Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス) 発売日・バックナンバー

全189件中 61 〜 75 件を表示
2,970円
メインテーマ
腹側線条体とは?

腹側線条体の総論と基礎
1398 腹側線条体の基礎概念  設楽宗孝
1403 腹側線条体の解剖学  小林 靖
1408 局所回路とシナプトロジー:側坐核におけるシナプス伝達とその可塑的変化  籾山俊彦
1411 動機付けと腹側線条体  阿部欣史 他
1415 匂い行動と腹側線条体:嗅結節の構造と機能  山口正洋
1418 嗅球に投射する前脳基底部コリン作動性ニューロンの働き  内田さえ
1421 ストレスによる脳組織リモデリング:神経形態変化と炎症反応  永井裕崇 他
1425 物体認知における側坐核の役割  松本惇平 他
1429 道具使用訓練による側坐核の変化とその役割  山㟢由美子 他
1433 睡眠調節における役割  裏出良博
1437 薬物依存の分子機構  舩田正彦

腹側線条体の臨床
1441 前脳基底部損傷とその診察:前脳基底部損傷の神経心理学的診察  堀内惠美子 他
1446 前脳基底部健忘症の高解像度MRI所見:前交通動脈瘤術後健忘症を中心に  麦倉俊司 他
1451 エピソード記憶における時間と前脳基底部  月浦 崇
1454 慢性腰痛と側坐核  渡邉和之 他
1457 運動による鎮痛(exercise—induced hypoalgesia)と側坐核  仙波恵美子
1461 うつ症状における側坐核の役割と新規抗うつ薬の作用機序  橋本謙二
1464 認知症のコリン神経系イメージング  篠遠 仁
1468 認知症におけるアセチルコリン神経伝達の変化とその治療  互 健二 他
1472 パーキンソン病における変化と治療  野元正弘
1475 睡眠障害における辺縁系,側坐核の役割  鈴木圭輔 他
1480 薬物依存における側坐核の変化と治療戦略  宮田久嗣
1484 ギャンブル依存における腹側線条体の変化と治療戦略  高橋英彦

●連載
1382 神経解剖学の見方,考え方
 黒質  寺田純雄,小林 靖
1386 医師のための人工知能入門
 深層学習による音声・言語処理(2)音声を「聞き取る」多層人工神経回路  北澤 茂
1388 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ニューロペプチドY受容体の生理的および薬理的作用  河村菜実子 他
1390 臨床医のための神経病理 再入門
 膠芽腫  山㟢文子 他
1393 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 聴神経腫瘍  金 太一,齊藤延人
1489 神経疾患治療ノート
 群発頭痛  菊井祥二 他
1492 検査からみる神経疾患
 タッピング  徳重真一
1494 ニューロサイエンスの最新情報
 MR fingerprinting  田岡俊昭
1497 素顔のニューロサイエンティスト
 Edvard Moser & May—Britt Moser  五十嵐 啓
1498 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 直立二足歩行はどのようにして可能になったのですか?  荻原直道

1500 バックナンバー

1502 次号予告
2,970円
メインテーマ
中枢神経系脱髄疾患の最前線―抗MOG抗体の関与を考える

総論:中枢神経系脱髄疾患の最近の動向
1270 多発性硬化症  久冨木原健二 他
1278 視神経脊髄炎関連疾患  中島一郎

多発性硬化症に自己抗体の関与はあるか
1283 診断基準(McDonald 2017基準)  渡邉 充 他
1286 病理  河内 泉
1291 免疫治療  藤井ちひろ 他
1296 抗MOG自己抗体を介した脱髄分子機構  板東良雄
1300 遺伝学  磯部紀子
1303 疫学  新野正明 他

視神経脊髄炎関連疾患と抗AQP4抗体
1306 NMOSDの診断基準  松本勇貴 他
1310 抗体検査  高橋利幸
1313 病理  高尾昌樹
1316 免疫治療  王子 聡 他
1321 疫学  保前英希

