あなたも東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?定期購読・バックナンバー最新号も購入できます!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
東京人のレビューを投稿する

東京人の内容

都市を味わい、都市を批評し、都市を創る
「東京人 Tokyo-jin」とはあるものではなく、なるものである。東京で生まれ暮らす人はもちろんのこと、日本各地から、世界各国からやってきて、学んだり仕事をしたりしている人はみな「東京人」。月刊「東京人」では、東京を舞台に生きるヒト”東京人”のあり方を模索し、彼らが創り上げていく歴史・文化・風俗・建築物・文学・風景など東京という舞台が生み出す様々な事象を、毎号の特集で探っていきます。あなたも月刊「東京人」で、東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?

東京人の商品情報

商品名
東京人
出版社
都市出版
発行間隔
月刊
発売日
毎月3日
サイズ
B5判
参考価格
[紙版]1,051円 [デジタル版]860円

東京人 478 (発売日2024年03月01日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
東京人2024年4月号 特集「まちに響け! クラシック」

表紙写真・ラ・フォル・ジュルネTOKYOエリアコンサート KITTE 1階アトリウム。2023年5月5日撮影
※掲載情報は、2024年3月1日現在のものです。延期・中止・休館・時間変更などの可能性もございますので、詳しくはホームページなどでご確認ください。

文・髙瀬文人、小室敬幸、飯田有抄、井内美香、大倉麻由、加藤浩子、香原斗志、金丸裕子、鈴木淳史、野々山順子、原典子、三上美絵、吉田千春
写真・泉大悟、渡邉茂樹、尾田信介

april 2024 no.478
contents

12
石井琢磨(ピアニスト) ストリートピアノは、クラシック音楽への開かれた扉
 文・大谷隆之、写真・竹之内祐幸

16
江戸の絵巻に耳をすませば 文・大石始

22
[座談会]
沖澤のどか(京都市交響楽団常任指揮者)×加藤昌則(作曲家、ピアニスト)×林田直樹(音楽評論家、司会)
 クラシックと「地元愛」 

28
[Be Phil オーケストラ ジャパン]ベルリン・フィルとアマチュア奏者の熱い5日間

32
藤井隆太(龍角散代表取締役社長、フルート奏者) 経営も音楽もオリジナリティを

34
広上淳一(指揮者) 音楽はまちに何ができるか マエストロは髯に「あかし」を立てる

36
向井 航(作曲家) アクティビズムとまちと音楽 アートな主張で、社会に訴える!

38
東京・春・音楽祭2024 春は上野の「ハルサイ」へ! 甲斐栄次郎(バリトン歌手)

40
ラ・フォル・ジュルネTOKYOと三菱地所のまちづくり

44
まちの音楽祭 
[調布]調布国際音楽祭 [荻窪]荻窪音楽祭 [赤坂]ARK Hills Music Week [日比谷]Hibiya Festival [池袋]Tokyo Music Evening Yube(ユーベ) [立川]立川いったい音楽まつり

50
[座談会]
立川市民オペラ30年の秘密 市民オペラの歌声が、われらのまちにこだまする 
 宮﨑京子(ソブラノ歌手、立川市民オペラ制作プロデューサー)×
 石田麻子(昭和音楽大学教授)×
 岡崎未侑(立川市地域文化振興財団)

56
[東京文化会館] 音楽監督(野平一郎) 
58
[東京芸術劇場] 
60
[新国立劇場 オペラパレス] 朝岡聡(フリーアナウンサー、コンサートソムリエ) 
62
[サントリーホール] ジュゼッペ・サッバティーニ(サントリーホール オペラ・アカデミー エグゼクティブ・ファカルティ)
64
[小金井 宮地楽器ホール] 
66
[ヤマハホール] 
68
[ミューザ川崎シンフォニーホール] 原田慶太楼(指揮者) 
72
横浜みなとみらいホール 

74
川井正行(音響設計者) 
いい音とは、いい席とは何か 音響設計者が愛好するベストホール3選 

79
[座談会]
なぜ、音は楽しいのか? あなたにも音楽が作れる 
 松岡あさひ(作曲家)×
 坂本夏樹(「おとみっく」代表)×
 小室敬幸(音楽ライター)

