美術屋・百兵衛 発売日・バックナンバー

全58件中 46 〜 58 件を表示
509円
● 特集:徳島文化考
・ 瀬戸内寂聴 百兵衛インタビュー
・ 画家・山下菊二 鋭い視線で社会を切り取る
・ 踊る阿呆に見る阿呆 阿波おどり
・ 風土が育んだ美術家たち
・ 鳴門で楽しむ西洋の名画 大塚国際美術館
・ 文化の森に立つ 徳島県立近代美術館
・ 西祖谷 日本の原風景を尋ねて
・ とくしま味めぐり

● 百兵衛の眼(全国美術情報)
・ 森村泰昌アートファイル「露地庵先生の美術語辞典その6」
・ 写真のすべて(後編)「プロの撮影」
・ 展覧会へ行こう/束芋 断面の世代、ほか
・ 美術館のレストラン menu:14 日本料理 一扇(直島ベネッセハウス)
・ 瀬戸内国際芸術祭2010
・ 美術館&ギャラリーMAP(東京、名古屋、京都、大阪、神戸)
・ Preview & News
509円
● 特集:新潟文化考
・ 越後のミケランジェロ・石川雲蝶
・ 風土が育んだ美術家たち
・ 新潟、2つの県立美術館
・ 佐渡 豊かな自然と文化のある宝島
・ 癒しの湯(新潟の温泉)
・ 良寛さんと生地・出雲崎
・ むかしのにいがた みる、きく、まなぶ。
・ 自然が育んだ豊かな食


● 百兵衛の眼(全国美術情報)
・ 森村泰昌アートファイル「露地庵先生の美術語辞典その4」
・ 写真のすべて(前編)「カメラの歴史」
・ 展覧会へ行こう/西洋絵画の巨匠たち、オルセー美術館展2010ほか
・ 美術館のレストラン menu:13 アクアマーレ(横須賀美術館)
・ 関西ギャラリー再発見
・ 美術館&ギャラリーMAP(東京、名古屋、京都、大阪、神戸)
・ Review, Preview & News

509円
● 特集:奈良文化考
・ 愛する大和路を撮り続けた写真家・入江泰吉
・ 風土が育んだ美術家たち
・ 平城京を振り返る 平城遷都1300年祭
・ 奈良国立博物館 —古都の文化財を守る博物館—
・ 奈良、歴史の舞台を訪ねる
・ いち早く春を告げる奈良の風物詩
・ ならまちそぞろ歩き
・ 書 —文字で表現する芸術の世界—

● 百兵衛の眼(全国美術情報)
・ 森村泰昌アートファイル「露地庵先生の美術語辞典その4」
・ ル・サロンへの道
・ 展覧会へ行こう/ルノワール 芸術と革新、没後400年長谷川等伯ほか
・ 美術館のレストラン menu:12 ヴォワ・ラクテ
・ 関西ギャラリー再発見
・ 美術館&ギャラリーMAP(東京、名古屋、京都、大阪、神戸)
・ Review, Preview & News
509円
【青森特集】

■世界が認めた不世出の板画家『棟方志功』
・棟方志功の生涯と作品
・柳宗悦との出会い
・「善知鳥」で念願の文展特選に輝く
・棟方志功が描いた青森とは?

■温泉天国「青森」
・不老ふ死温泉
・酸ヶ湯温泉
・青荷温泉
・大鰐(おおわに)温泉
・浅虫温泉

■古代と現代をつなぐ2つの館『縄文時遊館』と『青森県立美術館』
・日本史の教科書を変えた三内丸山遺跡
・縄文の丘「三内まほろばパーク」
・2006年7月に開館した、青森県の芸術文化の発信地『青森県立美術館』
・発掘現場を思わせる幾何学的な造形建築

・青森県ゆかりの作品を展示・収集する

■青森県の風土が育んだ美術家たち

■ガラス造形作家『石橋忠三郎』
・個性溢れる作品の数々
・ガラス工房「スターブリッジ」

■弘前:『洋館』と『フランス料理』
・旧弘前市立図書館
・ミニチュア建造物
・レストラン山崎

■生誕100年『太宰治と美術』
・少年時代の太宰治
・自らも筆をとった太宰治の作品
・生家「斜陽館」
・太宰など郷土の文学者を紹介する青森近代文学館

■青森県の祭り『豪放磊落』
・ねぷたまつり
・立佞武多祭り
509円
【広島特集】
■画家「靉光」の38年間の日々
・『眼のある風景』を代表とする、戦場に散った広島県出身の「靉光」の作品と生涯
・苦悩と試行錯誤
・日本の「シュルレアリスム」
・3つの自画像「眼のある風景」

■市電でめぐる『広島の美術館』
・縮景園前駅『広島県立美術館』
・紙屋町西前・紙屋町東駅『ひろしま美術館』
・比冶山下駅『広島市現代美術館』
・草津南駅『泉美術館』
・市民の足として親しまれる路面電車「ひろでん」とは?

