Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス) 発売日・バックナンバー

全189件中 91 〜 105 件を表示
2,970円
メインテーマ 脳の見える化 ―分子・機能局在編


顕微鏡で見る
 分子局在解析の歴史と展望 小路武彦
 遺伝子の局在を見る―in situ hybridization 菱川善隆
 蛋白質の局在を見る―免疫組織化学法 萩原治夫他
 蛍光プローブ技術 宮脇敦史他
 超解像蛍光顕微鏡 岡田康志
 糖鎖の局在を見る 秋元義弘他
 質量顕微鏡 大村文乃他
脳機能イメージングで見る
 次世代のPETとその可能性 山谷泰賀
 PETプローブ設計の現状 張 明栄
 MRIの新しい可能性 黄田育宏
 リガンド型MRI分子イメージング―JJVCPE画像法 中田 力
 デフォルトモードネットワーク 苧阪直行
 超高磁場MRIによる脳内免疫細胞トレーシング 森 勇樹他
 レム睡眠時の眼球運動と脳活動 ―走査仮説の是非をめぐって 宮内 哲他
 脳磁図の原理と可能性 浦川智和他
疾患を見る
 アミロイドβとタウのイメージング 岡村信行
 αシヌクレインのイメージング 菊池昭夫他
 Arterial spin labeling(ASL) 岡田知久他
 神経メラニンイメージング 佐々木真理
 Functional connectivityによる脳血管障害回復期の評価 惠飛須俊彦他
 脳腫瘍のCEST/APTイメージング 栂尾 理他
 術前診断における脳磁図の有用性 鎌田恭輔
 てんかん病態下の脳内ネットワーク 十川純平他
 自閉スペクトラム症における 丁ミンヨン他
デフォルトモードネットワークと臨床応用


連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 下垂体の概要 小林 靖,寺田純雄
神経生理学への招待
 視覚(10) 深層学習とWhatの情報処理 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
 オレキシン受容体の生理的および薬理的機能 山下貴之他
臨床医のための神経病理
 Inverted papilloma of the nasal cavity and paranasal sinuses 吉田真希他
高次脳機能障害の理解と診察
 内包膝部の損傷による健忘 平山和美他
検査からみる神経疾患
 抗HMGCR抗体と壊死性ミオパチー 渡邊由里香他
神経疾患治療ノート
 プリオン病 藤岡伸助他
ニューロサイエンスの最新情報
 PVニューロンにおける時計分子CLOCKの役割 小林洋平
素顔のニューロサイエンティスト
 Jörn Diedrichsen 横井 惇
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 光を受ける視細胞は,どうして網膜の一番奥(底)にあるのでしょうか? 三好智満
 

バックナンバー

次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆 


編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ よくわかる中枢神経系血管炎


血管と炎症の基礎
 中枢神経系血管炎とは  西出真之他
血管と炎症 尾昌樹
 中枢神経系血管炎と免疫  太田裕一朗他
 全身性血管炎とCHCC2012  太田裕一朗他
 中枢神経系血管炎の画像診断  麦倉俊司
大血管炎
 高安動脈炎(大動脈炎症候群)  濱口浩敏
 巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)  柴田 護
中血管炎
 結節性多発動脈炎  花岡洋成他
 川崎病  鎌田政博
小血管炎―ANCA関連血管炎
 顕微鏡的多発血管炎の中枢神経病変  西 原秀昭他
 多発血管炎性肉芽腫症(Wegener肉芽腫症) 池田 憲
 好酸球性肉芽腫性多発血管炎(Churg-Strauss症候群)  吉田典史他
小血管炎―免疫複合体血管炎
 クリオグロブリン血症性血管炎  岸 誠司他
 IgA血管炎(Henoch-Scho¨nlein紫斑病)  渕上達夫
 低補体血症性蕁麻疹様血管炎(HUV)  阪 久美子他
さまざまな血管を侵す血管炎
 神経Behcet病  廣畑俊成
 Cogan症候群  陸 雄一他
単一臓器を侵す血管炎
 中枢神経限局性血管炎  平野照之
全身血管炎に伴う続発性血管炎
 関節リウマチに伴う血管炎  天野宏一
 SLEに伴う血管炎  高崎芳成
誘因の明らかな続発性血管炎
 薬剤誘発性血管炎  有村義宏
 脳アミロイドアンギオパチー関連血管炎  池田修一
その他の血管炎
 肥厚性硬膜炎  安部貴人
 Sweet病における血管病変  久永欣哉
 CLIPPERS  鈴木重明


