Yano E plus(ヤノイープラス) 発売日・バックナンバー

全171件中 16 〜 30 件を表示
《次世代市場トレンド》
『高機能スピーカーの動向』
歌詞が自動にディスプレイされるスピーカー、曲面を利用し音が
聴こえる特殊デザイン、360°全方位特殊機能を持つスピーカーなど

『貨・客のラストワンマイル市場(1)』
貨物のラストワンマイルをギグ・エコノミーが変える

《注目市場フォーカス》
『最新脳科学と応用(4)~人間の認知機能~』 
脳は意識を持つ知能といえる。将来の人工知能が超並列分散
プロッサーを使用する場合、それを統合するものが必要になる。

《タイムリーコンパクトレポート》
『高機能フィルム市場』
次の戦いのフィールドはビヨンド5G、Film to Film
原反+加工+プロセスの技術融合で一段上の性能・品質の実現目指せ

『プラスチックリサイクル市場』
水平リサイクルの価値をブランディングし
プラスチックがもたらす利便性、環境・SDGsへの貢献の訴求を!
《次世代市場トレンド》
『サイバネティック・アバター(CA)』
CAとはロボットや3D映像で示されるアバターや、ヒトの身体的・
認知・知覚能力などを拡張するICT・ロボット技術を含む概念である

『電動化モビリティの市場動向(4) 』
電動化バイク市場はアジアで活性化、生産・販売ともにアジアに注目

《注目市場フォーカス》
『最新脳科学と応用(3)~脳のビッグデータ解析~ 』
画像データを中心に研究が進んでいるが、高次脳機能を理解するには、
行動・認知と脳活動の関連を解析することが必須

《タイムリーコンパクトレポート》
『レーザー照明市場』
端面発光青色レーザーは発光効率50%超え
面発光もゲームチェンジャー狙い、想定活用範囲拡大

『定置用蓄電池(ESS)市場』
事業計画見直しのベストタイミング到来
日系メーカー、今すべきは海外進出“一択”

《トップ年頭所感》
『2023年、世界の不確実性を乗り越えるために。もう一度原点から』
株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

《次世代市場トレンド》
『海水淡水化技術の動向』
人口増加に伴い水需要が増加、水不足の深刻化と淡水資源の
急速な枯渇が、世界の海水淡水化市場の成長を促進する主な要因       

『電動化モビリティの市場動向(3) 』
2030年に国内eVTOL関連市場は540億円、
電動化ボートは125億円

《注目市場フォーカス》
『最新脳科学と応用(2)~脳の情報処理アーキテクチャ~』
コンピューター同様、脳にもOSが存在、
ニューロンから構成されるネットワーク全ての情報処理を統御

『ペロブスカイト太陽電池の研究開発動向』
光電変換効率はシリコン系並みに向上
タンデム型開発の動きも活発化

《タイムリーコンパクトレポート》
『モーションキャプチャシステム市場』
未開拓領域の発見と早期着手が肝
タイプ別メリットを活かした三者三様の持ち味で需要拡張
《次世代市場トレンド》
『高温超伝導のメカニズム』
発見から36年経過も詳細なメカニズムが明らかになっていない。
最近、メカニズム解明に向け大きな前進があり今後の進展が楽しみ

『電動化モビリティの市場動向(2) 』
eVTOL市場は離陸直前、米国・欧州が事業化を競う、日本出遅れ

『IoT市場におけるRFIDの動向③~企業動向編(下)~』
RAIN RFIDがIoT-RFID市場を牽引しつつ、
様々な電池レスセンサーが伸長し、画期的な次世代RFIDも登場

《注目市場フォーカス》
『最新脳科学と応用(1)~脳の神経回路機構~』
脳の部位と機能の関係はかなり明らかになってきた
ただ、働きがどのように脳の機能発現に繋がるのかは大きな謎

《タイムリーコンパクトレポート》
『自動運転システムの可能性』
2025-2026MYに向けて次世代E/Eアーキテクチャの開発加速
センサー,SoCのソーシングが活発化➡新しいゲームチェンジャーは?
《次世代市場トレンド》
『光インターコネクションの動向』
光の高速性・指向性、光ファイバーの軽量性・非干渉性などの特長を
活かすことで、優位性を生み出している

『電動化モビリティの市場動向(1) 』
電動化モビリティは新たなイノベーションを生み出そうとしている

《注目市場フォーカス》
『MEMS技術シリーズ(6)~システム~』
MEMS╱システムとは、「MEMSプロセスで作製された、
何らかの機能を果たす素子をベースに構築された装置・システム」

《タイムリーコンパクトレポート》
『RFIDソリューション市場』
Nice to HaveからMust Haveの時代に
《次世代市場トレンド》
『宇宙エレベーターの現状と展望』
惑星の赤道と静止軌道をケーブルで結ぶことで、
安全かつ安価に、人や物資を輸送できる手段として期待