■ふたつの世界遺産『原爆ドームと厳島神社』
『原爆ドーム』
・広島県産業奨励館から原爆ドームへ
・世界文化遺産へのあゆみ
・平和記念公園
・広島平和記念資料館

『厳島神社』
・海上の神殿『厳島神社』とは?
・世界文化遺産へ
・清盛・秀吉たちの夢の跡
・この夏、注目の厳島神社祭事を紹介

■映画作家「大林宣彦」氏の独占インタビュー
・71歳の新人監督、ふるさと広島・尾道を語る
・映画『HOUSE/ハウス』について
・広島の文化とは?

■郷愁のまち『尾道としまなみ海道』
・尾道の歴史・文化・美術館

■筆の都~熊野町~
・筆作りの様々な工程

【百兵衛の眼】
■やきものの見方
・やきもの4種類
・かたちを楽しむ
・技法を楽しむ
・釉薬(釉薬とは何か?)
・地方別やきもの
・美術館情報

■展覧会へ行こう1『写楽幻の肉筆画展』

■展覧会へ行こう2『だまし絵展』

■2009年夏のアートイベント

■美術館レストラン『Vert et Blancher』(水戸芸術館内)
509円
【千葉文化考】

■洋画の先駆者『浅井忠』のその生涯と画業の変遷
・1856年江戸木挽町に生まれ、1907年に死去。
・洋画家、従軍画家、フランス留学時代、教育者、図案家としての浅井忠の歴史が分かる。

■蘭学文化の城下町『佐倉市』。歴史、自然、文化の町を歩いてみませんか?
・「西の長崎、東の佐倉」。
・祭儀の佐倉藩主堀田正倫の【旧堀田邸】の暮らし。
・佐倉武士の生活様式が見える【武家屋敷】。
・日本の歴史と文化に出会える【国立歴史民俗博物館】。

■「見返り美人」の浮世絵絵師『菱川師宣』
・切手の図案として有名な「見返り美人」の作者。
・文章の引き立て役でしかなかった絵を、「浮世絵」という主役の位置に引き上げた天才の彼が分かる。

■北斎の波の原点『波の伊八』こと、武志伊八郎信由
・波を彫らせたら日本一と呼ばれた彼の生涯。
・全国各地の腕に自信がある彫師でさえ「関東に行ったら波を彫るな」と言わしめたその実力と技。

■花を愛でる千葉の南房総『花料理』
・地元花農家の協力で生まれた華やかな味覚

【百兵衛の眼】

■日本画のいろは
■美術館のレストラン『LE JARDIN』
■展覧会へ行こう
509円
【愛知文化考】

■『20世紀少年』のロケ地に愛知を選んだワケ。映画監督「堤幸彦」の独占インタビュー!
・累計発行部数2500万部超のベストセラーコミック。
・愛知県(名古屋)出身の堤監督が愛知について語る。
・『20世紀少年』と『愛知県』

■愛知が生んだ日本画の巨匠「川合玉堂」の歴史
・日本の自然と人々の暮らしを愛した画家
・生誕地で名作に出会う【玉堂記念木曽川図書館】
・東京にある【玉堂美術館】

■愛知の三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)のそれぞれの人生を振り返る
・織田信長
・豊臣秀吉
・徳川家康
・三英傑ゆかりの品々を伝える【徳川美術館】
・名古屋祭り

■三河・佐久島アートプラン21
・地域活性化事業『祭りとアート』に密着
・人々や文化と出会う~祭り、交流~
・作品やその作家と出会う~アートプラグラム、ワークショップ~

【百兵衛の眼】

■色鮮やかな切り絵で、純粋な感情を表現する『児玉清』の独占インタビュー
・俳優、司会者として有名な児玉清さん。もうひとつの顔として『切り絵作家』である。
・切り絵との出会いは?
・児玉清さんにとっての切り絵の魅力とは?
・これからの活動は?

