イタリア好き 発売日・バックナンバー

全23件中 16 〜 23 件を表示
どことなく田舎臭くて、素朴な包みが僕は好きだ。

深夜にB&Bに到着して部屋に入ると、ベッド数が足らない。よくあることだが、ダブルで二人分とカウントされている。メッセージしてあったのに~。仕方がないその夜は一人が椅子を並べて寝ることになった。翌朝、フランチェスカさん(P7)が近くに住む親戚からベッドを借りてきてくれた。これで煩わしい部屋探しをしなくて済んだ。その後、日曜日の家族とのランチを一緒にした。

食事の準備ができるまで、アーチレアーレの海岸を一望できる屋上に案内されて、街のこと、家族のこと、いろいろと話してくれた。「暖かくなったらここで食事するからその時もぜひ」と、笑顔のフランチェスカさん。部屋に戻ると、ワイン片手にニコニコ顔で現れたお父さんに導かれ、ご自慢のアンティーク家具の見学会が始まった。たった数時間で心地よい家族の風に包まれていた。

そういえば、早朝に取材した「ドルチェリーア・ベッラ」のアンジェラさん。白髪にヴィオラ色のニットと艶やかな口紅が美しい。彼女が店に入ってくるとたちまち晴れやかな空気に包まれ、大袈裟じゃなく幸せのシャワーを浴びた感じがした(P12)。「いつも笑顔で自分の舞台を演じるのよ」という母親の教えどおり、彼女の楽しむ姿が周りの人たちも楽しませているのだ。

サルヴァトーレさん(P14)は、常連客に囲まれてゆったりマイペースでサービスをする。そのおおらかさで店内はまったりとした空気に包まれている。笑顔でいるからこそ得られる豊かさがあると、人生を謳歌している。

ところで「包」の字源は、人が子供を身ごもっているさまを象ったもの。大切なものを「つつむ」ことを源とする言葉だ。だからだろう、何かの「包み」には、包んだ人の気持ちも一緒に包まれているように感じることがある。

B&Bの椅子で夜を過ごしたときにはどうなることかと思ったが、取材を終えてみれば、明るくて社交的で、ホスピタリティにあふれているアチェージ(アーチレアーレの人)の、質素でピュアなもてなしに包まれた、いい時間だった。

発行編集人 マッシモ松本
もう何十年も前の話。本誌連載中のカメラマン、篠さんと一緒に朝市の撮影をしにホテルを出た。するとそこにいた警官が、篠さんのたすき掛けをしている2台のカメラを指差して、「それはよくない気をつけろ」と言って注意してきた。篠さんはイタリアのベテラン。「その辺りは心得ている」と、うまく話して先に進んだ。

しばらく行くと、今度はサラリーマン風の紳士が「カメラはしまったほうがいい」と親切に声をかけてくれた。篠さんも「ありがとう」と答え、一度はカメラをしまうが、それでは撮影にならないと、また取り出し同じようにたすき掛けにして歩いていた。すると、スクーターに乗って一度は通り過ぎたおばちゃんがわざわざ大声で呼び止めながら戻ってきて、「ダメ、ダメ、ダメ! カメラはしまいなさい」と言うのだ。しかもおばちゃんはしまうまでそこを立ち去る様子もなく、滔々となぜ危ないかを話し始める。さすがの篠さんも、この短時間の間に同じことを3人に言われたら、しまわないわけにはいかない。そこは大人しくカメラをしまいメルカートへ向かった。そして十分に注意をしながら撮影を始め、無事になんのトラブルもなく、一見陽気なナポレターノたちの写真を収めることができた。

この話、ナポリが危険な街だと言いたいのではない、ナポリは誇りと自信に満ち、郷土愛に溢れた地元民に支えられている魅力的な街ということだ。

美しい海岸線と地理的優位性から、独立と被支配を繰り返してきた歴史の中で、文化が交差して積みあげられてきたナポリ。雑然とした街並みや、けたたましい車の騒音、荒々しく飛び交う人々の声、貧困と富裕、数多ある教会、エスプレツソ、ピッツア、王宮……そういう混沌の中で、生きる活気がみなぎるのがナポリであり、来る人を惹きつけてやまない。

