New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 発売日・バックナンバー

全187件中 91 〜 105 件を表示
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

The feral rich (どん欲な金持ちの世界)


【Agenda】
Stories making the news this month
6 Civil society crackdown
6 Govt aid for mines
7 Sierra Leone: election by SMS
7 Introducing Chinese leader Xi Jinping
7 Peru: Amazon lawsuit
8 Land rights clash in Honduras
8 Turkey’s delinquent justice
9 Y ou are not a loan
9 Penis surcharge in New Zealand
PLUS: 20 years ago in the New Internationalist, Scratchy Lines by Simon Kneebone, and Reasons to be cheerful.



【Mixed Media】
27 The best music, books and films of 2012.

28 Film reviews
No, directed by Pablo Larrain; Midnight’s Children, directed by Deepa Mehta; and West of Memphis, directed by Amy Berg.

29 Music reviews
Get up! by Ben Harper; and Annelies by James Whitbourne.

30 Book reviews
Ways of Going Home by Alejandro Zambra; Ten Days in Jamaica by Ifeona Fulani; After the Sheikhs by Christopher M Davidson; and Cruel Britannia by Ian Cobain.

31 Also out there - including Big Boys Gone Bananas!; Radi-Aid: Africa for Norway; and Palestinian film Five Broken Cameras.



【Analysis】
The Big Story - The feral rich

10 The feral rich
How do they get away with it? Vanessa Baird investigates.

15 Help the rich, hate the poor
The war against the have-nots is going global, says Owen Jones.

18 The feral rich – how can we help them?
A 10-point action plan for policymakers, illustrated by Kate Charlesworth.

20 A ferocious sense of entitlement
Urvashi Butalia writes from India on what wealth does to our minds.

22 That’s rich - The FACTS

25 Falling in love with tax
Some rich people are all for it. Nick Harvey reports on the growing desire for tax justice.



【Regular Features】
4 Letters
Cyber-bullying and internet safety; and why Israel chooses occupation over peace.

5 Letter from Botswana
Customary law needs to catch up with women’s rights, says Wame Molefhe.

32 Country Profile: Swaziland

38 Steve Parry
Forty and still fighting.
PLUS: Polyp’s Big Bad World cartoon.



【Feature】
34 Stitched up
Cambodia, a ’sweatshop-free nation’? Try telling that to its exploited workers, writes Heather Stilwell.

36 Showdown in the Amazon
Why are indigenous leaders at odds with their communities in the struggle to conserve their forest homes? Jane Monahan travels to Ecuador to find out.
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

Keep the internet free! (インターネットの自由を守れ)


【Agenda】
Stories making the news this month

6 Dying for oil in Pakistan

6 Our land, our lives

7 Birth of Sollywood

7 Introducing Bidzina Ivanishvili

7 Act against hunger

8 Allahu Akbar misunderstood

8 People power in India

9 Botswana: sisters’ victory

9 Biofuels rush
PLUS: 15 years ago in the New Internationalist, Scratchy Lines by Simon Kneebone, and Reasons to be cheerful.


【Mixed Media】
32 Film reviews
The Hunt directed by Thomas Vinterberg; and The Pool directed by Chris Smith.

33 Music reviews
Allelujah! Don’t Bend! Ascend! by Godspeed You! Black Emperor; and DESH by Jocelyn Pook.

34 Book reviews
The Black Lake by Hella S Haasse; Where I Left My Soul by Jérôme Ferrari; The Oil Road by James Marriott and Mika Minio-Paluello; and Classroom portraits 2004-2012 by Julian Germain.

35 Also out there - other music, film and book highlights this month, including the rumbustious Bellowhead, Victor Gama and Fidel Castro’s Childhood - the Untold Story.


【Analysis】
The Big Story - Digital freedom

10 Don’t get mad, get open
Hazel Healy meets the tech pioneers fighting for civil liberties in a digital world.

15 How to be free
Charlie Harvey outlines 10 steps to software liberation.

16 Don’t worry, we’re from the internet Quinn Norton looks behind the mask of Anonymous, charting its evolution into a global activist force.

18 Privacy shouldn’t scare you
Nadim Kobeissi tells us about ways to protect our communication from prying eyes.

20 This is for everyone
Chris Thorpe gives his take on the impact of open-source tech on governance and manufacturing.

22 Digital freedoms - an INFOGRAPHIC
Facts and figures on privacy, censorship, piracy and access.


【Regular Features】
4 Letters
Taking responsibility for inequality; why youth must adapt to a new reality;
Australia’s depleted uranium shame; and an unimpressed reader takes a catnap.

5 Letter from Botswana
When it comes to weddings, it’s important to do things right, says Wame Molefhe.

30 Country Profile: Peru
Peru is said to be booming but the poor would never know it. Stephanie Boyd reports.

36 Making Waves
Iraqi campaigner Khanim Latif on her lifelong fight for feminism.

37 Anna Chen
Here comes the end of the Enlightenment.
PLUS: Polyp’s Big Bad World cartoon.

38 And Finally...
Soul and the city - graffiti artist Mohammed Ali on his inspirations, his fears and being drawn to Birmingham.


【Feature】
24 How the US has been sponsoring terrorism in the Sahara
Jeremy Keenan uncovers the shocking, murky background to the current conflict in Mali.
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

Healthcare for all? (万人のための保健医療?)

【Agenda】
6 Colombia: will peace prevail?

6 Food safety flaw

7 Introducing Hassan Sheikh Mohamud

7 Trafigura: toxic mess

7 The heat is on in Doha

8 Fair trade dust-up

8 Australia: gas hub threat

9 India: Trumped-up charges

9 Azerbaijan: Extradition incites
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone, and Reasons to be cheerful.


【Mixed Media】
28 Music reviews
Songs for Desert Refugees by Various Artists, and Songs for Kommeno by
Gunter ’Baby Sommer’et al.

29 Film reviews
Ginger and Rosa, directed by Sally Potter; Elena, directed by Andrey Zvyaginstev; and Amour, directed by Michael Haneke.

30 Book reviews
Superman is an Arab by Joumana Haddad; Slavery Inc by Lydia Cacho;
Night Dancer by Chika Unigwe; and The Revenge of History by Seumas Milne.
31 Also out there - other music, film and book highlights this month, including Discordia by Laurie Penny and Molly Crabapple.


