検査技術 発売日・バックナンバー

全212件中 166 〜 180 件を表示
2,037円
■解説
○マルチスケールで信頼性・健全性評価が可能な直流電位差法/岡山大学/多田直哉

 直流電位差法は,き裂や欠陥の存在により材料の見かけの抵抗値が変化することを利用したこれからの普及が期待されている非破壊評価手法の一つである.本解説では,この直流電位差法を用いて評価できるき裂や欠陥の例を示すとともに,本手法によって何が定量的に評価できるかについて概説する。


○部分放電検出による電力機器の絶縁診断装置/九州工業大学/大塚信也

 絶縁破壊の前駆現象である部分放電を検出することで、電力・高電圧機器の品質管理や絶縁診断が行われている。近年では、部分放電に基づくUHF帯の放射電磁波を測定することが検出感度や速応性の観点から注目を集めており、IEC規格化の動きもある。このような絶縁診断技術の動向と考え方および実施例を紹介する。


○鉄道車両の構体および車軸の疲労強度設計とメンテナンス/鉄道総合技術研究所/石塚弘道

 本稿では、主として新幹線電車を対象としたアルミニウム合金製車両構体の疲労設計線図の作成および車軸の疲労強度、設計法とメンテナンスについて述べる。車軸構体では気密荷重に対する疲労強度、車軸ではフレッティングに対する疲労強度が、それぞれの設計において最も考慮すべき点である。


○設備診断システムの検査計画業務への適用/日揮プランテック/前田 純・西俣律朗

 設備診断業務の信頼性向上と網羅的な設備管理計画を行うため、設備台帳・保全履歴管理する「A-MIS」、起こりうる損傷を機械的に抽出する「PREDICT」および保全計画に必要なデータを一元管理し保全計画を立案する「FDMS」を開発した。本稿にて、これらシステムの機能と検査業務への適用事例を紹介する。


○電子分光用走査型トンネル顕微鏡/理化学研究所/花栗哲郎

 走査型トンネル顕微鏡は、試料の表面構造を原子分解能で可視化できるだけでなく、トンネル分光法を併用することで、電子状態も可視化できる。本稿では電子分光用走査型トンネル顕微鏡に必要な要素技術について述べ、高温超伝導体への応用例を紹介する。


○トライボロジーを活用した潤滑診断法の実機適用/トライボテックス/川畑雅彦

 摩耗は、油膜が切れれば発生し、油膜が健全であれば極めて少ない。トライボロジーを活用した潤滑診断法は、潤滑状態の「証人」と言える摩耗粒子などを評価パラメータに設備状態を非分解で評価し、点検周期の延伸化などに役立つ新しい診断技術である。


○アンカーボルト腐食(診断システム)「DAB-1」の開発/日本工業試験所/山口清志/ネクスコ東日本エンジニアリング/境 道夫/中日本ハイウエイ・エンジニアリング東京/遠渡雅也

 道路・道路橋に設置されている照明柱、標識柱を固定しているアンカーボルトの腐食減肉量を測定できる測定機器「DAB-1」を開発した。「DAB-1」は取扱いが簡単で調査費用・調査時間が節減でき、かつ調査結果を評価して劣化診断や取替時期の推定が可能である。



■技術トピックス
〔土木〕
○岸壁・護岸背面地盤の空洞、ゆるみ調整法/東亜建設工業/大野康年

 従来の物理探査法では困難であった岸壁・護岸背面地盤の空洞・ゆるみ調査法を開発した。本調査手法は、電磁波探査に原位置試験を併用して空洞・ゆるみ域を評価することで地下水以下の調査を可能にした。本文では、調査法の概要と試験調査結果について記述した。


〔食品〕
○近赤外分光分析を用いた農産物非破壊内部品質センサ/雑賀技術研究所/重藤和明

 農産物の内部品質を非破壊で測定する技術は、精密農業が推進されている現在特に重要な流通技術の一部となってきている。オンラインの検査装置の特徴、統計的な演算手法、部位別検査技術を用いた農産物内部品質検査の現状を実例を交えて紹介する。


〔材料〕
○超音波TOFD法の応用技術と適用/神鋼検査サービス/竹裏英之・福島盛弘・長濱憲之・西明ゆう子

 超音波TOFD波は、溶接部で発生するきずの精密検査に主に使用されている。しかし複雑形状の検査対象の場合、従来のTOFD法では限界があった。本文ではその課題点と改善した応用技術、適用事例について述べる。



■検査機器
○回転機器の振動測定/昭和測器/鵜飼俊輔

 振動には乗り物の振動、建物の振動、機械(モータ、送風機、エンジンなど)の振動、衝撃(衝突、爆発など) 振動、アコースティックエミッションがある。安全と快適を経済的に達成するためには、これらの振動を正確に知る必要があり、その目的も研究開発、設備の常時監視や診断、製品の品質検査などさまざまである。ここでは、ポータブルバランサMODEL-7200Aを用いた回転機器の振動測定の方法を紹介する。



■連載:広域帯超音波探傷とデジタル超音波探傷器 1
○超音波に関する一般的な基礎知識1/松山 宏

 超音波探傷の一般的基礎知識として、超音波の定義、超音波の振動モード、音速、周波数と波長、反射と屈折、パルスと連続波などに関して説明した。特にパルス及び連続波に関しては、広帯域探傷の理解を助けるために詳しく説明した。



■製品ガイド
○渦流・磁気・浸透探傷/編集部
2,037円
■解説
○ミュー粒子・ニュートリノの透過力を応用した非破壊検査技術/東京大学/田中宏幸

物質透過力の卓越したミュー粒子やニュートリノのレントゲン写真を利用すれば地震の揺れなどから推測するしかなかった地球内部の様子や、エックス線などでは対象が限られていたビルの柱、橋梁などの巨大な人口構造物をも対象に入れることができる。
○リアルタイム地震情報の利用技術の最新動向/千葉大学/山崎文夫

リアルタイム地震情報と防災システムについて、実時間の考え方、新しい情報通信手段の普及、詳細な震度情報の把握、制御用地震センサの普及、直前地震警報の有効性、新型センサの応用などの観点から、さまざまな利用技術に関する最新の動向を解説した。
○ダイオキシン類の生物学的超微量測定法/神戸大学/福田伊津子・芦田 均

環境汚染物質であるダイオキシン類の生物学的超微量測定法として、サウスウェスタンケミストリーの原理に基づいて、ダイオキシン受容体(別名アリール炭化水素受容体;AhR)のDNA結合能を迅速かつ多検体測定できるELISA(SW-ELISA)法を開発した。本稿では、SW-ELISA法の概要、特徴、並びに今後の展開について紹介する。
○新原理による腐食鉄筋非破壊評価技術/九州工業大学/小森望充

着磁技術を用いた腐食鉄筋の非破壊検査技術に関して述べている。ここでは、鉄筋コンクリートの鉄筋に電磁石などによって磁場を印加し、強制的に鉄筋を着磁させる。着磁した鉄筋の磁束分布を計測することによって腐食状態を評価する方法について述べている。
○位相シフトパルスを使用したBOTDAの提案/芝浦工業大学/堀口常雄

光ファイバ中のブリュアン増幅を利用した分布型ひずみセンシングの高距離分解能化のために、ポンプ光に位相シフトしたパルスを使用する、位相シフトパルスBOTDA(PSP-BOTDA:Phase-Shift Pulse Brillouin Optical Time Domain Analysis)を提案し、研究開発中である。本稿では、PSP-BOTDAの原理とその実験結果について解説する。
○広帯域高分子圧電探触子の超音波非線形性計測への適用/和歌山大学/村田頼信

広帯域な周波数特性を有する高分子圧電探触子について、その製法および特徴について述べる。また、SCCに代表される閉口き裂に対する超音波非線形性計測の適用例として、デュアル共振型超音波探触子を紹介する。さらに、高分子圧電探触子の利点を応用した超音波計測例についても解説する。
○材料試験計測値の不確かさの管理と適合性の評価及び最近の試験規格/日本製鋼所/浅野敏男

