Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス) 発売日・バックナンバー

全189件中 16 〜 30 件を表示
様々なインストゥルメントの開発や,内視鏡の導入などにより,さらに発展を遂げた脊椎・脊髄の外科治療について,知識をアップデートする特集です.
総論では,脊椎・脊髄の外科解剖や力学などの基本的事項と画像検査の使い分け,最近の進歩が著しい脊椎内視鏡手術や人工椎間板を取り上げています.疾患別では脊椎の変性疾患,脊髄腫瘍,血管奇形,外傷ほかに大きく分類し,新しいデバイスや治療薬についても解説しています.

メインテーマ
  脊椎・脊髄外科の最先端

目 次

A.総論
脊椎・脊髄の外科解剖●黒川 龍
脊椎の力学,姿勢と柔軟性と外科―筋層構築的手術の有効性●金 彪 他
Thin-slice MRIを用いた脊椎変性疾患の画像診断●張 漢秀
脊椎内視鏡手術●西村泰彦 他
人工椎間板●原 政人

B.変性疾患
変形性頚椎症(前方アプローチ)●下川宣幸 他
変形性頚椎症(後方アプローチ)●高山柄哲
後縦靱帯骨化症●高見俊宏
腰椎椎間板ヘルニア●千葉泰弘
腰部脊柱管狭窄症●上田茂雄
腰椎分離症とすべり症●乾 敏彦 他

C.腫瘍
神経鞘腫と神経線維腫症●村田英俊
上衣腫と星細胞腫●高見浩数 他
脊髄血管芽腫●内藤堅太郎
髄膜腫●伊東清志 他
硬膜外腫瘍(脊椎腫瘍)●金 景成 他

D.血管奇形
脊髄血管奇形の分類と治療●高井敬介
脊髄海綿状血管奇形●遠藤俊毅
脊髄動静脈シャント疾患―今知っておきたいこと●安原隆雄 他

E.外傷・炎症ほか
中心性頚髄損傷●秋山雅彦
骨粗鬆症性椎体骨折●尾原裕康 他
脊髄癒着性くも膜炎●内門久明
化膿性脊椎炎・脊椎硬膜外膿瘍●佐々木学 他
キアリ奇形・脊髄空洞症●山名 慧 他
二分脊椎・脂肪腫●荻原英樹

連載
臨床中枢神経生理 A to Z
 [体性感覚誘発電位(2)]上肢SEPの起源●金丸和樹 他
臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:亀井 聡)
 急性細菌性髄膜炎・脳膿瘍●福田隆浩 他
細胞のメカニズムと神経疾患
 神経変性疾患におけるJNK●飯田 円 他
ニューロサイエンスの最新情報
 アルツハイマー病におけるプレセニリンの役割●鄒 鶤 他
素顔のニューロサイエンティスト
 Ted M. Dawson●木村康義
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 何色の光を当ててもイチゴが赤く見えるのはなぜですか?●小松英彦
神経疾患の新しい治療
 神経障害性疼痛●三浦 勇 他
検査からみる神経疾患
 DISH(びまん性特発性骨増殖症)とその検査●田中真弘

バックナンバー
次号予告

連載「分子から迫る神経薬理学」は休載いたします.
2,970円
ゲノム医療とはゲノム情報に基づいた診断や治療を指し,一人一人の患者に最適化した“プレシジョン医療”の裏付けとなるものです.
原因不明だった未診断疾患の原因遺伝子変異が続々と判明し,発症機序の解明や治療法の開発が進み,個別化医療が可能となりつつあります.この特集では,ゲノム医療の基礎から代表的な脳・神経・筋疾患におけるゲノム医療の現状を中心に,倫理的課題も含めた今後の展望についても取り上げています.


メインテーマ
 神経疾患とゲノム医療

目 次

A.総論
神経疾患のゲノム医療とは?●戸田達史
ゲノム医療を支える遺伝子解析技術の進歩●亀山真一 他
孤発性疾患・多因子疾患へのアプローチ―脳梗塞を例に●鎌谷洋一郎
難病等の全ゲノム解析を中心とする体制●徳永勝士
難病領域におけるわが国のゲノム医療推進の展望●江崎治朗
ゲノムデータ等の利活用環境整備への期待―製薬企業の立場から●鬼頭正博 他

B.創薬・治療
抗てんかん薬による重症薬疹とファーマコゲノミクス●莚田泰誠
遺伝子治療●村松慎一
核酸医薬 N-of-1+個別化医療の実現へ●横田隆徳 他

C.個別病態・疾患のゲノム医療
未診断疾患―IRUDの成果●高橋祐二 他
脳腫瘍●高柳俊作 他
脳卒中●猪原匡史
てんかん●佐々木征行
神経感染症―ゲノム解析の導入による神経感染症診療●中嶋秀人 他
多発性硬化症●松下拓也
アルツハイマー病●井原涼子 他
家族性パーキンソン病●西岡健弥 他
脊髄小脳変性症●濱 由香 他
多系統萎縮症●三井 純
筋萎縮性側索硬化症●中村亮一 他
球脊髄性筋萎縮症●橋詰 淳 他
脊髄性筋萎縮症●齋藤加代子
Charcot-Marie-Tooth 病●樋口雄二郎 他
筋ジストロフィー●邦武克彦 他

D.社会的側面
全ゲノム解析等実行計画におけるELSI・PPI の取り組みと課題●渡部沙織 他
二次的所見への対応●小杉眞司

連載
臨床中枢神経生理 A to Z
 [体性感覚誘発電位(1)]誘発電位の基礎 平均加算の意義●望月仁志 他
細胞のメカニズムと神経疾患
 成体神経新生におけるp38 MAPKシグナルの役割●加瀬義高 他
臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:亀井 聡)
 神経感染症overview●亀井 聡
分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 クラスA GPCR の構造生物学(2)●加藤英明
ニューロサイエンスの最新情報
 脳疾患研究のための超偏極MRI●兵藤文紀 他
神経疾患の新しい治療
 睡眠障害●鈴木圭輔 他
検査からみる神経疾患
 スマートフォンを用いた振戦の定量評価●酒井克也 他
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 絶対音感とはなんですか,どのような機序で獲得できるのですか?●松田将門 他
素顔のニューロサイエンティスト
 Hideho Okada●根城尭英