連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 視床下部の概要  小林 靖,寺田純雄
神経生理学への招待
 視覚(9) Whatのストリーム(2)  和田 真,北澤 茂
色の情報処理
分子から迫る神経薬理学
 オレキシン受容体の種類  山中章弘
臨床医のための神経病理
 Small cell neuroendocrine carcinoma  笹野公伸他
高次脳機能障害の理解と診察
 視床の損傷による健忘  平山和美他

検査からみる神経疾患
 アミロイドPETによるアルツハイマー病の診断  松田博史
神経疾患治療ノート
 Lambert-Eaton筋無力症候群  濱崎真二他
ニューロサイエンスの最新情報
 運動野内に見られる異なる運動パターンの局在  平 理一郎他
素顔のニューロサイエンティスト
 Anis Contractor  野村寿博
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 人はどのようにして重さを感じるのですか?  小池康晴

バックナンバー
次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆 


編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ 脳ドック―先制医療の切り札へ


脳ドックの基本
 脳ドックを行うにあたって 小林祥泰
 インフォームドコンセントと結果説明 中川原譲二
 MRIとMRA 神谷昂平
 頚部超音波検査 西野繁樹
 脳 波 國井尚人
脳ドックの実際
 医療面接と診察 橋本洋一郎他
 血液・尿検査 須賀裕樹他
 心電図 水野由子他
 MMSE,HDS-R 中根 一他
 その他の認知機能検査 八尾博史
 認知症への対応 土田剛行他
無症候性脳血管障害
 脳梗塞 小黒浩明
 大脳白質病変 日向野修一
 内頚動脈狭窄・閉塞 宇野昌明
 脳アミロイドアンギオパチー 坂井健二他
 脳出血 寺山靖夫
 未破裂脳動脈瘤 木村俊運
 脳動静脈奇形 橋本幸治他
 海綿状血管腫と静脈性血管腫 中瀬裕之
無症候性脳腫瘍
 髄膜腫 大宅宗一
 神経【鞘】腫 岡田真樹他
 下垂体腫瘍 川俣貴一
 グリオーマ 田中將太他


連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 視床前核群 小林 靖,寺田純雄
神経生理学への招待
 視覚(8) Whatのストリーム(1)  物体視の情報処理 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
 代謝型グルタミン酸受容体mGluR1/5を制御する因子 井上由理子

臨床医のための神経病理
 外胚葉異形成症 福田隆浩
高次脳機能障害の理解と診察
 脳弓の損傷による健忘 平山和美他

神経疾患治療ノート
 Isaacs症候群 渡邊 修
検査からみる神経疾患
 磁気刺激による馬尾伝導時間 松本英之
素顔のニューロサイエンティスト
 Federico Di Rocco 宇佐美憲一
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 わさびで「つーん」とするのはなぜですか? 富永真琴
ニューロサイエンスの最新情報
 多発性硬化症の新規病勢診断マーカー 高橋慶太他

 バックナンバー
次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆


編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ 筋ジストロフィーup to date


総 論

 筋ジストロフィーとは 埜中征哉 
 筋ジストロフィー研究の歴史と疾患の分類 小澤二郎 
 骨格筋の構造と分子構成 宮川美保他 
 骨格筋機能―発達と加齢 中村昭則他 
臨床症候
 筋萎縮 清水輝夫 
 顔面筋・構音・嚥下障害 門間一成他 
 呼吸・心筋障害 松村 剛 
検査所見
 血清CKと他の血液マーカー 前田 寧 
 遺伝子検査 後藤雄一 
 筋電図 北國圭一他 
 骨格筋CT・MRI 久留 聡 
 骨格筋エコー 渡辺大祐他 
 筋生検―実際と判読のポイント 石山昭彦 
診 断
 診断のアルゴリズム 砂田芳秀 
 鑑別診断のポイント 大矢 寧 
各病型の特徴と診断のポイント
 Duchenne型筋ジストロフィー 本橋裕子他 
 Becker型筋ジストロフィー 齊藤利雄 
 福山型筋ジストロフィー 戸田達史 
 肢帯型筋ジストロフィー 林 由起子 
 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー 三橋里美 
 眼咽頭型筋ジストロフィー 南 成祐 
 眼咽頭遠位型ミオパチー 山下賢他 
 三好型ミオパチー ?橋俊明 
 縁取り空胞を伴う遠位型ミオパチー(GNEミオパチー) 森 まどか 
 その他の遠位型ミオパチー 森 まどか 
 先天性ミオパチー 石垣景子 
治療とケア
 薬物療法 尾方克久 
 リハビリテーション 小林庸子 
 ケアの現状 小牧宏文 
 Duchenne型筋ジストロフィーに対するエクソンスキップ薬開発の試み 青木吉嗣他 
 再生医療 櫻井英俊 
臨床研究
 Remudy 木村 円 
 臨床研究のネットワーク―希少疾患,筋ジストロフィーの医薬品開発に向けての基盤整備 中村治雅 



