Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス) 発売日・バックナンバー

全189件中 46 〜 60 件を表示
2,970円
2,970円
メインテーマ
前頭葉― 脳の司令塔

A. 総論
134 前頭葉の解剖学  宮地重弘
138 生理学―前頭前野に魅せられて  久保田 競
145 神経心理学  三村 將

B. 基礎
150 運動関連領野の機能分化  松坂義哉
154 動的表現  楠 真琴
157 前頭前野に特徴的な意思決定の神経メカニズム  坂上雅道
161 社会行動  植松明子 他
165 将棋棋士の直観  田中啓治
169 前頭連合野における情報処理の階層性  渡邉 慶
173 加齢に伴うワーキングメモリ機能の変化  苧阪満里子
177 ワーキングメモリの神経表象  船橋新太郎
182 過去の想起と未来の想像に関する前頭前皮質の役割  岩田沙恵子 他
185 前帯状皮質-線条体における不安のメカニズム  雨森賢一
189 味覚,嗅覚,内臓感覚の統合と制御  門久美紀子
193 経頭蓋磁気刺激による大脳皮質機能研究の新たな展開  筒井健一郎 他

C. 臨床―障害
196 発達障害  相原正男
200 前頭葉てんかん  岡山公宣 他
203 社会的行動障害・前頭葉症候群  生方志浦 他
206 読み書き障害  浜田智哉 他
211 言語機能障害  金野竜太 他
214 前頭側頭葉変性症  佐竹祐人 他
219 前頭葉優位型アルツハイマー病  川勝 忍 他
223 脳血管障害  田川皓一
228 パーキンソン病およびその類縁疾患  小林俊輔
232 統合失調症  笠井清登
235 頭部外傷  柿沼一雄 他

D. 臨床―検査と治療
238 前頭葉機能検査  大沢愛子 他
243 前頭葉機能障害のリハビリテーション  渡邉 修
247 前頭葉・実行機能プログラム(frontal/executive program;FEP)日本語版  松井三枝

連載
120 Stereologyへの招待
 バイアスについて  樋田一徳,清蔭恵美
122 神経筋診断A to Z
 [神経伝導検査 2] 伝導ブロック  三澤園子
124 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 プロスタノイド受容体の生理的および薬理的作用  森本和志
126 臨床医のための神経病理 再入門
 孤立性線維性腫瘍・血管周皮腫  山田勢至
129 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 上衣下腫  金 太一,齊藤延人
251 神経疾患治療ノート
 ビタミンB1欠乏  小池春樹
254 ニューロサイエンスの最新情報
 リンパ球が脳の発達を促すメカニズム  田辺章悟
256 検査からみる神経疾患
 アルツハイマー病の血液診断  徳田隆彦
259 素顔のニューロサイエンティスト
 橋野惠里  上田佳朋
260 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 鋭い刃物で皮膚を切ったとき,最初は痛みが強くないのはなぜですか?  柿木隆介

262 バックナンバー

264 次号予告
2,970円
メインテーマ
Non-invasive Neuromodulation― 基礎・検査・治療

A. 基礎的機序と刺激法
18 シナプス可塑性とは―歴史的展望  桜井正樹
23 Regular rTMS  植木美乃
26 TBS(theta burst stimulation)  望月仁志
30 QPS(quadripulse stimulation)  佐々木拓也 他
33 tDCS,tACS  松本英之
36 tSMS(transcranial static magnetic stimulation)  芝田純也 他
39 tFUS(transcranial focused ultrasound stimulation)  寺尾安生
42 cTMS(controllable TMS)  濱田 雅

B. 検査と治療
45 運動学習  清水崇宏
49 脳血管障害―検査  小金丸聡子
54 脳血管障害―治療  古賀信太朗 他
57 失語  井上雄吉
62 パーキンソン病―検査  榎本博之 他
65 パーキンソン病―治療  代田悠一郎
69 ジストニア  村瀬永子
74 アルツハイマー病  村上丈伸 他
77 てんかん  榎本 雪 他
80 歩行障害  田添歳樹 他
85 うつ病  中村元昭
89 耳鳴  小川 郁
93 片頭痛・群発頭痛  柴田 護
97 痛み  細見晃一 他