84
新生「レコード芸術」オンライン版で復活か? 老舗音楽雑誌の挑戦が始まる! 
音楽之友社、ウェブ戦略に未来を賭ける 

87
日本のクラシック、インディーズレーベルの担い手たち 文・麻倉怜士

90
最高のオーディオ機器で聴き比べ

96
塩澤菜美(ヴァイオリニスト)
 いま! 音楽を生きる ヴァイオリニストと母、ふたつの人生を重ねて 

97
宇賀田紗羅(音楽プロデューサー)
 奏者からプロデューサーへ。めざすのは新しいクラシック

98
織田弘樹(アマチュアユーフォニアム奏者)
 ユーフォは相棒、柔らかな音色に魅せられて

99
タワーレコード渋谷店 CLASSIC専門フロアがリニューアル!

100
[対談]
『響け! ユーフォニアム』が描く「苦悩」の真実
 武田綾乃(作家)×
 漆畑奈月(吹奏楽ジャーナリスト) 

--------- --------- --------- --------- ---------
3
電車凸凹風景 (5) 御茶ノ水駅 溪谷にこだまするスキール音 絵、文・小川真二郎

4
東京空撮案内 (28) 都立井の頭線恩賜公園 写真、文・吉永陽一

9,10,11
[東京点画]
鈴木るりか「春の怪談」
奥野克巳「人類学者がYouTubeを始めるわけ」
三文字昌也「流動し続ける都市」

106
曇天記(186) まだき春ありこゝのところに 文・堀江敏幸、写真・鈴木理策

108
赤坂歴史散歩 (48)最終回 今宵ホッピーをこの店で!
 赤坂津つ井 箸で楽しむにっぽんの洋食 文・後藤隆基

110
虎ノ門ヒルズ グローバルビジネスセンターの全貌 
加藤昌樹(森ビル 都市開発本部 計画企画部) ステーションタワーの完成で、いよいよ街がひとつに

112
吉田誠(森ビル 営業本部 商業施設事業部) 食がコミュニケーション、イノベーションの起点に 

116
[単発読み物]東京都庭園美術館開館四十周年記念 
 朝香宮夫妻の理想が詰まったアール・デコの館 文・浦島茂世

124
[単発読み物]伝説のギャラリスト 実川暢宏の回想 
 「自由が丘画廊」は現代美術のサロンだった 文・金丸裕子

142
東京つれづれ日誌 (166) 水と生きる町、久留里 文・川本三郎 142


132
[Close up TOKYO]Interview 
三菱地所株式会社 内神田一丁目計画(仮称)
134
Books 本 湯原法史(編集者)
136
Books 本 河合香織(ノンフィクション作家)
137
今月の東京本
138
Culture 映画・美術・舞台・古典芸能
140
City 街 東京ネットワーク


114
バックナンバー
115
年間購読
146
編集後記、次号予告、読者チケットプレゼント応募方法

特集「まちに響け! クラシック」
広場で、屋上で、オフィスビルやショッピングモールの一角で……
まちの音楽祭からアマチュアの活動まで、
クラシックの裾野を広げるさまざまな取り組みに再注目! 

月刊「東京人Tokyo-jin(とうきょうじん)」は1986年に、〈都市を味わい、都市を批評し、都市 を創る〉をキャッチフレーズに、新機軸の都会派総合誌として誕生しました。
月刊「東京人」では、 東京を舞台に生きるヒト《東京人》のあり方を模索し、彼らが創り上げていく歴史・文化・風俗・建築物・文学・風景など「東京」という舞台が生み出すさまざまな事象を、毎号の特集で探っていきます。



