雌花着生を促進 安田実加
【翌年の花芽を増やす】短果枝が維持しにくいナシ品種  摘心は遅め&長めで(栃木・青木武久さん)
【翌年の花芽を増やす】リンゴ高密植栽培 スコアリングで花芽と短果枝がズラリ 長尾博人
【植物ホルモン塾7】青島づくりのコツ① (長崎・瀬片元治さん)
【熱帯果樹6】パイナップル 上原賢祐
【新連載 ミカン畑の農機使いこなし術】管理機で畑地造成 清田正明
ことば解説
【次世代につなぐ雑穀栽培 上】防鳥網を張って確実にとる 冨澤太郎
【新連載 日本ミツバチの飼い方質問箱】分蜂群を捕まえるには? 立石靖司
尾枕なしの子牛を目指して 増し飼い編 乳の出方、受胎で量を調整(兵庫・谷山悦子さん、森井和子さん)
頭絡にカラーテープで誰でも間違いなし
冬の難産・死産を防ぐために 春の種付けに注意 上松瑞穂
【新連載 産卵率80%超の牧草養鶏】一年通して新鮮な牧草を与える 宇治田一俊
【地域循環型の放牧養豚を実現 上】エサも燃料も地元で賄う 坂本耕太郎
クロスワード・パズル
漬け物お国めぐり 
ドブロク宣言
違うのはどこ?
見たことあるかな?
野の花を煮詰めておいしい! タンポポ、レンゲ、ウメの花蜜 畠山千春
【春 雑草を売る】小遣い稼ぎにアザミの花束(鹿児島・山内政枝さん)
【春 雑草を売る】タンポポ、スギナ、ホトケノザ……雑草はもちろん、野菜の花も果樹の葉もみんなドライに 田中由香里
【HACCPを農産加工に活かす 中】計画次第でミスもロスも減らせる 鴫谷幸彦
【世界のビックリ農業7】風食を防ぐ耕地内休閑システム 伊ヶ崎健大
【新連載 レイモンドからの手紙】ご先祖たちとターキーレッド レイモンド・エップ
一粒万倍 バケツイネ選手権2024 参加者募集
誌上タネ交換会2024 結果発表!!
【甲賀──むら人が守ってきたもの5】むら人たちの里山争い その1 藤田佳信
【意見異見180】有機栽培に加点式の考えを 中道唯幸
【主張】「あなたの給食の思い出は?」──過去から未来へつなぐ「地域に根ざした」給食を
【農家の法律相談】インボイスと独占禁止法について教えてください 馬奈木昭雄
何でも相談室
野良で生れたうた 
読者のへや
読者アンケート

現代農業の内容

自然な暮らしを村に町に
作物や土、地域自然の力を活かした栽培技術、農家の加工・直売・産直、むらづくり、食農教育、グリーンツーリズム、農都交流など、農業・農村、食の今を伝える総合実用誌です。

現代農業最新号の目次配信サービス

現代農業最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

現代農業の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.