【Analysis】
The Big Story - Healthcare

10 The vision thing
Inequality squeezes both how healthy we are and the healthcare we get.
Time to get past it, believes Dinyar Godrej.

14 The cost of living
Industry practices that milk profits from drugs are killing the poor, says Nick Harvey.

17 Russian roulette for Greeks
Attacks on public health services have left Katerina Kitidi’s compatriots in a hard place.

18 Healthcare, health and inequality: THE FACTS

20 Child survival - but at what cost?
We need to go beyond ’saving lives’ and demand a right to health, according to Claudio Schuftan.

22 Moral medicine: the Cuban way
A revolutionary example of efficient and affordable healthcare, by John M Kirk and Chris Walker.


【Regular Features】
4 Letters
Hope and despair for today’s youth; why the legalization of drugs could be a slippery slope; and student debt – a choice, not a privilege.

5 Letter from Botswana
The arrival of the first rains is a moment of joy for Wame Molefhe.

26 Country Profile: Grenada

32 Making Waves
Zoya Rouhana is fighting for women’s rights in Lebanon.

33 Steve Parry
Heroes, frauds and Trojan Tories.
PLUS: Polyp’s Big Bad World cartoon.

34 Southern Exposure Saving the tiger, photographed by Fauzan Ijazah from Indonesia.
35 Mark Engler
How not to make every vote count.

38 And Finally...
Shortlisted for this year’s Booker Prize, Indian novelist Jeet Thayil is not afraid to court controversy.


【Essay】
36 To everything there is a season
How can Egyptians make sure last year’s uprisings have a lasting legacy? Maria Golia looks forward.
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

The Youth Issue (怒れる世界の若者たちは今)

【Agenda】
6-9 Stories making the news this month, including:
Before and after Belo Monte; playing finance at its own game; Shell’s dirty work; bullying and intimidation before Ukraine’s elections; and British lawyers on the hunt for clients in Kenya.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone and Reasons to be cheerful.


【Mixed Media】
28 Film, book and music reviews including:
An unsettling drama set in communist East Germany unfolds in the film Barbara, while Snows of Kilimanjaro is a French tour-de-force; poetic imagery - and a dig at Donald Trump - in Karine Polwart’s new album; and a very personal memoir of the Biafran War from acclaimed Nigerian author Chinua Achebe.


【Analysis】
The Big Story ? Youth
10 Voice of the future
Young people are playing a vital role in a sweeping wave of dissent, says Jody McIntyre.

14 Why selling out is no longer an option
Capitalism’s betrayals will cost youth dear. Laurie Penny’s call to arms.

16 Revolutionary women
The feminists who don’t get air time, by Farah Jassat.

17 Youth - The FACTS

18 Planned fury
Seun Kuti tells Akala why hope is overrated.

20 Shaking up the occupiers
The frustrations of Palestinian youth, voiced by Linah Alsaafin.

22 Youth power
Snapshots from around the world.

24 How to grow a student movement, Chilean style
Revolutionary student leaders Camila Vallejo and Giorgio Jackson speak with Jody McIntyre.


【Features】
32 And the birds dropped dead from the sky
Indigenous groups in Guatemala are fighting back against an environmental catastrophe wreaked by a Canadian mining company, as Stephanie Boyd discovers.

36 Australia’s disgrace
Holding child asylum-seekers in detention is a controversy largely playing out to media silence. Ollie Milman asks why.


【Regular Features】
4 Letters

5 Letter from Botswana
Wame Molefhe is proud that Gaborone is her home - despite the reaction of others.

26 Country Profile: South Africa

35 Mark Engler
Can Occupy live to see another birthday?

38 And finally...
Providing a voice for young people - emcee Logic on the importance of hip hop, and of loving what you do.
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

Time to make drugs legit?(麻薬合法化で麻薬がらみの暴力は減らせるのか)


【Agenda】
6-9 Stories making the news this month, including:
Pursuing justice for rape crimes in DRC; the gloves are off in Russia; fighting impunity in Colombia; and an exercise in elbow-licking in Sudan.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone and Reasons to be cheerful.


【Mixed Media】
28 Election special
Ry Cooder gets ready for action with the ’Mutt Romney Blues’. PLUS: A five-star musical intifada from Ramzi Aburedwan; the Revolt in Syria deeply understood by author Stephen Starr; and the deadly power of three words - It’s a Girl - in a shocking new doc on gendercide.


【Analysis】
The Big Story - illegal drugs

10 Legalize drugs - all of them!
An exploration of just what would be at stake if we did, by Vanessa Baird.

16 What’s your poison?
Science and law at odds over drugs.

17 My body, shot, left lying
A dispatch from the drug-war frontline by Mexican journalist Sandra Rodriguez Nieto.

19 Africa’s first narco state
How Guinea-Bissau got hooked.

20 What would legalization look like?
Your questions answered by medic Max Rendall.

22 Illegal drugs - The FACTS

24 Fair trade drugs
Not such a crazy idea. Tom Feiling thinks ahead.


【Features】
34 Why do some conflicts get more media coverage than others?
Nick Harvey considers the role - and the agenda - of the global media in
making the news.


【Regular Features】
4 Letters

5 Letter from Botswana
Wame Molefhe delights in the old civility.

26 Country Profile: Yemen

32 Making Waves: Kushal Chakrabarti, the self-confessed geek supporting students through microfinance in the Majority World.

33 Mark Engler
Obama: a better adversary.

38 And finally...
From earliest memories to the joy of old age, author Alice Walker reveals who and what inspires her.
1,222円
※日本版の休刊に伴い、2012年1/2月合併号より英語版のみ発行しております。

How co-operatives can save the planet (共同組合が世界を救う)

【Agenda】
6 Oz puts a price on carbon

7 The legacy of forest defender Chut Wutty

8 Quebec’s maple spring

9 Londoners muse Olympic legacy

10 News in brief this month
PLUS ? Open Window guest cartoonist Omar Abdallat from Jordan.


【Mixed Media】
11 ’We call it life’
’Riots have been nearly happening all my life,’ poet-rapper Speech Debelle tells Louise Gray.
PLUS: Hot Docs 2012 - a roundup of the best offerings at Toronto’s annual film-fest; a new CD from Billy Bragg and Wilco commemorates Woody Guthrie; and a memorable debut novel from filmmaker Elaine Proctor.