連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 視床内側核 小林 靖,寺田純雄 
神経生理学への招待
 視覚(7) Whereのストリーム(2) 動きの情報処理 和田 真,北澤 茂 
分子から迫る神経薬理学
 グループ?型および?型代謝型グルタミン酸受容体の生理的および薬理的作用 上窪裕二他 

臨床医のための神経病理
 Gerstmann-Str【a¨】ussler-Scheinker disease P105L 石澤圭介他 
高次脳機能障害の理解と診察
 海馬とその周辺の損傷による健忘 平山和美他 

神経疾患治療ノート
 Stiff-person症候群 石井亜紀子 
ニューロサイエンスの最新情報
 SSSEMによる脳組織の3次元再構築 大野伸彦 
検査からみる神経疾患
 腕神経叢の超音波検査 伊藤英一他 
素顔のニューロサイエンティスト
 Giulio Tononi 大泉匡史 
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 免疫は神経により調節されるのでしょうか? 鈴木一博 

 バックナンバー
次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆 



編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ ブレインマシンインターフェース


総 論

 ブレインマシンインターフェース(BMI) 平田雅之
 ブレインデコーディング 神谷之康
 ニューロフィードバックの基礎―神経活動のオペラント条件づけ 櫻井芳雄
運動系のBMI
 M1のマルチニューロン活動から腕運動 宮下英三 
 海馬にある場所細胞群の活動から意図した移動行動を解読する 高橋 晋
 眼球運動のタイミングのデコーディング 大前彰吾 他
 皮質脳波(ECoG)と筋電信号による腕運動再構成 小池康晴
 皮質脳波(ECoG)BMIの人への応用 ?澤琢史
 脳波によるブレインマシンインターフェース 神作憲司
 実環境で動作するBMIに向けて 石井 信
視覚系のブレインデコーディング
 fMRIを用いた自然視知覚のモデル化とデコーディング 西本伸志
 夢のデコーディング 堀川友慈
 皮質脳波(ECoG)信号を用いた脳内イメージ情報のデコーディング 谷川 久他
ニューロフィードバックの臨床応用
 BMIリハビリテーション 牛場潤一
 DecNefによる発達障害の治療 橋本龍一郎 他
 DecNefとrTMSによる疼痛治療 齋藤洋一 他
DBSによる運動改善
 DBSのメカニズム 南部 篤他
 DBSによるパーキンソン病の治療 深谷 親
 DBSによる振戦の治療 岩室宏一
感覚のBMI
 人工内耳―その大いなる成功と未来展望 内藤 泰
 人工視覚システム 神田寛行 他


連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 内側膝状体 寺田純雄,小林 靖
神経生理学への招待
 視覚(6)Whereのストリーム(1)  奥行きと面の情報処理 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
 グループ?型代謝型グルタミン酸受容体の生理的および薬理的作用 上窪裕二 他
臨床医のための神経病理
 ALS with dementia 河上 緒 他
高次脳機能障害の理解と診察
 言語性短期記憶障害 平山和美 他
検査からみる神経疾患
 Mineral depositionの画像診断 櫻井圭太 他
神経疾患治療ノート
 全身こむら返り病 高橋正紀
ニューロサイエンスの最新情報
 脊髄損傷後のリハビリテーション効果のメカニズム 山下俊英
素顔のニューロサイエンティスト
 John H. Martin 篠崎宗久
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 ど忘れはどうして起こるのですか? 鈴木章円 他

 バックナンバー
 次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆 

編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ 臨床神経生理で何がわかる?
[1]筋電図,神経伝導検査,磁気刺激

 筋 肉
針筋電図の基礎 小森哲夫
針筋電図(1)神経筋疾患の鑑別 山崎博輝他
針筋電図(2)脊髄レベル診断 桑原 聡
単線維筋電図(SFEMG) 園生雅弘
反復刺激試験 関口兼司他
筋超音波検査 塚本 浩
骨格筋CT,MRI 松田 希

 末梢神経
運動神経伝導検査 東原真奈
感覚神経伝導検査 今井富裕
伝導ブロックの診断 国分則人
閾値追跡法による軸索興奮性検査 三澤園子
Blink Reflex 畑中裕己
末梢神経超音波検査 杉本太路他

 大脳運動野
日本における磁気刺激の歩み 白澤 厚他
中枢運動伝導検査(CMCT,C-BST CT,BST-R CT,CCCT)  松本英之
運動野GABA機能検査 鯨井 隆
感覚運動連関 寺尾安生
運動野の閾値トラッキング 村瀬永子

