I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

アグリバイオ 発売日・バックナンバー

全103件中 1 〜 15 件を表示
2,530円
特集:持続的食料生産に向けた人工土壌の創生
Creation of artificial soils for sustainable food production
定価:本体2,300円+税

■ トップランナー
中森農産株式会社 中森 剛志

■ 特集
総論 土壌再考から人工土壌創生へ/小川 順
有機肥料の水耕栽培から創生土壌へ/篠原 信
人工土壌の硝化微生物群制御技術/安藤 晃規・宮本 憲二
有機養液栽培による野菜生産/種村 竜太
植物特化代謝産物の微生物への影響/杉山 暁史
土壌の多様性と人工土壌の可能性/矢内 純太

■ 連載 バイオによる持続的な物質生産とグリーントランスフォーメーション
第4回 バイオものづくりの課題と期待/関 実


2,530円
特集:多様な日本酒の開発の新展開
New developments in technology for producing various types of Sake
定価:本体2,300円+税

■ トップランナー
一般社団法人 awa酒協会 永井 則吉

■ 特集
総論 日本酒の多様化と新技術開発/藤井 力
イネ登熟期の気象条件が日本酒の香気成分に及ぼす影響/奥田 将生
酒米を特徴づけるゲノム変異/吉田 晋弥・吉田 英樹・松岡 信
麴製造適性に基づく酒造好適米の特性評価法を活用した品種育成/青木 政晴
新潟県における「蔵付き酵母」の単離と清酒製造への応用/栗林 喬・田中 純平・畠山 明・青木 俊夫・城 斗志夫
食品と酒の相性の科学的解析―有機酸がうま味に与える影響―/藤田 晃子

■ 連載 バイオによる持続的な物質生産とグリーントランスフォーメーション
第3回 GteX事業を通じたグリーントランスフォーメーションへの取り組み/釜井 宏行


2,530円
特集:未来食としての昆虫食
Eating insects as a future food
定価:本体2,300円+税

■ トップランナー
サンリット・シードリングス株式会社 石川 奏太

■ 特集
総論 昆虫由来食品の社会実装に向けた課題/飯島 明宏
食用昆虫の安全性評価の現状/眞鍋 昇
食用昆虫の養殖システム/鈴木 丈詞
食用コオロギの飼料設計とスマート生産技術開発/佐々木 豊
食用昆虫の受容性/石川 伸一

■ 連載 バイオによる持続的な物質生産とグリーントランスフォーメーション
第2回 バイオものづくり技術によるCO2を直接原料としたカーボンリサイクルの推進 ②/矢追 克郎・石井 正治・佐藤 俊輔・平野 伸一・中野 良憲・星野 孝仁

2,530円
〈創刊100号記念号〉
特集:微細藻類で取り組むバイオ生産の現状と将来
Microalgae-based bioproduction: Current trends and future prospects
本体価格 2,300円+税

■ トップランナー
株式会社アルガルバイオ 木村 周

■ 特別寄稿 ◆ 創刊100号記念に寄せて ― 編集委員会より ―
アグリバイオ100号記念と今後の展望/篠崎 一雄
阿部 啓子/江面 浩/古在 豊樹/佐藤 和広/生源寺 眞一/林 良博/吉田 稔

■ 特集
総論 微細藻類の改変と持続的バイオ生産への利用/持田 恵一
バイオ燃料生産の現状とナンノクロロプシスゲノム編集技術の構築/岡崎 久美子
ユーグレナによる有用物質生産と代謝改変の現状と将来/中澤 昌美
緑藻のピレノイドとCO2濃縮機構/山野 隆志
微細藻類と動物培養細胞を融合させたプラニマル細胞の創生と将来/小玉 智恵・松永 幸大

■ 連載 バイオによる持続的な物質生産とグリーントランスフォーメーション
第2回 バイオものづくり技術によるCO2を直接原料としたカーボンリサイクルの推進 ①/矢追 克郎・石井 正治・佐藤 俊輔・平野 伸一・中野 良憲・星野 孝仁

