日経おとなのOFF 発売日・バックナンバー

全118件中 76 〜 90 件を表示
713円
■Special 美しい所作と正しい作法を身に付ける

●歩く、座る、お辞儀をする … 茶道の美しい基本所作
●能のメソッドに学ぶ 和の呼吸法で心と体を整える
●老けて見えるのは、姿勢が原因? 猫背を正すだけで見違える立ち姿に
●Interview 枡野俊明さん 「立ち居振る舞いを調えれば心も調う」
●歴史的分岐点は江戸時代 !? 坐り方に見る日本文化
●心に残る日本旅館 星のや 京都のおもてなしに学ぶ
●基礎からおさらい、箸と器の扱い方 和食を品よくいただくには
●小物使いひとつでワンランク上の人に見られる 風呂敷、懐紙、扇子 和の三大名品の使いこなし方
●知らないうちに禁を犯していませんか? 和室の所作べからず集
●ビジネスシーンのマナーマネジメント 取引先からー目置かれる人、仕事がうまくいく人の振る舞いとは?
●あなたも相手の心に残る手紙が書ける 「手紙上手」 になる10の法則
●いつものそのフレーズ、NGです 好感度を上げる 美メールの作法
●ペンの持ち方を変えるだけで、字は変わる! 美文字を書くための3大メソッド
●本当のことを覚えておけば急な列席も怖くない 永久保存版 冠婚葬祭、これが正式マナー


■櫻井 寛 「A列車で行こう」 から 「SL人吉」 まで

●熊本発ジョイフルトレインの旅

■誇りの地巡礼

●Vol.34 西伊豆 ・ 中伊豆


■美術展の1枚、美術館の1枚

● 「伊藤若冲」


■Check The News!

●世界No.1バーボン ・ ジムビームでバーボンの新しい楽しみ方 「クールバーボン」 を味わう


■松田 美智子の口福の調理器具 (2)

●読者アンケートのお願い
●読者から/編集部から/次号予告
713円
■30歳を過ぎたら
やせ方を変える必要があります
おとなに効くダイエット

■“奇跡の57歳”Dr.南雲の軽量化大作戦

■目指すは腸内細菌活性化
“やせる腸”の作り方
・肥満の原因は腸内環境にあった
・決まった時間に食事を取る「定時食」の勧め
・“やせる腸”を作る身近な食材図鑑

■食べる順番を変えるだけでやせる

■糖質制限食でやせる
・おやじダイエット部 桐山秀樹さんが変身
 糖質制限食で20kg減&血糖値も正常化!
・難しい理論と無縁ですぐできる
 糖質制限食ダイエット
・糖質制限食実践のための6カ条
・食品別・糖質一覧表

■伊達式ダイエットでやせる
・読者3人の1週間食事ドッグ
・「しっかり食べてやせる」伊達式の○と×
・丼物、定食、麺類…
ビジネスマンの3大ランチ食べていいものは?
・居酒屋食で太らないための2大鉄則
・「朝食をしっかり」は迷信!?
・ダイエット最新キーワード辞典

■糖尿、高血圧でもダイエットはできる?
持病のある人はここを気を付けなさい!

■白澤式ダイエットでやせる
・脂肪が燃える“ケトン体”体質になる
・生ジュースだけの朝食が太らない体をつくる

■おいしい“やせ鍋”10選
■ダイエットにいい油 悪い油
■漢方薬のやせる力
■「飲むだけ」でやせるお茶
■太らない酒の飲み方
■今日から使えるダイエット本

■櫻井 寛
「新島八重の故郷 会津の旅」

■櫻井 寛セレクト
「新作 駅弁対決」

■誇りの地 巡礼 Vol.33 鹿島、太良

・読者アンケートのお願い

・美術展の1点、美術館の1点
徳川家の名品

・Check The News!
東京・日比谷の「ゴルフゾンアカデミー」で
最新ギア使用、個人レッスンも受けられる
オンラインシミュレーションゴルフに挑戦

・松田美智子の
口福の調理器具①



713円
【巻頭特集】Special 1 2013年 絶対見逃せない美術展


美術界の重鎮、高階秀爾さんが語る
2013年美術展動向と注目の名画 大物画家回顧展の “当たり年”