 小 脳
小脳磁気刺激 岩田信恵他
プリズム順応 花島律子
タッピング検査 徳重真一
Visually-guided tracking movement 筧 慎治他
重心動揺検査 内藤 寛
歩行解析 芳賀信彦


 連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 後核群と視床枕 寺田純雄,小林 靖
神経生理学への招待
 視覚(5)一次視覚野の臨界期 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
 代謝型グルタミン酸受容体の構造と種類 上窪裕二他
臨床医のための神経病理
 紀伊パーキンソン認知症複合(Kii parkinsonism-dementia complex) 三室マヤ他
高次脳機能障害の理解と診察
 記憶に関連する脳領域のMRIによる同定 平山和美他
検査からみる神経疾患
 Arterial spin labeling(ASL)画像が有用な神経疾患 山元龍哉他
ニューロサイエンスの最新情報
 神経疾患におけるリン酸化シグナルの網羅的解析 田川一彦他
神経疾患治療ノート
 封入体筋炎(inclusion body myositis;IBM) 大矢 寧
素顔のニューロサイエンティスト
 Dimitri Krainc 常深泰司
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 筋固縮の歯車様と鉛管様の違いは何でしょうか? 田代 淳

バックナンバー
次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆
2,970円
メインテーマ ミクログリア

正常機能
  ミクログリア研究史  中嶋一行
  ミクログリアの発生と分化  佐藤 薫
  皮質回路形成におけるミクログリア  山本亘彦他
  ミクログリアによるシナプス修飾機構  和氣弘明他
  ミクログリアを制御する細胞間相互作用シグナル  橋本美穂他
病態機能
  ミクログリア活性化の機構―神経障害性(M 型)と神経  山崎 亮他
  保護性(M 型)へのミクログリア活性型転換誘導因子
  ミクログリアと免疫細胞の相互作用―T細胞に対する  錫村明生
抗原提示能について
  ミクログリアの貪食性神経細胞死  小泉修一
  網膜の炎症とミクログリア  山下俊英
  脳炎とミクログリア―HIV脳炎・脳症における  出雲周二他
ミクログリアの病態を中心に
  てんかん発作におけるミクログリア  坂井淳彦他
  脳放射線壊死とミクログリア  野々口直助他
  神経障害性疼痛とミクログリアのATP受容体  井上和秀
  神経障害性疼痛とミクログリアのTRPM 受容体  勇 昂一他
  慢性ストレスによる異常な疼痛とミクログリア  木山博資
  多発性硬化症とミクログリア  水野哲也
  那須ハコラ病とミクログリア  佐藤準一
  ALSとミクログリア  小峯 起他
  パーキンソン病における炎症とミクログリア  斉木臣二
  うつ病とミクログリア  溝口義人他   
臨床応用
  活性化ミクログリアのイメージング  尾内康臣
  ミクログリアの性質を利用した  澤田 誠
  ドラッグデリバリーの可能性

連 載 

神経解剖学の見方,考え方
  外側膝状体  寺田純雄 小林 靖
神経生理学への招待
  視覚( 4 )網膜から一次視覚野へ ―Hubel-Wieselの発見  和田 真 北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
  ムスカリンM 受容体の立体構造解析  小林拓也
臨床医のための神経病理
  Germinoma  松村 望他
高次脳機能障害の理解と診察
  記憶の解剖と生理  平山和美他
検査からみる神経疾患
  脳神経外科手術におけるhodotopyに基づいた脳機能評価  前澤 聡他
神経疾患治療ノート
  悪性高熱症  野崎博之
ニューロサイエンスの最新情報
  難治性てんかんケトン食療法のメカニズム  井上 剛他
素顔のニューロサイエンティスト
  Jack L. Gallant  西本伸志
Q&A―神経科学の素朴な疑問
  体験したことと想像したことを脳はどのように区別して記憶するのですか?  西村侑也他

次号予告 
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆 

編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ 細菌性髄膜炎の臨床と最新の治療


総 論
疫 学 亀井 聡
原因菌の特徴と耐性化 岩田 【敏】
院内感染・施設内感染 亀井 聡

臨床症状
成人患者の症状と徴候 坂井健二他
小児患者の症状と徴候 佐藤吉壮
成人患者の予後,転帰,後遺症 石川晴美
小児患者の予後,転帰,後遺症 細矢光亮

検 査
検体および画像検査 安部貴人
原因菌の遺伝子検査 上蓑義典他

鑑別診断
ウイルス性髄膜炎 伊藤義彰
結核性髄膜炎 野博之
真菌性髄膜炎 伊澤良兼
単純ヘルペス脳炎 中嶋秀人
感染性脳炎,傍感染性脳症 飯塚高浩
非感染性髄膜炎 尾昌樹
膠原病・膠原病類縁疾患 岳野光洋他
頚椎疾患 岡田英次朗他