ISO/IEC Guide 25、ISO/IEC 17025:2005の要求に基づき認定される校正業者、試験所が増加している。ISO適用外の諸外国においても認定が取り込まれつつある。認定の基本である「不確かさ」の考え方と、諸外国の適合性の評価及び最近の材料試験方法を08年1月の保全学会主催の連携講演会の内容を中心に紹介する。
■技術トピックス
〔機械〕
○冷却ロール用表面温度検出装置/ササクラ/小川知史

プラスチックフィルムやシート製造現場においてその製造温度をモニタリングすることは、製品の品質管理やトレーサビリティの手法として有効である。本稿では同社が開発した無線方式による回転体の表面温度監視システムを紹介する。
■特集:赤外線サーモグラフィ 最前線
○最新サーモグラフィとシステムアプリケーション/NEC AViO赤外線テクノロジー/山越孝太郎

本年4月に日本アビオニクスの赤外線事業とグループ会社のNEC三栄を統合し、NEC Avio赤外線テクノロジー(株)として全社機能を強化しスタートした。本稿では、同社最新赤外線サーモグラフィ装置と赤外線サーモグラフィを使用したシステムアプリケーション事例を紹介する。
○最新の赤外線カメラと測定事例/ケン・オートメーション/矢尾板達也

赤外線カメラの高速化、高解像度化および高性能化により瞬時に変化する温度変化や過渡現象を捉えることが可能となってきている。更にロックイン方式と組み合わせることで、繰り返しかかる微少な温度変化を捉え、赤外線応力測定や非破壊検査として使用さている。
○サーモグラフィー最強のラインナップ/チノー/野阪潤一

最新最廉価版のニューモデルCPA-0150をはじめマイナーチェンジによるラインナップ強化により、入門機から高級機またオンライン機まで幅広いラインナップを紹介する。
○赤外線カメラ・サーモグラフィ装置の現状/日本レーザー/赤堀 彰

最近、特定環境下で温度測定をしたいがどうすればよいかという問い合わせが多く見られる。特に窓越しの温度測定方法と赤外線吸収特性を利用した薄膜フィルムの温度測定法の事例を紹介する。
○赤外線革命 FLIR SYSTEMS社製 FLIR i5/フリアーシステムジャパン/小林 健

2002年に小型軽量の廉価版Eシリーズ、2006年には販売価格が100万円を切るInfraCAMシリーズ、更に同年に世界初の640×480解像度素子を搭載した640シリーズ、2007年タッチスクリーン及び120°回転可能なレンズユニットを搭載したT400シリーズと新商品を発売してきた。今年5月には赤外線革命とも呼べる新商品“FLIR i5”の発売を開始した。
○フルークのサーモグラフィー製品群と応用事例/フルーク/加島義孝

サーモグラフィーによる計測を実施して、そこから何を得るかということについて述べる。サーモグラフィーを使うメリット、定点観測の重要性、温度測定が点から面へ、定点観測の重要性、温度測定と必要精度、研究での使用、非破壊検査、分析のしやすさ、計測で必要な工夫などについて解説する。
■製品ガイド
○設備診断機器・システム/編集部
2,037円
■解説
○次世代ガスタービン用超合金とコーティング材の高温強度/長岡技術科学大学/岡崎正和
○原子力維持規格における検査と欠陥評価/電力中央研究所/鹿島光一・秀 耕一郎
○高経年化設備の全面検査方法と効果/旭化成エンジニアリング/田村孝市・芳賀啓之
○維持管理基準の基本となる各種欠陥評価法/IHI/阪野賢治
○熱交伝熱管拡管確認検査装置 測位システム/新日本非破壊検査/松山久之

■技術トピックス
〔宇宙〕
○超小型人工衛星(HIT-SAT)プロジェクト/北海道工業大学/三橋龍一
〔航空〕
○複葉翼が世界の空を変える/東北大学/倉谷尚志・大林 茂
〔エネルギー〕
○圧力容器鋼の照射脆化と超音波特性/岩手大学/鎌田康寛
〔セキュリティ〕
○登録者発見!警備ロボットに「顔認証技術」搭載/綜合警備保障/下笹洋一
〔材料〕
○腐食モニターによる設備管理の適用/三菱化学/宮澤正純
〔建築土木〕
○土木建築向け三次元写真図化・計測システム/倉敷紡績/土田 亘

■検査機器
○波形検査装置「プロファイルチェッカ」による聴覚・触覚等の感覚検査の自動化/松下電工/池田和隆・松本 啓

■製品ガイド
○超音波探傷機器・システム

2,037円
■解説
○非破壊AE計測に基づく老朽化パイプラインの水密性能照査法の開発/日本大学/鈴木哲也/日本水工コンサルタント/藤田 茂・伊藤久也

 近年、社会基盤設備の維持管理の必要性が見直されることに伴い、既存施設の補修・改修による更新事業が各地で進められている。本論では、現状において補修後の効果検証が十分に行われていない配管施設を対象に、既存施設から発生する弾性波を非破壊計測することにより、補修効果の定量的評価を試みた結果を報告する。弾性波計測は、AE法を用いて流況の異なる条件下で行なった。その結果、流況や漏水現象とAEとの関係が明らかになり、定量的評価にAEパラメータ解析の有効性が明らかになった。
○乾電池で動作する超小型電子加速器/産業技術総合研究所/鈴木良一

 単三乾電池で動作しシステム全体を片手で容易に持ち運びできる超小型電子加速器を開発した。これは、100keV以上の高エネルギー電子ビーム及びX線を発生でき、可搬性が高いことから、作業現場の狭所で使う非破壊検査用X線源として期待される。
○パイプライン工事の検査と問題点/東洋エンジニアリング/大谷拓男・大槻雅人

 東洋エンジニアリング(株)が、海外で施工したパイプランイン建設プロジェクトから、基本工事工程と適用検査技術を紹介する。また、国内で同様のパイプラインを施工する場合に問題となるであろう、現状のTOFDのCode case採用を許可すべく規制緩和を提案するものである。
○ガイド波を用いた配管腐食検査技術の動向/JFEエンジニアリング/大谷靖弘

 一度の計測で数十メートルの検査を可能とするガイド波を用いた配管腐食検査技術は、既設配管を効率的に診断できる技術として期待されている。本報では、技術の概要や現状の課題について述べるとともに弊社が開発した配管壁貫通部腐食診断技術について紹介する。
○塗膜下の金属腐食診断装置/大日本塗料/永井昌憲

 塗膜下金属腐食診断装置は、塗膜および塗膜下金属の劣化を電気化学的に測定する装置で、目視で発見される前に構造物の危険を察知することができる。
○鉄道車軸の超音波探傷技術/住友金属テクノロジー/石原道章

 重要保安部品のひとつである鉄道車軸の超音波探傷を自動化した装置の最近の事例を紹介。中空軸、中実軸それぞれに対応した探傷方法、探触子、信号処理方法に関して、その概要を示す。
○高調波測定によるオーステナイト系ステンレス鋼の疲労損傷度評価/非破壊検査/松原重行

 オーステナイト系ステンレス鋼の疲労損傷度の非破壊的測定を目的として、超音波伝播特性、とくにその第3高調波に注目した実験と解析を行った。その結果、第3高調波振幅の疲労に伴う変化傾向を説明し、第3高調波を利用した疲労損傷度の非破壊評価の可能性を見出した。
○圧力設備の溶接補修に関する法規と規格/ロイド・レジスター・ジャパン/平井征夫/山本技術士事務所/山本栄一

 プラント圧力設備における供用中の溶接補修に関する国内法規および国内外の関連規格について概説した。民間の維持規格の法規への取込が急務である。溶接補修施工法指針については溶接協会化学機械溶接研究委員会で作成中である。
■技術トピックス
〔情報・電子〕
○こめかみの動きでスイッチ操作/大阪大学/谷口和弘・西川 敦・宮崎文夫

 本稿は光学式距離センサにより非接触で測定したこめかみの表皮の動きを機器制御に利用する常時装用入力装置について述べたものである.本入力装置は使用者が機器操作を目的として意識的に行った奥歯の噛締めよるこめかみの動きに対応して機器操作を行う。
〔材料〕
○鋼板やコンクリートなどの表と裏の位置あわせ装置の開発/東京理学検査/長嶋功一

