人民中国の編集長インタビュー

編集長プロフィール

人民中国雑誌社
「人民中国」編集長 王衆一さん

おうしゅういち 『人民中国』総編集長。1963年生まれ。吉林大学で日本言語学を専攻、1989年に修士号取得。同年、人民中国に入社。1994年から東京大学で一年研修。日本映画の大ファン。コミュニケーションや、翻訳学、大衆文化など多岐にわたる研究をしている。著書に『日本韓国国家のイメージ作り』、訳書に『日本映画史100年(四方田犬彦著)』などがある。

編集長写真

第37回 人民中国 編集長 王衆一さん

中国と日本相互理解が重要なコンセプトなんです

―「人民中国」は中国のいまを知るのに便利な日本語雑誌ですが、「人民日報」と間違う人もいますよね。そもそもの貴誌の成り立ちを教えてください。

1953年の創刊号には周恩来の名前も
1953年の創刊号には周恩来の名前も
歴代支局長の私物が陳列されていた
歴代支局長の私物が陳列されていた

よく間違われますが全然違う媒体です。「人民中国」は、もともと1949年に中華人民共和国が成立して以来、中国のことを諸外国に知ってもらうために発行されてきた、いわば広報雑誌です。
当時の時代背景から、なかなか中国の情報を世界に発信することは困難だったのですが、それでも50年に英語版(「PEOPLE‘S CHINA」)、51年にロシア語版を出しました。冷戦時でしたので、東西2つの大国の言語で出すことに意義があったのでしょうね。
日本語版が出せたのが53年です。出版元は当時の外文出版社(中華人民共和国国務院直属)ですが、日本では本当に多くの愛読者に支持されてここまでやってこられました。
私は1998年末に編集担当の副社長に任命され、2007年総編集長に任命されました。2001年から私が編集長を務めています。

―創刊当初といまとではかなり内容も違うのでしょうね。

リニューアルにはそれぞれの時代背景が
リニューアルにはそれぞれの時代背景が
リニューアルにはそれぞれの時代背景が2
リニューアルにはそれぞれの時代背景が2

そうですね。「人民中国」は今年で創刊57年目ですが、創刊当時は世界的にイデオロギーの対立もあり、メディア自体が非常に硬いものでした。とにかく中華人民共和国という新しい国家の外交政策を、国交のない国々に伝えることが大事でしたから、いまとは様子が違いますね。
記事の内容をみても、創刊当初は中国の文化人や政治家の寄稿が中心でしたが、60年代に入ったころから日本人の寄稿も増えてきました。
中日関係は国交がない時代から、国交正常化や80年代初期のハネムーン時代を経て、いまやだんだんと「平常化」の時代にたどり着いたと思います。その全過程を見つめてきた「人民中国」は、時代 の変化や読者の新しいニーズに合わせて、何度かリニューアルを繰り返しています。
2001年にも新しい理念のもとで大きくリニューアルしました。オールカラーにして読みやすく、かつては中国発だったコラムも意識的に中国・日本が相互乗り入れできるようにしました。相互理解というのが編集上の需要なコンセプトですから。そうして中日複眼で世界を見るようになって、深みのある記事ができるようになったと思っています。
中国外文出版発行事業局の傘下で、「人民中国」のほかに「北京週報」「中国画報」の日本語版も長く出版してきましたが、これらは2000年にwebにシフトしてしまいました。
ですから「人民中国」はいま日本語の紙媒体として存続している唯一の媒体になっています。

―どういった流通をとっているのですか。

中国と日本で販売しています。日本では「東方書店」さんにディストリビューションをお願いしています。オンライン書店では富士山マガジンサービスさんにもお願いしています。
最初は中国で刷って日本に運んでいたのですが、05年からは中国と日本双方で印刷できるようになりました。

―読者はどういった人たちでしょうか。

基本的に中国に関心のある日本の人たちです。日本語を学ぶ中国人が読むケースも増えています。中国の大学で日本語教育をする場合、日本の教材を使う場合が多く、そのため現代をうまく説明できないといったことが多いんです。日本語の補助的な教材として、「日本語でいまの中国を説明する」能力をアップする役割を果たせますので、「人民中国」を読んでほしいと思って大学などに働きかけたりもしています。
また翻訳者を養成するというステージももっています。いまの中国語をいまの日本語にちゃんと翻訳できれば相互理解も深まるはずです。

―北京と東京にオフィスがあるわけですが、全部で何人のスタッフで編集しているのですか。

東京オフィスには2人が常駐
東京オフィスには2人が常駐

北京の雑誌の編集部は10人いますが、うち4人はカメラマンです。また、日本人スタッフを含めて翻訳・リライト部は9人います。東京支局は2人スタッフがいます。私は普段は北京にいますが、年に1回は出張で来日します。
そのほかにwebチームが5人いて、webサイトをつくっています(http://www.peoplechina.com.cn/)。今後、もっとお互い緊密に相互メリットがあるようなつくりにしていく予定です。webサイトのオリジナル記事もつくっていきます。
そして編集委員会というのが全体の上にあって月1回会議をします。そこで各部署から出てきた企画の検討をふくめた方針確認、戦略などを決めます。記事に関係する記者がそこに参加することもあります。