『2022年、モビリティ環境の変化(2)』
世界のモビリティ市場の大変化に備えたい

『IoT市場におけるRFIDの動向②~企業動向編(上)~』
RFIDの超低コスト化とRFID技術による電池レスセンサーにより、
IoTの普及が加速され、次のステージへ進む

《注目市場フォーカス》
『MEMS技術シリーズ(5)~デバイス~』
様々な電子機器等で使われる多様な製品の高付加価値化を支える
キーデバイスとして、なくてはならない存在

《タイムリーコンパクトレポート》
『車載用リチウムイオン電池市場』
成長戦略の焦点は
「ECO潮流」、「資源・材料確保」、「地産地消」
《次世代市場トレンド》
『凝縮系核反応の動向』
従来の化学反応で1万倍以上の発熱が確認されている
金属結晶内は低温で元素が融合し核種が変換する新奇な現象

『2022年、モビリティ環境の変化(1)』
日本のモビリティ環境を取り巻く、
BEV・CN・ウクライナ侵攻などの影響を読み解く

《注目市場フォーカス》
『MEMS技術シリーズ(4)~ファウンドリー~ 』
サプライチェーンの多様化が不可欠な現代
プロセスの一貫性を維持、生産能力を分配╱シフトすることが可能

『ARグラス市場の動向』
グローバルIT企業やスマートフォンメーカーの参画進む
一般ユーザー向け市場が急増へ

《タイムリーコンパクトレポート》
『協働ロボット市場』
もう自動化は待ったなし
無限の可能性を手に入れる/入れない、どっち?
《次世代市場トレンド》
『次世代有機半導体の動向』
フレキシブル性を保持するゆえに、曲げたりウェアラブルに使用する
ことが可能となるという点で画期的な電子部品の誕生につながる

『IoT市場におけるRFIDの動向①~市場動向編~』
IoT市場ではRFIDの機能でIoTシステムを高度化したり
RFID技術を応用して新型IoTセンサーを開発する動きが活発化

《注目市場フォーカス》
『MEMS技術シリーズ(3)~微細加工技術~』
半導体製造プロセスを基盤にしながらも、LIGAプロセスや
ナノインプリントや様々な加工技術が進展、微細で複雑な加工が可能

《タイムリーコンパクトレポート》
『容器市場』
Scope3含めたCN実現こそ
容器・包材メーカーの責務かつ存在価値

『車載モータ市場』
BEVシフト、安全基準の厳格化といった潮流が顕在することで、
世界の車載モータ需要数は拡大する見通し
《次世代市場トレンド》
『緊急通報システムの動向』
高齢化社会の進展で、緊急通報はずっと身近なものになりつつある
それに伴い、システムも様々なケースに対応して進歩してきている    

『コネクテッドカーの応用分野(2)』
“静的”試験から“動的”試験へ自動車の検査は変わる

《注目市場フォーカス》
『MEMS技術シリーズ(2)~材料~』
ナノテク材料およびバイオテクノロジーなどと融合し、
新機能デバイスの出現を促し、環境・エネルギー、医療などに貢献

『マイクロ波方式ワイヤレス給電システムの動向』
10m先までワイヤレス給電可能なマイクロ波方式のワイヤレス
給電システムがついに解禁、市場が立ち上がる

《タイムリーコンパクトレポート》
『エネルギーハーベスティング』
眼前のライバル(電池)との併用での実績化こそ近道
デバイス市場
《次世代市場トレンド》
『燃料電池用触媒の動向』
燃料電池用触媒として高価なPtが多用されているが、
機能や耐久性を高めてPtの使用量を減らすことが、急務    

『コネクテッドカーの応用分野(1)』
新型車の型式認定や自動車工場での完成検査の
見直しが進んでいる

《注目市場フォーカス》
『MEMS技術シリーズ(1)~総論~』
機械要素部品、センサー、アクチュエーター、電子回路など一つの
シリコン基板上に微細加工技術で集積化したデバイスとして発展

《タイムリーコンパクトレポート》
『産業洗浄市場』
先端技術を支えるチャレンジ、ここに
                           
『セルロースナノファイバー市場』
高機能・ニッチ展開が主力のCNFは早くもガラパゴス化の危機に
新たな活用方法の提案で用途開発のブレークスルーヘ!

