New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 発売日・バックナンバー

全167件中 76 〜 90 件を表示
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

How co-operatives can save the planet (共同組合が世界を救う)

【Agenda】
6 Oz puts a price on carbon

7 The legacy of forest defender Chut Wutty

8 Quebec’s maple spring

9 Londoners muse Olympic legacy

10 News in brief this month
PLUS ? Open Window guest cartoonist Omar Abdallat from Jordan.


【Mixed Media】
11 ’We call it life’
’Riots have been nearly happening all my life,’ poet-rapper Speech Debelle tells Louise Gray.
PLUS: Hot Docs 2012 - a roundup of the best offerings at Toronto’s annual film-fest; a new CD from Billy Bragg and Wilco commemorates Woody Guthrie; and a memorable debut novel from filmmaker Elaine Proctor.


【Analysis】
The Big Story- Co-operatives
17 We’ re all in this together
Time to celebrate the International Year of Co-operatives. Wayne Ellwood raises a glass to their long history and argues that co-ops are democratic, community focused - and a challenge to the dominant free-market model.

21 How co-ops are building a better world - THE FACTS

22 The unselfish gene
Zoe Cormier explores our natural ability to co-operate.

24 Big thinkers on co-operation

26 Beyond solidarity
The rituals that reinforce co-operation are under threat, says Richard Sennett.
Interview by Horatio Morpurgo.

27 Cooking for peace
Sometimes simple things can build understanding. Noreen Sadik reports from Israel.
28 What would Che say?
Can co-operatives save Cuba? John Restakis travels to Havana to find out.

31 They told us we couldn’t count
In Indonesia, self-help is transforming the lives of rural women. Irfan Kortschak talks to one co-op member.

32 Your guide for all things co-operative.



【Features】
36 Heroism or desperation?
Self-immolation by Tibetan protesters is becoming an all-too-familiar sight.
Dibyesh Anand considers the reasons why.


【Regular Features】
4 Letters
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

16 Letter from Botswana
What is self-evident for one is a mystery to others, discovers Lauri Kubuitsile.

33 Puzzle Page

34 Country Profile: Azerbaijan

38 Mark Engler
Wall Street wants your gratitude.

1,222円

【Agenda】
6 US denies safe haven to Mexico’s drug war refugees

7 Torture recompense comes to Kenyans

8 Feminists target Nike ahead of the Olympics

9 Hungary’s cultural purge gathers pace

10 News in brief this month
PLUS - Open Window guest cartoonist Fadi Abou Hassan from Palestine



【Mixed Media】
11 Neither Allah nor Master
Brave, atheist, female and exiled, Tunisia’s Nadia El Fani takes on the establishment.
PLUS: Sex, secrets and Asian British comedy in All in Good Time; wending grooves from Mali’s Sidi Toure; Callum Robert’s crystal-clear Ocean of Life; and Radio Congo by Ben Rawlence.


【Analysis】
The Big Story - Earth Summit 2012
16 Sustainability for sale?
A battle is brewing over the future of global action. Danny Chivers presents the unofficial guide to Rio+20.

20 Tools that might help us - some of the more progressive ideas.

22 Eight Great Greenwashers
Exposing the canny, the crafty and the plain deceitful. Danny Chivers examines the green claims of Shell, Monsanto, Vale and others.

27 The good life is the realistic solution
Indigenous activist Ruth Buendia’s take on ’sustainable development’.


【Opinion】
32 Letter from Botswana
A new birth offers a sign of hope for Lauri Kubuitsile.

33 Mark Engler
’Tired of burying black boys.’


【Features】
28 Falling out of love with Israel
Norman Finkelstein believes American Jews are no longer prepared to offer blanket support to Israel. He explains why.

36 A world on workfare
Governments and big business may benefit - but workfare is undermining the labour market, argues Warren Clark.


【Regular Features】
4 Letters
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

31 Puzzle Page

34 Country Profile: Cook Islands

38 Making Waves
Bunker Roy on harnessing granny power.
1,222円
【Agenda】
6 Eurovision re-opens old wounds in the Caucasus
7 Eritrea is a cynic’s paradise
8 Happy Meals? for victims of stop and search
9 Tuaregs hard hit by Mali conflict
10 News in brief this month
PLUS Open Window guest cartoonist Mohamed Sabra from Egypt.


【Mixed Media】
11 Indian skin, Albion voice
With Britain approaching Jubilee June, a reinterpretation of ’Englishness’ from musician Bishi is timely, says Louise Gray.
PLUS: Solomon Islands band Narasirato introduce us to the thong-o-phone; a quiet revolution in the making in Money as Debt III; and Escape from Camp 14 - a remarkable insight into life in a North Korean labour


【Analysis】
The Big Story - Mental Health

16 A healthy mind in a healthy society
Mental health shouldn’t just be about individuals;
we need strong communities too. Dinyar Godrej makes the case.

20 Mental Health - THE FACTS

22 Tears are good medicine
Young First Nations people in Manitoba tackle their number one problem - suicide among their peers. Janet Nicol reports.

26 Our trauma is not your trauma
The past is always present for Burmese refugees in Thailand. Nick Harvey witnesses health workers adapt their approach to this reality.

28 Unbound
Liberating communities from prejudice in Ghana, by Peter Yaro.

30 Utopia or bust
Consumer culture is collective insanity, says John F Schumaker.


【Regular Features】
4 Letters
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

33 Letter from Botswana Football fever gives Lauri Kubuitsile reason to hope.

34 Country profile: Guatemala

36 Making Waves
Tom Kocherry, fisher for justice.

37 Puzzle Page

38 And finally...
Wikileaks founder Julian Assange on being, rather than making, the news.
1,222円
【Agenda】
Making the news this month

6 Putting the ’I’ in ecocide
7 Act against ACTA
8 Kimberley Process ’whitewashes’ blood diamonds
9 Lax law could kill human guinea pigs
10 News in brief this month
PLUS Open Window guest cartoonist Crazy Crab from China.


【Arts】
11 Home will never look the same again
Horatio Morpurgo discovers filmmaker Patrick Keiller’s unusual way of seeing the world.
PLUS: Vocal magic from Hyperpotamus, Le Havre’s modernday fairy story, and the personal and
political melded in Naomi Benaron’s debut novel set in Rwanda.


【Analysis】
Special feature: Adapt or die

16 Ready or not
Melting glaciers to the north, rising seas to the south.
Can Bangladesh adapt to a warming world? Hazel Healy travelled there to find out.

19 Why climate change poses a major threat for Bangladesh
THE FACTS

25 Adaptable by nature
The most vulnerable, the best prepared. Portraits of the inhabitants of the Jamuna river islands of northwest Bangladesh.

28 Moves to climate-proof the planet
From air-conditioned bus stops in Dubai to Meat Safety Net programmes in Kenya: what the rest of the world is doing to defend against global warming.

30 The great climate exodus
Bangladeshis are melting away from the coast as habitats degrade.
Hazel Healy finds new arrivals struggling to adjust to life in Dhaka, the world’s fastest-growing megacity.


【Regular Features】
4 Letters
The challenge of uncomfortable facts; Australia’s role in PNG’s independence; and buying a new suit for the sake of it.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

33 Letter from Botswana
Beauty contests are now big business, but have lost their appeal for Lauri Kubuitsile.

34 Country profile: Zambia

36 Puzzle Page

37 Mark Engler
The unpalatable reality of working in the iPad empire.

38 Josie Long
Being nice and doing good- what’s offensive in that?
PLUS: Marc Roberts’ Only Planet cartoon.





1,222円
【Agenda】
Making the news this month

6 The Kremlin beckons, but Putin’s star is fading
7 Blue bras and mettle: Egypt’s women stand their ground
8 Brute forces: a year of rough injustice
9 Money talks- so make yours walk
10 Positive stories this month


【Art】
11 Festival of respect
Claire Colley visits Rajasthan’s International Folk Festival.
PLUS: A painfully beautiful album from Herman van Veen and Edith Leerkes brings to life poems from the past; the unsentimental and unsettling film The Kid With A Bike; and a look at Libya: From Colony to Revolution by Ronald Bruce St John.


【Analysis】
Special feature: Time for a fair economy

16 Put equality first
Both inequality and economic instability are growing. How deep does the connection go? wonders Vanessa Baird.

20 Economy and Equality - THE FACTS

23 Is the Green New Deal a dead duck?
Zoe Cormier checks the pulse of the big idea for tackling our economic and environmental woes.

26 What the squid did next
They say that US investment bank Goldman Sachs runs the world. Kenneth Haar investigates just how it’s wrapping its tentacles around the heart of Europe.

28 Getting there- a roadmap
…for a fair economy

【Regular Features】
4 Letters
Ending conflict in Colombia; a pacifist in the arms trade; and why Britain’s treatment of asylum seekers makes one Scot want to up sticks.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

32 Letter from Botswana
New columnist Lauri Kubuitsile introduces dry and dusty Mahalapye- a town that has stolen her heart.

33 Mark Engler
Obama’s broken resolutions may come back to haunt him this election year.

34 Country profile: Kyrgyzstan

36 Cartoon Corner
Polyp’s Big Bad World, Marc Roberts’ Only Planet and guest cartoonist Elena Ospina from Colombia.

37 Puzzle Page

38 Josie Long
The comedian and writer on her political awakening, and why going to Glastonbury is not political activism.



1,222円
【Agenda】
Making the news this month

6 Are Burma’s reforms for real?
7 As ANC turns 100, critics slam ’neo-apartheid’
8 Malawi battles for press freedom
9 Why cross-border electrics are not such a bright ideas

【Art】
11 Best of 2011
Our pick of the year’s films, books and music.
PLUS: Sensuous sax from Rudresh Mahanthappa; Hollywood glamorizes the fall of Lehman Brothers in Margin Call; and high praise for The Buddha in the Attic, an extraordinary novel about a group of Japanese mail-order brides.

【Analysis】
Special feature: Haiti two years on

16 Beyond relief, beyond belief
Haiti is not just recovering from the earthquake but from the political and economic interventions of recent decades, as Phillip Wearne explains.
PLUS Timeline: Haiti in history

22 Tents beyond tents
A cartoon introduction to life in the camps in and around Port-au-Prince, by Jean Phares Jerome and Chevelin Pierre.

28 Occupied again
The first independent country of the Americas - but, Eduardo Galeano asks, will Haiti ever be free?

30 Where did all the money go?
Nick Harvey assesses the work of NGOs and UN agencies that have been trying to rebuild Haiti.

【Regular Features】
4 Letters
Tone it down, NI! Plus more on the Big Bad World controversy, and praise for Daniel Ortega.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

10 Applause: Gush Shalom
Alasdair Soussi talks to Adam Keller of the Israeli human rights movement.

33 Letter from Cairo
The future is unknown, but we can learn on the job, says Maria Golia.

34 Country profile: Papua New Guinea

36 Cartoon Corner Special
Following the furore that surrounded Polyp’s cartoon in our November issue, Sarah Colborne from the Palestine Solidarity Campaign explains some of the key issues that lay behind the storm of protest.