【Analysis】
The Big Story- Co-operatives
17 We’ re all in this together
Time to celebrate the International Year of Co-operatives. Wayne Ellwood raises a glass to their long history and argues that co-ops are democratic, community focused - and a challenge to the dominant free-market model.

21 How co-ops are building a better world - THE FACTS

22 The unselfish gene
Zoe Cormier explores our natural ability to co-operate.

24 Big thinkers on co-operation

26 Beyond solidarity
The rituals that reinforce co-operation are under threat, says Richard Sennett.
Interview by Horatio Morpurgo.

27 Cooking for peace
Sometimes simple things can build understanding. Noreen Sadik reports from Israel.
28 What would Che say?
Can co-operatives save Cuba? John Restakis travels to Havana to find out.

31 They told us we couldn’t count
In Indonesia, self-help is transforming the lives of rural women. Irfan Kortschak talks to one co-op member.

32 Your guide for all things co-operative.



【Features】
36 Heroism or desperation?
Self-immolation by Tibetan protesters is becoming an all-too-familiar sight.
Dibyesh Anand considers the reasons why.


【Regular Features】
4 Letters
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

16 Letter from Botswana
What is self-evident for one is a mystery to others, discovers Lauri Kubuitsile.

33 Puzzle Page

34 Country Profile: Azerbaijan

38 Mark Engler
Wall Street wants your gratitude.

1,222円

【Agenda】
6 US denies safe haven to Mexico’s drug war refugees

7 Torture recompense comes to Kenyans

8 Feminists target Nike ahead of the Olympics

9 Hungary’s cultural purge gathers pace

10 News in brief this month
PLUS - Open Window guest cartoonist Fadi Abou Hassan from Palestine



【Mixed Media】
11 Neither Allah nor Master
Brave, atheist, female and exiled, Tunisia’s Nadia El Fani takes on the establishment.
PLUS: Sex, secrets and Asian British comedy in All in Good Time; wending grooves from Mali’s Sidi Toure; Callum Robert’s crystal-clear Ocean of Life; and Radio Congo by Ben Rawlence.


【Analysis】
The Big Story - Earth Summit 2012
16 Sustainability for sale?
A battle is brewing over the future of global action. Danny Chivers presents the unofficial guide to Rio+20.

20 Tools that might help us - some of the more progressive ideas.

22 Eight Great Greenwashers
Exposing the canny, the crafty and the plain deceitful. Danny Chivers examines the green claims of Shell, Monsanto, Vale and others.

27 The good life is the realistic solution
Indigenous activist Ruth Buendia’s take on ’sustainable development’.


【Opinion】
32 Letter from Botswana
A new birth offers a sign of hope for Lauri Kubuitsile.

33 Mark Engler
’Tired of burying black boys.’


【Features】
28 Falling out of love with Israel
Norman Finkelstein believes American Jews are no longer prepared to offer blanket support to Israel. He explains why.

36 A world on workfare
Governments and big business may benefit - but workfare is undermining the labour market, argues Warren Clark.


【Regular Features】
4 Letters
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

31 Puzzle Page

34 Country Profile: Cook Islands

38 Making Waves
Bunker Roy on harnessing granny power.
1,222円
【Agenda】
6 Eurovision re-opens old wounds in the Caucasus
7 Eritrea is a cynic’s paradise
8 Happy Meals? for victims of stop and search
9 Tuaregs hard hit by Mali conflict
10 News in brief this month
PLUS Open Window guest cartoonist Mohamed Sabra from Egypt.


【Mixed Media】
11 Indian skin, Albion voice
With Britain approaching Jubilee June, a reinterpretation of ’Englishness’ from musician Bishi is timely, says Louise Gray.
PLUS: Solomon Islands band Narasirato introduce us to the thong-o-phone; a quiet revolution in the making in Money as Debt III; and Escape from Camp 14 - a remarkable insight into life in a North Korean labour


【Analysis】
The Big Story - Mental Health

16 A healthy mind in a healthy society
Mental health shouldn’t just be about individuals;
we need strong communities too. Dinyar Godrej makes the case.

20 Mental Health - THE FACTS

22 Tears are good medicine
Young First Nations people in Manitoba tackle their number one problem - suicide among their peers. Janet Nicol reports.

26 Our trauma is not your trauma
The past is always present for Burmese refugees in Thailand. Nick Harvey witnesses health workers adapt their approach to this reality.

28 Unbound
Liberating communities from prejudice in Ghana, by Peter Yaro.

30 Utopia or bust
Consumer culture is collective insanity, says John F Schumaker.


【Regular Features】
4 Letters
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

33 Letter from Botswana Football fever gives Lauri Kubuitsile reason to hope.

34 Country profile: Guatemala

36 Making Waves
Tom Kocherry, fisher for justice.

37 Puzzle Page

38 And finally...
Wikileaks founder Julian Assange on being, rather than making, the news.
1,222円
【Agenda】
Making the news this month

6 Putting the ’I’ in ecocide
7 Act against ACTA
8 Kimberley Process ’whitewashes’ blood diamonds
9 Lax law could kill human guinea pigs
10 News in brief this month
PLUS Open Window guest cartoonist Crazy Crab from China.


【Arts】
11 Home will never look the same again
Horatio Morpurgo discovers filmmaker Patrick Keiller’s unusual way of seeing the world.
PLUS: Vocal magic from Hyperpotamus, Le Havre’s modernday fairy story, and the personal and
political melded in Naomi Benaron’s debut novel set in Rwanda.


【Analysis】
Special feature: Adapt or die

16 Ready or not
Melting glaciers to the north, rising seas to the south.
Can Bangladesh adapt to a warming world? Hazel Healy travelled there to find out.

19 Why climate change poses a major threat for Bangladesh
THE FACTS

25 Adaptable by nature
The most vulnerable, the best prepared. Portraits of the inhabitants of the Jamuna river islands of northwest Bangladesh.

28 Moves to climate-proof the planet
From air-conditioned bus stops in Dubai to Meat Safety Net programmes in Kenya: what the rest of the world is doing to defend against global warming.

30 The great climate exodus
Bangladeshis are melting away from the coast as habitats degrade.
Hazel Healy finds new arrivals struggling to adjust to life in Dhaka, the world’s fastest-growing megacity.


