検査技術 発売日・バックナンバー

全212件中 16 〜 30 件を表示
2,178円
■解説
○光計測の応用による精密研磨製品の欠陥検査技術/産業技術総合研究所/坂田義太朗
応力誘起光散乱法による潜傷(せんしょう)の非破壊検出技術について、技術概要を説明するとともに、実証例について紹介する。また、検出原理の解明に向けて、微小領域での評価結果についても紹介する。

○後方散乱X線撮像装置を用いたCUIスクリーニング検査/日本工業検査/村田倫生
保温材下外面腐食(CUI)が近年問題となり、検査手法も注目を浴びている。当社で大径管や機器のCUIスクリーニング検査用として、後方散乱X線撮像装置の検証を行った。本稿では、検証実験と保温配管に行った事例を紹介する。

○アスベスト建材調査と分析の現状:分析編と法改正編/EFAラボラトリーズ/亀元宏宣・小沢絢子・金子岳史・大田黒信介
日本におけるアスベストを取り巻く情勢は今も変化をし続けており、複雑でわかりにくくなっている。法規制の現状や、アスベスト調査、分析、および今後の動向について1月号に続き紹介する。

■技術トピックス
〔鉄道〕
○鉄道事業者向け新サービスRaiLis/アジア航測/平松孝晋
道路分野の測量技術である「MMS(Mobile Mapping System)」を鉄道の調査・検査等に適用するために開発した、鉄道事業者向けサービス「RaiLis」について紹介する。

〔法規・規格〕
○国内及び海外での火力発電設備規格の相違点/発電設備技術検査協会/小嶋敏雄
火力発電設備の設計、製造、建設に必要な国内規格である「火技解釈」と、同等な海外規格のうちの代表的なものである、ASME規格、及びEN規格における、要求事項等の相違点について簡単に紹介する。

■検査機器
○高加速マイクロフォーカス計測用X線CTシステム/ニコン/青木貴史
X線CTは検査装置として幅広い分野で利活用されているが、より大型・高密度の部品に適応すべく、高加速大出力マイクロフォーカスX線源と、それを用いたCTシステム機を独自に開発した。本稿では、その計測機能開発状況と併せて紹介する。

○可搬型X線断層検査装置/つくばテクノロジー/齊藤典生・王 波・劉 小軍・鈴木修一
1方向X線撮影で判別しにくい重なった画像を、CTではない3方向X線撮影により、断層画像を現場にて瞬時に再構成し、奥行方向の位置を特定して検査できる可搬型X線断層検査装置について解説し、その検査例、撮影例を紹介する。

■特集:インフラストラクチャーで活用される検査・診断・保全技術1
○FBGセンサによる長期モニタリングシステム/IHI検査計測/福本伸太郎
老朽化した橋梁の補修工事を効率的に実施するため、建造物の状態の変化を客観的かつ継続的に把握するための技術としてひずみや温度計測に着目し、5年間を目標としたモニタリングシステムを開発した。

○ドローン機能を活用したポール型点検ロボット/新日本非破壊検査/和田秀樹・下林佑輝
打音検査機とカメラを搭載したドローン機構をポールの先端に取り付け、ドローンの上昇推力で機材の重さを打ち消し、ポールの操作で点検部位に接近・接触して点検を行う点検ロボットについて紹介する。

○永久磁石式全磁束法による非破壊検査/東京製綱テクノス/椎木貞則
永久磁石を用い、従来手法より施工性を改善した永久磁石式全磁束法を開発した。この方法によれば、短時間で多くのロープの検査に電源を必要とせず、実施できる。本稿では、開発経緯や仕様、検査事例等を紹介する。

○非破壊検査技術による鋼管柱路面境界部の腐食診断/アミック/松浦康博/東京理学検査/長嶋功一
非破壊検査技術を用いた鋼管柱路面境界部の効率的な腐食診断方法(スクリーニング方法)を提案するとともに、その方法を用いると調査費用を低減できることを紹介する。

○表面SH波による道路附属物の腐食調査/神鋼検査サービス/仁井嘉之
超音波(表面SH波)を利用して、道路附属物の路面境界部を掘削せずに調査する技術POLESCANNER「ぐる探」と、国土交通省が実施した技術公募の試験結果について紹介する。
2,178円
■解説
○風を可視化するフィルム状センサーの開発/産業技術総合研究所/金澤周介
フィルム状のセンサーを用いた風の可視化技術について紹介する。ひずみと熱の授受を利用したセンシング機構をフィルムの面内に配列させ、大面積計測や曲面固定への応用も見据えた新規センサーの開発に取り組んでいる。

○画像のスペクトル分析を活用したレール表面の劣化検出法/鉄道総合技術研究所/坪川洋友
鉄道における軌道部材の検査の効率化を目的に、ハイパースペクトルカメラで撮影した画像のスペクトル分析を活用したレール表面の劣化の検出法を検討した。室内試験により、本手法の実現可能性を検証した。

○造船分野におけるフェーズドアレイUTガイドライン/日本海事協会/松本和幸・沢登 寛
2020年3月、当協会はフェーズドアレイUTの造船分野での適用拡大のため、その要件や具体的な探傷要領等を取りまとめたガイドラインを発行した。本稿では、本ガイドラインの概要について紹介する。

○X線三次元CTによる高精度検査/非破壊検査/宮本 宏
X線CT装置は開発から既に50年になり、医療分野だけでなく工業分野にも広く利用され、品質管理上の欠かすことのできないツールとなっている。本稿では、当社の所有するCT装置の概要と特長、適用例及び特殊な撮影例について紹介する。

○配管架台接触部の減肉スクリーニング検査技術/新日本非破壊検査/浅野裕一・髙橋一真
架台と配管との接触部の腐食減肉調査において、配管の持ち上げや錆こぶの除去を行わずに減肉の検出と減肉量を評価が可能な超音波V透過法による、配管架台接触部の減肉スクリーニング検査技術を紹介する。

○磁気式スポット溶接非破壊検査装置による溶接品質の定量化と実用例/日本高圧電気/杉田 優
スポット溶接の非破壊検査装置、および導入事例を紹介する。

■連載
○音波のよもやま話41
スネルの法則(1)/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
スネルの法則に関する疑問と、スネルの法則の各種導出、音圧波面の非連続性、実際の探触子のデータなどを紹介する。

■検査機器
○MEMS加速度センサー搭載の小型無線振動計/中山水熱工業/中山慎司
手間をかけずに安価に振動監視を実現する振動センサーを開発、1台でスマホを使って簡単に巡回測定ができ、多数の全自動計測も可能。3軸生波形データを利用できるのでAIなどの応用が期待される。

■特集:注目の遠隔センシング・管理手法
○デジタルRTの活用について/富士フイルム/栗原基次
デジタルRTの導入メリットをワークフローの観点から考察し、新しい働き方に対応した仕組みを構築、支援するための当社システムと事例を紹介する。

○リモートワーク時代のX線透過撮影/日本ベーカーヒューズ/北嶋一欽
デジタルRTが時代の要請に相まって、X線透過撮影のリモート、ネットワーク環境での高まった利便性について紹介する。

○橋梁下部工の洗掘に関する遠隔モニタリング技術/福山コンサルタント/宮村正樹
河床低下による橋脚基礎の洗掘の進行状況や供用可否判定について、橋脚に設置した無線加速度センサとインターネット接続を用いて、橋脚の振動データを遠隔監視し、計測結果から分析・評価する技術を紹介する。

○3D TRASARによるリモート水処理管理/片山ナルコ/横山公一・武谷啓司・加藤雅敏
独自センシング技術を備えた 3D TRASARRシステムによる、オンサイトにおける自動管理とオンラインによるリモート管理により実現されたスマート水処理管理を紹介する。

■製品ガイド
○第10回総合検査機展各社のみどころ
○放射線応用機器

2,178円
■解説
○UAVとSfM-MVSを用いた浅水域の水面下地形の測量技術/山口大学/赤松良久
本稿では、UAV、SfM-MVSを用いた地形測量の実施において、冠水部分の水面屈折を考慮した補正を行い、浅水域の水面下地形を測量する技術について解説し、あわせて、その技術の河川や湖沼浅水域への適用事例を紹介する。

○AIを活用した構造物点検・補修支援システムの開発/首都高技術/永田佳文/首都高速道路/遠藤啓一郎/産業技術総合研究所 上原和樹
本稿では、近年、医療の分野で開発されたAIを活用した類似画像の検索技術を利用し、点検結果及び補修方法を提示する維持管理を支援するシステムの概要を述べ、開発したシステムの検証、実用化へ向けた今後の展望について紹介する。

○ベテランの五感のデジタル化による継承/NTTアドバンステクノロジ/工藤美穂
本稿では、熟練工の五感での判断を引継ぎ、設備と人を見守る「ゴカンクラフト」のコンセプトと、「点検レコーダ」「アドオン振動センシング」「スマート画像点検」「作業員みまもりサービス」の各サービスを紹介する。

○3次元点群データを用いた舗装の評価手法/首都高技術/永田佳文・得能智昭・川村日成/東京大学/石田哲也・水谷 司
本稿では、3次元点群データを用いた路面性状調査手法を紹介するとともに、現場検証による本手法の検出妥当性の定量的評価を行う。

○社会インフラに向けた効率的な検査システムの提案/倉敷紡績/兵庫佑美
本稿では、路面性状検査やトンネルの外観検査など、交通インフラの維持管理に役立つ、クラボウ独自の高速・大画像ハンドリング技術を活かした技術商品を紹介する。

○狭・高・暗所を点検可能な小型ドローン/Liberaware/閔 弘圭
本稿では、煙突や天井裏など、これまで現場作業員が行ってきた狭くて暗くて高い環境における点検作業を代替可能とする、小型ドローンIBISの技術の概要について紹介する。

○アスベスト建材調査と分析の現状:調査編/EFAラボラトリーズ/亀元宏宣・小沢絢子・金子武史・大田黒信介
日本におけるアスベストを取り巻く情勢は今も変化をし続けており、複雑でわかりにくくなっている。本稿では、法規制の現状や、アスベスト調査、分析、および今後の動向についての現状を2回に分けて紹介する。

■検査機器
○非接触計測技術による接ビード形状・寸法計測装置の紹介/コムビック/松村 繁
本稿では、溶接の品質管理工程の作業の信頼性向上、省力化ができる装置で、非接触で溶接ビードの断面形状、寸法計測する「LC-GEAR」を紹介する。

