Yano E plus(ヤノイープラス) 発売日・バックナンバー

全171件中 76 〜 90 件を表示
《産業用センサーシリーズ》
『産業用センサーの動向 内界用④:振動計測関連市場-2』 
機械設備振動監視・振動診断関連と各種振動センサー関連
特徴的な注目製品にもフォーカス

《注目市場フォーカス》
『プロトタイピング用デバイスの動向』
センサー類などのインプット情報から、さまざまなアウトプットを可能
にするIoTに欠かせないツールとして、世界中に広まりつつある!

『車載電子機器およびワイヤーハーネスのEMC対策』
自動車のEV化や自動運転の進展によって焦眉の課題に


《次世代市場トレンド》
『車載エッジ・コンピューティングと市場動向(1)』
自動車のエッジ・コンピューティング「セントラル・ゲートウェイ」は
コネクテッドカーの進展とともに成長する核心の技術になる

『GaN単結晶市場』
表面欠陥を104/cm2まで改善可能なプレーヤーも出現
着実な成長で2023年に47億円市場へ
《産業用センサーシリーズ》
『産業用センサーの動向 内界用④:振動計測関連市場-1』
機械設備に振動センサーを付けその内部状態を捉える振動監視は、
製造業のIOT化の流れで今後一段と需要が拡大する

《注目市場フォーカス》
『ロボット用ソフトウェア技術動向 』
ロボット用ミドルウェアの先鞭を付けたのはRTMであるが、
現在はネットワークとの親和性が高いROSに勢いが出てきている!

《次世代市場トレンド》
『トリリオン・センサ動向 』
日本はMEMSセンサー技術で世界のトップランナー
世界をリードするビッグチャンスかもしれない!

『VPP/ブロックチェーンの市場動向(2)』
実証実験が始まったVPPは2020年から動き出す見込み
関連する機器・システム市場も拡大

『潮流・海流発電事業の現状と将来展望』
集合型発電所が続々と設営中
イギリスでは398MWの大規模ファームも!
《産業用センサーシリーズ》
『産業用センサーの動向 内界用③:歪みセンサー関連市場』
従来の歪みゲージは強度試験の需要が増して堅調に推移するが、
今後は大変形を計測できる新型センサーの需要開拓も進む

《注目市場フォーカス》
『希土類(レアアース)磁石市場』
自動車先進国による化石燃料自動車排除の動きが加速し、
EV用高性能モーターの不可欠部品として特大の追い風に!

《次世代市場トレンド》
『先進コーティング技術動向』
自動車、エネルギー、航空・宇宙、医療など
幅広い分野に新たな高機能性付与という面でインパクトを与える!

『VPP/ブロックチェーンの市場動向(1)』
電力の自由化/分散化により
電力小売市場はVPPとブロックチェーンで動く

『波力発電事業の現状と将来展望』
国内大手電力10社の総発電容量に匹敵する賦存量
実用化に向け確かな胎動あり
《産業用センサーシリーズ》
『産業用センサーの動向 内界用②:慣性センサー市場』
スマホ向けセンサーは複合型のIMUへ移行し、産業向けでも
建機や農機の遠隔制御、ロボットの進化でIMUの需要が増大する

《注目市場フォーカス》
『ターボ分子ポンプ市場』
半導体やディスプレイ市場に並走し、増加基調で展開

『SSD(Solid State Drive)市場』
急速に進む性能向上と価格低下により
HDDに代わり一気にストレージの主役に!

《次世代市場トレンド》
『金属積層造形技術動向』
国家プロジェクトも始動!世界最先端装置や高品質パウダーなどの
関連技術の活用で、ものづくり大国を牽引するビジネス展開を

『IoTモデルとセキュリティ動向(2)』
IoTデバイスの暗号化の普及は2018年~2020年の見込み
末端ノードはSCUの利用が進む
《産業用センサーシリーズ》
『産業用センサーの動向 内界用①:回転変位センサー市場』
ロータリーエンコーダーの新方式や高CP品、
多機能型などの注目製品が登場し、さらに需要が拡がる見通し

《注目市場フォーカス》
『真空蒸着装置市場』
スマートフォン、有機EL市場拡大を追い風に順調に推移

『小型・精密減速機市場』
小型・軽量の次世代ロボットがより身近な存在としてクローズアップ
ロボット用をはじめとする需要拡大が見込まれる!

《次世代市場トレンド》
『先進硬質材料技術動向』
従来は硬さと強さがトレードオフ、開発されたバインダーレス
&ナノ多結晶硬質材料は新たな地平を切り拓きつつある!

