• 雑誌:農耕と園芸
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 発行間隔:季刊
  • サイズ:B5
  • 雑誌:農耕と園芸
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 発行間隔:季刊
  • サイズ:B5

農耕と園芸 2022年12月号 (発売日2022年11月22日)

誠文堂新光社
特集1『トマトの増収・低コスト栽培技術』 トマト生産に関する試験研究のなかから、低コスト化、増収効果が見出された試験研究や、トマトのゲノム編集の手法を用いた品種改良の報告を紹介する。
特集2『カボチ...

農耕と園芸 2022年12月号 (発売日2022年11月22日)

誠文堂新光社
特集1『トマトの増収・低コスト栽培技術』 トマト生産に関する試験研究のなかから、低コスト化、増収効果が見出された試験研究や、トマトのゲノム編集の手法を用いた品種改良の報告を紹介する。
特集2『カボチ...

ご注文はこちら

2022年11月22日発売号単品
この商品は現在休刊となっております。

農耕と園芸 2022年12月号 (発売日2022年11月22日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
特集1 トマトの増収・低コスト栽培技術
食卓に上がる野菜として欠かせない存在のトマト。多くのトマト生産に関する試験研究のなかから、低コスト化、増収効果が見出された試験研究にフォーカス。また、トマトのゲノム編集の手法を用いた品種改良の報告を紹介する。

特集2 カボチャ類の貯蔵・栽培技術
ホクホクした食感と甘みが人々の口福をもたらすカボチャ。また、油と相性が良く
近年多くの料理で使われるようになったズッキーニについて、その省力技術や品
種・作期選定研究、また貯蔵についての試験研究を集めた。

取材
生産現場へGO!
豪雪地帯で60年 「南郷トマト」に新品種登場
「南郷トマト生産組合」組合長 小野 孝さん
メーカーと二人三脚 干ばつや大雨に負けないカボチャを作る
北海道当別町 JA 北いしかり南瓜生産組合 組合長 吉尾純一さん
新・季の花をたずねて 枝物 福島県郡山市 伊東利之さん
第64回 東京都野菜・花き種苗改善審査会 秋まきコマツナの部・キンギョソウの部
タキイ種苗(株)2022富士見『サマーフラワートライアル』開催(トルコギキョウ)
カネコ種苗(株)ユーストマ展示会2022
第64回 東京都野菜・花き種苗改善審査会 秋まきコマツナの部

◇新品種紹介 ダイヤ交配 カボチャ くり大将 解説/トキタ種苗(株)今井 明
◆クローズアップ! 昆虫が作り出すこぶ由来の化合物を活用して、新たなバイオスティミュラント資材の実現を目指す 京都府立大学 佐藤雅彦教授・京都府立大学 平野朋子准教授・京都産業大学 木村成介教授
◇収量・品質アップを狙え! 渡辺和彦の篤農家見聞録「魚かす肥料を使ったタマネギ栽培」
◆集中連載 エタノールが植物の乾燥耐性を高めることを発見! 理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チーム 戸高大輔、クラーム・バシール、関 原明
◇第43回施設園芸総合セミナー 第2部
◆花き研究の最前線 環境制御・省エネ技術④~スマート農業~ 東京都農林総合研究センター 主任研究員 岡澤立夫
◆新花き探索 イオクロマ・カリキヌム 月江成人
◇寺本卓也の農てんき-台風対策-
特集1『トマトの増収・低コスト栽培技術』 トマト生産に関する試験研究のなかから、低コスト化、増収効果が見出された試験研究や、トマトのゲノム編集の手法を用いた品種改良の報告を紹介する。
特集2『カボチャ類の貯蔵・栽培技術』 カボチャ、ズッキーニについて、その省力技術や品種・作期選定研究、また貯蔵についての試験研究を集めた。