○インフラモニタリングのための振動可視化レーダーの開発/アルウェットテクノロジー/能美 仁・能美 陽・白井郁夫
インフラ構造物の健全性は、多数のセンサーを取り付けて計測を行うなど手間・コストが必要であり、安全で短時間での計測が望まれる。本稿では、遠隔から非接触で短時間に計測可能な「振動可視化レーダー(VirAおよびミリ波VirA)」と計測例を紹介する。

■特集:放射線透過検査の最新動向
○放射光X線顕微鏡を用いた炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の計測/高エネルギー加速器研究機構/木村正雄・渡邊稔樹・武市泰男・丹羽尉博/日本製鉄 原野貴幸・村尾玲子
本稿では、放射光X線顕微鏡による非破壊計測の特徴を述べ、具体的な結果として炭素繊維強化プラスチック(CFRP)への適用例を紹介し、き裂進展、炭素の化学状態がナノメータスケールで観測可能であることを解説する。

○X線CTによる新素材、特に繊維強化プラスチックの非破壊検査/東芝ITコントロールシステム/富澤雅美・原 拓生・冨樫法仁
新素材として繊維強化樹脂(FRP、FRTPを含む)を対象に、そのX線CTによる非破壊検査について、X線CTのしくみとCT像、FRPに用いられる主な材質とその線減弱係数、およびCT像での見え方を解説し、適用例を紹介する。

○デジタルラジオグラフィによる拡大撮影と不先鋭度の検討/IHI検査計測/田北雅彦
マイクロフォーカスX線による拡大撮影おいて、各種IQIを用いて20mmまでの鋼材について、拡大率による不先鋭度(基本空間分解能:SRb)を確認した。デジタルRT機器と組み合わせた検査ニーズに迅速に対応できる知見を収集し、デジタルRTの普及と業容拡大をに向けた検討を実施した。
2,178円
■解説
○磁束密度測定による非磁性金属配管の厚さ測定技術/東京都市大学/岸本喜直
配管の二点に針を立てて通電させたときに、配管の表面に生じる磁束密度を測定し、得られた磁束密度データから配管減肉部の位置と厚さを推定する技術について、測定原理、装置の構成、測定事例と限界を紹介する。

○空中超音波法によるコンクリートの内部探査の適用性/愛知工業大学/山田和夫
空中超音波法によるコンクリートの内部探査結果に及ぼす探査対象の厚さ、骨材寸法、初期欠陥の寸法および厚さの影響について概説し、空中超音波法によるコンクリートの内部探査の適用性について紹介する。

○鉄筋ガス圧接継手AI自動検査システムの開発/清水建設/仲林清文
昨年11月にNTTコムウェアと当社が発表した鉄筋ガス圧接継手のAI自動検査技術について、システムの概要と、現状の開発状況、課題の整理と今後の展開について紹介する。

○赤外線サーモグラフィの画像診断技術/アイ・エス・エス/小西拓洋
赤外線サーモグラフィーを用いたコンクリート内部欠陥検出の技術について解説し、遠隔からの剥落危険性検知への適用事例を紹介する。

○AIを活用した送電鉄塔の腐食劣化度診断/東北電力ネットワーク/川村高洋
当社が管理する送電鉄塔の部材腐食について、AIを活用した「腐食劣化度診断システム」による診断・管理手法の高度化事例を紹介する。

○スマートフォンとAR技術を活用した電磁波ノイズ計測技術/ペリテック/星野尚紀
測定対象と場所を選ばない、スマートフォンとAR技術を活用した、手のひらサイズの電磁波ノイズ計測ソリューションを紹介する。

■技術トピックス
〔インフラ〕
○リアルタイム監視や映像解析の精度を改善する視認性向上システム/EIZO/家永 篤
社会インフラの管理や整備において一般化しつつある、カメラ映像での定常監視や映像解析の精度向上に寄与する、視認性向上システムEIZO DuraVisionEVS1VXを紹介する。

〔鉄道〕
○ICT活用による鉄道保守の効率化/鉄道総合技術研究所/神田政幸
労働力不足やインフラ・車両の経年によるコスト増大が見込まれる鉄道施設・鉄道車両の保守について、軌道、電車線設備、構造物、車両の各分野のICT活用による保守の効率化策を紹介する。

■連載
○音波のよもやま話40
外来電気、機械ノイズ、電気的歪等(後編)/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
非破壊探傷では小さな電気信号を扱うため、近くで溶接などしていると電気ノイズがエコーとして表れ、検査の邪魔になる。本稿では、こういった電気ノイズと対処法を紹介する。

■検査機器
○AIを用いた下水道管渠の損傷検出システム/ジャスト/角田賢明
AIを用いた下水道管渠の損傷検出システムに関する開発背景、システム概要、北区される効果などを紹介する。

○超音波を利用したベアリング潤滑適正管理/東北エンタープライズ/加藤 剛・徐 佳
ベアリングの故障の代表的な潤滑不良(不足・過剰)の原因と対策、超音波による診断技術の概要について説明し、設備の延命につながる適正保全を紹介する。

■特集:自動車産業における検査技術
○磁気ヒステリシス計測によるダイクエンチ製品の非破壊硬さ検査法/岩手大学/鎌田康寛・清水一行/アイシン高丘/妹尾 武・岩瀬義孝・張 鐘植
自動車用ダイクエンチ製品の非破壊品質検査を目的とした、磁気ヒステリシス計測による硬さの推定法について紹介する。保磁力と硬さの相関の原理と実験例、表面酸化膜の影響、運用例などについて説明し、有用性を解説する。

○車載部品清浄度検査の動向/インテクノス・ジャパン/門井剛史
自動車・自動車部品分野での技術の進化により、従来行われてきた重量法検査(mg/L)から、粒子サイズと個数を計測する自動粒子計数検査へ変わった経緯と、それに関連した清浄度管理の技術体系概論を簡潔に紹介する。

○赤外線サーモグラフィによる複合材の非破壊検査/ケン・オートメーション/矢尾板達也・高尾邦彦
高感度な赤外線サーモグラフィを使用して、複合材の破壊の起点個所の特定や温度のモニタリング、赤外線サーモグラフィ非破壊検査として、内部剥離、欠陥、接着・接合状態等の観察について紹介する。

■製品ガイド
○赤外線応用機器

2,178円
■解説
○デジタルが拓くプラントの未来/旭化成 中原正大
プラントの合理的な維持・管理のためのデジタル化の目的や意味を概説するとともに、デジタル化の具体例として保温材下腐食の予測状況を紹介する。

○豪雨災害リスク箇所抽出の一手法/中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京/野村昌宏・大窪克己
近年の豪雨による土砂災害等を鑑み、航空レーザ計測データを活用した事前点検・対策等の必要な災害リスク箇所を抽出する一手法を紹介するものである。

○MRデバイスの援用による水路トンネルの維持管理業務の効率化/三井住友建設/大津愼一
開水路や水路トンネルの維持管理業務における課題とMRデバイスを用いた既往の損傷箇所への迅速なナビゲーションを可能とするシステムの構築について解説し、電力導水路トンネルにおける調査業務への適用事例について紹介する。

○路面下空洞の陥没危険度評価方法の開発/東亜道路工業/塚本真也・梅田 隼/神戸大学/澁谷 啓・白 濟民
道路の路面下に発生した空洞に対して、舗装路面から荷重を加えた際に生じるたわみ量を測定する方法、およびその測定結果について述べ、空洞の陥没危険度を評価する方法について紹介する。

○従来のUT技術を用いたオンライン腐食モニタリングシステムと活用事例/片山ナルコ 池内良一
従来より用いられているUT技術をオンライン化することで、精度も改善し的確な腐食診断が可能となってきている。本稿では、ReactiveからProactiveへ、将来型装置保全に繋がる腐食モニタリング技術について事例を交えて紹介する。

■連載
○音波のよもやま話 39
外来電気、機械ノイズ、電気的歪等(前編)/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
非破壊探傷では小さな電気信号を扱う為、近くで溶接などしていると、電気ノイズがエコーとして表れ、検査の邪魔になる。本稿では、こう言った電気ノイズと対処法を紹介する。

■検査機器
○交流電磁場法ACFMについて/エディファイ・テクノロジーズ/会田拓己
交流電磁場法ACFMの基本原理について解説し、商用の検査装置とプローブ、および応用事例の紹介をする。

○画像処理ビジュアルプログラミングツール Facilea/CKD/上岡洋介
当社の画像処理技術を応用し、知識や経験がなくても誰でも簡単に画像処理ブログラムを構築することができる画像処理ビジュアルプログラミングツールFacileaについて紹介する。

○配管探査ロボット/弘栄ドリームワークス/稲垣和美
当社が開発している配管探査ロボット「配管くん」の特徴とラインアップを解説し、ターゲットとなる顧客と今後の開発予定、事業展開を紹介する。

■特集:複合材の検査
○超音波を用いたFRP積層板の板厚方向劣化進行評価/大阪産業大学/和田明浩
FRP積層板の板厚方向劣化進行を非破壊評価する手法として劣化面から反射する超音波の分析手法を解説し、薬品タンクの内面劣化を模擬した温水劣化材料に対して本手法を適用した事例について紹介する。

○低エネルギーX線を用いた複合材料のボイド率測定法/三菱ケミカル/林 崇寛/東京大学/髙橋 淳
筆者らは20 keV以下の低エネルギーX線を活用したFRPのボイド率測定法を開発した。開発した方法は従来のFRP密度法との差が0.43%であり、気中にてインライン計測可能なことから、生産現場での適用が期待できる。

○光ファイバセンサによる航空機構造衝撃損傷検知システム/川崎重工業/池田祐次・石田卓也・髙橋晃作/東京大学/水口 周/宇宙航空研究開発機構 武田真一/RIMCOF技術研究組合/澤井規行
光ファイバセンサを利用して航空機複合材構造の衝撃損傷を検知するSHM(Structural Health Monitoring:構造ヘルスモニタリング)システムの概要、その実用化に向けて実施した耐久性試験、地上実証試験、飛行環境実証試験の一部を紹介する。

○デジタル画像相関法によるひずみ計測技術のCFRP材への適用/IHI検査計測/朝倉悠太・深澤 強
非接触でひずみ分布の計測が可能なデジタル画像相関法の概要について説明し、繊維方向の異なる複数のCFRP材を例に、引張試験のひずみ分布の計測結果を紹介する。

■製品ガイド
○超音波応用機器

2,178円
■解説
○電磁波レーダによるRC床版の滞水の検出技術/土木研究所/石田雅博RC床版では、車両走行時の輪荷重による疲労等の複合作用によって、床版上面の土砂化が発生し、最終的には抜け落ちに至る場合がある。RC床版の劣化を著しく進行させる滞水を検出するために、電磁波レーダにより床版上面の滞水を検知する手法の検討を行っている。