【Regular Features】
4 Letters
The challenge of uncomfortable facts; Australia’s role in PNG’s independence; and buying a new suit for the sake of it.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

33 Letter from Botswana
Beauty contests are now big business, but have lost their appeal for Lauri Kubuitsile.

34 Country profile: Zambia

36 Puzzle Page

37 Mark Engler
The unpalatable reality of working in the iPad empire.

38 Josie Long
Being nice and doing good- what’s offensive in that?
PLUS: Marc Roberts’ Only Planet cartoon.





1,222円
【Agenda】
Making the news this month

6 The Kremlin beckons, but Putin’s star is fading
7 Blue bras and mettle: Egypt’s women stand their ground
8 Brute forces: a year of rough injustice
9 Money talks- so make yours walk
10 Positive stories this month


【Art】
11 Festival of respect
Claire Colley visits Rajasthan’s International Folk Festival.
PLUS: A painfully beautiful album from Herman van Veen and Edith Leerkes brings to life poems from the past; the unsentimental and unsettling film The Kid With A Bike; and a look at Libya: From Colony to Revolution by Ronald Bruce St John.


【Analysis】
Special feature: Time for a fair economy

16 Put equality first
Both inequality and economic instability are growing. How deep does the connection go? wonders Vanessa Baird.

20 Economy and Equality - THE FACTS

23 Is the Green New Deal a dead duck?
Zoe Cormier checks the pulse of the big idea for tackling our economic and environmental woes.

26 What the squid did next
They say that US investment bank Goldman Sachs runs the world. Kenneth Haar investigates just how it’s wrapping its tentacles around the heart of Europe.

28 Getting there- a roadmap
…for a fair economy

【Regular Features】
4 Letters
Ending conflict in Colombia; a pacifist in the arms trade; and why Britain’s treatment of asylum seekers makes one Scot want to up sticks.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

32 Letter from Botswana
New columnist Lauri Kubuitsile introduces dry and dusty Mahalapye- a town that has stolen her heart.

33 Mark Engler
Obama’s broken resolutions may come back to haunt him this election year.

34 Country profile: Kyrgyzstan

36 Cartoon Corner
Polyp’s Big Bad World, Marc Roberts’ Only Planet and guest cartoonist Elena Ospina from Colombia.

37 Puzzle Page

38 Josie Long
The comedian and writer on her political awakening, and why going to Glastonbury is not political activism.



1,222円
【Agenda】
Making the news this month

6 Are Burma’s reforms for real?
7 As ANC turns 100, critics slam ’neo-apartheid’
8 Malawi battles for press freedom
9 Why cross-border electrics are not such a bright ideas

【Art】
11 Best of 2011
Our pick of the year’s films, books and music.
PLUS: Sensuous sax from Rudresh Mahanthappa; Hollywood glamorizes the fall of Lehman Brothers in Margin Call; and high praise for The Buddha in the Attic, an extraordinary novel about a group of Japanese mail-order brides.

【Analysis】
Special feature: Haiti two years on

16 Beyond relief, beyond belief
Haiti is not just recovering from the earthquake but from the political and economic interventions of recent decades, as Phillip Wearne explains.
PLUS Timeline: Haiti in history

22 Tents beyond tents
A cartoon introduction to life in the camps in and around Port-au-Prince, by Jean Phares Jerome and Chevelin Pierre.

28 Occupied again
The first independent country of the Americas - but, Eduardo Galeano asks, will Haiti ever be free?

30 Where did all the money go?
Nick Harvey assesses the work of NGOs and UN agencies that have been trying to rebuild Haiti.

【Regular Features】
4 Letters
Tone it down, NI! Plus more on the Big Bad World controversy, and praise for Daniel Ortega.
PLUS: Scratchy Lines by Simon Kneebone.

10 Applause: Gush Shalom
Alasdair Soussi talks to Adam Keller of the Israeli human rights movement.

33 Letter from Cairo
The future is unknown, but we can learn on the job, says Maria Golia.

34 Country profile: Papua New Guinea

36 Cartoon Corner Special
Following the furore that surrounded Polyp’s cartoon in our November issue, Sarah Colborne from the Palestine Solidarity Campaign explains some of the key issues that lay behind the storm of protest.

37 Puzzle Page

38 Steve Parry
The nightmare on Downing Street.
1,019円
◆ニュー・インターナショナリスト英語版 2011年12月号 No.448◆

*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・世界人権デー(12月9日)<翻訳>
占拠せよ運動の現状と今後の展開について。
・ザンビア対中国?<翻訳>
20年ぶりの政権交代で新しい指導者が生まれたザンビア。中国に対する姿勢と新大統領の評価について。
・ユーロ圏は本当に危ないのか
ギリシャをはじめとするユーロ圏内の危機ではどのような動きがあったのか。そして今後の政策変更の可能性とは。

・15年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

Alternative

10 見放された都心の土地でガーデニング
都心の打ち捨てられたような土地の一角も、人々の共同管理で菜園や緑地に生まれ変わる。

10 暖かくグリーンな火の揺らめき<翻訳>
環境負荷を低減できるエコな薪、エコ・ログとは。

Arts

11 ナイジェリアの詩人ニモ・バッシーへのインタビュー
ナイジェリアの詩人ニモ・バッシーは、国際環境NGO、FoEインターナショナルの議長も務める活動家である。その彼が、詩に対する思いと化石燃料採掘による汚染について語った。

-------------------------------------------------------------------------------
特集:武器貿易

16 軍事産業の影響力<翻訳>
教育や保健医療の予算を削っても武器購入をやめない国々。そこには、兵器産業が持つ強い影響力と軍拡を競う悲しい習性がある。

19 武器貿易 ― その事実<翻訳>
巨額の軍事費、巨大軍事企業の売り上げ、汚職、雇用創出……。その事実をデータで見る。

20 ワシントンの白象<翻訳>
米軍のステルス戦闘機F-22。この最も高価な戦闘機はまだ一度も実戦配備されたことがない。しかしそれは、少なくとも雇用を創出すると言われるが、本当だろうか。

22 武器と政治の裏の世界<翻訳>
自身の政治生命を汚職との闘いに投じた南アフリカの国会議員。彼が目の当たりにした武器取引にからむ汚職とは。

24 高まる無人航空機の脅威<翻訳>
無人航空機の操縦者から見れば、人間の命はコンピュータ画面上の点にすぎない。そんな現実をよそに、法的な問題や倫理的な問題を無視して、いくつもの国が無人航空機導入に傾いている。

