海洋と生物 発売日・バックナンバー

全76件中 1 〜 15 件を表示
1,980円
●特集『海の昆虫とクモ形類』
 遠洋性のアメンボ,潮間帯のゴミムシやハネカクシの仲間,砂浜のハンミョウやアリジゴク,そしてクモやダニ,ザトウムシの仲間。波打ち際や潮間帯などの海岸には,これら昆虫やクモ形類とよばれる生物が生息しているが,どのようにしてこの特異な環境に適応し,発展してきたのだろうか。またの仲間が生息する砂浜そのものが減少しており,実態が不明なまま絶滅への道を歩んでしまう危険性もはらんでおり,生物保護や環境保全の観点からも注目されるべきである。海岸域でみられる昆虫とクモ形類,そしてその保全について紹介する。
【特集目次】
・海の昆虫とクモ形類(総論)(鶴崎展巨/鳥取大学)
・鳥取砂丘の希少昆虫(ハンミョウとアリジゴク)の生態学と保全(鶴崎展巨)
・海浜性ザトウムシの外部形態とB染色体数の地理的分化(鶴崎展巨)
・イソコモリグモの高度に多様化した集団構造(谷川明男/東京大学)
・ウシオダニ類の分類と系統(安倍弘/日本大学)
・日本列島周辺の遠洋性ウミアメンボ3種-とくに日本海での生息状況-(林成多/ホシザキグリーン財団)
・潮間帯に生息するゴミムシ類とハネカクシ類(河上康子/大阪市立自然史博物館)
・海浜性昆虫の“浮遊分散”仮設を検証する(上野弘人・松林圭/九州大学)
・マングローブ林に見られる昆虫と潮汐に対応した体内時計(佐藤綾/総合研究大学院大学)食用海藻の魅力-(北山太樹/国立科学博物館)

●全国水産試験場長会会長賞
・室戸岬東岸における急潮予測技術の開発(猪原亮/高知県水産試験場,坂元賢治・田中秀和/大阪管区気象台)

●連載
・海棲哺乳類の保全・管理のための調査・解析手法(北門利英/東京海洋大学)
 【13】個体群の保全と管理の方法
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【32】
・小さな離島の暮らしと漁業(乾政秀/(株)水土舎)
 【47】愛媛県・八幡浜大島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【24】ウスバモク
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【67】ウオノエ亜目(13)ウオノエ上科(8)ウオノエ科(2)ウオノコバン属,ウオノドウカ属

●なまものけん通信
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『低利用水産物と食文化』
 サイズが小さかったり傷があったりして一般的に流通しない未利用・低利用の水産物,またさまざまな制約により漁獲された地元だけで利用されている水産物も注目されている。これらにはどのようなものがあり,実際どう利用されているのか。地方食や食文化なども交え紹介する。
【特集目次】
・水産物の低利用・未利用資源をめぐる実相(上田勝彦/ウエカツ水産)
・クラゲを食べる(豊川雅哉/国立研究開発法人国際農林水産業研究センター)
・日本の食用海藻の分布と食文化の拡大(藤田大介/東京海洋大学)
・食料としてのウミガメ(徳田和之/NPO法人エバーラスティング・ネイチャー)
・ガゴメの高付加価値化と産学官連携(安井肇/北海道大学大学院水産科学研究院)
・カモガシラノリの謎 -地方食用海藻の魅力-(北山太樹/国立科学博物館)
・[食べてみた]ミネフジツボ/二枚貝3種  [行ってみた]朝市訪問記(編集部)

●コラム
サンマの学名に隠された,ちょっと意外な歴史(猿渡敏郎/東京大学大気海洋研究所)

●ResearchArticle
緑色光によるカレイ類の成長促進現象 -魚の生態と光環境-(水澤寛太・高橋明義/北里大学海洋生命科学部)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【47】昭和天皇(1901-1989)
・海藻標本採集者外伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【捌】日本海藻標本採集者の系譜(19世紀生まれ)
・サクラマス -その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【21:最終回】サクラマスの生活史戦略
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【31】珪藻Chaetoceros socialisの休眠胞子
・小さな離島の暮らしと漁業(乾政秀/(株)水土舎)
 【46】香川県・本島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【23】アズマネジモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【50:最終回】研究小史/コラム:分かるように分ける
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村昇/金沢大学・下村通誉/京都大学)
 【66】ウオノエ亜目(12)ウオノエ上科(7)ウオノエ科(1)ウオノギンカ属,カイテイギンカ属

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信-御蔵島からの便り
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『人間活動と海洋の生態系・水産資源の関わり-窒素編』
 海洋における窒素循環や水産業・生物をとおしてみた海域における窒素循環を解説する。
【特集目次】
・人類の窒素利用がもたらす環境問題と解決への取り組み(林健太郎/農業・食品産業技術総合研究機構)
・海洋生態系モデルと人為的な影響評価-地域から全球スケール-(野口真希/海洋研究開発機構・岸道郎/北海道大学名誉教授)
・窒素安定同位体比が解き明かすサケの知られざる回遊生態(松林順/中央大学理工学部)
・瀬戸内海・播磨灘における水産業と窒素(反田實/兵庫県立農林水産技術総合センター)

●Research Article
フーリエ変換赤外分光法を用いた日本近海を利用するウミガメにおけるマイクロプラスチック摂取状況の初報告
(井ノ口栄美・田中真一・岩井千尋・近藤理美/NPO法人エバーラスティング・ネイチャー)

●連載
・海棲哺乳類の保全・管理のための調査・解析手法(北門利英/東京海洋大学)
  【12】個体群動態モデル
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
  【46】三輪知雄(1899-1979)
・サクラマス - その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
  【20】サクラマス研究のアウトリーチ(国際研究・教育交流)
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
  【30】ハプト藻Phaeocystis globosaの作る繊維状の星状構造体
・小さな離島の暮らしと漁業(乾政秀/(株)水土舎)
  【45】東京都・三宅島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
  【22】エチゴネジモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
  【49】形態の観察技法
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村昇/金沢大学・下村通誉/京都大学)
  【65】ウオノエ亜目(11)ウオノエ上科(6)グソクムシ科(4)