治 療
成人の診断未確定時の抗菌薬の選択 村松和浩他
成人の原因菌確定時の抗菌薬の選択 水谷真之他
小児の原因菌未確定時の抗菌薬の選択 新庄正宜
小児の原因菌確定時の抗菌薬の選択 坂田 宏
副腎皮質ステロイドの併用 柴田 護

予防とトピックス
ワクチンの種類とその有用性 尾内一信
トピックス―ワクチン導入前後における小児細菌性髄膜炎の動向 大石智洋


連 載 

神経解剖学の見方,考え方
 髄板内核群と正中核群 小林 靖,寺田純雄
神経生理学への招待
 視覚(3)視細胞の光受容 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
 ムスカリン受容体の立体構造解明を目指して 小林拓也
臨床医のための神経病理
 Malignant glioma with primitive neuroectodermal tumor(MG-PNET)
 佐々木 惇
高次脳機能障害の理解と診察
 してしまう行為障害の診察 平山和美他

検査からみる神経疾患
 神経疾患をmicroRNAで診断する 河原行郎
神経疾患治療ノート
 多発性筋炎・皮膚筋炎 上阪 等
素顔のニューロサイエンティスト
 Juan C. Fernandez-Miranda 吉野正紀
Q&A―神経科学の素朴な疑問
 道順がわかるのはなぜですか? 河村 満
ニューロサイエンスの最新情報
 自閉スペクトラム症のfMRI 丁ミンヨン他

バックナンバー
次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆


編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
齊藤延人 東京大学教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ
神経放射線診断―最新情報と読影のピットフォール

10MRI
  MRI磁場強度特性  松澤 等 他
  MRA time?of?f light(TOF)法  立石秀勝 他
  T2*強調画像と磁化率強調画像  杉原修司 他
  DWIとtractography  金 太一
  Voxel?based morphometry  雫石 崇 他
  Q ball imaging  國松 聡
  Perfusion MRI―Arterial spin labeling(ASL)と  清水幸衣 他
  dynamic susceptibility contrast(DSC)を中心に機能MRIによる臨床脳機能マッピング  鎌田恭輔 他
  MR spectroscopy  豊岡麻理子 他
CT
  MD?CT  木下俊文
PET
  脳18F?FDG PETの診療と最新動向  高橋美和子 他
  11C Methionine PET  成相 直
  11C?PiB PET  石井賢二
  Tau PET  遠藤浩信 他
SPECT
  血流SPECT(123I?IMPと99mTc?HMPAO,99mTc?ECD)  下瀬川恵久
123I?Iomazenil SPECT  中川原譲二
  DAT SPECT  石渡義之 他
超音波
  経頭蓋超音波ドプラ法  青木淳哉 他
  頚動脈エコー  岩渕 聡 他
  筋,末梢神経の超音波検査  森 敦子 他


連 載

神経解剖学の見方,考え方
  視床腹側核群  寺田純雄,小林 靖
神経生理学への招待
  視覚(2)眼球  和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
  ムスカリン受容体作動薬と遮断薬  小林拓也
臨床医のための神経病理
  Epithelioid/rhabdoid glioblastoma  杉山一彦 他
高次脳機能障害の理解と診察
  収集行動  平山和美 他
神経疾患治療ノート
  カルニチン欠乏症  伊澤良兼
ニューロサイエンスの最新情報
  オキシトシンの社会性障害に対する効果  山末英典
検査からみる神経疾患
  rs?fcMRIを用いた精神神経疾患の判別  森本 淳 他
素顔のニューロサイエンティスト
  Liqun Luo  宮道和成
Q&A―神経科学の素朴な疑問
  なぜ片目でウインクできない人がいるのですか?  山本正博

バックナンバー
次号予告
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆

編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
齊藤延人 東京大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ
パーキンソン病―変貌する実態と最新の治療

