dancyu(ダンチュウ) 2010.5月号 (発売日2010年04月06日) 表紙
  • 雑誌:dancyu(ダンチュウ)
  • 出版社:プレジデント社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月6日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]980円 [デジタル版]960円
dancyu(ダンチュウ) 2010.5月号 (発売日2010年04月06日) 表紙
  • 雑誌:dancyu(ダンチュウ)
  • 出版社:プレジデント社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月6日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]980円 [デジタル版]960円

dancyu(ダンチュウ) 2010.5月号 (発売日2010年04月06日)

プレジデント社
人生が変わる、たまご料理

名料理人の感動レシピ集

「ゆでたまご」が、幸福なご馳走になる!
狐野扶実子のウフ・マヨネーズ

“世界一”の秘密を初公開!
「bills」のスクランブルエッグ

白身も主役...

dancyu(ダンチュウ) 2010.5月号 (発売日2010年04月06日)

プレジデント社
人生が変わる、たまご料理

名料理人の感動レシピ集

「ゆでたまご」が、幸福なご馳走になる!
狐野扶実子のウフ・マヨネーズ

“世界一”の秘密を初公開!
「bills」のスクランブルエッグ

白身も主役...

ご注文はこちら

2010年04月06日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
18%
OFF
800円 / 冊
2024年02月06日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けします!

dancyu(ダンチュウ) 2010.5月号 (発売日2010年04月06日) の目次

人生が変わる、たまご料理

名料理人の感動レシピ集

「ゆでたまご」が、幸福なご馳走になる!
狐野扶実子のウフ・マヨネーズ

“世界一”の秘密を初公開!
「bills」のスクランブルエッグ

白身も主役!朝ごはんが変わる
飯島奈美の目玉焼き

この出会いは世界最強である!
「日本料理 龍吟」のたまごかけご飯

【これぞお薦め!技ありの味】
極上のきめと弾力 ◎加藤堅二郎「大阪寿司 大〆」
・贅なる錦糸たまご

濃厚ソースとポーチドエッグ ◎佐藤 剛「ジランドール」
・感激のエッグベネディクト

だしをふくませた卵がふわり ◎神田裕行「かんだ」
完璧なたまごとじ

味のしみ込んだ黄身が、芯からトロリ ◎磯 康城「まる玉」
・奇跡の煮たまご

炎で燻した香りをまとわせる ◎西岡英俊「CHEF’S」
・炎のたまごトマト炒め

黄身を白身の2倍使って濃厚に ◎伊原靖友「ツオップ」
・至福のたまごサンド

【世界の名物料理に大喝采】
香味にとろける卵が米を呼ぶ ◎氏家アマラー昭子
・魅惑のタイ式かに玉カレー

ふわーっと膨らむ穏やかな味わい ◎金 順子「おんがね」
・韓流茶碗蒸しケランチム

チョリソーと生ハム入り ◎太田修一郎「ロス レイエス マーゴス」
・情熱のフラメンカエッグ

干し大根の旨味と食感 ◎斎 風瑞「ふーみん」
・しみじみ台湾式たまご焼き

【甘~い、たまごの誘惑】
生クリームを使わない正統派 ◎小西雅子
・なめらかプリン

口の中で優しくほどける ◎平野由希子
・ふわふわスフレオムレツ

火の力、鍋の技、油の量で 文・森脇慶子
中華の卵は劇的大変身!

才気縦横なる哲学系シェフがものする卵料理とは 文・宮下裕史
谷昇と小林幸司の「哲学する卵」

今も現役! 玉子とじ蕎麦、釜焼き玉子、笹巻き寿司…… 文・杉本伸子
江戸を味わうたまご料理

白、赤、青…。卵の色には理由があった! 文・山本謙治
本当に「旨い卵」を探す

卵コラム
●うずらは「ゴキッチョー」と鳴く
●一日5個食べても大丈夫!
●白身だってがんばってるんです

人はなぜ“半熟”に歓声を上げるのか!?
「たまごめし」が愛される理由

おいしい「家ごはん」「家飲み」は
旬の素材を生かしてこそ

築地の目利きが薦める旬の食材図鑑 [野菜編]

たけのこ、そら豆、新じゃが……
爽快な甘味と苦味を楽しもう

【野菜レシピ】
教える人・濱崎龍一「リストランテ濱崎」 提供・東京ガス
新玉ねぎとフレッシュトマトのパスタ

【野菜レシピ】
教える人・浜内千波 料理研究家 提供・かどや製油
たけのこ、アスパラ、根菜の香り揚げ

【野菜レシピ】
教える人・園山真希絵 料理研究家
スプリングナムル、アスパラチヂミ……

築地の目利きが薦める旬の食材図鑑 [魚介編]
タイ、アジ、イカ、アサリ……
繊細な旨味を堪能しよう

【魚介レシピ】
教える人・菊地美升「ル・ブルギニオン」 提供・明治乳業
アサリとイカのワイン蒸し

【魚介レシピ】
教える人・村田明彦「鈴なり」 提供・霧島酒造
カツオの香草たたき 漁師風

【魚介レシピ】
教える人・服部優希 「八丈島 ゆうき丸」
真鯛の酒蒸し、アサリの酒蒸し……

その他の注目記事

旬探訪
文・小西由稀
北海道のミルクラムと
ホワイトアスパラガス

名店直伝 野菜料理 第13回
教える人・前沢リカ「七草」
春の香草うどん

食の革命家たち [19]
インド産の生マンゴーを日本に上陸させた男
増田泰観
印度料理シタール社長

厳選「取り寄せ」カタログ [230]
進化する「かりんとう」

好評連載
私的読食録 [38] 文・堀江敏幸
『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』与那原 恵著

台所の時間 [101] 文・平松洋子
浸す

小山薫堂の一食入魂 [107]
そのすき焼きは一人前がハッキリしていて
不公平が生じない素晴らしいシステムであった

バーテンダーは謳う [41] 文・枝川公一
Bar Caruso
鈴木建太

ほか

dancyu(ダンチュウ)の内容

本物志向をベースに食の豊かさ・楽しさを追求!本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届けします。
1990年12月。 日本初の本格的な食のエンターテインメントマガジンとして出発したdancyuは、時代の大きな潮流である本物志向をベースに「食」の豊かさ・楽しさを追求。 その結果として、現在では男女の隔たりなく料理のプロや流通関係者も含めて、「食」にこだわる人々に最も信頼されるメディアとなっています。様々な食ブームの発信源でもあるdancyu。 そして、「食のオピニオンリーダー」といわれる読者の世界を紹介します。

dancyu(ダンチュウ)の無料サンプル

2024年1月号 (2023年12月06日発売)
2024年1月号 (2023年12月06日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

dancyu(ダンチュウ)の目次配信サービス

dancyu(ダンチュウ)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

dancyu(ダンチュウ)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

dancyu(ダンチュウ)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.