●なまものけん通信
・ウミガメ保全の現場から(ELNA エバーラスティング・ネイチャー)
ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『棘皮動物学の最前線(2)』
 棘皮動物の仲間は,比較的私たちに身近なウニ,ナマコ,ヒトデを並べてみるだけでわかるくらい形態的には多様な分類群である。共通する特徴は,五放射相称という形が基本になってできた身体であること,海産であること,底生で自由生活のものが多いことなどがあげられる。水産重要種もあるが,あまり知られていない種もたくさん含まれる。
 棘皮動物を対象にした研究とはどのような内容で行われており,どこまで解明していて,これからどう進むのか。第一線で活躍する研究者に2回にわたって解説いただいた。
【特集目次】
・海洋温暖化における北日本のウニ生産に向けた新たな研究(吾妻行雄/東北大学大学院農学研究科)
・マナマコ漁業・増殖に関わる生物学的知見(五嶋聖治/北海道大学総合博物館)
・理性か,性か? ナマコ食文化の存続をにぎる鍵(赤嶺淳/一橋大学大学院社会学研究科)
・水族館における深海性棘皮動物の飼育研究(森滝丈也/鳥羽水族館・杉村誠/新江ノ島水族館・東地拓生/沖縄美ら海水族館)
・オニヒトデの大量発生と幼生の分散(安田仁奈/宮崎大学農学部海洋生物環境学科)
・ヒトデ類とウニ類の行動(右田正夫/滋賀大学)
・不正形類の生態と進化(齋藤礼弥・金沢謙一/神奈川大学)
・棘皮動物に共生する動物(自見直人/国立極地研究所・高野剛史/目黒寄生虫館・藤田喜久/沖縄県立芸術大学・長澤和也/水族寄生虫研究室)
・棘皮動物におけるプルテウス幼生の進化(山川隼平・ニーナ レビン・和田洋/筑波大学生命環境)
・ウミユリ類の発生に関するこれまでの研究と今後の課題(中野裕昭/筑波大学下田臨海実験センター・幸塚久典/東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所)

●全国水産試験場長会会長賞
増殖用サケ稚魚の原虫病総合的予防技術の開発(水野伸也・宮本真人・畑山誠/北海道立総合研究機構水産研究本部さけます・内水面水産試験場)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【45】山田幸男(1900-1975)
・サクラマス - その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【19】サクラマス研究のアウトリーチ(初等教育)
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【29】典型的なプラコリスタイプの円石藻3種
・小さな離島の暮らしと漁業(乾政秀/(株)水土舎)
 【44】香川県・豊島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【21】エゾノネジモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【48】短尾下目(22)発育段階と科の検索(5)メガロパ(3)
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村昇/金沢大学・下村通誉/京都大学)
 【64】ウオノエ亜目(10)ウオノエ上科(5)グソクムシ科(3)

●なまものけん通信
・ウミガメ保全の現場から(ELNA エバーラスティング・ネイチャー)
ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『棘皮動物学の最前線(1)』
 棘皮動物の仲間は,比較的私たちに身近なウニ,ナマコ,ヒトデを並べてみるだけでわかるくらい形態的には多様な分類群である。共通する特徴は,五放射相称という形が基本になってできた身体であること,海産であること,底生で自由生活のものが多いことなどがあげられる。水産重要種もあるが,あまり知られていない種もたくさん含まれる。
 棘皮動物を対象にした研究とはどのような内容で行われており,どこまで解明していて,これからどう進むのか。第一線で活躍する研究者に2回にわたってご解説いただいた。
【特集目次】
・棘皮動物学の最前線(藤田敏彦/国立科学博物館)
・ウミシダ類の分類(小渕正美/真鶴町立遠藤貝類博物館)
・クモヒトデ類の分類体系(藤田敏彦/国立科学博物館)
・日本産ヒトデ類の分類学的研究史と近年の新知見(木暮陽一/水産研究・教育機構日本海区水産研究所)
・棘皮動物の生痕化石とその形成過程(石田吉明,藤田敏彦/国立科学博物館)
・深海の生物地理は浅海の生物地理とは異なる:深海の棘皮動物からわかる西太平洋とインド洋の違い(大路樹生/名古屋大学博物館)
・キャッチ結合組織:棘皮動物に特有の硬さの変わる皮(本川達雄/東京工業大学)

●Research Article1
マスト形成ヨコエビ研究の現在(青木優和/東北大学)

●Research Article2
利根川を対象とした河川から海洋への放射性Csフラックス(高田兵衛/福島大学,稲富直彦・工藤なつみ/海洋生物環境研究所)

●全国水産試験場長会会長賞
山口県日本海沿岸域における漁場形成予測技術の開発および漁海況情報配信システムの構築(渡邉俊輝・河野光久・廣畑二郎・天野千絵・大田寿行・安部謙・國森拓也/山口県水産研究センター,謝旭暉・斎藤克弥/漁業情報サービスセンター)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【44】井狩二郎(1889-1937)
・サクラマス - その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【18】切欠き魚道の試行
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【27】【28】
・小さな離島の暮らしと漁業(乾政秀/(株)水土舎)
 【43】沖縄県・久米島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【20】ヒラネジモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【47】短尾下目(21)発育段階と科の検索(4)メガロパ(2)
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村昇/金沢大学・下村通誉/京都大学)
 【63】ウオノエ亜目(9)ウオノエ上科(4)グソクムシ科(2)

●なまものけん通信
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『水産をとりまく現状と課題(2)』
 水産資源の変動,国際情勢や諸外国との関わり,国内における漁業従事者の構造変化,沿岸域の環境の変化など,水産をとりまくわが国の状況はめまぐるしく変化しています。今,水産の現場では何が起こっているのか,それを知る手だてはあるのか,そしてどこへ向かうのか。水産の多様な分野における現状や問題点などについて解説します。
 第2回目は,SDGs/小型浮魚類資源/沿岸漁業/沖合漁業/遠洋漁業/陸上養殖/水産物流通など幅広く取り上げました。
 関係者はもちろん,公務員試験の政策論文等の対策としても必読の特集です!
【特集目次】
・SDGs(エス・ディー・ジーズ)と漁業(高橋正征/東京大学名誉教授)
・わが国における小型浮魚類の資源変動と資源管理の考え方(谷津明彦/(一社)漁業情報サービスセンター)
・わが国の沿岸漁業の課題と展望(和田時夫/(一社)漁業情報サービスセンター)
・わが国の沖合漁業の現状と課題(山下秀幸/水産研究・教育機構開発調査センター)
・わが国の遠洋漁業の状況と課題(中前明/(一財)海外まき網漁業協会)
・陸上養殖の原理,現状と課題(遠藤雅人/東京海洋大学)
・水産物の流通(婁小波・中原尚知/東京海洋大学)

●Research Article
ヨツハモガニと近縁2種の形態的特徴(大土直哉・河村知彦/東京大学大気海洋研究所)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【43】田原正人(1884-1969)
・サクラマス - その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【17】ドローンによる空からの行動追跡
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【25】
・小さな離島の暮らしと漁業(乾政秀/(株)水土舎)
 【42】長崎県・若松島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【19】ネジモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【46】短尾下目(20)発育段階と科の検索(3)ゾエア(3)メガロパ(1)
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村昇/金沢大学・下村通誉/京都大学)
 【62】ウオノエ亜目(8)ウオノエ上科(2)グソクムシ科