●連載
4 Stereologyへの招待[新連載]
 Stereologyとは?  樋田一徳,清蔭恵美
6 神経筋診断A to Z[新連載]
 [神経伝導検査 1]運動神経伝導検査の基本  三澤園子
8 臨床医のための神経病理 再入門
 WHO grade IIの髄膜腫  安倍雅人
11 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 プロスタノイド受容体の種類  森本和志
14 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 中頭蓋窩髄膜腫  金 太一,齊藤延人
103 素顔のニューロサイエンティスト
 佐々木由香  柴田和久
104 検査からみる神経疾患
 脳膿瘍のMR画像診断:prickle signの有用性  三矢幸一 他
106 ニューロサイエンスの最新情報
 筋肉の脂肪化と健康長寿  上住聡芳 他
108 Q & A―神経科学の素朴な疑問
 片頭痛の合併症とされている「降雪視(visual snow)」とは何ですか?  粟木悦子 他
110 神経疾患治療ノート
 ウィルソン病  宮嶋裕明

114 バックナンバー

116 次号予告
メインテーマ
感覚受容 最前線

嗅覚と味覚
1432 嗅覚受容体の遺伝子クラスター  岩田哲郎 他
1436 嗅覚のシグナルトランスダクション  竹内裕子 他
1440 人工嗅覚システム  都甲 潔
1444 甘味受容体と味覚修飾物質  實松敬介 他
1448 がん患者の味覚障害  堤 理恵 他

視覚
1451 視細胞の光応答メカニズムにおける暗所視と明所視の分子基盤  橘木修志
1455 第三の光受容細胞  羽鳥 恵
1459 水晶体における線維細胞分化の制御機構―脊椎動物モデルであるゼブラフィッシュを用いた
    遺伝学的解析  政井一郎
1462 網膜再生医療の現状  小沢洋子
1465 人工網膜  不二門 尚
1469 VRにおける奥行感の呈示  河合隆史

聴覚
1474 蝸牛におけるイオン調節機構  稲垣 彰
1478 内耳感覚上皮帯のナノ振動  太田 岳 他
1481 有毛細胞における小胞体ストレスとアポトーシス  岸野明洋 他
1486 衝撃波の内耳への影響  水足邦雄
1488 人工内耳―最近の進歩と臨床成績  宇佐美真一

皮膚感覚
1491 TRPA1チャネルと痛み  戴 毅
1495 痛み・かゆみの伝達とその抑制  冨永光俊 他
1498 Piezo2を介したMerkel触盤の触覚検出  池田 亮
1502 慢性疼痛と一次求心ニューロンの遺伝子発現  坂井 敦

深部感覚と平衡感覚
1506 三叉神経中脳路核ニューロンが伝える深部感覚と咀嚼運動  吉田 篤
1510 関節の疼痛受容  石田高志 他
1513 平衡感覚をつくる感覚入力  肥塚 泉
1517 前庭刺激による体平衡機能改善  岩㟢真一

内臓感覚
1521 TRPチャネルと温度受容  富永真琴
1524 様々な器官に発現する味細胞様センサー細胞  岩槻 健 他
1528 腹膜の機械受容  田中宏一 他

●連載
1416 神経解剖学の見方,考え方[最終回]
 腸管神経系  小林 靖,寺田純雄
1418 医師のための人工知能入門[最終回]
 意味とは何か(4)人工知能は東大に入れるか  北澤 茂
1422 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 神経疾患治療標的としてのリゾホスファチジン酸受容体機構  植田弘師 他
1424 臨床医のための神経病理 再入門
 髄膜腫gradeI  黒瀬 顕 他
1427 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 前床突起髄膜腫  金 太一,齊藤延人
1531 素顔のニューロサイエンティスト
 Michael J. Link, Jamie J. Van Gompel  清藤哲史
1532 検査からみる神経疾患
 SUDOSCAN  増田曜章 他
1534 神経疾患治療ノート
 脊髄硬膜内髄外腫瘍  高井敬介
1536 ニューロサイエンスの最新情報
 脊髄損傷に対するiPS細胞治療  谷本祐之 他
1538 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 金縛りはどうして起こるのですか?  福田一彦

1539 バックナンバー

1540 次号予告
メインテーマ
神経疾患と神経障害性疼痛

総論:神経障害性疼痛とは
1292 神経障害性疼痛の発症機序  住谷瑞穂 他
1295 神経疾患と神経障害性疼痛  滝沢 翼 他
1298 神経障害性疼痛の治療方針  井関雅子 他