ルネサンスの頂点を極めた 三巨人の実像に迫る
●ダ ・ ヴィンチの画才はマルチな才能の一つにすぎない !?
全油彩作品を誌上で一挙公開 代表作は 『モナ ・ リザ』 ではなく 『最後の晩餐』
●ミケランジェロはルネサンス期最高のアーティスト
力感あふれる肉体美を描き切った彫刻と壁画を俯瞰する
●ラファエロが 「聖母子像画家」 と呼ばれる理由
 一生に一度は会いたい聖母子像15点 フィレンツェ初期代表作 『大公の聖母』 が来日
●異邦人画家エル ・ グレコが生涯描いたテーマ ベスト ・ オブ ・ 『受胎告知』 はどれ?
●絵画を量産したルーベンスマジック
 当代きっての売れっ子ルーベンス工房に学ぶ 大作の “大量生産態勢”
●遅れてきた大物画家 ターナーを知る8つのKeywords
●モネとルノワール 印象派の二巨匠徹底比較
●ここに注目! モネの 「連作」
 生涯、光を追求した画家 その眼差しの深化を見る
●ここに注目! ルノワールの 「女性像」
 万人受けする幸せな女性像 曲線の柔らかさに癒やされる
●ゴッホが印象派? だった頃 貪欲に挑戦を続け画業の基盤を築いたパリでの2年間
● “混乱こそわが真実” ベーコンの奇妙な世界

interview
●The Price Collection ザ ・ ラスト ・ 若沖 in Japan これが最後の里帰り!
 プライスさん夫妻が語り尽くす 伊藤若沖の魅力と魔力
●「書」を芸術の域に高めた王 羲之 『蘭亭序』 の謎に迫る
●時代が生んだ英雄、ロバート ・ キャパの作品から
 報道写真家 「不肖・宮嶋」 が選ぶこの8枚

鼎談
●美術界の “目利き” が太鼓判 2013年必見の美術展
●2013年の主役は生誕150年のムンク 故郷ノルウェーで大回顧展
●読者50組100名様を2013年注目の美術展にご招待!

誇りの地巡礼
●Vol.32 堺

櫻井 寛 ユーレイルパスで行く
●『フランス&スペイン 世界遺産の旅』

Check The News!
●来夏、東京の三井記念美術館で 「大妖怪展」
日本の妖怪は中世から近代にかけてどのように変わってきたのだろうか

●読者アンケートのお願い
●読者から/編集部から/次号予告

△連載 「美術展の1枚、美術館の1枚」 は休載します。

【特別付録】2013年必見の美術展ハンドブック
713円
【巻頭特集】Special 1
日本を代表する2つの神社 入門
  伊勢神宮 出雲大社

天上天下の主として、誕生した天つ神・天照大御神を祀る伊勢神宮と、
国つ神の筆頭・大国主大神を祀る出雲大社。
悠久の歴史のなかで変わることなく日本を見守り続けた2つの神社が、
2013年、奇しくも同じ年に「遷宮」を迎える。歴史的な行事に先駆け、
改めて日本を代表する2つの神社について学ぼう。

■伊勢神宮&出雲大社
◆解体新書
◆創建・御祭神 神話に彩られ、謎に満ちた創建の歴史
◆建築様式・鳥居 日本最古級の建築様式の特徴
◆御神体・神使・祭主 誰の目にも触れない御神宝と、祭主の役割
◆別宮・摂社・末社 主祭神ゆかりの神々が鎮座する別宮・摂社・末社
◆Column 権力との関係性

■天つ神と国つ神の世界
◆伊勢&出雲の神様とは何か
◆伊勢&出雲ゆかりの神様オールスターズ
◆歴史的瞬間が間近に迫る! 遷宮の謎
◆内宮・外宮、出雲大社から足を延ばして参拝したい 伊勢、出雲ゆかりの神社
◆伊勢&出雲参拝マップ
◆伊勢・出雲エリアだけではない! 天照大御神&大国主大神を祀る神社
◆伊勢神宮と出雲大社の正しい参拝作法を知る
◆伊勢神宮の御祈祷 神様に御神楽を捧げる
◆Column 伝承される伊勢、出雲の里神楽

■伊勢神宮の祭り
◆伊勢神宮の三節祭
◆新嘗祭

■出雲大社の祭り
◆三大祭の献穀祭や古伝新嘗祭
◆神在祭
◆伊勢神宮と天皇陛下
◆大ブームとなった江戸期の伊勢詣で
◆古典のなかの伊勢・出雲詣で
◆古美術のなかの伊勢 ・ 出雲詣で
◆参拝に役立つ博物館巡り 神宮の秘められた 「技」と「美」を知る
◆東京国立博物館で特別展 超高層神殿が示す出雲大社の栄華


【特集2】Special 2
『古事記』 とは何か

◆これだけは押さえておきたい基礎知識 『古事記』 の本質に迫るQ & A
◆『古事記』と『日本書紀』 との違いは?
◆神代から飛鳥時代までの壮大な歴史ロマン『古事記』の概略年表
◆神と人、生者と死者が共存する 『古事記』 の舞台

■5分で読める 『古事記』 あらすじ
◆その一 上巻 1 天地創造からオホクニヌシまでの国造り神話
◆その二 上巻 2 国譲り、天孫降臨、そして海幸彦と山幸彦が登場
◆その三 中巻 神武天皇から応神天皇に至る伝説の天皇の御世
◆その四 下巻 仁徳天皇から推古天皇までの天皇家ヒストリー
◆Column 仏語訳したフランス人研究者が語る 『古事記』 の魅力


