Bookbird(ブックバード)日本版の編集長インタビュー

編集長プロフィール

マイティブック
「Bookbird(ブックバード)日本版」編集長 百々佑利子さん

ももゆりこ アメリカ、イギリス在住の経験を生かし、児童文学および伝承文学の翻訳と研究に携わり、神奈川大学(オセアニア研究)、日本女子大学(児童文学)で教鞭をとる。IBBY国際理事、論文審査委員を務める。著書に「児童文学を英語で読む」(岩波ジュニア新書)、訳書に「クシュラの奇跡」(のら書店)など多数。

編集長写真

第36回 Bookbird(ブックバード)日本版 編集長 百々佑利子さん

世界は「子どもの未来」と「言葉」でつくられる

―児童文学を学ぶ人たちにとっては有名な「ブックバード」誌ですが、そもそもどういう経緯で日本で出版されることになったのですか。

百々さんが編集していた「日月」
百々さんが編集していた「日月」

「ブックバード」はIBBY(国際児童図書評議会)が発行している機関誌で、われわれはその日本版を3月に創刊しました。もとはと言えば、IBBYの日本支部であるJBBYの理事会に、マイティブックの松井さんから「子どもの本に詰まっている各国の文化や民族の多彩な背景を多くの人に知ってもらうことは、”子どもの本を通じて国際理解”を理念としているIBBYそしてJBBYの重要な役割、これからの国際化社会で生きる子どもたちに必要な情報だ」と出版のオファーがあったのがきっかけです。
そしてそれが了承されて、日本でも出せるようになったのです。「ブックバード」が英語以外の言語で出版されるのは初めてのことで、それだけ期待されているということでしょう。ここで成功すれば、次は中国、韓国など他国それぞれの言語で出版されていくことになるはずです。
松井さんから編集長のお願いという話をいただいたとき、私のようなものに務まるのかと不安でもありましたが、とにかく彼女の情熱に私は動かされ、引き受けさせていただくことになりました。
私はそれまで、「日月」という大学内で児童文学の研究雑誌はつくったことがありましたが、一般の商業誌は初の試みでした。やりがいはあるのですが、難しいことも承知しています。皆さんとともに考えていければと思っています。

―原書になる英語版の「ブックバード」が創刊された背景にはどんなことがあったのですか。

英語版の原書
英語版の原書

第二次世界大戦が終わって、もう二度とこのようなことが起きないようにと、各分野からいろんな試みが起こりました。そのなかに、子供たちに心の糧となる本を届けようという試みがありました。イエラ・レップマンという人が始めた運動なのですが、そのネットワークが「ブックバード」の発行母体になるIBBYになり、現在は72カ国が参加する組織になったのです。
レップマンの考えは、物語を通じて異文化に接することで、世界中どこの子供も同じ気持ちが理解できるようになればいいということです。同じように喜び、同じように悲しみ、そんな気持ちを共有できれば、争いごとも少なくなるのではということですね。

―「ブックバード日本版」にはJBBYから予算がつくんですか。

マイティブック代表の松井さんの感動的なデスク周り
マイティブック代表の松井さんの感動的なデスク周り

いえ、JBBYは人的な協力は大変良くしてくれますが、児童文学の団体とは、なぜかいつの時代も貧乏なものなのです。商業ベースではマイティブックが独自に展開していくことになります。
マイティブックは松井さんが子供の本をつくりたいということで立ち上げた会社で、もともと彼女も大手の出版社で働いていた経験のある人です。 ただ、この手の編集はやはりなかなか大変なようで、そこで私にお声がけいただいたということです。
そういう背景ですので、私も、巻頭に書きましたように、「志高く」をモットーに編集していきたいと思っています。でないと創刊した意味がありませんからね(笑)。