37 Puzzle Page

38 Steve Parry
The nightmare on Downing Street.
1,019円
◆ニュー・インターナショナリスト英語版 2011年12月号 No.448◆

*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・世界人権デー(12月9日)<翻訳>
占拠せよ運動の現状と今後の展開について。
・ザンビア対中国?<翻訳>
20年ぶりの政権交代で新しい指導者が生まれたザンビア。中国に対する姿勢と新大統領の評価について。
・ユーロ圏は本当に危ないのか
ギリシャをはじめとするユーロ圏内の危機ではどのような動きがあったのか。そして今後の政策変更の可能性とは。

・15年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

Alternative

10 見放された都心の土地でガーデニング
都心の打ち捨てられたような土地の一角も、人々の共同管理で菜園や緑地に生まれ変わる。

10 暖かくグリーンな火の揺らめき<翻訳>
環境負荷を低減できるエコな薪、エコ・ログとは。

Arts

11 ナイジェリアの詩人ニモ・バッシーへのインタビュー
ナイジェリアの詩人ニモ・バッシーは、国際環境NGO、FoEインターナショナルの議長も務める活動家である。その彼が、詩に対する思いと化石燃料採掘による汚染について語った。

-------------------------------------------------------------------------------
特集:武器貿易

16 軍事産業の影響力<翻訳>
教育や保健医療の予算を削っても武器購入をやめない国々。そこには、兵器産業が持つ強い影響力と軍拡を競う悲しい習性がある。

19 武器貿易 ― その事実<翻訳>
巨額の軍事費、巨大軍事企業の売り上げ、汚職、雇用創出……。その事実をデータで見る。

20 ワシントンの白象<翻訳>
米軍のステルス戦闘機F-22。この最も高価な戦闘機はまだ一度も実戦配備されたことがない。しかしそれは、少なくとも雇用を創出すると言われるが、本当だろうか。

22 武器と政治の裏の世界<翻訳>
自身の政治生命を汚職との闘いに投じた南アフリカの国会議員。彼が目の当たりにした武器取引にからむ汚職とは。

24 高まる無人航空機の脅威<翻訳>
無人航空機の操縦者から見れば、人間の命はコンピュータ画面上の点にすぎない。そんな現実をよそに、法的な問題や倫理的な問題を無視して、いくつもの国が無人航空機導入に傾いている。

-------------------------------------------------------------------------------

26 ブラジルの廃品回収人
ブラジル第3の都市ベロホライゾンテに暮らし、廃品回収協同組合で働くドナ・マリア・ブラス。彼女が誇りを持つその仕事と人々について。

33 カイロからの手紙
ギター/リュート奏者で作曲家の友人が訪問した。彼が師匠とあがめるバイオリン/リュート奏者のアブドゥ・ダガーの家を訪ね、即興演奏と率直な議論を楽しんだ素敵な時間。

34 世界の国のプロフィール:ミクロネシア連邦

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガとコミック・ジャーナリズムの国際ネットワークCartoon Movementとの協力で作品を掲載。
http://www.cartoonmovement.com

38 米国で考える:99%が抵抗する理由<翻訳>
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、「占拠せよ」運動に参加している人々の境遇や彼らが訴える不満を紹介するとともに、その彼らを批判する「53%」運動の人々の主張が、結局は「占拠せよ」運動の動機になっている社会的不正義と不公正な制度を浮き彫りにしていることを明らかにする。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版136号 目次≫
(本文は日本語です)

1 軍事産業の影響力(NI p16-18の翻訳)
教育や保健医療の予算を削っても武器購入をやめない国々。そこには、兵器産業が持つ強い影響力と軍拡を競う悲しい習性がある。

5 武器貿易 ― その事実(NI p19の翻訳)
巨額の軍事費、巨大軍事企業の売り上げ、汚職、雇用創出……。その事実をデータで見る。

6 ワシントンの白象(NI p20-21の翻訳)
米軍のステルス戦闘機F-22。この最も高価な戦闘機はまだ一度も実戦配備されたことがない。しかしそれは、少なくとも雇用を創出すると言われるが、本当だろうか。

8 武器と政治の裏の世界(NI p22-23の翻訳)
自身の政治生命を汚職との闘いに投じた南アフリカの国会議員。彼が目の当たりにした武器取引にからむ汚職とは。

10 高まる無人航空機の脅威(NI p24-25からの翻訳)
無人航空機の操縦者から見れば、人間の命はコンピュータ画面上の点にすぎない。そんな現実をよそに、法的な問題や倫理的な問題を無視して、いくつもの国が無人航空機導入に傾いている。

13 99%が抵抗する理由(NI p38からの翻訳)
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、「占拠せよ」運動に参加している人々の境遇や彼らが訴える不満を紹介するとともに、その彼らを批判する「53%」運動の人々の主張が、結局は「占拠せよ」運動の動機になっている社会的不正義と不公正な制度を浮き彫りにしていることを明らかにする。

14 日本での動き~武器取引は規制できるのか?
<武器貿易条約構想誕生の背景と成立の行方>
2012年7月の条約採択に向け議論が進む武器貿易条約。日本は、この国連決議の原共同提案国となっている。世界をカバーする武器貿易規制の条約は可能なのか? この条約の採択に向けて取り組む特定非営利活動法人オックスファム・ジャパンのポリシー・オフィサー、夏木碧さんへのインタビュー。

18 ニュース&オルタナティブ
・世界人権デー(12月9日)(NI p6の翻訳)
占拠せよ運動の現状と今後の展開について。
・ザンビア対中国?(NI p7の翻訳)
20年ぶりの政権交代で新しい指導者が生まれたザンビア。中国に対する姿勢と新大統領の評価について。
・暖かくグリーンな火の揺らめき(NI p10の翻訳)
環境負荷を低減できるエコな薪、エコ・ログとは。

20 編集後記、次号のお知らせ、ほか

1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年11月号■■

金融と飢餓 ― 投機家が群がる食料先物市場
Banking on hunger - How speculators moved into food

世界では農産物が高騰し、食料品の値上げに対する民衆の抗議や暴動が頻発し、東アフリカでは深刻な飢餓状態が依然として続いている。その大きな要因は、食料市場や農地取得に流れ込む投機的な資金である。本来ならば農家や食品会社が農産物売買のリスク低下・回避のため行う食料先物取引を目指し、莫大な投機的資金が流れ込むようになった。そしてそれは農産物と食料品の価格を押し上げ、多くの人々を貧困へと追い込んでいる。今月は、その取引の仕組みや問題点、現在広がっている影響について報告する。


≪New Internationalist英語版 No.447 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

5 ワンガリ・マータイを偲ぶ(1940-2011)<翻訳>
日本でも「もったいない」でよく知られ、2004年にはノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイが今年9月、この世を去った。彼女の活動の足跡を振り返る。

6 今月のニュースのタネ
・ニカラグア総選挙(11月6日)
ダニエル・オルテガはすでに過去の男なのか?
・女性に対する暴力撤廃の国際デー(11月25日)
「名誉」のための殺人も罪であることを認めたレバノン。
・国連気候変動会合開会(11月28日)<翻訳>
気候変動への本気の取り組みを求めるモルディブ。
・選挙後の暴力に今も苦しむコートジボワール<翻訳>
昨年10月の大統領選挙の後から暴力が激化し、多くのコートジボワール人がリベリアへの避難を余儀なくされている。そこには、悲惨な体験をくぐり抜け、トラウマを背負う子どもたちの姿もあった。
・インターネットを気にしすぎ
エジプトのカイロから英国のロンドンまで、多くの人々がインターネットでつながって大きな波となった。政府がインターネットに神経をとがらせていることは間違いないが、度が過ぎるのではないかと英国のコメディーライターで活動家のスティーブ・ペリーは考える。
・10年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

11 生きるための劇団
暴力が吹きすさぶグアテマラ。そんな状況の中でも生き延びていくために、若いアーティストたちによるパフォーマンスグループ、Caja Ludicaが活動している。しかし彼らに対しても、徐々に暴力の手が伸びてきた。

特集:飢餓と金融

16 新たなゴールドラッシュ<翻訳>
商品取引投機家が食料市場に参入し、世界の最も貧しい人々を悲惨な状況に追い込んでいる。その構図をヘイゼル・ヒーリーが報告する。

19 食べ物に投機する人々<翻訳>
もともとは、農家や食品会社のリスク低下・回避の手段であった食料先物取引。しかし今では、投資銀行、年金基金、一般の人々、穀物トレーダー、ヘッジファンドが投機目的で参入している。彼らが狙うのは、安定した価格での小麦や大豆の売買ではなく、価格変動による差益なのである。

20 食料への投機 - その事実<翻訳>
世界的な問題となっている食料への投機とは、どのような背景から出てきた問題で、現在いかなる影響を及ぼし、誰がその勝者と敗者になっているのか。グラフと数字で見てみよう。

24 アクション/参考文献
食料と農地への投機を抑制し、食料の安全保障を図る方法は多数存在し、中には短い時間でできることもある。そんな活動を行う団体を紹介しよう。

25 社会を揺さぶる人々:ロージー・オロスコへのインタビュー<翻訳>
メキシコにおける人身取引、性的搾取との闘い。

26 漂流するロシア
ソビエト連邦の崩壊から20年。目標を見失い、ひどく複雑でなんだか気難しい国になったロシアの現状を分析する。

30 世界の国のプロフィール:イラク

32 宗教的な学校は社会に悪影響をもたらすのか?<翻訳>
宗教的な学校はどんな教育を行い、子どもたちにどんな影響を与えるのか? 宗教的な学校は、より良いコミュニティー作りに役立っているのか?……ヒューマニストのアンドリュー・コプソンと、フェミニスト、カトリック神学者のティナ・ビーティーが、真っ正面からぶつかり合い、火花を散らす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
笑いも叫びに見えるような状況に置かれているエジプトについて、友人たちと語り合う。

38 インタビュー: マイケル・モーパーゴ
日本でも『世界で一番の贈りもの』や『モーツァルトはおことわり』などの児童文学作品で知られるマイケル・モーパーゴが、平和について、子どもたちから感じること、作品への思いなどを語る。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版135号 目次≫
(本文は日本語です)

1 新たなゴールドラッシュ(NI p16-18, 22-23の翻訳)
商品取引投機家が食料市場に参入し、世界の最も貧しい人々を悲惨な状況に追い込んでいる。その構図をヘイゼル・ヒーリーが報告する。

7 食べ物に投機する人々(NI p19の翻訳)
もともとは、農家や食品会社のリスク低下・回避の手段であった食料先物取引。しかし今では、投資銀行、年金基金、一般の人々、穀物トレーダー、ヘッジファンドが投機目的で参入している。彼らが狙うのは、安定した価格での小麦や大豆の売買ではなく、価格変動による差益なのである。

8 食料への投機 - その事実(NI p20-21の翻訳)
世界的な問題となっている食料への投機とは、どのような背景から出てきた問題で、現在いかなる影響を及ぼし、誰がその勝者と敗者になっているのか。グラフと数字で見てみよう。

10 宗教的な学校は社会に悪影響をもたらすのか?(NI p32-34の翻訳)
宗教的な学校はどんな教育を行い、子どもたちにどんな影響を与えるのか? 宗教的な学校は、より良いコミュニティー作りに役立っているのか?……ヒューマニストのアンドリュー・コプソンと、フェミニスト、カトリック神学者のティナ・ビーティーが、真っ正面からぶつかり合い、火花を散らす。

12 ONLY PLANET(NI p36からの翻訳)
地球人が気づいていないこと?

13 ニュース&オルタナティブ
・ワンガリ・マータイを偲ぶ(1940-2011)(NI p5の翻訳)
日本でも「もったいない」でよく知られ、2004年にはノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイが今年9月、この世を去った。彼女の活動の足跡を振り返る。
・国連気候変動会合開会(11月28日)(NI p8の翻訳)
気候変動への本気の取り組みを求めるモルディブ。
・選挙後の暴力に今も苦しむコートジボワール(NI p9の翻訳)
昨年10月の大統領選挙の後から暴力が激化し、多くのコートジボワール人がリベリアへの避難を余儀なくされている。そこには、悲惨な体験をくぐり抜け、トラウマを背負う子どもたちの姿もあった。
・社会を揺さぶる人々:ロージー・オロスコへのインタビュー(NI p15の翻訳)
メキシコにおける人身取引、性的搾取との闘い。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか

1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年10月号■■

狙われる豊かな自然と先住民族の怒り
Nature’s defenders - Can indigenous people save the planet?

●今号の内容●

ダム、石油、天然ガス、鉱物資源、木材、薬効植物、プランテーション建設…。さまざまな理由で、豊かな森林やその土地が狙われている。特に、森の恵みに頼り、今でも固有の価値観を保ちながら伝統的な暮らしをおくる先住民族にとって、森の破壊や強制的な移住は死活問題である。豊かな自然の中に先祖代々暮らしているというだけで、企業の利潤追求方針と国家の都合にほんろうされ、より困難な状況に追い込まれる先住民たち。今月は、ペルー・アマゾンを訪ね、ダム建設をめぐって企業、国と対立し、厳然たる決意で渡り合う先住民族の現状と問題を報告する。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.446 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・パンチャシラの日(10月1日)
忘れられたインドネシアの虐殺。
・世界ハビタットデー(10月3日)
下水の浄化水による野菜作りで成功したケニアのスラム住人。
・掘っ立て小屋に住む人々の勝利
約束を破って土地を取り上げようとした政府へ抗議した人々の抵抗。
・アフガニスタン侵攻から10年(10月8日)<翻訳>
本当の正義にいまだ手の届かないアフガニスタンの女性たち。
・ヨーロッパの「怒り」による行動の日(10月15日)
5月からふつふつと燃えたぎるスペインの怒りがヨーロッパ中に広がる。
・世界人口70億人へ(10月31日)<翻訳>
人口の時限爆弾とはホラ話? それともホラー話?
・ソマリアの飢餓は誰のせいなのか<翻訳>
支援物資の不足でも気候のせいでもない。それは、純粋に政治のせいである。
・20年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

---------------------------------------------------------------
特集:先住民族vs企業権力

12 衝突する守護者たち<翻訳>
自然を守ろうとする守護者と、企業利益と資本主義原理を守ろうとする守護者の衝突が起こっている。

14 命を懸けた闘い<翻訳>
ペルーの首都リマから車とボートで21時間のアマゾンの奥地に入った本誌バネッサ・ベアード。そこには、発電用ダムの建設計画によって、先祖代々の土地と生活に欠かせない自然を奪われる危機に直面しているアシャニンカ民族がいた。彼らがダム建設に強硬に反対する理由とは。