【AD】
電車凸凹風景 (5) 御茶ノ水駅 溪谷にこだまするスキール音 絵、文・小川真二郎
東京空撮案内 (28) 都立井の頭線恩賜公園 写真、文・吉永陽一
april 2024 no.478 contents
【AD】
[東京点画]鈴木るりか「春の怪談」
[東京点画]奥野克巳「人類学者がYouTubeを始めるわけ」
[東京点画]三文字昌也「流動し続ける都市」
特集 まちに響け! クラシック / 石井琢磨(ピアニスト) ストリートピアノは、クラシック音楽への開かれた扉 文・大谷隆之、写真・竹之内祐幸
江戸の絵巻に耳をすませば 文・大石始
[座談会]沖澤のどか(京都市交響楽団常任指揮者)×加藤昌則(作曲家、ピアニスト)×林田直樹(音楽評論家、司会) クラシックと「地元愛」
[Be Phil オーケストラ ジャパン]ベルリン・フィルとアマチュア奏者の熱い5日間
藤井隆太(龍角散代表取締役社長、フルート奏者) 経営も音楽もオリジナリティを
広上淳一(指揮者) 音楽はまちに何ができるか マエストロは髯に「あかし」を立てる
向井 航(作曲家) アクティビズムとまちと音楽 アートな主張で、社会に訴える!
東京・春・音楽祭2024 春は上野の「ハルサイ」へ! 甲斐栄次郎(バリトン歌手)
ラ・フォル・ジュルネTOKYOと三菱地所のまちづくり
【AD】
まちの音楽祭 [調布]調布国際音楽祭 [荻窪]荻窪音楽祭 [赤坂]ARK Hills Music Week [日比谷]Hibiya Festival [池袋]Tokyo Music Evening Yube(ユーベ) [立川]立川いったい音楽まつり
[座談会]宮﨑京子(ソブラノ歌手、立川市民オペラ制作プロデューサー)×石田麻子(昭和音楽大学教授)×岡崎未侑(立川市地域文化振興財団) 立川市民オペラ30年の秘密 市民オペラの歌声が、われらのまちにこだまする
[東京文化会館] 音楽監督(野平一郎) 
[東京芸術劇場] 
[新国立劇場 オペラパレス] 朝岡聡(フリーアナウンサー、コンサートソムリエ) 
[サントリーホール] ジュゼッペ・サッバティーニ(サントリーホール オペラ・アカデミー エグゼクティブ・ファカルティ)
[小金井 宮地楽器ホール] 
[ヤマハホール] 
[ミューザ川崎シンフォニーホール] 原田慶太楼(指揮者) 
【AD】
[横浜みなとみらいホール] 
【AD】
川井正行(音響設計者) いい音とは、いい席とは何か 音響設計者が愛好するベストホール3選
【AD】
[座談会]松岡あさひ(作曲家)×坂本夏樹(「おとみっく」代表)×小室敬幸(音楽ライター) なぜ、音は楽しいのか? あなたにも音楽が作れる 
【AD】
新生「レコード芸術」オンライン版で復活か? 老舗音楽雑誌の挑戦が始まる! 音楽之友社、ウェブ戦略に未来を賭ける 
【AD】
日本のクラシック、インディーズレーベルの担い手たち
最高のオーディオ機器で聴き比べ
塩澤菜美(ヴァイオリニスト) いま! 音楽を生きる ヴァイオリニストと母、ふたつの人生を重ねて 
宇賀田紗羅(音楽プロデューサー) 奏者からプロデューサーへ。めざすのは新しいクラシック
織田弘樹(アマチュアユーフォニアム奏者) ユーフォは相棒、柔らかな音色に魅せられて
タワーレコード渋谷店 CLASSIC専門フロアがリニューアル!
[対談]武田綾乃(作家)×漆畑奈月(吹奏楽ジャーナリスト) 『響け! ユーフォニアム』が描く「苦悩」の真実
東京人の増刊号
曇天記(186) まだき春ありこゝのところに 文・堀江敏幸、写真・鈴木理策
赤坂歴史散歩 (48)最終回 今宵ホッピーをこの店で! 赤坂津つ井 箸で楽しむにっぽんの洋食 文・後藤隆基
虎ノ門ヒルズ グローバルビジネスセンターの全貌 加藤昌樹(森ビル 都市開発本部 計画企画部) ステーションタワーの完成で、いよいよ街がひとつに
吉田誠(森ビル 営業本部 商業施設事業部) 食がコミュニケーション、イノベーションの起点に 
「東京人」バックナンバー 
年間購読 
[単発読み物]東京都庭園美術館開館四十周年記念 朝香宮夫妻の理想が詰まったアール・デコの館 文・浦島茂世
[単発読み物]伝説のギャラリスト 実川暢宏の回想 「自由が丘画廊」は現代美術のサロンだった 文・金丸裕子
[Close up TOKYO]Interview 三菱地所株式会社 内神田一丁目計画(仮称)
Books 本 湯原法史(編集者)
Books 本 河合香織(ノンフィクション作家)
今月の東京本
Culture 映画・美術・舞台・古典芸能
City 街 東京ネットワーク
東京つれづれ日誌 (166) 水と生きる町、久留里 文・川本三郎 142
編集後記、次号予告 読者チケットプレゼント応募方法
【AD】
裏表紙