 現在、壁や床に穴を開ける際、鉄筋や電配管などを傷つけないように、エックス線による内部調査が行われている。その際、裏面に貼るフィルムの位置合わせは苦労が多い。溶接部の内部調査も同様である。それらの苦労を少しでも多く改善し、コンクリートから鋼板までの幅広い位置あわせ測定を可能にする装置を紹介する。
○超高真空用配管とその接合・接続/バックス・エスイーブイ/黒河内智

 超高真空用配管と、その接合・接続技術は外部からの空気漏れを防ぐことのみに特化すればよいと思われがちだが、超高真空装置の運用において特徴的な種々の要求事項をクリアしつつ、それ自体からの気体放出を低減することが重要である。
〔プラント〕
○現場適用型新検査技術(非破壊検査)の開発/東京エネシス/金川鐘泰

 高経年化を迎えた発電プラントの運転を安全に継続するには、適切な点検、補修、取替え等による保守管理が不可欠であり、停止中、運転中を問わずタイムリーな検査が必要になる。発電設備に対し従来できなかった未点検部位及び運転中にできる検査手法を見出し、適用することは重要なことである。
■検査機器
○ポータブル工業用内視鏡「Mitool」/チノンテック/伊東秀樹

 同社が光学部品、光学ユニットメーカーとして長年培ってきた技術を応用して製品化したポータブル工業用内視鏡を紹介する。製品はワンハンドオペレーションが可能で、見る機能と静止画記録機能を備えている。
■随筆
○たたら製法の玉鋼 工場見学記/近藤 識

 工業の分野・材の世界でエンジニアが最も興味を持つ分野の技術に日本刀の製作材料「玉鋼」がある。砂鉄約10トン、木炭約12トンを使用して約3トンの鋼の原料を作る。3日3晩の心身をすり減らした作業の集大成である「たたら吹き玉鋼」の現場を見学した。
■製品ガイド
○工業用巻内検査機器
■製品ガイド
○厚さ計・膜厚計
2,037円
■解説
○ナノテクノロジーの社会的影響/物質・材料研究機構/竹村誠洋

 ナノテクノロジーは様々な技術革新をもたらすと期待され、多くの国で国家主導の研究開発が推進されている。その反面、社会的影響に対する懸念もある。特に工業用ナノ粒子リスク評価管理は国際的に至近の最重要課題として、関連プロジェクトが推進されている。
○見えないき裂を超音波で測定/東北大学/小原良和・山中一司

 閉じたき裂の評価は超音波計測における大きな課題である。ここでは、閉じたき裂深さを高精度に計測するため、サブハーモニック共振現象に着目し開発した映像装置SPACEとその適用例を紹介する。
○ポジトロンイメージングを用いた植物中の有害物質動態の可視化/日本原子力研究開発機構/松橋信平

 植物ポジトロンイメージング技術は、生きた植物中の物質動態をリアルタイムで非侵襲で可視化する技術である。本稿においては、同技術について解説するとともに、食品の安全で問題となるイネ中のカドミウム動態の可視化研究を紹介する。
○中性子法による内部残留応力と材料特性評価/名古屋大学/秋庭義明

 中性子が有する高透過能力ならびにその特徴を利用した応力測定法の原理を、角度分散法および飛行時間法に関して概説した。次いで、溶接剤、表面改質材および複合材料の残留応力の測定例を紹介するとともに、材料特性評価のためのプロファイル解析に言及した。
○直流超伝導送電の必要性と再生可能エネルギー/中部大学/山口作太郎・飯吉厚夫

 今世紀の大きな課題である地球環境問題や石油資源の枯渇に対応するために再生可能エネルギーを含めた種々のエネルギー資源開発が急がれているが、それをより効率良く利用するために直流超伝導送電システムについて中部大学での実験などを紹介しつつ述べた。
○潤滑油中の固形粒子測定法のメカニズムと現状/福井大学/岩井善郎

 本稿では、潤滑油中に含まれる固形粒子や摩耗紛の測定法として、汚染度測定法、SOAP法、フェログラフィ法について、またオンライン化を目指した新しい測定システムとしてオンラインのパーティクルカウント法と油中粒子画像解析法について解説した。
○プラント設備の耐震設計/高圧ガス保安協会/池田雅俊

 プラント設備は、これまでほぼ10年に一度の割合で大きな被害を受けて来た。中央防災会議「防災基本計画」では、これらの設備の耐震設計を要求している。本稿では、プラント設備の耐震設計の基本的な考え方について解説する。
○ノンアス(R)ガスケットの現状と課題/日本バルカー工業/山中 幸

 近年、地球環境への関心の高まりとともに、各種漏洩物資の大気への排出基準がより厳しくなってきている。本報では、ガスケットからの漏洩に関する解説と漏洩測定法について述べるとともに、開発済の非石綿(ノンアス靠)ガスケットについても紹介する。
■技術トピックス
〔環境〕
○社寺建築に見られる生物劣化の診断と維持管理/京都大学/藤井義久

 木造建築に起きる腐朽や虫害のメカニズムやこれらを非破壊的に検出したり、劣化部位の物性を評価する技術、さらには維持管理の基本について解説した。AEモニタリング、ガスセンサ、マイクロ波やミリ波を用いた生物劣化の最前線を紹介する。
〔防災〕
○新開発の音波探査装置による海底活断層調査/産業技術総合研究所/村上文敏・井上卓彦・岡村行信

 沿岸海域地質構造をイメージングするための装置として、小型船舶で使用可能な高分解能音波探査装置を開発した。この装置を使用して2007年能登半島地震震源域の海域活断層調査を行い、このような調査に有効であることが示された。
〔建築・土木〕
○「音カメラ」を活用した防音対策評価システムの開発/中部電力/中島潤二

 どこからどのような音が到来しているか 目で見て分かる音源探査装置(音カメラ)を活用して防音対策評価システムを開発した。音カメラの画面上に仮想の防音壁を入力すると、その防音壁がどの程度効果を発揮するか即座に判断できる。
○全視野計測法による構造物の変位・ひずみ計測技術の開発/日立造船/北側彰一・中谷光良/ニチゾウテック/小林義和・大木 昭

 安全な社会基盤の維持には、橋梁などの構造物を定期的に検査し、保全することが望まれる。当社グループでは、大型構造物の変位や応力状態を検査現場で即座に2次元情報として把握できる全視野計測装置を開発した。ここでは、計測方法の特長と適用試験結果を紹介する。
■製品ガイド
○厚さ計・膜厚計


2,037円
■解説
○超高サイクル疲労における軸受鋼の組織微細化/立命館大学/酒井達雄/富山大学/小熊規泰

 高強度鋼の超長寿命域での疲労破壊は材料内部を起点として発生することが多く、筆者らは、き裂発生に先立ち材料内の当該場所で結晶組織の微細化が起ることを確認した。本報は、このような組織微細化現象について簡潔に紹介するものである。
○エレクトレットを用いたマイクロ環境振動発電/東京大学/鈴木雄二

 立型デバイスのための究極の電源として様々なアプリケーションで期待されている環境発電を取り上げ、環境振動から電力を得る方法として原理的に有利なエレクトレット発電器について解説し、研究開発の現状と今後の展望を示した。
○動的粘弾性測定による振動減衰能の測定/名古屋市工業研究所/足立廣正

 一方向強化および平織りCFRP材の伸縮、曲げモードにおいて、粘弾性測定装置により繊維の方向を考慮して損失正接を測定したところ、常温における損失正接では繊維方向67.5°の場合を除き、引張りモードが曲げモードより大きく、高温域においては引張りモードの繊維方向0°、平織りでピーク近傍の損失正接が低い値を示した。また、一方向強化および平織りCFRP材の伸縮,曲げモードにおいて、周波数―温度換算則が成立した。
○PD(技量認証)規格の判定基準の妥当性評価/発電設備技術検査協会/古川 敬・古村一朗・米山弘志・山口篤憲

 軽水型原子力発電設備の機器の一つであるオーステナイト系ステンレス鋼配管突合せ溶接部では、き裂の深さ(板厚方向の高さ寸法)測定精度を確保するため、超音波探傷試験システムに関する認証制度(PD制度)が導入されている。本報では、超音波探傷試験によるき裂深さ測定の信頼性を評価するため、確率・統計の手法によりPD規格の判定基準の妥当性を評価した。
○水車ステーベーンの超音波フェーズドアレイ法の適用/石川島検査計測/船戸一寛