19 環境のディフェンダーってどんな人たち?<一部を翻訳>
ペルーでは、多くの人々が環境を守るために闘っている。そんな守護者(ディフェンダー)の一部を紹介しよう。

22 現実にもあるアバターの世界<翻訳>
2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』。その舞台は、うっそうとした森に覆われた衛星パンドラ。そこには青い皮膚を持つ住民がいるが、彼らは希少鉱物を探しに来た人間たちに対処せざるを得なくなった。ファンタジーの世界だが、この映画のテーマが浮き彫りにするのは、外部の人間の手によって破壊がもたらされる先住民族コミュニティーの経験である。しかし現実の世界では、先住民族は法律と国際的な連帯によって組織的に動き、企業の力に対抗する。世界からそんな闘いをいくつか紹介しよう。

24 農業はイエス! 鉱山はノー!
鉱山に対して先住民族が主導する抗議活動が、ここ数週間ペルー南部を揺るがしている。思いがけず激化したその動きの背景を探る。

28 異なる想像力<翻訳>
現代的な社会とは異なる暮らしをし、資本主義や西洋的なものとは異なる価値観を土台としたコミュニティーを作って暮らす人々。そんな人々の存在や、彼らの考えを想像することが今、求められているのではないだろうか。
---------------------------------------------------------------

29 シンプルなアイデアが導くより良い将来
開発途上国に最適な次世代の自己調整式眼鏡。

30 世界の国のプロフィール:ガンビア

32 給料に上限を定めるべきか?
今日、超大富豪とその他大勢の人々との間に横たわる格差は、かつてないほど大きくなっている。そんなハイパーリッチが手にするあまりにも大きな富、資源、権力、影響力に対し、人々は厳しいまなざしを向けている。では、もしも収入に上限を設ければ、社会的なバランスをとることにつながるのだろうか。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
混沌(こんとん)の中で翻弄(ほんろう)されるエジプトの人々。しかし、秩序よりも混沌に望みが持てるとマリア・ゴリアは言う。

38 インタビュー: デヴィッド・ランドール
プロデューサー、作曲家、Faithlessのギタリストで、Slovoのメンバーでもあるデヴィッド・ランドール。彼の作品を通して見る世界について語る。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版134号 目次≫
(本文は日本語です)

1 衝突する守護者たち(NI p12-13の翻訳)
自然を守ろうとする守護者と、企業利益と資本主義原理を守ろうとする守護者の衝突が起こっている。

2 命を懸けた闘い(NI p14-18の翻訳)
ペルーの首都から車とボートで5時間のアマゾンの奥地に入った本誌バネッサ・ベアード。そこには、発電用ダムの建設計画によって先祖代々の土地と生活に欠かせない自然を奪われる危機に直面しているアシャニンカ民族がいた。彼らがダム建設に強硬に反対する理由とは。

8 環境のディフェンダーってどんな人たち?(NI p19-21の翻訳)
ペルーでは、多くの人々が環境を守るために闘っている。そんな守護者の一部を紹介しよう。

9 現実にもあるアバターの世界(NI p22-23の翻訳)
2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』。その舞台は、うっそうとした森に覆われた衛星パンドラ。そこには青い皮膚を持つ住民がいるが、彼らは希少鉱物を探しに来た人間たちに対処せざるを得なくなった。ファンタジーの世界だが、この映画のテーマが浮き彫りにするのは、外部の人間の手によって破壊がもたらされる先住民族コミュニティーの経験である。しかし現実の世界では、先住民族は法律と国際的な連帯によって組織的に動き、企業の力に対抗する。世界からそんな闘いをいくつか紹介しよう。

12 異なる想像力(NI p28の翻訳)
現代的な社会とは異なる暮らしをし、資本主義や西洋的なものとは異なる価値観を土台としたコミュニティーを作って暮らす人々。そんな人々の存在や、彼らの考えを想像することが今、求められているのではないだろうか。

13 ニュース&オルタナティブ
・シンプルなアイデアが導くより良い将来(NI p29の翻訳)
開発途上国に最適な次世代の自己調整式眼鏡。
・アフガニスタン侵攻から10年(10月8日)(NI p8の翻訳)
本当の正義にいまだ手の届かないアフガニスタンの女性たち。
・ソマリアの飢餓は誰のせいなのか(NI p11の翻訳)
支援物資の不足でも気候のせいでもない。それは、純粋に政治のせいである。
・世界人口70 億人へ(10月31日)(NI p10の翻訳)
人口の時限爆弾とはホラ話? それともホラー話?

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年9月号■■

民衆が待ちわびる「パキスタンの春」
Pakistan - Daring to hope

●今号の内容●

民政になっても軍の強力な影響下にあるパキスタン。近年では、アフガニスタン、インド、米国でのテロや、タリバンとの関係も指摘され、背後には軍や情報機関の存在も取りざたされている。この国に関するそのほかの報道といえば、経済の停滞、汚職、イスラーム原理主義の台頭や、たびたび起こる地震や洪水といった自然災害など、混迷を深める様相ばかりが伝えられる。しかし実は、この国の底流には現在重要な変化の兆候が見てとれる。今月のNIでは、その変化の伏線となる軍、民衆、左翼の現状と影響力について分析し、この国の今後を探る。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.445 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・パレスチナの国家承認がかかる国連総会(9月1~30日):イスラエルとワルシャワの強い結びつきが障害に。
・グアテマラ総選挙(9月11日):「私はグアテマラのために離婚した初めての人間よ」。
・愛国者を産む?:人口減少に悩むロシアが打ち出したキャンペーンとは。
・国際国防システム・設備展 in ロンドン(9月13~16日):死の商人のお買い物。
・ムービング・プラネット行動デー in アフリカ(9月24日):気候変動対策の失速を防ぐために。
・メールで離婚のタジキスタンの女性たち:ロシアに出稼ぎ中の夫から「Talaq, talaq, talaq」(talaqは離婚の意)とだけ書いたメールで離婚を告げられ、経済的苦境に陥る妻たちへ支援について。
・氏名変更を勝ち取ったエクアドルのジェンダーの闘士:男性名を名乗っていたトランスジェンダーの人が、エクアドルで初めて女性名への変更を許された。
・15年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

----------------------------------------------------------------
特集:パキスタン

12 パキスタンに希望はあるのか<翻訳>
政府情報機関が背後にいるとされる国内外でのテロ、米国によるビンラディン殺害の背景、政治家や役人の腐敗、宗教がらみの要人暗殺、タリバンへの支援……。各種報道には、この国の混乱状態と末期的な症状に関するものが多く見受けられる。では、その背後には何があるのか、この国はどこへ行こうとしているのか。そしてまた人々は、混迷のトンネルを抜ける希望を見つけているのだろうか。

15 イスラーム教の冒涜と法<翻訳>
イスラームの神を冒涜(ぼうとく)した場合、極刑が下されることもあるパキスタンのイスラーム教冒涜罪。この法律は、少数派宗教の弾圧と宗教感情の強化に利用されている。しかし驚くことに、この法律を支えるような解釈は、イスラームの教えの中には見られないという。この法律にはどんな背景があるのか。

20 戸籍のない少年と教育の機会
孤児院で暮らす高校生の少年。彼は成績が優秀で、大学受験資格を取得した。しかし戸籍にあたるものがなく、両親も不明な彼は、受験に必要な書類を用意できず、受験を認めてもらえない。受験への道を切り開くべく、彼は闘っていく。

22 自立と復興の精神<オンラインリポートに掲載予定>
2010年、パキスタン北西部のハイバル・パフトゥンハー州を襲った大規模な洪水。1年以上が過ぎたが、その傷跡は町や村だけでなく人々の心にも残っている。だが一方で、自立に向けた復興と回復のプロセスは着実に進んでいる。
※NI日本版の「日本での動き」では、災害直後から現地で緊急援助活動を行った日本のNGO「ジェン」について報告しています。
http://www.jen-npo.org

24 貴重なパキスタンの歴史遺産
5000年あまり昔から文明が栄えたパキスタンとその周辺地域。インダス文明の遺跡として有名なモヘンジョダロやガンダーラ時代のタキシラなどは、世界遺産としてもよく知られている。そんなパキスタンの偉大な遺跡を紹介する。

26 パキスタンの左翼の軌跡<要約>
パキスタンの左翼活動は海外で始まり、1947年のパキスタン・インド独立後しばらくは、作家協会がベースとなった。長い間政府に弾圧され、多くの血が流されたが、最近ではその苦労が実って労働者の賃上げなど社会変革の一端を担うようになった。一貫して民主主義の文化を追求してきたその歴史と、最近の成果について報告する。

28 パキスタン ― その事実<翻訳>
人口、国民所得、教育、援助、死亡率と平均寿命、宗教、国防、保健医療、汚職に関するデータ。

----------------------------------------------------------------

29 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、10年を迎える9.11後の米国の動きを振り返る。

30 世界の国のプロフィール:アルメニア

32 アフリカへの援助は投資に置き換えるべきか?
経済が好調のアフリカでは、援助の在り方について関心が高まっている。今月は、ナイジェリア出身のジャーナリストで地域開発委員会役員のドニュ・コグバラと、エチオピア出身で英国の援助団体クリスチャン・エイド職員でタックス・ジャスティス・ネットワーク・アフリカの代表も務めるデレイ・アレマイエが、真正面から激論を闘わす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。
http://www.cartoonmovement.com

37 カイロからの手紙
革命モードが続くエジプトで、ジャーナリストたちとって初めて報道の自由をかみしめることができる時代がやってきた。

38 実現したオーストラリアのエコシティー
10年の歳月を経て完成したオーストラリアのアデレードにあるクリスティーウォーク。このコミュニティーは、持続可能な生活の最高のお手本であり、人々の創造性を刺激する。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版133号 目次≫
(本文は日本語です)

1 パキスタンに希望はあるのか(NI p12-19の翻訳)
政府情報機関が背後にいるとされる国内外でのテロ、米国によるビンラディン殺害の背景、政治家や役人の腐敗、宗教がらみの要人暗殺、タリバンへの支援……。各種報道には、この国の混乱状態と末期的な症状に関するものが多く見受けられる。では、その背後には何があるのか、この国はどこへ行こうとしているのか。そしてまた人々は、混迷のトンネルを抜ける希望を見つけているのだろうか。

9 イスラーム教の冒涜と法(NI p15の翻訳)
イスラームの神を冒涜(ぼうとく)した場合、極刑が下されることもあるパキスタンのイスラーム教冒涜罪。この法律は、少数派宗教の弾圧と宗教感情の強化に利用されている。しかし驚くことに、この法律を支えるような解釈は、イスラームの教えの中には見られないという。この法律にはどんな背景があるのか。

10 パキスタンの左翼の軌跡(NI p26-27の翻訳)
パキスタンの左翼活動は海外で始まり、1947年のパキスタン・インド独立後しばらくは、作家協会がベースとなった。長い間政府に弾圧され、多くの血が流されたが、最近ではその苦労が実って労働者の賃上げなど社会変革の一端を担うようになった。一貫して民主主義の文化を追求してきたその歴史と、最近の成果について報告する。

12 パキスタン ― その事実(NI p20の翻訳)
人口、国民所得、教育、援助、死亡率と平均寿命、宗教、国防、保健医療、汚職に関するデータ。

13 日本での動き
経済から治安まで、困難が続くパキスタン。それに加え、しばしば自然災害にも見舞われ、昨年は洪水で大きな被害が出た。だが現地の人々は、日常的な困難に輪をかけて苦労を強いる天災に遭っても、外部の力を借りながら立ち直っていく。今月は、日本のNGOが昨年から今年にかけて行った洪水支援について報告する。
●緊急事態を脱するための自立支援 認定NPO法人 ジェン http://www.jen-npo.org

13 アクション! ─ 何かする・もっと知る
・日本の団体と参考ウェブサイト、本、資料などの情報。

14 ニュース&オルタナティブ
・実現したオーストラリアのエコシティー(NI p38の翻訳)
10年の歳月を経て完成したオーストラリアのアデレードにあるクリスティーウォーク。このコミュニティーは、持続可能な生活の最高のお手本であり、人々の創造性を刺激する。
・国際国防システム・設備展 in ロンドン(9月13~16日)(NI p8からの要約)
死の商人のお買い物。
・ムービング・プラネット行動デー in アフリカ(9月24日)(NI p9からの要約)
気候変動対策の失速を防ぐために。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年7/8月合併号■■

変わりゆく男らしさと男たちの問題
The changing face of masculinity - How women stand to gain

●今号の内容●

ジェンダーといえば、それは女性に関する問題だと考えられてきたが、それも変わりつつある。現在、変化する社会状況と男女関係の現実を見つめながら、伝統的な「男らしさ」を見直して、それを実践する男性が徐々に増えている。彼らは、暴力、育児、親としての存在、男女関係、セクシュアリティ(性的指向)などについて自ら考え、議論にも積極的に関与し、これまでの「男らしさ」というステレオタイプに疑問を投げかけている。またその議論と実践の多くは、フェミニストの視点を持って行われている。今月のNIでは、ジェンダーの平等に男性が関与する重要性について探り、世界の事例と考え方を紹介する。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.444≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・カナダ軍のアフガン撤退(7月1日~31日):延期とその背景。
・南スーダン独立(7月9日):アフリカに誕生した最も若い国のゆくえ。
・パレスチナの自由を求めるシングルがリリース(7月3日)<翻訳>:ヒットチャートに送り込んでイスラエルによる占領を終結させる強いメッセージに。
・チュニジア制憲議会選挙(7月24日予定が延期):チュニジアに自由が根を張るにはまだ時間が必要である。
・世界母乳育児週間(8月1日~7日)<翻訳>:「水を加えないで!」母乳だけの育児を説明して回るビルマのボランティア。
・1961年 ベルリンの壁建設(8月13日)<翻訳>ベルリンの壁は崩壊したが、世界にはいまだに恥辱の壁がそびえ立っている場所がある。
・30年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

-----------------------------------------------------------
特集:ジェンダーの平等に向かう男性

12 揺さぶられる男たち<翻訳>
「男たちの終わり」や「男性性の再構築」が話題となる昨今、変わりつつある社会の中で、男性が伝統的な男らしさの呪縛から解放されて変わるためのプロジェクトが世界各地で行われている。しかし一方で、女性や社会だけでなく、男性にとってもリスク要因となる伝統的な男らしさにいまだにとらわれている人々も多い。今後男たちはどうすべきなのか?