―取材や編集を進めるなかで、やりにくいことはないですか。

そんなにやりにくいことはないですね。「人民中国」はパパラッチしない雑誌ですから(笑)。
ただ、中国の地方などをよく取材するのですが、アテンドしてくれる人たちが自分たちのいいところばかりを見せようとするために、掘り下げにくい現実はあります。上海万博の取材でも、日本人と一緒に動いたのですが、日本人は厳しい質問をするのでとくに(笑)。
記事の中身に検閲があるのではないかと、よく日本の方から聞かれますが、事実上メディアが自主規制する場合はありますけど。 ただ、慣例に従う表記のチェックはあります。たとえば、「人民中国」の立場として「東シナ海」とは書きません。やはり「東海」と書きます。「内モンゴル」を使わずに「内蒙古」で表記します。

―読者ターゲットとか決めているのでしょうか。

本当は広報誌とはいえお金を出して買ってもらっている商業誌でもあるわけですから、読者ターゲットははっきりさせるべきなのでしょうが、なかなか絞り込めていないというのが現実です。
いま私は「3中」ということを言っています。「中年」「収入の中間」「政治の中間」です。ミドルエイジで平均的な収入があって、政治的には中間層の読者をアベレージと考えて編集しています。

―広告などもちゃんと入っていますよね。

そうです。中国を広く外国に紹介する国のPR媒体だといっても、ある程度商業的にも成り立つようにしないとダメだと思っています。いま広告は専門の代理店にお願いしていますが、webとの連動など、いろいろ知恵を使っています。
中国政府はわれわれのプロジェクトを支持してくれて、予算もつけてはくれますが、それだけでは不十分のところがあり、われわれは自分たちで努力して、いろいろ収入を確保するようにしているのです。日本の国立大学みたいな感じですよ。

―王さんは東京大学でも学ばれていますね。編集希望だったのですか。

はい。日本語を学ぶきっかけは高校2年のときです。私のいた瀋陽の高校には日本語クラスがあったんです。大学は吉林大学ですが、高校からの流れで日本語をとりました。ここではかなりまじめに勉強して大学院までいきました。日本語を学ぶうち、文化交流の仕事にがぜん興味が沸いてきて、編集の仕事に憧れるようになったんです。
そして89年に「人民中国」に入れてもらい、翻訳部からスタートしました。
それから日本外務省の招待で中国青年記者訪日団のメンバーとして初めて日本を訪問しました。湾岸戦争が終わった日で、読売新聞の号外をもらったのを覚えています。
でも日本の第一印象は、こりゃ大学で学んだ世界と違うなというものでした。やはりアカデミックな世界ではとても理解できない現実世界がそこにはありました。谷崎の陰翳礼賛的な世界は現代の東京とぜんぜん違いますね。日本はわれわれが学んだ以上に刺激的でおもしろい。これをしっかり伝えないとと思いました。
それから東大で1年学びましたが、ここでは様々な文化交流の機会や友人に恵まれ、わたしの元来のオタク志向(笑)とも合致して、いまの仕事の礎になっています。
私は四方田犬彦先生の「日本映画史100年」を中国語に訳しましたが、これなどは中国で映画関係や学生などにかなり影響を与えていると自負しています。

―かつて台湾や香港などでオタク・カルチャーの取材をして驚いたのは、日本人以上にいまの日本文化を知っている若者が多いということでした。

北京も同じだと思います。私もジャパンフリークですから(笑)。

―そうしたらwebだけじゃなく携帯コンテンツなどももっと考えていったほうがいいですね。

中国では携帯でニュースや小説を読む人が増えてきましたね。これからiPadなどが広がっていくと、ますますその傾向は加速すると思います。
日本では地下鉄などで、みな黙々と携帯で何か読んでいますね。メールしたり。ゲームしたり。
ところが中国の地下鉄だと、携帯で話し合う風景が随所見られ、やっぱり両国のマナーはだいぶ違うというところが面白いです(笑)。でも、最近地下鉄の中で携帯でニュースを読み、音楽を楽しみ、ゲームをする若い人が多くなってきましたね。

編集長の愛読誌

(2010年6月)

取材後記
インタビューを終えてから、王さんと食事をし、それから「東方」という雑誌のための対談をしました。話すうちに共通の友人、知人の名前がずらずら出てきて、な~んだ、そんなに近くにいた人だったんだと改めて思いました。
私は小柄でガラパゴス的進化を愛するタイプ、王さんは194センチの巨躯でジャパンフリーク。なんだかいまの日本と中国を象徴しているような気にもなってしまいました。大きな体を曲げて「僕はオタクですから」と告白されても(笑)、なかなかこっちもフォローが難しい。
北京に創造的なサブカルチャーの嵐が吹き荒れていた十数年前、私は芸術家の村を取材して回りました。尖がってるアーティストたちとの出会いはとても刺激的でした。魯迅以降、唯一全集を出せたと評判だった作家の王朔氏などにも会いました。その文体の革命児もいまは宗教的世界に行ってしまったとか。
王さんは瀋陽の生まれだということで、それではご両親は日本語がわかるのでは、と聞いてみました。思ったとおりお母様は戦前日本の医学校に留学したこともある才媛でした。そこまで聞いてお互い時間がなくなり、そこからの話は次回、ゆっくり北京でということになりました。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

人民中国の商品詳細

  • 出版社名:東方書店
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • サイズ:A4判
読めば「ワンダーランド中国」が見えてくる、中国情報総合誌
「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。

人民中国の無料サンプル

2014年1月号 (2014年01月05日発売)
2014年1月号 (2014年01月05日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   人民中国の目次配信サービス

人民中国を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

人民中国の所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