 水車主要部材の残存寿命評価精度の向上をはかるため当社独自の余寿命解析の初期条件となる欠陥情報を精度良く測定する目的で実施している。超音波フェーズドアレイ法の水車実機工事への適用状況の紹介。
○電磁超音波共鳴法によるスポット溶接径の検討試験/日本テクノプラス/浅野鐵夫・花川正人・脇田博行・児玉 功

 同社では、電磁超音波共鳴法を産業界に広めるべく現場仕様の共鳴スペクトルを図っている。今回は、スポット溶接径への検討試験を実施したので、その結果と実用化に向けて技術課題を述べる。
■技術トピックス
〔土木・建築〕
○弾性波を用いたため池堤体内の水分状況推定/京都大学/小林 晃・山本清仁

 簡便な弾性波探査手法により、ため池堤体内の水分状況を推定する手法について検討した。コンクリートの打音法の手法を参考にして、反射面の位置を周波数分析から推定した。その結果と電気探査結果と合わせると、水分状況を合理的に推定できることを示した。
○スマート損傷センサによる建築構造物のモニタリング/ジャスト/池ヶ谷 靖/大林組/圓 幸史朗

 安全に建物を使用するためにヘルスモニタリングが重要である。ローカル/グローバルモニタリングのスマートセンサでデータを処理し損傷指標で通信を行い、多数のセンサによるモニタリングの信頼性の確保を目指す。
〔鉄道〕
○九州新幹線高速架線検測装置の開発/九州旅客鉄道/木下信夫/明電舎/庭川 誠

 九州新幹線の営業車両の屋根上に設置した2台のCCDカメラにより高速走行中のパンタグラフ周辺の画像を取得し、これをもとに動的に変動するパンタグラフとトロリ線の接触点位置を連続して計測する新しい装置を開発した。本稿では本装置のシステムの構成と、ステレオ計測手法を用いた架線状態の計測手法の概要を示し、各種走行条件で走行した際のパンタグラフ高さとトロリ線の偏位の計測結果を示し、計測結果について考察する。
〔セキュリティ〕
○最新の爆発物探知技術について/警察庁科学警察研究所/中村 順

 9.11同時多発テロ以来、世界各地で爆弾テロ事件が発生している。ロンドンの地下鉄・バス爆破のようにプラスチック爆薬やダイナマイトに替わって新たな手製爆薬が使われるようになり、テロ対策としての爆発物探知も急速に進歩、実用化してきている。
○北海道北見市ガス漏れ事故原因調査報告/高圧ガス保安協会/及川裕幸・佐野 尊

 平成19年1月19日、北海道北見市で、都市ガスの漏えいに起因する人身事故が発生した。本報告は、当該事故について、破断したガス導管の破断メカニズムおよび漏れたガスの挙動について調査検討した結果の概要を述べる。
■検査機器
○下水道管渠検査ロボット「もぐりんこ」の開発/石川鉄工所/石川清光

 我が国の下水道管敷設延長距離は40万kmと言われている。ライフラインの一つである下水道管渠の調査・検査や施工・維持管理・補修にかかせないのが管内検査システムである。スクリーニング検査を低コスト、一人で持ち運び出来、抜群の高速力をもち、シングルハンドで運用可能なスタンドアローンロボット“もぐりんこ”を開発した。
○マイクロフォーカスX線透視装置「SMX-3000micro」/島津製作所/國 嘉夫

 空間分解能が飛躍的に向上し、微小観察が可能であることから、著しい進展を遂げているのが、『マイクロフォーカスX線装置』による非破壊検査技術である。本稿では、主にアルミダイカストなど、自動車部品の検査を非破壊で効率よく行うことを目的に開発されたマイクロフォーカスX線透視装置『SMX-3000micro』を紹介する。

2,037円
■解説
○超音波を用いた新しい非破壊・非接触モニタリング手法/長岡技術科学大学/井原郁夫・高橋 学・デデン ディアン スクマナ
○電磁気的手法による原子炉圧力容器鋼(SQV2A)の照射脆化度評価/発電設備技術検査協会/中東重雄・程 衛英・古村一朗・山口篤憲/岡山大学/高橋則雄・宮城大輔
○安全支援システムPEC-SAFER/石油産業活性化センター/小出秀人・中野義之
○配管保温材下腐食(CUI)診断技術と評価/出光エンジニアリング/川野浩二
○疲労センサによる溶接構造物の疲労寿命診断/川崎重工業/小林朋平・仁瓶寛太
○磁気センサによる溶接線内在クラックの検出/偕成エンジニアリング/小貫輝義・小濱博明

■技術トピックス
〔医用〕
○高温超電導バルク磁石を用いた磁気誘導型薬剤配送システムの開発/大阪大学/西嶋茂宏
〔土木〕
○河川用流量測定技術の開発と大河川の流量連続観測/JFEアドバンテック/小田将広
○インターネットを利用したAEによる構造物ヘルスモニタリング/日本フィジカルアコースティック/湯山茂徳

■シリーズ:脆化について考える11
○圧力容器用鋼の照射脆化機構2/岩手大学/今中拓一

■検査機器
○高感度ポータブル蛍光X線分析装置の開発/アワーズテック/永井宏樹

■製品ガイド
○超音波探触子
2,037円
■解説
○ライナックを使った断熱材下の外面腐食検査/東京大学/上坂 充・夏井拓也・山本智彦/アキュセラ/田辺英二・中村直樹
 法規に沿った局所遮蔽で屋外で使用可能な950kev可搬型電子ライナックX線源を開発中である。鹿島石油コンビナートのオフラインの断熱材付きの配管の腐食部のオンサイト非破壊検査に適用する。検査精度は1mmである。
○ナノインデンテーション試験法による材料評価/物質・材料研究機構/大村孝仁
 ナノインデンテーション法と呼ばれる微小領域の力学特性評価技術を紹介する。数10nm~数100nmを測定対象とし、荷重―変位関係から材料の機械的性質を評価する。塑性硬さの他に弾性定数も測定できる。種々の鉄鋼の強化機構解析に応用した例を示す。
○在来線用車軸車輪座の疲労強度評価/鉄道総合技術研究所/佐藤康夫・山本勝太・石塚弘道
 在来線車両用焼ならし車軸の探傷の周期および方法などの適正化を図るための一資料を得る目的で、車軸疲労試験装置を用い実物大車軸の疲労試験を実施し、車輪座に発生する亀裂の進展性について、破壊力学の手法を用いて評価を行った。
○五感情報通信技術の現状/東京大学/廣瀬通孝
 五感情報通信技術とは、これまで視覚や聴覚に限定されてきた情報通信インターフェースを五感すべてに拡大しようという技術である。本稿では、五感ディスプレイ、五感センサーなどこの技術の最近の動向について概説する。
○大型化が加速する液晶パネル用検査装置/日立ハイテクノロジーズ/南 博文
 液晶のアプリケーションの主役がPCからTVへ移り変わるとともに画面の大型化と価格の低下が進行し、より効率よく生産するためにマザーガラスの大型化が加速している。大型化が進む最新の液晶パネル製造ラインに対応したガラス基板検査装置について紹介する。
○西洋古典絵画の非破壊分析/情報通信研究機構/福永香・寳迫 巌
 テラヘルツ帯を用いた分光は新しい非破壊検査技術として隠匿危険物の検出等に実用化されつつある。西洋古典絵画は様々な物質の混合物でそれらの同定にもテラヘルツ波分光が有効である。今後スペクトラルライブラリ構築が重要である。
■技術トピックス
〔交通〕
○摩擦調整材車上噴射による車輪/レール間摩擦制御手法の開発/東京地下鉄/留岡正男
 車輪とレール間に発生する摩擦力は車両運動特性に大きな影響を与え、さらに車輪踏面損傷、レール摩耗等の諸問題と直接関連する。これらの問題解決のため、ポジティブなクリープ特性の摩耗調整材に着目し、各種試験を行い車両への実用化に至ったので報告する。
〔材料〕
○塗装/塗膜の自動外観検査の新アプローチ/テクノス/山田吉郎
 目視116.5倍の微細欠陥、14倍以上のムラ検知能力をもつ「ニューロ視覚センサスーパー5000K」の「確実性の原理」「ムラの検知原理から検知精度、目視同様な点と線検知能力、凸凹とムラの同時検知、最新技術の時空トライアングル」の解説。
〔土木〕
○鉄筋探査における電磁波レーダーの最新技術/日本無線/石井 武
 コンクリート構造物の品質は、施工状態(鉄筋の配筋状態や空洞の有無等)によって大きく左右される。本稿では、コンクリート内部を非破壊で探査出来るRCレーダーについて、日本無線(株)のNJJ-95Bハンディサーチをもとに、その最新技術を概説する。
〔エネルギー〕
○取水口へのクラゲ来襲の検知技術の開発/中部電力/杉山陽一
 発電所取水口へのクラゲ流入量を削減するために、魚群探知機を応用したクラゲ来襲の早期検知手法を開発した。この手法は魚探画像の特徴をパラメーター化してクラゲの有無を判定するものであり、現地実験によりクラゲ検知の精度を確認した。
■検査機器
○電磁超音波共鳴法による超音波減衰測定装置の開発/日本テクノプラス/浅野鐵夫・花川正人・脇田博行・児玉 功
 電磁超音波共鳴法は、超音波減衰の絶対測定が可能である。今度、現場用小型共鳴スペクトル装置に超音波減衰記録装置を付加し、超音波減衰計測システムを新たに開発した。そして、各種バージン材で共鳴周波数毎の減衰係数を求めた。
○AEセンサによるオンマシン計測と活用/村上技研産業/村上 功
 AEセンサーを実用化に結び付けようと、30年の歳月を重ね研究してきた。工具破損検出、研剤盤におけるギャップエリミネーター、金属製品の製作時におけるワークの亀裂進行の検出などの応用例を重点的に記してある。
■シリーズ:脆化について考える10
○圧力容器鋼の照射脆化機構1/今中拓一
 力学的基礎に依拠した中性子照射損傷に関する研究は、圧力容器用鋼の脆化を保障する条件を与える。この報文の中心的テーマは、照射誘起微細組織を特徴化するのに必要な実験的手法を提案することにある。
■製品ガイド
○非破壊検査システム
2,037円
■解説
○石油タンクの健全性評価の現状と課題/消防庁/山田 實
○見えない放射線の飛跡を見る/近畿大学/鶴田隆雄
○ものづくりにおける技能とそのデジタル表現化/栃木県産業技術センター/森 和男/産業技術総合研究所 /廣瀬伸吾
○エネルギー弁別型フォトンカウンテイング放射線ラインセンサ/浜松ホトニクス/富田康弘・松井信二郎・白柳雄二/静岡大学/青木 徹/愛知工科大学/畑中義式
○超音波法による欠陥定量化技術/非破壊検査/永井辰之