-------------------------------------------------------------------------------

26 ブラジルの廃品回収人
ブラジル第3の都市ベロホライゾンテに暮らし、廃品回収協同組合で働くドナ・マリア・ブラス。彼女が誇りを持つその仕事と人々について。

33 カイロからの手紙
ギター/リュート奏者で作曲家の友人が訪問した。彼が師匠とあがめるバイオリン/リュート奏者のアブドゥ・ダガーの家を訪ね、即興演奏と率直な議論を楽しんだ素敵な時間。

34 世界の国のプロフィール:ミクロネシア連邦

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガとコミック・ジャーナリズムの国際ネットワークCartoon Movementとの協力で作品を掲載。
http://www.cartoonmovement.com

38 米国で考える:99%が抵抗する理由<翻訳>
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、「占拠せよ」運動に参加している人々の境遇や彼らが訴える不満を紹介するとともに、その彼らを批判する「53%」運動の人々の主張が、結局は「占拠せよ」運動の動機になっている社会的不正義と不公正な制度を浮き彫りにしていることを明らかにする。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版136号 目次≫
(本文は日本語です)

1 軍事産業の影響力(NI p16-18の翻訳)
教育や保健医療の予算を削っても武器購入をやめない国々。そこには、兵器産業が持つ強い影響力と軍拡を競う悲しい習性がある。

5 武器貿易 ― その事実(NI p19の翻訳)
巨額の軍事費、巨大軍事企業の売り上げ、汚職、雇用創出……。その事実をデータで見る。

6 ワシントンの白象(NI p20-21の翻訳)
米軍のステルス戦闘機F-22。この最も高価な戦闘機はまだ一度も実戦配備されたことがない。しかしそれは、少なくとも雇用を創出すると言われるが、本当だろうか。

8 武器と政治の裏の世界(NI p22-23の翻訳)
自身の政治生命を汚職との闘いに投じた南アフリカの国会議員。彼が目の当たりにした武器取引にからむ汚職とは。

10 高まる無人航空機の脅威(NI p24-25からの翻訳)
無人航空機の操縦者から見れば、人間の命はコンピュータ画面上の点にすぎない。そんな現実をよそに、法的な問題や倫理的な問題を無視して、いくつもの国が無人航空機導入に傾いている。

13 99%が抵抗する理由(NI p38からの翻訳)
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、「占拠せよ」運動に参加している人々の境遇や彼らが訴える不満を紹介するとともに、その彼らを批判する「53%」運動の人々の主張が、結局は「占拠せよ」運動の動機になっている社会的不正義と不公正な制度を浮き彫りにしていることを明らかにする。

14 日本での動き~武器取引は規制できるのか?
<武器貿易条約構想誕生の背景と成立の行方>
2012年7月の条約採択に向け議論が進む武器貿易条約。日本は、この国連決議の原共同提案国となっている。世界をカバーする武器貿易規制の条約は可能なのか? この条約の採択に向けて取り組む特定非営利活動法人オックスファム・ジャパンのポリシー・オフィサー、夏木碧さんへのインタビュー。

18 ニュース&オルタナティブ
・世界人権デー(12月9日)(NI p6の翻訳)
占拠せよ運動の現状と今後の展開について。
・ザンビア対中国?(NI p7の翻訳)
20年ぶりの政権交代で新しい指導者が生まれたザンビア。中国に対する姿勢と新大統領の評価について。
・暖かくグリーンな火の揺らめき(NI p10の翻訳)
環境負荷を低減できるエコな薪、エコ・ログとは。

20 編集後記、次号のお知らせ、ほか

1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年11月号■■

金融と飢餓 ― 投機家が群がる食料先物市場
Banking on hunger - How speculators moved into food

世界では農産物が高騰し、食料品の値上げに対する民衆の抗議や暴動が頻発し、東アフリカでは深刻な飢餓状態が依然として続いている。その大きな要因は、食料市場や農地取得に流れ込む投機的な資金である。本来ならば農家や食品会社が農産物売買のリスク低下・回避のため行う食料先物取引を目指し、莫大な投機的資金が流れ込むようになった。そしてそれは農産物と食料品の価格を押し上げ、多くの人々を貧困へと追い込んでいる。今月は、その取引の仕組みや問題点、現在広がっている影響について報告する。


≪New Internationalist英語版 No.447 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

5 ワンガリ・マータイを偲ぶ(1940-2011)<翻訳>
日本でも「もったいない」でよく知られ、2004年にはノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイが今年9月、この世を去った。彼女の活動の足跡を振り返る。

6 今月のニュースのタネ
・ニカラグア総選挙(11月6日)
ダニエル・オルテガはすでに過去の男なのか?
・女性に対する暴力撤廃の国際デー(11月25日)
「名誉」のための殺人も罪であることを認めたレバノン。
・国連気候変動会合開会(11月28日)<翻訳>
気候変動への本気の取り組みを求めるモルディブ。
・選挙後の暴力に今も苦しむコートジボワール<翻訳>
昨年10月の大統領選挙の後から暴力が激化し、多くのコートジボワール人がリベリアへの避難を余儀なくされている。そこには、悲惨な体験をくぐり抜け、トラウマを背負う子どもたちの姿もあった。
・インターネットを気にしすぎ
エジプトのカイロから英国のロンドンまで、多くの人々がインターネットでつながって大きな波となった。政府がインターネットに神経をとがらせていることは間違いないが、度が過ぎるのではないかと英国のコメディーライターで活動家のスティーブ・ペリーは考える。
・10年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

11 生きるための劇団
暴力が吹きすさぶグアテマラ。そんな状況の中でも生き延びていくために、若いアーティストたちによるパフォーマンスグループ、Caja Ludicaが活動している。しかし彼らに対しても、徐々に暴力の手が伸びてきた。

特集:飢餓と金融

16 新たなゴールドラッシュ<翻訳>
商品取引投機家が食料市場に参入し、世界の最も貧しい人々を悲惨な状況に追い込んでいる。その構図をヘイゼル・ヒーリーが報告する。

19 食べ物に投機する人々<翻訳>
もともとは、農家や食品会社のリスク低下・回避の手段であった食料先物取引。しかし今では、投資銀行、年金基金、一般の人々、穀物トレーダー、ヘッジファンドが投機目的で参入している。彼らが狙うのは、安定した価格での小麦や大豆の売買ではなく、価格変動による差益なのである。