○画像認識技術を活用した糠田排水機場の運転監視/水資源機構/森田輝行本稿では、排水ポンプ場の運転監視において、アナログ計器などの指示値を画像認識技術により数値化し、計測作業の省力化を行った事例を紹介する。

○河川流画像計測ソフトウェアの開発とドローン利用への新展開/建設工学研究所/藤田一郎河川流の画像計測法として有望視されるSTIVについて、計測原理、利用限界、計測精度およびソフトウェアのアウトラインについて概説し、ドローンによる計測モードと実例紹介を通してSTIVの将来展望を示した。

○超音波横波トモグラフィ装置によるコンクリート構造物の非破壊試験/青木あすなろ建設/新井佑一郎・牛島 栄・佐藤俊男/地球システム科学/坂本浩之本稿では、コンクリート構造物の新しい、調査・診断技術として、超音波横波トモグラフィ装置を用いた鉄筋位置の検出について紹介する。

○下水道更生管の非破壊検査/芦森工業/北川英二下水道用更生管の管内における品質管理は重要であるが、施工した更生管の非破壊での検査方法がない。そこで、管内非破壊検査システムを開発し、その効果を確認したので、その技術を紹介する。

○塗膜防水の膜厚測定および管理方法に関する研究/エフワンエヌ/辰濱隆志ウレタン塗膜防水層の非破壊による膜厚測定は、一般的に過電流式、超音波式を用いた方法が採用されている。本稿では、金属材料の硬度測定用のリバウンド式硬度計を用いた膜厚測定方法の実験結果、および現場での適用事例を紹介する。

○弾性波の振幅減衰を用いた薬液注入による地盤改良の出来形確認手法の開発/JFEシビル/榊原淳一/五洋建設/堤 彩人・坂元宏司高周波数の弾性波の振幅減衰を用いた薬液注入範囲の出来形確認手法を開発した。筆者らは薬液の注入範囲で弾性波の振幅が減衰することに着目し、模型土層を用いた室内基礎実験、仙台港での現場調査を行い、本手法が薬液注入範囲の出来形確認手法に適用できることを示した。

○AEセンサを用いた埋込金物検査技術の開発/日本原燃/三浦 進
コンクリートに埋設された埋込金物がコンクリートに密着しているかどうか、界面状態を評価する手法をAE打音検査により実現した。本稿では、モックアップ試験と現場の測定を重ねた開発経緯について紹介する。

■技術トピックス
〔ロボット〕
○自走式点検ロボットと深層学習を用いた送電線点検手法/テクノ・サクセス/林 文博・福田和秀/香川高等専門学校/岩本直也・三﨑幸典
送電線の点検保守作業には作業員の危険や体力的な負担、長時間の目視作業が伴うものがある。その作業から作業員を開放すべく、送電線自走式点検ロボットと深層学習の研究を行っており、その成果を紹介する。

〔鉄道〕
○散水によるコンクリート表層品質の簡易評価技術/鉄道総合技術研究所/西尾壮平
鉄筋コンクリート構造物の耐久性に影響するコンクリート表層部の密実性を実構造物で手軽に評価するために開発された「散水試験」について、技術の概要を解説し、適用事例および最新の知見を紹介する。

■特集:最新の溶接部検査技術
○レーザ超音波を用いた溶接部の検査・計測技術/大阪大学/浅井 知・野村和史レーザ超音波法は、超音波を非接触で遠隔的に送受信できることから、検査の自動化や高温部材のインプロセスモニタリングという観点から溶接部の検査・計測への適用が注目されている。本稿では、その原理、特徴、応用例について紹介する。

○多管式熱交換器における管端溶接部のPAUT検査技術/日立造船/篠田 薫・安部正光/ニチゾウテック 村上丈一・新村直人・服部 洋多管式熱交換器の重要な溶接継手である管端溶接の内部を検査するため、フェーズドアレイ技術を用いたUT装置を開発した。本稿では、従来のUT技術と比べて約10倍の検査速度を確保し、あらゆる方向に発生したきずを一度に検出する方法を紹介する。

○小型・軽量X線検査装置/システム/富士電機 住川 健
ユーザーの使用目的や運用方法などのバリエーションに合わせて、X線発生器とデジタル検出器とPC+ソフトウェアで構成する小型・軽量X線検査装置システム。本稿では、特長、配管検査実施例、システム化について紹介する。

■製品ガイド
○渦流・漏洩磁束応用機器
2,178円
■解説
○鉄筋コンクリート部材の損傷評価における画像解析システムの適用/大成建設/山本悠人・畑 明仁
本研究では、実験における構造性能の評価をより高度に実施するために、画像解析システムを用いた構造性能の評価を試みた。画像解析により、従来の計測(構造物・部材の変形の局所的な情報取得)でなく、面内の分布情報として得られ、部材の損傷をより明確に確認することができた。また連続情報から損傷指標を実験から直接的に実施できることを示した。

○下水道取付管の周辺における空洞調査技術/東京都下水道サービス/中本 啓
本稿では、下水道の仕組みや道路陥没発生のメカニズム、空洞調査の基本原理や本調査機の使用実例といった、取付管の周辺における空洞調査技術について紹介する。

○マグネット吸着式小型自走台車をもちいた配管内の点検/関電プラント/山本宏之
本稿では、人が入れない配管の内部を自走し、検査を行うことを目的に開発した管内自走ロボット「Mクローラ」について、応用例も含めて紹介する。

○パルス渦電流法による非磁性金属の非破壊検査/サガワ産業/北川 茂・野見山勝彦
パルス磁気による渦電流が金属内部に浸透するので、内部や裏側、層構造の裏側の亀裂や減肉などの検出ができる。渦電流は電気抵抗率や透磁率によって大きく異なるので、材質の変化や劣化も検出できる。

○地下と地上の3次元一体診断技術/カナン・ジオリサーチ/篠原 潤/愛媛大学/防災情報センター 中前茂之
本稿では、道路陥没のリスク回避及び地下埋設物の高精度位置情報を取得し、地上情報と一元管理する地中レーダ3次元モバイルマッピングシステム(GMS3技術)を紹介する。

○保全体制整備による故障削減の考え方とその進め方/日本能率協会コンサルティング/鐘ヶ江克則・山崎辰悟・勝浦 弘
本稿では、製造業での故障が減らないという課題に対し、保全コンサルティング歴50年の当社の経験を基に大きな投資をせずに管理の仕組みを変えることで故障を合理的に削減するための体制整備と詳細の進め方について紹介する。

■技術トピックス
〔鉄道〕
○鉄道線路下の空洞探査技術/東日本旅客鉄道 神谷弘志
鉄道の土構造区間で発生する路盤陥没の発生を未然に防止するため、電磁波レーダ探査技術を使用して空洞の有無を測定する線路下空洞探査装置を開発・導入している。本稿では、その開発概要や活用事例について紹介する。

〔発電〕
○「原子力保全ハンドブック」の紹介-3/日本保全学会/山口篤憲
本稿では、原子力発電所(軽水炉)の保全に必要な工学の基本的事項(Ⅰ編)や保全現場で行われている実務(Ⅱ編)及び保全の高度化のために取り入れるべき課題(Ⅲ編)を、具体例と共に判りやすく体系的に紹介する。

■検査機器
○ワイヤレス型Flat Panel Detector(FPD)を用いたDigital Radiography System(DRシステム)/ジェイテック/甲斐 卓・吉野朋生
本稿では、ワイヤレス型FPDの概要説明と、そのFPDを使用したデジタルエックス線検査の事例を紹介する。

○点検ロボットを用いた斜張橋のケーブル点検/長大/藤木 剛・梯 誌修
道路橋は、5年に1回の頻度で近接目視点検が義務付けられているが、斜張橋ケーブルは、高所に設置されているため近接目視点検の実施が困難であった。本稿では、開発した点検ロボットの特徴と実績について紹介する。

■特集:漏れ検知・検査技術の最前線
○水撃作用による管路内の圧力波形を利用した漏水検知法/東京大学/浅田洋平・飯田俊彰/近畿大学/木村匡臣/農業・食品産業技術総合研究機構/安瀬地一作
本稿では、管内の圧力変動現象を利用した管路の漏水検知法の概要について解説し、模型管路実験における本手法の有効性の検証事例を紹介する。

○漏油検知器(オイルリークモニタ)/IHI検査計測/奥田敦司
オイルリークモニタを風力発電装置(風車)のハブ部分(プロペラ部)やナセル部(風車本体)へ搭載し漏油を早期発見することで、風車の損傷や風力発電設備周辺の環境汚染のリスクを低減することが出来る。また、センサ部は再使用することができ、ランニングコスト面に優れた装置である。

○音を『視る』技術/ニッシン産業/川島大樹
本稿で紹介する装置はエアー・ガス漏れ箇所を特定できるハンディ型装置である。その最大の特徴は誰でも簡単に使えること。しかも操業中に使用できるので、エアー漏れに掛かるコストはもちろんのこと、人件費、時間もまとめて削減できる。省エネ対策の新しいカタチを提案する。

■製品ガイド
○磁気・磁粉・浸透応用機器・剤
2,178円
■解説
○磁性配管減肉モニタリングのための低周波漏洩磁束探傷法の開発/東北大学/遊佐訓孝・宋 海成
当研究グループにおいて開発を行っている、配管減肉モニタリングへの適用を想定した低周波漏洩磁束探傷法について紹介する。現在主として、定点測定の為得られる信号が空間的に疎であることを踏まえた、検出確率評価、減肉サイジング技術等を開発している。

○軽元素材料の非破壊検査技術開発に向けた位相コントラストX線CTの活用/産業技術総合研究所/竹谷 敏/高エネルギー加速器研究機構/兵藤一行/九州シンクロトロン光研究センター/米山明男
従来のX線トモグラフィ法では十分なコントラストが得られなかった軽元素材料に対し、非常に高感度な位相コントラストXトモグラフィ法を使って得られた、樹脂や炭素材料に関する成果について紹介する。

○レーザドップラ振動計及び音源可視化装置/鉄道総合技術研究所/笹倉 実/小野測器/三神圭司/ポリテックジャパン/前川澄天
スキャニング型レーザドップラ振動計による振動モード解析、テトラホン型ビームフォーミング(BF)による音源探査など可視化技術を用いて、鉄道用駆動装置の振動及び騒音解明を行った事例について紹介する。