―読者はどういった人たちになるのでしょうか。

まずは専門家、つまり児童文学の研究者やそれに関わっている人たちだろうと思います。それと同時に一般の読者、それも子供がいたり子供が好きだったり、また児童文学の愛好者ですね。子供と教育と国際問題への意識を子どもの本の中で共有できる「共感購入」をしていただける方になると思います。
部数はそれほど多くは刷れませんが、図書館などにも販売していきますし、富士山マガジンサービスさんの定期購読でもお世話になっています。

―創刊されてみて、反響はいかがですか。

おおむねいい評価をいただいています。同時に専門家の方々からは、文字の表記についての指摘を受けたりもしています。とくに創刊号の特集が「アラブの児童文学を考える」でしたから、言葉の日本語表記が難しかったですね。
でもアラブ世界は物語の宝庫なんです。最初にアラブ世界をやったのは、とくに狙いがあったわけではなく、たまたまそのときの英語版がそうだったということだけなのですが。

―私も巻頭のイブディサム・バラカトさんの「哀悼の40日」を読んで、父から子へ受け継がれる物語の濃厚さに、涙が出そうになりました。

イブティサム・バカルトのエッセイと著書
イブティサム・バカルトのエッセイと著書

深いし、すばらしいものが多いんです。それにヨーロッパ、中国に影響を与えたり、与えられたり。そんなことも新しい発見として読んでもらえたらうれしいですね。
物語って唯一人間だけが語り継ぐことのできるもので、とくに神話や伝承文学というのは、長い歴史を生き延びながら受け継がれてきたもので、雄大だし、人間の普遍的なテーマを網羅していますね。人間って昔もいまもそんなに変わらない。悲しいときには泣き、うれしいと喜び、親子の諍いがあったり・・・。

―日本版には編集権というのはどのくらいあるものなのですか。

いくつかの会社が同居するオフィス内に編集部はある
いくつかの会社が同居するオフィス内に編集部はある
編集部風景。現場を仕切る西川さん
編集部風景。現場を仕切る西川さん

基本的には送られてくる原書をしっかり翻訳して載せるということです。でもデザインを組みかえたり、見出しを読みやすくしたりとかマイナーチャンジはこちらでやります。で、日本のオリジナル編集ページとして、「本のつばさ」というものを巻末に用意しました。創刊号ではブックバードの歴史を島多代JBBY会長に寄稿していただいたり、初の民間人校長である藤原和博さんのインタビューがあったり、東京中野区の啓明小学校の図書館レポートを入れたりしています。
このコーナーは、日本の子供の姿が見える、ということを大切に考えて編集しています。次号では、東京子ども図書館の松岡理事長に寄稿いただき、元NHKアナの山根基世さんにインタビューしています。幼稚園の活動報告などもあります。 同時にこの「本のつばさ」は英語に訳し、有料のweb雑誌 として、世界の皆様に見ていただけるようにもし、7月1日より富士山マガジンサービスで発売を開始していきます。

―子供たちの読者環境はどうですか。ゲームやらマンガやら、いろんな娯楽に囲まれていますから、なかなか本をしっかり読むというのも難しいのではないですか。

よく活字離れといいますが、そうじゃないんです。むしろ、そこまでもいってない、というほうが正しいんです。ビデオやゲームに親しむのと同じように、活字に親しんでくれさえすれば、その楽しさは伝わるはずなんです。でもその活字の楽しさを伝える以前で止まっているのが現状ではないでしょうか。
子供って親が好きなものを自分も好きになる傾向がありますよね。だから、やはりそこは親が意識的に活字の魅力を伝えるようにしてあげないと難しいのでしょう。いったんその魅力に気づいてくれたら、それはビデオやゲームと同じく楽しいものになるはずなんです。
ゲームなどの弊害を説く医者や、風潮を嘆くマスコミも、議論が子供たちそっちのけなんですよ。
私は、地味かもしれないけど、親が子のことを一生懸命考えているんだよ、という働きかけをもっとしなければと思っています。ひとりでも多くの子供が、読書の喜び、物語の楽しさ、それを伝える活字やイラストなどの魅力に気づいてくれることを願って、残りわずかな人生をそれにかけるつもりです(笑)。

