検査と技術 発売日・バックナンバー

全219件中 151 〜 165 件を表示
1,650円
■病気のはなし
閉塞性動脈硬化症(海老澤 聡一朗・池田 宇一)

■技術講座
生理◆シリーズ 乳房超音波検査・4
病変の超音波像:腫瘤(1)限局型腫瘤(壬生 明美)
免疫血清◆QFT[クォンティフェロン(R)TBゴールド:第3世代]の有用性と検査実施上の注意点(森 亨・原田 登之)
血液◆顆粒球機能検査(東 克巳)

■オピニオン
救急医療での臨床検査技師の役割(福塚 勝弘)

■疾患と検査値の推移
劇症1型糖尿病(芳川 篤志・今川 彰久)

■ワンポイントアドバイス
採血の事故防止対策(恩田 清美)

■今月の表紙
ワルチン腫瘍(樋口 佳代子)

■Laboratory Practice
<生化学>異常値の原因と発見の糸口(後編)
 ―分析段階での発見(中野 幸弘)
<移植医療>移植医療と検査(8) 造血幹細胞移植におけるHLA適合性(一戸 辰夫)
<微生物>マクロライド耐性肺炎マイコプラズマ(山口 徹也)
<生理>心臓CT検査と心臓カテーテル検査における放射線皮膚被曝線量の低減(今関 雅晴)
<輸血>安全な輸血実施のために―日赤血液センターの体制(2)
 血液センターの集約化による検査法の統一化(平 力造)

■ラボクイズ
細胞診(丸川 活司)
3月号の解答と解説
★後藤 美江子・髙橋 孝

■臨床医からの質問に答える
心エコー図検査で心膜液の量はどうやって計っているのですか?(伊藤 記彦)

■検査値を読むトレーニング 信州大学R-CPC
第4回 腰痛がひどく歩けなくなり入院した20代女性(本田 孝行・菅野 光俊)

■トピックス
血中遊離癌細胞(CTC)(矢形 寛)
医療技術者,特に臨床検査技師を取り巻くグレーゾーン(小沼 利光)

■臨床検査のピットフォール
酵素活性と酵素結合免疫グロブリン(森山 隆則)

■けんさ外国語会話
第16回 呼吸機能検査(1)〈英語編〉(医療通訳研究会)
1,650円
■病気のはなし
化膿性脊椎炎(井上 玄・高橋 和久)

■技術講座
生化学◆ドライケミストリー
 多層フィルムの科学(杉原 充)
生理◆光トポグラフィー検査(NIRS)による脳機能測定
(福田 正人・吉田 寿美子・杉村 有司・小川 勝・大渓 俊幸・樋口 智江・内山 智恵・安井 臣子)
生理◆シリーズ 乳房超音波検査・3
正常乳房の超音波解剖とそのバリエーション(佐久間 浩)

■今月の表紙
充満型胆嚢癌(内藤 善哉・彭 為霞・上田 純志)

■ワンポイントアドバイス
呼吸抵抗測定におけるマウスピースの影響(内田 明美・吉子 健一・伊藤 理)

■ラボクイズ
微生物検査(後藤 美江子・髙橋 孝)
2月号の解答と解説(北村 弘文・亀子 光明)

■Laboratory Practice
<移植医療>移植医療と検査(7) 肝移植後の合併症の病理(宮川(林野) 文・羽賀 博典・上本 伸二)
<病理>腸管スピロヘータ症の組織像と有用な染色(立石 陽子・船田 信顕)
<管理運営>データの2次利用の視点からみた臨床検査情報の活用(片岡 浩巳)
<生化学>異常値の原因と発見の糸口(前編)
 ―分析前段階でのチェックおよび精度管理での発見(中野 幸弘)
<輸血>安全な輸血実施のために―日赤血液センターの体制(1)
 「血液事業の広域運営体制」の導入について(小野 裕)

■疾患と検査値の推移
結核(猪狩 英俊)

■検査値を読むトレーニング 信州大学R-CPC
第3回 救急車にて来院し入院した60代女性(本田 孝行・菅野 光俊)