20 食料への投機 - その事実<翻訳>
世界的な問題となっている食料への投機とは、どのような背景から出てきた問題で、現在いかなる影響を及ぼし、誰がその勝者と敗者になっているのか。グラフと数字で見てみよう。

24 アクション/参考文献
食料と農地への投機を抑制し、食料の安全保障を図る方法は多数存在し、中には短い時間でできることもある。そんな活動を行う団体を紹介しよう。

25 社会を揺さぶる人々:ロージー・オロスコへのインタビュー<翻訳>
メキシコにおける人身取引、性的搾取との闘い。

26 漂流するロシア
ソビエト連邦の崩壊から20年。目標を見失い、ひどく複雑でなんだか気難しい国になったロシアの現状を分析する。

30 世界の国のプロフィール:イラク

32 宗教的な学校は社会に悪影響をもたらすのか?<翻訳>
宗教的な学校はどんな教育を行い、子どもたちにどんな影響を与えるのか? 宗教的な学校は、より良いコミュニティー作りに役立っているのか?……ヒューマニストのアンドリュー・コプソンと、フェミニスト、カトリック神学者のティナ・ビーティーが、真っ正面からぶつかり合い、火花を散らす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
笑いも叫びに見えるような状況に置かれているエジプトについて、友人たちと語り合う。

38 インタビュー: マイケル・モーパーゴ
日本でも『世界で一番の贈りもの』や『モーツァルトはおことわり』などの児童文学作品で知られるマイケル・モーパーゴが、平和について、子どもたちから感じること、作品への思いなどを語る。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版135号 目次≫
(本文は日本語です)

1 新たなゴールドラッシュ(NI p16-18, 22-23の翻訳)
商品取引投機家が食料市場に参入し、世界の最も貧しい人々を悲惨な状況に追い込んでいる。その構図をヘイゼル・ヒーリーが報告する。

7 食べ物に投機する人々(NI p19の翻訳)
もともとは、農家や食品会社のリスク低下・回避の手段であった食料先物取引。しかし今では、投資銀行、年金基金、一般の人々、穀物トレーダー、ヘッジファンドが投機目的で参入している。彼らが狙うのは、安定した価格での小麦や大豆の売買ではなく、価格変動による差益なのである。

8 食料への投機 - その事実(NI p20-21の翻訳)
世界的な問題となっている食料への投機とは、どのような背景から出てきた問題で、現在いかなる影響を及ぼし、誰がその勝者と敗者になっているのか。グラフと数字で見てみよう。

10 宗教的な学校は社会に悪影響をもたらすのか?(NI p32-34の翻訳)
宗教的な学校はどんな教育を行い、子どもたちにどんな影響を与えるのか? 宗教的な学校は、より良いコミュニティー作りに役立っているのか?……ヒューマニストのアンドリュー・コプソンと、フェミニスト、カトリック神学者のティナ・ビーティーが、真っ正面からぶつかり合い、火花を散らす。

12 ONLY PLANET(NI p36からの翻訳)
地球人が気づいていないこと?

13 ニュース&オルタナティブ
・ワンガリ・マータイを偲ぶ(1940-2011)(NI p5の翻訳)
日本でも「もったいない」でよく知られ、2004年にはノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイが今年9月、この世を去った。彼女の活動の足跡を振り返る。
・国連気候変動会合開会(11月28日)(NI p8の翻訳)
気候変動への本気の取り組みを求めるモルディブ。
・選挙後の暴力に今も苦しむコートジボワール(NI p9の翻訳)
昨年10月の大統領選挙の後から暴力が激化し、多くのコートジボワール人がリベリアへの避難を余儀なくされている。そこには、悲惨な体験をくぐり抜け、トラウマを背負う子どもたちの姿もあった。
・社会を揺さぶる人々:ロージー・オロスコへのインタビュー(NI p15の翻訳)
メキシコにおける人身取引、性的搾取との闘い。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか

1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年10月号■■

狙われる豊かな自然と先住民族の怒り
Nature’s defenders - Can indigenous people save the planet?

●今号の内容●

ダム、石油、天然ガス、鉱物資源、木材、薬効植物、プランテーション建設…。さまざまな理由で、豊かな森林やその土地が狙われている。特に、森の恵みに頼り、今でも固有の価値観を保ちながら伝統的な暮らしをおくる先住民族にとって、森の破壊や強制的な移住は死活問題である。豊かな自然の中に先祖代々暮らしているというだけで、企業の利潤追求方針と国家の都合にほんろうされ、より困難な状況に追い込まれる先住民たち。今月は、ペルー・アマゾンを訪ね、ダム建設をめぐって企業、国と対立し、厳然たる決意で渡り合う先住民族の現状と問題を報告する。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.446 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・パンチャシラの日(10月1日)
忘れられたインドネシアの虐殺。
・世界ハビタットデー(10月3日)
下水の浄化水による野菜作りで成功したケニアのスラム住人。
・掘っ立て小屋に住む人々の勝利
約束を破って土地を取り上げようとした政府へ抗議した人々の抵抗。
・アフガニスタン侵攻から10年(10月8日)<翻訳>
本当の正義にいまだ手の届かないアフガニスタンの女性たち。
・ヨーロッパの「怒り」による行動の日(10月15日)
5月からふつふつと燃えたぎるスペインの怒りがヨーロッパ中に広がる。
・世界人口70億人へ(10月31日)<翻訳>
人口の時限爆弾とはホラ話? それともホラー話?
・ソマリアの飢餓は誰のせいなのか<翻訳>
支援物資の不足でも気候のせいでもない。それは、純粋に政治のせいである。
・20年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

---------------------------------------------------------------
特集:先住民族vs企業権力

12 衝突する守護者たち<翻訳>
自然を守ろうとする守護者と、企業利益と資本主義原理を守ろうとする守護者の衝突が起こっている。

14 命を懸けた闘い<翻訳>
ペルーの首都リマから車とボートで21時間のアマゾンの奥地に入った本誌バネッサ・ベアード。そこには、発電用ダムの建設計画によって、先祖代々の土地と生活に欠かせない自然を奪われる危機に直面しているアシャニンカ民族がいた。彼らがダム建設に強硬に反対する理由とは。