バックナンバー
次号予告
2,970円
ノーベル生理学・医学賞を受賞した神経科学に関連する業績について,その研究内容と,現在に至るまでの発展を紹介する特集です.1904年のPavlovの条件反射の「発見」から,2021年のJuliusとPatapoutianの温度と触覚の受容体の発見に至るまで,ときには背景の人間ドラマにまで踏み込んで,神経科学の全貌と歴史をお伝えします.




メインテーマ
 ノーベル賞の神経科学


目 次

Ivan Petrovich Pavlov(1904)
 条件反射を“発見”した,記憶神経生物学の先駆者●吉原基二郎

Camillo Golgi, Santiago Ramón y Cajal(1906)
 神経系の構造研究●小林 靖

Robert Bárány(1914)ヒト内耳前庭器官の生理とその臨床病理の研究●篠田義一
 Christiaan Eijkman(1929)抗神経炎ビタミンの発見
 ―ビタミンB1をめぐるエイクマン博士とそのライバルたちの影像●荒井綜一

Sir Charles Scott Sherrington, Edgar Douglas Adrian(1932)
 神経細胞の機能に関する発見●大木 紫

Sir Henry Hallett Dale, Otto Loewi(1936)
 神経刺激の化学伝達に関する発見●鈴木秀典

Joseph Erlanger, Herbert Spencer Gasser(1944)
 神経軸索活動電位の伝導速度と直径の関係●望月仁志 他

Walter Rudolf Hess(1949)間脳による内臓の制御●西条寿夫 他

Georg von Békésy(1961)内耳蝸牛の基底板の生理学●太田 岳 他

Sir John Carew Eccles, Alan Lloyd Hodgkin, Andrew Fielding Huxley(1963)
 神経興奮のイオン機構の発見●岡村康司

Ragner Granit, Haldan Keffer Hartline, George Wald(1967)
 視細胞,視神経の感覚生理学●三好智満

Sir Bernard Katz, Ulf von Euler, Julius Axelrod(1970)
 伝達物質の量子放出の発見●川口真也

Karl von Frisch, Konrad Lorenz, Nikolaas Tinbergen(1973)
 個体行動および社会行動の様式の機構と誘発刺激に関する発見●長谷川寿一

Roger Guillemin, Andrew V. Schally(1977)
 脳のペプチドホルモン産生に関する研究●山中章弘

Roger W. Sperry(1981)大脳半球の機能分化に関する発見●武田克彦

David H. Hubel, Torsten N. Wiesel(1981)
 大脳皮質視覚野における情報処理,機能構築,可塑性●藤田一郎

Rita Levi‒Montalcini, Stanley Cohen(1986)
 神経成長因子の発見:神経栄養因子のさきがけ●小原圭吾

Erwin Neher, Bert Sakmann(1991)
 パッチクランプ法による単一イオンチャネルの機能の解明●高橋智幸

D. Carleton Gajdusek(1976),Stanley B.Prusiner(1997)
 プリオン病における伝達性の証明と感染因子の同定●雑賀玲子 他

Arvid Carlsson, Paul Greengard, Eric R.Kandel(2000)
 学習・記憶のメカニズム●大野駿太郎 他

Allan M.Cormack ,Godfrey N.Hounsfield(1979)/
Paul C.Lauterbur, Peter Mansfield(2003)
 CTの開発/MRIの開発●佐藤香菜子 他

Richard Axel, Linda B.Buck(2004)
 嗅覚受容体遺伝子の発見による匂い識別の神経基盤の解明●東原和成

Shinya Yamanaka(2012)iPS細胞の樹立●岡野栄之

Thomas C. Südhof(2013)神経伝達物質放出の分子機構の解明●畑 裕

John O’Keefe, May‒Britt Moser, Edvard I. Moser(2014)
 場所ニューロンの発見●水関健司

Jeffrey C. Hall, Michael Rosbash, Michael W. Young(2017)
 概日周期を制御する分子機構の発見●山本 洵 他

David Julius, Ardem Patapoutian(2021)温度と触覚の受容体の発見●富永真琴



連載

細胞のメカニズムと神経疾患
 細胞内シグナル伝達の基礎(2)JNK,p38●久本直毅

臨床中枢神経生理A to Z
 [運動誘発電位(8)]経頭蓋直流電気刺激法(tDCS),経頭蓋交流電気刺激(tACS)●松本英之

臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 Fabry病●三輪佳織 他

分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 クラスA GPCRの構造生物学(1)●加藤英明

神経疾患の新しい治療
 片頭痛●柴田 護

ニューロサイエンスの最新情報
 線条体の領域で異なるD1受容体シグナリング●杉山慶太 他

検査からみる神経疾患
 抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎●前田明子

素顔のニューロサイエンティスト
 Adi Mizrahi●田坂元一

Q&A―神経科学の素朴な疑問
 食後に眠くなるのはどうしてですか?●鈴木圭輔

バックナンバー
次号予告
2,970円
不要になった細胞内の物質を処理するエンドソーム,リソソーム,エクソソームといった細胞外小胞.これらはさまざまな疾患の病態に関わっているとされています.
この特集では,エンドソーム,リソソーム,エクソソームの基本的な概念からはじめ受精,老化といった機能への関与を解説.またとくにエクソソームについて,アルツハイマー病やパーキンソン病,脳腫瘍などといった疾患へのかかわりについてもまとめています.




