東京人 460 (発売日2022年11月02日) 表紙
  • 雑誌:東京人
  • 出版社:都市出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月3日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]1,051円 [デジタル版]860円
東京人 460 (発売日2022年11月02日) 表紙
  • 雑誌:東京人
  • 出版社:都市出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月3日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:[紙版]1,051円 [デジタル版]860円

東京人 460 (発売日2022年11月02日)

都市出版
december 2022 no.460
contents

特集 東京映画館クロニクル
 なつかしの名画座から令和のミニシアターまで

表紙
右上から時計回りにギンレイホール、並木座、シネマライズ、シネマネコ、ラピュタ阿佐...

東京人 460 (発売日2022年11月02日)

都市出版
december 2022 no.460
contents

特集 東京映画館クロニクル
 なつかしの名画座から令和のミニシアターまで

表紙
右上から時計回りにギンレイホール、並木座、シネマライズ、シネマネコ、ラピュタ阿佐...

ご注文はこちら

2022年11月02日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
21%
OFF
833円 / 冊
2024年02月02日発売号から購読開始号が選べます。
あなたも東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?定期購読・バックナンバー最新号も購入できます!

東京人 460 (発売日2022年11月02日) の目次

december 2022 no.460
contents

特集 東京映画館クロニクル
 なつかしの名画座から令和のミニシアターまで

表紙
右上から時計回りにギンレイホール、並木座、シネマライズ、シネマネコ、ラピュタ阿佐ヶ谷、旧文芸坐(絵・宮崎祐治)
※掲載情報は、2022年11月2日現在のものです。延期・中止・休館・時間変更などの可能性もございますので、詳しくはホームページなどでご確認ください。

写真・中馬 聰、尾田信介、清永洋、菅野 正

16
映画は、映画館と共に 文・川本三郎

18 
遊び場であり、学び舎であり、僕を育ててくれた場所 瀬々敬久

22
【思い出の映画館マップ】絵・宮崎祐治 
[銀座]映画宮殿、夢のあとさき 文・青木圭一郎 
 日比谷映画劇場/テアトル東京/有楽座/有楽町スバル座/みゆき座/日比谷スカラ座/並木座/銀座シネパトス1・2・3 ほか

28
【思い出の映画館マップ】
[新宿]ATG、仁俠映画専門館、そして最後の巨大映画館 
 昭和館/新宿文化劇場/日比谷名画座/新宿プラザ劇場/新宿ミラノ座/シネマスクエアとうきゅう ほか

34
[座談会]荒島晃宏×神田麻美×石川亮×月夜野 映写技師たちはいま何を思う 文・矢部智子

40
【思い出の映画館マップ】
[渋谷]とりどりのミニシアターの集積地 
 シネマライズ/渋谷東宝/パンテオン/シネセゾン渋谷 ほか

44
【思い出の映画館マップ】
[池袋]文士経営からはじまった名画座の象徴 
 人卋坐/文芸坐/池袋スカラ座/日勝地下 ほか

48 
[三軒茶屋、浅草、吉祥寺ほか]忘れがたき劇場たち
三軒茶屋中央劇場/浅草中映劇場/吉祥寺バウスシアター/テアトル蒲田/三鷹オスカー ほか


50
岩波ホールの記憶 写真、文・中馬 聰

52
ギンレイホールの手描き看板 文・正木香子

54
[シアター支配人対談]山下宏(シアター・イメージフォーラム劇場担当)×大槻貴宏(ポレポレ東中野代表) 
 「らしさ」に縛られず、採算に囚われすぎず 僕らが作品を選ぶものさしについて 文・若木康輔

60
下高井戸シネマ ただ普通にしっかりとそこにある 文・曽我部恵一

61
新文芸坐 弁士たちが名調子を競ったその空間で 文・片岡一郎 

62
[シアター支配人対談]
 平塚千穂子(シネマ・チュプキ・タバタ代表)×竹中翔子(シネコヤ代表)
小さな小さな映画館を立ち上げて 〝つながり〟を生む場所


68
ミニミニ シアター案内
 Stranger/K’s cinema/目黒シネマ/高円寺シアターバッカス/下北沢トリウッド/シモキタ-エキマエ-シネマ K2/横浜シネマリン/シネマノヴェチェント 