2,530円
特集:微生物共生系のデータサイエンスによる環境DX・GX
Environmental Digital Transformation and Green Transformation using data science of microbial symbiotic system
本体価格 2,300円+税

■ トップランナー
BioPhenolics株式会社 貫井 憲之

■ 特集
総論 環境データサイエンスによるDX・GX/菊地 淳
ベントス共生系の資源循環能を活かした底質環境ホメオスタシス/伊藤 克敏
EcohNetによる複雑な生態系の因果ネットワーク推定と動態予測/鈴木 健大・松崎 慎一郎・桝屋 啓志
農業デジタルツインによるGX/藤原 風輝・二瓶 直登・市橋 泰範
環境微生物共生系の構造方程式モデルによる農林畜水産業への貢献-好熱菌を活用した「腸・環」循環による持続可能な生態系の可能性を中心として-/宮本 浩邦

■ 連載 バイオによる持続的な物質生産とグリーントランスフォーメーション
第1回 バイオものづくりを取り巻く国内外の動向について/下田 裕和

特集:植物病害防除の最前線
Frontiers of technology for plant disease control
定価:本体2,300円+税

■ 特集
総論 作物病害のリスク予測と防除技術の展開/窪田 昌春
土壌診断に基づく病害リスク評価から防除対策へ/吉田 重信
イネ稲こうじ病の発生量と薬剤散布適期を予測するシステム/芦澤 武人
結露センサーを用いた加温による野菜類の病害防除/下元 祥史
土壌消毒による土壌病害防除の展開/井上 康宏
常温煙霧法を用いたハウス栽培における農薬散布方法の新たな展開/北條 広

■ 連載 施設園芸におけるCO2ゼロエミッション化対策
第5回 施設園芸のCO2ゼロエミッションを実現する新型ヒートポンプの開発と技術的展望/石井 雅久

特集:ゲノム編集を利用した農産物の現在と未来
Current and future perspectives of genome editing in agriculture and foods
定価:本体2,700円+税

■ トップランナー
株式会社tayo 熊谷 洋平

■ 特集
総論 農林水産物におけるゲノム編集の利用の現状と展望/髙原 学
ゲノム編集技術による園芸作物開発の展開/住吉 美奈子・江面 浩
ゲノム編集ジャガイモの現状と今後の展望/安本 周平・村中 俊哉
ゲノム編集による花きの研究開発と今後の実用化への展望/小野 道之
スタートアップ企業におけるゲノム編集による育種ビジネスの展望/谷本 連・小林 健人・野田口 理孝
海外におけるゲノム編集作物の開発状況と実用化への展望/森山 力


特集:温室効果ガスを削減する土壌微生物研究
Soil microbiology to mitigate greenhouse gases
本体価格 2,300円+税

■ トップランナー
学校法人城西大学 城西国際大学薬学部 光本 篤史

■ 特集
総論 農耕地からの温室効果ガス排出の削減戦略/妹尾 啓史
水田でメタンの生成と消去に関わる微生物/浅川 晋・渡邉 健史・新庄 莉奈・大江 史花
イネ種子への微生物接種により水田からのメタン排出を削減する/迫田 翠・西澤 智康
安定同位体比による土壌生態系N2Oの循環解析/豊田 栄
ダイズ根粒菌のN2O還元能を利用したN2O排出削減/板倉 学
土壌微生物と土壌動物を活用して農耕地からのN2O排出を削減し作物生産性を向上する/妹尾 啓史