■臨床医からの質問に答える
輸血のトリガー値―赤血球輸血は?(長井 一浩)

■臨床検査のピットフォール
心電図自動診断の落とし穴(谷内 亮水)

■トピックス
前立腺生検後の尿中に認められる特殊赤血球
(上東野 誉司美・八木 靖二・友田 美穂子・吉羽 勢津子・滝澤 久暢・三宅 一徳)
癌細胞の上皮間葉転換(斉藤 正夫)

■けんさ外国語会話
第15回 心臓エコー検査〈タガログ語編〉(医療通訳研究会)
1,650円
■病気のはなし
慢性膵炎(下瀬川 徹)

■技術講座
生理◆重心動揺検査
検査法と評価法(山本 昌彦・吉田 友英)
輸血◆血液(自己血)の凍結保存法(川端 みちる・曽根 伸治)
生理◆シリーズ 乳房超音波検査・2
検査法と画質調整(尾羽根 範員)

■オピニオン
前立腺癌とPSA検査(伊藤 一人)

■今月の表紙
篩・モルラ型乳頭癌(廣川 満良・樋口 観世子・太田 寿)

■ラボクイズ
生化学検査(北村 弘文・亀子 光明)
1月号の解答と解説(仲 広志)

■Laboratory Practice
<一般>尿沈渣検査:上皮細胞の鑑別(3) 良性細胞と癌細胞の鑑別(猪浦 一人)
<病理>liquid-based cytologyの非婦人科検体への応用(尿・体腔液)(平 紀代美・中島 真奈美・山城 勝重)
<生化学>日常検査データの精度保証を目的とした「臨床検査精度保証教本」の活用(細萱 茂実)
<移植医療>移植医療と検査(6) 肝移植におけるalloantibodyの意義(江川 裕人)
<一般>水溶性ビタミンの負荷試験による尿中排泄の経時的推移について(滝澤 旭)

■ワンポイントアドバイス
検査に利用される放射線量と放射線障害を起こす量の関係(中川 恵一・作美 明)

■検査値を読むトレーニング 信州大学R-CPC
第2回 寝たきり状態になり入院した40代女性(本田 孝行・菅野 光俊)

■臨床医からの質問に答える
輸血のトリガー値―新鮮凍結血漿は?(山本 晃士)

■トピックス
免疫組織化学でのTSA(tyramide signal amplification)増感法(山田 健人)
間質性肺炎の血清マーカーとしてのペリオスチン(出原 賢治・太田 昭一郎・白石 裕士・有馬 和彦・鈴木 章一)

■臨床検査のピットフォール
抗CEA自己抗体によるCEAの低値現象(阿部 正樹・俵木 美幸・海渡 健)

■けんさ外国語会話
第14回 心臓エコー検査〈スペイン語編〉(医療通訳研究会)
1,650円
■病気のはなし
ギラン・バレー症候群(楠 進)
■技術講座
生理◆シリーズ 乳房超音波検査・1
【総論】検診から治療に至る超音波検査の位置づけ(橋本 秀行)
一般◆『尿沈渣検査法2000』の改訂版,「尿沈渣検査法GP1-P4」のポイント
(宿谷 賢一)
遺伝子◆病理標本を用いたDNAシークエンスの方法と実際
(北澤 荘平・近藤 武史・中川 みく・藤石 琴・原口 竜摩・北澤 理子)
■ラボクイズ
超音波検査(仲 広志)
2011年12月号の解答と解説(丸川 活司)
■オピニオン
これからの臨床検査部を考える(栁原 克紀)
■疾患と検査値の推移
橋本病―変動するその病態(小澤 安則)
■ワンポイントアドバイス
クロスコンタミネーション・キャリーオーバー回避プログラムの活用
(山舘 周恒)
■今月の表紙
非浸潤性乳管癌(森谷 卓也・中川 美名子)
■Laboratory Practice
<病理>病理検査 ISO 15189(吉子 健一・松本 祐之・中村 栄男)
<移植医療>移植医療と検査(5) 肝臓移植における血小板動態
(菅原 寧彦・田村 純人・國土 典宏)
<一般>尿沈渣検査:上皮細胞の鑑別(2)細胞質の特徴(猪浦 一人)
<病理>perforinとgranzyme B(大田 泰徳)
■検査値を読むトレーニング 信州大学R-CPC
第1回 腹痛にて入院した60代女性(本田 孝行・菅野 光俊)
■臨床検査のピットフォール
尿定性検査と尿沈渣検査の乖離(佐々木 正義)
■臨床医からの質問に答える
日常検査で検出対象としている細菌・真菌(相原 雅典)
■トピックス
医療現場におけるスマートフォンの活用(山崎 友義)
血清リン脂質の質量分析とその臨床応用(日高 宏哉)
■けんさ外国語会話
第13回 心臓エコー検査〈韓国語編〉(医療通訳研究会・金 静愛)
1,540円
■病気のはなし
解離性大動脈瘤(松村 誠)