【連載】
■誇りの地巡礼 Vol.31 北九州

■櫻井 寛 シアトル経由、最短ルートで行く
『冬のアラスカ鉄道&オーロラ紀行』

■美術展の1枚、美術館の1枚
ジョルジュ ・ ルオー

■Check The News!
奈良博で11月12日まで 「正倉院展」。
人気書家が語る今年見ておきたい宝物


●読者アンケートのお願い
●読者から/編集部から/次号予告
713円
【巻頭特集】special1
ルネサンスからポスト印象派まで
名画で学ぶ美術の歴史
白熱 西洋美術教室

 ★☆★☆★ 本誌綴じ込み特別付録:メトロポリタン美術館展 完全ガイド ★☆★☆★

この秋は話題の美術展が目白押し、日本にいながら西洋絵画の世界的な名品を堪能できる。
名画と対峙する貴重な時間を無駄にしないためにも、予習は必須。
そこで当代一流の専門家を講師に迎え、次代を追いつつ西洋美術の流れを解説する教室を開講。
読み進めるうちに、断片的だった知識も一つにつながるはずだ。

■画家の活躍した時代が分かる 美術史年表

[1時限目]ルネサンス(14~16世紀)
◆レオナルド・ダ・ヴィンチは傍流!? ルネサンスの本流はミケランジェロ
◆ルネサンス最大の巨匠とされる理由は? ミケランジェロが残したもの
◆お国柄でこんなに違うルネサンス絵画
◇特別授業:絵画の技法革命/トレドで開花したマニエリスム

[2時限目]バロック(17世紀)
◆バロックの幕開けは“逃亡者”カラヴァッジョから
◆ポスト・カラヴァッジョ 光と闇を継ぐバロックの巨匠たち
◆フェルメール&レンブラント オランダ黄金時代の“市民画家”2人
◇特別授業:画家を育てたパトロンたち/バロックの偉才ベラスケス

[3時限目]ロココ(18世紀)
◆ロココを彩った2人のファッションリーダー
 ポンパドゥール夫人vs.マリー・アントワネット
◆ヴァトー&フラゴナール 人々を魅了した「雅宴画」の世界
◇特別授業:食卓を描いた静物画の歴史

[4時限目]新古典主義(18~19世紀)/ロマン主義(19世紀)
◆アングルvs.ドラクロワ 緻密な新古典から“熱い”ロマン主義へ

[5時限目]写実主義(19世紀半ば)
◆“真実”に目を向けたゴヤ、ドラクロワ、ターナー シャーナリズム絵画の誕生
◆フランス写実主義が開花

[6時限目]印象派(19世紀後半)
◆誌上「第1回印象派展」モネ、ルノワール…あの大物画家が出品した自信作は?
◆ゴーガン、スーラ、ルドンも出展 次代の画家たち参加の「第8回印象派展」
◆高橋明也・三菱一号館美術館館長セレクト 日本で見られる印象派の名品
◆画家は死に向かっていたのか ゴッホ「最後の14カ月」

■西洋美術の軌跡がたどれる 世界の10大美術館
 ウフィツィ美術館(イタリア)/ヴァチカン美術(ヴァチカン)/ベルリン国立美術館(ドイツ)
 プラド美術館(スペイン)/アムステルダム国立美術館(オランダ)/ルーヴル美術館(フランス)
 ナショナル・ギャラリー(イギリス)/オルセー美術館(フランス)/エルミタージュ美術館(ロシア)
 メトロポリタン美術館(アメリカ)
■Interview 美術と小説とが交差するとき
 原田マハ『楽園のカンヴァス』/髙樹のぶ子『マルセル』
■西洋絵画が息づく小説・エッセー
■西洋美術の名品が見られる美術館一覧


【特集2】special2 特別展「中国王朝の至宝」関連企画
 三好和義 撮り下ろし「中国王朝のロマン」

【連載】
櫻井 寛 電車とバスと徒歩で行く
まんが王国「鳥取の旅」

誇りの地 巡礼 Vol.30 「行田」

Check The News !
16時間半があっという間の快適さ
今注目の北欧2首都を結ぶ 大型客船バルト海クルーズ

読者アンケートのお願い

読者から/編集部から/次号予告


※美術展の1枚、美術館の1枚は休載します
713円
【巻頭特集】special1
漢字に親しむ
おとなの漢字実戦講座

パソコン生活に慣れてから、「めっきり漢字が書けなくなった」と感じることは
ないだろうか。漢字文化は今、まさに危機に瀕しているといっても過言ではない。
漢字は、約3000年前から東アジア社会を支え続けた、ほかに類を見ない表意文字。
そして、日本人は最も漢字を使いこなせる民族ともいえるのだ。
おとなだからこそ分かる、広くて深い漢字の世界をひもとこう。