メインテーマ
Endosome, Lysosome, Exosome ― 小胞とは?


目 次

A.Endosome, Lysosome, Exosome
Endosomeとは●田口友彦
Lysosomeとは●衞藤義勝
Exosomeとは●河原裕憲 他

B.Endosome, Lysosomeと疾患
Endosome, lysosomeが担う炎症応答と新たな治療戦略●小林俊彦 他
ライソゾーム病●酒井規夫

C.Exosomeの機能
受精●田中佑佳 他
老化細胞●田中陽子 他
Micro RNA●八木洋輔 他
プリオン仮説●石山 駿 他
ミトコンドリアの細胞外放出現象●和田山智哉 他

D.Exosomeと疾患
アルツハイマー病●間野達雄 他
パーキンソン病●常深泰司 他
脊髄小脳変性症●武内敏秀 他
ハンチントン病●北條浩彦
多発性硬化症●木村公俊
筋ジストロフィー●松坂恭成 他
脳腫瘍●尾辻亮介 他
腫瘍の転移●志村日向子 他

連載
臨床中枢神経生理A to Z
 [運動誘発電位(7)]反復四連発刺激(QPS)●松本英之
細胞のメカニズムと神経疾患
 細胞内シグナル伝達の基礎(1)ERK●佐藤泰司 他
分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 線条体アストロサイトの病理学的役割●加瀬田晃大 他
臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 もやもや病(Willis動脈輪閉塞症)●濱野栄佳 他
神経疾患の新しい治療
 局所性ジストニア●小原亘太郎 他
検査からみる神経疾患
 嗅覚検査からみた神経疾患●三輪高喜
ニューロサイエンスの最新情報
 ナノCTで見えてきた統合失調症での神経細胞の変化●水谷隆太
素顔のニューロサイエンティスト
 Jeremy D. W. Greenlee●井林賢志
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 神経線維の太さが変わるというのは本当でしょうか?●阿部十也

バックナンバー
次号予告
2,970円
メインテーマ
神経回路の可視化 ― 何が見える,どこまで見える

A.標本で見る
伝導路研究法の展開 ● 小林 靖
ニューロンを見る―電子顕微鏡トモグラフィーによる試み ● 樋田一徳 他
乳頭体核,視床前核,脳梁膨大後皮質を中心とした神経線維連絡 ● 柴田秀史
前海馬台を中心とした神経線維連絡の可視化 ● 本多祥子
遺伝子工学を用いた神経結合の可視化 ● 倉本恵梨子
脊髄・脳幹のコリン作動性ニューロンのトレーシング―伝達物質に基づく神経連絡の可視化 ● 松井利康 他

B.生体で見る
二光子励起顕微鏡法によるプレシナプス構成因子の可視化 ● 石井宏和 他
機能的結合の解析法 ● 菊池吉晃
トラクトグラフィの最新の展開 ● 内田 航 他

C.疾患で見る
脳・脊髄障害後の神経回路再編の可視化 ● 佐藤時春 他
慢性疼痛における機能的結合 ● 倉田二郎
片頭痛における機能的結合 ● 今井 昇
パーキンソン病における機能的結合 ● 渡辺宏久 他
アルツハイマー病における機能的結合 ● 花川 隆
ADHDの機能的結合 ● 江頭優佳 他
精神疾患の拡散テンソルトラクトグラフィー ● 仁井田りち 他
精神疾患における機能的結合 ● 藤野純也 他
耳鳴の機能的結合による評価 ● 南修司郎
脊椎疾患における機能的結合 ● 海渡貴司 他

連載
細胞のメカニズムと神経疾患
 エピローグ:ユビキタスな繊毛研究の行方 ● 竹田 扇 他
分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 線条体アストロサイトの生理学的役割 ● 加瀬田晃大 他
臨床中枢神経生理A to Z [運動誘発電位(6)]
 反復経頭蓋磁気刺激 ● 松本英之
臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 CARASIL ● 齋藤理恵 他
ニューロサイエンスの最新情報
 マウス小脳皮質の大規模イメージングで明らかとなった複雑スパイクによる 感覚情報表現の仕組み ● 道川貴章 他
検査からみる神経疾患
 ASLによる脳腫瘍診断 ● 日宇 健 他
素顔のニューロサイエンティスト
 Christian Lüscher ● 小澤貴明
神経疾患の新しい治療
 HTLV-1関連脊髄症(HAM) ● 鷹尾直誠 他
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 頭を使ったときの疲労感はなぜ起こるのですか? ● 高橋愼一
BOOK REVIEW
 融合3次元画像でみえる脳神経外科手術戦略(金 太一 齊藤延人・著) ● 新井 一
2,970円
メインテーマ
  片頭痛診療のパラダイムシフト

A.片頭痛診療の変遷と課題
  片頭痛病態理論の変遷●竹島多賀夫
  片頭痛治療の変遷―急性期治療および予防療法●北川泰久
  社会的問題としての片頭痛の変遷●横山雅子 他
  片頭痛のアンメットニーズ●椎名智彦 他

B.新たな片頭痛治療―CGRP関連片頭痛治療薬
 1.カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)
  カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)とは●鈴木則宏
  三叉神経血管説におけるCGRPの位置づけ●清水利彦
 2.抗CGRPモノクローナル抗体・抗CGRP受容体モノクローナル抗体の特性と臨床効果
  ガルカネズマブ(EmgalityⓇ)●柴田 護
  フレマネズマブ(AjovyⓇ)●海野佳子
  エレヌマブ(AimovigⓇ)●飯ケ谷美峰
  エプティネズマブ(VyeptiⓇ)●永田栄一郎
 3.抗CGRP受容体拮抗薬の特性と臨床効果
  ウブロジェパント(UbrelvyⓇ)●下畑敬子
  リメジェパント(NurtecⓇ)●滝沢 翼 他
  アトジェパント(QuliptaTM)●今井 昇
  ザベジェパント(BHV‒3500)●松森保彦