■技術講座
血液◆トロンビン生成試験(松本 智子・嶋 緑倫)
病理◆コイロサイトーシスの概念・病態と細胞像・組織像(加藤 智美・安田 政実)
疾患と検査値の推移◆慢性閉塞性肺疾患における呼吸機能と血液ガスデータの変動
(東條 尚子)

■オピニオン
技師として,教育者として(今井 宣子)

■今月の表紙
いわゆる“虚血性心筋症”
(田中 道雄・常深 あきさ・梅田 茂明・北條 林太郎・石川 妙・手島 保)

■ラボクイズ
細胞診(丸川 活司)
11月号の解答と解説(伊瀬 恵子)

■ワンポイントアドバイス
免疫染色における抗体管理の一工夫
(齋藤 広樹・田島 秀昭・荒川 文子・石井 幸雄・當銘 良也・石田 剛)

■臨床検査のピットフォール
不規則抗体検査のピットフォール―不規則抗体検査が陰性でも,不規則抗体は陰性ではない
(曽根 伸治)

■Laboratory Practice
<一般>尿沈渣検査:上皮細胞の鑑別(1)細胞の大きさ・形(猪浦 一人)
<血液>進化する採血(大西 宏明)
<救急>急変時の対応(救急蘇生のABC)(武井 康悦)
<移植医療>移植医療と検査(4)腎移植におけるflow cytometry crossmatch(FCXM)の重要性
(杉谷 篤)

■トピックス
一般検査におけるバーチャルソフトウェア「サイトロン」の活用法
(奈良 豊・扇田 智彦・岩田 敏弘・岡田 茂治・河野 哲也・猪浦 一人)

■けんさ外国語会話
第12回 心臓エコー検査〈中国語編〉(医療通訳研究会)
1,540円
■病気のはなし
皮膚の悪性リンパ腫(濱田 利久・岩月 啓氏)

■技術講座
病理◆HER2検査・病理診断の精度管理(増田 しのぶ)

病理◆脳脊髄液の細胞診(小松 京子・藤山 淳三・宍戸-原 由紀子)

■疾患と検査値の推移
妊娠高血圧症候群(梁 善光)

■オピニオン
日本乳腺甲状腺超音波診断会議(JABTS)の実力評価試験(白井 秀明)

■今月の表紙
限局性結節性過形成(FNH)(内藤 善哉・片山 博徳・細根 勝)

■ラボクイズ
一般検査(伊瀬 恵子)

10月号の解答と解説(信岡 祐彦・瀧宮 顕彦)

■ワンポイントアドバイス
透析のシャント部をうまく描出するには?(富田 則明)

■Laboratory Practice
<生理>心室中部閉塞性肥大型心筋症(MVO)を心エコーで診る(沖野 久美子)

<生理>下大静脈の計測法(種村 正)

<微生物>ノロウイルス抗原検査キット(クイックナビTM-ノロ)の使用法(加藤 大介)

<移植医療>移植医療と検査(3)生体腎移植時のドナーの検査および評価(イヌリンクリアランスを中心に)
(角田 洋一・矢澤 浩治・高原 史郎)