70
大井武蔵野館/中野武蔵野ホール 映画通が熱狂した夢のびっくり箱 文・木全公彦

76
国立映画アーカイブ 「日本の映画館」展に出品された資料の一部をご紹介! 資料が語る「観客の映画史」 文・岡田秀則

81
あの頃、ゴダールの時代だった 文・川本三郎

82
ラピュタ阿佐ヶ谷 石井紫(支配人) 映画黄金期への憧れが生み出す珠玉のプログラムたち 文・吉田伊知郎

86
Cinema diary 今日も名画座から名画座へ 文・小西康陽

89 
新日本エスライト工業 高橋浩一(代表取締役社長) 人生の糧が生まれた場所

90
シネマネコ 青梅のニューシネマパラダイス 文・太田和彦


--------- --------- --------- --------- ---------
3
釣魚形容辞典(13) ヒラメ エンガワ 文・大岡玲、絵・高寄尚子

4
東京空撮案内 (12) 奥多摩町氷川 写真、文・吉永陽一

8,9,10[東京点画]
林家けい木「〝落語監修〞は難しい!」
大塚隆史「新しい地平を開いてくれる言葉」
蝉谷めぐ実「映画は少々」


96
[サントリーワイン]サントリー登美の丘ワイナリーリニューアルオープン!
 匠の技と愛情をこめて ぶどう畑からつくる日本ワイン 伊藤江里子(ワイナリーワイン事業部課長)

100
曇天記(170) 私は私でいられるのか 文・堀江敏幸、写真・鈴木理策

102
東京スパイス紀行(6) シナモンcinnamon 「神保町 ミロンガ・ヌオーバ」 青春のほろ苦さ 文・瀬川慧、写真・大山裕平

106
まちの記憶、音の風景(12) 道灌山 虫聴き ひぐらしの里で耳をすませば 文・大石 始

108
まちの記憶、文字の風景(12) シェルブールの雨傘 麗しのヴィンテージ 文・正木香子、写真・尾田信介

110
赤坂歴史散歩(32) 今宵ホッピーをこの店で! 陶香堂 選りすぐりの逸品がそろう陶磁器のセレクトショップ 文・後藤隆基

116
【単発読み物】
日台妖怪対談 何 敬堯×東雅夫 妖怪を知ると台湾の歴史が見えてくる 文・三浦裕子

124
まちの仕掛け人たち(88) 神奈川県伊勢原市 伊勢原素人落語大会 日本遺産の大山で、素人落語家が競う 文・金丸裕子

126
【単発読み物】対談 山田和樹(指揮者)×林田直樹(音楽評論家)
 クラシック音楽の日本人作曲家・作品Best10 日本人作曲家は、お宝の鉱脈?! 文・高瀬文人

142
東京つれづれ日誌(150) 旧幕ゆかりの地、静岡へ 文・川本三郎


133
[Close up TOKYO]Interview 
中井検裕(品川駅西口地区まちづくり指針〈高輪三丁目地区〉検討委員会座長)

134
Books 本 五十嵐太郎 小池昌代 佐伯順子
137
今月の東京本
138
Culture 映画・美術・舞台・古典芸能
140
City 街 東京ネットワーク


SHOPS&GOODS 113
バックナンバー 114
編集後記、次号予告 146

東京人の内容

  • 出版社:都市出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月3日
  • サイズ:B5判
都市を味わい、都市を批評し、都市を創る
「東京人 Tokyo-jin」とはあるものではなく、なるものである。東京で生まれ暮らす人はもちろんのこと、日本各地から、世界各国からやってきて、学んだり仕事をしたりしている人はみな「東京人」。月刊「東京人」では、東京を舞台に生きるヒト”東京人”のあり方を模索し、彼らが創り上げていく歴史・文化・風俗・建築物・文学・風景など東京という舞台が生み出す様々な事象を、毎号の特集で探っていきます。あなたも月刊「東京人」で、東京の隠れた魅力を発掘してみませんか?

東京人の目次配信サービス

東京人最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

東京人の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.