16 両方の手を差し伸べる<翻訳>
暴力の悪循環を断ち切り、身近にいる女性たちを支えたいと願う若い男性たち。彼らを見守りながら支えるブラジルのNPO、インスティトゥート・プロムンドのジェンダー活動家、ゲーリー・バーカーへのインタビュー。

18 家父長制という名の牢獄<翻訳>
南アフリカのソンケ・ジェンダー・ジャスティス・ネットワークのンブイセロ・ボタが、彼自身が考える本当の男性のあり方を述べ、男性が変わらなければならない理由を語る。

20 男の子の育て方…<翻訳>
あなたの子育ては大丈夫ですか?

21 若者に見る男らしさの変化<要約>
米国と英国の若者たちは、もう恐れることなく愛情を表現できる。マーク・マコーマックとエリック・アンダーソンの報告。
-----------------------------------------------------------

23 バイオ燃料という新しいカネのなる木
植物から作ったバイオ燃料は、植物がもともと大気中に存在する二酸化炭素を取り込むため、燃やしてもカーボン・ニュートラルで二酸化炭素を増加させるものではないと言われてきた。しかし最近の研究では、裁培のために投入される化学物質やエネルギーのほか、森林伐採と土壌内に固定されていた炭素の放出も考慮すると、その二酸化炭素削減効果は考えられるほどではなく、化石燃料に比べても良くはないと言われている。さらには、食料高騰の原因や栽培地域の環境と住民の暮らしへの悪影響も現実のものとなっている。バイオ燃料をめぐる現在の動きと今後のゆくえについて探る。

28 バイオ燃料の現在・過去・未来
まきから藻類まで、人類が利用してきたバイオ燃料を見てみよう。

30 世界の国のプロフィール:ブルキナファソ

32 医学研究の進歩のために動物実験は必要なのか?
医学研究に使われる動物の苦しみは疑いようもないが、その有用性のレベルについてはしばしば議論の的となる。動物実験は有益な科学実験で、医学の進歩をもたらすという考え方がある一方で、人間は他の方法でも同様の進歩を歩むことができるはずだという考え方もあり、意見が鋭く対立している。実験の賛否をめぐり、今回も2人の論客が火花を散らす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
メディアや噂に影響される人々の感情に引きずられ、エジプトは手探りで未来へ歩む。

38 インタビュー:アダム・ビーチ
カナダの先住民族出身の俳優アダム・ビーチは、北米先住民の歴史を彼ら自身の視点で語った『わが魂を聖地に埋めよ―アメリカ・インディアン闘争史』(邦訳は草思社)をもとにしたTVドラマBury My Heart at Wounded Kneeなどに出演した。今回のインタビューでは、ギャングから俳優への自らの生い立ち、カナダの先住民と非先住民のより深い相互理解の必要性、今秋日本でも公開予定のカウボーイ&エイリアンというSF映画を演じる上で気づいたことなどを語っている。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版132号 目次≫
(本文は日本語です)

1 揺さぶられる男たち(NI p12-15の翻訳)
「男たちの終わり」や「男性性の再構築」が話題となる昨今、変わりつつある社会の中で、男性が伝統的な男らしさの呪縛から解放されて変わるためのプロジェクトが世界各地で行われている。しかし一方で、女性や社会だけでなく、男性にとってもリスク要因となる伝統的な男らしさにいまだにとらわれている人々も多い。今後男たちはどうすべきなのか?

6 両方の手を差し伸べる(NI p16-17の翻訳)
暴力の悪循環を断ち切り、身近にいる女性たちを支えたいと願う若い男性たち。彼らを見守りながら支えるブラジルのNPO、インスティトゥート・プロムンドのジェンダー活動家、ゲーリー・バーカーへのインタビュー。

8 家父長制という名の牢獄(NI p18-19の翻訳)
南アフリカのソンケ・ジェンダー・ジャスティス・ネットワークのンブイセロ・ボタが、彼自身が考える本当の男性のあり方を述べ、男性が変わらなければならない理由を語る。

10 男の子の育て方…(NI p20の翻訳)
あなたの子育ては大丈夫ですか?

11 若者に見る男らしさの変化(NI p21-22の要約)
米国と英国の若者たちは、もう恐れることなく愛情を表現できる。マーク・マコーマックとエリック・アンダーソンの報告。

12 日本での動き
抑圧や暴力の加害者として語られることの多い男性だが、問題の根はどこにあるのか。問題を防ぐために、若者対象や加害者の被害者性に着目した活動も行われている。
●将来の問題の芽を摘むデートDV防止教育(アウェア)
●男の生きにくさを打ち明ける電話(『男』悩みのホットライン)

13 アクション! ─ 何かする・もっと知る
・日本の団体と参考ウェブサイト、本、資料などの情報。

14 ニュース&オルタナティブ
・世界母乳育児週間(8月1日~7日)(NI p9からの翻訳)
「水を加えないで!」母乳だけの育児を説明して回るビルマのボランティア。
・パレスチナの自由を求めるシングルがリリース(7月3日)(NI p7からの翻訳)
ヒットチャートに送り込んでイスラエルによる占領を終結させる強いメッセージに。
・1961年 ベルリンの壁建設(8月13日)(NI p10からの翻訳)
ベルリンの壁は崩壊したが、世界にはいまだに恥辱の壁がそびえ立っている場所がある。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年6月号■■

極右が支持される理由
The Far Right gets respectable

●今号の内容●

欧米では、反移民、反イスラームを掲げたポピュリストの極右政党が支持を伸ばし、その影響は国政を左右するほどに強まっている。これまで寛大さと多様性の尊重を自ら誇らしげにたたえていた国々でも、そんな政党や政治家が表舞台に頻繁に登場するようになり、選挙での躍進もめざましい。いったいなぜ、極右がこれほどまでに台頭してきたのか? これまでは極右を無視し、抑え込んできた主流派の政党は、なぜ極右勢力の表舞台進出を許したのだろうか?

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.443≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・国際労働機関第100回総会(6月1日~17日):「見えない」労働者たちに必要な労働者としての権利。
・ペルー大統領選(6月5日):オジャンタ・ウマラとケイコ・フジモリの対決。
・世界環境デー(6月5日):グアテマラの現状を知るための汚染地図の作成。
・トルコ総選挙(6月12日):少数派クルド民族の声を届ける政治的な一歩へ。
・先住民のために行動する日(6月21日):先住民族女性4,000人の「失踪」にまつわるスキャンダルとは。
・コンゴ民主共和国の国連平和維持任務期限切れ(6月30日)<翻訳>:平和維持活動部隊はコンゴ民主共和国の住民保護に失敗。
・35年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

-----------------------------------------------------------
特集:台頭する極右勢力

12 極右を見つめるまなざし<翻訳>
以前は政治の主流派やマスメディアからも相手にされなかったような過激な勢力がヨーロッパの政治の表舞台で影響力を誇るようになり、支持も広げている。その背景にはどのような事情があるのか。

16 茶会とパラノイア<翻訳>
オーストラリアと米国で、反移民感情が政治の主流に浸透していった理由とは。
-----------------------------------------------------------

19 アナーキストとは何か<要約>
「よく考えない乱暴者で、混乱を生み出そうとがむしゃらになる」。これがしばしば語られるある種のアナーキスト(無政府主義者)像だ。高まりつつあるもののまだあまり理解されていない政治運動について、肯定的な視点を紹介する。

22 ルワンダでの休日<要約>
ルワンダ大虐殺を生き延びたジャン・カイガンバが、15歳の息子を連れて生まれ故郷ルワンダに感慨深い一時帰国をした報告。

25 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、米国と世界を鋭く分析する。今月は、抗議活動とメディアの報道姿勢について。

26 ワールドビーターズ
シリアのアサド大統領一族は何をしてきたのか。

27 南の国からの一コマ
貧しい居住区から垣間見るグアテマラの原風景。

28 草の根電力会社誕生への輝かしい取り組み<翻訳>
チェルノブイリ原子力発電所事故で放射能への不安を抱いたドイツのウルスラ・スラデックは、市民の手で電力を供給する協同組合設立運動を始めた。現在この組合所有の電力会社は、ドイツの10万を超える顧客に再生可能な方法で作ったグリーンなエネルギーを供給している。その設立の軌跡を紹介する。

29 地元であげますもらいます<翻訳>
コミュニティーで素晴らしいリサイクルの機会を持とう。

30 世界の国のプロフィール:ハイチ

32 カーボンフリーな未来に原発は必要?<要約>
日本を襲った壊滅的な地震と津波は、原発評論家の最悪の不安を裏付ける結果となった。各国政府は原発計画の再検討を進めるが、原発のリスクはやむを得ないものだろうか? 2人の環境保護主義者が、地球温暖化と原発と脅威について議論を闘わせる。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
貧しい高齢の仕立屋の友人。ある事故をきっかけに、知らなかった彼の真実が明らかになる。

38 インタビュー:ベン・オクリ
ベン・オクリは、世界的にも権威のある英国のブッカー賞を受賞したナイジェリア人の詩人で小説家である。政治とジャーナリズムについて、そして私たちが危機を迎えている現在持つべき新しい夢についても語る。

≪ニュー・インターナショナリスト日本版131号 目次≫
(本文は日本語です)

1 極右を見つめるまなざし(NI p12-18の翻訳)
以前は政治の主流派やマスメディアからも相手にされなかったような過激な勢力がヨーロッパの政治の表舞台で影響力を誇るようになり、支持も広げている。その背景にはどのような事情があるのか。

6 茶会とパラノイア(NI p16-17の翻訳)
オーストラリアと米国で、反移民感情が政治の主流に浸透していった理由とは。

9 ルワンダでの休日(NI p22-24の要約)
ルワンダ大虐殺を生き延びたジャン・カイガンバが、15歳の息子を連れて生まれ故郷ルワンダに感慨深い一時帰国をした報告。

10 アナーキストとは何か(NI p19-21の要約)
「よく考えない乱暴者で、混乱を生み出そうとがむしゃらになる」。これがしばしば語られるある種のアナーキスト(無政府主義者)像だ。高まりつつあるもののまだあまり理解されていない政治運動について、肯定的な視点を紹介する。

12 ニュース&オルタナティブ
・コンゴ民主共和国の国連平和維持任務期限切れ(NI p10からの翻訳)
平和維持活動部隊はコンゴ民主共和国の住民保護に失敗。
・地元であげますもらいます(NI p29からの翻訳)
コミュニティーで素晴らしいリサイクルの機会を持とう。
・草の根電力会社誕生への輝かしい取り組み(NI p28からの翻訳)
チェルノブイリ原子力発電所事故で放射能への不安を抱いたドイツのウルスラ・スラデックは、市民の手で電力を供給する協同組合設立運動を始めた。現在この組合所有の電力会社は、ドイツの10万を超える顧客に再生可能な方法で作ったグリーンなエネルギーを供給している。その設立の軌跡を紹介する。