◆読めないと恥をかく 小学生漢字
うっかり書き間違えていませんか?
◆四字熟語を制する者は、漢字を制す!
◆和の風景を伝える漢字
◇漢和辞典の使いこなし術
正しい引き方/基本の読み方/ツウな読み方
知っておきたい メジャー部首48/マイナー部首で中国の歴史を感じる
◆鮨ダネの「魚偏」漢字図鑑
◆1ヵ月で間に合わせる! 「漢検」必勝法
◇Interview 宮崎美子さん(女優)漢検1級合格の道のり、教えます
◆「漢文力」をつける 漢詩・漢文の読み方
◆漢字の歴史【中国編】3000年を超える歴史をたどる
◆漢字の歴史【日本偏】日本語とともに変化していく
◆日本で生まれた漢字の秘密 国字とは何か
◆漢字をアートにする書道
◆美しい漢字は古典の書にある 三筆・三跡とは何か
◆漢字の芸術を味わう美術展
◆「白川文字学」の世界へ 漢字には神様が潜む
◆「白川文字学」を授業に取り入れる 学力全国2位、福井県の漢字メソッド
◆白川静流 人名漢字図鑑
◆名字と漢字の素朴な疑問に答えます
◆地名漢字が語るメッセージ


【特集2】special2
竹あかりのインテリア
伝統美と光のアートに癒される
秋の深まりとともに気なるのが、照明。
今新しく取り入れるなら、伝統が息づく竹あかりに、
空間を委ねてみてはいかがだろうか。
竹特有のしなやかさが生み出すフォルムも美しいが、
光を灯して初めてあかりは完成する。
竹の編み目から漏れる洗練された光は、
見慣れた空間を劇的に変化させ、いつまでも見飽きることがない。

【連載】
櫻井 寛
長野新幹線「あさま」
『各駅停車の旅』 一駅一品探訪

誇りの地 巡礼 Vol.29
秋田白神・八峰

美術展の1枚、美術館の1枚
モーリス・ドニ

読者アンケートの御願い

Check The News
国内最大級のミュージカル劇場 東急シアターオーブの楽しみ方
サントリーホールで「音楽のある展覧会」

読者から/編集部から/次号予告
713円
【巻頭特集】Special
おとなのマナー再点検

高級レストランで料理を携帯電話で撮影、新幹線の座席で取引先と通話、
クールビズだからホットパンツで出社…
その行為は黒か白かグレーか
あなたも迷惑な人になっていませんか

●携帯電話&モバイル新作法
●タクシー、新幹線、エレベーター内、応接室… 上座と下座はどこだ?
●マナーを逸すれば大惨事に 完全おわびマニュアル
●日本大学芸術学部教授 佐藤綾子さんのパフォーマンス学的“おわびの極意”
●Interview ホルスト・シュルツさん[リッツ ・ カールトン 創業社長]
 “伝説のホテリエ”のおわびの哲学
●50代男性に、電話で威張りすぎ注意報!顰蹙を買う電話の敬語遣い
●恥をかかないためのビジネスメールマナー
●日本橋高島屋の研修から出題! 好感度アップの言葉遣いクイズ

■もう一度確認しておきたい冠婚葬祭のマナー
●婚礼編 招待状が届いてから披露宴が終わるまで
●葬儀編 訃報を聞いてから年忌まで
●今どき、いくら包むのが正解? 結婚のお祝いや香典 金額の割り出し方
●祝儀・不祝儀袋の表書き、中袋の書き方
●慶弔で使い分けるふくさの包み方

■旅館 ・ ホテル ・ 飛行機 こんな場所に潜むマナーの落とし穴
●旅館編
●ホテル編
●飛行機編
●高級料亭やフレンチのグランメゾンでどう振る舞う? どう食べる? 外食のマナー
●“迷う場面”での対処法
●料亭で一目置かれる振る舞い
●招福楼 会席料理のいただき方
●グランメゾンの上客たる振る舞い
●アピシウス スペシャリテのいただき方
●和室と洋室とでは作法が異なる 失敗しない訪問のマナー
●Interview 林家正蔵さん [落語家]
 手みやげ上手が教える“外さない”贈り物の作法
●最低限知っておくべき贈るマナー&お返しマナー
●「大人力」の石原 壮一郎さんが伝授 近所付き合いのマナー


■誇りの地巡礼
●Vol.28 奥能登

■櫻井 寛 ユーレイルパスで行く
『いにしえのオリエント急行への旅』

■美術展の1枚、美術館の1枚
●フィンセント ・ ファン ・ ゴッホ


●読者アンケートのお願い
●読者から/編集部から/次号予告
713円
【巻頭特集】Special 1
「座右の銘」の見つけ方

◆言葉のプロが出合った座右の銘
・桂 三枝さん[落語家]
・阿川 佐知子さん[エッセイスト]
・金田一 秀穂さん[国語学者]
・見城 徹さん[幻冬舎社長]