■展覧会に行こう
■アートフェア東京2009
■美術館のレストラン『ラ・シェネガ』
509円
【宮崎特集】
■宮崎県知事『東国原知事』に独占誌上インタビュー≪日向国の魅力≫
・宮崎県には、郷土芸能が700、民謡が300も受け継がれている。
・お勧めの文化スポットは?
・注目のスポットやイベントは?
・秋の味覚は?
・もしかすると知事に会えるかも・・・『宮崎県庁ツアー』
■宮崎が生んだ前衛の先駆者『瑛九』の生涯と歴史
・フォト・デッサン、版画(エッジ、リトグラフ)、油彩画などの分野の前衛美術の先駆者
・アヴァンギャルド&フォト・デッサンについて
・リトグラフ、エッチング
・抽象画
・地域に密着した独自の活動
■池田満寿夫が認めた才能『柏木賢造』
・1986年「池田満寿夫が選んだ若き作家たち」展でデビュー。
・師・池田満寿夫の柏木に対する想い
・柏木賢造のアート世界
■宮崎のスピリチュアルスポット

【百兵衛の眼】

■関西唯一の現代美術のアートフェア

■『源氏物語』1000年の歴史
・歴史上への登場から1000年にあたる、『源氏物語』にまつわるイベントと展覧会

■展覧会へ行こうシリーズ

■モナコの写真家『クリスチャン・ジョルダン』氏の日本美術を語る

■美術館レストラン『リストランテ・フェニーチェ』(薩摩伝承館内)
509円
【山口特集】
■雪舟はお好きか?『雪舟の面影を訪ねて』
・雪舟ってどんな人?
・『山水長巻』にモデルはあるのか?
・雪舟は四季をどう描いたのか?
・どこの風景を描いたのか?
・雪舟自らの手による売り込み用のカタログだった!?
■俳優・画家『片岡鶴太郎』独占インタビュー
・ゆかり深い山口県について。
・『鶴太郎、画聖・雪舟の歌を聴く』。
・40~60歳から絵を始めようと思っている方へのアドバイス。
■萩焼と幕末・維新期に活躍した志士を育てた町
・「萩の七化け」という言葉があるほどの、萩焼の特徴とは?
・萩焼の歴史。
■長門が生んだ童謡詩人『金子みすゞ』
■山口のその豊かな海の恵み
≪河豚、鯨、鱧、烏賊≫

【百兵衛の眼】
■対決!!巨匠たちの日本美術
・2008年7月東京国立博物館で開催。
■展覧会へ行こう
■美術館レストラン『エルミタージュ・ドゥ・タムラ』(メルシャン軽井沢美術館)
■日本画家「郷倉和子」
・自然観に基づく、秩序ある心の風景を描く。
509円
【大阪特集】
■建築家『安藤忠雄』の独占インタビュー。≪「大阪」の街について語る≫
・安藤氏が手掛けた数々の建築物
・世界中で建築した中で、一番印象に残ったお仕事は?
・最近の大阪について感じる事は?

■EXPO’70 日本万国博覧会
・1970年の大阪で掲げられた、希望に満ちあふれるテーマ『人類の進歩と調和』
・後に活躍するアーティスト達がいた万博
・人々は万博で夢(未来)の生活に遭遇した
・万博記念公園と季節イベント
・万博ミュージアム

■美術家『森村泰昌』の独占インタビュー
・1985年自らがゴッホの自画像になる写真作品「肖像(ゴッホ)」を発表。・JR鶴橋駅近くの高架下にある秘密基地を訪れ、大阪の街が与えた影響について聞いた。
・作品を創る上でのアイデアについて

■難波宮時代から現代『大坂・上町台地探訪』
・大坂は海だった!?
・大坂・歴史のはじまり『難波宮』
・住吉大社
・四天王寺
・大坂本願寺
・城下町・天下の台所

■大阪・立ち呑み文化考
・大阪固有の立ち呑み文化というイメージが定着しているのはなぜか?

【百兵衛の眼】

■第105回『有田陶器市』
・お気に入りの器との、新鮮な出会いがここにはある

■展覧会へ行こう

■美術館レストラン『カフェレストランLYS』(箱根ラリック美術館)
509円
【神奈川特集】
■『横濱≪文明開化のあけぼの≫』
・人々の暮らしを大きく変えた明かり『ガス灯』
・かわら版から近代メディアへ『日刊新聞』
・苦くて薬のごとく不味し『麦酒』
・紳士淑女の社交の場としての『洋式競馬』
・日本で本格的に乗客を乗せた『鉄道』
■『石坂浩二』独占インタービュー『横浜文化を語る
』・画家としても有名な俳優の石坂浩二氏。
・1986年にオープンした、国際観光文化施設『横浜人形の家』の館長でもある。
・『横浜人形の家』の特徴とセールスポイントは?
・横浜の街について

■美術から温泉まで、箱根を知る
・箱根温泉群の源とは?
・箱根の一流リゾートホテル『富士屋ホテル』の魅力と歴史
・自然と美術の共生する『ポーラ美術館』
・箱根ガラスの森
・箱根彫刻の森美術館