各論1:中枢神経障害による神経障害性疼痛 病態と治療
1303 視床痛と中枢性脳卒中後疼痛  高橋愼一
1308 虚血後脊髄症  高橋竜哉
1310 外傷性脊髄損傷後疼痛  川本俊樹
1316 放射線脊髄症  塚越設貴 他
1319 頚髄症における疼痛  鈴木晋介
1322 HIV関連脊髄症  中川正法
1324 脊髄空洞症  矢部一郎 他
1328 パーキンソン病  吉田典史 他
1332 多発性硬化症・視神経脊髄炎  穂苅万李子 他

各論2:末梢神経障害による神経障害性疼痛 病態と治療
1336 帯状疱疹後神経痛(PHN)  中原登志樹
1339 有痛性糖尿病性末梢神経障害  出口尚寿
1342 複合性局所疼痛症候群(CRPS)  木村浩彰
1345 化学療法による神経障害  関口 縁 他
1348 HIV感覚神経障害  出口一志
1350 幻肢痛  住谷瑞穂 他
1353 三叉神経痛  幸原伸夫 他
1356 急性/慢性炎症性脱髄性多発性神経根障害  鈴木理人 他
1359 アルコール性神経障害  渡邊一樹 他
1362 絞扼性末梢神経障害(手根管症候群)  国分則人
1364 医原性末梢性神経障害  伊東久勝 他
1367 純粋感覚性多発ニューロパチー  大矢 寧
1370 腫瘍による圧迫/浸潤による神経障害  藤澤美和子 他
1373 栄養欠乏による神経障害  小池春樹
1376 放射線照射後末梢神経障害  金谷文則
1378 神経根障害  安藤哲朗
1381 中毒性末梢神経障害  芳川浩男
1384 外傷性末梢神経損傷後疼痛  岩本卓士
1386 神経根引き抜き損傷  太田壮一
1389 舌咽神経痛  飯塚高浩
1392 自己免疫性神経障害  田中惠子
1394 慢性馬尾障害  松本守雄 他

●連載
1276 神経解剖学の見方,考え方
 組織切片標本の見方の概略(脊髄と脳幹)  寺田純雄,小林 靖
1281 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 リゾホスファチジン酸受容体と病態生理機構  田中景吾 他
1284 医師のための人工知能入門
 意味とは何か(3)フリストンの自由エネルギー原理  北澤 茂
1286 臨床医のための神経病理 再入門
 神経線維腫  黒瀬 顕 他
1288 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 眼窩内腫瘍(神経鞘腫)  金 太一,齊藤延人
1398 検査からみる神経疾患
 q—space MRI 脱髄と髄鞘再生のイメージング  久冨木原健二 他
1401 素顔のニューロサイエンティスト
 Etienne Burdet  大須理英子
1402 ニューロサイエンスの最新情報
 超音波とマイクロバブルによる薬物送達  小俣大樹 他
1404 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 硫化水素は頭に良いのですか,悪いのですか?  木村英雄
1406 神経疾患治療ノート
 脊髄髄内腫瘍  高井敬介

1410 バックナンバー

1412 次号予告
2,970円
メインテーマ
多系統萎縮症―新たな展開

総論
1054 多系統萎縮症の歴史  葛原茂樹
1057 オリーブ橋小脳萎縮症  中村航世 他
1059 線条体黒質変性症  島村宗尚 他
1061 Shy—Drager症候群  安藤孝志 他

発症機序
1064 多系統萎縮症の病理学  若林孝一
1068 αシヌクレインとプリオン様伝播  樽谷愛理 他
1073 治療法開発のための動物モデル  矢澤 生

臨床的広がり
1077 パーキンソニズムMSA—P  奥住文美 他
1082 小脳症候MSA—C  石川欽也
1085 呼吸・自律神経症候“MSA—A”  山中義崇 他
1089 高次脳機能障害  渡辺宏久 他
1094 錐体路徴候と支持所見  近藤 泉 他

