現代農業 2018年10月号 (発売日2018年09月05日) 表紙
  • 雑誌:現代農業
  • 出版社:農山漁村文化協会
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円
現代農業 2018年10月号 (発売日2018年09月05日) 表紙
  • 雑誌:現代農業
  • 出版社:農山漁村文化協会
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 参考価格:[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円

現代農業 2018年10月号 (発売日2018年09月05日)

農山漁村文化協会
肥料の知識は農業の柱になる(茨城県八千代町・青木東洋さん)

肥料袋からわかること
● 肥料の名前の話
 肥料袋に書いてある8―8―8とか14―14―14ってなに?

「追肥専用550」と書いてあるのにN15...

現代農業 2018年10月号 (発売日2018年09月05日)

農山漁村文化協会
肥料の知識は農業の柱になる(茨城県八千代町・青木東洋さん)

肥料袋からわかること
● 肥料の名前の話
 肥料袋に書いてある8―8―8とか14―14―14ってなに?

「追肥専用550」と書いてあるのにN15...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
現代農業のレビューを投稿する
2018年09月05日発売号単品
  • 売り切れ
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
838円
送料:1配送 50円
2024年07月05日発売号から購読開始号が選べます。
毎号お手元にお届けします

現代農業 2018年10月号 (発売日2018年09月05日) の目次

肥料の知識は農業の柱になる(茨城県八千代町・青木東洋さん)

肥料袋からわかること
● 肥料の名前の話
 肥料袋に書いてある8―8―8とか14―14―14ってなに?

「追肥専用550」と書いてあるのにN15%、P5%、K20%でした! これはわかりませんよね?

● チッソ、リン酸、カリの話
 オール14が安いのはなぜ?

 L型の肥料って、いったい何のこと?

● チッソ肥料の肥効の話
 ○○日タイプと書いてない肥料は何日間効くの?

 有機態チッソはアンモニア性チッソや硝酸性チッソとどう違う?

● リン酸やカリの溶けやすさの話 
 ク溶性リン酸のクって、なんのク?

 カタログのリン酸肥料一覧に載ってたWP、CP、SP、TP……。何の略?

● 副成分の話
 肥料の副成分ってなに? どう効くの?

 肥料をまくと、土が酸性になっちゃうの?

尿素と硫安、どっちを選ぶ?

● 肥料の分類の話
「配合肥料」と「複合肥料」、「化成肥料」と「化学肥料」って、それぞれどう違う?

「特殊肥料」って、どこが特殊なの?

 袋に「有機入り」と書いてあれば、それは有機肥料ですよね?

● 粒の形と大きさの話
 肥料には粒状とか粉状とかあるけど、どれがいいの?

● 混ぜ方の話
 肥料にも混ぜると危険な組み合わせがある?

 うまく混ざらなくて、肥料ムラが出ちゃう

● 有効期限と保管の話
「生産した年月」から4年もたってる。この肥料、もう使えない?

肥料保管のアイデア

● 肥料の流通の話
 肥料袋って、なんで20kgが多いんですか? 

オーダーメイドBB肥料の時代がやってくる(JA全農長野、北穂アグリ)
追肥のタイミングも 地力も 指標作物で見極める
直売畑にあると便利なセンサー株 青木恒男

小麦の追肥は路肩のイネ科雑草を指標に 三上博由

ナス、ハクサイ、ホウレンソウで地力チェック 涌井義郎

あの手この手で宝に変える 雑草をバンバン使う土づくり
袋で1年寝かすだけ 畑の雑草が極上の土に変わる 柳下満里子

ケイ酸豊富な「草堆肥」が大人気(和歌山・井川文彦さん他)

廃ホダ木を使いこなす
空き地がすべて極上畑に 長谷部重孝

台風にも負けない根張りになった 児玉順一

水はけのいいハーブ園ができた 水口淳

微生物診断で菌力アップ2
SOFIXで測ったら村中A評価! みんなでクロピクをやめ、輪作を徹底(奈良県曽爾村)