19 環境のディフェンダーってどんな人たち?<一部を翻訳>
ペルーでは、多くの人々が環境を守るために闘っている。そんな守護者(ディフェンダー)の一部を紹介しよう。

22 現実にもあるアバターの世界<翻訳>
2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』。その舞台は、うっそうとした森に覆われた衛星パンドラ。そこには青い皮膚を持つ住民がいるが、彼らは希少鉱物を探しに来た人間たちに対処せざるを得なくなった。ファンタジーの世界だが、この映画のテーマが浮き彫りにするのは、外部の人間の手によって破壊がもたらされる先住民族コミュニティーの経験である。しかし現実の世界では、先住民族は法律と国際的な連帯によって組織的に動き、企業の力に対抗する。世界からそんな闘いをいくつか紹介しよう。

24 農業はイエス! 鉱山はノー!
鉱山に対して先住民族が主導する抗議活動が、ここ数週間ペルー南部を揺るがしている。思いがけず激化したその動きの背景を探る。

28 異なる想像力<翻訳>
現代的な社会とは異なる暮らしをし、資本主義や西洋的なものとは異なる価値観を土台としたコミュニティーを作って暮らす人々。そんな人々の存在や、彼らの考えを想像することが今、求められているのではないだろうか。
---------------------------------------------------------------

29 シンプルなアイデアが導くより良い将来
開発途上国に最適な次世代の自己調整式眼鏡。

30 世界の国のプロフィール:ガンビア

32 給料に上限を定めるべきか?
今日、超大富豪とその他大勢の人々との間に横たわる格差は、かつてないほど大きくなっている。そんなハイパーリッチが手にするあまりにも大きな富、資源、権力、影響力に対し、人々は厳しいまなざしを向けている。では、もしも収入に上限を設ければ、社会的なバランスをとることにつながるのだろうか。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
混沌(こんとん)の中で翻弄(ほんろう)されるエジプトの人々。しかし、秩序よりも混沌に望みが持てるとマリア・ゴリアは言う。

38 インタビュー: デヴィッド・ランドール
プロデューサー、作曲家、Faithlessのギタリストで、Slovoのメンバーでもあるデヴィッド・ランドール。彼の作品を通して見る世界について語る。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版134号 目次≫
(本文は日本語です)

1 衝突する守護者たち(NI p12-13の翻訳)
自然を守ろうとする守護者と、企業利益と資本主義原理を守ろうとする守護者の衝突が起こっている。

2 命を懸けた闘い(NI p14-18の翻訳)
ペルーの首都から車とボートで5時間のアマゾンの奥地に入った本誌バネッサ・ベアード。そこには、発電用ダムの建設計画によって先祖代々の土地と生活に欠かせない自然を奪われる危機に直面しているアシャニンカ民族がいた。彼らがダム建設に強硬に反対する理由とは。

8 環境のディフェンダーってどんな人たち?(NI p19-21の翻訳)
ペルーでは、多くの人々が環境を守るために闘っている。そんな守護者の一部を紹介しよう。

9 現実にもあるアバターの世界(NI p22-23の翻訳)
2009年に公開されたジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』。その舞台は、うっそうとした森に覆われた衛星パンドラ。そこには青い皮膚を持つ住民がいるが、彼らは希少鉱物を探しに来た人間たちに対処せざるを得なくなった。ファンタジーの世界だが、この映画のテーマが浮き彫りにするのは、外部の人間の手によって破壊がもたらされる先住民族コミュニティーの経験である。しかし現実の世界では、先住民族は法律と国際的な連帯によって組織的に動き、企業の力に対抗する。世界からそんな闘いをいくつか紹介しよう。

12 異なる想像力(NI p28の翻訳)
現代的な社会とは異なる暮らしをし、資本主義や西洋的なものとは異なる価値観を土台としたコミュニティーを作って暮らす人々。そんな人々の存在や、彼らの考えを想像することが今、求められているのではないだろうか。

13 ニュース&オルタナティブ
・シンプルなアイデアが導くより良い将来(NI p29の翻訳)
開発途上国に最適な次世代の自己調整式眼鏡。
・アフガニスタン侵攻から10年(10月8日)(NI p8の翻訳)
本当の正義にいまだ手の届かないアフガニスタンの女性たち。
・ソマリアの飢餓は誰のせいなのか(NI p11の翻訳)
支援物資の不足でも気候のせいでもない。それは、純粋に政治のせいである。
・世界人口70 億人へ(10月31日)(NI p10の翻訳)
人口の時限爆弾とはホラ話? それともホラー話?

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
1,019円
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年9月号■■

民衆が待ちわびる「パキスタンの春」
Pakistan - Daring to hope

●今号の内容●

民政になっても軍の強力な影響下にあるパキスタン。近年では、アフガニスタン、インド、米国でのテロや、タリバンとの関係も指摘され、背後には軍や情報機関の存在も取りざたされている。この国に関するそのほかの報道といえば、経済の停滞、汚職、イスラーム原理主義の台頭や、たびたび起こる地震や洪水といった自然災害など、混迷を深める様相ばかりが伝えられる。しかし実は、この国の底流には現在重要な変化の兆候が見てとれる。今月のNIでは、その変化の伏線となる軍、民衆、左翼の現状と影響力について分析し、この国の今後を探る。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.445 目次≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・パレスチナの国家承認がかかる国連総会(9月1~30日):イスラエルとワルシャワの強い結びつきが障害に。
・グアテマラ総選挙(9月11日):「私はグアテマラのために離婚した初めての人間よ」。
・愛国者を産む?:人口減少に悩むロシアが打ち出したキャンペーンとは。
・国際国防システム・設備展 in ロンドン(9月13~16日):死の商人のお買い物。
・ムービング・プラネット行動デー in アフリカ(9月24日):気候変動対策の失速を防ぐために。
・メールで離婚のタジキスタンの女性たち:ロシアに出稼ぎ中の夫から「Talaq, talaq, talaq」(talaqは離婚の意)とだけ書いたメールで離婚を告げられ、経済的苦境に陥る妻たちへ支援について。
・氏名変更を勝ち取ったエクアドルのジェンダーの闘士:男性名を名乗っていたトランスジェンダーの人が、エクアドルで初めて女性名への変更を許された。
・15年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