<病理>新しい組織アレイ作製方法,スパイラルアレイの病理部門への応用(堀 隆・田中 伴典・福岡 順也)

■トピックス
心機図検査装置:MES-1000(吉田 史)

赤外スペクトル解析による無試薬・簡便なカイロミクロン-TGとVLDL-TGの測定(佐藤 謙一・野村 文夫)

■けんさ外国語会話
第11回 心臓エコー検査〈英語編〉(医療通訳研究会)
1,540円
■病気のはなし
子宮頸部腺癌(加来 恒壽・渡辺 寿美子・末次 美子)

■技術講座
病理◆ASC-USとASC-Hの問題点(伊藤 仁・加戸 伸明・宮嶋 葉子)
病理◆胃癌HER2検査の意義と判定基準(石田 道拡・九嶋 亮治)

●臨床検査技師学校・養成所一覧

■疾患と検査値の推移
高カルシウム血症(木下 祐加・福本 誠二)

■オピニオン
ブランチラボの効果(佐野 道孝)

■今月の表紙
サイログロブリン遺伝子異常症(廣川 満良・樋口 観世子・太田 寿)

■ラボクイズ
超音波検査(信岡 祐彦・瀧宮 顕彦)
9月号の解答と解説(伊瀬 恵子)

■臨床検査のピットフォール
血清クレアチニン値による腎機能評価のピットフォール(片桐 大輔・土井 研人・野入 英世)

■臨床医からの質問に答える
アンモニア,ACTH,レニン測定などの検体はなぜ採取後直ちに
氷冷しなければならないのでしょうか(佐藤 真由美・川崎 理一・米山 彰子)

■Laboratory Practice
<一般>尿沈渣検査における付加価値情報提供の実践と意義(宿谷 賢一・田中 雅美・横田 浩充・下澤 達雄・矢冨 裕)
<遺伝子>細胞診検体を用いた遺伝子検査のすすめ―細胞検査士のnew horizon―(池田 聡)
<診療支援>クリニカルパスと臨床検査(杉山 昌晃)
<移植医療>移植医療と検査(2) 脳死移植の現状(中山 恭伸)

■トピックス
静脈可視化装置(平沢 修)
習慣流産とアネキシンA5遺伝子多型(宮村 浩徳・西澤 春紀・宇田川 康博・倉橋 浩樹)

■けんさ外国語会話
第10回 心電図検査〈タガログ語編〉(医療通訳研究会)
5,060円
序(菅野 治重)

総論(松尾 収二)

I 生化学
血中アンモニア〔NH3〕(青嶋 弓恵・秋澤 忠男)
グルコース《血糖,ブドウ糖》(目黒 周・渡部 直美・武井 泉)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ〔AST〕《GOT》(前川 真人)
アラニンアミノトランスフェラーゼ〔ALT〕《GPT》(前川 真人)
乳酸脱水素酵素〔LD〕《LDH》(前川 真人)
アミラーゼ(小川 善資)
総ビリルビン(大澤 進)
ナトリウム〔Na〕(猪田 猛久・松尾 収二)
カリウム〔K〕(猪田 猛久・松尾 収二)
カルシウム〔Ca〕(山内 一由)
尿素窒素〔BUN〕(久野 芳裕・秋澤 忠男)
総蛋白・アルブミン(村本 良三)
尿酸〔UA〕(西岡 久寿樹・友利 新)
クレアチニン〔Cr〕(布田 典子・秋澤 忠男)
クレアチンキナーゼ〔CK〕《クレアチンホスホキナーゼ〔CPK〕》(高木 康)
アルカリホスファターゼ〔ALP〕(高木 康)
コリンエステラーゼ〔ChE〕(高木 康)
乳酸(嶋田 昌司・松尾 収二)
血液ガス(嶋田 昌司・松尾 収二)
ヘモグロビンA1c〔HbA1c〕(目黒 周・渡部 直美・武井 泉)
浸透圧(血清)(倉村 英二・松尾 収二)
C反応性蛋白〔CRP〕(山田 俊幸)