●なまものけん通信
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『水産をとりまく現状と課題(1)』
 水産資源の変動,国際情勢や諸外国との関わり,国内における漁業従事者の構造変化,沿岸域の環境の変化など,水産をとりまくわが国の状況はめまぐるしく変化しています。今,水産の現場では何が起こっているのか,それを知る手だてはあるのか,そしてどこへ向かうのか。水産の多様な分野における現状や問題点などについて解説します。
 第1回目は,EEZと水産政策改革/人材育成/離島の漁業/水産資源の利用と保全/捕鯨をめぐる状況/水産エコラベル/環境系モニタリング/水産系モニタリングなど幅広く取り上げ,読みやすくまとめました。
 関係者はもちろん,公務員試験の政策論文等の対策としても必読の特集です!
【特集目次】
・わが国EEZをめぐる状況と水産政策の改革(長谷成人/(一財)東京水産振興会理事)
・離島の水産業(乾政秀/(株)水土舎)
・豊かな内湾環境を実現するモニタリング調査と栄養塩類のあり方 -伊勢・三河湾を例として-(蒲原聡/愛知県水産試験場)
・絶滅危惧種の判定方法と守り方(松田裕之/横浜国立大学)
・日本の水産学教育(酒井治己/水産研究・教育機構水産大学校)
・鯨類資源をめぐる日本の現状 -これまでの経緯と今後の展望(加藤秀弘/東京海洋大学名誉教授・(一財)日本鯨類研究所)
・水産系モニタリングデータの収集と利活用(日比野学・下村友季/愛知県水産試験場)
・エコラベル・認証制度で「海の豊かさ」は実現できるのか?(石原広恵/東京大学,アビゲイル・ブランドン(山脇亜弥)/ストックホルム・レジリエンス・センター)

●Research Article
・子育てを伴う魚類の粘膜給餌の機能とその進化(佐藤駿/大阪市立大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【42】東 道太郎(1884-1968)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【16】太平洋サケの回遊行動の進化
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【24】レアな円石藻Picarola margalefii
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【41】三重県・菅島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【18】オオバノコギリモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【45】短尾下目(19)発育段階と科の検索(2)ゾエア(2)
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【61】ウオノエ亜目(7)ウオノエ上科(1)ニセウオノエ科

●なまものけん通信
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『最新・藻類分類学』
 藻類の分類は古くから形態や生活環などに基づいた情報によりなされていたが,近年の分子系統解析の発展で大きく変化している。今回は緑藻,紅藻,珪藻,褐藻を取り上げ,これまでの歴史を振り返り,最新の系統関係から提案された分類体系を紹介する。
【特集目次】
・分子データから考察するアオサ藻綱の進化と系統関係(市原健介/北海道大学北方生物圏フィールド科学センター室蘭臨海実験所)
・紅藻類の系統と分類(神谷充伸/東京海洋大学海洋環境科学部門)
・珪藻の系統関係と分類体系(佐藤晋也/福井県立大学海洋生物資源学部)
・褐藻類の新しい分類体系と各系統群の特徴(川井浩史/神戸大学内海域環境教育研究センター)

●Research Article
・極彩色で金属光沢となる甲殻類プランクトン(橋詰和慶/戸板女子短期大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【41】矢田部良吉(1851-1899)
・海藻標本採集者外伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【漆】小笠原産海藻採集者(1879-2018)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【15】サクラマス群の回遊行動の進化(後編)
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【23】
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【40】東京都・父島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【17】フシスジモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【44】短尾下目(18)発育段階と科の検索(1)ゾエア(1)
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【60】ウオノエ亜目(6)ウオノエ上科(1)スナホリムシダマシ科

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信-御蔵島からの便り
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『渓流魚の漁場管理の今と未来』
 日本在来の渓流魚には,イワナ類(アメマス,ニッコウイワナ,ヤマトイワナなど)とサクラマス類(サクラマス/ヤマメ,サツキマス/アマゴなど)があり,漁業権が免許されている漁協などには増殖の義務が課せられ積極的な増殖手法がとられているが,人工種苗の家魚化,生息・産卵環境の悪化,他動物による食害,漁獲圧などの問題により,必ずしも効果的な増殖には結びついていない。
 本特集では,現在行われている増殖手法の問題点をあらわにし,野生に近い種苗の利用,放流場所の選定,被食軽減策,簡易魚道,遊漁の漁獲規制の条件など,より効果的に増殖するにはどうすればよいかを検討した。将来の内水面漁業のあるべき姿を見据え,現状と課題そして対策について提言を行う。
(全国水産試験場長会会長賞「渓流魚の増殖方法としての稚魚放流」もご参照ください)
【特集目次】
・渓流魚の漁場管理の今と未来〜増殖,環境保全,漁業管理を考える〜(宮本幸太/水産研究・教育機構中央水産研究所沿岸・内水面研究センター,岸大弼/岐阜県水産研究所下呂支所,菅原和宏/滋賀県水産試験場,高木優也/栃木県水産試験場,松澤峻/長野県水産試験場,山下耕憲/群馬県水産試験場)
・アマゴにおける半野生魚の放流効果の検証(岸大弼/前出,大原健一・辻寛人/岐阜県水産研究所,徳原哲也/岐阜県農政部里川振興課)
・イワナにおける半天然魚の放流効果の検証(山下耕憲/前出・松原利光・鈴木究真・神澤裕平/群馬県水産試験場)
・野生動物による渓流魚の捕食実態の把握とその緩和策について(宮本幸太/前出)
・アマゴの稚魚放流における分散放流の効果(菅原和宏・片岡佳孝・孝橋賢一・亀甲武志/滋賀県水産試験場)
・渓流用簡易魚道の開発(松澤峻/前出)
・釣り人が納得できて,渓流魚も増える漁獲規制とは?(高木優也/前出)
・渓流魚の漁場管理の課題と今後の方針(宮本幸太・岸大弼・菅原和宏・高木裕也・松澤峻・山下耕憲/前出)

●全国水産試験場長会 会長賞平成30年度受賞業績-3
・渓流魚の増殖方法としての親魚放流(徳原哲也/岐阜県水産研究所下呂支所)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【40】名倉一郎(1860-1930)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【14】サクラマス群の回遊行動の進化(前編)
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【22】腕のような付属肢をもつ円石藻Michaelsarsia adriaticus
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【39】山口県・平郡島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【16】ナンキモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【43】短尾下目(17)胸孔亜群8 カクレガニ上科2・カクレガニ科2
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【59】ウオノエ亜目(5)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(5)ナギサスナホリムシ属