臨床検査と診断
1096 MRI検査  伊藤瑞規 他
1100 PET,SPECT検査  重本蓉子 他
1104 自律神経機能検査  山本祥暉 他
1110 国際コンセンサス基準とその問題点  佐々木秀直 他
1113 わが国の指定難病の診断基準(案)―現行基準の課題と展望  佐々木秀直 他

治療
1117 SCD・MSA診療ガイドラインの方針  安井建一 他
1120 睡眠関連呼吸障害  下畑享良
1124 起立性低血圧  田村直俊
1127 下部尿路障害  朝比奈正人
1131 MSAのリハビリテーション  近藤夕騎 他

今後の展望
1135 ユビキノールによる治験  三井 純 他
1138 間葉系幹細胞移植治療  石橋 哲

●連載
1036 神経解剖学の見方,考え方
 脳室周囲器官  小林 靖,寺田純雄
1040 臨床医のための神経病理 再入門
 髄芽腫  友政 蘭 他
1043 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 「かゆみ」に関連するGPCR(2)  冨永光俊 他
1046 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 三叉神経痛(困難症例)  金 太一,齊藤延人
1049 医師のための人工知能入門
 意味とは何か(1)情報理論は意味を捨てた  北澤 茂
1141 素顔のニューロサイエンティスト
 Joseph T. Coyle  宇野洋太
1142 検査からみる神経疾患
 ホットクロスバンサイン(HCBS)を呈する種々の神経疾患  前川朋子 他
1144 神経疾患治療ノート
 脊髄動静脈シャント  伊澤良兼 他
1146 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 サケが生まれた川に戻れるのはなぜですか?  上田 宏
1148 ニューロサイエンスの最新情報
 皮質の発達における視床の役割  村田康信

1151 バックナンバー

1152 次号予告
2,970円
メインテーマ
小脳学習説 Marr-Albus-Ito理論の50年

総論
908 伊藤正男先生と小脳学習仮説の半世紀  永雄総一
913 小脳学習説と内部モデル  川人光男
919 小脳学習における長期抑圧(LTD)の役割  掛川 渉 他

解剖・発生
925 脊椎動物の小脳の起源と構造  村上安則
928 登上線維が作る小脳のマイクロゾーン  杉原 泉
932 登上線維—プルキンエ細胞シナプスの刈り込み  鈴木穂香 他
936 大脳—小脳連関の神経回路  篠田義一

生理学
940 LTDとrebound potentiationのOKR制御における役割  井下拓真 他
943 魚類のOKR―予測性OKRの獲得・維持における小脳の役割  平田 豊
946 追従眼球運動と小脳  竹村 文 他
950 瞬目反射条件づけ  岸本泰司
953 眼球運動系と小脳  高橋真有
958 サッケード適応  小島奉子
961 到達運動の誤差信号  北澤 茂
965 腕運動の小脳制御―予測的制御への小脳の関与  筧 慎治 他

理論
969 状態予測器としての小脳  田中宏和 他
973 小脳神経回路をコンピュータ上に作る  山浦 洋 他
976 基礎と臨床の架け橋となる小脳理論  本多武尊

機能障害と治療
981 多系統萎縮症の高次脳機能障害  川畑和也 他
985 プリズム順応を使った小脳障害の定量化  板東杏太 他
989 一本鎖DNA損傷と小脳変性症  横関明男 他
993 自己免疫性小脳失調症  三苫 博
998 ウイルスベクター経静脈投与による脊髄小脳変性症動物モデルの作出  平井宏和
1003 脊髄小脳変性症の分子病態  石川欽也
1007 脊髄小脳失調症とYAPdeltaC  近藤 和 他
1011 iPS細胞を用いた小脳の発生と病態の解明  六車恵子
1015 脊髄小脳変性症に対するポリグルタミン蛋白質のミスフォールディング・
    凝集を標的とした分子治療  永井義隆

●連載
888 神経解剖学の見方,考え方
 脈絡叢に分布する動脈,クモ膜顆粒  寺田純雄,小林 靖
893 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 「かゆみ」に関連するGPCR  冨永光俊 他
896 医師のための人工知能入門
 強化学習(6)AlphaGo Zero独力で「離」の境地に達した孤高の棋士  北澤 茂
900 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 傍矢状洞髄膜腫  金 太一,齊藤延人
904 臨床医のための神経病理 再入門
 松果体細胞腫,中間型松果体実質腫瘍,松果体芽腫  小田義崇 他
1020 検査からみる神経疾患
 MRSによる神経機能検査  吉原雄二郎 他
1022 ニューロサイエンスの最新情報
 小脳核におけるペリニューロナルネットの役割  廣野守俊 他
1024 神経疾患治療ノート
 脊髄空洞症  大橋洋輝 他
1027 素顔のニューロサイエンティスト
 Guy Rouleau  宮脇 哲
1028 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 貝柱(キャッチ筋)は収縮にエネルギーがいらないというのは本当ですか?  石井直方

