• 雑誌:料理通信
  • 出版社:料理通信社
  • 発行間隔:月刊
  • サイズ:A4
  • 雑誌:料理通信
  • 出版社:料理通信社
  • 発行間隔:月刊
  • サイズ:A4

料理通信 2020年11・12月号 (発売日2020年10月06日)

料理通信社
暮らしにもっと<アウトドアな食時間>を!

料理通信 2020年11・12月号 (発売日2020年10月06日)

料理通信社
暮らしにもっと<アウトドアな食時間>を!

ご注文はこちら

2020年10月06日発売号単品
この商品は現在休刊となっております。

料理通信 2020年11・12月号 (発売日2020年10月06日) の目次

【巻頭特集】山グルメ、庭グルメ


同じ料理でも、屋内で食べる味とまったく違って感じられるのが
山グルメ、庭グルメの魅力です。

外の空気が最高のソースになることはもちろんですが、
様々な制約が調理をシンプル、かつ原点回帰させ、
食材そのものの味に近づけてくれていることも、感動の裏にはありそうです。

またプロ、アマ双方で、火をおこして料理するという行為が注目を集めている点も、
アウトドアクッキングの人気拡大を促進しています。

コロナ禍を受け、戸外での飲食をイベントという形だけでなく、
日々の習慣として取り入れたいと考える人が益々増えていきそうです。

新たな時代に、アウトドアな食時間を豊かにするヒントを
シェフたちと共に考えてみたいと思います。


-----------------------------------
目次
-----------------------------------

■これからの習慣にしたい<山グルメ、庭グルメ>

■シェフが実践している 山グルメ、庭グルメ
東京・調布「マルタ」石松一樹、
銀座「ファロ」・ローマ「ビストロ64」能田耕太郎

■森枝流「即席・庭キッチン」のススメ
渋谷「Chompoo」森枝幹

■愛用ギアで楽しむアウトドアクッキング
「オルガン」「ウグイス」紺野真×野外料理研究家・ベアーズ島田キャンプ

■家でも、外でも作りたい<新アウトドアレシピ集>

・タコとアボカドのサラダ
──東京・代々木公園「アヒルストア」

・フラワートルティーヤ
─東京・三軒茶屋「ロス・タコス・アスーレス」

・真鯛の瞬間燻製カルパッチョ
──東京・銀座「炭火屋るぷりん」

・豪快キーマカレー
──東京・渋谷「エリックサウス マサラダイナー」

・バン・チャン・ヌン
──千葉・松戸「オーセンティック」

・グリルドチーズサンド
──東京・広尾「ハッピーアワー」

・鶏ムネ肉のブロシェット、鶏モモ肉の蒸し煮
──東京・東北沢「エンリケ・マルエコス」


■[column]日常に取り入れたい、アウトドアな食時間

・コロナ禍が生んだ、屋外グルメの新星「鳥幸」
・天日でのんびり、自家製タイムを「溢彩流香」
・“チェアリング”のススメ飲酒ユニット「酒の穴」

■“オリーブ牛”で作るプレミアムコンビーフ
──東京・銀座「マルディグラ」

■山グルメの達人に教わる<アウトドアを快適にする道具・食材・テクニック>
──蓮池陽子

■家で楽しむ“スローBBQ”のススメ
──東京・田原町「釜浅商店」

■備長炭でプロはこう焼く<塊肉の炭火焼>
──東京・青山一丁目「The Burn」

■ベイクと楽しむ アメリカンBBQ入門
──東京・麻布十番「ハドソンマーケットベーカーズ」

■世界の山グルメ、庭グルメ――海外を手本にして脱・マンネリ!