『IoTモデルとセキュリティ動向(1)』
日本が最先端で牽引するIoTセキュリティ分野の動向
《アクティブタグシリーズ》
『アクティブタグの動向(3)RTLS・位置情報関連市場』
国が「高精度測位社会プロジェクト」を推進する中で、高度な測位
機能を持つRTLSに加え、成長性の高い新技術やサービスも登場

《注目市場フォーカス》
『サーモ・モジュール市場 』
今後は発電用途もあり市場は堅調に推移

《次世代市場トレンド》
『スマートスピーカー/AI音声アシスタント市場』
国内発売前からこの先の競争激化は確実視
ポストスマホ時代を担うクラウドAIプラットフォームの1stランナー

『メタマテリアル技術動向』
磁気学や光学の常識を覆す人工物質
これまで不可能だった特異な特性を持つ材料が設計可能に!

『IoTの無線通信技術市場(2)』
LPWAの商用サービスは2018年以降急速に拡大
《アクティブタグシリーズ》
『アクティブタグの動向(2)BLEビーコン関連市場』
主力の民生用分野ではまだ企業ごとに明暗が分かれるが、今後は
注目プロジェクトや大型案件も増え、市場規模が大きく拡大する

《注目市場フォーカス》
『経費精算システム市場』
電子帳簿保存法の改正で活気づく
「働き方改革」への貢献にも注目が集まる

『マンション全戸型インターネットサービスの事業者動向』
競争軸は機能や価格から地域に即した付加価値へと移行

『電磁ソレノイド市場』
交通インフラや社会インフラへの展開も、需要は堅調に推移

《次世代市場トレンド》
『マイクロアクチュエーター市場』
機器の小型化や技術の進歩に伴って、ますますその必要性が
高まっており、新たなアプリケーションの裾野も広がりつつある!

『走行中ワイヤレス給電システム技術動向』
究極形は空飛ぶ自動車への空中給電、その前に搭載バッテリー
容量を抑え航続距離を伸ばすことでEV普及の救世主に!

『IoTの無線通信技術市場(1)』
IoTを支える様々な通信方式の動向とビジネストレンド
《アクティブタグシリーズ》
『アクティブタグの動向(1)総市場の現状と見通し』
新規格が登場した上、東京オリンピック関連で民生用需要も
急拡大する可能性が強く、新時代の始まりへ向かう

《注目市場フォーカス》
『磁性流体シール市場』
半導体市況の活性化により需要は堅調に推移
                            
《次世代市場トレンド》
『量子技術が世界を変える(5)量子情報デバイス』                 
電子や光子を正確に制御・観測する技術がベース
その実現で川下である量子技術成果の開花へ

『自己修復材料』
究極形は「ターミネーター」 
さまざまなニーズに合わせた機能が実現中、応用の裾野は拡大へ

『車のリアルタイムセンシング(RS)の実態とその利用状況』
自動運転の重要なキーの一つ、注目されるも発展途上の段階
《RFID関連シリーズ》
『RFIDタグの利用動向(6)資産管理・アミューズメント・その他』
備品・資産管理用途やランドリー関連は新型タグで大きく伸長、
アミューズメント分野もNFC入場券が増加

《注目市場フォーカス》
『プリント基板最終外観検査装置市場』
今後は車載や医療需要なども増加し、堅調に推移
                            
『BLE(Bluetooth® Low Energy)市場』
圧倒的な省電力、様々なビジネス・生活シーンでの爆発的増加へ
裾野の広がりは目を見張るが、キラーアプリ探索が課題

《次世代市場トレンド》
『量子技術が世界を変える(4)量子イメージング』
古典光を用いたイメージングに比べ優れた解像度が魅力
多方面への活用が期待される

『物流(機器・システム)のIoT市場動向(2)』
物流IoTは2020年を目指して拡大する見込み

《タイムリーレポート》
『「ネプコンジャパン2017」、「オートモーティブワールド2017」レポート』
最新の電子デバイスや材料、半導体製造技術からパッケージ、カーエレク
トロニクス、次世代照明などを中心に過去最多の2,250社が一同に展示
《RFID関連シリーズ》
『RFIDタグの利用動向(5)次世代型タグの展望』
汎用タグの価格下落が一段と進む中で「別次元」の次世代型高機能
タグや新タイプのタグも登場、RFID市場の新展開が始まる

《注目市場フォーカス》
『樹脂摺動材市場』
電気自動車市場に伴走し、拡大基調に
                            
《次世代市場トレンド》
『量子技術が世界を変える(3)量子センシング』
量子エンタングルメントやトンネル効果など特異な量子的性質を利用
感度や分解能の点で古典的計測を凌駕

『物流(機器・システム)のIoT市場動向(1)』
IoTがもたらす物流(機器・システム)の変化はどこから始まるのか?