○プラントにおけるドローン活用に関する安全性調査研究会の成果について/工学院大学/木村雄二
プラントにおいてドローンを安全に活用・運用するための留意事項を整理したガイドラインの概要と屋内でのドローン活用の安全要件を整理し改訂した同Ver2.0を紹介する。目視検査の代替可能性については、損傷の有無の確認から歩を進めて、これらの定量評価のための検査ツールの技術開発や実証等の進捗が期待される。

■技術トピックス:発電
○「原子力保全ハンドブック」の紹介②/日本保全学会/山口篤憲
原子力発電所(軽水炉)の保全に必要な工学の基本的事項(Ⅰ編)や保全現場で行われている実務(Ⅱ編)及び保全の高度化のために取り入れるべき課題(Ⅲ編)を、具体例と共に判りやすく体系的に紹介する。

■連載
○音波のよもやま話38
探触子内妨害エコー/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
探触子内で発生する、電気的、音響的ノイズ・エコーと、そのれに依るSN比の改善法を紹介する。

■検査機器
○点検ロボットによる斜張橋の斜材点検/西松建設 原田耕司
これまでの斜張橋の斜材の点検方法では、安全性や点検精度に課題があった。そこで、それらの課題を解決した斜材の点検ロボットを開発した。本稿では、点検ロボットの概要および点検実績について紹介する。

○単繊維引張試験・モノフィラメント試験機の機能紹介と適用例/IHI検査計測/佐藤浩幸・深澤 強
近年さまざまな分野で使用されている樹脂複合材料の強度評価において重要な繊維1本(単繊維)の強度を高精度で評価できるモノフィラメント試験機LEX820の特徴を、従来の機械式万能試験機を用いる試験方法と比較しながら、試験事例を紹介する。

○配管の内部検査ロボット/シーエックスアール/白石時宜
マグネットの吸着力を利用した配管や各種構造物を自走し、目視検査可能な自走ロボットを紹介する。

■特集:赤外線を用いた非破壊検査
○熱波動の観点から考えたアクティブサーモグラフィ法の検査時間短縮の可能性/徳島大学/石川真志
熱波動の基礎について簡単に解説するとともに、これを利用したアクティブサーモグラフィ法による非破壊検査の検査時間短縮の可能性について、基礎的な実験を踏まえた検討の結果を紹介する。

○画像処理を合わせた高度な製品管理手法について/チノー/澤田浩一
熱画像計測装置を使用し、温度値をもとにした画像処理手法と、それを応用した計測事例について紹介する。

○エビデンス管理の自動化でトレーサビリティを強化/日本アビオニクス/入江朋子
近年、消費者の安心安全に対する意識の向上、サプライチェーンのグローバル化などに伴い製造業を中心に品質管理とトレーサビリティの強化が必要になっている。本稿では、サーモカメラで品質管理を効率よく且つ容易に強化できるプロセスコントロールシステムについて紹介する。

○正しく理解する赤外線サーモグラフィの選び方/フリアーシステムズジャパン/赤塚圭子
数あるサーモグラフィカメラの中で、注意すべき点やどのモデルを選択すべきかを判断するポイントについて紹介する。

■製品ガイド
○探査機器

2,178円
■解説
○二次元検出器方式によるX線応力測定の動向/金沢大学/佐々木敏彦/NTN/嘉村直哉/コベルコ科研/藤本洋平
二次元X線回折法による新しい応力測定法を紹介する。本法は、回折環からのデータをフーリエ解析して応力を得る方法で、装置の小型化や測定の高速化に適し、とくに、cosα法が苦手な不完全な回折環に有効である。

○化学プラントにおける設備の健全性評価の現状/三菱ケミカル/永井浩昭
化学プラントにおけるIoT、ビッグデータ解析、AIなどの技術の開発及び適用状況について、配管の断熱下外面腐食検査、動機器の振動解析システム、低速軸受の振動診断の検討事例を用いて紹介する。

○携帯型蛍光X線を用いたコンクリート表層部の塩化物イオン量の推定/法政大学/溝渕利明
RC構造物における携帯型蛍光X線の塩化物イオン量推定の可能性及び電磁波と組み合わせた場合の微破壊による塩化物イオン量の面的・立体的分布の推定に関する研究・開発の現状について紹介する。

○ディジタルホログラフィ瞬時マルチモーダルイメージングとその応用/神戸大学/的場 修・Manoj Kumar・全 香玉/京都工芸繊維大学/粟辻安浩/宇都宮大学/玉田洋介
蛍光と位相の瞬時かつ同時3次元計測が可能なマルチモーダルイメージング手法としてディジタルホログラフィを解説し、蛍光ビーズと植物細胞における実験結果を紹介する。

○埋設管に対する地下探査技術の現状と課題/川崎地質/鈴木敬一
上下水道・電力・通信・ガスなどライフラインである埋設管の位置を地表から非破壊で探査する方法として、地中レーダと電磁誘導法について、探査原理・探査方法および探査事例の現状と今後の課題について紹介する。

■技術トピックス:発電
○「原子力保全ハンドブック」の紹介①/日本保全学会/山口篤憲
原子力発電所(軽水炉)の保全に必要な工学の基本的事項(Ⅰ編)や保全現場で行われている実務(Ⅱ編)及び保全の高度化のために取り入れるべき課題(Ⅲ編)を、具体例と共に判りやすく体系的に解説している。本稿では、主にⅠ編について紹介する。

■検査機器
○ガス監視システムの高度化/コニカミノルタ/木内美佳子・浅野基広・森本隆史
プラントが抱える諸課題に対するソリューションとして、ポータブル型ガス漏えい検査システムを紹介する。更にガス漏えい時の避難、保全作業の効率化に貢献するべくNEDO事業で取り組んでいるAI技術開発の事例について解説する。

○設備を見守る産業用IoT無線ソリューション/横河電機 山田 悠
設備保全における設備状態把握の諸問題に対し、産業用IoT無線ソリューションSushi Sensor導入による傾向監視を提案する。本稿では、得られたデータの活用事例(アプリケーション例)や、AI解析を用いたより高度なデータ活用事例を紹介する。

■特集:注目の非接触検査技術
○赤外線イメージセンサの基礎と最新動向/立命館大学/木股雅章
暗視とサーモグラフィに用いる非冷却(熱型)と冷却(量子型)赤外線イメージセンサの構造、動作、製造技術を解説するとともに最近の技術動向を紹介する。

○赤外分光技術を用いたコンクリート表面塩化物イオン濃度の可視化技術/日進機械/ 金﨑浩司
インフラ構造物の老朽化(塩害劣化)に対し、劣化予兆に関する化学的情報の収集による予防・保全的な対策を可能にする技術の概要を解説し、供試体を用いた屋内計測および解体実橋梁を用いた屋外計測の事例を紹介する。

○光切断法を適用したトロリ線断面形状測定/鉄道総合技術研究所/薄 広歩
電車に電気を供給するトロリ線は、摩耗が進行すると破断して事故に至る可能性があるため、正確な摩耗量の測定が重要である。そこで、光切断法を用いてトロリ線の断面形状を測定し、従来よりも正確な摩耗量の測定方法を提案する。

○金属材料の疲労破断兆候の評価/中部電力/松尾顕守
配電設備に用いられる金属材料の破断事例を紹介するとともに、金属材料に応力を加え破断に至るまでの変形量をモアレカメラでモニタリングすることで破断兆候を実験的に評価した事例を紹介する。

○動画による構造物の表面変位計測と損傷分析/日本電気/高田 巡
構造物表面の可視光動画から変位・変形を計測し、損傷状態(ひび割れ・剥離・空洞)を分析する「光学振動解析技術」について、計測・分析の原理、実構造物での利用に向けた工夫、橋梁への適用例を紹介する。

■製品ガイド
○メンテナンス・レジリエンスOSAKA2020の見どころ
○試験機

2,178円
■解説
○レーザ超音波可視化試験に対する深層学習/群馬大学/斎藤隆泰・蓑輪里歩・加藤 毅
近年、構造物の維持管理等を目的に非破壊評価の重要性が高まっている。本研究では、人材不足が懸念される検査技術者の補助的役割を担う、AI技術を用いた非破壊評価システムの確立を目指す。本稿では、レーザ超音波可視化試験、深層学習について説明し、実際の欠陥に対する適応例を紹介する。

○3Dマイクロホンを用いた音源方向の簡易可視化システムに関する研究/産業技術総合研究所/添田喜治
本稿では、3Dマイクロホン、オーディオインターフェース等の既存の装置を用いて、見えない音を簡易に可視化する手法の概要について解説し、無響室と実環境における本手法の検証事例を紹介する。

○石油化学プラントにおける外面腐食管理の高度化/旭化成/皆見 岳/旭化成エンジニアリング/木村裕一
本稿では、高圧ガス認定事業所である旭化成水島製造所において、更なる保安力、技術力の向上のために取り組んでいる外面腐食管理を中心としたプラント設備(機器・配管)の設備管理の高度化に関するいくつかの取り組みについて紹介する。

○最近の磁粉探傷試験装置と検査の自動化について/日本電磁測器/堀 充孝・川澄直人・永田太祐
磁粉探傷試験の効率化を図る、より精度の高い探傷性能への改善が行われ、検査の自動化についても進められている。本稿では、最近の磁粉探傷試験の技術と自動検査の実例について紹介する。

■連載
○音波のよもやま話
従来の音波理論の問題/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
従来の超音波理論は色々な不具合を含んでおり、それらを正す。

■検査機器
○磁気ストリーム法による鋼材破断検知/コニカミノルタ/森田 博・丸山一直/コニカミノルタビジネスアソシエイツ/橋本好之
老朽化が著しい道路や橋など目視ではわかりづらいコンクリート構造物の内部鋼材破断は隠れた社会問題である。本稿では、「磁気を活用した独自の計測手法」「データ解析」「優れた利便性」を特長とする非破壊検査ソリューション、従来できなかった深さでのPC橋梁の内部鋼材破断検知について紹介する。

○超音波装置を活用した道路附属物における路面境界部腐食診断技術の紹介/レックス/久保田俊輔
道路附属物の路面境界部以下の腐食状況を、非破壊で一次スクリーニングとして診断する技術の紹介、及び沖縄県における検証例からみる今後の課題。

○振動・音響の可視化技術とその適用/システムプラス/吉井邦章
本稿では、稼働中の機械の振動や騒音を測定し、機械の変形や騒音源・空間の音響分布を人間の目にも見えるように「ゆっくり」「大きく」表すための様々な手法についてその概略と測定例を紹介する。