C.セロトニン受容体刺激薬の現状と今後の展開
  トリプタン治療の現状と展望●立岡良久
  ラスミジタン(ReyvowⓇ)●古和久典 他

D.頭痛診療の新たな拠所―「頭痛の診療ガイドライン2021」の全容
  頭痛の診療ガイドライン2021の概要●荒木信夫
  頭痛一般●團野大介
  片頭痛―診断・疫学・病態・誘発因子・疾患予後●粟木悦子
  片頭痛―急性期治療●菊井祥二 他
  片頭痛―予防療法●西郷和真
  緊張型頭痛●辰元宗人
  三叉神経・自律神経性頭痛●島津智一
  その他の一次性頭痛●工藤雅子
  薬剤使用過多による頭痛●高橋牧郎
  小児・思春期の頭痛●山中 岳 他
  二次性頭痛●橋本洋一郎 他

E.地域医療・医療連携・遠隔医療における新たな頭痛診療と今後の展望
  頭痛と地域医療と医療連携●岩下達雄
  頭痛と遠隔医療●寺山靖夫
  COVID‒19と頭痛診療●下畑享良

連載
  臨床中枢神経生理A to Z
   [運動誘発電位(5)]脳梁機能と小脳機能 ●松本英之
  臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
   CADASIL●植田明彦
  細胞のメカニズムと神経疾患
   我が国での神経系繊毛症候群の現状(ジュベール症候群)●伊藤雅之
  分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
   GPCRシグナル検出系の開発●川上耕季 他
  素顔のニューロサイエンティスト
   Robert L. Martuza●河村陽一郎 他
  検査からみる神経疾患
   Diffusion‒weighted image高信号からみた神経疾患とその鑑別●原田雅史
  ニューロサイエンスの最新情報
   感覚刺激により潜在的保護能力を誘導する感覚創薬技術●小早川 高
  神経疾患の新しい治療
   アルツハイマー病●井原涼子 他
  Q&A―神経科学の素朴な疑問
   耳の中を触ると咳が出るのはどうしてですか?●堀向健太
  BOOK REVIEW
   医って何だろう?(岩田 誠・著)●下畑享良
2,970円

メインテーマ
  脳波の読み方―up to date

A.総論
  脳機能と脳波●池田昭夫
  脳波の基礎―測定原理とモンタージュ●飛松省三
  脳波の賦活法●佐藤和明 他
  睡眠脳波●高木俊輔
  アーチファクトと正常亜型●寺田清人 他
  脳波の読み方●赤松直樹
  脳波の時間周波数解析法●三橋 匠 他
  長時間ビデオ脳波モニタリング●谷口 豪 他
  遠隔診療と脳波●人見健文

B.疾患別の脳波
  内側側頭葉てんかん●浮城一司 他
  新皮質てんかん●田村健太郎
  特発性全般てんかん●佐藤敦志
  自然終息性(self—limited)てんかん●白石秀明
  非けいれん性てんかん重積●久保田有一
  West症候群●岡西 徹
  Lennox-Gastaut症候群●丸山慎介 他
  大田原症候群●加藤光広
  睡眠時持続性棘徐波(CSWS)を示すてんかん性脳症およびLandau-Kleffner症候群●小林勝弘 他
  非てんかん性脳症●小玉 聡
  脳死判定の脳波●田島将太郎 他

C.特殊な脳波
  皮質皮質間誘発電位(CCEP)●江夏 怜
  脳波とfMRIの同時計測●前澤 聡 他
  Responsive neurostimulation(RNS)●稲次基希 他
  定位的頭蓋内脳波(SEEG)●Khoo Hui Ming 他
  皮質脳波(ECoG)●國井尚人
  術中脳波●石下洋平

連載
  臨床中枢神経生理A to Z
   [運動誘発電位 (4)]大脳皮質一次運動野の興奮性●松本英之
  細胞のメカニズムと神経疾患
   毛の長さとこころの関係:繊毛は精神を司るのか?●竹田 扇 他
  分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
   Gタンパク質共役型受容体のシグナル伝達―バイアスシグナル創薬の黎明●川上耕季 他
  臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
   Binswanger病●眞木崇州
  検査からみる神経疾患
   “Acquired” uniform slowingを呈する脱髄疾患●伊藤英一
  神経疾患の新しい治療
   POEMS症候群(Crow-Fukase症候群)●三澤園子
  Q&A―神経科学の素朴な疑問
   なぜ内耳の受容器だけナトリウムではなくカリウムイオンで脱分極するのでしょうか?●太田 岳 他
  ニューロサイエンスの最新情報
   ドーパミンと記憶の関係:新しい計算モデル●浦久保秀俊
  素顔のニューロサイエンティスト
   Daniel Wolpert●池上 剛

  バックナンバー
  次号予告
2,970円
CLINICAL NEUROSCIENCE Vol.40 (22年) 03月号
発達障がい―神経基盤から支援・治療まで




目 次

A. 総論
  「発達障がい」とは―診断概念の変遷に注目して●加藤秀一 他
  発達研究の新たな方法論―ピアジェ再訪●開 一夫
  脳の発達●多賀厳太郎

B. ヒトの研究
  自閉スペクトラム症と注意欠如・多動症の脳画像研究●山末英典
  学習障害の神経基盤●内山仁志
  自閉スペクトラム症の発症に関わるゲノムバリアント●久島 周
  自閉症の認知の特徴とその神経基盤●中野珠実
  感覚・知覚の特徴●和田 真
  視線計測●細澤麻里子 他
  脳波・脳磁図計測●岩谷祥子 他
  コホート研究と発達障がい●土屋賢治