◆ジャンル別 珠玉の名言集
 こんなとき心に響く 偉人たちの言葉
・最高の人生を送る
・人生をがらりと変える
・心を豊かにする、人生が楽になる
・自分を磨く、何かにチャレンジする
・人間関係が良くなる
・仕事や社会生活がうまくいく
・リッチになる、お金で苦労しない
・老いや病、試練に負けない
・変愛・結婚を成就させる
・勇気や自信が湧く

◆売れている「座右の銘」本 著者が選ぶ最高の名言
・『座右の「名言」』 著者、齋藤 孝さん
・『3秒でハッピーになる名言セラピー』著者、ひすい こたろうさん
・『逆境に打ち勝った社長 100の言葉』著者、夏池優一さん

◆歴史のなかの名言
・時代をつくったカリスマ起業家の名言
・日本を代表する起業家の名言
・生き抜くための戦国武将の名言
・心を動かす力がある大物政治家の言葉
・諸子百家の賢人の名言
・オリンピックスペシャル アスリートの言葉はなぜ心を打つの

◆対談
山田太一さん(脚本家)× 紺野 美沙子さん(女優)
芝居や本で出合った私の大切な言葉

◆2012年入社式プレイバック 社長が新入社員に贈った名言
◆神経行動学者が教える 「座右の銘」 との付き合い方
◆ジョブズのスピーチで分かる 名言を引用するときのポイント
◆座右の銘を書いたはがき、一筆箋を贈る
◆人気書家に聞いた 座右の銘の書き方・飾り方


【特集2】Special 2 2012年夏 絶対見逃せない美術展
夏の美術展カレンダー/夏の美術展ガイド/10月以降の注目美術展/開催美術館DATA

【特集3】爽快!台湾温泉
~ 台北から日帰り温泉の旅へ ~ 北投温泉/陽明山温泉/烏來温泉


【連載】
■誇りの地巡礼
●Vol.27 魚沼


■櫻井 寛 山形新幹線 「つばさ」 『各駅停車の旅』
●一駅一品探訪(112p)


■Check The News!
●ウイスキーや焼酎だけじゃない 節電の夏に新感覚のオン ・ ザ ・ ロック(101p)


■読者アンケートのお願い
■読者から/編集部から/次号予告
713円
【巻頭特集】special
 病気にならない食習慣

◆ベストセラー医師の食日記
『「空腹」が人を健康にする』南雲吉則さん
『体温を上げると健康になる』斎藤真嗣さん

◇あなたの体内を雄弁に物語る
健康診断結果の読み解き方
血圧/血糖値/脂質/r-GTP/尿酸値/貧血

ダイエットカウンセラー 伊達友美さん
食べても太らない習慣

◇武術研究科・甲野善紀さん
「禁糖」で体が研ぎ澄まされる

◇脳科学者・澤口俊之さん
 脳が老化しない食事を語る

◇うつも食べ方が原因だった!?
 心を蝕む“低血糖症”の怖さ

◇糖質カット生活を助ける食品

◇「発酵食堂 豆種菌」
長野真行シェフのやさしい・おいしい・ヘルシー
「塩麹」レシピ

◇免疫力を上げる
「発酵食品」図鑑

◇発酵ブームの元祖は江戸時代にあり
『豆腐百珍』とは何か

◆若く見える人の食卓
石田純一さん/工藤公康さん

◇体に効く 野菜の食べ方図鑑

◇「長寿日本一」宣言の
沖縄・大宜味村に学ぶ長寿村の食生活

◇「ベージュアラン・デュカス東京」小島 景シェフ直伝
おいしくて体にいい肉のレシピ

◆外食、旅で健康になる
ランチ オフィス街の“食べて健康になる食堂”
宿   名湯×マクロビで体の中と外から元気に
断食  楽しみながらできる週末ファスティング

◇「漢方」では食が最も重要な薬である
最古の“健康法”は、2000年前の中国にあった!

◆戦国武将の長寿食
徳川家康(享年75)/宇喜多秀家(享年84)
天海(享年108)/大久保彦左衛門(享年80)
毛利元就(享年75)/鍋島直茂(享年81)