■家飲みから屋外まで拡大中! ノンアルカクテル最前線

Part1)ノンアルボトルを使いこなす
── 「Low-Non-Bar」宮澤栄治、高橋弘晃

Part2) サプライズな味づくりに挑戦
──「The SGClub」永峯侑弥


-----------------------------------

【第2特集】
未来のレストランへ vol.3
~ それでも前に進む、原動力。 ~

-----------------------------------

酒席の自粛要請、日常となった表情が伝わらないマスクの着用、
空間を阻むアクリルパーテーション、人と人の距離をおくソーシャルディスタンス。

「一時的と思えた危機は、どうやら続くらしい――」。
無我夢中にウイルスに応戦していた時は過ぎ、
ふと立ち止まって頭が冷えた頃、降りかかってきたのは、
料理人、飲食店としての根源的なあり方、
求められる真の役割を考えた上で、どう新しいスタイルに舵を切るのかを問うという、
さらなる難題でした。

ウイルス、自然災害、経済の停滞・・・、
どんな苦境に面しても、立ち止まらず歩みを止めず、前に進む力はどこから湧き出るのか。
コロナを経てもなおも逞しく歩みを進める
5軒の「これまで」と「これから」を紹介します。


01)多角経営で、続けられるガストロノミーへ
──東京・表参道「エラン」

02)個人で取り組む、“小さな循環”
──東京・西麻布「エルバ ダ ナカヒガシ」

03)チームを組んで、街と暮らしを豊かにする
──神奈川・鎌倉「祖餐」

[column]「コンヴィヴィオ」流・ミールキット“コンヴィバーガーキット”ができるまで
──東京・北参道「コンヴィヴィオ」

04)自分の舌と足で見つけた食材を、食べ手へつなぐ
──フランス・パリ「エチュード」

05)レストランは楽しい、を次世代へ伝える
──東京・目黒「Kabi」

[column]「ラ・トラットリアッチャ」河合鉄兵シェフのフードトラック奮闘記
──東京・広尾「ラ・トラットリアッチャ」


-----------------------------------
【Topics】
-----------------------------------

■パスタと生きる道
──supported by DECECCO

■パティシエと共に考えるゼリー系スイーツの可能性

■#新潟さんち
vol.2 新潟米

■「みをつくし料理帖」の教え、和食の教え。

-----------------------------------
【連載】
-----------------------------------

■表紙の料理
――森枝幹

■真似したくなる台所
――亀井きぬ

■日常に使いたい日本の器と道具
――太番手ガーゼ 百草

■素晴らしき日本の発酵文化
――酒種あんぱん「銀座木村家」

■World Topics
――Stockholm, Berlin, Paris, Rhode Island, Avezzano, Lima, Sydney

■新・クリエイション魂
――伊藤啓孝「ドメーヌ・クヘイジ」栽培醸造責任者

■Local Topics Japan【山の小さな専門店の生き方】
――北杜、伊那、美濃加茂、糸島

■続・これだけは知っておきたいイタリア土着ブドウ品種
――「ランブルスコ グラスパロッサ」

■生涯現役
――野嶌外茂治「魚料理のじま」

■料理上手と呼ばれたい[Special]
――「一凛」ナスの藩椒煮

■食のプロを刺激する店
――「スーパーオオゼキ 下北沢店」

■新米オーナーズストーリー
――Kuval

■食の世界の美しき仕事人たち
――片倉康博、田中美奈子(ドリンクスペシャリスト)

■未来に届けたい日本の食材
――菜種油

■誰もがはじめられるSDGs/実践集
――災害時の食と栄養2

■Web料理通信「The Cuisine Press」のご案内

■New open

■Information

■Book&Culture

■バックナンバー

■定期購読&電子書籍のご案内

■月と星から学ぶ食の占星学

■次号予告・編集後記

※デジタル版には一部広告ページは掲載しておりません

料理通信の内容

国内外の“食の最前線”を伝えるフードマガジン!定期購読優待があります!
国内外の最新レストラン事情やガイドなどの食情報を紹介する新しいタイプのクリエイティブ・フード・マガジン。パン、スイーツ、肉、バル、惣菜、ワイン、つみまみ、レシピ集、店づくり……。多彩な切り口で旬の食情報をお届け。レシピ満載だから実用度も大!

料理通信の無料サンプル

2019年12月号 (2019年11月06日発売)
2019年12月号 (2019年11月06日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

料理通信の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

料理通信の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.