• 雑誌:dancyu(ダンチュウ)
  • 出版社:プレジデント社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月6日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]980円 [デジタル版]960円
  • 雑誌:dancyu(ダンチュウ)
  • 出版社:プレジデント社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月6日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:[紙版]980円 [デジタル版]960円

dancyu(ダンチュウ) 2011年2月号 (発売日2011年01月06日)

プレジデント社
人生が変わる味噌汁

夜には夜の、朝には朝の一杯にうっとり
忘れられない味は温泉宿にあり

道元禅師から受け継がれる教え ●文・藤原智美
永平寺の味噌汁

400年の歴史と伝統が育んだ、白味噌使いの知...

dancyu(ダンチュウ) 2011年2月号 (発売日2011年01月06日)

プレジデント社
人生が変わる味噌汁

夜には夜の、朝には朝の一杯にうっとり
忘れられない味は温泉宿にあり

道元禅師から受け継がれる教え ●文・藤原智美
永平寺の味噌汁

400年の歴史と伝統が育んだ、白味噌使いの知...

ご注文はこちら

2011年01月06日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
18%
OFF
800円 / 冊
2024年06月06日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けします!

dancyu(ダンチュウ) 2011年2月号 (発売日2011年01月06日) の目次

人生が変わる味噌汁

夜には夜の、朝には朝の一杯にうっとり
忘れられない味は温泉宿にあり

道元禅師から受け継がれる教え ●文・藤原智美
永平寺の味噌汁

400年の歴史と伝統が育んだ、白味噌使いの知恵と技 ●文・平松洋子
京都「瓢亭」おもてなしの心
●白味噌汁、九条ねぎと帆立貝柱と油揚げのぬた、伊勢海老の具足煮……

藤沢周平作品に見る、酒の肴としての一杯 ●料理制作・山崎美香「御料理 山さき」
酒と味噌汁
●なめこ汁、蟹の味噌汁、筍の味噌汁、金頭の味噌汁

奥村彪生さんが再現。日本人の知恵が生んだ偉大な産物
芋がらでつくる戦国時代の即席味噌汁


感動を呼ぶ一杯のつくり方

土井善晴さんが教える、おいしい秘密
●シンプル編…大根と油揚げ、落とし卵の味噌汁
●貝編…しじみ、あさりの味噌汁
●具だくさん編…さつま汁、たら汁
●だしいらず編…焼きキャベツ、すいとんの味噌汁

豚バラのかたまり肉でつくる
飯島奈美さん直伝。主役の「豚汁」

クレソンと胡桃、れんこんのすり流し、ごぼう、紫蘇納豆汁、ゲソとお揚げ
オカズデザインの、今日からこれが新定番


名人たちが考える味噌と味噌汁のおいしい関係

2011年 味噌蔵の主張
はるこま屋 栃木・那珂川
●日本一贅沢な味噌をつくり続ける
まるや八丁味噌 愛知・岡崎
●日本で一番小さな八丁味噌の蔵

●文・遠藤哲夫
みんなの「味噌汁ぶっかけめし」


冬の「味噌料理」五番勝負

「花冠」皮ごと焼いた大根の香ばしさに、濃厚な八丁味噌のパンチ力
焼大根の田楽

「花冠」ふんわりはんなり、京都生まれの味噌と大根が見事に調和
風呂吹大根

「あんこう屋 高はし」強火でガーッと牡蠣の旨味を閉じ込める
牡蠣豆腐

「竹やぶ 柏本店」秘伝のアテは、ちびりちびりが正統派
焼き味噌

「人形町 今半」まろやかな味噌が和牛を包む
牛肉の味噌漬焼き


パリ&東京、五つの名品
オニオングラタンスープ

どっしり、しっかり、食べごたえあり。これぞ、パリっ子が大好きな味
●「カフェ・ド・ラ・ペ」パリ

キリリとしたスープとシャッキリとした玉ねぎのバランスが最高!
●「オ・リヨネ」パリ

三ツ星シェフの手によるオニオングラタンは、洗練の極み
●「ル・ムーリス」パリ

玉ねぎの甘味をギリギリまで引き出しながら、軽やかな味わいに仕上げる
●「ルカンケ」東京・白金台

とことん炒めた玉ねぎと、カリカリチーズがインパクト大
●「シェ・アズマ」東京・代官山


その他の注目記事

話題のあの味を食べ尽くす ●文・石田ゆうすけ
「焼き小籠包」をめぐる旅

厳選「取り寄せ」カタログ [238]
取り寄せサイトdancyu.com 第3弾
●フレッシュフルーツジャム ジャムクラフトとりはた (山梨)
●安納芋の焼き芋 紫芋・安納芋Orga種子島 (鹿児島)
●完熟おろしりんご 三浦醸造(青森)
●無添加ソーセージ7種 ぐるめくにひろ(東京)
●緑・黄大豆の豆乳セット ふうせつ花(岩手)
●飯漬け鮒寿司 総本家喜多品老舗(滋賀)
●鳴門炭干しわかめ 佐藤松(徳島)
●古代豚 白石農場(埼玉)
●鴨の生ハム いしおか(青森)
●焼きプリン MARLOWE(神奈川)

アンジャッシュ・渡部 建
博多の冬の旨いもんを食べ尽くす!

高知、四万十川源流域で出会った、すごい干し椎茸とその料理
干し椎茸ステーキが最高です!

“元気”がたくさん詰まっています
今こそ、みかんを食べよう!


好評連載

築地、旬ばなし 文・福地享子
日本人はマグロを食べ尽くしてきただけではない

白子のバター焼きが絶品
マダラ

色も形もバリエーション豊富
カリフラワー

自分に贈る誕生日のケーキ[2]
「ラ・ヴィエイユ・フランス」木村成克

マダムと女将[8] 文・宮下裕史
「竹やぶ 柏本店」阿部栄子

狐野扶実子の東京ビストロ案内[6]
ブッフ・ブルギニヨンは伝統の味が一番
「ビストロ ド・ラ・シテ」西麻布

名店直伝 野菜料理 第22回 文・野地秩嘉
教える人・小林武志「御田町 桃の木」
白菜の卵白炒め

おいしく 愉しく 食べてこそ[最終回] 文・吉本隆明
梅色吐息

私的読食録 [47] 文・角田光代
『まんが道』藤子不二雄A
中公文庫コミック版

台所の時間 [110] 平松洋子
ソース&ケチャップ

小山薫堂の一食入魂[114]
いつかグーグルに入りたい。

バーテンダーは謳う [50] 文・枝川公一
Logensitz
難波宏行

Information

dancyu(ダンチュウ)の内容

本物志向をベースに食の豊かさ・楽しさを追求!本音で食べたい、カレー、パスタ、寿司、イタリアンなど、最新かつ最高峰の情報を徹底的に掘り下げてお届けします。
1990年12月。 日本初の本格的な食のエンターテインメントマガジンとして出発したdancyuは、時代の大きな潮流である本物志向をベースに「食」の豊かさ・楽しさを追求。 その結果として、現在では男女の隔たりなく料理のプロや流通関係者も含めて、「食」にこだわる人々に最も信頼されるメディアとなっています。様々な食ブームの発信源でもあるdancyu。 そして、「食のオピニオンリーダー」といわれる読者の世界を紹介します。

dancyu(ダンチュウ)の無料サンプル

2024年5月号 (2024年04月06日発売)
2024年5月号 (2024年04月06日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

dancyu(ダンチュウ)の目次配信サービス

dancyu(ダンチュウ)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

dancyu(ダンチュウ)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

dancyu(ダンチュウ)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.