抗MOG抗体関連疾患
1324 歴史的背景  金子仁彦
1328 抗体検査  黒田 宙
1330 抗MOG抗体関連脳脊髄炎の病理学的特徴  三須建郎
1334 抗MOG抗体関連疾患における免疫治療  藤盛寿一
1337 疫学  西山修平
1341 臨床像:脳炎  関 守信
1345 臨床像:視神経炎  吉村俊祐 他
1349 臨床像:脊髄炎  久冨木原健二 他
1353 臨床像:ADEM(急性散在性脳脊髄炎)  植松 貢 他
1356 臨床像:他の自己抗体との併存例  飯塚高浩 他
1359 臨床像:感染症併発例  中村正孝 他
1362 臨床像:リウマチ性疾患併発例  有沼良幸 他

●連載
1254 神経解剖学の見方,考え方
 淡蒼球と視床下核  寺田純雄,小林 靖
1258 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ニューロペプチドY受容体の種類  河村菜実子 他
1260 臨床医のための神経病理 再入門
 脳腫瘍病理の見方の基本  廣瀬隆則
1262 医師のための人工知能入門
 深層学習による音声・言語処理(1)Word2Vec:人工神経回路を使った単語のベクトル化  北澤 茂
1265 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 松果体部腫瘍(混合性胚細胞腫瘍)  金 太一,齊藤延人
1366 神経疾患治療ノート
 片側顔面痙攣  清水克悦
1368 ニューロサイエンスの最新情報
 拡張現実リハビリテーション―視覚誘導性自己運動錯覚の臨床応用  金子文成
1371 素顔のニューロサイエンティスト
 てんかん学のアーティスト:大坪 宏  岡西 徹
1372 検査からみる神経疾患
 脳室周囲異所性灰白質とてんかん  守谷 新 他
1374 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 年を取ると寄り目ができなくなるのはなぜですか?  廣瀬源二郎

1376 バックナンバー

1378 次号予告
2,970円
メインテーマ
スポーツ神経外傷とアスリートの脳科学

スポーツ神経外傷総論
1134 スポーツ神経外傷総論  荻野雅宏
1138 脳振盪の病態と最近の話題  溝渕佳史 他
1142 SCAT5と競技者への指導  重森 裕 他
1147 小児のスポーツ脳振盪  荒木 尚

競技別神経外傷
1152 アメリカンフットボール  中山晴雄 他
1155 ラグビーフットボール  川本俊樹 他
1162 サッカー  大橋洋輝 他
1166 スキー,スノーボード  福田 修
1169 柔道  宮㟢誠司
1172 ボクシング  野中雄一郎 他
1175 プロレスラーの特徴的な頸椎変性と頸椎頸髄損傷  佐々木 学 他

スポーツに関連する神経疾患
1178 慢性外傷性脳症,スポーツに伴う頭痛  吉井文均
1183 コリジョンスポーツにおける脳振盪・視機能検査  丹羽梨都
1187 スポーツによる脊髄外傷  鈴木晋介 他
1192 バーナー症候群  濱田 麗 他
1195 スポーツにおけるジストニア―イップスについて  服部憲明 他
1198 野球肘における神経関連病態の診断と治療  山崎哲也
1202 テニスと手・肘の外傷  別府諸兄  
1208 スポーツ外傷・障害・コンディショニングに対する高気圧酸素治療  柳下和慶

アスリートの脳科学
1212 スポーツにおける脳の役割―リラックスの制御機構  加藤孝基 他
1216 精神状態と運動パフォーマンス  鈴木迪諒 他
1219 アスリートの事象関連電位  西平賀昭
1223 アスリートの筋電図  大築立志
1227 アスリートのfMRI:ネイマール選手の脳の効率的な足運動制御  内藤栄一
1231 スポーツビジョン  吉井 泉
1234 経頭蓋直流電流刺激(tDCS)によるbrain doping  大西秀明