最近では、カメラ片手に歩く観光客も増え、タクシーもほぼぼったくられることはほとんどなくなり、ずいぶんセーフティな街になったようだ。むしろ昔のようなハラハラ、ドキドキのナポリを懐かしむ人も少なくないのかもしれない。
 
それでもナポリは、ナポリである。
 
発行編集人 マッシモ松本
2020年が始まった。日本ではオリンピックイヤーとなり、開会までの準備を整えるために世の中は忙しい。

いっぽうで、新年早々米国のイランへの攻撃や、イギリスのEU撤退、地球温暖化による気候変動によるさまざまな影響など。経済を中心にこれまで人類がしてきたことが、今少しずつずれて、崩れてきている、そんなことさえ思える最近の出来事が多い。

ビジネス、ファッョン、モード、デザインなどイタリアの産業、経済の中心地のミラノ。スターバックスやユニクロもオープンし連日賑わいを見せている。どこに行ってもある店は、安心感の代わりに、その街の個性を失わせてしまうように思う。僕はどこかでイタリアはそうなって欲しくないと願っている。町の小さなバールや、肉屋や魚屋、八百屋や食料品店など魅力的な店をたくさん見てきた。それらもだんだんと数を減らしている様子とはいえ、そのスピードは日本よりずっと遅く感じる。そう、引き継がれてきた伝統を誇りに、無理をせず、客のニーズに合わせて緩やかに変化させることはあっても骨格は失わず、安心と信頼を得ている店。そんな店がここミラノにも数多くあった。

出発直前のトラブルからほぼ白紙の状態でのミラノ入りだった。もともと〝暮らし〟をテーマにしたかった取材。前々日入りした僕が、滞在先のホテル周辺の少しの情報を元にリサーチに回り、地元の人たちが溜まっている、立ち寄っている店を巡り、取材先を決めていった。そこからは飛び込み取材を敢行。どの店も思いのほかあたたかく迎えてくれて、とてもいい取材ができた。滞在中何度も通った店も少なくない。

それらの店に共通していたことは実にシンプル。誠実さと謙虚さだった。そして老舗でも、新店でも、そういう店には必ず客が並んでいる。客もまた店をきちんと守ろうとする。当たり前に聞こえるが、これが意外にそうでもないのは皆さんもよくご存知であろう。

ビートルズは「all you need is love」と唄い、清志郎はある歌の中で、「愛が欲しいなんてただの口癖」と皮肉って唄っていたけど、やっぱりイタリア、根底には「アモーレ」が溢れているのだ。

目先に囚われずに、本質を見据え、根っこをしっかり踏みしめることこそ今の我々にとっては大切なのではないかと、オリンピック後のニッポンを憂慮しながらパニーノをほおばっていた。

発行人編集長 マッシモ松本
「ハレ」と「ケ」

サルデーニャ、ここは不思議な魅力を持った島である。この島に来るたびに思う。島独特の文化、風習が今もなお色濃く残り、それを誇りに思い、守っていこうとする力を特に強く感じるのだ。それは島であることと、被支配の歴史によることに少なからず影響しているだろう。
 
特に祭りの風俗や習慣、民族衣装どれを取っても興味深い。季節になれば、島のあちらこちらで大小さまざまな祭りが催され、住民が集い、聖人を祀り、祈り、そこに伝わる料理を食べ、ワインを飲むのである。

日本には「ハレ」(晴)と「ケ」(褻)という考え方がある。「ハレ」とは祭礼や節句、正月や、冠婚葬祭の非日常的な行事を言い、「ケ」は日常の生活を言う。その非日常と日常という生活のリズムが、季節の変化とともに古くから日本人の意識に根付いていた。「ハレ」の日には「晴れ着」を着て、日常とは違う料理を食べ、その区別をしっかりつけることによって、心と体のエネルギーを充填し「ケ」の日常も滞りなく過ごせるというのである。そしてハレの日の祭りでは、皆が酒食を共にすることでより家族や地域の結び付きを強くさせるという考えもある。

サルデーニャの人たちが、祭りの伝統や習慣、風習を大切にしているのは、祭りを通して地域での絆を確かなものにし、さまざまな支配や影響から自身を守る術の一つなのかもしれない。だから「ケ」の日常でも、質素な暮らしも大切にしているのだと感じられた。