●なまものけん通信
・ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『プランクトン群集における共生・寄生』
 動物プランクトンや植物プランクトンが増加・減少する要因は,栄養と食物連鎖の面から説明されることが多い。しかし近年,これらプランクトンにおいても他生物の寄生がありそれが重要な役割を果たしているという証拠が少しずつ蓄積している。例えば,珪藻類において捕食寄生性の菌類が発見され,その生活史や生態がわかってきた。また,単細胞性および多細胞性のいずれのプランクトンも多くの共生生物をもち,これが栄養面,行動,個体群動態などに大きな影響を及ぼすことがわかってきている。
 このようなプランクトンにおける寄生・共生関係は沿岸域から外洋域において広くみられ,多様で複雑な相互作用が広がっていることがわかってきた。
 本特集号では,珪藻類,原生生物,クラゲ類,甲殻類,サルパ類を宿主とする寄生・共生生物を紹介し,その多様性,生活史,宿主動態へのインパクト,海洋生態系における機能などについて紹介する。
【特集目次】
・プランクトン群集における共生・寄生-宿主個体群動態にインパクトを与える重要な一要因-(大塚攻/広島大学,鈴木紀毅/東北大学,片野俊也/東京海洋大学)
・珪藻ウイルス研究のこれまでとこれから(外丸裕司/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
・珪藻に対する寄生生物(片野俊也・山崎大輔/東京海洋大学,安東祐太朗/東京海洋大学・北海道立総合研究機構,櫻井久惠/LIMACINA)
・フェオダリア類・放散虫類の生態と共生生物(仲村康秀/国立科学博物館,鈴木紀毅/東北大学)
・浮遊性および遊泳性甲殻類に寄生するアミヤドリムシ科等脚類(下村通誉/京都大学,大塚攻/広島大学,西川淳/東海大学)
・クラゲ類と他動物との多様な共生関係(近藤裕介/広島大学)
・サルパ・ウミタル類に捕食寄生するサフィリナ科カイアシ類の生態(高橋一生/東京大学)
・ゼラチン質動物プランクトンと共生する浮遊性甲殻類-十脚類幼生とクラゲノミ類での事例研究-(若林香織・杉浦宏樹・飯沼誼朗/広島大学)
・海洋動物プランクトン群集における共生(大塚攻/広島大学)

●Research Article -1
・タンガニイカ産シクリッドNeolamprologus furcifer 幼魚の巻き貝仮装は母親の仕事量に波及する(佐藤駿/大阪市立大学)

●Research Article -2
・福島第一原発事故の海産生物の影響評価-137Csの海産生物 - 海水濃度比(CR)を指標として-(高田兵衛/福島大学,日下部正志・池上隆仁・横田瑞郎・高久浩/海洋生物環境研究所)

●全国水産試験場長会 会長賞平成30年度受賞業績-2
・アゲマキ漁獲再開に向けた20年の研究(佃政則/アゲマキ種苗生産・放流技術開発グループ代表)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【39】中井猛之進(1882-1952)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【13】サクラマスの秋スモルト
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【21】特徴的なめだつ透明放射膜をもつアステロムファラス属2種
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【38】鹿児島県・悪石島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【15】ウスバノコギリモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【42】短尾下目(16)胸孔亜群7 カクレガニ上科・カクレガニ科1
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【58】ウオノエ亜目(4)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(4)ヒメスナホリムシ属およびスナホリムシダマシ属

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『東京湾 過去・現在・未来(2)』
 かつて東京湾は富栄養化の象徴のようなものだといわれてきたが,総量規制の結果,栄養塩濃度は低下してきたといわれる。しかし赤潮や貧酸素はいまだに頻発している。それはなぜなのか…!? 本誌では以前1997年に東京湾について特集を組んだが,そのころと比べて現在はどう変わったのか。
 特集第2回目は,干潟の生物多様性,底棲魚介類の資源変動,魚類研究やそのモニタリング結果,そして市民調査や湾とひととの関わりから,東京湾の目指すべき将来像を提案する。
【特集目次】
・東京湾における干潟生物多様性低下の現状(風呂田利夫・多留聖典/東邦大学,尾島智仁/東京港水中生物研究会,馬渡和華/谷津干潟自然観察センター)
・東京湾における底棲魚介類群集および主要種個体群の資源変動(児玉圭太・堀口敏宏/国立環境研究所)
・東京湾内湾の魚類研究の概要と京浜島のモニタリング結果(河野博/東京海洋大学)
・東京湾での海洋生物の市民主体調査(風呂田利夫/東邦大学,黒岩寛/国土交通省,坂本昭夫/海をつくる会,鈴木覚/海辺つくり研究会,馬渡和華/谷津干潟自然観察センター,野長瀬雅樹/行徳野鳥観察舎友の会)
・大学-地域間協働による,持続可能な東京湾のための基盤構築〜江戸前ESD活動からの教訓〜(川辺みどり・河野博/東京海洋大学)
・東京湾の将来像(野村英明/東京大学,風呂田利夫/東邦大学)

● 全国水産試験場長会 会長賞平成30年度受賞業績-1
・マボヤ被嚢軟化症の原因と蔓延防止に関する研究(熊谷明・須藤篤史・伊藤博・田邉徹・縄田暁/宮城県水産技術総合センター,釜石隆・三輪理/水産研究・教育機構増養殖研究所,北村真一/愛媛大学・広瀬裕一/琉球大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【38】安田篤(1868-1924)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【12】サクラマスと生態系の関係
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【20】12の正五角形円石でできた円石藻Braarudosphaera bigelowii
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【37】沖縄県・渡嘉敷島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構)
 【14】ヨレモクモドキ
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構)
 【41】短尾下目(15)胸孔亜群6 サンゴヤドリガニ上科・サンゴヤドリガニ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【57】ウオノエ亜目(3)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(3)オオグソクムシ属

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『東京湾 過去・現在・未来(1)』
 かつて東京湾は富栄養化の象徴のようなものだといわれてきたが,総量規制の結果,栄養塩濃度は低下してきたといわれる。しかし赤潮や貧酸素はいまだに頻発している。それはなぜなのか…!? 本誌では以前1997年に東京湾について特集を組んだが,そのころと比べて現在はどう変わったのか。
 特集第1回目は,これまでに東京湾を長くみてきた研究者に,水質や栄養塩・有機物の濃度,酸性化,植物・動物プランクトンなどの長期変動や予測を解説してもらった。
【特集目次】
・特集号発刊に寄せて:東京湾の過去・現在・未来(片野俊也/東京海洋大学,梅澤有/東京農工大学,野村英明/東京大学,風呂田利夫/東邦大学)
・東京湾の流動環境-羽田周辺水域を中心として-(八木宏/防衛大学校,灘岡和夫/東京工業大学)
・東京湾底層の貧酸素水塊(長井健容/東京海洋大学,金華/上海瑞爾実業有限公司)
・東京湾における水質の長期変動と水産生物への影響(石井光廣/千葉県水産総合研究センター)
・東京湾における栄養塩類・溶存有機物濃度の長期変動(1989年〜2015年)(久保篤史/静岡大学地球科学科,橋濱史典・神田穣太・堀本(宮崎)奈穂・石丸隆/東京海洋大学海洋環境科学部門)
・東京湾における海洋酸性化の現状と将来予測(川合美千代/東京海洋大学)
・東京湾の植物プランクトン群集の変遷(石丸隆/東京海洋大学名誉教授)
・東京湾におけるカイアシ類群集の長期変化と現状(立花愛子/東京海洋大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【37】國枝溥(1888-1954)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【11】サクラマスの保全
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【19】ホロコッコリスの円石藻Homozygosphaera triarcha
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【36】東京都・新島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【13】ホンダワラ
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【40】短尾下目(14)胸孔亜群5 スナガニ上科2・ミナミコメツキガニ科・ムツハアリアケガニ科・オサガニ科・メナシピンノ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【56】ウオノエ亜目(2)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(2)スナホリムシ属
・バイカル湖最前線(長縄秀俊/ロシア科学アカデミー客員研究員・岐阜大学)
 【5】