14 カーボンフリーな未来に原発は必要?(NI p32-34の要約)
日本を襲った壊滅的な地震と津波は、原発評論家の最悪の不安を裏付ける結果となった。各国政府は原発計画の再検討を進めるが、原発のリスクはやむを得ないものだろうか? 2人の環境保護主義者が、地球温暖化と原発と脅威について議論を闘わせる。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年5月号■■

温暖化なんてウソだと言うあなたへ
Climate change denial - Busting the myths

●今号の内容●

人為的要因による地球温暖化と気候変動が自然と人間を脅かしていることは定説となっており、多くの科学的なデータがそれを証明している。しかし一方で、そんなデータや現実を真っ向から否定する意見も耳にする。もしもそんな主張を繰り広げる人々に出会ったとき、それにどう反論し、彼らにはなんと言って説明したらよいのだろうか? 今月は、否定論者がよく繰り広げる主張に対し、データと図表も使いながら、彼らにも分かりやすい解説を掲載した。そしてまた、否定する人々の心理と事情についても説明する。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.442≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・サイを救えサミット(5月4日):がん「治療」のため密猟で残虐に殺されるサイの現実。南アフリカからの報告。<要約>
・メーデー(5月1日):倒産して解雇された工場労働者たちが自ら工場を運営し、再生を図る取り組みが広がっている。
・世界報道自由デー(5月3日):報道の自由への遠い道のり。
・世界経済フォーラム・アフリカ会議(5月4~6日):農業ヘの取り組みが足りないと批判される世界経済フォーラムと、途上国の零細農民について。
・ガザ自由船団2の出航(5月31日):ガザの不法な海上封鎖解除に取り組まない各国政府に代わり、各国市民が中心となってガザを支援する船団が今年も出航する。
・反原発議論が高まるフクシマ後の日本:反原発に取り組んできた日本の市民団体は、以前から日本の電力会社の隠ぺい体質を指摘し、今回のような事故の可能性を警告してきた。
・「もう絶対に汚物掃除はしない!」:掃除人のカーストで、手作業による汚物清掃を代々強いられてきたインドのバルミキの人々が立ち上がった。
・25年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

-----------------------------------------------------------
特集:気候変動否定論者

12 否定論者からのよくある質問<翻訳>
気候変動(そして地球温暖化)否定論者は何を信じ、何を考え、何を疑っているのだろうか。彼らは例えば、その現実は本当なのか、それは人為的原因によるものなのか、その影響は実は大したことはないのではないか、等と問いかける。ここでは、彼らの問いかけと主張に対して、一つ一つ分りやすく解説し、反論する。

20 気候変動 ― その事実<翻訳>
史上最も暑い1年、自然災害発生件数、北極の海氷面積の減少、世界各国の現在の排出量とこれまでの累積排出量、そしてその責任についてデータで見る。

21 気候変動否定論者の心理と事情<翻訳>
否定論者はなぜ否定するのか? その5つの理由。
-----------------------------------------------------------

22 期待されるシェールガスの真実
新たな天然ガスとして期待が高いシェールガス。水平坑井や水圧破砕採掘法でけつ岩(シェール)層を砕いてその中のガスを放出させて採掘を行う。原油価格高騰だけでなく、この新技術でコストが下がったこともあり、シェールガスにビジネスの期待が集まる。しかしその掘削方法ゆえ、深刻な地下水汚染、微震誘発、当初考えられていたよりも高い二酸化炭素排出量などが大きな問題となっている。

24 エジプトのデジタル革命とこの国のゆくえ
デジタル技術で世界に出来事を伝える新しい世代の市民記者、ジジ・イブラヒムがエジプトの市民革命について報告する。

25 町中での収穫を楽しもう
英国では果樹を植える自治体が増えている。果樹は放置しておけば町を汚してしまうだけだが、市民グループなどが収穫して利用すれば果物の自給率アップにもつながるのだ。

25 より美しい社会を目指して<要約>
町中を毛糸で落書きするニット・グラフィティ・アーティストが、「地球を温かみのある場所にする」活動を世界各地で展開。

26 パレスチナ分離壁を歩く
イスラエルがパレスチナを封じ込めるために建設している分離壁。マーク・トーマスがその全長750キロの壁に沿って歩いた記録を近著Extreme ramblingから抜粋。

29 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、所得格差が広がる一方で、労働組合の弱体化が進む米国社会の階級闘争について。

30 世界の国のプロフィール:インド

32 激論! タリバンとの対話はアフガニスタン女性への裏切り行為なのか?
アフガニスタンからの米軍撤退が開始されるまであとわずかとなったが、タリバンとの交渉は暗礁に乗り上げたままである。タリバンが米軍撤退とともにその勢力を拡大するのは必死だが、それは女性たちにどんな将来をもたらすのだろうか。どちらも平和と正義のために活動する2人の活動家と開発ワーカーが、腐敗したアフガニスタンの現状とタリバンがもたらすインパクトについて火花を散らす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
カイロの解放広場前に集まって抗議活動を続ける人々の熱狂と高揚感。しかしそこにも、時間が経つにつれて変化が見られるようになった。

38 インタビュー:モニカ・アリ
デビュー作Brick Laneで3つの賞を受賞し、2つの賞では受賞候補に上ったモニカ・アリ。このインタビューでは、国際女性デー創設から100年経っても一向に向上しない女性の地位に憤り、多忙を極め興味のある多くのことが手つかずであると嘆く。また、ダイアナ妃をモデルとした新作についても語った。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版130号≫
(本文は日本語です)

1 否定論者からのよくある質問(NI p12-19の翻訳)
気候変動(そして地球温暖化)否定論者は何を信じ、何を考え、何を疑っているのだろうか。彼らは例えば、その現実は本当なのか、それは人為的原因によるものなのか、その影響は実は大したことはないのではないか、等と問いかける。ここでは、彼らの問いかけと主張に対して、一つ一つ分りやすく反論して解説する。

10 気候変動 ― その事実(NI p20の翻訳)
史上最も暑い1年、自然災害発生件数、北極の海氷面積の減少、世界各国の現在の排出量とこれまでの累積排出量、そしてその責任についてデータで見る。

11 ビッグ・バッド・ワールド(NI p36からの翻訳)
Moral High Groundからの眺め。

12 気候変動否定論者の心理と事情(NI p21の翻訳)
否定論者はなぜ否定するのか? その5つの理由。

13 日本での動き
●温暖化を否定する書籍から考えたデータを扱う時の落とし穴
地球温暖化を議論する場合、科学的データによる論証は避けられない。しかしそのデータへの理解不足、持論補強のためだけの歪曲した解釈は、有効な議論の障害になるだけでなく、地球温暖化の正しい理解をも妨げてしまう。

14 ニュース&オルタナティブ
・より美しい社会を目指して(NI p25からの要約)
町中を毛糸で落書きするニット・グラフィティ・アーティストが、「地球を温かみのある場所にする」活動を世界各地で展開。
・サイを救えサミット(5月4日)(NI p6からの要約)
がん「治療」のため密猟で残虐に殺されるサイの現実。南アフリカからの報告。
・ガザ自由船団2の出航(5月31日)(NI p9からの要約)
ガザの不法な海上封鎖解除に取り組まない各国政府に代わり、各国市民が中心となってガザを支援する船団が今年も出航する。
・「もう絶対に汚物掃除はしない!」(NI p11からの要約)
掃除人のカーストで、手作業による汚物清掃を代々強いられてきたインドのバルミキの人々が立ち上がった。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年4月号■■

中国経済の奇跡と労働者の憂うつ
Makers of the miracle - So why are China’s workers left out in the cold?

●今号の内容●

世界の工場として、中国には熱い視線が注がれている。安い賃金と豊富な労働者が支えるその驚異的な生産力と経済成長は、今や世界経済の牽引力となっている。しかし、その世界の工場を支える労働者に光が当たることはほとんどない。過去10年で2億人とも3億人とも言われる労働者が、農村から仕事を求めて都会へ向かった。この農民工とも呼ばれる出稼ぎ労働者の貢献なしに今日の中国は存在しない。だが、彼らは相応な待遇を受けているのだろうか? 労働者の権利はどうなっているのか? 今月のNIでは、労働現場の実情から踏みにじられた労働者の権利を取り戻す運動まで、中国経済の担い手の現実を探る。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.441≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・同性婚合法化10周年(4月1日):全ての愛は平等だが、法の下では不平等という現実。<要約>
・学生たちによる抗議活動「抵抗の春」(4月1日~30日):世界の学生たちよ、団結せよ!
・国際母なる地球デー(4月22日):「母なる地球よ、あなたはなぜそんなにも悲しそうなのか」
・チャゴス海洋保護区1周年(4月1日):環境保護の方針と元島民が抱えるジレンマ。
・パレスチナ人収容者との連帯を図る国際デー(4月17日):5,000人を超えるパレスチナ人たちが現在イスラエルで拘束されている。彼らは家族の面会もままならない。
・シエラレオネ医療費無料イニシアチブ1周年(4月27日):妊産婦、母乳で子育て中の母親、そして5歳未満の子どもの医療費を無料にしたこの試みがもたらした変化と光明。<要約>
・企業年次総会の季節(4月1日~30日):企業に対する要望を伝えるため、活動家の動きが活発になる季節。
・20年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

12 立ち上がる人々が向かう先
アラブ諸国では、現行の支配体制に変革を求める人々が次々と立ち上がっている。自由と民主的な体制を求める動きは今後どう展開していくのか。

------------------------------------------------------------
特集:中国の労働者

14 経済成長立役者の厳しい現実<翻訳>
躍進する中国経済を支えるのは、農村から都市へと流れ込む出稼ぎ労働者である。だが、彼らの支払う代償は手にする恩恵よりも大きく、もはや我慢も限界に達している。彼らはもう黙々と働くだけではない。状況の改善を求めて声を上げ、直接行動を始めている。

18 中国の労働者 ― その事実<翻訳>
賃金レベルや移住、彼らを取り巻く腐敗や不正義に対する抗議と暴動まで、データで見てみよう。

19 iSlave ― 電子産業の奴隷労働者<翻訳>
iPadやiPhoneの製造も行う台湾企業の中国現地子会社、フォックスコン(富士康)。この世界最大のEMS(電子機器受託生産)企業は、中国国内で100万人以上の労働者を雇っているが、労働強化を図る環境はすさまじく、自殺者も出ている。工場ではいったい何が起こっているのか。

22 正義への困難な道のり<翻訳>
違法な配置転換、工作機械事故が原因の腕の切断、じん肺。3人の労働者がそれぞれ被った被害と理不尽な処遇に対して、労働者としての権利を求めて企業と闘った記録。

24 中国の労働者と連帯するためのサイト
中国では労働運動も緒についたばかり。そんな彼らを支援する国際的な団体と動きを紹介する。
------------------------------------------------------------

25 団結して犯罪に立ち向かう<翻訳>
ベネズエラのユニークな犯罪者更生プロジェクトについて。

26 米国にとっての「安定」は他国にとっても安定なのか
アラブ諸国で革命的な混乱が起こっているが、米国はこの事態にどう対応して行くのだろうか。中東における米国の役割を考えるには、意識的に封印されてきた真実や考え方に注目する必要がある。出版されたばかりのノーム・チョムスキーのPower and Terror: Conflict, Hegemony, and the Rule of Forceからの抜粋。

29 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、触れるのがタブーになっている米軍のコストを社会・経済的に解説する。

30 世界の国のプロフィール:ガイアナ

32 激論! 「倫理的な富」って矛盾では?<翻訳>
個人の富の蓄積は、世界に良い影響を及ぼすのだろうか? それとも、金持ちの個人的善行に比べれば、極端な貧富の差の方が社会への影響はずっと大きいのだろうか? 貧乏芸術家のポール・フィッツジェラルドと、化粧品会社ラッシュの社長で億万長者のマーク・コンスタンティンが、一筋縄ではいかないこの質問をめぐって火花を散らす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。
http://www.cartoonmovement.com

37 カイロからの手紙
ムバラク支配という長いトンネルを抜け出し、将来の可能性が広がったことに高い期待を抱くエジプト人たちの心情。

38 インタビュー:ジャック・マパンジェ
3年半投獄されていたマラウイの詩人、ジャック・マパンジェ。投獄の日々を綴ったメモワール出版の直前に、自由、不変の真実、獄中での創作方法などについて話を聞いた。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版129号≫
(本文は日本語です)

1 経済成長立役者の厳しい現実(NI p14-17の翻訳)
躍進する中国経済を支えるのは、農村から都市へと流れ込む出稼ぎ労働者である。だが彼らの支払う代償は手にする恩恵よりも大きく、もはや我慢も限界に達している。彼らはもう黙々と働くだけでない。状況の改善を求めて声を上げ、直接行動を始めている。