◇病気にならない 酒の飲み方

◇三日坊主では意味がない サプリメントの鉄則


【連載】櫻井 寛 電車とバスと徒歩で行く
「平清盛 ゆかりの地」
そのニ 安芸・壇ノ浦編

誇りの地 巡礼
vol.26 鶴岡・庄内

Check The News!
米キングスダウ社の最高級ベッド
ホテルのコンセプトルームで寝心地体験

美術展の1枚、美術館の1枚
マックス・エルンスト

読者アンケートのお願い

読者から/編集部から/次号予告




713円
【巻頭特集】Special 1

「禅」 の世界へ

●『巨人の星』大リーグボール誕生秘話をご存じですか?
●松岡正剛さん特別講義 「禅」とは常ならぬ世を生き抜くメソッド
●スティーブ ・ ジョブズと「禅」 ~伝説のスピーチに見る禅の思想~
●「禅」の教え
●「禅」の歴史
●中国伝来編
●日本伝来編
●ニッポンの三大禅宗
●臨済宗
●曹洞宗
●黄檗宗
●禅寺の構成
●「禅」が生んだ日本文化
●書院 和室のルーツは書院造
●庭 「禅」庭園の見方
●茶道 茶禅一味の心得
●禅画 教えや悟りを画に込める
●書 禅の悟りを漢詩で表現
●禅の精神が生んだ精進料理
●正しい坐禅の組み方
●禅の教えに触れる参禅体験
●読んで「禅」修行
●禅が分かるアート、音楽、映画
●『十牛図』が教える悟りへの道
●悟りに導く問題集 「公案」とは何か
●名僧たちの「禅」
●疎石
●一休
●雪舟
●良寛
●「禅」を生かした偉人たち
●宮本武蔵
●上杉謙信
●山岡鉄舟
●あの人も禅に影響を受けていた!
世阿弥/松尾芭蕉/西田 幾多郎/平塚 らいてう/夏目漱石/川上哲治
●『超訳 ニーチェの言葉』著者白取春彦さんの超訳 禅の言葉
●心を潤す禅の言葉
●禅僧の名言
●禅の神髄を伝える言葉
●心を軽くする禅の言葉

■櫻井 寛 
トップ・オブ・ヨーロッパ!
ユングフラウ鉄道 開業100周年

■誇りの地巡礼
●Vol.25 西尾・佐久島

■上質な眠りが生活の善きリズムを作ります

■美術展の1枚、美術館の1枚
●ジョシュア・レノルズ

■Check The News!
●東西近郊リゾートホテル とっておきのプラン

●読者アンケートのお願い
●読者から/編集部から/次号予告
713円
【巻頭特集】
Special 1 おとなの江戸学 入門

■江戸時代 Edo period
●家康最大の遺産 人口100万人都市のつくり方
●江戸のもう一つのランドマーク すべては日本橋に集まった!
●“商都” 日本橋の老舗巡り
●日本橋老舗の名物主人に聞く 江戸時代から愛され続ける理由
●江戸の四季
●春は花見 吉宗が植樹した桜名所
●夏は花火 江戸っ子でにぎわう両国
●秋は月見 隅田川や湯島で月見酒
●冬は雪見 見晴らしのいい堤や坂が名所に
●江戸のファッション 花魁や歌舞伎役者がお手本
●長屋の庶民に学ぶエコ生活
●落語で分かる江戸の名所
●『空からの眺め―大江戸八百八町』展 タワーから眺めたような浮世絵師たちの視点の妙
●江戸は武家屋敷だらけ ここは何藩の跡地だった?
●川跡からたどる江戸の面影
●専門家のお薦めランキング 坂道、低山、富士塚 江戸を感じる名所
●“江戸っ子14代目”林 えり子ד仏像ソムリエ”宮澤 やすみ 江戸巡拝の作法
●体に優しい “豊かな粗食” 江戸めしに学ぼう
●うなぎ・てんぷら・握り鮨 江戸っ子御用達の三大グルメ
●『日本橋~描かれたランドマークの400年~』展 陸路、水路の十字路 日本橋を錦絵で巡る

■明治・大正時代 Meiji&Taisho period
●江戸から東京に変わる! 東京駅誕生の秘密
●辰野金吾が情熱を注いだ大正の東京駅がよみがえる
●新橋駅~万世橋駅跡を巡る 黎明期の鉄道を物語る赤煉瓦のアーチ探訪
●江戸・明治・大正・昭和・平成が混在する 丸の内歴史建築
●近代日本文学の聖地を訪ねる 東京文学散歩

■昭和時代 Showa period
●昭和のランドマーク 東京タワー誕生秘話
●映画『ALWAYS 三丁目の夕日』制作者が語る 昭和30年代の東京にタイムスリップ
●麻布・白金・高輪にも残る東京の原風景 昭和を見つける裏道散歩
●平松洋子さん[作家]とはしご酒 昭和が薫るおとなの居酒屋
●東京の名喫茶で昭和の音楽に癒やされる

■平成時代 Heisei period
●東京スカイツリーは「和」と「江戸文化」でできている
●東京の原風景と近未来とが共生する 東京スカイツリー散歩
●東京スカイツリー お膝元の職人たち
●『ブラタモリ』 最多出演の岡本哲志さんと行く スカイツリー水路旅
●『ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~』展 東京の“タワーの歴史”をアートで振り返る
●江戸の職人芸を持ち帰る 懐かしの東京みやげ
●東京手みやげ 700年
●新・東京のランドマーク案内


