Pen(ペン)の編集長インタビュー

編集長プロフィール

阪急コミュニケーションズ
「Pen」編集長 安藤貴之さん

あんどうたかゆき 1965年東京生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、新聞記者、ビジネス誌の編集者を経て、1995年、TBSブリタニカ(現・阪急コミュニケーションズ)に入社。
Pen創刊に携わり、2001年に副編集長、2005年から現職。

編集長写真

第55回 Pen(ペン) 編集長 安藤貴之さん

積極的にデジタル化も推進して、世界に発信していきます

―第一回雑誌大賞に2誌もノミネートされています。「キリスト教とは何かⅡ」(1/1・1/15号)、「ディズニー完全読本」(12/15号)です。

雑誌大賞にノミネートされた2誌のポスターも
雑誌大賞にノミネートされた2誌のポスターも

有難いことです。私はそう思わないのですが、一般的に雑誌のパワーが落ちていると言われているなかで、それなりの評価を頂けたことがうれしいです。評価されるとやはりやりがいに結びつきます。
「ディズニー完全読本」なども、大変苦労されたでしょう、と言われましたが、もちろん苦労してつくってますが、かなり前からしっかり仕込んで動いてますから。

―雑誌のパワーは落ちてないと。

雑誌の魅力自体は変わってないと思います。最近のマスメディアの変遷のなかで、いろんなことがあって、とくにネットが台頭し、モバイルなど多様化していく流れのなかで、多メディア化され、ひとつひとつのメディアのあり方が小さく感じるようになっただけだと思うんです。雑誌メディアのパワーが落ちたというより、いろんなメディアが増えたのでそう感じてしまうということではないのかなと。
いまや雑誌って、必ずしも旧来の紙のメディアである必要はないと思います。紙の良さは、確かにすごくあって、手触り感の魅力など、プロダクツとしてのよさがあります。
でもコンテンツによってデバイスを変えていくタイプのものも雑誌の表現としてとらえていいと思います。これは紙で表現したほうがいい、これは携帯向け、これはwebに流したほうがいい、とか。
大切なのは、臨機応変な対応だと思います。もちろんそれがすべてではありませんが。

―隔週で出されてますが、大変じゃないですか。

2班に分かれた編集部
2班に分かれた編集部
個性的なデスクを発見
個性的なデスクを発見

毎月1日と15日に出していますが、2班に分けてそれぞれ副編集長がしっかり見てくれてますから、それほど大変ではありません。連載やタイアップも副編集長が入稿するようにしています。2班がそれぞれ半年くらい前から企画を決めて動きます。けっこう余裕をもって進めています。企画会議はそれくらい先を見据えてやり、最終的に副編集長たちと私とで決定します。
でも、校了とデザイン入稿が重なることがたびたびあって、そのときは一日20時間くらい集中しなければならず、これはさすがにこたえますね(笑)。

―毎回特集主義でつくっていると、部数の上下もあって、気を遣いますね。

そうですね。以前よりも、販売部や書店さんの意見をよく聞くようになったと思います。
弊誌の場合、読者の層はだいたい36~7歳で、男性8割女性2割といったデータが出ていますので、そのあたりに響くものを考えています。もともとデザイン特集、家具やインテリア、北欧など、言ってみれば豊かなライフスタイルの紹介といった記事に人気がありました。それがいまテーマがより多様化していて、ディズニーあり、キリスト教ありといった具合になっているのだと思います。

―「目利き」がいる雑誌ですね。各誌編集長の愛読誌にもよくあがる雑誌です。目利きとしてのセンスはどうやれば磨かれるのですか。

デザインや建築といった特集が多かったこともあって、ものづくりに関わる読者が多いのも特徴です。建築家、アートディレクター、編集者・・・クリエイティブな仕事をしている人に読んでもらえてるようですね。目利きと言ってもらえるのは有難いですが、これはもう日々勉強して積み重ねるしかないと思っています。

―大きく当てた特集って何でしたか。

注目を集めた佐藤可士和特集
注目を集めた佐藤可士和特集

いまでも印象に残っているのが、5年ほどまえにやったデザイナーの「佐藤可士和」特集です。まるごと佐藤さんをやったのですが、本屋さんからは「彼って誰?知らない」とか言われて(笑)。
まだ一般にはブレイクする前の佐藤さんでしたから無理もないのですが、確実にきてる人だったので、思い切って一冊まるごとでやってみたら、結果は大成功でした。