■特集:AI・ディープラーニングの検査・評価への適用
○時系列データに対するAIの適用例の紹介と学習用データ取得に関する一考察/東京工業大学/水谷義弘
AE試験で計測した時系列データを用いて人工ニューラルネットワークの基本的な構造と仕組みを説明する。また、教師あり学習と教師なし学習のそれぞれについてアプリケーション例を紹介する。最後に、AIへの適用を考えた非破壊検査用データの取得についての私見を述べる。

○近赤外ハイパースぺクトラル画像のディープラーニング認識/名古屋大学/稲垣哲也
38樹種の広葉樹を判別するために、新たに提案した手法(畳み込みニューラルネットワークと組み合わせた近赤外ハイパースペクトラルイメージング)の適用可能性を評価した。この手法に基づく樹種判別の正解率は90.5%となった。本稿では、解析手法について詳しく紹介する。

○構造物点検のイノベーション/ジャスト/角田賢明
構造物の維持管理の世界は今後、テクノロジーの進展で大きく変わる可能性がある。AIによる効率化・付加価値創出の可能は無限大だ。本稿では、構造物調査の専門会社ジャストだからできるAIサービスを事例を踏まえて紹介する。
○実験データに対するディープラーニングの適用事例/アドバンスソフト/松澤邦裕・山下貴志・松原 聖
本稿では、当社が開発した深層学習用ツールAdvance/iMacleの特長を紹介する。実験データへの適用事例では、ディープラーニングが所謂「ブラックボックス」であるが故の、人間の主観に依らない客観的な判断の有益性について検討する。

■製品ガイド
○工業用管内検査機器
2,178円
■解説
○超音波可視化技術及び数値解析を用いた電磁超音波探触子の評価/東北大学/高木敏行・孫 宏君/内一哲哉・手塚晃世/発電設備技術検査協会/山本敏弘
電磁超音波探触子(EMAT)は磁石形状とコイル形状の組み合わせの設計により様々な超音波のモードを励起できる。本稿では、EMATの評価方法として、超音波可視化技術と数値解析技術の概要を説明し、EMATの設計妥当性評価の例について紹介する。

○円周ガイド波による配管減肉検出技術研究会の成果/徳島大学/西野秀郎・他
大口径管の円周方向を伝搬するガイド波を用いた計測手法を取り扱った日本鉄鋼協会による研究会の報告。“ふぇらむ”Vol.24(No.1)365-41(2019)からの転載である。

○全方位移動型小型配管内走行用ロボットの研究開発/室蘭工業大学/水上雅人
本稿では、インフラ構造物点検自動化に関し、曲管・T字管を含む細径管路内の移動を可能にする、全方位移動型の配管内走行用ロボットの研究開発事例を紹介する。

○浸透探傷法のCFRPへの適用に関する試み/名古屋市工業研究所/深谷 聡・夏目勝之・名倉あずさ
本稿では、代表的なCFRPの非破壊検査事例を紹介するとともに、CFRPへの浸透探傷法の適用を試みたのでその概要を解説し、疲労負荷によってCFRP表面に生じた微視的損傷の発生・進展挙動を観察した事例を紹介する。

○CUI検査に関する取り組み/コスモ石油/伊藤智貴
プラント配管に発生する保温材下配管の外面腐食(CUI:Corrosion Under Insulation)について、重要度と発生確率からなる優先順位算出法を確立し、無駄のない検査計画を立案した。本稿では、取り組み内容と実績評価により新たに得られた知見について紹介する。

○国際廃炉研究開発機構(IRID)における福島第一原子力発電所の廃炉に向けた研究開発の概要/技術研究組合国際廃炉研究開発機構/関 修
本稿では、当機構(IRID)で実施している、「福島第一原子力発電所の廃炉に向けた技術の研究開発」の中で、「宇宙線ミュオンによる原子炉内の透視」、「小型中性子検出器」、「原子炉格納容器内部調査技術」について紹介する。

○コンクリート表面の気泡検出方法に関する研究/IHI検査計測/畑 伸佳・久山 岳・西土隆幸/IHI建材工業/黒澤 隆
コンクリートセグメントでは、製造時にできたコンクリート表面の気泡の補修作業がある。気泡の大きさについては目視で評価されている。しかし、その評価結果は、人によりばらつきが生じるとともに手間がかかるという問題がある。そこで、デジタルカメラで撮影した対象物の画像データに対し、コンピュータ処理により気泡の評価を行うシステムを開発した。

○金属腐食検知システムの開発/三菱電機/瓦井久勝・前田雷蔵・田中哲夫・水野 修
産業機器の金属部品の腐食進行度を推定するために、プリント基板に実装可能な、金属腐食センサーを用いた金属腐食検知システムを開発した。本稿では、本システムの金属腐食検知方法、構成、特長について紹介する。

■連載
○音波のよもやま話36
音場、音圧場とその測定/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
本稿では、音場、音圧場の違いの説明と、音圧場の意味する内容や音場は測定不可能なことを紹介する。

■検査機器
○CSV書式を活用した3次元計測データの解析事例/セイコーウェーブ/新村 稔
本稿では、腐食減肉の数値を、縦横の任意サイズの格子で区切ってCSV書式化した事例を紹介する。CSV化することで保管や比較、その他の操作が容易になる。

■特集:残留応力の最新動向
○溶接部破壊靭性試験高度化のための残留応力シミュレーションの活用/大阪大学/三上欣希
溶接部破壊靭性試験において高強度化・厚板化にともない溶接残留応力の影響が顕著になることが懸念されている。本稿では、残留応力シミュレーションを活用して課題を解決し、試験規格へ反映する取り組みの一部を紹介する。

○生産ライン内稼働できるX線応力測定装置/新東工業 小林祐次
一般的な部品の生産現場の環境で使用でき、また短時間で測定が完了できることから全数検査を実現できるX線残留応力測定装置を開発した。本稿では、本装置の概要と特性について紹介する。

○ブラスト処理されたH型鋼の穿孔法による残留応力測定/IHI検査計測/三上隆男・鈴木優平・夏井一樹
ブラスト処理されたH型鋼を試験体としてASTM E837規格の穿孔法を用いて深さ方向に不均一な残留応力分布を測定した。その際に、同規格で規定されているロゼットひずみゲージの大きさが残留応力の測定分解能に及ぼす影響も明らかにした。

■製品ガイド
○厚さ計・膜厚計
 
2,178円
■解説
○農業水利施設の非破壊検査・計測/農業・食品産業技術総合研究機構/中嶋 勇
本稿では、農業水利施設の非破壊診断技術(①被覆水路の摩耗量計測、②被覆水路の中性化深さの計測、③パイプラインの漏水位置検出技術、④ビデオカメラを用いた集水井の簡易診断手法)について解説及び紹介する。

○磁気光学イメージングの非破壊試験への応用/鈴鹿工業高等専門学校/橋本良介
本稿では、磁気光学イメージングを非破壊試験に応用した際の特徴を解説し、特にイメージングに利用するセンサの材料や形成方法について紹介する。

○配管減肉検査向けワイヤレス超音波センサ技術/日立製作所/田村明紀/日立GEニュークリア・エナジー/沖田俊介・大城戸忍/Inductosense Ltd./Chenghuan Zhong・Matt Butcher/University of Bristol/Anthony J.Croxford・Paul D.Wilcox
発電プラントの配管減肉検査において、配管保温材の上から超音波肉厚計測することで、作業工数を要する保温材着脱等の付帯作業を軽減できる。本稿では、ワイヤレス超音波センサ技術について紹介する。

○SEM-EDSによる自動粒子解析サービス/IHI検査計測/内村大道・露木徳哉
当社はSEM-EDSを用いた自動粒子解析システムを導入した。本システムでは、数千~数万個という大量の粒子の形状情報および元素組成を自動で計測することが可能ある。本稿では、粒子解析の概要や分析までの流れ、実際の分析例について紹介する。

○接着により発生する残留応力と評価法/ソノヤラボ/園家啓嗣
接着した部品の機能・性能を満足させるためには、接着部の残留応力を評価してその影響を少なくする工夫が必要である。本稿では、接着によって発生する残留応力(内部応力)の種類と、その評価法について紹介する。

■シリーズ:NEDOインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト
○回転機器の振動監視技術/高砂熱学工業/柴田克彦
熱エネルギー供給は、都市機能を支えるインフラとして重要な設備である。そこで、本稿では、熱エネルギー搬送機器のポンプを対象に開発してきた、低コストかつ長期異常検出のための監視システムとその実証結果を紹介する。
■技術トピックス
〔データベース〕
○保全技術アーカイブの紹介/日本保全学会/宮 達夫・山口篤憲
当学会がクラウド上で提供している「保全技術アーカイブ」では、学会に蓄積された保全技術に関する多くの知見を広く一般に公開している。本稿では、その概要と今後の展望を紹介する。

〔技術伝承〕
○視線計測・アイトラッキングによる点検技術伝承/トビー・テクノロジー/蜂巣健一
本稿では、アイトラッキング技術の概要、視線の測定データ、視線計測による調査について解説し、目視検査におけるアイトラッキングを活用した技術伝承を紹介する。

■検査機器
○汎用型火炎検知器/IHI検査計測/飯田弘幸
本稿では、さまざまな燃焼火炎に適用、バーナの不着火や失火が発生した場合に素早く火炎の有無を判定できるI-FRDの特徴や機能について紹介する。

■特集:保全、診断に活用される検査機器・システム2
○ドローンに搭載した赤外線装置による外壁調査の実証実験/建築研究所/眞方山美穂
本稿では、建築基準整備促進事業(国土交通省)の調査課題「非接触方式による外壁調査の診断手法および調査基準に関する検討(H29-30)」において実施した、ドローンに搭載した赤外線装置による外壁調査の実証実験の概要および結果について紹介する。

○打音検査機能を搭載した飛行型点検ロボット/新日本非破壊検査/和田秀樹・岩里拓弥
当社では橋梁を対象にドローンを活用した飛行型の点検ロボットを開発した。本稿では、点検ロボットを現場で適用するにあたり考慮すべき、点検ロボットの特徴や適用条件を具体的に紹介する。

○下水道管路内部の高速検査技術の開発/管清工業/西尾称英
全国で下水道管路のストックマネジメント手法が導入されている中、本稿では、管路スクリーニングに特化したカメラ「KPRO」の概要や特長、仕様等について解説するとともに、現在までの調査実績や普及展開について紹介する。

○橋梁寸法計測プロセスのデジタル化/エリジオン/平岡卓爾・向出和人
本稿では、三井住友建設が導入した、橋梁の寸法計測に3D点群データを活用する新たな手法の概要とその効果を紹介する。