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『わが国の刺胞動物研究の発展(2)』
クラゲ類を中心として,刺胞動物に関する分類,生態などの生物学的分野や保全など,わが国で行われている多様な研究やその成果,今後の展望などを2回にわたり解説する。第2回目。
【特集目次】
・日本産十文字クラゲ類の分類の今昔(平野弥生/千葉県立中央博物館分館 海の博物館)
・ゼラチン質生物を調査する技術:3次元映像と機械学習(ドゥーグル リンズィー/海洋研究開発機構)
・タイにおけるクラゲ漁業(西川淳/東海大学海洋学部,Khwanruan Srinui/ブラパ大学海洋科学研究所,大塚攻・近藤裕介/広島大学大学院生物圏科学研究科,三宅裕志/北里大学海洋生命科学部,Dhugal J. Lindsay/海洋研究開発機構,飯田茜/東海大学大学院生物科学研究科)
・クラゲの遺伝学ことはじめ(立花和則/東京工業大学)
・クダウミヒドラ類幼生の着生プロセス(山下桂司/株式会社セシルリサーチ)
・ミドリイシサンゴの着生機構(服田昌之/お茶の水女子大学)
・共生において褐虫藻を制御する因子:レクチン(神保充/北里大学海洋生命科学部)
・ミズクラゲのストロビレーションを制御する物質の探索(国吉久人/広島大学)
・直達発生するミズクラゲについて(三宅裕志・高山佳奈・吉川美月・有馬史織/北里大学海洋生命科学部,池口新一郎/のとじま水族館(現所属:上越市立水族博物館うみがたり),鈴木信雄/金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実験施設)

●ResearchArticle
紀南に定着した西オーストラリア産カブトエビ(長縄秀俊/岐阜大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
【36】大野磯吉(1896-1984)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
【10】サクラマスの利活用
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
【18】珪酸質の細胞内骨格をもつ奇妙なプランクトンEbria tripartite
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
【35】沖縄県・伊平屋島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
【12】オオバモクとヤナギモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
【39】短尾下目(13)胸孔亜群3 胸孔亜群4 スナガニ上科1・スナガニ科・コメツキガニ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
【55】ウオノエ亜目(1)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(1)
・バイカル湖最前線(長縄秀俊/ロシア科学アカデミー客員研究員・岐阜大学)
【4】

<なまものけん通信>
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『わが国の刺胞動物研究の発展(1)』
 クラゲ類を中心として,刺胞動物に関する分類,生態などの生物学的分野や保全など,わが国で行われている多様な研究やその成果,今後の展望などを2回にわたり解説する。第1回目。
【特集目次】
・宝石サンゴ類(八放サンゴ亜綱,ウミトサカ目,サンゴ科)の分類(野中正法/沖縄美ら島財団総合研究センター)
・カイヤドリヒドラ類の伝統的および分子系統分類(久保田信/ベニクラゲ再生生物学体験研究所)
・立方クラゲ類の分類学的研究の歴史と近年の分類再編(戸篠祥/琉球大学熱帯生物圏研究センター)
・かごしま水族館のクラゲ展示と研究(築地新光子/かごしま水族館)
・刺胞動物と他動物とのさまざまな共生関係(大塚攻・近藤裕介・米谷まり/広島大学大学院生物圏科学研究科,並河洋/国立科学博物館)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【35】多湖實輝(1883-1979)
・海藻標本採集者外伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【6】下田産海草採集者(1886-2017)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【9】サクラマスの資源減少
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【17】放射状で対称的な剛毛が特徴的な糸状珪藻、バクテリアスツラム
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【34】鹿児島県・獅子島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【11】ヨレモクとアキヨレモク
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【38】短尾下目(12)胸孔亜群3 イワガニ上科3・ベンケイガニ科・ホウキガニ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【54】ワラジムシ亜目(8) ウシオワラジムシ科・ハマダンゴムシ科
・バイカル湖最前線(長縄秀俊/ロシア科学アカデミー客員研究員・岐阜大学)
 【3】

<なまものけん通信>
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
1,980円
●特集『環境変動下におけるサケの持続可能な資源管理(2)』
 日本のサケの種苗放流事業は世界的な成功例のひとつと言われ,沿岸への来遊数は1970年代より増加し,北日本の漁業を安定的に支えてきた。しかしながら,近年その数は長期にわたって減少傾向を示し,今後の持続的な利用が懸念されている。その減少原因を探るため,資源の動向,成魚・幼稚魚の生態,そして海洋環境との関わりなどを2回にわたり解説する。第2回。
 また,海を大規模に回遊するサケマス類をはじめとする遡河性魚類を対象とした,資源変動のメカニズムの解明や将来予測には広く国際共同研究が必要なため,関係各国により2019年を「国際サーモン年(International Year of the Salmon:IYS)」と設定した大規模プロジェクトが進められている。その概要も紹介する。
【特集目次】
・変動する海洋生態系において野生産と孵化場産サケ類の生産を最適化するための国際連携-国際サーモン年(リチャード・ビーミッシュ/カナダ海洋漁業省 太平洋生物研究所)(日本語訳:帰山雅秀・浦和茂彦)
・河川環境変動がサケの再生産に及ぼす影響(卜部浩一/北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場)
・海洋変動がサケに及ぼす影響:北極海における潜在的なサケ生息域(上野洋路・岸道郎/北海道大学大学院水産科学研究院,尹錫鎭/韓国国立水産科学院,渡邉英嗣/海洋研究開発機構)
・三陸岩手サケの遺伝構造と個体群特性(塚越英晴・後藤友明/岩手大学三陸水産研究センター)
・サケ資源を安定的に維持するための防疫対策(笠井久会・吉水守/北海道大学大学院水産科学研究院)
・データ・ロガーによるサケの行動解析(北川貴士/東京大学大気海洋研究所)
・流体モデルによるサケ稚魚の回遊シミュレーション(東屋知範・黒田寛・鵜沼辰哉・横田高士・浦和茂彦/水産研究・教育機構 北海道区水産研究所,高橋大介/東海大学海洋学部)
・気候変動下における日本系サケの持続可能な保全管理のあり方とその研究課題(帰山雅秀/北海道大学北極域研究センター,荒木仁志/北海道大学農学研究院,宮下和士/北海道大学北方生物圏フィールド科学センター,永田光博/北海道栽培漁業振興公社,佐々木義隆/北海道立総合研究機構網走水産試験場,浦和茂彦/水産研究・教育機構北海道区水産研究所)