●連載
1118 神経解剖学の見方,考え方
 線条体の構造と皮質―線条体投射のトポグラフィー  寺田純雄,小林 靖
1122 医師のための人工知能入門
 深層学習の医療応用(1)画像診断への応用  北澤 茂
1125 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 血管芽腫(小脳)  金 太一,齊藤延人
1128 臨床医のための神経病理 再入門
 腓腹神経生検  佐藤亮太 他
1130 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ドーパ受容体候補分子からみるドーパ療法の応用および問題点  増川太輝 他
1238 ニューロサイエンスの最新情報
 声で気持ちを計測する  徳野慎一
1240 神経疾患治療ノート
 Susac症候群(Susac syndrome)  
1243 素顔のニューロサイエンティスト
 Eckart Altenmüller  古屋晋一
1244 検査からみる神経疾患
 ドーパテスト 西川典子 他
1246 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 眼が両脇にある動物はどのように見えているのですか?  清澤源弘

1248 バックナンバー

1250 次号予告
2,970円
メインテーマ
ニューロパチー ―Basics & Updates

構造と機能
1016 ニューロパチーに関する全身的解剖  佐藤達夫
1022 末梢神経の微細構造と機能  佐藤亮太 他

検査
1027 電気生理検査  松本英之
1031 画像(MRI・超音波)検査  杉山淳比古 他

免疫介在性ニューロパチー
1035 Guillain—Barré症候群  寒川 真 他
1039 Fisher症候群  角谷真人 他
1042 自己免疫性自律神経節障害  小池春樹
1046 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP)  八木洋輔 他
1051 多巣性運動ニューロパチー(MMN)  松井尚子 他
1054 神経痛性筋萎縮症  小平 農
1056 傍腫瘍性ニューロパチー  三井良之
1061 ALアミロイドーシス  加藤修明 他

遺伝性ニューロパチー
1066 Charcot—Marie—Tooth病  岡本裕嗣 他
1071 遺伝性感覚性ニューロパチー,遺伝性感覚・自律神経性ニューロパチー  中川正法
1075 家族性アミロイドポリニューロパチー  植田光晴 他
1080 ミトコンドリア病のニューロパチー  徳岡秀紀 他

ニューロパチー トピックス
1084 抗neurofascin 155抗体陽性中枢末梢連合脱髄症  山崎 亮 他
1088 Lewy小体病の自律神経障害  織茂智之
1092 遺伝性プリオン病,末梢神経障害型  佐藤恒太 他
1096 糖尿病に伴う末梢神経障害  武内智康 他
1100 Crow—Fukase(POEMS)症候群  水地智基 他

●連載
998 神経解剖学の見方,考え方
 大脳基底核の構成  寺田純雄,小林 靖
1001 医師のための人工知能入門
 LSTMで時系列信号の情報処理が飛躍的に発展した  北澤 茂
1004 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ドーパ受容体の生理学的および薬理学的作用  増川太輝 他
1006 臨床医のための神経病理 再入門
 筋生検  森 まどか
1011 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 血管芽腫(延髄)  金 太一,齊藤延人
1103 素顔のニューロサイエンティスト
 Susumu Tonegawa(利根川 進)  山本 純 他
1104 検査からみる神経疾患
 Superficial siderosisの画像診断  安田 恵 他
1106 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 なぜ汗をかく動物とかかない動物がいるのですか?  田村直俊
1107 ニューロサイエンスの最新情報
 概日リズムを末梢で計測する  肥田昌子
1110 神経疾患治療ノート
 脳膿瘍  亀井 聡

1112 バックナンバー

1114 次号予告
2,970円
メインテーマ
光が拓く神経科学の未来―オプトジェネティクスと光イメージング

総論
888 オプトジェネティクス  山中章弘
893 蛍光プローブ  新野祐介 他
898 共焦点レーザー顕微鏡と多光子励起顕微鏡  大嶋佑介

オプトジェネティクス各論
903 ショウジョウバエ幼虫の行動制御回路  高木 優 他
907 ゼブラフィッシュの神経活動操作  天羽龍之介 他
910 マウス皮質間投射制御  村山正宜
914 霊長類眼球運動制御  高田昌彦 他
916 記憶の操作  大川宜昭 他
921 精神疾患の神経回路異常の解明に向けた機能的コネクトミクス法の開発  林(高木)朗子
925 睡眠の光操作とグリア細胞機能の役割  常松友美 他
929 アルツハイマー病発症メカニズムの解析  橋本唯史 他
932 報酬系の病態解析  阿部欣史 他
935 遺伝子発現の光制御  今吉 格 他
939 受容体タンパク質活性の制御  遠藤瑞己