C. 動物モデル・系統発生
  齧歯類のモデル●内匠 透
  自閉スペクトラム症の霊長類モデル●磯田昌岐
  模倣の系統発生●明和政子
  共同注意の系統発生●山本真也

D. 治療・サポート
  応用行動分析●井上雅彦
  障害児通所支援事業●山本崇博
  成人期発達障害に対するデイケア・就労支援●五十嵐美紀 他
  発達障害者支援法●日詰正文

E. 薬物治療
  自閉スペクトラム症(ASD)●棟居俊夫
  注意欠如・多動症(ADHD)●洲鎌倫子

連載
  細胞のメカニズムと神経疾患
   エネルギー代謝と摂食を一次繊毛から読み解く●斎藤祐見子 他
  臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
   脊髄梗塞●亀田知明 他
  臨床中枢神経生理A to Z
   [運動誘発電位 (3)]脳幹刺激と円錐部刺激●松本英之
  分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
   FFAR(free fatty acid receptor,遊離脂肪酸受容体)の臨床応用●市村敦彦
  検査からみる神経疾患
   脳神経領域における拡散MRI の臨床応用●伊藤賢司
  神経疾患の新しい治療
   多発性筋炎・皮膚筋炎●平形道人
  ニューロサイエンスの最新情報
   睡眠の質を決める神経活動●田渕理史
  Q&A―神経科学の素朴な疑問
   ヒトの瞳は丸いのに,ヤギの瞳はなぜ横に四角いのですか?●櫻井富士朗
  素顔のニューロサイエンティスト
   Genevieve Konopka●臼井紀好

  バックナンバー
  次号予告
2,970円
物理学的な観点で見る超音波から,近年検査件数が急上昇している末梢神経・筋肉の超音波検査などの検査機器としての超音波まで,充実の解説が盛りだくさん!薬物送達や近年使用され始めた脳深部刺激など,超音波の治療機器としての応用についても最新の情報も満載.超音波と医療との関係を改めてとらえなおす特集です.

目 次

A.超音波とは
  超音波とは―そしていかに医学に役立つか●金井 浩 他

B.検査機器として
  脳内血管●清水高弘 他
  頸部血管●小笠原邦昭
  中脳黒質●赤岩靖久 他
  末梢神経―総論,正常所見●野寺裕之
  脳神経●能登祐一
  脊髄神経根●濱口浩敏
  圧迫性神経障害,慢性炎症性脱髄性多発神経炎●山崎博輝 他
  遺伝性末梢神経障害●水地智基 他
  健常筋の超音波診断●吉田 剛 他
  筋炎・筋ジストロフィー●辻 有希子
  筋萎縮性側索硬化症●中森正博
  新生児・乳児●市橋 光
  脳神経外科手術●日宇 健 他

C.治療機器として
  Drug delivery system―生体構造学的視点から●立花克郎 他
  血液脳関門と超音波 薬物動態視点から●鈴木 亮 他
  脳血栓治療●寺山靖夫
  本態性振戦に対する経頭蓋MRガイド下集束超音波治療●平林秀裕 他
  パーキンソン病に対する経頭蓋集束超音波治療●佐伯千寿 他
  アルツハイマー病●進藤智彦 他

D.TUS(transcranial ultrasound stimulation, low intensity)
  Neuromechanobiology overview●寺尾安生
  超音波ニューロモデュレーション●竹内雄一 他
  ヒトでの刺激条件の設定●長田貴宏 他

連載
  細胞のメカニズムと神経疾患
   視覚における一次繊毛の役割:網膜と一次繊毛●茶屋太郎 他
  分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
   FFAR(free fatty acid receptor,遊離脂肪酸受容体)の生理的および薬理的作用●市村敦彦
  臨床中枢神経生理A to Z
   [運動誘発電位 (2)]経頭蓋刺激と脊髄神経刺激●松本英之
  臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
   小脳・脳幹梗塞●佐藤朋江 他
  検査からみる神経疾患
   抗NAE抗体による神経障害●松永晶子 他
  ニューロサイエンスの最新情報
   途切れた神経回路を再びつなぐ人工シナプスコネクター●鈴木邦道 他
  神経疾患の新しい治療
   視神経脊髄炎スペクトラム●黒田 宙 他
  Q&A―神経科学の素朴な疑問
   時間の長さはどこで計っているのですか?●林 正道
  素顔のニューロサイエンティスト
   Francesco T. Mangano●岩澤絵梨

  バックナンバー
  次号予告
2,970円
目 次

A . 総論
  空間認知とは●武田克彦

B . 正常機能の基盤
  背側視覚経路の機能と回路構造●佐藤彰典 他
  空間情報の脳内表現●伊藤 博
  視覚・触覚に基づく手操作運動の制御に関連する皮質領域●村田 哲
  脳梁膨大後皮質の機能―ラットの空間認知・記憶における役割について●佐藤暢哉
  海馬の場所細胞と嗅内皮質の格子細胞における空間情報処理●澤谷郁哉 他
  音源定位の神経機構と半側空間無視にみられる音源定位障害●砂原伸行

C . 空間認知の検査
  半側空間無視の検査―Behavioural Inattention Testと掘り下げ検査●石合純夫
  新しい空間認知機能検査―Card Placing Testとその神経基盤●橋本律夫

D.空間認知障害とそのメカニズム
  背側経路の2 系統とその障害●平山和美 他
  半側空間無視●太田久晶 他
  Bálint Holmes Inoue 症候群●船山道隆
  倒立書字と倒立描画●原 有希 他
  触覚性失認●山田浩史
   道順障害●高橋伸佳
  加齢とワーキングメモリ―複合スパンテストを中心として●苧阪満里子
  認知症●鈴木麻希 他
  パーキンソン病●馬場 徹
  自閉スペクトラム症●飛松省三 他
  Williams 症候群●中村みほ
  脳外科手術における視空間認知機能の温存法●中田光俊