1030 バックナンバー

1032 次号予告
2,970円
2,970円
メインテーマ
脊柱と脊髄

正常編 発生と正常機能
638 脊柱の発生
 尾内隆行
642 多様な転写因子による脊髄神経の分化運命決定
 向笠勝貴 他
646 脊髄後根神経節ニューロンの種類と機能
 八木淳一
650 脊髄の上行性伝導路と局所回路
 小山なつ 他
653 脊髄の下行性伝導路と局所回路
 大木 紫

病態編 動物モデルとシミュレーション
656 遺伝子変異と椎骨・椎間板異常
 仙波 圭
661 椎間板障害と椎間板性腰痛
 大鳥精司
665 排尿障害
 相澤直樹 他
668 脊髄圧迫のシミュレーション
 西田周泰 他

病態編 診察と検査
672 脊柱疾患における神経学的診断
 亀山 隆
677 脊椎・脊髄の画像診断
―脊髄MR画像への機械学習の適応
 和田昭彦 他
682 電気生理検査
 園生雅弘


病態編 病態と治療
688 頸椎症・ヘルニアの脊髄障害
 中川幸洋 他
692 OPLL・OLFの脊髄障害
 川口善治
696 脊柱管狭窄症の馬尾・神経根障害
 紺野愼一
699 腰椎椎間板ヘルニアの馬尾・神経根障害
 千葉一裕
703 腰椎分離症・分離すべり症
 眞鍋裕昭 他
707 難治性腰痛
 村上孝徳 他
710 脊髄腫瘍
 名越慈人
713 脊髄ヘルニア
 猪瀬弘之 他
716 脊椎・脊髄損傷
 今林英明
720 脊柱側彎症
 松山幸弘
722 二分脊椎
 吉藤和久
726 脊髄刺激療法
 新谷知久
730 脊髄の再生医療―iPS細胞を用いた細胞移植
 伊藤修平 他
734 椎間板再生医療の現状と展望
 酒井大輔 他

●連載
624 神経解剖学の見方,考え方 
 髄液,中枢神経系組織間質液の循環と動態(最近の動向)
 寺田純雄,小林 靖
627 医師のための人工知能入門
 強化学習(4)AlphaGo ① 深層学習の応用
 北澤 茂
630 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 GABAB受容体の生理的機能
 田端俊英 他
632 臨床医のための神経病理 再入門
 中枢性神経細胞腫 Central neurocytoma
 鈴木 諭
634 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 後大脳動脈瘤
 金 太一,齊藤延人
738 神経疾患治療ノート
 抗HMGCR抗体陽性筋症
 角谷真人 他
740 検査からみる神経疾患
 Time SLIP法とiMSDE SSFP法
 厚見秀樹
742 素顔のニューロサイエンティスト
 David Eidelberg
 藤田浩司
743 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 体の硬さ・柔らかさは何で決まる?
 福井尚志
744 ニューロサイエンスの最新情報
 Plasmablastsと免疫性神経疾患
 千原典夫 他
747 バックナンバー
748 次号予告

2,970円
メインテーマ
嚥下障害と誤嚥性肺炎

総論:嚥下とは
510 嚥下―発生学的・機能解剖学的観点から  高橋 昭
516 嚥下の神経機構  本田真也 他
519 嚥下障害の原因  大平雅之 他

総論:嚥下障害の診断
522 嚥下機能障害の診察と神経診察  北川 賢 他
527 嚥下機能の評価  柴田斉子 他
531 嚥下障害の原因疾患と鑑別  野川 茂

各論:主な神経疾患の嚥下障害の臨床
537 脳血管障害  伊藤義彰
541 認知症性疾患  松村晃寛 他
544 パーキンソン病  高橋一司
548 ハンチントン病  長谷川一子 他
552 進行性核上性麻痺  山本敏之
555 多系統萎縮症  安藤昭一朗 他
558 脊髄小脳変性症  石川欽也
561 筋萎縮性側索硬化症  加藤昌昭 他
565 末梢神経障害  関口 縁 他
569 重症筋無力症  鈴木重明
572 多発筋炎  清水 潤 他
576 筋ジストロフィー  大矢 寧