○外壁調査における赤外線サーモグラフィ法の適用性/コンステック/小野塚裕也・佐藤大輔
外壁調査で用いられる赤外線サーモグラフィ法では、施釉されたタイルを対象とした場合、赤外線の反射が検査結果に及ぼす影響が大きく適用できない場合がある。本稿では、タイルの種類が検査結果に及ぼす影響について、実験をとおして紹介する。

■製品ガイド
○漏れ検知・検査
2,178円
■解説
○道路橋定期点検の課題解決を目指して/兵庫県まちづくり技術センター/渡邊佳秀・岩戸寿明
定期点検の現場作業にタブレットを使って点検することで、点検調書を自動生成するシステムを開発した。あわせて、初心者でも点検できるように対話形式でサポートするモードを付加し、人材育成にも貢献する。

■技術トピックス
〔VR・AR〕
○CAD図面投影ウェアラブルシステム/インフォマティクス/熊谷知明
本稿では、実空間でのCAD図面データMR表示が可能で建築、土木現場活用で注目されているGyroEye Holo(ジャイロアイホロ)について紹介する。

〔食品〕
○質量分析イメージングの基本手法と応用技術/いであ/山縣 彰・大房 健
本稿では、生体組織切片における投与薬物の局在解析など、薄膜試料を二次元的に質量マッピングする質量分析イメージングの基本手法について解説し、医学分野にとどまらず素材分野など様々に応用されていることを紹介する。

■シリーズ:NEDOインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト
○超小型X線及び中性子センサを用いたインフラ維持管理用非破壊検査装置開発/静岡大学/小池昭史・青木 徹
本稿では、産業インフラにおける金属配管の保温材下外面腐食(CUI)に特化した検査システムの開発と、特にエックス線を用いた配管の肉厚の計測技術について紹介する。

○サンプリングモアレカメラによる産業機械等の変位・振動測定/共和電業/前田芳巳
本稿では、産業用機械において加工する製品の品質の向上や装置の異常診断を行う上で大切な指標である微小変位や振動を、カメラ画像により同時多点測定が可能な技術「サンプリングモアレ法」の概要と、産業界での変位・振動の測定事例を紹介する。

■連載
○音波のよもやま話
(音)のFDTDシミュレーション/アイ・エス・エル 宇田川義夫/東北大学/三原 毅
電波や音の解析に使われるFDTDシミュレーションの音への利用する場合の問題点の指摘や、使い方の注意に関して記述。現実との差異や一次元FDTD :法による超音波の原理理解などに言及。

■検査機器
○鋼製構造物の検査の効率化が図れる携帯型渦電流探傷装置/IHI検査計測/佐々木孝明
当社では、橋梁等のインフラ構造物や鉄道台車等の鋼製構造物の検査用として携帯型の渦電流探傷装置MobileEDDyRを開発・適用している。本稿では、本装置へAI判定機能を搭載したためその探傷例を紹介する。

■特集:保全、診断に活用される検査機器・システム①
○火力発電設備の状態監視・診断技術の高度化に向けた取り組み/JERA/市場元浩
火力発電設備の運用形態が大きく変化し、設備健全性、劣化状態を把握するための高度なデータ分析・診断技術の重要性が高まっている。本稿では、分析に必要なセンシングの多様化、およびAIを活用したデータ分析・診断技術の高度化の取り組み事例を紹介する。

○ステレオカメラを用いた路面性状測定システム/リコー/平井秀明・伊藤 泉
本稿では、走行しながら路面の状態を撮影し、AI(人工知能)による機械学習を活用した分析を行うことで、撮影から測定結果の算出および報告書の作成までを実施する「リコー 路面モニタリングサービス」について紹介する。

○保全業務効率化に貢献する無線機能付き高機能設備診断器/JFEアドバンテック/橋本博司
ポータブル振動診断器の既存モデルMK-220に、ICTを活用した無線通信、インバーター駆動電動機の軸受診断、振動・温度同時計測など高度診断や点検作業効率化を実現する機能を強化したMK-220HGを開発した。本稿では、その特長と活用事例を紹介する。

○画像ベースインフラ構造物点検/キヤノン/穴吹まほろ/キヤノンマーケティングジャパン/武田知樹/東設土木コンサルタント/中川光貴
本稿では、橋梁やトンネルといったコンクリート構造物の近接目視点検に代わる方法として、点検対象面を高精細に撮影し、その撮影画像に写る変状を検知・解析することで点検を行う「画像ベースインフラ構造物点検」について紹介する。

○路面境界部点検の非破壊検査への転換/NS検査/新美久仁彦
道路附属物の老朽化に伴い、近年倒壊事故が多発している。対策となる路証面境界部点検の効率化を図るべく、国土交通省は公募選定し結果を公表した。この結果を検証の上、当社技術の原因と対策を解説し、実務普及を促す。

■製品ガイド
○探触子

2,178円
■解説
○中性子イメージング装置RADEN(螺鈿)の活用/日本原子力研究開発機構/甲斐哲也・篠原武尚/総合科学研究機構 松本吉弘
検査技術の一つとしての検討材料を提供するため、これまでにJ-PARCのエネルギー分析型中性子イメージング装置RADENで中性子ラジオグラフィ/トモグラフィを使って得られた成果について紹介する。

○中性子による石油タンク底板下間隙測定技術/土木管理総合試験所/岩田摩希彦
中性子を用いた間隙測定器を導入改良し、新型の装置として実用化した。本稿では、測定の基本的な考え方、測定解析方法を紹介し、今後の活用方法について紹介する。

○加速度変動計測による風車ブレード雷撃損傷検知法の検討/海上・港湾・航空技術研究所海上技術安全研究所/藤本修平・山根健次・島田道男・櫻井昭男/日本海事協会/赤星貞夫
風力発電の不稼働時間増大の原因となり得る、風車ブレードの雷撃損傷の発生を即時に検知する手法の確立に向けて、基礎的な検討を行った。ブレード模型を用いた模擬雷撃実験を行い、本手法の実現可能性を検証した。

○加速度センサによる蒸気チューブリークの検出手法の開発/日立製作所/古市 肇・綿引直久・高橋志郎・小林啓信
火力発電プラントで蒸気チューブリークが発生した場合に備え、リークの発生個所を特定するために加速度センサを用いた高圧蒸気リークの検出手法を開発した。リーク発生個所から最大67m離れた配管上の計測点において、蒸気リークに起因する加速度変化を検出でき、二つの加速度センサによりリーク発生箇所の位置を10%以内の差で発生個所を推定できることを確認した。

○EMATのための電磁相互作用を考慮したUTシミュレーション/発電設備技術検査協会/山本敏弘
EMATの最適化に活用できるシミュレーション方法を確立することを目標として、任意の構造が扱えるFEMによりEMATによる超音波の送受信を含む超音波シミュレーションを行えるComWAVEを使用し、実験結果との比較によりシミュレーション結果の妥当性の確認を行った。

○渦電流探傷法を活用した鋼部材地際部の腐食損傷推定手法/日本電測機/永野 徹・山田隆明/日本ファブテック/細見直史/九州大学 貝沼重信
鋼部材のコンクリート地際部における腐食損傷検査では、塗膜除去やコンクリートのはつりの前処理に加えて、その復旧作業に多大な労力と費用を要してきた。そこで、著者らは検査時の前処理を行うこと無く、目視困難な埋設部の残存板厚を推定する検査手法を開発した。

○配管の腐食・減肉の連続監視とデジタル化がもたらす装置保全の変革/エマソン・オートメーション・ソリューションズ/日本エマソン/今任邦治
大半の製油所で導入が進む装置・配管の腐食・減肉監視システムだが、石油化学や化学プラントにも広がりを見せている。本稿では、その特長と活用事例を紹介しながら腐食・減肉監視システムに求められる要件を示し、これからの検査・診断を考察する。

○AIを利用したFEM逆解析による劣化調査/新納義昭
近年急速に発達したディープラーニングを活用するとFEM逆解析が可能となる。本稿では、そのFEM逆解析の応用の一つとしてカーブミラーや標識などに使われるポールパイプの劣化調査ができることを2種類の方法を使って紹介する。

■技術トピックス:補修技術
○水性錆転換塗料:ラストノックアウトの紹介/ソーラス 村上清久/新居浜工業高等専門学校/日野孝紀・矢野 潤
在日米軍の要請で、輸入を始めた錆転換塗料(防錆剤)の特徴を検証し、その検証結果から、構造物の長寿命化と保全費用削減への活用方法を提唱する。

■シリーズ:NEDOインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト
○高信頼性センサによるインフラモニタリングシステムの研究開発/横河電機/吉田隆司・鈴木広志
長期信頼性を持ったシリコン振動式センサをインフラモニタリング用に応用して開発した加速度センサ、傾斜センサ、ひずみセンサの解説と、それらを用いた建物の健全性を評価するための実証実験の事例について紹介する。

■検査機器
○新しいセンシング手法の配電盤局所過熱監視装置/旭化成テクノシステム/今野淳一/旭化成EICソリューションズ/藤原英二
配電盤の過熱火災の予兆を検知すべく、複数の赤外線センサを用いた新しい方法で局所過熱を非接触に常時監視し、火災の予兆を迅速・安価に検知。発報させる新製品を紹介する。

○過酷な環境(高温・高電場・高磁場)下での使用に最適な光ファイバー音響センサー/ケイエルブイ/平林京介
AI/IoTの発達により急成長する設備故障・異常の予兆検知の可能性を広げる、光ファイバー技術を用いたセンサーデバイス(Phonoptics社のMyotis)を紹介し、本センサーの測定原理と高磁場・高電場・高温度・放射線などの過酷な環境下での使用に最適である理由を紹介する。

■製品ガイド
○放射線応用機器
2,178円
■解説
○非破壊検査業界の将来/日本非破壊検査工業会/塙 晴行
本稿では、当会の調査結果をもとに非破壊検査業界の現状を紹介するとともに、業界の課題をまとめ、技術者教育、人材の確保、ステータスの向上及び技術的課題と検査装置の観点から、将来のあるべき姿を考察する。

○超音波検査の将来/発電設備技術検査協会/古川 敬
本稿では、非破壊検査の主力技術の一つである超音波検査技術について、その創生からの歴史を振り返るとともに現状を分析し、将来展望を考察する。

○電磁超音波共鳴法による配管減肉モニタリング技術/東北大学/孫 宏君・高木敏行・内一哲哉
原子力や火力発電所の配管減肉検査の高度化・効率化ができるモニタリング技術が必要とされる。本稿では、EMATとEMARの原理を説明し、それによる配管減肉モニタリングに向ける研究及び適用例について紹介する。