E.空間認知障害の治療
  半側空間無視のリハビリテーション●水野勝広
  認知症における空間認知のリハビリテーション●牧 陽子

連載
 細胞のメカニズムと神経疾患
  繊毛病にみられる神経症状の捉え方●竹田 扇 他
 臨床中枢神経生理A to Z[新連載]
  [運動誘発電位 (1)]脳刺激の基礎:電気刺激と磁気刺激●松本英之
 臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
  静脈洞血栓症●伊藤義彰
 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
  FFAR(free fatty acid receptor,遊離脂肪酸受容体)の種類●市村敦彦
 神経疾患の新しい治療
  本態性振戦―MR ガイド下経頭蓋収束超音波●山本一徹 他
 検査からみる神経疾患
  7テスラMRIを用いた黒質・皮質下核の解析●島 淳 他
 素顔のニューロサイエンティスト
  Fredric B. Meyer●長谷川洋敬
 ニューロサイエンスの最新情報
  加齢と好奇心●榊 美知子
 Q&A―神経科学の素朴な疑問
  パイロットの空間認知は鍛えられますか?●高田邦夫

  バックナンバー
  次号予告
メインテーマ
神経疾患とモノクローナル抗体

A.モノクローナル抗体の基礎
 1468 抗体療法の基礎―理論と種類と特徴 ● 住田孝之
 1470 モノクローナル抗体とは ● 荒木 学
 1472 モノクローナル抗体の意義 ● 河内 泉
 1477 次世代抗体医薬の現状と課題 ● 土屋政幸

B.神経疾患治療とモノクローナル抗体
 1480 抗α4 integrin抗体 ナタリズマブ ● 小川 諒 他
 1485 抗C5抗体 エクリズマブ ● 新野正明 他
 1488 抗CD19抗体 イネビリズマブ ● 野原千洋子
 1492 抗CD20抗体 リツキシマブ ● 海田賢一
 1496 抗CD20抗体 オクレリズマブ ● 福元尚子 他
 1499 抗CD20抗体 オファツムマブ ● 横山和正 他
 1505 抗IL-5抗体 メポリズマブ ● 日下寛惟 他
 1508 抗IL-6受容体抗体 サトラリズマブ ● 松井 真
 1511 抗IL-6受容体抗体 トシリズマブ ● 渋谷涼子 他
 1515 抗CCR4抗体 モガムリズマブ ● 佐藤知雄 他
 1518 抗VEGF抗体 ベバシズマブ ● 関口 縁 他
 1521 抗CGRP抗体 ガルカネズマブ ● 竹島多賀夫
 1524 抗CGRP抗体 フレマネズマブ ● 永田栄一郎
 1528 抗CGRP受容体抗体 エレヌマブ ● 古和久典 他
 1531 抗Aβ抗体 アデュカヌマブ ● 岩坪 威
 1534 抗Aβ抗体  ドナネマブ ● 栗原正典 他
 1538 抗dabigatran抗体 イダルシズマブ ● 脇坂祐毅 他

C.神経疾患とモノクローナル抗体治療
 1542 片頭痛 ● 柴田 護
 1545 アルツハイマー病 ● 玉岡 晃
 1548 脳梗塞(心原性脳塞栓症) ● 平野照之
 1551 脳腫瘍とモノクローナル抗体治療 ● 田中將太
 1554 多発性硬化症(MS) ● 松本勇貴 他
 1557 視神経脊髄炎スペクトラム(NMOSD) ● 関口耕史 他
 1560 HTLV‒1関連脊髄症(HAM) ● 郡山達男
 1563 POEMS症候群(Crow-Fukase症候群) ● 水地智基 他
 1566 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP) ● 杉本恒平 他
 1569 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA) ● 大草翔平 他
 1571 重症筋無力症(MG) ● 村井弘之
 1574 多発筋炎(PM) ● 大矢 寧

D.モノクローナル抗体による神経疾患
 1577 ニボルマブと副作用としての重症筋無力症,筋炎 ● 茂木晴彦 他

連載
1456 細胞のメカニズムと神経疾患
 脳室の特殊な一次繊毛と神経膠細胞の一次繊毛 ● 竹田 扇
1458 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 CGRPおよびCGRP受容体を標的とする臨床応用 ● 馬嶋正隆
1461 神経筋診断A to Z
 [エコー検査(5)]横隔膜エコー ● 阿部達哉 他
1464 臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 ラクナ梗塞・分枝粥腫病(branch atheromatous disease:BAD) ● 三森雅広 他
1581 神経疾患の新しい治療
 てんかん―ガイドライン2018後の新規治療 ● 松本理器
1585 検査からみる神経疾患
 グリオーマの遺伝子パネル診断:KBT-50 ● 比嘉那優大 他
1588 ニューロサイエンスの最新情報
 てんかんの難治化因子neuritin ● 島田忠之 他
1591 素顔のニューロサイエンティスト
 Andrew Zalesky ● 鎌形康司
1592 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 顎関節症はなぜ女性に多いのですか? ● 田代晃正
1594 バックナンバー
1596 次号予告
メインテーマ
中枢神経系の放射線治療― 最新の考え方

A.総論
 1334 中枢神経系の放射線治療の考え方●野山友幸 他
 1339 放射線壊死などの合併症●赤羽敦也
 1343 強度変調放射線治療(IMRT)●片野厚人
 1348 ガンマナイフ●芹澤 徹 他
 1352 サイバーナイフ●野村竜太郎
 1357 Xナイフ●周藤 高
 1360 ZAP‒X●丸山隆志 他
 1364 陽子線と重粒子線●中井 啓 他
 1369 脳腫瘍に対するBNCTの展開●宮武伸一