誇りとホスピタリティの島、サルデーニャ。

発行人編集長 マッシモ松本
ヒーロー

 〝強くて、優しい〟いつもそうありたいと思っている。映画やテレビ、漫画の中のヒーローはいつだってそうだ。でも口で言うほど簡単ではない。
 「アブルッツェーゼのキャラクターは?」と問うと、だいたいの相手は少し照れくさそうに「forte e gentile(強くて、優しい)」と返してきた。1882年にアブルッツオを巡ったイタリア人ジャーナリスト、プリモ・レヴィが感じたこととして彼の旅行エッセイに記され、タイトルとしても使われているフレーズだ。アブルッツォでは永きにわたり、自分たちを現す言葉として誇りと共に親しまれてきたようだ。
 
 取材班はキエティ県ファーラ・フィリオールム・ペトリという丘の村の知人宅で、1週間お世話になった。近くにマイエッラ山塊を望む静かなところだ。夕食のワインはいつもチェラスオーロ。箱の中のラミネートに入ったいかにも地元っぽいワインをガラス瓶に移し、冷蔵庫で冷やしておく。それを炭酸水で割って飲むのが主人エンニオさんのお気に入りだ。真似て飲む。暮らすように旅をするのがいちばん楽しい。
 毎日取材から帰ると、いつも彼が食事を用意していてくれた。旬のものから取材先の友人たちの食材を使ったものまで実に多彩な食卓となり、本当にお世話になった。そんな彼は毎朝5時半には庭に出て、自家菜園や草花の手入れ、猟犬3頭に、鶏、鶉、猫とうさぎ、動物たちの世話をしている。
 
 パオロさん(P12)は農業を始めて10年。決して楽ではなかったけれど選んだ道に間違いはなかった、と熱く静かに語り、「パッショーネだけで10年だね」と笑う。ジャンピエトロさん(P18)の急な方向転換に仰天した奥さんのラウラさんだったが、今ではしっかり家族で歩んでいる。ロベルトさん(P31)は、大きな体でいかにも力強そうな風貌ながら、「人と繋がっていることがとても大切なんだ」と語るその言葉一つひとつが繊細な心と愛を感じさせる……。
 身体的な〝強さ〟以上に、精神的なほうがよほど〝強い〟のだと、今号の取材を通して改めて感じたのだ。その〝強さ〟は誇示するものではなく、〝優しさ〟の中にある芯のようなものではないか。ここアブルッツォに限って言えば、取材先で感じた彼らの心の大きさは、アペニン山脈とマイエッラ山塊、その雄大な自然に包まれて芽生え、共存し、育まれてきたのだと。
 
 そして朝、部屋の窓からエンニオさんの姿を眺めながら、本当の〝強さ〟は大きな〝優しさ〟の中に存在する心なのだと、しみじみと思うのだ。
 
 自分の中のヒーローが目覚める日は来るのだろうか。
 アブルッツォ、もっと深入りしたい。

発行編集人 マッシモ松本
次の時代

「品質を保つこと、それは手抜きをしないことだ。それがいちばん大切なんだ」

「ここが田舎でも都会でも関係ない。その土地の歴史を知り、そこにある価値に気付き、見出すこと。そしてその価値に自信を持って発信することだ」
「この島が好き、この仕事が好き、それ以外のことは何も知らないよ、生まれ育ったこの場所が僕の生きるところ。僕はその運命に従うだけさ」
「地域起こしは役所の中ではできない。僕ら生産者自身が自ら動き、取り組むことが、その伝統を守り、継なげていくことのできる唯一の方法さ」
「農業とそこに暮らす人を大切にすることだ」
「土地を否定することは、そこでの暮らしを否定することだ」

農民はアーティストだった。畑をキャンバスにして、思い描く作物 (作品)を作り、販売(発信)する。その作物は時に国境を超え、海を渡る。
時代の変化を捉え、その先を見つめつつも、決して浮足立つことはない。これから先の不安定な時代を予感するかのように、肥沃な土にしっかり根を生やしている……。