○ロボット技術を取り入れた各務原大橋の定期点検 /岐阜大学/六郷恵哲・羽田野英明
道路橋定期点検要領で新技術の活用を可能とする見直しが行われる前の2018年度に、各務原市が実施した各務原大橋(長大PC橋)の定期点検を、高解像度カメラや打音装置を備えた点検用ロボット技術を組み合わせて支援した。

○画像解析による電車線とエレベータロープ検査技術/明電舎/庭川 誠・渡部勇介・野田祥希
電車線の架線検査及びエレベータのロープ検査を画像解析を応用して初めて実現。

○打音法による外壁剥離診断技術/KJTD 田代秀夫・奥田聖哉/建築研究所/眞方山美穂・棚野博之/クリエイティブスペース/久下幹雄
今回開発した外壁剥離診断装置は、従来の検査員の耳による打音検査を機械化したもので、解析的手法により、定量的に剥離の大きさと剥離深さを推計している。本稿では、開発した剥離診断手法と実証評価を踏まえ製品化した外壁剥離診断装置の概要について紹介する。

■技術トピックス:プラント
○新タイプのガスケット技術/KUKIL INNTOTCO.LTD/Lee Jong-cheol/Eテックコンサル/車戸 宏
高温、高圧で水素を含む流体等にはフランジからの漏洩の危険性が伴う。本稿では、これらに対応した、より漏れの発生を抑えるよう設計された新しい構造のガスケットについて紹介する。

■シリーズ:NEDOインフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト
○道路橋の維持管理及び防災・滅災を目的としたセンサシステムの研究開発/日本電気/佐藤 正・高取成毅/首都高速道路技術センター/式田直孝・村野益巳・張 広鋒
高度経済成長期に集中して整備された社会インフラの老朽化が深刻な問題となっている。本稿では、今回、開発した920MHz特定小電力無線を用いた橋梁センサシステムと地方自治体管理橋梁での実証実験結果について紹介する。

■連載
○音波のよもやま話
(音)波の重ね合わせの原理、干渉、独立性(2)/アイ・エス・エル 宇田川義夫/東北大学/三原 毅
前回に続き、一般的に誤解されている、「波の重ね合わせ、干渉、独立性」の話をする。

■特集:放射線検査技術の最前線
○大規模施設を使用したX線と中性子のイメージング/大阪府立大学/谷口良一
本稿では、X線イメージングと中性子イメージング技術の基本的な説明を行い、国内で利用可能な大規模施設を紹介する。これらの施設で利用されている放射線イメージング法を簡単に紹介した上で、イメージング技術の将来展望を行う。

○実用化が進む配管腐食検査用エネルギー弁別型放射線ラインセンサ/浜松ホトニクス/富田康弘・松井信二郎・白柳雄二・神谷陽介・小林 昭
本稿では、既に実用化が進む配管腐食検査用エネルギー弁別型放射線ラインセンサ(保温材を剥がさずに配管腐食の位置と程度を定量的に検査可能)について、実際の現場での実測データを交え、その特徴といくつかの検査事例を紹介する。

○放射線画像診断のためのAIによる支援技術/日立製作所/永尾朋洋・白旗 崇・岩田吉広・仲山貴行・尾藤良孝
本稿では、医療分野で求められるAIの役割において、当社が研究開発を進めている画像診断装置に関する放射線科ワークフローの効率化と、読影・診断支援について紹介する。

○高エネルギー対応ワイヤレスフラットパネルディテクター/ポニー工業/山田 誠
RTはフイルムX線撮影FRTからデジタル撮影X線撮影DRTへ移行が進められている。本稿では、DRT撮影で使用さるフラットパネルディテクターの中で現場環境に対応したHPX-DRについて特徴を紹介する。

■製品ガイド
○ネプコンジャパン・オートモーティブワールドの見どころ
おすすめの購読プラン

検査技術 雑誌の内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:B5判
試験・検査・評価・診断・寿命予測の専門誌
我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。

+   検査技術の目次配信サービス

検査技術を買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2022年06月24日発売

目次: 【特集:量子コンピューター最大の壁「エラー訂正」】
量子コンピューターの究極の目標
最大の難関「エラー訂正」を実行する新手法

-----------------------------------------------------------------

【特集:渡り鳥の量子コンパス】
高精度ナビの仕組み 鳥には地磁気が見えている
動物たちの磁気感覚

-----------------------------------------------------------------

天の川銀河中心ブラックホール撮影成功

高速電波バースト 浮かび上がる新たな謎

天才のようにまどろめ エジソンに学ぶ半覚醒状態のひらめき

貝の毒化を監視せよ アラスカの海辺に温暖化の脅威

アメリカ黒人社会の強靭さ 

-----------------------------------------------------------------
★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。
◇フロントランナー挑む
 ジャパンチームで新型コロナの変異を解明:佐藤 佳(東京大学)

◇SCOPE
 宇宙で最初の「一番星」に迫る/「ゲリラ豪雨」の雲をつかめ!
 注射1本で昆虫を遺伝子改変/核酸医薬で免疫の暴走を抑える/
 腕からの信号で自在に動く義手/第10回日経「星新一賞」募集始まる
◇ADVANCES
 ETに長距離電話/ゲノム編集に新手法/人肌の色を求めて/触れる絵文字
 花粉に乗るウイルス/遠隔捜査/細菌の培養は台所スポンジで/
 草の葉/ニュース・クリップ/伝書鳩の記憶

◇From Natureダイジェスト
 気候が形作った人類進化/がん細胞の変異から起源を探る

◇ヘルス・トピックス:合理的臨床試験
◇グラフィック・サイエンス:牙からわかるマンモスの旅
◇パズルの国のアリス:壊れた金庫の安全性
◇nippon天文遺産:彗星王国日本を支えた堂平シュミット望遠鏡
◇Science in Images:天下御免の粘菌生活
◇BOOK REVIEW
 『適応と自然選択』平沢達矢
 『皮膚、人間のすべてを語る』丸山 敬,
 <連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/25
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

2 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2022年06月24日発売

目次:
Newton Special

レジェンド科学者たちの思考でたどる

物理総入門

監修 有賀暢迪

執筆 中野太郎



物理学の歴史は,科学者たちの天才的なひらめきによる,おどろきの発見の連続だ。歴史に名を残す科学者たちのエピソードをまじえながら,物理の重要事項を解説しよう。

Newton Special(2)

驚異の身体能力,圧倒的な知能ーロボットはここまで進化した

ロボット最前線


「ロボット」という言葉が生まれてから約100年。現在では,驚異的な性能をもつロボットが世界中で多数開発されている。ロボットの急速な進化は,人間の暮らしをどのように変えるのだろうか。

監修 江間有沙/大澤博隆
執筆 加藤まどみ

FOCUS Plus

「暗黒の細胞死」を発見

協力 ユ・サガン

執筆 西村尚子

Super Vision

我が銀河中心のブラックホールを初撮影

協力 森山小太郎/小藤由太郎/本間希樹

執筆 荒松良孝

Topic

思春期の心理学

友人関係が変化し、反抗期が消えつつある

監修 伊藤美奈子

執筆 福田伊佐央

Topic

人類はふたたび月へ―アルテミス計画

半世紀ぶりの有人月面活動を徹底図解

協力 筒井史哉

執筆 北原逸美

Topic

無限の仮想世界「メタバース」

人間の可能性を拡張する,もう一つの社会

監修 稲見昌彦

執筆 尾崎太一

Topic

女性の悩みに寄り添う「フェムテック」

女性特有の健康課題を解決する新たなテクノロジー

監修 松本玲央奈

執筆 山本尚恵

Topic

最新戦闘機 F-35

自衛隊にも配備された最新鋭機の性能を徹底解説

監修 源田孝

執筆 時実雅信

Nature View

空を捨てた鳥 ペンギン

水陸両用の体を手にした,世界全18種の姿

監修 高橋晃周

執筆 薬袋摩耶

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2022/05/26
    発売号

  • 2022/04/26
    発売号

  • 2022/03/26
    発売号

  • 2022/02/26
    発売号

  • 2022/01/26
    発売号

  • 2021/12/25
    発売号

3 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2022年05月30日発売

目次: 【特集】
●触れ合いのパワー
手を握ったり、抱き合ったりすることは私たちの健康にどのような効果があるのか? 誰かと触れ合うことによって、心が安らいだり、幸せな気分になったりするのはなぜだろう?
●フィリピンのサンゴ礁
世界有数の美しさを誇るフィリピンのサンゴ礁だが、気候変動と破壊的な漁法で深刻な被害を受けている。
●スペインオオヤマネコ
20年前には絶滅の瀬戸際にあったスペインオオヤマネコが復活しつつある。その成功の理由とは?
●聖なる川を流れ下るプラスチック
ガンジス川は神聖なものとあがめられるが、この大河が海洋汚染の大きな源になっている。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「ごみで作る抗議のアート」
●EXPLORE 探求するココロ
「オオオニバスの秘密」「雪に包まれた山へ」「カブトガニの産卵」「プラネット ポッシブル」
●THROUGH THE LENS レンズの先へ
「誰よりももっと深くへ」

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「よみがえった菖蒲園」
●今月の表紙:ダビニア・ジェームズ・スチュアートが生後3カ月
の娘を抱っこする。自分が受けてきた愛情を娘に伝える方法の一つが触れ合いだと、母親は言う。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/03/30
    発売号

  • 2022/02/28
    発売号

  • 2022/01/28
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

  • 2021/11/30
    発売号

4 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2022年06月03日発売

目次: 【特集】
〇いて座A*の観測からとらえた
天の川銀河中心のブラックホール/塚田 健
2022年5月12日、EHT(イベント・ホライズン・テレスコープ)による天の川銀河中心のいて座A*の観測データ画像が発表されました。画像は天の川銀河中心の巨大ブラックホールの存在を示し、観測された光のリングの大きさはアインシュタインの一般相対性理論の予言とよく一致していました。2019年に同じくEHTから発表されたM87銀河中心のブラックホールの画像と比べながら、今回の発表の詳細、その成果と意義について紹介します。



〇手軽なシステムで迫力の天体像を観る
自宅ではじめる電視観望 VOL.2/Sam
6月号に続いて「自宅で始める電視観望」の第2回。最近注目されている新たな観望スタイルである「電視観望」は、市街地の明るい空からでも星雲などの天体を色味のある姿で観察でき、手軽な機材で始められるため、人気が高まっています。第2回は電視観望で使用するソフトウェアを紹介。機材のセットアップから天体映像の表示と調整方法までを紹介します。