各論:嚥下障害に対する対応
580 嚥下障害の薬物治療  野元正弘
582 嚥下障害のリハビリテーション  角田 亘 他
586 嚥下障害の手術治療  香取幸夫 他

総論:嚥下障害の結果としての誤嚥性肺炎
590 誤嚥性肺炎の疫学と病態  岡本真一郎
595 死因としての誤嚥性肺炎  濱谷広頌 他

各論:誤嚥性肺炎に対する対応
598 誤嚥性肺炎の予防  角田和之 他
603 神経疾患に合併する誤嚥性肺炎の治療  山下 賢 他

●連載
496 神経解剖学の見方,考え方 
 クモ膜下腔と髄液循環  寺田純雄,小林 靖
498 医師のための人工知能入門
 強化学習(3)TD学習でスペースインベーダーを攻略する  北澤 茂
501 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 末梢性前大脳動脈瘤  金 太一,齊藤延人
504 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 GABAB受容体の種類と構造  上窪裕二 他
506 臨床医のための神経病理 再入門
 神経節細胞腫,神経節膠腫  鈴木博義 他
607 素顔のニューロサイエンティスト
 Giampaolo Merlini  田崎雅義
608 神経疾患治療ノート
 孤発性成人発症型ネマリンミオパチー  逸見祥司 他
610 検査からみる神経疾患
 抗自律神経節アセチルコリン受容体抗体の測定  中根俊成 他
612 ニューロサイエンスの最新情報
 運動学習を通して現れる視床から運動野へのシグナルには皮質下依存的な2つの異なるダイナミクスが
 存在する  田中康代 他
614 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 夢が行動化するのはなぜですか?  下畑享良

618 バックナンバー

620 次号予告
2,970円
メインテーマ
機能外科とニューロモデュレーション

総論
384 ニューロモデュレーション総論  鮎澤 聡
388 DBSの新たな可能性  岩室宏一

パーキンソン病
393 パーキンソン病に対する視床下核刺激療法  大島秀規 他
397 淡蒼球内節刺激術(GPi—DBS)  梅村 淳

不随意運動
401 全身性ジストニアの脳深部刺激療法  平林秀裕 他
408 書痙などの動作特異性局所性ジストニア  小林正人
412 ジストニア/振戦のガンマナイフ治療  柴崎 徹
416 バリスムの視床Vo核刺激術  杉山憲嗣
420 バリズムの淡蒼球内節手術  山田和慶
424 本態性振戦に対する視床腹中間核最外側部凝固術  平戸政史
428 経頭蓋集束超音波照射治療  阿部圭市 他
432 痙性斜頸の手術  福多真史
437 片側顔面痙攣―手術治療を中心として  藤巻高光

痙縮
440 バクロフェン髄腔内投与療法  貴島晴彦
444 機能的脊髄後根切断術  師田信人

頑痛・慢性頭痛
450 一次運動野電気刺激療法  深谷 親 他
454 難治性疼痛に対する反復経頭蓋磁気刺激療法  齋藤洋一
458 脊髄刺激療法  上利 崇
463 神経根引き抜き損傷に対する脊髄後根進入部破壊術  高井敬介 他
467 三叉神経痛の微小血管減圧術  鈴木秀謙
470 三叉神経痛のガンマナイフ  河島真理子 他
472 慢性頭痛の神経刺激療法  松森保彦

てんかん
476 迷走神経刺激療法  山本貴道

●連載
368 神経解剖学の見方,考え方
 軟膜とクモ膜  寺田純雄,小林 靖
371 医師のための人工知能入門
 強化学習(2)TD学習:価値の時間差分で報酬予測誤差を表現する  北澤 茂
374 臨床医のための神経病理 再入門
 脈絡叢乳頭腫  伊古田勇人
377 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 タキキニン受容体をターゲットとした臨床応用  鈴木秀典
380 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 前交通動脈瘤  金 太一,齊藤延人
480 ニューロサイエンスの最新情報
 頭を使うのを嫌がる脳のしくみ  永瀬麻子 他
483 検査からみる神経疾患
 嚥下内視鏡検査  谷口 洋 他
486 神経疾患治療ノート
 脊髄血管障害  安藤哲朗
488 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 閃輝暗点のメカニズムはわかっているのですか?  團野大介 他
490 素顔のニューロサイエンティスト
 Stella M. Papa  別宮豪一

491 バックナンバー

492 次号予告
2,970円
メインテーマ
神経疾患とトレース・メタル ―知っていますか?