II 血液
白血球数〔WBC〕(辻岡 貴之・通山 薫)
ヘモグロビン〔Hb〕《血色素》(辻岡 貴之・通山 薫)
血小板数〔Plt〕(矢冨 裕)
血液像(矢冨 裕)
プロトロンビン時間〔PT〕(渡邉 眞一郎)
フィブリノゲン(渡邉 眞一郎)
フィブリン/フィブリノゲン分解産物〔FDP〕(渡邉 眞一郎)

III 輸血検査
血液型(曽根 伸治)
不規則抗体および抗血小板抗体・抗HLA抗体(曽根 伸治)

IV 微生物
微生物が検出された場合に医師に緊急に報告すべき検体
髄液(石和田 稔彦)
微生物が検出された場合に医師に緊急に報告すべき検体
血液―特に危険な細菌・真菌(舟田 久)
検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
Streptococcus pyogenes(劇症溶血性レンサ球菌感染症)(渡邉 栄三・織田 成人)
検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
Legionella spp.(草野 展周)
検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
腸管出血性大腸菌(大西 健児)
検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
Clostridium perfringens,Clostridium septicumなどのガス壊疽菌群(渡邉 邦友・田中 香お里)
感染防止対策上,検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
インフルエンザウイルス(猪狩 英俊)
感染防止対策上,検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
ノロウイルス・ロタウイルス(水谷 哲・寺地 つね子)
感染防止対策上,検出された場合に医師に緊急に報告すべき微生物
抗菌薬耐性菌(川上 小夜子・斧 康雄)
保健所に届出が必要な感染症とその具体的な届出方法
感染症発生動向調査の対象疾患を中心に(熊坂 一成)

V 生理
心電図(富原 健)
脳波(吉本 紅子)
心エコー(種村 正)
血管エコー(小谷 敦志)
腹部エコー(米山 昌司)
消化管エコー(関根 智紀)
泌尿器科エコー(白石 周一)
婦人科エコー(湊川 靖之)

VI 一般
尿定性検査(堀田 真希)
尿沈渣(宿谷 賢一・田中 雅美・下澤 達雄)
髄液検査〔CSF検査〕(澤井 摂)

VII 病理・細胞診
病理・細胞診の“パニック値”(和仁 洋治)

VIII 薬物検査
抗てんかん薬(岡島 由佳)
抗菌薬(詫間 隆博・小司 久志・吉田 耕一郎・二木 芳人)
免疫抑制薬(高木 康)
強心薬(山本 武人・鈴木 洋史)
アルコール(高木 康)