パーキンソン病とは:パーキンソン病の定義と分類―Lewy小体を伴うパーキンソン病
  Parkinson’s disease(Lewy):PDLewyの位置づけ  葛原 樹
  PDLewyにおける黒質・線条体系の病態生理  矢部勇人 他
  PDLewyにおける大脳皮質・嗅覚系・脳幹・自律神経系の病態病理  三木康生 他
  PDLewyの分子病態  佐藤栄人 他
臨床症候
  振戦と筋固縮  高橋一司
  無動症,姿勢反射障害,歩行障害  大熊泰之
  起立性低血圧  田村直俊
  排便・排尿・性機能・発汗の障害  榊原隆次
  睡眠障害  近藤智善
  認知症―PDDとDLB  小阪憲司
  精神症状と疲労  柏原健一
  嗅覚障害  谷口さやか 他
  感覚症状―痛み  吉井文均
検査所見
  PET/SPECTによる脳血流・代謝およびドパミントランスポータイメージング   松田博史
  SPECT(MIBG)  真 他
  経頭蓋黒質超音波検査  三輪英人 他
  黒質のMRI  佐々木真理 他
  生検診断の可能性について  齊藤祐子
診断と鑑別診断
  早期診断のポイント  藤本健一
  多系統萎縮症,進行性核上性麻痺,大脳皮質基底核変性症,  
  他の神経変性疾患との鑑別   廣西昌也 他
  二次性パーキンソニズムとの鑑別  小仲 邦 他
最新の治療
  運動症状治療の基本コンセプト:何を,いつから,何で治療  
  するか―新しいエビデンスに基づいて  山本光利
  合併症の治療  秋本幸子 他
  非運動症状に対する治療  村田美穂
  外科治療  横地房子
  非薬物治療
  リハビリテーション  林 明人
  経頭蓋磁気刺激法(TMS ; transcranial magnetic stimulation)  榎本博之
将来への展望
  再生医療  小芝 泰 他
  遺伝子治療  村松慎一

連 載
神経解剖学の見方,考え方
   視床の概要  小林 靖,寺田純雄
神経生理学への招待
   視覚(1)視覚は何のためにあるのか  和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
   ムスカリン性アセチルコリン受容体の種類と役割  小林拓也
臨床医のための神経病理
   ETANTR(ニューロピルと真性ロゼットに富む胎児性腫瘍)と  
   ETMR(多層性ロゼットを伴う胎児性腫瘍)  中里洋一
高次脳機能障害の理解と診察
   使用行動  平山和美 他
素顔のニューロサイエンティスト
   Gy  礒村宜和
検査からみる神経疾患
   近位部伝導障害の検出法  稲葉 彰 他
Q&A―神経科学の素朴な疑問
   耳鳴はどうして起きるのですか?  小川 郁
神経疾患治療ノート
   糖原病―Pompe病を中心に  埜中征哉
ニューロサイエンスの最新情報
   加齢による記憶力の低下とグリア細胞  齊藤 実 他

バックナンバー
次号予告

「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆

編集委員
水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
齊藤延人 東京大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ
言語の起源と脳の進化

言語の科学
  言語野の発見 武田克彦
  言語の脳科学 橋本龍一郎
  ことばの認知科学 大津由紀雄
言語と脳の進化論
  鳥の発声学習 橘 亮輔 他
  テナガザルの歌と言語の進化 香田啓貴
  ミラー・ニューロンとBroca領域の進化 西谷信之
脳の比較解剖学
  人類の進化と脳 馬場悠男
  サルからヒトへの進化と脳 吉川泰弘
脳の進化と遺伝子
  言語の遺伝子FOXP2 高橋浩士
  鳥の歌学習とFoxP2 松永英治
  集団遺伝学から考える脳の進化 内村有邦 他
  大脳皮質の進化と視床 下郡智美
言語の脳科学―各論
  言語ネットワークの可視化 金野竜太
  識字の神経基盤 本村和也
  外国語の学習と神経可塑性イメージング 花川 隆
  言語発達脳科学 保前文高
  言語機能構築の性差 北澤 茂
  数式を理解する脳の神経基盤 丸山雅紀
  音楽の神経基盤 伊藤浩介 他
脳機能画像の臨床応用
  失語障害の発症機序 丹治和世
  機能MRI/MEGを用いた術前言語機能局在診断 鎌田恭輔 他
  発達性ディスレクシアの脳機能画像 浅野孝平
  失語症回復の神経メカニズム 石橋 遼 他

神経解剖学の見方,考え方
  視床上部 小林 靖,寺田純雄
神経生理学への招待
  体性感覚(7)体性感覚と身体イメージ 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
  慢性疼痛とグリア細胞 齊藤秀俊 他
臨床医のための神経病理
  ファール病(家族性特発性基底核石灰化症) 木村正志 他
高次脳機能障害の理解と診察
  模倣行動 平山和美 他
検査からみる神経疾患
  抗GAD抗体と免疫性神経疾患 南里和紀 他
神経疾患治療ノート
  周期性四肢麻痺 柴田 護
ニューロサイエンスの最新情報
  神経変性疾患と‘かたち’の制御 桑田一夫
素顔のニューロサイエンティスト
  Brian Wandell 竹村浩昌 他
Q&A―神経科学の素朴な疑問
  錐体路はどの動物でも同じように交叉するのですか? 小林 靖