■ 連載 施設園芸におけるCO2ゼロエミッション化対策
第4回 閉鎖型管理に向かう施設園芸の研究開発現状/岩崎 泰永

特集:寄生植物関連研究の新展開
Parasitic plant researches in new phase
定価:本体2,091円+税

■ 特集
総論 寄生植物を理解し,その防除に役立てる/土屋 雄一朗
自殺発芽誘導によるストライガの防除/杉本 幸裕
寄生植物の宿主植物への接近メカニズム/小川 哲史
ストリゴラクトン受容体機能の解明と受容体阻害剤の分子設計/中村 英光
オロバンキの発芽における糖質代謝動態の理解と防除への応用/岡澤 敦司
寄生植物が宿主植物に寄生する機構/稲葉 尚子・吉田 聡子

■ 連載 施設園芸におけるCO2ゼロエミッション化対策
第3回 施設園芸における効率的CO2施用技術開発の現状と展望/鈴木 克己

2,300円
特集:微生物共同体のつくるバイオフィルムの研究
Research on biofilms formed by microbial communities
定価:本体2,091円+税

■ トップランナー
ファーメランタ株式会社 柊崎 庄吾

■ 特集
総論 「バイオフィルムの理解から微生物制御を考える/野村 暢彦
バイオフィルム形成と不均一性の制御機構/尾花 望
バイオフィルムの解析技術/杉本 真也
口腔細菌のバイオフィルム/泉福 英信
食品の安全とバイオフィルム/久保田 浩美
バイオフィルムを用いた水処理技術:高度化と多機能化の潮流/寺田 昭彦

■ 連載 施設園芸におけるCO2ゼロエミッション化対策
第2回 施設園芸におけるCO2の効率的施用に向けたモデル化と取り組み/東出 忠桐

特集:植物細胞を利用した有用タンパク質の高生産
Production of valuable proteins using plant cells
定価:本体2,091円+税

■ トップランナー
スパイスキューブ株式会社 須貝 翼

■ 特集
総論 植物におけるタンパク質生産の現状/三浦 謙治
糖鎖修飾改変植物細胞による医療用タンパク質生産/藤山 和仁
植物工場における有用タンパク質生産/松田 怜
RNAサイレンシング遺伝子改変によるタンパク質生産の効率化/松尾 幸毅
ベンサミアナタバコ一過性発現システムを用いた医療用タンパク質の開発/的場 伸行
植物でのタンパク質生産を向上させる翻訳エンハンサーの開発/山﨑 将太朗・加藤 晃
植物特化代謝物の生合成研究/野村 崇人


2,300円
特集:国菌「麹菌」による新たなものづくり
New trend in the production of useful substances using the national microorganisms of Japan ”koji molds”
定価:本体2,091円+税

■ トップランナー
株式会社開盛 盛 傑

■ 特集
総論 麹菌の新たなものづくり利用への可能性/五味 勝也
麹菌による有用脂質の分泌生産/玉野 孝一
麹菌におけるゲノム編集技術を用いた天然化合物の生産/丸山 潤一
麹菌における小胞体ストレス応答の新機構/田中 瑞己
麹菌の菌糸分散変異株を用いた有用物質生産/阿部 敬悦・吉見 啓/宮澤 拳
ニゲラン生産とバイオマスプラスチック化研究/上地 敬子・都甲 梓・水谷 治・木村 聡・岩田 忠久

特集:接木の科学研究から最新の苗生産まで
From scientific research on grafting to cutting-edge seedling production
定価:本体2,091円+税

■ トップランナー
グランドグリーン株式会社 丹羽 優喜

■ 特集
総論 接木の最前線〜技術リードする日本/野田口 理孝
接木を可能にする傷口カルス形成のメカニズム解明/池内 桃子
ANAC・DOF 転写因子による組織再生と接木接着/朝比奈 雅志
異科接木からはじまる接木の科学とその可能性/⿊⾕ 賢⼀
ナス科野菜における台木利用について/新村 芳美
接木苗生産の現状と付加価値育苗について/清水 耕一