『輸送用機器向け水混合燃料関連技術の市場動向』
船舶分野の環境規制強化を受けて研究開発が進む
EGRなど他技術との組み合わせにより実用化に目途
《RFID関連シリーズ》
『RFIDタグの利用動向(4)物流関連市場編』
完成車や産業用ガスの物流でも利用が本格化、
今後は物流のIoT化と「ロジスティクス4.0」が追い風に

《注目市場フォーカス》
『ファインバブル発生装置の市場動向』
市場拡大を見越して研究開発や新規参入の動きが活発化
効果検証や正負の影響評価が用途開拓促進のカギに

『変位センサー市場』
IoTシステムの中小製造業への本格的な稼働により
市場は増加基調に

《次世代市場トレンド》
『量子技術が世界を変える(2)量子スピントロニクス』
物質の電気的性質と磁気的性質を量子力学的に制御する新しい
サイエンス、日本の研究開発は世界をリード

『コネクテッドカービジネスの動向(2)』
仕組み優先のITSではなく、既に始まっているビジネスに注目

《タイムリーレポート》
『「オートモーティブワールド2017」レポート』
コネクテッドカー、自動運転、車載HMI、組込みソフトなど
自動車産業の未来を担う展示と講演に900社が集結
《トップ年頭所感》
『2017年 もっと自由に、もっと主体的に』   
株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

《RFID関連シリーズ》
『RFIDタグの利用動向(3)図書館関連市場編』
公共図書館ではRFIDの普及が加速され、関連機器の需要も拡大

《注目市場フォーカス》
『光電センサー市場』
有力需要分野の設備投資意欲もあり堅調に推移
次世代光電センサーの胎動も

『熱供給事業の現状と将来展望』
エネルギー事業の自由化により広がる新しい可能性

《次世代市場トレンド》
『量子技術が世界を変える(1)量子コンピューター』
既に世界初製品はカナダ発でgoogleやNASAなどへ納品済
世界的なビッグネームが参戦する中、日本の基礎科学は花開くか

『コネクテッドカービジネスの動向 』
V2Xに向け、コネクテッドカーへ舵取りを進めるOEMの勝算は?

『下水道創エネの市場動向』
消化ガス発電が牽引役となり売電を前提とした案件が増加傾向
下水道管の熱回収技術の開発が進み、熱利用の可能性が広がる
《RFID関連シリーズ》
『RFIDタグの利用動向(2)製造業・医療関連市場編』
「インダストリー4.0」の影響で国内でも引き合いが増加
新型の高機能タグも登場し、今後は「第2のRFID」の導入が進む

《注目市場フォーカス》
『産業用高機能断熱材市場 』
重厚産業市場を基盤として、輸送機器市場へも展開
                            
《次世代市場トレンド》
『IoTと産業用ネットワークの動向(2)』
産業用Ethernet、フィールドバスのシェアが拮抗、
IoTがネットワークを進化させる

『次世代暗号技術動向』
注目されている量子暗号は世界中で開発競争が展開中
遅れをとっている日本の巻き返しを期待

『太陽光パネルアフターマーケットの市場動向』
将来の太陽光パネルの大量廃棄を見据えて
リユース市場やリサイクル技術の育成が次第に本格化
《RFID関連シリーズ》
『RFIDタグの利用動向(1)アパレル関連市場編』
「異常な伸び方」と表する声も出るほど需要急増
関連ベンダーは急ピッチの生産設備増強&フル稼働状態が続く

《注目市場フォーカス》
『高機能断熱セラミック材市場』
“イニシャル”を“ランニング”で吸収するビジネスモデルを構築
認知度の向上に伴い市場は増加基調に

《次世代市場トレンド》
『IoTと産業用ネットワークの動向(1)』
「スマート+つながる工場」の実現に向け本格的な前進も
イメージ先行のこの領域に今までにない選択と方向性を示す

『多孔質金属市場』
ポーラスであることをメリットに転化
新しい素材として大きく成長する可能性を秘める

『空間投影ディスプレイ技術動向』
自動運転車が意志表示するための手段として
活用する構想が急浮上!
《RFID関連シリーズ》
『RFID関連機器の市場動向(2)製造/加工用機器編』
ICタグの低価格化と高付加価値化の二極分化の影響で、
タグの製造/加工機器、印字・エンコーダーの新需要が発生

《注目市場フォーカス》
『FPGA(Field Programmable Gate Array)市場の新たな動き』
IntelのAltera買収に象徴される次世代FPGAが見えてきた

『ワイヤレス計装の技術動向』
2000年代から世界で始まり、揺籃期を経て、
いよいよ離陸期にさしかかろうとしている!

『ワールドワイド半導体メーカーの車載用マイコン市場』
トップメーカーがポジションを堅持するも、厳しい競争が続く

《次世代市場トレンド》
『熱分解処理セラミック生成装置(ERCM)市場』
認知度向上及び条例の変化により市場は急増か
おすすめの購読プラン

Yano E plus(ヤノイープラス)の内容

ビジネスのネタはここにある。業界関係者必読のエレクトロニクス専門マーケットレポート!
エレクトロニクスを中心に、産業の川上から川下まで、すなわち素材・部材から部品・モジュール、機械・製造装置、アプリケーションに至るまで、成長製品、注目製品の最新市場動向、ならびに注目企業や参入企業の事業動向を多角的かつタイムリーにレポートいたします。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Yano E plus(ヤノイープラス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.