光イメージング各論
943 神経伝達物質の可視化  坂本寛和 他
948 顕微内視鏡による脳内キナーゼイメージング  船曳和雄
951 運動制御の光イメージング  服部亮磨 他
956 海馬深部脳回路の光イメージング  佐藤正晃
959 大脳皮質のシナプス再編  揚妻正和 他
963 光イメージングによる脳卒中の研究  正本和人
967 痛みの光イメージング  中川貴之
970 フラビン蛍光イメージング法によるてんかん原性の解析  北浦弘樹 他
973 脳血管手術における蛍光血管撮影  鎌田恭輔 他
977 近赤外分光法(fNIRS)のリハビリテーションへの応用  三原雅史

●連載
870 神経解剖学の見方,考え方
 扁桃体  小林 靖,寺田純雄
875 医師のための人工知能入門
 深層学習で再現された格子細胞  北澤 茂
878 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 ドーパ神経伝達物質仮説:ドーパ受容体は存在するか?  増川太輝 他
880 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 中枢性神経細胞腫  金 太一,齊藤延人
883 臨床医のための神経病理 再入門
 脳浮腫  高尾昌樹
983 素顔のニューロサイエンティスト
 Makoto Ishii  飯泉琢矢
984 検査からみる神経疾患
 磁気刺激による馬尾伝導時間検査  松本英之
986 神経疾患治療ノート
 特発性発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ(paroxysmal kinesigenic choreoathetosis;PKC)  宮城哲哉
988 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 卵円孔開存が片頭痛と関係するというのは本当ですか?  柴田 護
990 ニューロサイエンスの最新情報
 大脳皮質マイクロカラムの構造と機能  細谷俊彦

993 バックナンバー

994 次号予告
2,970円
メインテーマ
呼吸としゃっくり

呼吸の生理学
776 呼吸の生理学  本間生夫
779 呼吸中枢  荒田晶子
784 呼吸器官の進化  平沢達矢
789 しゃっくりの生理学と臨床:反射であることの認識  近藤 司

呼吸の検査
793 呼吸機能検査  小川浩正 他
798 血液ガス検査  谷野功典
802 神経疾患でA—aDO2が広がる理由  斎藤美和子

呼吸障害の病態生理
804 呼吸不全の病態生理  一和多俊男
809 呼吸調節障害の分類  杉山幸比古

呼吸障害とその治療
813 脳血管障害  藤澤洋輔 他
817 多発性硬化症  中村優理 他
820 認知症  山本幹枝 他
823 パーキンソン病  王子 悠 他
826 脊髄小脳変性症・多系統萎縮症  飛澤晋介 他
831 重症筋無力症  鈴木重明
834 筋萎縮性側索硬化症  鈴木直輝 他
838 筋ジストロフィー  三方崇嗣

しゃっくり
841 小児のしゃっくり  加藤朝子 他
844 NMOSDとしゃっくり  中島一郎
847 しゃっくりの治療  山口 崇
850 難治性しゃっくり  榎本澄江 他

●連載
760 神経解剖学の見方,考え方
 海馬傍回と帯状回  小林 靖,寺田純雄
764 医師のための人工知能入門
 深層学習で再現された視覚経路の階層構造(2)  北澤 茂
767 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 頭蓋咽頭腫  金 太一,齊藤延人
770 臨床医のための神経病理 再入門
 血管と血管周囲腔  池田善彦
772 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 メラトニン受容体をターゲットとした創薬  飯郷雅之
853 素顔のニューロサイエンティスト
 Walter Paulus  代田悠一郎
854 検査からみる神経疾患
 神経疾患の遺伝子検査  高橋祐二 他
857 ニューロサイエンスの最新情報
 グリンファティックシステムによる老廃物処理  山田茂樹
860 神経疾患治療ノート
 Tolosa—Hunt症候群  鈴木秀一郎 他
863 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 発声時の口の動きが音声の認識に影響しますか?(McGurk効果)  宇野健志