■ 連載 施設園芸におけるCO2ゼロエミッション化対策
第1回 施設園芸のCO2ゼロエミッション化に向けた総合戦略/中野 明正


2,300円
特集:草本バイオマスの増産と利用
Expanding the production and use of grass biomass
定価:本体2,091円+税

■ トップランナー
GSアライアンス株式会社 森 良平

■ 特集
総論 脱炭素社会構築に貢献する草本バイオマスの可能性/佐塚 隆志
ソルガムの雑種強勢メカニズムとバイオマスデザイニング/橋本 舜平・佐塚 隆志
オギススキによるバイオマス増産/藤森 雅博
エリアンサスによるバイオマス増産/蝦名 真澄
ゲノミックセレクションを活用した草本バイオマスの増産/髙梨 秀樹・岩田 洋佳・堤 伸浩
草本バイオマスを原料としたバイオリファイナリー利用/川口 秀夫・Prihardi Kahar・荻野 千秋

2,300円
特集:腸内フローラの改善と人の健康促進
Improving gut microbiota and promoting human health 
定価:本体2,091円+税

■ トップランナー
株式会社プリメディカ 小川 健太

■ 特集
総論 腸内フローラと健康長寿/内藤 裕二
腸内フローラ解析の進歩と日本人エンテロタイプ/井上 亮
免疫グロブリンA (IgA) 抗体による腸内細菌叢制御/森田 直樹・新藏 礼子
発酵食品による腸内環境と免疫恒常性の維持機構/辻 典子
京丹後長寿コホート研究から見えてきた長寿関連細菌叢/髙木 智久・的場 聖明・内藤 裕二
ブルーゾーン大宜味村の腸内細菌叢解析から見えてくるもの/池松 真也

■ 連載 農作物のホロゲノム育種
第4回 作物の共生・内生・根面微生物などが植物の生育に与える影響/今泉(安楽) 温子・竹内 香純

おすすめの購読プラン

アグリバイオの内容

  • 出版社:北隆館
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
アグリバイオに関する幅広い分野をカバーし、特集ごとに細分化した領域に焦点をあて、最新の情報を提供します。
月刊「アグリバイオ」北隆館 2016年12月創刊 様々な農業生産に直接,間接的にかかわる最新のバイオテクノロジーの知見や,微生物を含む「農産物利用技術」「食品機能開発」「食と健康」「アグリビジネス」など,農業生産と農産物利用にまたがる多様な問題を敏速に捉え,新しい「農」の姿をお伝えします。とりわけ,バイオテクノロジー(遺伝子工学・ゲノム解析・細胞培養技術等)による,主に農業産業に関わる分野の研究・開発の現状を紹介し,さまざまな分野の研究者が横断的に知識を提供し,共有できる専門誌を目指します。さらに研究に伴う,新興市場・産業の動きとアグリバイオ関連製品・サービスの事業展開,実用化・商品化への研究・開発も併せて紹介します。編集委員会◇編集委員長◇篠崎一雄(国立研究開発法人 理化学研究所 栄誉研究員・名誉研究員/名古屋大学 特別教授)◇編集委員◇阿部啓子(東京大学 名誉教授/東京農業大学 客員教授/神奈川県立産業技術総合研究所 研究顧問),江面浩(筑波大学生命環境系 教授/理工情報生命学術院 学術院長),古在豊樹(特定非営利活動法人 植物工場研究会 会長/千葉大学 名誉教授),佐藤和広(摂南大学 農学部 特任教授/かずさDNA研究所 理事・特別客員研究員/岡山大学 名誉教授),生源寺眞一(公益財団法人 日本農業研究所 研究員/東京大学・福島大学 名誉教授),林良博(独立行政法人国立科学博物館 顧問),吉田稔(国立研究開発法人 理化学研究所 理事/東京大学 特別研究室 特別教授)◇前編集委員長◇別府輝彦(日本学士院会員/東京大学 名誉教授)

アグリバイオの目次配信サービス

アグリバイオ最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

アグリバイオの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.