■技術トピックス
〔セキュリティ〕
○災害現場での人命救助に必要な検索技術/川崎市臨港消防署/松本智禎
〔土木〕
○高速道路の高頻度路面モニタリングシステム(VIMS)/東京大学大学院/長山智則・藤野陽三
○地震後の構造物健全性判定のためのモニタリングシステム/清水建設/岡田敬一
〔エネルギー〕
○レーザートルクセンサーを用いた発電プラントの性能診断技術/東京電力/梅沢修一
〔交通〕
○鉄道構造物の維持管理支援システム/鉄道総合技術研究所/小西真治・菊地 誠
○列車運転の安全を確保する信号システムの変遷/東日本旅客鉄道/松本雅行
〔環境〕
○大気中のアスベスト粉塵濃度測定器の開発/柴田科学/左成信之・小山博巳/清水建設/塚原裕一

2,037円
■解説
○顕微レーザーラマン分光法を用いた非破壊検査技術/東北大学/閻 紀旺
○ゴルフクラブの打球音予測システムの開発/法政大学/岩原光男
○共焦点顕微鏡・ラマン分光複合装置による応力・歪測定/機械振興協会/山口 誠・上野 滋
○表面分析機器を用いた工業材料の評価/東レ リサーチセンター/林 栄治
○パッシブ型ワイヤレス振動センサ/NECトーキン/早坂淳一・三浦 融・戸叶祐一
■技術トピックス
〔建築・土木〕
○X線造影撮影によるコンクリート劣化の数値化と凍結融解抵抗性の判定/東北学院大学/大塚浩司・武田三弘
〔環境〕
○水面を泳ぐウナギ型ロボット/東京理科大学/稲垣詠一
〔エネルギー〕
○加圧水型原子炉(PWR)の長期安定運転を支える保全技術(応力腐食割れ対策技術)/三菱重工業/沖村浩司・堀 展之・神崎 寛・徳久 貴一・鴨 彦和・黒川政秋
〔交通〕
○鋼鉄道橋における疲労モニタリング/鉄道総合技術研究所/小林祐介
○鉄道レールの検査設備/トキメックレールテクノ/佐藤 泉
■検査機器
○携帯用レーザーメタン検知器/東京ガス/小松泰直
○マルチCCD方式X線ディテクターの開発/ポニー工業/中井啓介
■製品ガイド
○赤外線サーモグラフィ
2,037円
■解説
○次世代民間旅客機における構造ヘルスモニタリング技術の要求と役割/東京大学/天野正太郎・岡部洋二・武田展雄
炭素繊維強化世代複合材料CFRPが主要材料となる次世代航空宇宙機の実現にむけて、その大きな役割を担うと考えられる構造ヘルスモニタリング(SHM)が、航空機構造の設計・製造・運用方法に果たす役割をまとめた。
○みらくる型放射光による高精度非破壊検査/立命館大学/平井 暢・山田廣成/光子発生技術研究所/長谷川大祐・森田正樹
6MeV タイプのみらくる型X線発生装置(立命館大学放射光生命科学研究センター所有)を用いた拡大投影撮像法によるコンクリート、ならびに鋼材透過像の識別能評価試験結果をまとめた。また現在開発中の4MeVタイプ可搬型装置“みらくるCV4”の開発状況について紹介する。
○鉄道構造物におけるヘルスモニタリングシステムの開発/鉄道総合技術研究所/仁平達也・小林裕介・峯岸邦行・礒野純治・仲山貴司・山田聖治・佐藤紀生・小西真治
鉄道構造物の維持管理業務のサポートを目的として、ITを導入した「構造物ヘルスモニタリングシステム」の開発の現状を紹介。このシステムの完成により、コンクリートの劣化、鋼材の腐食・疲労などの様々な変状に対し、これまで、担当者の経験、感覚などに大きく左右されてきた検査・診断精度の向上と確実性が期待される。
○ラボスケールでのX線による最近の評価技術と薄膜最表面の解析/日本板硝子テクノリサーチ/酒井千尋
近年の電子機器や精密装置の性能向上と高付加価値化に伴い、試験分析の分野でも測定装置や分析装置の技術向上には著しいものがある。ここでは普通の研究室での分析評価で最も汎用性のあるX線を用いた分析に焦点を絞り、とりわけX線回折装置を使った薄膜や固体表面の結晶状態の解析、各種の物理分析について記載する。
○米国の保守規則におけるリスク情報の活用/原子力安全基盤機構/小林正英・福田 護
日本の原子力発電所の保守に関する規制は、定期検査、定期安全管理審査、保安検査などにより行われている。一方米国においては、保守規則(メンテナンスルール)を制定し、保守に関する規制を行っている。リスク情報の活用が進んでいる米国では、保守に関する規制にリスク情報がどのように活用されているかを紹介する。
○ナノテクノロジーの開発に有効な評価技術/堀場製作所/伊串達夫
粒子径分布は粒子やエマルジョンの生産における原材料である粉粒体の管理を行なう上での重要なファクターである。ナノ粒子の粒子径分布の情報を得るために、光を利用したレーザ回折/散乱と動的光散乱の粒子径計測技術について装置測定原理、設計コンセプト、特徴・仕様、ナノ粒子測定事例について解説を行う。
○維持規格と腐食/新興プランテック/原 泰弘
機器を継続使用には、その寿命を的確に判断する基準が必要である。これを具体化したものが維持規格である。API(American Petroleum Institute)維持規格に示されている最も単純な全面腐食(孔食)を例に、維持規格の中の腐食の取り扱いを紹介する。腐食の的確な予測は困難な事もあり、適用上の問題点も解説する。
○鉄道橋の塗膜の劣化と対策/鉄道総合技術研究所/田中 誠
鉄道の鋼製橋梁(鋼鉄道橋という)の安全・安定輸送に影響する変状には、鋼材の腐食と金属疲労が挙げられる。ここでは、鋼鉄道橋の腐食・防食問題に関連して、鋼鉄道橋の現状解説、近年に実施した塗膜状態調査結果及び鉄道分野で実施している防食対策の現状について解説する。
■技術トピックス・エネルギー
○化学プラントにおける保守検査への非破壊検査の適用事例/日本非破壊検査/三原雅之
化学プラントの保守検査における非破壊検査の適用事例について数例を紹介した。
(1)放射線画像処理システムによる配管腐食検査 
(2)超音波による配管腐食検査 
(3)熱交換器チューブの超音波検査システム 
(4)簡略化した超音波画像処理システム
(5)ボイラチューブ内面スケール厚さ測定 
(6)S.U.M.P.検査とその応用例 など。
■検査機器
○進化するデジタル超音波探傷器/菱電湘南エレクトロニクス/杉元幸郎・岡本 実・市川 英
高い探傷能力と小型軽量化や視認性、操作性の向上など使い易さを追求して新たに開発した汎用超音波探傷器UI-S7の性能や各種機能について紹介する。ほぼデジタル化されてきた超音波探傷器は、高速化や高密度化、低電力化など電子技術の進歩を取り込みながら、今後も更なる高度化が進んでいくであろう。
■製品ガイド
○非破壊評価総合展・メンテナンステクノショー2007 出展各社の見どころ
2,037円
■解説
○ヒューマンエラーは“ゼロ”にできる/宇宙航空研究開発機構/福岡 勝
○匂いの記録再生システムの開発/東京工業大学/中本高道
○超音波探傷試験における新しい測定手法(SPOD法)の開発/電力中央研究所/福富広幸・林 山・緒方隆志
○レーザー法による超音波伝播の映像化/産業技術総合研究所/高坪純治
○レーザー誘雷/レーザー技術総合研究所/島田義則