●ResearchArticle
クラゲの和名について(豊川雅哉/水産研究・教育機構西海区水産研究所)
●全国水産試験場長会 会長賞平成29年度受賞業績-3
閉鎖性湖沼における放射性セシウムの動態解明(久下敏宏・鈴木究真・新井肇・渡辺峻・湯浅由美・田中英樹/群馬県水産試験場,角田欣一/群馬大学,野原精一/国立環境研究所,薬袋佳孝/武蔵大学,岡田往子/東京都市大学,長尾誠也/金沢大学,泉庄太郎/群馬県水産試験場・東海大学,森勝伸/群馬大学・高知大学)
●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【34】野村義弘(1897-1970)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【8】サクラマス群の成魚の河川内における生態
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【16】菱形の円石をもつ円石藻Calciosolenia murrayi
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【33】長崎県・的山大島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【10】ナラサモ
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【37】短尾下目(11)胸孔亜群2 イワガニ上科2・ヒシガニ上科・モクズガニ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【53】ワラジムシ亜目(7) タマワラジムシ科
・バイカル湖最前線(長縄秀俊/ロシア科学アカデミー客員研究員・岐阜大学)
 【2】

<なまものけん通信>
・黒潮いるか通信-御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

海洋と生物 雑誌の内容

海洋,生物に関する最新の研究を紹介します。
海洋に生息する生物はもちろん,それらをとりまく環境や水産業をはじめ基礎から応用までひろく最新の研究を紹介し,問題提起をおこなう唯一の雑誌です。毎号ひとつのテーマを深く扱う特集と,体系的な解説をおこなう連載の2つの形式でさまざまな興味深いテーマを解説します。

+   海洋と生物の目次配信サービス

海洋と生物を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年02月26日発売

目次: Newton Special

健やかに生きるための正しい知識
「老い」の教科書
監修 島田裕之/佐谷秀行/佐藤眞一
執筆 竹ヶ原諒貴(編集部)・西村尚子・前田 武

はるか昔から,人々は老化を防ぎたいと願ってきた。現在では科学の力によって,老化現象の詳細がわかってきつつある。体が衰えるしくみや,老化を防ぐ生活習慣などを紹介する。

PART1 人はなぜ老いるのか

PART2 「老けない人」は何がちがうのか

PART3 「老い」と向き合う心

PART4 未来の「老い」はどうなるか

FOCUS Plus
工学
震災から10年,福島第一原発の現状とこれから
監修 竹下健二
執筆 三澤龍志(編集部)
地学
5万年前までのほとんどの地層の年代測定が可能に!
監修 中川 毅/山田圭太郎/大森貴之
執筆 山田久美
医学
出産時に母親の子宮頸がんが子どもに移行した
協力 小川千登世/荒川 歩
執筆 北原逸美

Nature View
光合成をやめた植物たち
【試し読み】
菌類から栄養を奪って生きる植物
写真・監修 末次健司
執筆 財部薫乃子(編集部)

Topic
天文学者を悩ませる4万機の人工衛星
【試し読み】
スペースX社が打ち上げる大量の人工衛星が
地上での天体観測にあたえる影響とは?
監修 大石雅寿
執筆 中野太郎

Topic
「捨てられない」という心の病
【試し読み】
集めすぎる,手放せない,整理できない─
「ためこみ症」を知っていますか?
監修 五十嵐透子
執筆 尾崎太一

科学と倫理の交差点
人工呼吸器の優先順位は
どうするべきか
監修 児玉 聡
執筆 三澤龍志(編集部)

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/11/26
    発売号

  • 2020/10/26
    発売号

  • 2020/09/26
    発売号

  • 2020/08/26
    発売号

2 天文ガイド

誠文堂新光社

最大
50%
OFF

天文ガイド

2021年03月05日発売

目次: 2021年春
注目の天文機材はこれだ!

2021年の惑星どうしの接近・集合

有人宇宙飛行の60年
前編 日本人宇宙飛行士の歩み

2021年春
注目の天文機材はこれだ!

:井川俊彦

ステイホームや密を避けて楽しめる趣味として、天体観測+天体撮影が脚光をあびています。そんな雰囲気の中、天文活動 “復活組”も急増中。そこで、天文ガイド編集部取材班が主要望遠鏡メーカー等各社の「今春の注目天文機材」を独自取材。新製品、オススメの機材、開発中の機材まで一挙紹介します。
2021年の惑星どうしの接近・集合

:早水 勉

2020年12月下旬の木星と土星は、角距離わずか6′.1まで大接近し、大きな話題になりました。2021年もぜひ見たい惑星どうしの接近や集合が起こります。3月10日~11日の月と水星、木星、土星の接近をはじめ、2021年に見られる注目の現象を詳しく紹介します。
有人宇宙飛行の60年
前編 日本人宇宙飛行士の歩み

:塚田 健

2020年11月、野口聡一宇宙飛行士が搭乗するクルードラゴン宇宙船が国際宇宙ステーション(以下ISS)に向けて打上げられました。2021年の春ごろに星出彰彦宇宙飛行士もISSへ向かう予定です。2021年は人類が初めて有人宇宙飛行を成功させてから60年。2021年は13年ぶりにJAXAの宇宙飛行士募集も行われます。そこで、本号と次号の2号にわたって日本と世界の有人宇宙飛行の歩みを振り返りつつ、宇宙飛行士たちの活動や生活を紹介します。
【TOPICS】
月のある絶景/榎本 司
集中連載 「月・惑星」高画質画像撮影法/山崎明宏
天体画像処理あれコレ/西條善弘
天文ガイド価格改定のお知らせ
天文ガイドバックナンバー企画のお知らせ
南米皆既日食・現地からの観測レポート

【THE SKY】
4月の星空と天体観測/藤井 旭

【NEWS&EVENT】
ASTRO NEWS/石崎昌春、内藤誠一郎、塚田 健
TG情報局(新製品情報ほか)
ASTRO SPOTS+全国天文イベント情報

【天体写真】
読者の天体写真 観測ガイド
入選者の声(最優秀賞受賞者手記)

【連載】
星雲・星団案内/津村光則
天文学コンサイス/半田利弘
「星雲・星団撮影」入門31/中西アキオ
T.G.Factory/西條善弘
読者SPACE!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!/柳家小ゑん
今日からロケッティア!/足立昌孝
宇宙天気/篠原 学
オーロラカレンダー/篠原 学
星のある場所/森 雅之