B.各論1:腫瘍
 1373 膠芽腫―高齢者への対応も含め●野元昭弘
 1378 星細胞腫の切り分け(grade II,III)●島 聖 他
 1382 ジャーミノーマ●副島俊典
 1385 髄芽腫●水本斉志 他
 1389 悪性リンパ腫●森 美雅
 1393 転移性脳腫瘍●青柳京子 他
 1398 頭蓋内血管芽腫●松永成生 他
 1401 脊索腫・軟骨肉腫●河島真理子 他
 1404 髄膜腫●四方聖二
 1409 聴神経腫瘍●長谷川俊典
 1413 神経線維腫症2型●岩井謙育 他

C.各論2:血管障害,その他
 1419 脳動静脈奇形●新谷祐貴 他
 1422 症候性海綿状血管奇形●木田義久
 1426 硬膜動静脈瘻●川邊拓也
 1431 三叉神経痛●松田信二 他
 1435 不随意運動●堀澤士朗 他

連載
1320 細胞のメカニズムと神経疾患
 神経発生と一次繊毛●竹田 扇
1323 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 CGRPの生体内での作用●馬嶋正隆
1326 神経筋診断A to Z
 [エコー検査 (4)]筋エコー●塚本 浩
1329 臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 アテローム血栓性脳梗塞●丸岡 響 他
1438 ニューロサイエンスの最新情報
 顔を見分ける仕組み―ヒト・サルからAIまで●谷藤 学
1441 検査からみる神経疾患
 抗DPPX抗体関連脳炎●原 誠 他
1444 神経疾患の新しい治療
 アミロイドニューロパチー●関島良樹
1447 素顔のニューロサイエンティスト
 Mario L. Suvà●野村昌志
1448 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 閃輝暗点がゆっくり広がるのはなぜですか?●滝沢 翼 他
1450 バックナンバー
1452 次号予告
神経疾患を克服する―わが国の戦略(2)
2021 Vol.39 No.10

A.神経疾患研究を行っている大型研究施設
 1198 理化学研究所脳神経科学研究センター(CBS) ● 笹栗弘貴
 1203 自然科学研究機構生理学研究所(NIPS) ● 南部 篤 他
 1208 国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研,AIST) ● 肥後範行
 1213 量子科学技術研究開発機構・量子医科学研究所 ● 髙堂裕平 他
 1218 脳情報通信融合研究センター(CiNet) ● 鈴木隆文
 1221 国立精神・神経医療研究センター(NCNP) ● 高橋祐二
 1227 新潟大学腦研究所―学問の 静かに雪の 降るは好き ● 小野寺理
 1232 東京医科歯科大学脳統合機能研究センター(CBIR) ● 味岡逸樹 他
B.各論:研究手法の最新の話題(2)
 1236 トランスレーショナルリサーチ ● 山田晋一郎 他
 1239 精神・神経疾患克服を目指したバイオリソースの収集 ● 服部功太郎
 1243 神経病理・ブレインバンク ● 髙尾昌樹
 1247 小型モデル生物を用いた希少疾患の遺伝子機能解析 ● 井ノ上逸朗
 1250 認知症の一次予防,二次予防を目指した最新MRI画像解析-AIとモルフォロジー解析の活用 ● 舘脇康子 他
 1254 神経心理-小脳も含めて ● 武田克彦
 1258 電気生理-臨床神経生理学 ● 野寺裕之
 1260 ニューロリハビリテーション ● 水野勝広
 1264 ブレイン・マシン・インターフェース ● 牛場潤一
 1268 根本治療時代の遺伝カウンセリング・ゲノムリテラシー ● 小杉眞司
 1272 医療と介護・福祉 ● 下畑享良
C.各論:神経疾患研究の現状の課題と展望(2)
 1275 神経感染症-脳炎・髄膜炎克服に向けた診療アルゴリズムの構築 ● 中嶋秀人 他
 1280 免疫介在性神経疾患 ● 久冨木原健二 他
 1286 全身性疾患における神経障害 ● 小池春樹
 1291 末梢神経疾患 ● 三澤園子
 1296 筋疾患 ● 青木吉嗣 他

連載
1184 細胞のメカニズムと神経疾患
 繊毛とは何か―神経系との関わり ● 竹田 扇
1187 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 CGRP受容体の構造 ● 馬嶋正隆
1190 神経筋診断A to Z
 [エコー検査 ③]頸神経根・腕神経叢エコー ● 塚本 浩
1193 臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 心原性脳塞栓症 ● 松山裕文 他
1302 検査からみる神経疾患
 MRIによる末梢神経とその疾患の評価 ● 樋渡昭雄 他
1305 ニューロサイエンスの最新情報
 硫化水素(H2S)とポリサルファイド(H2Sn)と精神神経疾患と ● 木村英雄
1308 神経疾患の新しい治療
 群発頭痛 ● 今井 昇
1310 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 顔でもない物に顔が見えてしまうのはなぜ? ● 山口真美
1312 素顔のニューロサイエンティスト
 Timothy J.Buschman ● 内村元昭
1313 バックナンバー
1316 次号予告


編集委員

水澤英洋
国立精神・神経医療研究センター理事長特任補佐・名誉理事長
東京医科歯科大学名誉教授・特命教授

鈴木則宏 
湘南慶育病院院長
慶應義塾大学名誉教授

宇川義一 
福島県立医科大学名誉教授
同 ヒト神経生理学講座教授

齊藤延人 東京大学教授

小林 靖 防衛医科大学校教授

北澤 茂 大阪大学教授

2,970円
メインテーマ
神経疾患を克服する
  ― わが国の戦略(1)

