この商品は定期購読の取扱いがございません。

レジデント(Resident)のバックナンバー

レジデント(Resident)の内容

忙しい毎日を送るレジデントの先生だからこそ、 “すぐに役立つ”雑誌を
レジデントやレジデントを目指す医学生が、重要な基本的知識や技術を学ぶとともに、研修施設選択など将来設計に役立つ情報が得られる「レジデント総合情報誌」です。全頁カラー印刷によるAB判の大型サイズの採用と、多数のイラストによるビジュアル化により視覚的に分かり易い誌面構成となっています。特集においては、レジデント教育に力を注いでいる第一線の著名な医師や大学教授陣による執筆で、教科書では学べない実践的な診断と治療を主要テーマとした記事を掲載。医師・臨床研修医の他、看護師やコメディカルにも役立つ幅広い内容を目指しています。
医学出版雑誌一覧
月刊糖尿病別冊 インクレチン 雑誌表紙
月刊糖尿病別冊 インクレチンタイトル
月刊糖尿病別冊 インクレチン
インクレチンはインスリン分泌を促進する作用を有する消化管ホルモンであり、わが国においてもインクレチン関連薬がいよいよ臨床の現場に登場しようとしている。インクレチン関連薬は、基本的に低血糖を起こさずにインスリン分泌を促進することや、これまでのあらゆる糖尿病治療薬との組み合わせが可能であることをはじめ、多くの利点をあわせもつ2型糖尿病治療薬として大いに期待されている。  月刊糖尿病別冊「インクレチン」は、その関心度が高まるインクレチンの概念や歴史をはじめとして、関連薬であるGLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬の臨床応用、さらには今後の展望を最新の知見から取りあげる必読の一冊である。


レジデント(Resident)
忙しい毎日を送るレジデントの先生だからこそ、 “すぐに役立つ”雑誌を
12%OFF
レジデントやレジデントを目指す医学生が、重要な基本的知識や技術を学ぶとともに、研修施設選択など将来設計に役立つ情報が得られる「レジデント総合情報誌」です。全頁カラー印刷によるAB判の大型サイズの採用と、多数のイラストによるビジュアル化により視覚的に分かり易い誌面構成となっています。特集においては、レジデント教育に力を注いでいる第一線の著名な医師や大学教授陣による執筆で、教科書では学べない実践的な診断と治療を主要テーマとした記事を掲載。医師・臨床研修医の他、看護師やコメディカルにも役立つ幅広い内容を目指しています。
 
月刊糖尿病(DIABETES)
これまでなかった“糖尿病に特化した月刊専門誌”
糖尿病は研究や臨床面での進歩も著しい。糖尿病の重要な遺伝子が同定され,糖尿病や合併症の発症の分子機構の解明も大きく進み,iPS細胞を中心とした糖尿病や合併症の再生医療への展望も切り開かれつつある。糖尿病治療薬についても期待される新薬の臨床使用・開発が続々と進んでいる。そこで,糖尿病の質の高い診療を行なうためには,日進月歩で集積される膨大な数の新しい知見やエビデンスをその重要度に従って,評価・選別し,その内容の深さをそこなうことなく,わかりやすく解説する場が必要となってくる。『月刊糖尿病』は,まさに,このような切実なニーズに応えることを意図したものである。