■付録
基準値・パニック値 一覧
索引
1,540円
■病気のはなし
マルファン症候群(賀藤 均)
■技術講座
生理◆肺拡散能検査の注意点(大久保 輝男)
微生物◆下痢原性大腸菌の検査(勢戸 和子)
■疾患と検査値の推移
悪性貧血(細野 奈穂子・上田 孝典)
■オピニオン
未曾有の大震災を乗り越えて(櫻林 郁之介)
■今月の表紙
乳腺乳頭腺管癌(森谷 卓也・鹿股 直樹・中島 一毅)
■ラボクイズ
一般検査(伊瀬 恵子)
8月号の解答と解説(濱川 真治)
■ワンポイントアドバイス
採血部門の安全管理(柴田 綾子)
■臨床検査のピットフォール
ABI値から評価する下肢動脈病変のピットフォール(若林 弥生)
■臨床医からの質問に答える
HPVタイピング検査の臨床的意義を教えてください(佐藤 豊実)
■Laboratory Practice
<微生物>抗菌薬排出トランスポーター(西野 邦彦)
<免疫血清>新しいイムノアッセイ「LOCI(Luminescent Oxygen Channeling Immunoassay)法」(伊藤 俊幸)
<管理運営>栄養サポートチーム(NST)加算の算定要件(大林 光念・安東 由喜雄)
<生理>脳波記録時の心電図アーチファクト除去法(小野澤 裕也)
<移植医療>移植医療と検査①臓器移植とは(矢澤 浩治・高原 史郎)
■トピックス
臨床検査値学生用共通基準範囲の設定(康 東天)
肺炎球菌ワクチン(川上 健司)
■けんさ外国語会話
第9回 心電図検査〈スペイン語編〉(医療通訳研究会)
■コーヒーブレイク
“梅毒閑話”中~近世ヨーロッパ,梅毒蔓延が香水やドレスを発達させた!?(錦の御旗)
1,540円
■病気のはなし
子宮内膜癌(三上 芳喜)
■技術講座
遺伝子◆血液からの核酸抽出(糸賀 栄)
一般◆尿蛋白試験紙とBenceJones蛋白(菊池 春人)
■疾患と検査値の推移
特発性好酸球増加症候群(嶋田 高広・松村 到)
■オピニオン
一般病院での夜間急患時の結核菌検査はいかにあるべきか(清原 佐和・下 正宗)
■今月の表紙
脾原発の炎症性偽腫瘍(まつ本 紗里・手島 伸一・西川 武司)
■ラボクイズ
細胞診(濱川 真治)
7月号の解答と解説(牛之濵 さやか・栢森 裕三)
■ワンポイントアドバイス
一歩進んだ動脈硬化検査―ABI検査にTBI検査を追加すると(船水 康陽)
■Laboratory Practice
<病理>乳腺のinvasive micropapillary carcinomaの細胞像(北村 隆司)
<生理>ホルター心電図検査―行動記録の上手な利用法(髙野 小百合)
<免疫血清>新規血管炎症マーカーpentraxin3(PTX3)の意義(役割)と測定法(井上 健司)
<管理運営>検査部システムの安全管理(萩原 三千男)
<輸血>脳死移植に必要な輸血検査および血液の準備・供給の状況について(押田 眞知子・清川 知子)
■臨床医からの質問に答える
Companion Diagnosticsとは(中谷 中)
■トピックス
肝細胞癌とグリピカン3(井上 雅文・近藤 福雄・大橋 健一・福里 利夫)
小型生化学検査装置BBx(R)の可能性(清宮 正徳・野村 文夫)
■けんさ外国語会話
第8回 心電図検査〈韓国語編〉(医療通訳研究会 金 静愛)
■コーヒーブレイク
沖縄名護の戦場で敵味方に別れた親子の対面号泣(佐藤 乙一)
1,540円
■被災地リポート
ミッション―東日本大震災支援(安東 由喜雄)

■病気のはなし
アルツハイマー病(玉岡 晃)

■技術講座
生理◆うまく見えないときに役立つ心臓超音波検査の描出ポイントとピットフォール(後編)
―良好な画像描出のために知っておくべき検査方法
(新田 江里・吉富 裕之・山口 一人・福間 麻子・柴田 宏・長井 篤)

一般◆尿試験紙法における異常反応への対応(堀田 真希)

■疾患と検査値の推移
劇症型A群溶連菌感染症(立石 順久・織田 成人・仲村 将高)

■オピニオン
目に見えぬ危機(佐守 友博)

■今月の表紙
直腸癌の肝転移(内藤 善哉・彭 為霞・上田 純志)

■ラボクイズ
生化学検査(牛之濵 さやか・栢森 裕三)

6月号の解答と解説(伊瀬 恵子)

■ワンポイントアドバイス
パルスオキシメータの正しい使い方―原理と測定上の留意点を把握する(真茅 孝志)

■Laboratory Practice
<病理>免疫組織化学―En Vision(TM) FLEX(Dako,Denmark)を使用した高感度検出
(村上 善子・太田 裕子・山田 智恵子・谷田部 恭)

<生理>超音波検査のモニター調節(松浦 陽子・田代 洋行)

<生化学>低コリンエステラーゼ血症とコリン作動性クリーゼ
―排尿障害治療薬の副作用の判別指標および判別値(刈米 和子)

<微生物>Acinetobacter属菌のカルバペネム耐性(石井 良和)

■臨床医からの質問に答える
嫌気性菌の検査が必要な症例とは(山本 剛)

■トピックス
N-ホモシステイン化アポリポ蛋白A-Iの測定とその臨床的意義(戸塚 実)