目次
【連載】アグリニュース
【連載】新品種紹介 ダイヤ交配 カボチャ くり大将/解説:トキタ種苗(株)今井 明(解説100頁)
生産現場へGO!! 豪雪地帯で60年 「南郷トマト」に新品種登場 南郷トマト生産組合 組合長 小野 孝さん
特集1 トマトの増収・低コスト栽培技術
【特集1】トマトの促成長期栽培における増枝後の適正茎数と開始時期について/熊本県農業研究センター 農産園芸研究所 野菜研究室 研究参事 山並篤史
【特集1】果実サイズを減少させずに、トマトの果実糖度を上昇させるゲノム編集技術/名古屋大学大学院生命農学研究科 博士後期課程 川口航平、名古屋大学大学院生命農学研究科 准教授 白武勝裕
【特集1】トマトの摘花房処理による秋期増収効果/岡山県農林水産総合センター 農業研究所 高冷地研究室 山下尋揮
【特集1】夏秋トマトの「側枝2本仕立てセル苗」の直接定植による低コスト化/福島県農業総合センター 作物園芸部野菜科 主任研究員 横田祐未
【連載】クローズアップ! 農業最新技術 昆虫が作り出すこぶ由来の化合物を活用して新たなバイオスティミュラント資材の実現を目指す/京都府立大学 佐藤雅彦教授・京都府立大学 平野朋子准教授・京都産業大学 木村成介教授、取材・文:斉藤勝司
【連載】収量・品質アップを狙え! 渡辺和彦の篤農家見聞録「魚かす肥料を使ったタマネギ栽培」/(一社)食と農の健康研究所 理事長兼所長・農学(京大)博士・元東京農業大客員教授 渡辺和彦
【連載】CATCH UP エタノールが植物の乾燥耐性を高めることを発見!/理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チーム 戸高大輔、クラーム・バシール、関 原明
第43回施設園芸総合セミナー 第2部/取材協力:(一社)日本施設園芸協会、取材・文:保谷彰彦
【連載】花き研究の最前線 環境制御・省エネ技術④〜スマート農業〜/東京都農林総合研究センター 統括主任研究員 岡澤立夫
新・季の花をたずねて 福島県郡山市 伊東利之さん/文・写真:佐々木久満(メゾン・フルーリ—)
【連載】新花き探索 イオクロマ・カリキヌム/月江成人
特集2 カボチャ類の貯蔵・栽培技術
【特集2】差圧通風でカボチャの腐敗を防ぐ/地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 中央農業試験場 病虫部 病害虫グループ(防除技術) 新村昭憲
【特集2】抑制カボチャの着果は訪花昆虫による自然受粉で可能/鹿児島県農業開発総合センター 園芸作物部 野菜研究室 俵積田智也
【特集2】三浦半島地域におけるズッキーニのトンネル栽培に適する品種と作型/神奈川県農業技術センター 太田和宏*・高田敦之(*現:政策局政策部総合政策課)
メーカーと二人三脚 干ばつや大雨に負けないカボチャを作る 北海道当別町 JA北いしかり南瓜生産組合 組合長 吉尾純一さん/取材・文:三好かやの、撮影:杉村秀樹
第64回 東京都野菜・花き種苗改善審査会 秋まきコマツナの部/取材・文:丸山 純
第64回 東京都野菜・花き種苗改善審査会 キンギョソウの部/取材・写真:御園英伸
タキイ種苗(株)2022富士見『サマーフラワートライアル』開催(トルコギキョウ)/取材・写真:御園英伸
カネコ種苗(株)ユーストマ展示会2022/取材・写真:御園英伸
【連載】なるほど園芸用語 無菌発芽/藤重宣昭
【連載】農業経営のお得な情報!上手にお金を貯める話 VOL.46 Q:使わなくなった農業機械は廃棄しなくても経費にできるって、本当?/公認会計士 青木寿幸 
【連載】改訂版 ワンポイント花き育種学講座 第4回 種間雑種の作出・受粉から花粉発芽まで・花粉の発芽から受精まで/千葉大学名誉教授 三位正洋
【連載】寺本卓也の農てんき-厳寒・大雪への備え-
【連載】農のサイエンスQ&A Q:食物繊維はどのようなものか。/加藤哲郎
【連載】資機材ガイド
【連載】インフォメーション
【連載】市場情報
【連載】野菜作り1年生/坂木浩子
【連載】日本酒の情緒・みどりの本棚
次号予告
【連載】素晴らしき哉、害虫!【最終回】 キアゲハの幼虫/松橋利光

農耕と園芸 2022年11月22日発売号掲載の次号予告

特集1 イチゴの栽培技術 研究・最前線
特集2 品目別研究 ブドウ
連載
●新・季の花をたずねて
●花き育種学講座
●新品種紹介
●花き研究の最前線
●クローズアップ!農業最新技術
●篤農家見聞録 ほか
※都合により、誌面内容が変わることがあります。

農耕と園芸の内容

園芸農家のための総合園芸誌
1926年創刊。創刊当初は「実際園芸」の誌名で発行し、戦争で一時休刊、戦後の復刊にあたり、農業振興の内容を表すため「農耕と園芸」と改題し、野菜・花・果樹園芸を中心とした総合園芸誌となった。園芸作物を毎年安定して生産するための栽培技術をはじめ、早期出荷や高品質化のためのハウスや温室を使った栽培、それらに関する品種や作型、管理法のほか、新しい栽培法に関する研究やその成果、資材・機器の情報などを紹介し、園芸農家や一般生産者、技術者に対しての生産技術と経営事例などから具体的内容を誌面で提供している。

農耕と園芸の無料サンプル

2022年12月号 (2022年11月22日発売)
2022年12月号 (2022年11月22日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

農耕と園芸の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

農耕と園芸の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.