総論
258 トレース・メタルとは何か  森 英樹
262 生体におけるトレース・メタルの作用  水野 大


267 神経系における鉄の役割  細井泰志 他
271 脳内鉄蓄積を伴う神経変性症 ―NBIAの概要  長谷川一子
279 NBIA1型  豊島 至
283 NBIA2型  舟塚 真 他
288 ミトコンドリア膜蛋白質関連神経変性症(MPAN)  熊田聡子
291 βプロペラ蛋白関連神経変性症(SENDA/BPAN)  月田貴和子 他
295 NBIA3型(神経フェリチン症)  ?尾昌樹 他
300 無セルロプラスミン血症  河野 智 他
304 ムコリピドーシスIV型  和田宏来 他
308 Friedreich失調症と鉄代謝  坪口晋太朗 他
311 脳表ヘモジデリン沈着症  ?尾昌樹 他


316 神経系における銅の役割  児玉浩子
320 Wilson病  清水教一
324 Menkes病  新宅治夫 他
329 後天性銅欠乏症  古川迪子 他

亜鉛
333 神経系における亜鉛の役割  川原正博 他
338 亜鉛欠乏症  任 智美

マンガン
342 マンガンと脳―その中毒の早期発見とよりよい治療のために  福武敏夫

セレン
349 セレン欠乏症・中毒症  益子貴史

●連載
244 神経解剖学の見方,考え方
 前脳基底部コリン作動性ニューロン群  小林 靖,寺田純雄
246 医師のための人工知能入門 
 強化学習(1)歴史的背景  北澤 茂
249 臨床医のための神経病理 再入門
 上衣系腫瘍  石澤圭介 他
252 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 タキキニン受容体の生理学的および薬理学的機能  鈴木秀典
254 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 Eagle症候群(過長茎状突起症)  金 太一,齊藤延人
353 検査からみる神経疾患
 検査から見るニューロフィラメント  ?橋祐二
356 神経疾患治療ノート
 塞栓源不明の脳梗塞(ESUS)  北川一夫
358 ニューロサイエンスの最新情報
 レム睡眠は何のためにあるのか  安垣進之助 他
360 素顔のニューロサイエンティスト
 Matthias Koepp  曽根大地
361 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 錯視は何の役に立つのでしょうか?  竹内龍人

362 バックナンバー

364 次号予告
2,970円
メインテーマ
Default Mode Network ―脳を操る陰の主役

総論・方法論
148 Default mode networkの歴史と展望  渡邊正孝
153 安静時脳活動の解析手法概説  中井敏晴
158 Default mode networkの解剖学的結合  小林 靖
163 拡散強調MRIを用いた白質線維束の測定とdefault mode network  竹村浩昌

Default Mode Networkと脳機能
166 意識・睡眠  宮内 哲 他
170 自己・社会性  麻生俊彦
175 時間・空間  北澤 茂
178 Working memory networkとdefault mode network  苧阪満里子
181 Salience networkとdefault mode network  梅田 聡
185 動物のdefault mode network  高田則雄

Default Mode Networkと疾患・診断・治療
189 アルツハイマー病とdefault mode network  花川 隆
192 道順障害/時間障害とdefault mode network  河村 満 他
196 発達障害のdefault mode network  橋本龍一郎
201 てんかんとdefault mode network  上原 平
204 慢性疼痛とdefault mode network  寒 重之
207 うつ病とdefault mode network  横山仁史 他
210 統合失調症とdefault mode network  桐野衛二
212 パーキンソン病におけるdefault mode network  渡辺宏久 他
217 神経性やせ症のdefault mode network  権藤元治 他
220 電気けいれん療法とdefault mode network  高宮彰紘 他
223 Decoded Neurofeedback(DecNef)  小泉 愛