―百々さんはいつごろから児童文学の世界に魅かれていったのですか。

子供のころから読書は好きで、アンデルセン、宮沢賢治は大好きでした。たくさん本がある家でしたので、読む本には困りませんでしたが、中学になって斉藤先生という方から、文の書き方、朗読の仕方を教わるなかで、だんだん興味が高まっていきました。 大学は国文科希望でしたが、終戦後でもあったことから英語を学べと言われて英文科に行きました。そこから本格的にその世界に入っていったようです。
でも一番やりたかったのは伝承文学で、いまでも古事記などを読むと、物語が本当に壮大で雄大で、感動してしまいます。
伝承文学や神話は、文部科学省も指導要綱で積極的に取りいれていくことを推奨しています。これらは実はアイデイアの宝庫で、それがアニメやビデオ作品、ゲームなどに生かされているんですよね。そのへんを分かってもらえると、若い人ももっと古い物語との距離が縮まるのではと思っています。
「本のつばさ」では、若い人たちの積極的な投稿も呼びかけていますよ。後日英語に訳したWeb雑誌になりますので、世界に向けた日本の児童文学への意見を発信してもらいたいです。
とにかく、近頃は何でも短期決戦でやらなきゃといった風潮ですが、それではあまりに薄っぺらです。子供はわれわれの未来そのものなんです。その未来をわれわれはちゃんと育てないと。
人間だけが物語を語り受け継いでいける存在なんです。神話や伝承文学がそうであるかのように、ゆっくり長い時間のなかで受け継いだものに学びながらまたそれを次の世代に継承していく。これこそがまさに人間らしいことだと思います。

編集長の愛読誌

(2010年5月)

取材後記
宗教学者の中沢新一さんが書かれた本に「アースダイバー」というものがあります。東京の街の下に眠る神話的な世界を浮かび上がらせ、イメージの力によって現代と重ね合わせるような、実に深い示唆に富んだ本で、ベストセラーになりました。
太古の昔から脈々と受け継がれてきた物語は、まさに地下水脈のように、われわれの深い部分を流れ、その流れにわれわれは様々な影響を受けているようです。
わたしも幼少のみぎり、母の白き胸に抱かれながらバルザックを耽溺した記憶が蘇ってきました(嘘)。
百々(モモ)さんは、大学で児童文学を教えておられ、神話や伝承文革のもつ根源的な力を何度も口にされました。これこそが人間を人間たらしめているのだと。だからこそ子供のころにしっかりした物語の読書体験が重要なのだと。
「モモ」という名前で、児童文学者だときくと、これはミヒャエル・エンデの作品かな、と思います。たずねてみるとやはり「モモ」はペンネームでした。時間の余裕を忘れた現代人への警鐘だった「モモ」の物語。百々さんの仕事も「モモ」のそれと重なります。
あ、コンプレックスのかたまりだったアンデルセンの話を聞こうと思って時間切れに。どうも時間に余裕がなくて(笑)。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

Bookbird(ブックバード)日本版の商品詳細

日本から世界へ発信! 児童文学に関する「論文」「エッセイ」など、編集部まで投稿ください!
国際アンデルセン賞など、「子どもの本を通じての国際理解」に取り組むIBBY(国際児童図書評議会)の機関誌『Bookbird』は、1963年に創刊し、現在世界72カ国に届けられています。『ブックバード日本版』は世界ではじめての翻訳版です。独自の記事も加わり、より充実した内容でお届けいたします! また、児童文学に関する「論文」「エッセイ」をはじめ、「イラスト」「お話」「詩」などの創作も募集しています。読みものの枠をこえ、日本のアイデンティティを世界へ発信する場としてもご活用ください!

Bookbird(ブックバード)日本版の無料サンプル

435778
創刊準備号 (2009年12月01日発売)
創刊準備号 (2009年12月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Bookbird(ブックバード)日本版を買った人はこんな雑誌も買っています!

健康・生活 雑誌の売上ランキング

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