レジデント(Resident)の商品情報

商品名
レジデント(Resident)
出版社
医学出版
発行間隔
月刊

レジデント(Resident) 第140号 (発売日2023年11月10日) の目次

特集●達人から学ぶ循環器病診察の極意~視て・触れて・聴いて~
企画編集/水野 篤

<特集にあたって>

 今回は循環器病の診察についての特集です.循環器領域の身体診察を愛する先生方に熱い原稿をいただきました.本書で基本的な循環器の身体診察を復習することに加えて,各エキスパートの先生方独自の熱いTIPS & TRICKSを紹介していただきたいと考えています.
 循環器の身体診察の基本は視て・触れて・聴いてという3点が基本であり,その基本を押さえつつ,いろいろな先生の独自の方法を御覧になって,より自分に馴染むものを次々に試しているうちに自分流の身体診察方法が開発されていくのだと思います.紙面で伝える限界もありますが,本書はカラーというメリットを用いて,先生方の身体診察
の秘伝の技を惜しみなくご指導いただきます.
 今回はさらにプライマリケア・総合診療の観点からの循環器フィジカルを日本のフィジカル教育リーダーの平島先生に記載していただき,呼吸音という循環器内科医がむしろ少々苦手な範囲を呼吸器内科,なおかつ循環器にも総合診療のマインドを持つ皿谷先生にお願いしております.是非お愉しみください.
 最後に今回の原稿執筆者は日本の循環器Physical examination 講習会というきわめて熱い会を開催している先生方に多く参加していただいています.まだまだ実は熱いメンバーがいらっしゃいます.そのため,今回全員を紹介できずそこは残念ですが,是非年1回の循環器Physical examination 講習会にも顔を出してみてください.一緒に熱い循環器の身体診察を学び,研究してゆきましょう!


<目次>

1.流れるように行う,循環器病診察~一連の流れ~/室生 卓
2.内科医・循環器内科医がどのようにして身体診察能力を向上させ,いかに臨床応用するか/山本正治
3.見た目でわかる,視診の極意~頸静脈以外~/中岡洋子
4.頸静脈を診察したい!~結局熱い,収縮性心膜炎~/林田晃寛
5.触診の極意~心尖拍動と動脈触知~/齊藤 輝,水野 篤
6.聴診の極意~心音の基本と,過剰心音をなんとか聴き分けたい~/柴田 敦
7.聴診の極意~心雑音をなんとか聴き分けたい~/山崎直仁
8.心エコー図との対比で学ぶ心臓診察/阿部幸雄
9.心臓フィジカルの学び方~デジタルコンテンツの活用~/川﨑達也
10.ジェネラリストとスペシャリストの心臓診察の違い・コントラスト~それぞれの役割~/平島 修
11.呼吸器内科からみる循環器疾患~呼吸音も勉強しよう~/皿谷 健

レジデント(Resident)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.00
  • 全てのレビュー: 15件
研修医にオススメです
★★★★☆2020年04月12日 sanamo 医者
研修医2年目です。 同期の先生から見せてもらって、役立つ情報が多かったので、定期購読しました。 わかりやすく、研修医にオススメです。
研修医にオススメです
★★★★☆2020年04月12日 sanamo 医者
研修医2年目です。 同期の先生が読んでいるのを見せてもらい、役立つ内容が多かったので、定期購読しました。研修医にとって、わかりやすく、テーマも的確で、オススメです。
勉強になりました
★★★★☆2019年11月20日 ぽにょ 学生
他の本を読んでいてもよく理解出来なかった部分が掲載されており、とても勉強になりました。
循環器知力薬のはじめの一歩
★★★★☆2018年01月16日 しんや 医者
ありふれた循環器治療薬参考書よりはるかに実践的。
ちょうどよい
★★★★☆2016年08月19日 kyte 医者
分量がちょうどよく、かつ必要なものが書かれている感じがしました。特集も研修医が気になる内容のことが多く、定期購読でも外れがなかったです。レイアウトも読みやすく工夫されていて良いですね。
買ってよかったです
★★★☆☆2015年12月20日 angelinajolie 医者
同期の研修医が購入していて、自分も購入しました。痒い所に手が届く内容ばかりでした。
読みやすい
★★★★★2015年05月17日 つーきち 医者
病院の図書室にあるものを借りて読んでおり、気に入ったものだけ購入しています。研修医が日常診療で引っかかるところを丁寧に、かつ一歩踏み込んで解説しているので、とても役に立っています。内容の濃さの割に手に届きやすい値段なのも評価ポイントです。
見やすくまとまっている
★★★★★2013年10月20日 snow 医者
内容がわかりやすいのはもちろん、表などにわかりやすくまとまっていて、カラフルで見やすいです。興味のある号を購入しています。バックナンバーもいろいろ買いました。
勉強に
★★★★★2013年09月07日 知りたい薬剤師 専門職
薬剤師です。診療がもっとわかるように興味のある号だけ購入しています。レジデントだけあってわかりやすく読みやすいと思います。また、好きな号を見つけて購入します。
わかりやすい
★★★☆☆2012年09月10日 いー 医者
医者1年目ですがわからないことばかりです。いつもかゆいところに手が届き、読むと結構詳しくなれるのでうれしいです。
レビューをさらに表示

レジデント(Resident)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.