《タイムリーレポート》
『2022年 日韓IoTビジネスフロンティア交流・商談会』
韓国のビジネスパートナーを探せる
ハイブリッド商談会を11月1日に開催
《次世代市場トレンド》
『マイクロマグネティクスの動向』
磁性体の磁化構造を数値的に解くことができるようになり、
磁気材料の特性向上などに成果が表われている    

『「モビリティDX」におけるサービスシステム構築(3)』        
SIP「スマート物流サービス」を例にプロジェクトを解説

《注目市場フォーカス》
『放熱部材シリーズ(3)~放熱接着剤・封止材╱基板~
放熱効率を向上させるため、熱を逃がす設計が欠かせない、       
一層、放熱接着剤・封止材╱基板などの重要性が増している

《タイムリーコンパクトレポート》』
『メタバース関連技術の動向
ディスプレイ、関連機器市場の動きが始まる
                           
『空飛ぶクルマ市場』
現有技術に限界あり
空に特化した変化球プラスの攻め方
《次世代市場トレンド》
『トポロジカル絶縁体の動向』
バルクは絶縁体なのに、エッジは金属状態という特異な物質である。
トポロジーという幾何学概念を適用することで初めて理解できる    

『「モビリティDX」におけるサービスシステム構築(2)』
システムデザイン(手法)の図化と解説
        

《注目市場フォーカス》
『放熱部材シリーズ(2)~放熱ギャップフィラー╱シート~』
放熱ギャップフィラーも放熱シートも、主力製品として、
熱を効率的に冷却部材へ伝えるためのインターフェイスとして活用

《タイムリーコンパクトレポート》
『車載ディスプレイ部材市場』
曲面化、大型化、シームレス化など車載ディスプレイの
進化を支える製品開発で次のチャンスにつなげ!

『カーボンナノチューブ市場』
LiB用途は体力勝負の局面に移行も
競争軸を見極めた新規参入が選択肢の一つに!
《次世代市場トレンド》
『スマートセンシングシリーズ(13)スマート農業用センサーの動向~屋内農場編②~』
高度な環境制御を行える統合環境制御装置は欧米系企業が主体
人工光型植物工場は日系企業の取り組みが多い
     

『「モビリティDX」におけるサービスシステム構築(1)』
システムデザインを用いたサービスシステム構築とは?
        

『燃料アンモニアの動向』
石炭や天然ガスを、カーボンフリーのアンモニアに置き換えることで、
大幅な二酸化炭素の排出削減が実現される

《注目市場フォーカス》
『放熱部材シリーズ(1)~ベイパーチャンバー~』
高性能放熱部材であるにもかかわらず小型化が可能であることから、
EVや5Gスマートフォンをはじめ、様々な分野で活躍

《タイムリーコンパクトレポート》
『リチウムイオン電池のリユース・リサイクル動向』
「課題」と「可能性」の間で揺れ動く
描くべきは従来の枠を超えた新たなビジネス領域 
《次世代市場トレンド》
『マテリアルDXシリーズ(5)~MI(無機材料)~』
蓄積された材料特性や結晶構造などの材料データの形式が様々、
整合性のあるデータベースプラットフォーム構築が課題となる

『スマートセンシングシリーズ(12)スマート農業用センサーの動向~屋内農場編①~』
国内では高度なデータ駆動型スマート温室の導入促進プロジェクトが
始動したが、海外では垂直農法型植物工場が激増する見通し
     

『日本の商用車コネクテッド(補) 』
商用車のトラッキングツールとコネクテッド化機能の詳細解説

《注目市場フォーカス》
『ボディスキャナーの動向』
かつてはアナログ世界のものだったが、今ではDXの先頭に躍り出た、
セキュリティー以外にも、アパレル、ライフサイエンス分野で期待

《タイムリーレポート》
『「オートモーティブワールド2022」レポート』
海外カーボンニュートラル、日本は商用車コネクテッドがリードする!
                            
《タイムリーコンパクトレポート》
『ワイヤレス給電市場』
世の中の動きに敏感なイノベーターに刺さることは必須で必至
《トップ年頭所感》
『2022年、地方は自らの価値を再定義し、新たな資本形成を』  
株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

《次世代市場トレンド》
『素粒子技術の応用』
基礎研究は長時間を要する。しかし、解明された基本原理は既存
技術の限界を打破し、画期的な製品につながる可能性を秘めている       

『日本の商用車コネクテッド(4)』
商用車コネクテッドと物流MSPFは国内物流を変革する

《注目市場フォーカス》
『マテリアルDXシリーズ(4)~MI(有機材料)~』
化学的あるいは生物学的な現象を解析していくことで、
有機材料分野のMIはマテリアルDXのメインストリームの一つ

《タイムリーコンパクトレポート》
『定置用蓄電池(ESS)市場 』
日系メーカー、今すべきは海外市場への熱視線
市場の流れを読めない者へはマーケットからのレッドカード

『高機能フィルム市場』
市場は成長期に突入も「足元の波に乗った拡大」には先細りの懸念
「今」のニーズだけでなく「次」の競争力確保に向けた開発を目指せ
おすすめの購読プラン

Yano E plus(ヤノイープラス)の内容

ビジネスのネタはここにある。業界関係者必読のエレクトロニクス専門マーケットレポート!
エレクトロニクスを中心に、産業の川上から川下まで、すなわち素材・部材から部品・モジュール、機械・製造装置、アプリケーションに至るまで、成長製品、注目製品の最新市場動向、ならびに注目企業や参入企業の事業動向を多角的かつタイムリーにレポートいたします。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Yano E plus(ヤノイープラス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.