内因性ジギタリス(吉賀 正亨・小宮山 豊・髙橋 伯夫)

■けんさ外国語会話
第7回 心電図検査〈中国語編〉(医療通訳研究会)
1,540円
■緊急寄稿
放射線の健康影響(鈴木 崇彦)

■病気のはなし
輸血関連急性肺障害(半田 誠)

■技術講座
生理◆うまく見えないときに役立つ心臓超音波検査の描出ポイントとピットフォール(前編)
―良好な画像描出のために知っておくべき検査方法
(新田 江里・吉富 裕之・山口 一人・福間 麻子・柴田 宏・長井 篤)

■第57回臨床検査技師国家試験問題―解答と解説(本誌編集委員会)

■オピニオン
臨床検査技師のキャリアパス―臨床検査の標準化とISO15189取得(奥田 勲)

■今月の表紙
甲状腺内副甲状腺腺腫(廣川 満良・樋口 観世子・太田 寿)

■ラボクイズ
一般検査(伊瀬 恵子)

5月号の解答と解説(信岡 祐彦・宮内 元樹)

■ワンポイントアドバイス
迅速診断用の包埋剤の特質(小川 勝成)

■Laboratory Practice
<生理>乳がん検診用超音波自動ボリュームスキャナは検診を変えるか(辻本 文雄)

<診療支援>臨床検査室での安全確保―品質マネジメント(下田 勝二)

<免疫血清>抗p53抗体の測定意義(加藤 優子)

<血液>血液学的検査(血球計数)の外部精度管理調査(渡辺 清明)

■臨床医からの質問に答える
頸動脈プラークの厚さはどこで計っているのですか(森田 勇一・遠田 栄一)

■トピックス
2型糖尿病での高感度トロポニンT測定の有用性(石井 潤一)

新型インフルエンザ―輸血による感染性について(松本 千恵子)

■けんさ外国語会話
第6回 心電図検査〈英語編〉(医療通訳研究会)

■コーヒーブレイク
疫病の物語(鈴木 晃仁)
1,540円
■病気のはなし
タンジール病(伊藤 公美恵・吉田 博)

■技術講座
血液◆有核赤血球(池本 敏行・田窪 孝行)
生理◆下肢動脈の血管エコー検査(中島 里枝子・井上 芳徳)

■第57回臨床検査技師国家試験―解答速報(本誌編集委員会)

■オピニオン
日本臨床化学会理事長を拝命して(安東 由喜雄)

■今月の表紙
乳腺顆粒細胞腫(森谷 卓也・中島 一毅)

■ラボクイズ
超音波検査(信岡 祐彦・宮内 元樹)

4月号の解答と解説(伊瀬 恵子)

■ワンポイントアドバイス
CRPと血沈の値が乖離したときに何を考えるか(南 睦・松尾 収二)

■Laboratory Practice
<輸血>血液製剤保冷庫の温度管理24時間警報システムについて(伊藤 道博)

<輸血>自己血輸血の有用性(川端 みちる・曽根 伸治・津野 寛和・高橋 孝喜)

<一般>薬剤性腎症と尿検査(上田 志朗)

■復習のページ
病理検査―新人のための標本作製技術の基礎―(山田 正人・水口 國雄)

■臨床医からの質問に答える
簡易血糖検査の差は何か(湯浅 薫)

■トピックス
日本動脈硬化学会のLDLコレステロールに関する見解(芳野 原)

経鼻内視鏡による胃がん検診(川田 和昭)

■けんさ外国語会話
第5回 採血〈タガログ語編〉(医療通訳研究会)

■コーヒーブレイク
自由という精神病―「逃亡狂」という疾病について(鈴木 晃仁)
1,540円
■病気のはなし
最近のリケッチア症 (高田 伸弘)

■技術講座
微生物◆集落の観察法 (小栗 豊子)
血液◆血液凝固第XIII因子測定法 (鈴木 明子・菅野 信子・金子 誠)

■疾患と検査値の推移
全身性強皮症 (浅野 善英)

■オピニオン
働きながら学ぶ-修士,さらに博士を目指して (清水 隆之)