掘り起こした土、
乾いた北風、
芽吹いた草木、
春の力、若い力、
次の時代へ。


発行編集人 マッシモ松本
匂いと、香りの記憶

父親が材木問屋だった。
子供の頃に父親の仕事場に行くと、独特の木の香りに包まれた。作業場では大工が仕事をしていた。僕はその香りと音、空気感が嫌いではなかった。モデナの樽工房の木材を眺めながら脳の奥に眠っていた記憶が香りと共に蘇ってきた。

モデナの人(モデネーゼ)にとってアチェートバルサミコ(バルサミコ酢)は切っても切れない関係であり、それを造るための樽は重要な要素の一つだ。その樽工房を訪ねた時に重い引き戸を開けると、大きな機械音と共にアチェートバルサミコと木、そして油の匂いに包まれた。その作業場の奥には、乾燥させたさまざまな種類の木材が保管されている。新しいものもあれば、古い樽を分解したものもある。

年月を経た樽の軌跡は、何年、何十年と経て完成するアチェートバルサミコの軌跡と同じだ。そしてそれは香りの記憶と共に歩んできたモデネーゼの家族の歴史でもある。価値はその歴史にある。

子供のために残すアチェートバルサミコの12年後、25年後の味は、モストコットと樽と家族のハーモニーによって醸される。そしてそれは、匂いと香りの記憶と共に、引き継がれていく。
アチェートバルサミコ、小さな瓶の中の長い歴史。

発行編集人 マッシモ松本


<INDEX>
表紙
RACCONTI ITALIANI
マンマのレシピ
Lo scorrere del tempo a MODENA(特集)
イタリアワインズキ
イタリア野菜好き
方言と同義語 地方のイタリア語
イタリア好きフォト通信
イタリア好き通信
Tour Report
イベントカレンダー 編集後記
イタリア散歩
表紙
RACCONTI ITALIANI
マンマのレシピ
イタリア好きってなんだ?(特集)
30号達成特別企画 編集長×カメラマン 相棒対談
イタリア好きの好きなイタリア
イタリア好きによるイタリア好きのためのブックレヴュー
イタリア人と猫
イタリア野菜好き
イタリアワイン好き
イタリア好き通信
イタリア好きフォト通信
イタリア散歩
おすすめの購読プラン

イタリア好きの内容

“イタリア好き”にオススメ! 観光情報誌とは違う、イタリア人の日常、素顔を感じられる雑誌。
人が好き、旅が好き、出会いが好き、楽しいことが好き、食べることが好き、愛することが好き、そして何よりイタリアが好き。食、芸術、デザイン、建築、ファッション、 エンターテインメント、歴史遺産、スポーツ、どんなジャンルをとっても「粋・誇り・愛嬌」が感じられ、知らぬ間に、ぐっと惹きつけられてしまう。それがイタリア。 そして何より、その土地を愛し、家族を愛し、誇りに思い生活するイタリア人、その人に魅力を感じてしまう。毎号、各州や一つのテーマにフォーカスし、そこに暮らす人々と食を通して、知られざる魅力を紹介していきます。おいしさの中から見えてくるのは、人生を楽しく生きる姿かもしれません。

イタリア好きの無料サンプル

Vol.31 (2017年11月01日発売)
Vol.31 (2017年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

イタリア好きの目次配信サービス

イタリア好き最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

イタリア好き定期購読のプレゼント

期間限定!(2026年10月31日迄) 『イタリア好き』バックナンバープレゼント!
対象購読プラン:1年
定期購読へ新規にお申込みいただいた方全員へ、『イタリア好き』バックナンバー ”Vol.41 ナポリ特集~生きる活気がみなぎるナポリ~”をプレゼントさせていただきます! 今まで『イタリア好き』は本誌の取材を通じて、彼らの人生や、生きることの価値、さらには時間の捉え方のまったく違うイタリア人の考え方に深い感銘を受け、共感を覚え、愛と情熱を感じ、力をもらい、それらをでき得る限り誌面に載せて伝えてきました。読者のみなさんにも同じ思いを読み取っていただけていると信じています。 だから今も、そしてこれからも、大好きなイタリアを、大好きなイタリアの人たちの笑顔を、ずっと発信し続けます。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

イタリア好きの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

イタリア好きの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.