〇~星明かり月明かり日記~
6惑星に出会う一夜/牛山俊男
今春は明け方の空で複数の惑星が集合する様子が見られます。5月初旬、本誌「星明かり月明かり」を連載する写真家・牛山俊男氏が、夕空に輝く水星と5惑星(金星・火星・木星・土星・海王星)との出会いを求め、長野県霧ヶ峰に撮影に訪れた一夜の様子を紹介します。



〇星空VRをはじめよう
キヤノンVR専用レンズによる180°VR動画/須永 閑
キヤノンから発売されたVR撮影用レンズ「キヤノンRF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」は横に並んだ2つの魚眼レンズを備えた180°VR撮影専用レンズです.複数台のカメラを用いて撮ることの多いVR映像ですが、このレンズであれば1台で撮影可能。さっそく注目のレンズで星空VR映像の撮影を行いました。撮影から映像出力までを紹介します(完成映像は天文ガイドYouTubeチャンネルで視聴可能です)

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/03
    発売号

5 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2022/06/16
    発売号

  • 2022/06/09
    発売号

  • 2022/06/02
    発売号

  • 2022/05/26
    発売号

  • 2022/05/19
    発売号

  • 2022/05/12
    発売号

6 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2022年06月25日発売

目次: 2022年6月25日号の主な内容

■ニュース
・コメ兵、25年度売上1000億へ 国内・アジアで出店加速
・薬局の余剰在庫、解消 キリンが新事業
・家電量販店で中古トレカ エディオン
・農機具ネット競売、出来高1800万円 マーケットエンターGのUMM
・販売サイトで「レンタル」も ONZO
・「スマホ買取機」試験設置 ティーガイア
・都内で古着の物々交換 Rationaloop
・「買取福ちゃん」CMに鈴木福さん REGATE
・子供古着店のFC「エコライフココ」 ロイヤリティ月8万に固定
・保育園専門のフリマ エクスプラウド
・「PCNETオークション」 1回に6000点出品
・エプソンがプロジェクターの買取、デジタルリユースと連携
・「フリー素材」提供サービス チャイルドバンク
・LCCのピーチ CAの使用済みスカーフを再利用
・ブックオフ選書のマンガ コンパクトホテルで読み放題
・毎日60件、一括査定 アワバリュー
・アップガレージ 中古ipad取扱い
・古着の回収・販売 アーバンリサーチ
・越境専門CtoCアプリ Ichi
・至近に「ブックオフ旗艦店」 リサイクルフカツ
  
■トップインタビュー
メモリーズ(くらしの友グループ)横尾将臣社長
「遺品・生前片付け月120件」

遺品・生前整理にいち早く乗り出し、累計現場実績は1.6万件にも及ぶメモリーズ(大阪府堺市)。冠婚葬祭事業を行う「くらしの友」の子会社でもあり、グループでは葬儀から整理まで手掛ける。横尾将臣社長に戦略や業界の概況を聞いた。

■トピック
「増える買取FCの古物市場 オークション運営当たり前の時代に」

コロナを契機とし、買取専門店FCを展開する本部企業による古物市場への参入が相次いでいる。主要なFC本部は独自の古物市場を持つことが当たり前になりつつある。ただ、古物市場が既に多数存在しており、運営を成り立たせるのは容易ではない。FC本部運営による古物市場の動向を考察した。

■コーナー
◎市場考察
セカンドストリート・今泉有道社長
「新品減・円安でリユースが受け皿に」

◎Let’s TRY
「AIカメラで来店者の属性・行動を分析」
「買わない顧客」からもデータ収集

◎小トピック1
「エアコン需要集中は梅雨明け?」
材料高で新品・中古も2割値上がり

◎小トピック2
「ブランド洋食器が高騰」
中国でブーム到来か!?

◎ATTENTION
サブスク「解約」
「〝最終確認画面〟に情報わかりやすく」

◎中古市場データ
川崎交換会(神奈川県)
「道具・骨董で出来高500万円」

◎EVENTレポ店
「6.1 THE SHOW」(ON the CORNER、ドンドンダウン)
コムデギャルソンとヨウジヤマモトだけの古着ショー

◎注目の取り組み
「I Still Love You So(東京都)」
航空業社員と兼業で古物商

◎VOICE
テーマは「ビジネスで大切にしていること」
・古材や古道具の活用で顧客の気持ちに寄り添う…キブネ建設
・傾聴に徹し、貴金属やブランド品以外の買取りをアピール…某買取店

■連載
◎海外中古市場データ
浜屋 電気製品・その他
「アジアは雨季で冷蔵庫需要高まる」

◎中古レコードの世界
「レコード仕分けのポイント①」
日本と海外、最大の違いは「保存状態」

◎ブランド市場バイヤー齋藤清の俺に学べ! 
「インバウンド需要に、一層期待がかかるワケ」
下落トレンドへのカンフル剤となるか

◎繁盛店の店づくり
ロデオドライブ新宿歌舞伎町店(東京都)
「歌舞伎町に移転リニューアル」

◎倒産1000本ノック?
人生最大のしくじり?! 
「ここが肝心!最悪どこまで落ちても大丈夫なのか?パート2」

◎生前・遺品整理ダイヤリー 思い出に寄り添って
ティーアシスト(埼玉県)
「ゴミ袋を開けて家の実印を見つけ出す」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

7 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2022/05/12
    発売号

  • 2022/04/12
    発売号

  • 2022/03/11
    発売号

  • 2022/02/12
    発売号

  • 2022/01/12
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

8 設備と管理

オーム社

送料
無料

設備と管理

2022年06月10日発売

目次: 特集
・受変電設備の基礎と操作[後編]
 皆川 邦雄(第一種電気主任技術者)
 受変電設備の構成を知り,具体的な操作方法や注意点,過去のトラブル事例を学ぶ.
 それによって,維持管理者の知識・技能の向上を図り,作業効率の向上や
 安全性を確保することを目的とする.6月号の前編とぜひ合わせて読んでいただきたい.

・ビル管理における風量測定ロボット活用法
 小林 雅明(三機工業株式会社)
 建築設備工事の施工品質の向上と性能検証の業務効率化を目的に
 風量測定ロボットの試験運用を導入した.実際にどれくらいの工程を削減でき,
 どこまでをロボットに託せるのか.現場での運用方法とこれからの課題を探る.

・石綿障害予防規則の改正とその対応
 脇田 真至(近鉄ファシリティーズ株式会社)
 令和4年4月から石綿事前調査結果報告システムが運用開始され,
 元方事業者の事前調査結果の届出が義務化されたのを機に,元請事業者の立場から
 関係者が成すべき事柄を整理した.新たに加わる作業を効率的に行っていくために全体概要をまとめた.

■ライセンス
・ビル管理試験直前対策 3号連続90問ミニテスト/レベル1
・2022年上期公表 二級ボイラー技士 試験問題と解答・解説

■ニュースラインナップ
・建築物省エネ法改正案を閣議決定
・電気設備技術基準・解釈の改正に向けてパブリックコメント
・空調システムのサイバーセキュリティガイドライン(案)
・無電柱化に向けて電柱新設の抑制策を取りまとめ

■フォトギャラリー
・四国水族館

■道草の拾い読み
・栃木・栃木市 岩下の新生姜ミュージアム

■連載
・事例に学ぶ設備お悩み相談室/93. 食堂からの臭気拡散対策
・のぞき窓を閉めないで/犬よ,猫よ,ペットらよ,人間を許し給え!
・完全図解 電子回路とディジタル回路の基礎知識/第1編 電子回路/第5章 増幅回路
 11. トランジスタの増幅作用と静特性
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/59. 大型店舗を保有するマンションの耐震化(中編)
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/130. 堀内 秀人さん(興和不動産ファシリティーズ株式会社)
・けろさんの設備探訪記/10. 給水設備の源へ 歴史的建造物
・ビル管 キャリアUPガイド/11. ビル管の3UP―キャリアUP,スキルUP,給料UP

参考価格: 1,650円

ビル・工場の設備を管理するエンジニアとマネージャのための専門誌

  • 2022/05/11
    発売号

  • 2022/04/11
    発売号

  • 2022/03/11
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

  • 2022/01/11
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

9 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2022年06月03日発売

目次: 13年ぶりに始まった「宇宙飛行士選抜」。異例の条件で注目を集めている選抜試験の現在とは?「いて座Aスターのブラックホールシャドウ」は記者会見の模様と合わせて解説します。

★表紙画像
今月の表紙は渡邊守さんの「宙への道標」です。灯台の後ろには美しい天の川が昇っています。

★12年ぶりの宇宙飛行士選抜スタート 宇宙にエントリー
ついに始まった日本人宇宙飛行士選抜試験。6回目となる今回の選抜は13年ぶりの募集。さらに、「世界初! 学歴不問」「文系宇宙飛行士誕生か?」というタイトルで取り上げられ、多くの方の関心を集めています。選抜試験の状況と合格者の未来はいかに?

★NewsWatch いて座Aスターのブラックホールシャドウ
今年5月、イベント・ホライズン・テレスコープチームがいて座Aスターのブラックホールシャドウ撮像を発表しました。熱のこもった記者会見の模様や登壇者への追加取材も敢行し掲載。今一番ホットな天文ニュースをお見逃しなく。

★Deepな天体写真 市街地で星雲撮影8 明るさムラをフラット補正で平定する
天体画像の画質を向上させるにはコンポジット処理が必要です。今回は画像の周辺が暗くなる「周辺減光」をフラットフレームを用いた「フラット補正」で改善していきます。

★星座制定100年 まんがで読む「南天の星座」物語
プトレマイオスが48星座を『アルマゲスト』に記してから約1400年後に生まれた南天の星座たち。後世に残っている南天の星座たちはどのように生まれたのでしょうか? 楽しく読めるまんがと詳しい解説で紹介します。

★今月の注目 拡大版 月と全惑星集結・火星食
6月から7月も惑星たちと月の共演が要チェック! 撮り方のポイントも合わせて紹介。惑星接近を見て・撮って楽しみましょう! 惑星以外にも、パンスターズ彗星や、さそり座δ星の食、変光星ミラの極大も楽しみです。しっかり予習して当日に備えましょう。

★小惑星アフティによる恒星食 ぎょしゃ座のマハシムが1.5秒消えた
曇り空の中観測失敗に終わった、2002年4月のポルックス食。「いつかリベンジを」そう願っていた石井さんのチャンスは2022年にやってきます。20年前の現象よりさらに厳しい条件の観測に、入念な特訓と綿密な遠征計画で挑みます。しかし、当日の降水確率は80%という絶望的な状況で……。ドキドキの観測レポートは必見。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2022/05/02
    発売号

  • 2022/04/05
    発売号

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/12/03
    発売号

検査技術の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