6 iSlave ― 電子産業の奴隷労働者(NI p19-21の翻訳)
iPadやiPhoneの製造も行う台湾企業の中国現地子会社、フォックスコン(富士康)。この世界最大のEMS(電子機器受託生産)企業は、中国国内で100万人以上の労働者を雇っているが、労働強化を図る環境はすさまじく、自殺者も出てしまった。工場ではいったい何が起こっているのか。

8 正義への困難な道のり(NI p18-19の翻訳)
違法な配置転換、工作機械事故が原因の腕の切断、じん肺。3人の労働者がそれぞれ被った被害と理不尽な処遇に対して、労働者としての権利を求めて企業と闘った記録。

10 中国の労働者 ― その事実(NI p20-21の翻訳)
賃金レベルや移住、彼らを取り巻く腐敗や不正義に対する抗議と暴動まで、データで見てみよう。

11 ニュース&オルタナティブ
・同性婚合法化10周年(4月1日)(NI p6からの要約)
全ての愛は平等だが、法の下では不平等という現実。
・シエラレオネ医療費無料イニシアチブ1周年(4月27日)(NI p10からの要約)
妊産婦、母乳で子育て中の母親、そして5歳未満の子どもの医療費を無料にしたこの試みがもたらした変化と光明。
・団結して犯罪に立ち向かう(NI p25の翻訳)
ベネズエラのユニークな犯罪者更生プロジェクトについて。

13 「倫理的な富」って矛盾では?(NI p32-34の翻訳)
個人の富の蓄積は、世界に良い影響を及ぼすのだろうか? それとも、金持ちの個人的善行に比べれば、極端な貧富の差の方が社会への影響はずっと大きいのだろうか? 貧乏芸術家のポール・フィッツジェラルドと、化粧品会社ラッシュの社長で億万長者のマーク・コンスタンティンが、一筋縄ではいかないこの質問をめぐって火花を散らす。

16 日本での動き震災特別編 「思いを形に」
通常はNIの特集テーマに関連する活動を取り上げているこのコーナー。しかし今回は特別編として、震災に関連した活動を取り上げる。いち早く被災地に一般ボランティアを送ることを決めたピースボート。対応が遅れがちな災害弱者の外国人の中でも特に立場が弱い難民を細やかに支援する難民支援協会。原子力推進派によって隠されたりゆがめられたりした情報を、市民の手に取り戻してきちんと議論ができるようにしようと情報発信を続ける原子力資料情報室。とにかく原発を再考してほしいという思いから、多数の人が参加して行われた反原発デモ。たくさんの多様な思いが活動という形になって、日本の再生につながっていくことは間違いない。

20 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年3月号■■

世界金融危機と政治的挑戦
Up in arms - How the financial crisis sparked a wave of popular protest

●今号の内容●


≪New Internationalist英語版 No.440 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・国際女性デー(3月8日):国際女性デー創設から100年の今年、「男中心」の世界は変わったのだろうか。<翻訳>
・EU-モロッコ漁業条約期限(3月1日):モロッコに併合された西サハラ。その豊富な漁業資源が、モロッコが結ぶ漁業条約によってEUに奪われている。
・原発建設への激しい反対(インド):フランスの原発大手アレバとフランス政府に後押しされ、原発建設を強引に推し進めようとするインド政府。政府はあの手この手で土地の買収と住民理解の促進を図ろうとしているが、地元農民の不信は強く、激しい抵抗が続いている。<要約>

-----------------------------------------
特集:世界経済危機

10 大反乱の時代<翻訳>
2007年の世界金融危機は、世界経済の重心移動を加速させたようだ。大不況に見舞われ大きな痛手を受けた先進国と、世界金融危機前に経験していた苦しい経済運営の時代をくぐり抜けて成長している開発途上国。ただそのどちらの世界でも、これまでの経済の仕組みに対する民衆の不満が噴出して政府への圧力となり、新しい時代に向かう後押しともなっている。

17 インドで続く農民の自殺<翻訳>
インドの農村部では、1995年以来25万人の農民が自ら命を絶っている。それは、インドがグローバルな経済システムに組み込まれた副作用である。世界金融危機の影響もほとんどなく大量の犠牲者を生み出し続けている現場からの報告。

18 2010年の果敢な抵抗<翻訳>
食料価格の高騰から社会福祉や教育予算の削減、政府の不正から劣悪な労働条件まで、世界のあちこちで人々の不満が爆発し、それが抗議集会やデモを経て、暴動や独裁者追放にまでつながっている。2010年に世界各地で起こった主な民衆の抗議活動を紹介する。

20 世界の声なき声を聞く<翻訳>
人口で言えば世界のマジョリティー(多数派)である開発途上国の人々。しかし彼らが抱く経済的な苦しみや困難な生活に対する声に、先進国の政府やメディアが耳を傾けることはほとんどない。単なる人口上の多数派から脱却しようとしているマジョリティー・ワールドの人々の生の声を聞いてみよう。

22 もうひとつの世界は可能だ
地球村の人々を行動へと刺激する世界の動きと参考ウェブサイト。
-----------------------------------------

23 社会を揺さぶる人々
2006年にOne Million Signatureという運動を立ち上げ、女性に著しく不平等なイランの法律の改正を訴えるためにイラン人100万人の署名を集め続けているパーヴィン・アルダラン。彼女の活動の軌跡と、変化を求める思いについて聞いた。

24 先住民としての失われた時を求めて
かつてカナダでは白人文化への同化を目的に、先住民族の子どもたちを両親の元から引き離して寄宿学校で教育する同化政策が行われていた。現在は真実と和解委員会が設立され、同化政策によって心に傷を負った人々を癒す作業が行われている。

26 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、世界に対する政治外交の影響が弱まっている米国の行く末について。

27 世界の民衆の力を見える形に
193カ国に660万人のメンバーを擁し、1万を超えるイベントで3,000万のオンラインアクションを実施。これほどの実績をこの4年で達成したオンライン・コミュニティーのAvaazとは何か? 1997年創立以来の理念と活動を振り返る。

28 世界の国のプロフィール:サモア

30 激論! 抗議活動での破壊は許されるのか
黒い装束の「過激な一団」が商店のガラスを叩き割る。最近のサミットなどではこんなシーンを目にすることが多くなっている。しかし、このような他人の財産に損害を与えるという行為は物議を醸し、社会と政治的変革を求める活動の在り方自体にまで議論が広がってきている。今回は2人の活動家がこの問いにYESとNOで激論を交わす。

33 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

34 ミツバチを救う飼育方法<翻訳>
はちみつ生産だけでなく、農作物の受粉に非常に重要な役割を果たしているミツバチ。ミツバチに迫っている危機と、それを救うためのオルタナティブな方法について。

35地元のガーデニング・クラブを活用しよう
趣味の本やインターネット以上に価値の高いのが地元のガーデニング・クラブだ。どんな利用法があるのか?

35 不要になった携帯はリサイクル
どこかへしまったままになっている携帯も、資源としてリサイクルできる。販売店に持って行ったり、リサイクル携帯で活動資金を捻出しているNPO/NGOに寄付したりするのもひとつの方法だ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
民衆が達成した独裁者の追放。今回エジプト人は、自分たちが持つ強さと人間愛に初めて気づいた。彼らの勢いはこれからも続くだろう。

38 インタビュー:ジャッキー・ケイ
英国のイングランド地方に住む詩人で作家のジャッキー・ケイ。しかし彼女にはスコットランドとナイジェリアの血が流れている。日本でも心温まるユニークなファンタジー『ストローガール』(邦訳:求龍堂刊)が出版されている彼女が、文学だけでなく、文化、人種差別、故郷についても語った。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版128号 目次≫
(本文は日本語です)

1 大反抗の時代(NI p10-16の翻訳)
2007年の世界金融危機は、世界経済の重心移動を加速させたようだ。大不況に見舞われ大きな痛手を受けた先進国と、世界金融危機前に経験していた苦しい経済運営の時代をくぐり抜けて成長している開発途上国。ただそのどちらの世界でも、これまでの経済の仕組みに対する民衆の不満が噴出して政府への圧力となり、新しい時代に向かう後押しともなっている。

9 インドで続く農民の自殺(NI p17の翻訳)
インドの農村部では、1995年以来25万人の農民が自ら命を絶っている。それは、インドがグローバルな経済システムに組み込まれた副作用である。世界金融危機の影響もほとんどなく大量の犠牲者を生み出し続けている現場からの報告。

10 2010年の果敢な抵抗(NI p18-19の翻訳)
食料価格の高騰から社会福祉や教育予算の削減、政府の不正から劣悪な労働条件まで、世界のあちこちで人々の不満が爆発し、それが抗議集会やデモを経て、暴動や独裁者追放にまでつながっている。2010年に世界各地で起こった主な民衆の抗議活動を紹介する。

12 世界の声なき声を聞く(NI p20-21の翻訳)
人口で言えば世界のマジョリティー(多数派)である開発途上国の人々。しかし彼らが抱く経済的な苦しみや困難な生活に対する声に、先進国の政府やメディアが耳を傾けることはほとんどない。単なる人口上の多数派から脱却しようとしているマジョリティー・ワールドの人々の生の声を聞いてみよう。

14 世界のニュース
・国際女性デー(3月8日)(NI p6からの翻訳)
国際女性デー創設から100年の今年、「男中心」の世界は変わったのだろうか。
・ミツバチを救う飼育方法(NI p34からの翻訳)
はちみつ生産だけでなく、農作物の受粉に非常に重要な役割を果たしているミツバチ。ミツバチに迫っている危機と、それを救うためのオルタナティブな方法について。

・原発建設への激しい反対(インド)(NI p9からの要約)
フランスの原発大手アレバとフランス政府に後押しされ、原発建設を強引に推し進めようとするインド政府。政府はあの手この手で土地の買収と住民理解の促進を図ろうとしているが、地元農民の不信は強く、激しい抵抗が続いている。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか

*「日本での動き」はお休みいたしました
おすすめの購読プラン

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 雑誌の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

+   New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版を買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年02月20日発売

目次: ◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48!
いま買いの10万円株132
●高配当の5万円株ベスト100「買い」×「売り」診断
複数持って利回り安定! ほとんど利回り3%以上!
●桐谷さんオススメ! 高利回りな株主優待株22
「カタログ」「金券」「食事券・買い物券」
●高成長のテーマ株24
「DX」「環境」「半導体」「脱コロナ」
●過去10年で最高益の好業績株16
●業績が急回復中の株10
●10倍期待のIPO株11

◎別冊付録
定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金
裏はチェックリストに!

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●一回の申し込みであとはラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉(牛・豚・鶏)
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎ZAI NEWS CHANNEL
トピック1「政権のハナシ!」
アノマリーで見ると菅政権の終わりは近い!?
トピック2「退職金のハナシ!」
退職金専用定期預金が好利回りな22行を公開!

◎人気連載も注目!
●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「智代梨がついに首位!次の一手は?」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ
「“風の時代”に突入!」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.54 「恋も株も新フェイズへ」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「費用と人情の板挟み墓は作るのもしまうのも一苦労!」

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:638円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

2 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年02月26日発売

目次: なぜ、三菱は「人生は常にこれから」と考えるか

常勝財閥 三菱 歴史的名訓
他の追随を許さぬ岩崎家4代の人間力

魂を紐解く ◎武田晴人
激動の時代こそ日本人の原点に学ぶ
◎三菱重工業会長 宮永俊一/三菱商事会長 小林 健/三菱みらい育成財団理事長(MUFG会長) 平野信行
人間を磨く、信じれば花開く