●連載
132 神経解剖学の見方,考え方
 腹側線条体と腹側淡蒼球  小林 靖,寺田純雄
135 臨床医のための神経病理 再入門
 毛様細胞性星細胞腫  畑中佳奈子 他
138 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 タキキニン受容体の種類  鈴木秀典
140 医師のための人工知能入門
 GANs(2)急速な進展と脳科学への示唆  北澤 茂
143 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 脊索腫  金 太一,齊藤延人
226 ニューロサイエンスの最新情報
 前頭葉における短期記憶のメカニズム  稲垣秀彦
229 素顔のニューロサイエンティスト  
 小宮山尚樹  三谷明範
230 検査からみる神経疾患  
 筋線維束性収縮(fasciculation)の超音波検査  三澤園子
232 神経疾患治療ノート
 免疫チェックポイント阻害薬の神経・筋有害事象  鈴木重明
235 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 電車の中で居眠りしたときに体が左右に傾くのはなぜですか?  遠藤拓郎

238 バックナンバー

240 次号予告
2,970円
メインテーマ
Glymphatic system ―脳のゴミ処理とその異常

概 論
020 脳の血管系・リンパ系の解剖  坂井建雄
023 Glymphatic system総論  上野正樹
026 血液脳関門の視点からみた脳の排出機構  竹下幸男 他
029 免疫とglymphatic system  勝元敦子 他
033 睡眠の役割の研究の最前線-記憶学習・老廃物の除去・デルタ波  林 悠 他
037 髄液・間質液動態の画像化  田岡俊昭

Glymphatic systemにおけるアクアポリンの役割
042 脳の清掃を担うglymphatic系とアクアポリン  挾間章博
046 Glymphatic systemの機能画像  鈴木雄治
049 NMOとglymphatic system  三須建郎
052 アルツハイマー病,パーキンソン病,脳血管障害  星 明彦

βアミロイド
056 起 源  城谷圭朗 他
059 Aβの伝播  亀谷富由樹 他
062 処理機能:アミロイドクリアランス  伊藤義彰
065 機能画像  岡村信行 他
068 アルツハイマー病  大友 岳 他

タウ蛋白
072 タウ蛋白の起源  高島明彦 他
076 タウ細胞間伝播とその分子機構  山田 薫
078 機能画像  水間 広 他
081 タウオパチー  吉田眞理

シヌクレイン
085 起 源  馬場孝輔 他
087 細胞間伝播  長谷川隆文
090 α—シヌクレインの分解系  森 聡生 他
093 機能画像  小野麻衣子 他
098 シヌクレイノパチー  生野真嗣 他

Glymphatic systemと疾患
100 多発性硬化症におけるglymphatic systemの役割  山崎 亮 他
104 脳血管障害―脳小血管病を中心に  齊藤 聡 他
107 脳外傷  坂内太郎
111 くも膜下出血とglymphatic system  山田晋也

●連載
004 神経解剖学の見方,考え方
 大脳皮質と基底核の結合  寺田純雄,小林 靖
008 臨床医のための神経病理 再入門
 びまん性膠腫grade II,III  柴原純二
010 医師のための人工知能入門
 GANs(1)データを作り出す2人組  北澤 茂
013 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 三叉神経鞘腫  金 太一,齊藤延人
016 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ニューロペプチドY受容体をターゲットとした臨床応用  河村菜実子 他
117 検査からみる神経疾患
 認知症の神経回路画像診断  渡辺宏久 他
120 神経疾患治療ノート
 SUNCT,SUNA  柴田 護
122 ニューロサイエンスの最新情報
 自閉スペクトラム症の非定型的な感覚の特徴のアセスメント  高橋秀俊
124 素顔のニューロサイエンティスト
 William D. Richardson  清水崇弘
125 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 排尿時間はどの動物でも21秒だというのは本当ですか?  松本成史

126 バックナンバー

128 次号予告

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の内容

神経領域を志す医師必読の月刊誌
●毎号メインテーマを中心に構成し、臨床に必要な知識の基本から最新知見までを総合的にとらえ、啓蒙的に解説。●ワイドな誌面に豊富な図表を適切に配し、視覚的にも理解しやすいページづくり。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.