■文化芸術創造都市『クリエイティブシティー・ヨコハマ』
・芸術や文化によっての新しい街創り

■地域貢献度全国一位、市民に開かれたミュージアム『横浜美術館』
・積極的に美術を楽しむ市民たち。
・横浜ゆかりの画家、そして作品とは?
・日本初の職業写真家はここから始まった。

【百兵衛の眼】
■明治・大正・昭和『時代を先駆けたモノの形』
・卵ゆで器
・ガスかまど
・ガス・木炭・ユンケルアイロン
■展覧会に行こう
■美術館のレストラン『リストランチヴェッキオ・ロッソ』(島根県立美術館)
509円
【京都文化考】

■京都の神社仏閣巡り
・四神相応の風水陰陽五行説による京都のシステム
・【洛北】貴船神社、比叡山・延暦寺
・【洛中】清明神社
~陰陽師『安倍清明』~
・【洛西】愛宕念仏寺
~死者の霊が宿る異界霊山~
・【洛東】六道珍皇寺
~あの世とこの世を繋ぐ井戸~
・【洛南】伏見稲荷大社、首塚大明神

■妖怪・霊魂と日本人

■伊藤若沖の解析『斗米菴若冲居士』
・代表作「動植綵絵」
・仏に捧げた、全三十幅の極彩色細密画。
・人気の高い若沖の作品の背景とは?

・錦市場で探る、若沖のもうひとつの素顔

■京都が生んだ不世出の歌姫『都はるみ』独占インタビュー
・京都への熱い想いと、京都文化との関わりを聞く
・京都府文化賞受賞について
・イラストレーターの『黒田征太郎』さんとの関わり
・同じ年代である団塊の世代の方々にメッセージ

■文化としてマンガを再発見する『京都国際マンガミュージアム』
・烏丸通りと御池通りの交差点の近くにあるマンガ専門ミュージアムの全貌
・文化としてのマンガ?娯楽としてのマンガ?
・解剖学者で館長の『養老孟司』をマンガについての質問で解剖する
・マンガの将来像について

■琵琶湖疏水の歴史
・京都に琵琶湖の水を引く明治時代の大事業とは?
・建設に携わった400万人。多くの殉職者を出して完工された背景。

■永遠のモダンを具現化した『庭』~重森三玲~

【百兵衛の眼】

■百兵衛流・美術展PICK UP

■展覧会に行こう

■美術館のレストラン『ガーデン バサラ』(クレマチスの丘)
509円
【石川特集】
■七尾が生んだ天才パティシエ『辻口博啓』
・1997年フランスの洋菓子コンクールで個人優勝を果たし”世界一のパティシエ”となる。
・能登に誕生した世界に一つだけの『お菓子の美術館』
・ケーキと美術
■空から舞い降りた円盤!?『金沢21世紀美術館』
・2004年10月にオープンした、美術館の在り方を変えた奇跡の美術館の特徴
・金沢21世紀美術館の建物と一体化した常設の作品の数々
・美術館が芸術活動への参画の機会を提供するプロジェクトとは?
・美術館の役割とは?
■女優『田中美里』の独占インタビュー
・石川県の文化と大好きな金沢21世紀美術館について話を聞く
・金沢21世紀美術館の特に好きな所は?
・美術に興味を持ったキッカケは?
・友禅や輪島塗などの工芸について
■『輪島朝市』
・元気の笑顔と新鮮な特産物
■古九谷復活の背景
・江戸後期・驚異の職人集団「吉田屋」
・最後の後継者、人間国宝『三代・徳田八十吉』
・日本初の職業写真家はここから始まった。
■石川県の芸術文化に対する行政の取り組みは?

【百兵衛の眼】
■東京の美術シーンが変わる『六本木アート・トライアングル』
・サントリー美術館
・国立新美術館
・森美術館
■展覧会に行こう
■美術館のレストラン『カフェダール』(原美術館)

美術屋・百兵衛の内容

  • 出版社:麗人社
  • 発行間隔:季刊
12年目の大リニューアル!! 「今の美術」を伝えるアート専門誌。
2007年4月の創刊以来、日本の美術と全国47都道府県の文化を紹介してきた雑誌『美術屋・百兵衛』。それから12年、令和という新しい時代を迎え、アートファンに求められている「今の美術」について伝える雑誌へとシフトチェンジしました。注目のアーティストや展覧会、美術館、画廊などのタイムリーな情報を毎号掲載する他、現代美術家・小松美羽や洋画家・佐々木豊の新連載コラムもスタート。知れば知るほど奥深い「美術」をわかりやすく解説する、いわば“ライトなアートファンのための、美術ガイドブック”です。

美術屋・百兵衛の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

美術屋・百兵衛の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.