最強「三菱」語録50
「三菱財界人」不屈の金言
●若し、人、不正を以て争わば、我は正義を以て闘う可きである。
●景気の悪い会社の社長は胸を張って、いつも朗らかな顔をして歩け。
●豊かさの中にあってこそ却って「ハンブル・ライフ」の精神を尊重していかなければならない。
●男性が会社人間をいいことに家庭を大事にしないのは間違っている。
●モスト・リバブル・カントリーを目指すべき。
●経営者は教育者でなければならない。
●企業もまた『人』を育て続ける責務があるのです。
トップたちが心を鍛錬した言葉
●向こう傷は武士の勲章だ。
●大きな目標に挑む際には、三菱の仲間として連携する。
●仕事が人を育て、人が仕事を拓く。
●先輩を乗り越えていく。
●三菱グループは結集せよ。
●易きになじまず難きにつく。
●目先の利益に飛びつくな。
●刹那な利益を得るために信頼を失うな。
●王道を歩め。
●仕事や社会に対して常に誠実であれ。
●フェアプレーで事業を運営せよ。
●時代の要請に応えよ。
●企業は人や社会に求められてこそ存続できる。
●時代の変化を捉えて、常に時代の先を走れ。
●新・三綱領は「パブリック」「フェア」「グローバル」。
●どんな仕事にも愛着を持て。
●チャレンジこそがDNA。
●「三綱領」と遺訓を令和に生かす。
●私たちの守る伝統とは、古いものを壊すことだ。
●国難と共に歩み、国民と共に栄える。
叩き込まれた三菱イズム
●三菱は“奇跡のベンチャー”なのです。
●こんなにお金をかけて社員に本物を見せてくれる企業があるんだ。
●人材にエネルギーとコストをかけて良質な組織をつくり上げる。
●良い組織をつくるには経営者が百万回訓示するより、多くの一流に触れてもらうほうが近道です。
●ベンチャーづくりは人づくりだ。
●真実は現場にある。
●可能性の大きな市場を勢いのある若手に任せてみよう。
●決意が固いならやってみたらいい。
●正しいと判断したなら必ずやり切る、やり切れば花開くと信じ突き進む。
●(震災時に)こんなときは自分で見ないと判断できない。
●相手も同じ人間だ。
●毎朝下っ腹に力を入れろ。健闘を祈る。
岩崎家の教え
●人は天の道にそむかないこと。
●子に苦労をかけないこと。
●他人の中傷で心を動かさないこと。
●一家を大切に守ること。
●無病のときに油断しないこと。
●貧しいときのことを忘れないこと。
●常に忍耐の心を失わないこと。
●桃李不言。下自成蹊。
●機会は雲中に現れる蚊龍のごときのもの。これを捕捉するのには、透徹明敏なる注意と、豪邁なる胆力が必要である。
私が見た「三菱の品格」
●三菱グループのトップは、皆さん、一言で言えば紳士。
●「組織の三菱」は結束力の高さを象徴しているが、縦割り組織が強いことでもある。“三菱の品格”を維持する意味でも、長期的視点は大事にしていただきたい。
●三菱総研は未来志向の強いシンクタンクであり、その点は大学とも共通点がある。
●「課題先進国」の日本、シンクタンクが担う役割は以前にも増して重要になる。
●今後の課題は強過ぎる縦割り組織を打破し、いかに横断的な組織に変えていけるか。
●三菱重工を含めた三菱グループ各社は日本社会の縮図です。
●退職してからも、無意識のうちに「あれはウチで造ったのよ」と。
●三菱重工さんの教育はみごとだなァ。
「三菱」は結婚相手としての価値があるか ◎鈴木涼美
岩崎弥太郎と渋沢栄一の大喧嘩 ◎鹿島 茂
給料、結婚、他財閥……有価証券報告書と調査データで読みとく

現代の日本で、三菱で働くということ。
「日々感謝、日々感動。」三菱とともにに生きる

覆面座談会 半沢頭取「出世」の秘密
「三菱」が出てくる10冊の読書案内

名著に心を洗う
竜馬がゆく/雄気堂々/暁の群像/オレたちバブル入行組ほか
他財閥が「三菱さん」に言いたいことがある

ライバルの言葉に耳を傾ける
特別付録

巨人たちが遺した東京「財閥庭園」巡りマップ
一念が道をひらく ◎三菱ケミカルホールディングス会長 小林喜光
NEWS & INTERVIEWS
PEOPLE 大河ドラマ『青天を衝け』主演・吉沢 亮
日本のエスタブリッシュメントを支える“三菱の結婚相談所”
独占・“前澤金配り”企画が強盗・詐欺のカモリストに
官邸が怯える「『NO』と言える小池百合子」
好評連載
人間邂逅[784]

●五十嵐光喜×大井川和彦

「ビリ県」脱出
茂木健一郎の「成功への物語」[232]

岩崎弥太郎の教えが現代の日本を救う
大前研一の「日本のカラクリ」[262]

バイデン新政権は日本軽視、台頭する中国とどう向き合うか
飯島 勲の「リーダーの掟」[285]

大騒動の舞台ウラ これが本当の木を見て「森」を見ず
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[56]

不遇の連続でも、人生は一からやり直せる
「橋下 徹」通信[118]

権限がなくても人を動かせる「政治力」とは何か
猫組長の「ダークサイド経済日誌」[24]

人類を救うワクチンがコロナを暴力に変える
伊藤詩織の「ドーナツてるの?」[21]

「日本手話のポエム」を観たら、あなたは圧倒される
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[26]

独房で学んだリモートワーク術
三浦瑠麗の「山王日記」[25]

『イデオロギーと日本政治』に見る「保守」「革新」の逆転現象
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[26]

早熟な人が、一発屋で終わってしまう理由とは
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[57]

知られざる情報収集力 バチカン市国
渡瀬裕哉のワシントン便り[8]

極左バイデンで世界は地獄に落ちる…
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[24]

牛乳
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[16]

ホステスと交際中のお客様が来店したときの対処法
職場の心理学[722]

社員の給料を「言い値」で払ったら、会社に何が起こるか
マネーの新流儀 [320]●山野祐介

携帯料金の新プラン、最強チョイスはこれだ!
探せ! みんなの新定番体当たりレビュー部

外部グッズを使ってスマホのスマートさを引き出せ!
新刊書評

森 功 著『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

布施川天馬 著『東大式節約勉強法』
著者インタビュー

森岡 毅 著『誰もが人を動かせる! あなたの人生を変えるリーダーシップ革命』
経営者たちの四十代[272]●街風隆雄

●トリドール社長・粟田貴也

誰もが当然とする道は、選ばない
プレジデント言行録
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/02/12
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2021/01/08
    発売号

  • 2020/12/25
    発売号

  • 2020/12/11
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

3 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年03月01日発売

目次:
【特集】軍事忌避の異常
            
匿名対談 現役学者が告発 軍事研究禁止の実態        
大学はこうやって軍事研究を禁じる(リスト付き)        本誌編集部  
陸自の「極秘合意」で暴走する沖縄メディア                本誌編集部 
「私的戦闘訓練」何が悪いのか    陸上自衛隊特殊作戦群初代群長  荒谷 卓 



森喜朗氏騒動と〝魔女狩り〟の恐怖   産経新聞政治部編集委員兼論説委員   阿比留瑠比   
徹底検証 森氏の発言は「女性蔑視」にあらず 情報検証研究所メンバー 田村和広  
東京五輪へ国家の覚悟見せろ    スポーツジャーナリスト 二宮清純 × 登山家 野口健 
                      


【特集】中国という禍   
ジェノサイド黙認は許されない      東京大学教授 平野聡 
ウイグル人弾圧で対応鈍い日本 日本ウイグル協会副会長 アフメット・レテプ  
北京冬季五輪開催に反対する 自由インド太平洋連盟副会長 石井英俊  
「植民地支配」に世界は抗議せよ    評論家 三浦小太郎 
中国「政治戦」の最終目標   元米海軍省戦略広報部長 ケリー・ガーシャネック 
聞き手 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン
尖閣防衛けん制のフリするな   軍事社会学者 北村 淳 
バイデン政権はすでに中国忖度  麗澤大学特別教授 産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久 
南米とアジアで外交二連勝     チャイナ監視台  産経新聞台北支局長 矢板明夫 


米中を左右する東南アジア情勢    政策研究大学院大学客員教授 飯村 豊 
人権問題に声あげない日本  軍事ジャーナリスト 黒井文太郎 
アジアの核抑止に核シェアリングを  前内閣官房副長官補 同志社大学特別客員教授 兼原信克 

「CO2ゼロ」政策は国民経済破壊する    キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 杉山大志 
フェミニズムに狙われる歴史教科書 麗澤大学特任教授 高橋史朗 


【特集】 東日本大震災から10年  
原発ゼロは国を亡ぼす  東京工業大学原子炉工学研究所助教 澤田哲生 
急げ、処理水の海洋放出  衆院議員 細野豪志  
                  産経新聞論説委員 長辻象平
甲状腺がん検査の中止を 福島県議会議員 渡辺康平  




【特集】武漢ウイルスとの闘い 
第3波後に向けて備えるべきこと  日本医科大学教授 松本 尚 
医療機関狙う もう一つのウイルス  NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト 松原実穂子 
厚労官僚は今こそ「公」に尽くせ  元国税庁長官 寺村信行 


第36回正論大賞受賞記念論文
北の暗号資産詐欺と石炭密輸事件の接点 安全保障問題専門家・元国連安保理北朝鮮制裁専門家パネル委員
  古川勝久 
第21回正論新風賞受賞記念論文
日本はいつ建国したか  作家 竹田恒泰 


【好評連載!】
小説 寒い国から来た工作員(スパイ) 第6回 最期 特定失踪者問題調査会代表 荒木和博 

昭和の大戦とあの東京裁判―同時代を生きた比較史家が振り返る―
第13回 戦後民主主義世代への失望       東京大学名誉教授 平川祐弘 


【グラビア】
皇室歳時記  被災地に寄り添われ   
神話よよみがえれ 写真・文 廣田勇介       
文字のふるさと   瀧野喜星    
不肖・宮嶋の現場  砂かぶり席でのデモ 
業田良家 それ行け!天安悶 
西原理恵子 ぬるま湯正論 
文人論客壺中之天 三島由紀夫 「新宿三丁目 どん底」 取材・構成 将口泰浩 

巻頭コラム 激流世界を読む        田久保忠衛
フロント・アベニュー 麗澤大学教授 八木秀次
フィフィの本音    タレント  フィフィ
経済快快  産経新聞特別記者 田村秀男 
SEIRON時評   評論家 江崎道朗 
アメリカの深層  福井県立大学教授 島田洋一 
朝鮮半島藪睨み 産経新聞編集委員 國學院大學客員教授 久保田るり子
シリーズ対談 日本が好き! よく墓参りして報告します 
                芸人 友近/ ジャーナリスト 井上和彦
シネマ異聞 そこまで言う⁉  読売テレビ・チーフプロデューサー 結城豊弘 
読書の時間 潮匡人/桑原聡のこの本を見よ  
編集者へ・編集者から 
メディア裏通信簿  
折節の記  
操舵室から  

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2020/12/26
    発売号

  • 2020/12/01
    発売号

  • 2020/10/30
    発売号

  • 2020/10/01
    発売号

  • 2020/09/01
    発売号

5 会社四季報

東洋経済新報社

最大
1%
OFF
送料
無料

会社四季報

2020年12月16日発売

目次: 業界担当記者が独自取材・独自分析で業績変化を先取り。
完全2期予想の会社四季報で自分だけの“成長企業"を探そう!

2021年1集新春号では、3月期決算企業の中間決算を踏まえ、業界担当記者が今期および来期の業績回復シナリオを先読み。
日本国内全上場3,800社をフルカバーした四季報で、2021年に輝く有望企業を見つけましょう!

株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユースや就職活動などにも、ぜひお役立てください。

【今号のおもなトピック】
●コロナで株主還元も二極化
●配当総額の伸びを全社調査
●注目ランキング:V字回復、上振れ…サプライズ満載

【デジタル特典】
スマホで丸ごと読み!

※お知らせ:袋とじ付録は、ワイド版だけのオリジナル付録です。ご注意ください。

参考価格: 2,200円 定期購読(1年プラン)なら1冊:2,170円

3500社を超える企業情報ハンドブック

  • 2020/09/18
    発売号

  • 2020/06/26
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

  • 2019/12/13
    発売号

  • 2019/09/19
    発売号

  • 2019/06/18
    発売号

6 投資手帖

日本株式新聞社

最大
6%
OFF
送料
無料

投資手帖

2021年02月20日発売

目次: 特集
自動車業界が復活・新成長へ‼
出遅れ自動車株と電子部品株が狙い目

スコープ
菅義偉首相の「2050年カーボンニュートラル宣言」で一躍脚光
世界的な再生可能エネルギー導入の動きが追い風
「定置用蓄電池システム」関連銘柄の成長力に注目

クローズアップ
ワクチン接種で世界景気は正常化へ
IMFが世界景気見通しを上方修正、「割安株」を総点検

特別銘柄企画
待ち伏せ狙いの「低PBR・中低位株」
ワクチン接種が進み、経済活動の正常化とともに、株価は一段高へ

参考価格: 800円 定期購読(1年プラン)なら1冊:750円

投資手帖は、豊かな明日を創る投資情報誌です。

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/20
    発売号

7 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
46%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年03月01日発売

目次: 【第1特集】
働き方と仕事の法律

Part1 働き方のルールが変わる
[21年施行]大企業に続いて中小企業でも開始 同一労働同一賃金の焦点
改正パート・有期法のポイントと対応策
[22年施行]すべての企業で対策が必要に ハラスメント対策を急げ!
従業員と取り決めを リモート勤務はここに注意!
仕事の成功率が上がる! ビジネス法 独学・情報収集術
[21年施行]Q&A 企業やベテラン社員はどうする? 70歳定年制度の基礎知識
[22年施行]家計や年金に大きな影響 人生設計変える改正続く

Part2 企業経営のルールが変わる
[21年施行]改正会社法で何が変わる? 企業統治の透明化進める
改正会社法Q&A 株主総会も変わる! ビジネスパーソンや投資家が知るべきポイントはどこか?
[22年施行]企業のトラブルは増えるか 「成年年齢18歳」の影響度
[22年施行]情報の「利用」を重視する 個人情報保護の規制強化
職場の法律問題 思わぬトラブルはこうして解決せよ!