―目利きであると同時に時代のちょっと先を見て仕掛けていくことが大切ですね。

そうだと思います。また、そのとき、本屋さんたちともいろいろ交渉しながら雑誌を売っていくということの大切さを学んだ気がします。
もともと「Pen」って、手書きの文化というか、アナログでヒューマニズムな部分を大切にってコンセプトで始まっている雑誌なんです。ちょうどWindows95が出た頃で、デジタル時代到来かと言われていたときです。
その精神はいまも生きていますが、あり方としては、デジタルコンテンツとしての展開は積極的にやろうというスタンスなんです。

―それは面白いですね。

実際、デジタルで読みたいという人も多いですし、何より海外で多くの人に読まれるメリットが重要です。海外の日本人のみならず、外国人読者も開拓していけるじゃないですか。
ヨーロッパなんか雑誌の歴史は長いのに、意外と「Pen」のような雑誌ってないんです、だからニーズはあると思います。ファッション関係のクライアントと話しているとよく言われるんですよ。

―言語の壁はどうされますか。

弊社では「ニューズウィーク日本版」を出していることもあって、翻訳スタッフのレベルは非常に高いんです。彼らの協力を仰ぎながら、デザインも変えて、英語版として展開したいですね。できれば中国版も。

―内向きだといつまでたっても、「雑誌って元気がない」とか言われ続けそうですものね。

そう思います。いまはフランスの人たちだって積極的に英語を使いますから、英語版でヨーロッパはかなり対応できるかなと。むかしはフランス人って英語喋りたがらなかったですよね。この前、シャネル日本法人の社長のレクチャーを聞いたのですが、彼は「フランスも文化的プライドが高く、自国が一番だと思っているが、それだけではダメだと理解している。世界の動きのなかでうまく自分の文化を伝えていけるようにしなきゃいけない。そのために英語を学び、積極的に世界へ出て行った。日本人もそうしなければ」と言うんです。
私もそう思います。せっかくいいものをもっているのだから、そのコンテンツを世界に発信していかないと損だと。それがデジタル化によって可能になっているわけですからね。

編集長の愛読誌

(2011年3月)

取材後記
「Pen」は多くの雑誌編集長が愛読誌にあげるもののひとつです。独特の切り口の斬新さ、スタイリッシュなつくりなどが、プロの目にも気になるところなのでしょう。書店で平積みにされていると、確かにちょっと手を出してしまいがち。お洒落で中味の濃い、いい雑誌だと思います。特集によって毎回部数が増減する雑誌というのは、つくり手側は大変だろうと思いましたが、長い時間をかけて上手に練られながらつくられているという話を聞き、古き良き時代の雑誌づくりのスピリットがこういうところに脈々と受け継がれているのだなと思いました。
安藤さんの愛読誌を尋ねたとき、「芸術新潮」をその1冊にあげられ、「浮世離れしたつくりに出版社の誇りを感じる。それがないと出版はつまらない」と言われました。私もまったく同意見です。近ごろ元気がないと言われ続けている雑誌界ですが、こうした心意気が静かに受け継がれている限り、雑誌は読まれ続けるのだと思いました。

インタビュアー:小西克博

大学卒業後に渡欧し編集と広告を学ぶ。共同通信社を経て中央公論社で「GQ」日本版の創刊に参画。 「リクウ」、「カイラス」創刊編集長などを歴任し、富士山マガジンサービス顧問・編集長。著書に「遊覧の極地」など。

小西克博写真

Pen(ペン)の商品詳細

新しい視点と美意識で、ほかにはない独自のスタイルを提案するクオリティマガジン
モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。

Pen(ペン)の無料サンプル

1219917
2015年4/15号 (2015年04月01日発売)
2015年4/15号 (2015年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   Pen(ペン)の目次配信サービス

Pen(ペン)定期購読のプレゼント

ポータブル・モバイルバッテリー
対象購読プラン:1年
超薄型、超コンパクト、超軽量。ケーブル一体型でLightningアダプタも格納。 AndroidにもiPhoneにも対応可能です。充電用USBコード付き。(バッテリー容量:2500mAh、W62×H95×D6mm、重さ59g)
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

Pen(ペン)の今すぐ読める無料記事

Pen(ペン)を買った人はこんな雑誌も買っています!

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