■今月の表紙
膵胆管合流異常症に合併した胆嚢癌 (内藤 善哉・彭 為霞・上田 純志)

■ラボクイズ
一般検査 (伊瀬 恵子)
3月号の解答と解説 (草場 恵子・栢森 裕三)

■ワンポイントアドバイス
肺年齢の評価 (相澤 久道・関塚 友美)

■役に立つ免疫組織化学 免疫組織化学で注目すべき抗体
乳癌とEカドヘリン (関 邦彦)

■Special Topics
宇宙医学とFlight Surgeon (松本 暁子)

■Laboratory Practice
<一般>
尿路感染症における全自動尿中有形成分分析装置UF-1000iの有用性
(厚川 喜子・川上 小夜子・斧 康雄・古川 泰司・宮澤 幸久)
<微生物>
市中感染型MRSA感染症 (宮城 郁乃・山根 誠久)
<生化学>
3次元電気泳動法の臨床応用 (中野 恵一・森山 隆則)

■臨床医からの質問に答える
ヘパリン療法時のAPTT値が施設などによって大きく異なるのはなぜですか (山崎 哲)

■トピックス
検体検査管理加算の最新情報 (東條 尚子・宮澤 幸久)
線維筋痛症と脊椎関節炎-臨床検査から考える (浦野 房三)

■けんさ外国語会話
第4回 採血〈スペイン語編〉 (医療通訳研究会)

■コーヒーブレイク
検査と人格-映画『ガタカ』について (鈴木 晃仁)
気になる体と「検査カフェ」 (池田 勝義)
1,540円
■病気のはなし
ベーチェット病 (南家 由紀・小竹 茂)

■技術講座
生理◆卵円孔開存の診断法 (神野 雅史)
生化学◆血清蛋白分画とデータの判読 (藤田 清貴)

■疾患と検査値の推移
鉄過剰症に対するデフェラシロクス治療 (大場 理恵・張替 秀郎)

■オピニオン
ラテックスアレルギーの恐怖 (下村 登規夫)

■今月の表紙
過形成性結節を伴う橋本病 (廣川 満良・樋口 観世子・太田 寿)

■ラボクイズ
生化学検査 (草場 恵子・栢森 裕三)
2月号の解答と解説 (濱川 真治)

■ワンポイントアドバイス
膵腺房細胞癌の細胞診 (小川 高史・三宅 真司・片桐 仁子・長尾 俊孝)

■Laboratory Practice
<生理>
心臓ペースメーカー (杉山 裕章)
<微生物>
マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による細菌の分類と同定
(石田 康行)
<生化学>
Biacoreを用いた蛋白質相互作用解析
(川崎 健治・菅野 光俊・山内 一由・本田 孝行)
<診療支援>
臨床検査自動分析装置の性能表示規格について (桑 克彦)

■トピックス
薬剤結晶による乳び尿様の白色混濁尿 (駒沢 今日子・手島 伸一)
心機能指標-左室の捻れ (村田 和也)

■けんさ外国語会話
第3回 採血〈韓国語編〉 (医療通訳研究会 金静愛)

■コーヒーブレイク
ブランチラボから自主運営回帰-第5回 再起編 (木村 浩則)
音源を求めて (吉子 健一)
月の石 (安東 由喜雄)

*平成22年(2010年)第97回 二級臨床検査士資格認定試験
学科筆記試験問題
*平成22年(2010年)第32回 緊急臨床検査士資格認定試験
学科筆記試験問題
*解答
おすすめの購読プラン

検査と技術の内容

  • 出版社:医学書院
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:不定期
検査と技術を追求するユニークな情報誌
臨床検査技師、技師学校生、検査関連医師を主な読者対象として編集。若手・中堅技師の日常検査業務の技術・知識の向上に役立つ月刊誌。「二級臨床検査士資格認定試験」「緊急臨床検査士資格認定試験」や「臨床検査技師国家試験」の解答と解説も掲載している。年1回、増刊号を話題の内容で発行。

検査と技術の目次配信サービス

検査と技術最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

検査と技術の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.