Part3 改正民法を再確認せよ
売買Q&A 契約不適合責任へ改正 責任追及手段が多彩に
[法定利率]当面は3%に 交通事故の損害賠償に影響
[定型約款]定型取引に適用される新ルール 「みなし合意」が可能に
[短期消滅時効の廃止]飲食店にメリット 債権回収を5年に統一
[売買・請負]IT業界の対応は? 改正版契約書の導入急げ

【第2特集】
CSR企業ランキング 2021年版

総合上位企業 KDDIが2年連続トップ 積極的な社会貢献が光る
総合ランキング300
部門別上位企業 人材活用はANAが1位 CSR合計値ではSOMPO
人材活用/環境/企業統治+社会性/CSR合計/財務
金融機関 東京海上が僅差で首位 SOMPO、第一生命が続く
金融機関上位30社
総合ポイント上昇率&未上場企業 総合190位のナブテスコ 上昇率ではトップに
総合ポイント上昇率 上位5社
未上場企業 上位10社
広がるESG投資 情報の共通化をどう進める
ポストコロナの働き方 テレワーク普及に課題 評価制度の変更も必要に
[アンケート]ポストコロナ時代の働き方改革について聞いた

スペシャルリポート
脱ガソリンに揺れる軽自動車 電動化に立ちはだかる難題
 電動化時代に問われる存在意義 軽にも鳴り響く「EV化」の号砲

ニュース最前線
ホンダ、6年ぶりトップ交代 新社長に託されたEV戦略
熱狂なき日経平均3万円 「高値銘柄」の波乱に警戒
顧客のポイントを使い込み 日生で発覚した不正の衝撃

連載
|経済を見る眼|英国ワクチン大作戦に見る戦争の記憶|苅谷剛彦
|ニュースの核心|着実な回復へ今こそ賃上げが必要|大崎明子
|発見!成長企業|エスプール
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|イトーヨーカ堂 社長 三枝富博
|フォーカス政治|政府がこだわる「元号表記」への疑問|軽部謙介
|グローバル・アイ|ワクチンとゼロ金利の終わり 経済正常化で世界は大揺れに|ケネス・ロゴフ
|INSIDE USA|左右ポピュリストが共闘 大衆の怒りが生む新構図|会田弘継
|中国動態|海警法は尖閣奪取の布石か|小原凡司
|財新|第3世代原子炉「華龍1号」が運転開始/不正会計の新興カフェが米国で破産申請
|マネー潮流|ワクチンをめぐる新興国のリスク|中空麻奈
|少数異見|公正な金融市場を壊すMSワラントにNOを
|企業事件簿 【新連載】第1回|暴かれた架空循環取引 IT急成長の陰で蔓延した悪事|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|「憲法に反することはしない」 プーチン大統領発言の含意|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|オークションの売上額は 「売り方の工夫」で変わる|十河丈晴
|リーダーのためのDX超入門|イーロン・マスクもほれた「宇宙」の可能性|山本康正
|話題の本|『子育て支援の経済学』著者 山口慎太郎氏に聞く ほか
|経済クロスワード|法改正
|人が集まる街 逃げる街|宮城県仙台市太白区 長町|牧野知弘
|ゴルフざんまい|ゴルフの魅力を知る 3つの視点|小林浩美
|編集部から|
|読者の手紙 次号予告|

定期購読(1年(デジタルサービス付き)プラン)なら1冊:560円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/02/15
    発売号

  • 2021/02/08
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

  • 2021/01/25
    発売号

  • 2021/01/18
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年02月20日発売

目次:
■特集1 ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ

●ニューノーマル時代の新10倍株で勝つ! (020p)
●10倍高も見込める大化け株で大きく儲ける 狙いは大きくテンバガー(022p)
●10倍株候補発掘の5つのポイントをつかむ チャートの特徴も要チェック! (024p)
●3大潮流で探す未来の10倍株 今からでも間に合う! 中長期保有で大化けも(026p)
●これが次世代の大化け3大テーマだ 長期でテンバガーも夢じゃない! (027p)
●3大テーマ1 ヘルスケアコロナ禍で医療は 「非接触」 にシフト ヘルステックは準トップに妙味(028p)
●3大テーマ2 DX企業、官公庁ともデジタル化は加速 20年急騰銘柄の押し目を狙え(032p)
●3大テーマ3 脱炭素脱炭素化は日本企業にとって好機 水素社会到来で中型株に大化け余地(036p)
●直近IPOで探せ! 最強の成長株 上場間もない新興株から10倍株の卵を発掘(040p)
●IPO株は“隠れ優良銘柄”で儲ける 10倍株の卵はここだ(041p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE1人気薄の 「非DX銘柄」 を割安な水準で仕込む(042p)
●スゴ腕流 大化けIPO株の狙い方 CASE2利確を重ねて着実に勝つトレンドをいいとこ取り(044p)
●注目株を見逃すな! 直近IPO18銘柄を徹底査定直近IPOは割高感強いものも長期の事業成長が鍵に(046p)
●10倍株の利確テク チャートでは売り時を判定しない 決め手は株価より企業の成長度(052p)
●ここから上がる逆襲大化け株 コロナ逆風銘柄が狙い目! (054p)
●逆襲株を探し出す3つの戦略 出遅れと侮るなかれ(055p)
●コロナでダメージ大の銘柄ほど大化け期待 狙うのは大きな業績の変化率(056p)
●売上高大幅減の株、出遅れBtoB株を狙う 景気回復の伝播を期待(059p)
●注目は工作機械とパワー半導体関連銘柄 日本企業が強みを持つ分野(062p)
●スゴ腕が仕込んだ 逆襲株パナソニックで会心の投資再現狙う 三井金属はインフレで大化けを期待(064p)
●データで斬る! 出遅れ銘柄から選ぶ安定成長期待株(066p)
●トップファンマネに学ぶ大化け株発掘法 高パフォーマンスの鍵は銘柄選びにあり(067p)
●知る人ぞ知るトップマネジャー 塩住秀夫さんの成長株投資術3つの成長分野に狙いを絞る ウイズコロナ銘柄を新たな主力に(068p)
●中小型株投資の専門家集団 エンジェルジャパンの銘柄発掘利益成長の次のステップを見据えた企業へ投資(070p)
●伝説のファンドマネジャー ピーター ・ リンチ氏が説いたテンバガー投資アマチュアこそ10倍株が見つかる 現役の直弟子はニッチ銘柄を狙う(072p)


■特集2 ESGで上がる株&投信

●ESGで上がる株&投信 世界的潮流に乗って資産を増やす! (077p)
●世界でも日本でも拡大中 ESG投資で稼ぐ! (078p)
●ESGの大波を個別株で捉える プロが選んだ有望22銘柄(080p)
●ESG投信で波に乗る 今から買いたいESG投信3本(086p)


■特集3 介護にかかるお金&必要な備え

●介護にかかるお金&必要な備え 知っておきたい 親のために、自分のために(102p)
●公的介護保険の仕組みと自己負担の中身を知る 基本を押さえて賢く活用(104p)
●在宅介護と施設介護 かかるお金をチェック どんなサービスにいくらかかる? (106p)
●親の介護に備えやっておくべきこと できることから実行しよう(108p)


■表紙の人

●夏菜 女優 初の悪女役に挑戦 意識したのは丁寧な 「動き」 (012p)


■先読みTIMES

●脱炭素が迫る事業転換 第2のソニー登場の鍵か ソニーの時価総額が過去最高に(015p)
●業績改善が火をつけた割安日本株買い(016p)


■先読みカレンダー 2021 3月

●グリーン成長戦略に注目(018p)


■ろくすけさんの勝てる株式投資入門

● 「素晴らしい企業」 の探し方を学ぶ(074p)


■もっと得する株主優待生活

●人気のカタログギフト お薦め優待ベスト10(090p)
●3月に取れるお得優待(092p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●上昇期待が高い 「10万円株」 (094p)


■クローズアップ企業

●プレミアアンチエイジング 定期購入と店頭販売を両立 新ブランドで海外展開も(100p)


■Money Interview

●パトリック ・ ハーラン タレント、東京工業大学非常勤講師相対的貧困に苦しむ子供たちの未来のため 日本社会に支援の輪を広げたい(110p)


■クイズで学ぶ会計知識

●教育業界の貸借対照表(114p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●中小企業の活性化が日本復興の近道(116p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●バイデン政権、じわり広がる市場との距離(118p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●実は危うい 「株高はバブルではない」 説(120p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●米株式市場SNSの乱とバイデン政権(122p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●サイズのローテーション 米国株は小型株優位の時代に(124p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●バイデン新政権発足 随所に潜む急落リスク、楽観は禁物だ(126p)


■マネーの達人に学ぶ お金に強い子供の育て方

●イー ・ カンパニー 代表 ファイナンシャルプランナー 八木陽子さんマネー教育は実体験が何より重要。 頭に詰め込むより、学びがある(128p)


■マルトクセレクション

●非対面契約 ・ 手続きが拡大 ほか(131p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 Special

●新型コロナ対策やEVも守備範囲 「繊維 ・ フィルム」 関連の技術割安株(132p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●半導体、環境、親子上場 株価材料満載の爆騰期待3銘柄(134p)


■関大介のREITウオッチ

●逆風ホテル型の価格堅調 分配金回復期待は本物か(136p)


■最新! 投信ランキング

●騰落率ランキング 首位は年125%上昇(137p)


■佐々木明子のモーサテ日記

●急ピッチで進む 「脱炭素」 への取り組み。 理想と現実のはざまで企業は(138p)


■生保損保 業界ウオッチ

●安全運転で保険料が安くなる テレマティクス保険が続々(139p)


■ネット証券DATA

●2月3日現在(10%税込み表記) (140p)


■マネー ・ データバンク

●2月8日現在(142p)


■Readers’ FORUM

●2021年にチャレンジしたいこと(144p)


■Money Books

●格差のない未来は創れるか? 今よりもイノベーティブで今よりも公平な未来 ほか(145p)


■別冊付録

●スマホ料金見直し&ネット証券活用術

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2021/01/21
    発売号

  • 2020/12/21
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/21
    発売号

  • 2020/09/19
    発売号

  • 2020/08/21
    発売号

最大
19%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年03月02日発売

目次: Special Report
人民元研究
一足先にデジタル化する「RMB」の実力
中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか
通貨 ドル支配の終わりと人民元時代の始まり
分析 基軸通貨への準備は万端
歴史 「弱小」人民元はこうして飛躍した
■タイムライン 人民元、国際通貨への足跡
視点 ドルと世界が迎える予測不可能な未来

◆ミャンマー軍はなぜ賭けに出た?
クーデター 暴挙に出た真の理由は組織の歴史から読み取れる

Periscope
SAUDI ARABIA 皇太子の「罪」認定でも制裁できない訳
UNITED STATES 「空爆」バイデンとイランの神経戦
HONG KONG 香港のコロナ対策を阻む政府不信
GO FIGURE コロナワクチンの副反応は心配無用?

Commentary
英国 偉人像攻撃の耐えられない単純さ──コリン・ジョイス
科学 火星開発は人類生存のため──クリストファー・メーソン
アメリカ 党内対立が民主党を強くする──サム・ポトリッキオ
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
保守派大スターの負の遺産──ロブ・ロジャース&パックン
Economics Explainer 経済ニュース超解説
ファミマが開く金融新時代の扉── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
不倫で生まれた娘に真実を話すべき?
Wrong Words その言葉への違和感
かくも悪質な「差別発言は冗談」論── 望月優大
Japanese Cinema Notes 森達也の私的邦画論
衝撃の初ジブリ体験は『風の谷のナウシカ』── 森達也

World Affairs
紛争 さらば、祖国アフガニスタンよ
国境問題 インドはどうやって中国を撃退したのか

Features
米政治 ポスト・トランプの隠しきれない野心

Life/Style
Movies ジョディ・フォスターの新作が最高に政治的な訳
Movies 何が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか
Movies ディズニー伝説的悪役の知られざる過去
Books 「フランス式」が許した少女への虐待
Art 草間彌生のアートを追って世界中を旅したい
My Turn 警官として助けた女の子が家族になるまで

Picture Power
移民の祖国が払う高い代償

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 李娜兀
「女子東大生」が少ない本当の理由

参考価格: 480円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:389円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/02/09
    発売号

  • 2021/02/02
    発売号

  • 2021/01/26
    発売号

  • 2021/01/19
    発売号

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