BIOCITY(ビオシティ) 38号 (発売日2007年12月30日) 表紙
  • 雑誌:BIOCITY(ビオシティ)
  • 出版社:ブックエンド
  • 発行間隔:季刊
BIOCITY(ビオシティ) 38号 (発売日2007年12月30日) 表紙
  • 雑誌:BIOCITY(ビオシティ)
  • 出版社:ブックエンド
  • 発行間隔:季刊

BIOCITY(ビオシティ) 38号 (発売日2007年12月30日)

ブックエンド
生物多様性入門

BIOCITY(ビオシティ) 38号 (発売日2007年12月30日)

ブックエンド
生物多様性入門

ご注文はこちら

2007年12月30日発売号単品
この商品は定期購読の取扱いがございません。
送料無料で毎号お届け!

BIOCITY(ビオシティ) 38号 (発売日2007年12月30日) の目次

●No.38 Index●


生物多様性とは何か?
なぜ重要なのか? その保全方法とは?
Jeffrey A.McNeely(ジェフリー・マクニーリー:IUCN主席研究員)


生命体系を救う
生物多様性が大切な理由
Annika Vogt(アニカ・ヴォグト)
Sebastian Winkler(セバスチャン・ウィンクラー)
Countdown 2010 Secretariat(「カウントダウン2010」事務局)


生物多様性の持続的利用
日本人の自然観をもとに
岩槻邦男(兵庫県立人と自然の博物館館長 東京大学名誉教授)


世界と地域の生物多様性を保全するために
生物多様性条約入門
磯崎博司(明治学院大学法学部教授)


生態系サービスに真剣に取り組むとき
ミレニアム生態系評価の警鐘と里山に関する教訓
Alphonse Kambu(アルフォンス・カンブー:国連大学高等研究所(UNU-IAS)特別プログラム「いしかわ国際協力研究機構」所長)


エコアグリカルチャー
生物多様性と農村開発の両立による景観の創出
Sara J. Scherr(サラ・J・シェール)
Seth Shames(セス・シェイムス)
Ecoagriculture Partners(エコアグリカルチャー・パートナーズ)


生物多様性インフォマティックスとその活用
伊藤元己(東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授)


絶滅危惧種に関するIUCNレッドリスト2007
損失は続いている


『ライフ・カウンツ』に学ぶ
遊び心と驚きに満ちたイラスト・図で世界に生物多様性をアピール
Michel Gleich(マイケル・グレイチ/『Life Counts』筆者)


生物多様性の地域づくり
人と自然の博物館の挑戦
中瀬 勲(兵庫県立人と自然の博物館・副館長、兵庫県立大学自然・環境科学研究所・教授)
客野尚志( 兵庫県立人と自然の博物館・主任研究員)


第3次生物多様性国家戦略の策定について
亀澤玲治(環境省自然環境局生物多様性地球戦略企画室長)


日本の絶滅のおそれのある種の現状について
中島治美(環境省自然環境局野生生物課保護増殖係長)


地域から考える「生物多様性戦略」
堂本暁子(千葉県知事)


「(仮称)生物多様性ちば県戦略」の策定に向けて
大木 実(千葉県環境生活部自然保護課 生物多様性グループ)
中村俊彦(千葉県立中央博物館 副館長)


コウノトリが変えた市の政策・環境経済戦略
兵庫県豊岡市
太田垣秀典(豊岡市コウノトリ共生部長 豊岡市コウノトリ政策・環境経済戦略推進本部事務局長)


生物多様性・生態系再生の試み
韓国・金漁川の生態的水質浄化ビオトープ
邊 宇一(Byeon Wooil:LEED環境研究院代表/敷設生態環境教育院院長)


持続可能な社会を目指した
鹿島の生物多様性への取り組み
山田順之(鹿島建設株式会社土木設計本部 地域環境グループ)


生物多様性と建築
建築緑化の多義性の視点から
岩村和夫(建築家、武蔵工業大学環境情報学部教授)


本業の酒造りを通して
谷津田の再生や霞ヶ浦浄化のお手伝い
廣瀬慶之助(白菊酒造取締役)


エッセイ
虫人生
西田賢司(探検昆虫学者、コスタリカ大学生物学部)


本業の酒造りを通して
谷津田の再生や霞ヶ浦浄化のお手伝い
廣瀬慶之助(白菊酒造取締役)


ソーラーボートで大西洋を横断
Transatlantic21プロジェクト
Martin Vosseler(マルティン・フォッセラー:医師、環境活動家)

BIOCITY(ビオシティ)の内容

環境から地域創造を考える総合誌
BIOCITYは、生命がすこやかに息づく「生命都市(Bio City)の時代」を未来像に据え、持続可能な循環型社会の可能性を求めて1994年に創刊されました。以来2010年まで、最先端の研究やプロジェクト、人材を国内外から紹介、自然のシステムを活かしたエコロジカル・デザインを探求してきました。2011年、東北を襲った大震災と原発事故という未曾有の危機に際し、あらゆる価値観が変化しつつある中、本誌も48号を境にリニューアル。再生可能エネルギー、コミュニティデザイン、エコロジー建築、ランドスケープ、生物多様性、環境教育など、さまざまな分野の実践的な取り組みや研究、言説を紹介しております。

BIOCITY(ビオシティ)の目次配信サービス

BIOCITY(ビオシティ)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

BIOCITY(ビオシティ)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.