バックナンバー 
   
次号予告  「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆

連 載

編集委員
水澤英洋 
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
     国立精神・神経医療研究センター病院病院長
     東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
齊藤延人 東京大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
2,970円
月刊 臨床神経科学
2015 Vol.33 6

メインテーマ
脳の見える化―構造編

細胞を見る
  デジタルアトラスの現状 徳野博信 他
  電子顕微鏡連続切片再構築によるシナプスの三 樋田一徳 他
   次元解析
  超高圧電子顕微鏡による皮質構造の解析 小賀智文 他
  2光子顕微鏡による大脳皮質のシナプス再編の 江藤 圭 他
   生体内解析
  脳の透明化と構造情報処理 史 蕭逸 他
伝導路を見る
  軸索輸送による伝導路追跡 山本達朗 他
  ウイルスベクターによる伝導路追跡 古田貴寛
  狂犬病ウイルスによる越シナプス的伝導路追跡 高田昌彦
  発生工学的手法による神経回路の可視化 吉原良浩
  DTIをはじめとした拡散MRIによる拡散解析と 鎌形康司 他
    それを用いた伝導路解析の原理
  拡散MRIで見る可塑性の神経機構 林 拓也
病巣を見る   3D−CT−DSA 木下俊文
  MR angiography 土屋一洋 他
  虚血におけるDif fusion MRI 安池政志 他
  3D PSIF−DWI法 石田 剛 他
  Double inversion recovery法 岡田知久 他
  Susceptibility−weighted imaging(SWI) 井田正博
   ―中枢神経疾患への応用
  q−Space imaging 中原 仁 他
  Voxel−based morphometry(VBM) 福田 寛 他
  脳外科手術におけるナビゲーションシステム 林 雄一郎 他
  3Dプリンターによるシミュレーション 周郷延雄 他

神経解剖学の見方,考え方
  後大脳動脈の枝と分布 寺田純雄,小林 靖
神経生理学への招待
  体性感覚(5)脊髄における痛覚信号制御 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
  P2Y受容体(ATP受容体)の生理的および薬理的作用 齊藤秀俊 他
臨床医のための神経病理
  レヴィ小体病における自律神経障害 真 他
高次脳機能障害の理解と診察
  把握反射 平山和美 他
神経疾患治療ノート
  ミトコンドリア脳筋症 飯塚高浩
ニューロサイエンスの最新情報
  Quadripulse transcranial magnetic stimulation(QPS) 榎本 雪 他
    ―ヒトでの新しい可塑性誘導法
検査からみる神経疾患
  次世代NIRS―時間分解NIRS(TRS)―による脳循環と 酒谷 薫  
    脳機能計測
Q&A―神経科学の素朴な疑問
  ラットとマウスはどちらが利口ですか? 和田 真
素顔のニューロサイエンティスト
  Moses Rodriguez 中根俊成
バックナンバー  
次号予告  
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆

連 載

編集委員
水澤英洋 
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
国立精神・神経医療研究センター病院病院長
東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
齊藤延人 東京大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ 感覚とその異常

感覚の基礎知識
  感覚とは 廣瀬源二郎 502
  視 覚 神田敦宏 他 504
  聴 覚 工藤 基 507
  前庭感覚系―視床・大脳皮質における前庭感覚領域 杉内友理子 509
  味 覚 志村 剛 513
  嗅 覚 竹内裕子 他 516
  痛 覚 津田 誠 520
  触 覚 村田 哲 523
  振動覚・位置覚 田口芳治 他 527
  複合感覚 野川 茂 531
  痒 み 仙波恵美子 535
感覚の神経学的診察・検査
  感覚障害の神経学的検査 539
  視覚誘発電位(VEP) 飛松省三 543
  聴性脳幹反応(ABR) 泰地秀信 546
  体性感覚誘発電位(SEP) 園生雅弘 548
  感覚障害に関する画像検査 麻生俊彦 他 551
感覚障害を呈する疾患の診断と治療
  脳血管障害
   視覚障害 星野晴彦 555
   聴覚障害 加藤可奈子 他 558
   複合感覚障害 温井孝昌 他 560
   表在感覚障害・深部感覚障害 伊藤義彰 563
  認知症 野崎一朗 他 567
  パーキンソン病 高橋一司 570
  ファブリー病 奥山虎之 574
  脱髄性疾患 宮生 他 576
  脊髄脊椎疾患 新藤和雅 他 578
  末梢神経障害 田子 他 580
  神経梅毒 清水優子 583
  プリオン病 古川迪子 他 586
  てんかん 赤松直樹 588
  複合性局所疼痛症候群タイプ1 住谷昌彦 590
  頭痛と感覚障害 清水利彦 592