【特集2】
Special 2 万里の長城への道
●緒形 拳【書】×三好和義【写真】

■誇りの地巡礼
●Vol.24 十津川・五條

■Check The News!
●多彩な器の魅力を、見て買って楽しむ 豪華な顔ぶれによる現代工芸新作展

■美術展の1枚、美術館の1枚
●葛飾北斎

■読者アンケートのお願い
■読者から/編集部から/次号予告

713円
■Special 早稲田 VS. 慶應

◆早稲田の顔、慶應の顔 ~ 早慶の有名OB対決 ~
芸術分野/スポーツ界/芸能分野/経済界/政界

◆建学の歴史
・なぜ早稲田には反骨精神があるのか
・早稲田を作った人物相関図
・なぜ慶應は結束が固いのか
・慶應を作った人物相関図
・早大創設者 大隈重信の名演説、
・慶大創設者 ・ 福澤諭吉の金言

◆早慶は歴史的建築で学べる大学である
早稲田の名建築/慶應の名建築

◆早慶イベント歳時記
早稲田カレンダー/慶應カレンダー

◆早慶戦アーカイブ
・ラグビー編“11月23日”の死闘の歴史
・硬式野球編 プロをしのぐ人気だった早慶戦
・“華の早慶戦”を10倍楽しむ

◆早慶戦に行くなら、これだけは覚えよう
・早稲田のカレッジソング/慶應のカレッジソング
・最新研究にも、早慶の違いが!理系の早慶戦
・あなたの知らない母校に合える クイズ早慶アーカイブ
・早慶おとなの社交クラブに潜入!
・近代日本文学をリードする文芸誌 早稲田文学×三田文学
・数字で見る早慶/人気講師が目白押しの社会人講座
・早慶 伝統・名物・ユニークサークル
・名物教授が語る早慶の魅力と課題
・全国早稲田マップ 大阪、九州、シンガポールにも!
・全国慶應マップ 東京と神奈川に集中

◆おとなのキャンパス探訪
・早稲田キャンパス
・三田キャンパス
・元祖B級グルメ「学食」へ行こう!
・バラエティ豊かで財布に優しい 早大生ご用達の美食
・高級店はランチメニューが狙い目 慶大生ご用達の美食
・グルメ垂涎の早慶みやげ/SHOP LIST


■櫻井 寛 東北の絶景桜列車ベスト10

■誇りの地巡礼 Vol.23 長崎、上五島

■Check The News!
春恒例の2大音楽祭 有楽町はサクル・リュスに 上野はタンホイザーに熱狂


■美術展の1枚、美術館の1枚
ポール ・ セザンヌ

■読者アンケートのお願い
読者から/編集部から/次号予告
713円
【巻頭特集】special 1
入門 ニッポンの神様

◆入門 ニッポンの神様
◆ニッポン最強の神様列伝
◆古事記の神々[その一]高天原の神々
◆古事記の神々[その二]出雲神話の神々
◆古事記の神々[その三]天孫降臨以降の神々
◆自然に宿る神々
◆霊山にすまう神々
◆生命を司る神々
◆職業・技芸の守護神
◆外国から来た神々
◆神になった偉人
◆生活に密着した神々
◆神像~姿なきものの像~
◆神社のすべて
◆神社の仕組みを知る
◆神社建築
◆鳥居/しめ縄
◆神使・眷属
◆三種の神器とは何か?
◆神様は何を召し上がる?
◆神社に仕える神職
◆神職の1日
◆神様に思いを届ける“祝詞”の謎
◆「御祈願」ダイジェスト
◆福を呼ぶ三大縁起物
◆神頼みの作法
◆神社の祭礼で奉納される 神楽とは何か?
◆三好和義撮影 遷宮を控えたニッポンの二大神社
◆伊勢神宮
◆出雲大社
◆遷宮とは何か?
◆辰(龍)ゆかりの神社で昇り気流に
◆日本史の主役が連なる皇室の系図
◆ニッポンの神道の歴史
◆神道の行事と恒例祭
◆神社の神宝館探訪