----------------------------------------------------------------
特集:パキスタン

12 パキスタンに希望はあるのか<翻訳>
政府情報機関が背後にいるとされる国内外でのテロ、米国によるビンラディン殺害の背景、政治家や役人の腐敗、宗教がらみの要人暗殺、タリバンへの支援……。各種報道には、この国の混乱状態と末期的な症状に関するものが多く見受けられる。では、その背後には何があるのか、この国はどこへ行こうとしているのか。そしてまた人々は、混迷のトンネルを抜ける希望を見つけているのだろうか。

15 イスラーム教の冒涜と法<翻訳>
イスラームの神を冒涜(ぼうとく)した場合、極刑が下されることもあるパキスタンのイスラーム教冒涜罪。この法律は、少数派宗教の弾圧と宗教感情の強化に利用されている。しかし驚くことに、この法律を支えるような解釈は、イスラームの教えの中には見られないという。この法律にはどんな背景があるのか。

20 戸籍のない少年と教育の機会
孤児院で暮らす高校生の少年。彼は成績が優秀で、大学受験資格を取得した。しかし戸籍にあたるものがなく、両親も不明な彼は、受験に必要な書類を用意できず、受験を認めてもらえない。受験への道を切り開くべく、彼は闘っていく。

22 自立と復興の精神<オンラインリポートに掲載予定>
2010年、パキスタン北西部のハイバル・パフトゥンハー州を襲った大規模な洪水。1年以上が過ぎたが、その傷跡は町や村だけでなく人々の心にも残っている。だが一方で、自立に向けた復興と回復のプロセスは着実に進んでいる。
※NI日本版の「日本での動き」では、災害直後から現地で緊急援助活動を行った日本のNGO「ジェン」について報告しています。
http://www.jen-npo.org

24 貴重なパキスタンの歴史遺産
5000年あまり昔から文明が栄えたパキスタンとその周辺地域。インダス文明の遺跡として有名なモヘンジョダロやガンダーラ時代のタキシラなどは、世界遺産としてもよく知られている。そんなパキスタンの偉大な遺跡を紹介する。

26 パキスタンの左翼の軌跡<要約>
パキスタンの左翼活動は海外で始まり、1947年のパキスタン・インド独立後しばらくは、作家協会がベースとなった。長い間政府に弾圧され、多くの血が流されたが、最近ではその苦労が実って労働者の賃上げなど社会変革の一端を担うようになった。一貫して民主主義の文化を追求してきたその歴史と、最近の成果について報告する。

28 パキスタン ― その事実<翻訳>
人口、国民所得、教育、援助、死亡率と平均寿命、宗教、国防、保健医療、汚職に関するデータ。

----------------------------------------------------------------

29 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、10年を迎える9.11後の米国の動きを振り返る。

30 世界の国のプロフィール:アルメニア

32 アフリカへの援助は投資に置き換えるべきか?
経済が好調のアフリカでは、援助の在り方について関心が高まっている。今月は、ナイジェリア出身のジャーナリストで地域開発委員会役員のドニュ・コグバラと、エチオピア出身で英国の援助団体クリスチャン・エイド職員でタックス・ジャスティス・ネットワーク・アフリカの代表も務めるデレイ・アレマイエが、真正面から激論を闘わす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。
http://www.cartoonmovement.com

37 カイロからの手紙
革命モードが続くエジプトで、ジャーナリストたちとって初めて報道の自由をかみしめることができる時代がやってきた。

38 実現したオーストラリアのエコシティー
10年の歳月を経て完成したオーストラリアのアデレードにあるクリスティーウォーク。このコミュニティーは、持続可能な生活の最高のお手本であり、人々の創造性を刺激する。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版133号 目次≫
(本文は日本語です)

1 パキスタンに希望はあるのか(NI p12-19の翻訳)
政府情報機関が背後にいるとされる国内外でのテロ、米国によるビンラディン殺害の背景、政治家や役人の腐敗、宗教がらみの要人暗殺、タリバンへの支援……。各種報道には、この国の混乱状態と末期的な症状に関するものが多く見受けられる。では、その背後には何があるのか、この国はどこへ行こうとしているのか。そしてまた人々は、混迷のトンネルを抜ける希望を見つけているのだろうか。

9 イスラーム教の冒涜と法(NI p15の翻訳)
イスラームの神を冒涜(ぼうとく)した場合、極刑が下されることもあるパキスタンのイスラーム教冒涜罪。この法律は、少数派宗教の弾圧と宗教感情の強化に利用されている。しかし驚くことに、この法律を支えるような解釈は、イスラームの教えの中には見られないという。この法律にはどんな背景があるのか。

10 パキスタンの左翼の軌跡(NI p26-27の翻訳)
パキスタンの左翼活動は海外で始まり、1947年のパキスタン・インド独立後しばらくは、作家協会がベースとなった。長い間政府に弾圧され、多くの血が流されたが、最近ではその苦労が実って労働者の賃上げなど社会変革の一端を担うようになった。一貫して民主主義の文化を追求してきたその歴史と、最近の成果について報告する。

12 パキスタン ― その事実(NI p20の翻訳)
人口、国民所得、教育、援助、死亡率と平均寿命、宗教、国防、保健医療、汚職に関するデータ。

13 日本での動き
経済から治安まで、困難が続くパキスタン。それに加え、しばしば自然災害にも見舞われ、昨年は洪水で大きな被害が出た。だが現地の人々は、日常的な困難に輪をかけて苦労を強いる天災に遭っても、外部の力を借りながら立ち直っていく。今月は、日本のNGOが昨年から今年にかけて行った洪水支援について報告する。
●緊急事態を脱するための自立支援 認定NPO法人 ジェン http://www.jen-npo.org

13 アクション! ─ 何かする・もっと知る
・日本の団体と参考ウェブサイト、本、資料などの情報。

14 ニュース&オルタナティブ
・実現したオーストラリアのエコシティー(NI p38の翻訳)
10年の歳月を経て完成したオーストラリアのアデレードにあるクリスティーウォーク。このコミュニティーは、持続可能な生活の最高のお手本であり、人々の創造性を刺激する。
・国際国防システム・設備展 in ロンドン(9月13~16日)(NI p8からの要約)
死の商人のお買い物。
・ムービング・プラネット行動デー in アフリカ(9月24日)(NI p9からの要約)
気候変動対策の失速を防ぐために。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか
おすすめの購読プラン

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.