■技術トピックス:土木
○小口径管推進の自動曲線位置計測技術「prism」/アイレック技建/宮崎恭一・天野俊男

■検査機器
○凝縮粒子カウンター/東京ダイレック/船戸浩二

■シリーズ:超音波で何が分かるか8
○内部摩擦の測定法と原理/岩手大学/今中拓一

■特集:自動車産業に貢献する検査機器
○エクスロン・産業用X線CT検査システム/エクスロン・インターナショナル/相田健二
○工業用内視鏡における計測技術/オリンパス/植村 努
○超音波探傷を利用したスポット溶接部の非破壊検査/GEインスペクション・テクノロジーズ・ジャパン/安藤純一郎
○磁粉探傷法による自動車部品の検査と事例/電子磁気工業/安積 均
○X線透過法とCTによる内部検査/東芝ITコントロールシステム/藤井正司
○渦流による自動車部品検査/日本フェルスター/渡邉 隆
○蛍光探傷による自動車部品検査/マークテック/津葉本寿博・小山昭弘

■製品ガイド
○X線検査機器
2,037円
■解説
○弾性波受振FBGセンサを用いたCFRP構造体中剥離進展の評価/東京大学/岡部洋二・武田展雄
○超音波による加熱炉管の浸炭の検出方法の開発/出光エンジニアリング/四辻美年/ニチゾウテック/中山吉晴
○電界共役流体を用いたミミズ型ロボット/東京工業大学/横田眞一・竹村研冶郎
○火力発電材料の安全性評価技術/住友金属テクノロジー/椹木義淳
○衝撃弾性波検査による老朽管の劣化度評価/積水化学工業/皆木卓士・浅野雅則/大阪大学/鎌田敏郎
○摩擦圧接の歴史と現状そして未来/大阪産業大学/沖田耕三

■技術トピックス:土木
○GPSを利用した土木計測に関する一考察/間組/黒台昌弘
○曲がり部の多い配管調査用カメラシステム/アイレック技建/黒岩正信

■技術トピックス:検査
○KMTL(神戸工業試験場)の試験への取組/神戸工業試験場/村田欣三

■技術トピックス:環境
○都市大気エアロゾル/国立環境研究所/小林伸治

■シリーズ:軸受けの診断3
○回転機の診断2/岩手大学/今中拓一/JFEアドバンテック/小田将広

■見聞記
○展示会に見る最近の検査技術の動向/菱電湘南エレクトロニクス/杉元幸郎

■製品ガイド
○過流・磁気・浸透探傷



2,037円
■解説
○生物がもつ化学物質検知システムの仕組み/東京大学/東原和成
○高精度地下可視化技術/京都大学/芦田 譲
○歴史学・考古学と炭素14年代法/国立歴史民俗博物館/坂本 稔

■技術トピックス/医用
○臨床検査技術の現状と将来/オリンパス/植田康弘

■技術トピックス/土木
○新しいコンクリートの強度検査手法(ボス試験)/戸田建設/篠崎 徹・袴谷秀幸・森脇 渉/土木研究所/森濱和正

■検査機器
○コンクリートテスター(CTS)の研究開発/日東建設/久保 元・中野泰宏・金田重夫・久保元樹

■シリーズ:超音波で何が分かるか7
○内部摩擦2/自宅/今中拓一/岩手大学/今中拓一

■特集:赤外線サーモグラフィ 最新技術
○最新サーモグラフィとシステムアプリケーション/NEC三栄/山越孝太郎
○進化する低廉赤外線熱画像カメラ/チノー/野阪潤一
○最新赤外線サーモグラフィ製品とその活用/日本アビオニクス/菊地 孝
○Jenoptik社サーモグラフィ/日本レーザー/鈴木のぞみ
○非冷却マイクトボトメータ検出器採用サーモグラフィ/フリアーシステムズジャパン/吉田慎吾
○シンプルで使いやすさを追求したサーモグラフィ/フルーク/佐藤和徳

■製品ガイド
○設備診断機器・システム
2,037円
■解説
○破壊靱性試験規格の最近の動向/名古屋大学/田川哲哉
○高温多軸クリープ疲労寿命評価/立命館大学/坂根政男・張 聖徳
○HTS、SQUIDを用いた非破壊検査技術の開発/豊橋技術科学大学/廿日出 好・田中三郎

■技術トピックス/セキュリティ
○南極氷に閉じ込められた太古の空気の非破壊三次元可視化技術/産業技術総合研究所/竹谷 敏/日立製作所/米山明男

■技術トピックス/防災
○燃焼残渣物のにおい分析/諏訪東京理科大学/須川修身/日本法医工学/上矢恭子
○電気火災原因を究明する短絡痕解析/松下電工解析センター/渡邊竜司・山本拓也/松下電工/土屋雅功・福田 淳

■技術トピックス/土木
○地震観測技術の現状と土木構造物の緊急点検/鹿島建設/大保直人・山野辺慎一/中日本高速道路/忽那幸浩

■技術トピックス/建築 土木
○コンクリート構造物の内部状況を三次元で立体表示/三井造船/馬場 聡・江澤一明

■技術トピックス/セキュリティ
○広域侵入検知センサー「MELWATCH」/三菱電機/三宅則之・平位隆史・猪又憲治

■検査機器
○ネジ・加工穴検査システム/サンゲン/安藤徹哉/サンゲン/土岡直樹・安藤徹哉

■シリーズ:軸受けの診断2
○回転桟の診断1/岩手大学/今中拓一/JFEアドバンテック/小田将広

■製品ガイド
○超音波探傷機器・システム
おすすめの購読プラン

検査技術 雑誌の内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
試験・検査・評価・診断・寿命予測の専門誌
我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。

+   検査技術の目次配信サービス

検査技術を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2022年06月24日発売

目次: 【特集:量子コンピューター最大の壁「エラー訂正」】
量子コンピューターの究極の目標
最大の難関「エラー訂正」を実行する新手法

-----------------------------------------------------------------

【特集:渡り鳥の量子コンパス】
高精度ナビの仕組み 鳥には地磁気が見えている
動物たちの磁気感覚

-----------------------------------------------------------------

天の川銀河中心ブラックホール撮影成功

高速電波バースト 浮かび上がる新たな謎

天才のようにまどろめ エジソンに学ぶ半覚醒状態のひらめき

貝の毒化を監視せよ アラスカの海辺に温暖化の脅威

アメリカ黒人社会の強靭さ 

-----------------------------------------------------------------
★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。
◇フロントランナー挑む
 ジャパンチームで新型コロナの変異を解明:佐藤 佳(東京大学)