A.総論
 1068 脳神経疾患克服に向けた研究の必要性 ● 勝野雅央 他
 1074 日本脳科学関連学会連合 ● 伊佐 正
 1078 厚生労働省における研究の推進について―難病領域を中心に ● 南川一夫
 1082 文部科学省における脳科学分野の政策課題対応型研究開発
     ―脳科学委員会のこれまでの役割 ● 松田哲也
 1086 科学研究費補助金の現状と今後 ● 鍋倉淳一
 1088 文部科学省における脳研究―学術変革領域研究と次世代脳 ● 高田昌彦
 1091 日本医療研究開発機構(AMED)の進める脳研究
     ―難治性疾患実用化研究事業など ● 滝澤歩武 他
 1097 脳研究と科学技術振興機構(JST) ● 井上貴文

B.各論:研究手法の最新の話題(1)
 1103 遺伝子・ゲノム医療 ● 青木正志 他
 1109 臨床研究・疫学研究 ● 橋詰 淳 他
 1114 核酸医薬 ● 浅見裕太郎 他
 1119 iPS細胞を用いた創薬研究と再生医療研究 ● 松島早希 他
 1124 バイオマーカー ● 徳田隆彦 他
 1128 画像研究 ● 渡辺宏久 他
 1133 バイオインフォマティクス ● 安水良明 他

C.各論:神経疾患研究の現状の課題と展望(1)
 1140 脳血管障害 ● 北川一夫
 1143 神経系腫瘍 ● 山岸夢希 他
 1148 脳神経外傷・スポーツ医学 ● 鈴木倫保 他
 1153 認知症・高次脳機能障害 ● 新美芳樹 他
 1158 発作性疾患 ● 松本理器 他
 1163 神経変性疾患 ● 山岸拓磨 他

連載
1056 神経筋診断A to Z
 [エコー検査 (2)]神経エコー ● 塚本 浩
1058 細胞のメカニズムと神経疾患
 Perry症候群と軸索輸送障害 ● 穂坂有加 他
1061 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 血小板活性化因子(PAF)のシグナル伝達に関わる分子をターゲットとする創薬開発 ● 上園保仁 他
1064 臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
 脳動静脈奇形と海綿状血管奇形 ● ?橋 淳
1168 検査からみる神経疾患
 集束超音波とMRI脳温度 ● 堀 大樹 他
1172 神経疾患の新しい治療
 心原性脳塞栓症 ● 平野照之
1174 ニューロサイエンスの最新情報
 脊髄性筋萎縮症における遺伝子治療 ● 齋藤加代子
1176 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 インドメタシンしか効かない頭痛があるのはなぜですか? ● 柴田 護
1178 素顔のニューロサイエンティスト
 Ennio Antonio Chiocca ● 庄野直之
1179 バックナンバー
1180 次号予告
2,970円
メインテーマ
意思決定と行動選択の神経科学


A. 総論
934 意思決定と行動選択―Overview ● 伊佐 正 他
937 計算論で読み解く意思決定の神経基盤 ● 船水章大
943 社会的文脈での意思決定とその神経機構 ● 磯田昌岐
947 意思決定障害としての精神疾患 ● 高橋英彦

B. 各論
952 意思決定の神経回路 ● 藤山文乃
956 意思決定と中脳ドーパミンニューロン ● 松本正幸
960 化学遺伝学的手法を用いて明らかとなった前頭前野—皮質下経路の特異的な役割 ● 小山 佳 他
965 「なにもしない」ことの学習―強化学習モデルによるアプローチ ● 近藤将史 他
970 手綱核―社会的闘争行動や意思決定における行動選択のスイッチボード ● 岡本 仁
975 視覚的意識と意思決定 ● 伊佐 正
979 セロトニンと意思決定 ● 中村加枝 他
984 連合野におけるエビデンスの蓄積 ● 宇賀貴紀 他
988 養育行動の神経科学 ● 篠塚一貴 他
992 共同注意の神経科学 ● 定藤規弘 他
996 身体的同期と社会的意思決定 ● ?橋宗良 他
999 クレディット割付けと意思決定―前頭葉の眼窩部と腹内側前頭前野の計算機能について ● 赤石れい
1003 緊張から生じる系列意思決定の成績低下と背側前帯状皮質 ● 春野雅彦

C. 障害・病態
1010 ギャンブル障害 ● 鶴身孝介
1013 ストレス ● 相澤秀紀
1016 うつ病 ● 高村真広 他
1020 霊長類のうつ病モデル ● 中村晋也 他
1024 パーキンソン病 ● 須田晃充 他
1028 自閉スペクトラム症 ● 山末英典
1031 不安 ● 雨森賢一
1036 薬物依存 ● 井手聡一郎 他

連載
920 細胞のメカニズムと神経疾患
Nav1.6軸索起始部への輸送異常と本態性振戦 ● 定方哲史
923 神経筋診断A to Z
[エコー検査 (1)]神経筋エコーの基本 ● 塚本 浩
926 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
血小板活性化因子(PAF)の細胞内シグナルおよびその生理作用 ● 上園保仁 他
929 臨床医のための神経病理 再入門(編集協力:冨本秀和)
脳動脈瘤 ● 水谷 徹
1040 検査からみる神経疾患
Dual energy CTによる脳出血の検出 ● 緒方敦之 他
1043 Q & A―神経科学の素朴な疑問
fMRIで測定されるゆっくりした脳活動の変動による脳領域間機能連関の
神経基盤はどこまで解明されているのでしょう? ● 花川 隆
1044 神経疾患の新しい治療
ライソゾーム病 ● 衛藤義勝
1047 素顔のニューロサイエンティスト
池津庸哉 ● 村岡 賢
1048 ニューロサイエンスの最新情報
脳構造コネクトーム(brain structural connectome) ● 松田博史 他

1051 バックナンバー
1052 次号予告

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の内容

神経領域を志す医師必読の月刊誌
●毎号メインテーマを中心に構成し、臨床に必要な知識の基本から最新知見までを総合的にとらえ、啓蒙的に解説。●ワイドな誌面に豊富な図表を適切に配し、視覚的にも理解しやすいページづくり。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.