【観測ガイド】
天文データ/相馬 充
流星ガイド/長田和弘
星食ガイド/広瀬敏夫
変光星ガイド/大島誠人
変光星の近況/広沢憲治
太陽黒点近況/時政典孝
小惑星ガイド/渡辺和郎
人工天体ガイド/橋本就安
惑星の近況/堀川邦昭
彗星ガイド/中野主一

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/05
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/05
    発売号

  • 2020/10/05
    発売号

  • 2020/09/04
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年02月25日発売

目次: 【特集:混迷のパンデミック】
 急拡大する変異株
 COVID-19 嗅覚障害の原因と予後
 強まるストレスにどう対処するか

-----------------------------------------------------------------

【特集:宇宙論にほころび】
 真空エネルギーと暗黒エネルギーは折り合えるか
 ハッブル定数 食い違う観測値

-----------------------------------------------------------------

人間関係を把握する脳内マップ

探査機がとらえた 生きている火星

さらばGDP 新たな社会幸福度指標の提案

クジラががんにならないわけ 細胞の裏切りを検知するメカニズム

宇宙戦争を阻止せよ 高まる衛星間攻撃の緊張

-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。
◇フロントランナー挑む
新型コロナの謎に迫る決断力と機動力の免疫学者:岩崎明子(米エール大学)
◇NEWS SCAN:数学と光,半導体に変革/ふ化のしやすさ予測/TOPICS/
太陽エネルギーで海水淡水化/動脈瘤のリアルな模型/多様なDNAカッター/
虫の足をすくうシワ/一緒にフェローフライ/熱で見るヘビの“目”/
ものをいうメッセージ/クモの脚の知性/ニュース・クリップ ほか
◇From Natureダイジェスト:生物時計を巻き戻して老齢マウスの視力を回復
◇ヘルス・トピックス:断続的断食
◇パズルの国のアリス:ヤマネの姪たちの大学訪問
◇BOOK REVIEW
『操作される現実』 井上 亨
『BIRTH いのちの始まりを考える講義』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか
◇科学のアルバム
◇サイエンス考古学
フロート板ガラス/列車の中央制御/冷静な業態転換/地球は固体か溶融体か?/犬たちの労働/甘いブドウ
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/11/25
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

  • 2020/09/25
    発売号

  • 2020/08/25
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年02月27日発売

目次: ○特製付録 太陽系マップ 二つのタイプの惑星たち

【特集】
●魅惑の火星を探る
古代の人々が「さまよえる星」と呼んで以来、火星は人類にとってとても気になる星。この謎めいた惑星を知りたいと、20世紀半ば以降、数々の探査機や探査車が送り出されている。
●私は死刑囚だった
米国では1973年以降、8700人以上が死刑宣告を受け、1500人以上の死刑が執行された。一方で、死刑宣告を受けたものの、その後、無罪であることがわかり、釈放された元死刑囚は182人に上る。無実の罪で服役し、その後、科学捜査の進展などによって身の潔白が証明された人たちだ。
●1本の線と国境紛争
カシミール地方の高地で起きたインドとパキスタンの国境紛争。地図上の1本の線が戦闘のきっかけだった?
●消えるドッグレース
ドッグレースは米国発祥のギャンブル。レース犬の扱い方に批判が高まり、全米から消えようとしている。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「福島第一原発 廃炉の現場」
自分にできることは何なのか?日本の工業技術や研究開発を現場目線で撮影してきた写真家が、福島第一原子力発電所の廃炉への歩みを記録しようと立ち上がった。事故から10年たった今も撮影を続けている。
●EXPLORE 探求するココロ
「化石の正体は?」「満月の晩に綱渡り」「焼けた森の生態系」「わなで作ったアート」「水をはじくガの羽」
●写真家の撮っておき

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「大阪の魔法瓶工場」
●今月の表紙:古代ギリシャでは戦いの神とされ、近代では高度な土木技術をもつ文明が栄えているとされるなど、火星は何千年にもわたって人類を魅了してきた。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/01/29
    発売号

  • 2020/12/28
    発売号

  • 2020/11/30
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/09/30
    発売号

  • 2020/08/28
    発売号

5 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

7 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2020年12月15日発売

目次: 特集 グリーン・リカバリーで日本経済を立て直す/再エネ発電の市場拡大/「トップリーダーに訊く『環境配慮型経営』」-日立造船・代表取締役社長兼COO・三野禎男氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/15
    発売号

  • 2019/09/17
    発売号

  • 2019/06/17
    発売号

8 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2021年02月25日発売

目次: ■2021年2月25日号の主な内容

■ニュース
・チケット大黒屋 入札でブランド古物市場
・イケア港北に中古家具 今夏までに全国9拠点へ
・尼崎に中古アウトドア店 ガレージブランド豊富に
・マーケットエンタープライズ 東証一部に上場
・無人古書店がライブ放送 8社に棚貸し、2500冊
・ダイヤ宝飾販売のエタニティー 資格公開で信頼度得
・難民雇用で社会貢献 中古PCのピープルボート
・シャネルアクセが爆謄 中古市場相場3~4倍に
・工具貸出も行うECサイト 「Re-USEs」
・出品画像の加工ツール MST
・企業向け書籍レンタル オフィスソリューション
・スマセルと提携してオフプライス店 エスピービー
・売場リニューアルで売上3倍 ヴィンテージ店「メビウス」
・2年で年商2億円に成長 SKRトライブ
・法人向け家具の月額レンタル アクセル
・海外のYouTubeが宣伝 ゼンマーケット
・韓国フリマアプリ日本進出 「タングンマーケット」
・コロナ閉店から復活 古着店「HAKUi」
・名古屋に米古着の卸店 予約制で3月オープン
・革靴修理のグルー 買取店とも連携
・ハードオフ 新潟に工具館オープン
・三洋堂書店 待ち時間なしのキャッシュレス買取
・オフィスカジュアルの月額レンタル ビズ服
・買取店運営の文太 旗艦店をリブランディング
・名古屋クラウンオークション 輸出向け商品の特化競り
・郵送の試着サービス リサイクルブティック「アンカス」
・宿泊施設にチェアレンタル 47インキュベーション

■トピックス
「税別表示」4月から違法に 「総額表示」注意点まとめ

4月1日より、消費税法の特例措置期間が終了し、消費税込の「総額表示」が消費者に対して必要となる。値札だけでなく、ポップやSNSでの表示も対象。法制上の注意点などをまとめた。

■トップインタビュー
オカモト リユース・マーケティング・カンパニー 野口泰弘カンパニー長
「コロナ下、冬スポーツで回復基調」

スポーツクラブや外食など多角化経営で年商1100億円超を上げるオカモト(北海道帯広市)。同社のリユース部門である「リユース・マーケティング・カンパニー」には昨年2月、野口泰弘氏がカンパニー長に就いた。コロナ下の状況を聞いた。