◇SCOPE
 宇宙で最初の「一番星」に迫る/「ゲリラ豪雨」の雲をつかめ!
 注射1本で昆虫を遺伝子改変/核酸医薬で免疫の暴走を抑える/
 腕からの信号で自在に動く義手/第10回日経「星新一賞」募集始まる
◇ADVANCES
 ETに長距離電話/ゲノム編集に新手法/人肌の色を求めて/触れる絵文字
 花粉に乗るウイルス/遠隔捜査/細菌の培養は台所スポンジで/
 草の葉/ニュース・クリップ/伝書鳩の記憶

◇From Natureダイジェスト
 気候が形作った人類進化/がん細胞の変異から起源を探る

◇ヘルス・トピックス:合理的臨床試験
◇グラフィック・サイエンス:牙からわかるマンモスの旅
◇パズルの国のアリス:壊れた金庫の安全性
◇nippon天文遺産:彗星王国日本を支えた堂平シュミット望遠鏡
◇Science in Images:天下御免の粘菌生活
◇BOOK REVIEW
 『適応と自然選択』平沢達矢
 『皮膚、人間のすべてを語る』丸山 敬,
 <連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/25
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

2 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2022年06月24日発売

目次:
Newton Special

レジェンド科学者たちの思考でたどる

物理総入門

監修 有賀暢迪

執筆 中野太郎



物理学の歴史は,科学者たちの天才的なひらめきによる,おどろきの発見の連続だ。歴史に名を残す科学者たちのエピソードをまじえながら,物理の重要事項を解説しよう。

Newton Special(2)

驚異の身体能力,圧倒的な知能ーロボットはここまで進化した

ロボット最前線


「ロボット」という言葉が生まれてから約100年。現在では,驚異的な性能をもつロボットが世界中で多数開発されている。ロボットの急速な進化は,人間の暮らしをどのように変えるのだろうか。

監修 江間有沙/大澤博隆
執筆 加藤まどみ

FOCUS Plus

「暗黒の細胞死」を発見

協力 ユ・サガン

執筆 西村尚子

Super Vision

我が銀河中心のブラックホールを初撮影

協力 森山小太郎/小藤由太郎/本間希樹

執筆 荒松良孝

Topic

思春期の心理学

友人関係が変化し、反抗期が消えつつある

監修 伊藤美奈子

執筆 福田伊佐央

Topic

人類はふたたび月へ―アルテミス計画

半世紀ぶりの有人月面活動を徹底図解

協力 筒井史哉

執筆 北原逸美

Topic

無限の仮想世界「メタバース」

人間の可能性を拡張する,もう一つの社会

監修 稲見昌彦

執筆 尾崎太一

Topic

女性の悩みに寄り添う「フェムテック」

女性特有の健康課題を解決する新たなテクノロジー

監修 松本玲央奈

執筆 山本尚恵

Topic

最新戦闘機 F-35

自衛隊にも配備された最新鋭機の性能を徹底解説

監修 源田孝

執筆 時実雅信

Nature View

空を捨てた鳥 ペンギン

水陸両用の体を手にした,世界全18種の姿

監修 高橋晃周

執筆 薬袋摩耶

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2022/05/26
    発売号

  • 2022/04/26
    発売号

  • 2022/03/26
    発売号

  • 2022/02/26
    発売号

  • 2022/01/26
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

3 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2022年05月30日発売

目次: 【特集】
●触れ合いのパワー
手を握ったり、抱き合ったりすることは私たちの健康にどのような効果があるのか? 誰かと触れ合うことによって、心が安らいだり、幸せな気分になったりするのはなぜだろう?
●フィリピンのサンゴ礁
世界有数の美しさを誇るフィリピンのサンゴ礁だが、気候変動と破壊的な漁法で深刻な被害を受けている。
●スペインオオヤマネコ
20年前には絶滅の瀬戸際にあったスペインオオヤマネコが復活しつつある。その成功の理由とは?
●聖なる川を流れ下るプラスチック
ガンジス川は神聖なものとあがめられるが、この大河が海洋汚染の大きな源になっている。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「ごみで作る抗議のアート」
●EXPLORE 探求するココロ
「オオオニバスの秘密」「雪に包まれた山へ」「カブトガニの産卵」「プラネット ポッシブル」
●THROUGH THE LENS レンズの先へ
「誰よりももっと深くへ」

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「よみがえった菖蒲園」
●今月の表紙:ダビニア・ジェームズ・スチュアートが生後3カ月
の娘を抱っこする。自分が受けてきた愛情を娘に伝える方法の一つが触れ合いだと、母親は言う。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/03/30
    発売号

  • 2022/02/28
    発売号

  • 2022/01/28
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

  • 2021/11/30
    発売号

4 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2022年06月03日発売

目次: 【特集】
〇いて座A*の観測からとらえた
天の川銀河中心のブラックホール/塚田 健
2022年5月12日、EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)による天の川銀河中心のいて座A*の観測データ画像が発表されました。画像は天の川銀河中心の巨大ブラックホールの存在を示し、観測された光のリングの大きさはアインシュタインの一般相対性理論の予言とよく一致していました。2019年に同じくEHTから発表されたM87銀河中心のブラックホールの画像と比べながら、今回の発表の詳細、その成果と意義について紹介します。



〇手軽なシステムで迫力の天体像を観る
自宅ではじめる電視観望 VOL.2/Sam
6月号に続いて「自宅で始める電視観望」の第2回。最近注目されている新たな観望スタイルである「電視観望」は、市街地の明るい空からでも星雲などの天体を色味のある姿で観察でき、手軽な機材で始められるため、人気が高まっています。第2回は電視観望で使用するソフトウェアを紹介。機材のセットアップから天体映像の表示と調整方法までを紹介します。



〇~星明かり月明かり日記~
6惑星に出会う一夜/牛山俊男
今春は明け方の空で複数の惑星が集合する様子が見られます。5月初旬、本誌「星明かり月明かり」を連載する写真家・牛山俊男氏が、夕空に輝く水星と5惑星(金星・火星・木星・土星・海王星)との出会いを求め、長野県霧ヶ峰に撮影に訪れた一夜の様子を紹介します。



〇星空VRをはじめよう
キヤノンVR専用レンズによる180°VR動画/須永 閑
キヤノンから発売されたVR撮影用レンズ「キヤノンRF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」は横に並んだ2つの魚眼レンズを備えた180°VR撮影専用レンズです.複数台のカメラを用いて撮ることの多いVR映像ですが、このレンズであれば1台で撮影可能。さっそく注目のレンズで星空VR映像の撮影を行いました。撮影から映像出力までを紹介します(完成映像は天文ガイドYouTubeチャンネルで視聴可能です)

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/03
    発売号

5 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2022/06/16
    発売号

  • 2022/06/09
    発売号

  • 2022/06/02
    発売号

  • 2022/05/26
    発売号

  • 2022/05/19
    発売号

  • 2022/05/12
    発売号

6 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2022年06月25日発売

目次: 2022年6月25日号の主な内容

■ニュース
・コメ兵、25年度売上1000億へ 国内・アジアで出店加速
・薬局の余剰在庫、解消 キリンが新事業
・家電量販店で中古トレカ エディオン
・農機具ネット競売、出来高1800万円 マーケットエンターGのUMM
・販売サイトで「レンタル」も ONZO
・「スマホ買取機」試験設置 ティーガイア
・都内で古着の物々交換 Rationaloop
・「買取福ちゃん」CMに鈴木福さん REGATE
・子供古着店のFC「エコライフココ」 ロイヤリティ月8万に固定
・保育園専門のフリマ エクスプラウド
・「PCNETオークション」 1回に6000点出品
・エプソンがプロジェクターの買取、デジタルリユースと連携
・「フリー素材」提供サービス チャイルドバンク
・LCCのピーチ CAの使用済みスカーフを再利用
・ブックオフ選書のマンガ コンパクトホテルで読み放題
・毎日60件、一括査定 アワバリュー
・アップガレージ 中古ipad取扱い
・古着の回収・販売 アーバンリサーチ
・越境専門CtoCアプリ Ichi
・至近に「ブックオフ旗艦店」 リサイクルフカツ
  