神経解剖学の見方,考え方
中大脳動脈の枝と分布 寺田純雄,小林 靖 488
神経生理学への招待
体性感覚(4)痛覚の分類と受容器 和田 真,北澤 茂 492
分子から迫る神経薬理学
P2Y受容体(ATP受容体)の種類 齊藤秀俊 他 494
臨床医のための神経病理
Rosette−forming glioneuronal tumor of the fourth ventricle 石澤圭介 他 496
高次脳機能障害の理解と診察
行為の抑制に関連する脳領域のMRIによる同定 平山和美 他 498
神経疾患治療ノート
先天性パラミオトニア 逸見祥司 他 594
検査からみる神経疾患
DATとMIBGの組み合わせ 石橋賢士 他 596
素顔のニューロサイエンティスト
Peter L. Strick 松坂義哉 598
Q&A―神経科学の素朴な疑問
渋みはなぜ基本味に入っていないのですか? 林 由佳子 599
ニューロサイエンスの最新情報
時間感覚を担う脳領域 林 正道 600
バックナンバー  602    次号予告  604
「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆

連 載

編集委員
水澤英洋 
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
国立精神・神経医療研究センター病院病院長
東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
齊藤延人 東京大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
北澤 茂 大阪大学教授
2,970円
メインテーマ
小児脳神経先天異常up to date―原因遺伝子から治療まで

脳梁形成機構 水野聖哉 他
  Dandy?Walker症候群 有賀 純
  Blake’s pouch cyst 辛 正廣
  Chiari奇形 野中雄一郎 他
水頭症とくも膜嚢胞
  先天性水頭症の出生前胎内診断 夫 律子
  X連鎖性遺伝性水頭症 山崎麻美 他
  くも膜嚢胞の治療 深見真二郎 他
頭蓋縫合早期癒合症
  頭蓋縫合早期癒合症の分類と治療 須永 中 他
  Crouzon症候群, Apert症候群, Pfeif fer症候群の診断と治療 小林眞司
  頭蓋骨縫合早期癒合症の原因遺伝子 笠原由紀 他
頭蓋頸椎移行部の骨形成異常
  頭蓋底陥入症 村田英俊
  Klippel?Feil症候群 小野裕之 他
新生児血管障害
  新生児頭蓋内出血 伊地俊介 他
  ガレン大静脈瘤 小宮山雅樹
神経皮膚症候群
  神経線維腫症1型/von Recklinghausen病 倉持 朗
  神経線維腫症・型 齋藤 清 他
  結節性硬化症 水口 雅
  von Hippel?Lindau病 高柳俊作 他
  Sturge?Weber症候群 菅野秀宣 他
遺伝子診断と倫理
  遺伝カウンセリング 小崎里華

神経解剖学の見方,考え方
前大脳動脈の枝と分布 寺田純雄,小林 靖
神経生理学への招待
体性感覚(3)固有感覚 和田 真,北澤 茂
分子から迫る神経薬理学
カンナビノイド受容体をターゲットとした臨床応用 橋本谷祐輝
臨床医のための神経病理
Langerhans cell histiocytosis(LCH) 廣瀬隆則
高次脳機能障害の理解と診察
行為の解剖と生理―してしまう行為障害の背景 平山和美 他
神経疾患治療ノート
先天性ミオトニー 森 まどか
ニューロサイエンスの最新情報
成長円錐はどのように動くのか 戸島拓郎 他
検査からみる神経疾患
PyrosequencingによるMGMTメチル化解析 夏目敦至
素顔のニューロサイエンティスト
Ralph Adolphs 土谷尚嗣
Q&A―神経科学の素朴な疑問
光を見るとくしゃみが出るのはなぜですか? 口岩 聡 他
バックナンバー   
次号予告「分子から迫る神経薬理学」の編集は櫻井 隆
連 載
編集委員
水澤英洋 
鈴木則宏 慶應義塾大学教授
国立精神・神経医療研究センター病院病院長
東京医科歯科大学特任教授
宇川義一 福島県立医科大学教授
齊藤延人 東京大学教授
小林 靖 防衛医科大学校教授
北澤 茂 大阪大学教授

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の内容

神経領域を志す医師必読の月刊誌
●毎号メインテーマを中心に構成し、臨床に必要な知識の基本から最新知見までを総合的にとらえ、啓蒙的に解説。●ワイドな誌面に豊富な図表を適切に配し、視覚的にも理解しやすいページづくり。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.