■コーナー
◎リユース×テクノロジー
古物商への浸透進む
「eKYC」とは

◎小トピック
コロナ下の防犯、大丈夫?
「1年で強盗増えている」

◎海外中古市場データ
電気製品・その他
「フィリピンへの家電・自転車輸出半減」

◎我が社の働き方
ブランド古着ネット販売のKLD(福岡県)
「note」で広報活動

◎リペアで進化するリユース
フィクサス・代表取締役古賀照也さん
「家具修理のすご腕職人」

◎グーグルマイビジネス実態調査
・コミット銀座…徹底した顧客管理で満足度4.9
・トレンドサーチ…ニトリで培った接客で☆4.4
・リ・スクエア パナル…掲示板的な活用で先手打ちライバル不在
・渡田質店…情報量増やし安心感を訴求

◎地方で輝く古書店
・な夕書(香川県)…完全予約制&真似できない空間
・古本喫茶ぬくぬく書店(長野県)…秘境の鉄道古書&漫画店

◎Voice~読者の声
テーマ「地震の被害と備え1」
①夜中に店に駆けつけ、割れた陶器やガラス製品を回収
(アメ商百貨店)
②出張予定は変更するも、市場の最中でなかったことに安堵
(ブランドリサイクルショップ アベル)

■連載
◎倒産1000本ノック?
ドンドンアップ代表取締まられ役の僕の話
「コケ倒しても、全てのコケはドンドンに通ず」

◎ブランド市場バイヤー 斎藤清の俺に学べ!!
「コロナなのに相場上昇」を読み解く
30年ぶり高騰株価に劣らぬ古物相場

◎交友録
万盛→中根ひち店
「30代前半に通いで修行」

◎遺品整理ダイヤリー
グローバルケア(東京都)
「訪問介護と自宅葬儀を実現」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2021/02/10
    発売号

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2021/01/10
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/25
    発売号

9 月刊アイソス

システム規格社

最大
17%
OFF
送料
無料

月刊アイソス

2021年02月10日発売

目次: ■3月号の特集は「ワンランク上を目指す審査員と受審組織のためのガイドライン」です。

■本特集では、ISOの認証によってマネジメントシステムのレベルをいかに向上できるか、現状のISO審査に対して35の指摘事例をもとに問題を提起し、審査側はもとより、特に受審組織に対して一層のレベル向上に向けた改善へのヒントを紹介します。執筆者は三戸部徹氏(アイエスオーミトベ事務所)です。

■Viewpoint this monthでは、『データ・ドリブン・エコノミー』(ダイヤモンド社)や『5G』(岩波新書)などの著作がある森川博之さん(東京大学教授)から、組織のデジタル化推進の鍵となる2つの要素、すなわち、①すべての制約がなくなっていく世界で『今、何が制約になっているか』に気づくこと、②すべてがデータでつながっていく世界で『ステークホルダー全体がWin-Winになる視点』を持つこと、について話を聞きました。


アイソス 2021年3月号(280号 2021年2月10日発売)

特集

ワンランク上を目指す
審査員と受審組織のためのガイドライン
執筆/アイエスオーミトベ事務所 三戸部 徹
【特集構成】
はじめに
Part 1 審査側・組織側の対応方法
Part 2 問題指摘事例の考察
Part 3 良い指摘事例から学ぶこと
Part 4 ISMS審査における考慮点
Part 5 認証組織の在り方と審査に対する心構え
おわりに


連載

■Viewpoint

リレー連載 第108回
5Gによって制約がなくなっていく時代に大事なのは
「仕事で何が制約になっているか」に気づくこと
取材先/東京大学大学院 工学系研究科 教授 森川 博之 氏

■Insight

ニッポンへの警告 周回遅れの現実を直視すべし
連載 第6回(最終回)   「お・も・て・な・し」という Japan Model ~ マニュアル化の罠 ~
執筆/東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

品質に貢献する、IoT・デジタル化のための情報基盤
連載 第6回(最終回) ソフトウェアの革新
執筆/山下技術開発事務所 代表 山下 克司

COVID-19を踏まえた国際ルール形成の潮流
~Before/With/Afterコロナにおけるルールの変化~
連載 第6回(最終回) With/Afterコロナにおける製造業の姿とは? :
3Dプリンティング技術(付加製造技術)活用の可能性と欧米によるルール形成動向
執筆/デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 マネジャー 橋田 貴子

■新しい国際規格の紹介

ISO/PAS 45005:2020(Occupational health and safety management -
General guidelines for safe working during the COVID-19 pandemic)
労働安全衛生マネジメント - COVID-19パンデミック下の安全な労働のための一般指針

■QCツール

QC手法 7のヒミツ
連載 第6回 新QC七つ道具(1)
執筆/東京大学名誉教授 飯塚 悦功

■マネジメント

組織を鍛えるマネジメント
~変化への柔軟な対応~
連載 第6回(最終回) マネジメントのできる強い組織を目指して
~新型コロナ感染対策から見えること~
執筆/株式会社クオリティ・クリエイション 代表取締役
(元トヨタ自動車株式会社 TQM推進部長) 古谷 健夫

■内部監査

内部監査の実践
連載 第12回(最終回) 監査結果は、商品価値として内部監査報告書に集約
執筆/株式会社LMJジャパン 主任講師 青木 明彦

■食品安全

認証機関からの提言
進化する食品安全マネジメントシステムを事業に活かすために
連載 第6回(最終回) 食品安全マネジメントシステムの今後の課題
執筆/株式会社日本環境認証機構(JACO) 審査本部 食品ビジネスユニット
審査本部長・食品ビジネスユニット長 水上 浩

■リスク管理

ISMS(ISO/IEC 27001)をベースにした企業のリスク管理
連載 第9回(最終回) まとめ : 今後の日本企業にとっての情報セキュリティ課題は何か
執筆/株式会社シーピーデザインコンサルティング 代表取締役社長 鈴木 靖

■SDGs

SDGs達成に貢献するISOマネジメントシステムとは?
連載 第6回(最終回) ISOマネジメントシステム認証制度はSDGs達成に貢献できるか?
執筆/マネジメントシステムアドバイザー 鈴木 信吾

■海外動向

ネットで読み解くリスクマネジメント海外事情
連載 第30回(最終回) リスクマネジメントの見直し
執筆/米戸 靖彦


And more

■全体目次
■ISO leading-edge trend
■編集後記/次号予告/広告目次など

参考価格: 1,980円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,650円

国内唯一のISOマネンジメントシステム専門月刊誌

  • 2021/01/09
    発売号

  • 2020/12/10
    発売号

  • 2020/11/10
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/09/10
    発売号

  • 2020/08/10
    発売号

海洋と生物の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