■トップインタビュー
メモリーズ(くらしの友グループ)横尾将臣社長
「遺品・生前片付け月120件」

遺品・生前整理にいち早く乗り出し、累計現場実績は1.6万件にも及ぶメモリーズ(大阪府堺市)。冠婚葬祭事業を行う「くらしの友」の子会社でもあり、グループでは葬儀から整理まで手掛ける。横尾将臣社長に戦略や業界の概況を聞いた。

■トピック
「増える買取FCの古物市場 オークション運営当たり前の時代に」

コロナを契機とし、買取専門店FCを展開する本部企業による古物市場への参入が相次いでいる。主要なFC本部は独自の古物市場を持つことが当たり前になりつつある。ただ、古物市場が既に多数存在しており、運営を成り立たせるのは容易ではない。FC本部運営による古物市場の動向を考察した。

■コーナー
◎市場考察
セカンドストリート・今泉有道社長
「新品減・円安でリユースが受け皿に」

◎Let’s TRY
「AIカメラで来店者の属性・行動を分析」
「買わない顧客」からもデータ収集

◎小トピック1
「エアコン需要集中は梅雨明け?」
材料高で新品・中古も2割値上がり

◎小トピック2
「ブランド洋食器が高騰」
中国でブーム到来か!?

◎ATTENTION
サブスク「解約」
「〝最終確認画面〟に情報わかりやすく」

◎中古市場データ
川崎交換会(神奈川県)
「道具・骨董で出来高500万円」

◎EVENTレポ店
「6.1 THE SHOW」(ON the CORNER、ドンドンダウン)
コムデギャルソンとヨウジヤマモトだけの古着ショー

◎注目の取り組み
「I Still Love You So(東京都)」
航空業社員と兼業で古物商

◎VOICE
テーマは「ビジネスで大切にしていること」
・古材や古道具の活用で顧客の気持ちに寄り添う…キブネ建設
・傾聴に徹し、貴金属やブランド品以外の買取りをアピール…某買取店

■連載
◎海外中古市場データ
浜屋 電気製品・その他
「アジアは雨季で冷蔵庫需要高まる」

◎中古レコードの世界
「レコード仕分けのポイント①」
日本と海外、最大の違いは「保存状態」

◎ブランド市場バイヤー齋藤清の俺に学べ! 
「インバウンド需要に、一層期待がかかるワケ」
下落トレンドへのカンフル剤となるか

◎繁盛店の店づくり
ロデオドライブ新宿歌舞伎町店(東京都)
「歌舞伎町に移転リニューアル」

◎倒産1000本ノック?
人生最大のしくじり?! 
「ここが肝心!最悪どこまで落ちても大丈夫なのか?パート2」

◎生前・遺品整理ダイヤリー 思い出に寄り添って
ティーアシスト(埼玉県)
「ゴミ袋を開けて家の実印を見つけ出す」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

7 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2022/05/12
    発売号

  • 2022/04/12
    発売号

  • 2022/03/11
    発売号

  • 2022/02/12
    発売号

  • 2022/01/12
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

8 エレクトロニクス実装技術

Gichoビジネスコミュニケーションズ

最大
36%
OFF
送料
無料

エレクトロニクス実装技術

2022年06月20日発売

目次: ●特集
「設計・解析・シミュレーション」

  発展が目覚しい今日の電子機器類、そしてまた、今後重要な開発テーマとして浮上してくる
 新技術開発に取り組むにあたっては、様々な要求に応えるだけの確実なソリューションが必要
 となります。いずれにしても、各要素を考慮しながらの設計、解析、及び製造ソリューション
 は、ますます複雑に、また難しいものになっており、現場の方々も立ちはだかる課題の解決に
 取り組まなければなりません。
  本特集では、現在の設計・解析・シミュレーション技術がどのような要求にいかに応えてい
 るかをご紹介します。

 ■イヤリング型ウェアラブルセンサ『e-lamp.』の試作
   株式会社図研 / 長谷川 清久 氏

 ■ゼロからわかる! JTAGバウンダリスキャン入門
   アンドールシステムサポート株式会社 / 谷口 正純 氏


●トレンドを探る
 ■一般社団法人日本電子回路工業会(JPCA)が
                   電子回路業界の今年(2022年)の生産見通し発表
  ~『日本の電子回路産業-2022-』(6月刊行予定)より~

 ■わかりやすい厚膜印刷回路入門 ~初歩から最新技術まで~
  第20回 モノコック厚膜印刷回路(その7)
   ”スイッチング回路を組み込む”
   DKNリサーチ / 沼倉 研史 氏


●好評連載
 ■前田真一の最新実装技術あれこれ塾
  第136回 情報社会を支える通信


●コラム
 ■「ちょっと途中下車」
  333駅目 本格焼酎・泡盛の日 / 武井 豊 氏


●Products Guide
 ■デジタル温調はんだごて、他


●その他
 ■展示会・イベント案内
 ■DKNリサーチのプリント配線板データシート
 ■Reader’s Square
 ■編集室から


参考価格: 1,210円 定期購読(1年プラン)なら1冊:779円

国内唯一の実装技術専門誌

  • 2022/05/20
    発売号

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/03/20
    発売号

  • 2022/02/20
    発売号

  • 2022/01/20
    発売号

  • 2021/12/20
    発売号

9 設備と管理

オーム社

送料
無料

設備と管理

2022年06月10日発売

目次: 特集
・受変電設備の基礎と操作[後編]
 皆川 邦雄(第一種電気主任技術者)
 受変電設備の構成を知り,具体的な操作方法や注意点,過去のトラブル事例を学ぶ.
 それによって,維持管理者の知識・技能の向上を図り,作業効率の向上や
 安全性を確保することを目的とする.6月号の前編とぜひ合わせて読んでいただきたい.

・ビル管理における風量測定ロボット活用法
 小林 雅明(三機工業株式会社)
 建築設備工事の施工品質の向上と性能検証の業務効率化を目的に
 風量測定ロボットの試験運用を導入した.実際にどれくらいの工程を削減でき,
 どこまでをロボットに託せるのか.現場での運用方法とこれからの課題を探る.

・石綿障害予防規則の改正とその対応
 脇田 真至(近鉄ファシリティーズ株式会社)
 令和4年4月から石綿事前調査結果報告システムが運用開始され,
 元方事業者の事前調査結果の届出が義務化されたのを機に,元請事業者の立場から
 関係者が成すべき事柄を整理した.新たに加わる作業を効率的に行っていくために全体概要をまとめた.

■ライセンス
・ビル管理試験直前対策 3号連続90問ミニテスト/レベル1
・2022年上期公表 二級ボイラー技士 試験問題と解答・解説

■ニュースラインナップ
・建築物省エネ法改正案を閣議決定
・電気設備技術基準・解釈の改正に向けてパブリックコメント
・空調システムのサイバーセキュリティガイドライン(案)
・無電柱化に向けて電柱新設の抑制策を取りまとめ

■フォトギャラリー
・四国水族館

■道草の拾い読み
・栃木・栃木市 岩下の新生姜ミュージアム

■連載
・事例に学ぶ設備お悩み相談室/93. 食堂からの臭気拡散対策
・のぞき窓を閉めないで/犬よ,猫よ,ペットらよ,人間を許し給え!
・完全図解 電子回路とディジタル回路の基礎知識/第1編 電子回路/第5章 増幅回路
 11. トランジスタの増幅作用と静特性
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/59. 大型店舗を保有するマンションの耐震化(中編)
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/130. 堀内 秀人さん(興和不動産ファシリティーズ株式会社)
・けろさんの設備探訪記/10. 給水設備の源へ 歴史的建造物
・ビル管 キャリアUPガイド/11. ビル管の3UP―キャリアUP,スキルUP,給料UP

参考価格: 1,650円

ビル・工場の設備を管理するエンジニアとマネージャのための専門誌

  • 2022/05/11
    発売号

  • 2022/04/11
    発売号

  • 2022/03/11
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

  • 2022/01/11
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

検査技術の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