東京人の目次配信サービス

東京人最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

東京人のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.66
  • 全てのレビュー: 32件
ようやく重い腰をあげて
★★★★★2022年10月28日 きんきん 自営業
ほぼ毎月書店の少ない入荷量を争って購入していたが、ようやく重い腰を上げて定期購読。社会インフラ系の雑誌が少ないななか気軽に読める1冊です。けれど編集する方は大変かな。
他の雑誌では見られないマニアックな東京情報
★★★★★2021年07月28日 こんちゃん 会社員
他の雑誌ではなかなかお目にかかれない、ディープなテーマが扱われていて毎号楽しみにしています。
新しい発見が必ずある!
★★★★★2021年05月24日 コーゴ 公務員
職場で、職場のものとして定期購読していたのですが、情報量が多く、非常に興味深い記事が多くて、持ち歩きたくなってきたので、個人的にも購読を始めました。地理・地学的な話題から歴史や文学などが総合されたこの本で、今まで自分には興味なかった分野も急激に興味深いものに変わるのを感じています。例えば4月号のシティ・ポップが生まれたまちは、昭和40年代生まれの自分では忘れていた興味が蘇り、とても満足しています。毎月の発売が待ち遠しいです。
切り口の妙
★★★★☆2021年05月04日 しのしの パート
毎号様々な切り口から東京という都市を紐解いてくれる読み応えのある雑誌。ハマる人はハマる。好きなテーマのときに買って、バックナンバーも買って、気がついたら毎月買っている。コロナ禍緊急事態宣言で置いてある書店が軒並み休業で手に入らず、いよいよ定期購読に踏み切る決断をした。
林家正蔵の「4時からの悦楽」は、コロナ禍に合ったのみスタイル!
★★★★★2021年03月29日 体育会系ホテルマン 社長
林家正蔵師匠の「ちょいとごめんなさいよ”4時からの悦楽”」は、私にとって、東京人のもう一つの楽しみです。毎号紹介されたお店に家内と訪問しております。 お店の選択が、普通のグルメ探訪記と違い、いかにも正蔵師匠らしい、渋くて如何にも下町の庶民感覚で親しみが持てます。例えば、きっと師匠が子供のころにおばあ様やお母様に連れてこられたんだろう情景が目に浮かび、引き込まれてしまいます。以前は、”4時から・・・”なんて不謹慎だと思っていた頃もありましたが、今、まさにこれこそが、新しい生活様式なわけで、大いに先見の明もあったのですね。
真夜中のドア
★★★★★2021年03月09日 nao 会社員
youtubeで真夜中のドアが世界中で今、人気になっているのを観て驚いた。雑誌、東京人がこの70-80年代のシティポップをいち早く特集してくれる。これは買いです!
階段がテーマ!
★★★★★2021年02月05日 ゆ 会社員
階段の写真を撮るのが好きで、特集を待ちに待っていました。買ってよかったです!
毎日が楽しくなるヒント集
★★★★★2021年01月31日 ねじりぱん 会社員
東京都心部に在住ですが、この雑誌で得る知識のおかげで日常に深みがでることに気がつきました。もっと早くから読んでおけばよかった!定期購読を申し込むことにしました!
見どころ満載
★★★★★2020年11月06日 しんちゃん 会社員
東京生まれの私も気が付かなかった東京の良さが満載。コロナ禍が早くおさまり、以前のように安心して東京見物ができるようになることを願っています。
中身の詰まった雑誌
★★★★☆2020年04月03日 Kana パート
今はなき閉店された喫茶店の写真の見がいがあります。
レビューをさらに表示

東京人の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.