◇櫻井 寛 上越新幹線 『各駅停車の旅』

◇誇りの地巡礼 vol.22 「萩」

■Check The News !
●リゾートエステを楽しむ都会のお屋敷サロン

■美術展の1枚、美術館の1枚
●曽我蕭白

■読者アンケートのお願い
■読者から/編集部から/次号予告
713円
■special 1
おとなの日本語力向上講座

Interview 柳瀬尚紀 さん (翻訳家)
「天才たる日本語を愛しているか愛していないか、それが問題だ!」
◆声に出して読みたい『古事記』
◆日本語に宿る霊力
◆自然、季節、色、気持ち…を表す 美しい日本の言葉
◆間違えやすい慣用句と四字熟語
◆あなたは解けますか? 今どきの中学入試の「漢字問題」
◆おとなの敬語マナー
◆恥をかかない ビジネス敬語
◆フォーシーズンズホテル椿山荘 東京 に学ぶ 接客最前線の心温まる敬語
◆おとなの“メール日本語”
◆「てにをは」&副詞ルールを押さえて 分かりやすい文章の達人になる
◆白川 静が解明 あっと驚く! 人名漢字の意味
◆平安時代の古典から会話術と恋愛術を学べ!
・『源氏物語』の登場人物に見る女性の口説き方
・『枕草子』が説く日本語のマナー
◆文豪の人物相関図
◆鴎外、漱石、太宰、三島…ニッポンの文豪列伝
◆近代文学の名文が誕生する条件とは
◆ジャンル別に読む36冊 ニッポンの文学120年
◆穂村 弘の現代短歌入門
◆石飛メソッドで 美しい「書」入門


■special 2
男の着物 超入門

◆着物で過ごす男のオフタイム 「洋の空間」こそ着物姿が映える
◆泉二 弘明さんが教える 粋な男の「着こなし」
◆最初の一枚は「紬」がいい 失敗しない着物選び
◆これだけあればすぐに着られる 着物デビューの「七つ道具」

◇誇りの地巡礼 Vol.21 「近江八幡」

◇櫻井 寛
電車とバスと徒歩で行く『平清盛ゆかりの地』
その① 伊勢・京・宮島口 編

◇櫻井 寛 2012年『ガンバレ! 東北駅弁ベスト9』

◇読者アンケートのお願い

◇Check The News !
フォーシーズンズホテル椿山荘 東京が20周年
懐かしさとともに味わう“お祝い返し”の美食

◇美術展の1枚、美術館の1枚  草間彌生


●読者アンケートのお願い
●読者から/編集部から/次号予告
713円
■Special 1
2012年 絶対に見逃せない至高の画家 100人の名画

【Part1】フェルメールからダ・ヴィンチまで 来日する5大巨匠の絵を読み解く
●福岡伸一さんが指南! 来日フェルメール全6点踏破
●レオナルドの美女の法則
●“マハ”を巡る4つの謎
●セザンヌの静物画革命
●ポロックの波瀾万丈人生

【Part 2】せっかく日本にあるのに見ないと損 国内美術館が持つ巨匠の名画
●「聖書」と「神話」で、西洋絵画が分かる!
●中野京子さんの日本で見られる「怖い絵」
●こんなに違う「師弟の肖像画」
●ライバル対決!
アングルvs.ドラクロワ
ゴッホvs.ゴーガン
●なぜ日本人は「ルノワール」と「ミレー」が好きなのか
●光を求めて旅するモネ
●キュレーター 林 綾野さんの モネ「睡蓮」マイベスト
●バレエ絵画の芳賀 啓さんが厳選! ドガ「踊り子」マイベスト
●広がりを見せる「印象派」の時代
●“異色の経歴”を持つ画家たち
●1920年、「エコール・ド・パリ」はどうなっていたか
●「愛妻」を描く画家たち
●音楽を描いた画家たち
●“技法”で語るシュルレアリスム

【Part 3】北斎&若冲&岸田劉生 世界が認める日本人画家の系譜
●松方・松岡・大原・石橋 日本が誇る名コレクション
●企業トップが愛した画家たち
●あの画家ならこの美術館
●印象派に影響を与えた浮世絵師たち
●デジタル画像が暴く浮世絵の秘密
●江戸期の大物画家
●日本人画家の描いた少女の秘密
●“日本のピカソ”岡本太郎の生涯
●有名画家の作品が見られる美術館一覧
●美術界の“目利き”3人が太鼓判 [鼎談]2012年必見の美術展

■創刊10周年記念 プレゼント

■櫻井 寛
ヘルシンキ発 北欧4都巡りの旅

■誇りの地巡礼
●Vol.20 祖谷・大歩危

■Check The News!
●不況時にこそ活用したい! オフタイムに得するマネー術

■読者アンケートのお願い

■読者から/編集部から/次号予告


△※連載 「美術展の1枚、美術館の1枚」 は休載します。

日経おとなのOFFの内容

  • 出版社:日経BP
  • 発行間隔:月刊
人生をより豊かにするオフ生活情報誌
仕事も遊びも今が旬。そんなエネルギッシュでアクティブな大人のためのオフ生活情報誌。上質な「旅」「食」「遊」の情報を厳選してお届けします。記者自らが一般客となって、旅館やホテルに泊まったり、レストランで実際に食べてみたりして、本当にいいものかどうかを確認。その上で再取材を行い、記事にまとめるという手法をとっています。 嘘のない信頼性の高い情報を掲載するというのが基本姿勢です。

日経おとなのOFFの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

日経おとなのOFFの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.