いざ実践 畑の菌力を上げるワザ 横山和成

代々耕し続けている畑のほうがよかった 甘利崇雄

田んぼの地力ムラに挑む
地力の見える化で、圃場を見る目が変わってきた(秋田・たねっこ)

新登場のツールを上手に使えば対策できる 藤井弘志

可変施肥田植え機で倒伏なし、肥料代も3割減った 古賀秀敏

自分で施工できる 地力ムラの出にくい「反転均平工法」

日本の田んぼで硫黄が欠乏!?――各地に広がる「石膏で初期生育改善」
苗の床土に石膏を混ぜたら、1俵増収 硫黄が効いて劇的に改善(広島・聖の郷かわしり)

岩手の津波被災田でも硫黄欠乏 横田紀雄

石膏施用で活着改善 欠株が出なくなった(青森・佐々木忠蔵さん)

早生品種こそ石膏施用(新潟・大坂港一さん)

リン酸・石灰が水肥で効く仕組み(山形・佐藤善博さん)

古くて新しい資材 バイオスティミュラントの可能性

使えるぞ! 汚泥肥料
7つの課題を克服した汚泥肥料 前田純二

生ゴミ、屎尿、浄化槽汚泥で作るバイオ液肥 藤田浩史

汚泥と杉皮で脱・コンニャクイモの土壌消毒 青井透

肥料散布をラクに、上手に
乗ったままでラクラク ビークル型散布機 中川謙司

散布ムラを手軽に解決 サンパーの先にペットボトル 久保田長武

施肥量をグッと減らせる 管理機用ウネ内施肥機

減肥を実現 野菜用高速局所施肥機 千葉大基

トピックス
レタス根腐病 リン酸過剰は発病を助長 大島宏行

バケツで重さを量って作って牛糞堆肥の発酵成功 湊啓子

堆肥化過程で出るアンモニアで自家製硫安 福重直輝

「雪割り」「雪踏み」で土壌凍結、畑が一気に改善 小野寺政行

ベテラン土壌肥料研究者からのメッセージ
君たちは土とどうつきあうか
メッセージ(1) チャレンジ・ザ・穴掘り! 安西徹郎

メッセージ(2) 根の気持ちになって耕し方を工夫しよう 加藤哲郎

メッセージ(3) 肥料を上手に使うためにpHとECの簡易診断を 加藤哲郎

メッセージ(4) 土壌微生物とどうつきあうか 藤原俊六郎

メッセージ(5) 自然がつくった土、人間がつくる土、環境を守る土 小川吉雄

くらし・経営・地域
【私の現役バリバリ体操22】大好きな民謡踊りが元気の源 関ナカ

【食べごろ野菜レシピ10】シュンギクの米粉チヂミ 岡田涼子

【ワクワク自給菜園7】垂直仕立てのワクワク果樹栽培 坂本堅志

【新連載 空気と水の流れをよくして大地の再生】溝と点穴で、弱ったミカンが甘く回復 大内正伸

【農家の年金・保険8】法人化のメリット(その3) 林田雅夫

【意見異見124】農業の大規模化こそが地方を貧しくしている 高橋勇次

【編集局ニュース34】秋のごちそう 野山のナッツ 畑のナッツ 季刊『うかたま』52号より

その他
【農家の法律相談】無断で竹林が伐採され、隣地から雨水も流入

主張 「私たちが一生懸命探しているもの」がここにある 「伝え継ぐ家庭料理」のつなぐ力を協同に活かそう

あっちの話こっちの話/何でも相談室/野良で生れたうた/読者のへや

現代農業の内容

自然な暮らしを村に町に
作物や土、地域自然の力を活かした栽培技術、農家の加工・直売・産直、むらづくり、食農教育、グリーンツーリズム、農都交流など、農業・農村、食の今を伝える総合実用誌です。

現代農業の目次配信サービス

現代農業最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

現代農業の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.