864 バックナンバー

866 次号予告
2,970円
メインテーマ

神経系のトランスポーター ―Up to date



トランスポーターの基礎

648 トランスポーターの分類と研究史

 田中光一

652 モノアミントランスポーター

 吉川雄朗 他

656 コリン:ニューロンにおける機能

 奥田隆志 他

660 血液脳関門におけるコリントランスポーターの機能

 稲津正人

663 有機カチオントランスポーター

 松井利康 他

666 グルタミン酸トランスポーター

 田中光一

670 小胞型グルタミン酸トランスポーター

 高森茂雄

673 小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター

 宮地孝明

676 抑制性神経伝達物質トランスポーター

 柳川右千夫

680 Cl-トランスポーター

 福田敦夫

687 カリウム

 澤村晴志朗 他

692 血液脳関門

 寺崎哲也 他



トランスポーターと疾患

699 トランスポーターのイメージングの実際と

将来の展望

 岡村敏充

704 脳虚血

 髙橋愼一

710 てんかん

 伊藤 康 他

715 パーキンソン病

 波田野 琢 他

720 アルツハイマー病

 伊賀淳一 他

724 うつ病

 森口 翔 他

728 統合失調症

 曽良一郎 他

732 薬物依存

 井手聡一郎 他



トランスポーターと抗酸化作用

736 尿酸トランスポーターの遺伝子変異と

パーキンソン病の発症年齢

 小松眞子 他

739 グルタチオン

 青山晃治 他



●連載

632 神経解剖学の見方,考え方

 海馬と周辺皮質

 小林 靖,寺田純雄

636 医師のための人工知能入門

 深層学習で再現された視覚経路の階層構造(1)

 北澤 茂

638 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)

 メラトニン受容体の生理作用

 飯郷雅之

641 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略

 脊髄血管奇形

 金 太一,齊藤延人

644 臨床医のための神経病理 再入門

 髄膜

 柴田亮行

742 神経疾患治療ノート

 三叉神経痛

 柴田 護

746 検査からみる神経疾患

 タウオパチーの血液診断―脳内に存在するアルツハイマー病理の診断

 徳田隆彦

748 ニューロサイエンスの最新情報

 睡眠障害と認知症

 皆川栄子

751 素顔のニューロサイエンティスト

 David G. Amaral

 太田晴久

752 Q&A―神経科学の素朴な疑問

 発達障害で記憶力が良いのはなぜですか?

 小川しおり 他

754 バックナンバー

756 次号予告
2,970円
メインテーマ
脳腫瘍のゲノムとエピゲノム

総論
530 脳腫瘍の遺伝子診断と病理診断  大谷亮平 他
533 ゲノム・エピゲノム解析の方法  夏目敦至 他
539 脳腫瘍のゲノム診療に向けて  武笠晃丈

神経上皮性腫瘍
543 星細胞腫  沖田典子 他
546 乏突起神経膠腫  廣瀬雄一
550 膠芽腫  田中慎吾 他
555 Diffuse midline gliomaとDIPG  田中將太
558 小脳神経膠腫  野村昌志 他
562 上衣腫  園田順彦
564 髄芽腫  黒住和彦

髄膜およびその他の腫瘍
568 髄膜腫  岡野 淳 他
572 孤発性線維腫  石内勝吾
575 中枢神経原発悪性リンパ腫  三宅勇平 他
578 胚細胞腫瘍  高見浩数 他
584 AT⊘RT(atypical teratoid⊘rhabdoid tumor)  橋本直哉

家族性腫瘍
587 神経線維腫症1型  吉本幸司
590 神経線維腫症2型  寺西 裕 他
593 Schwannomatosis  荒川芳輝
597 血管芽腫とVHL(von Hippel—Lindau)病  高柳俊作 他
601 結節性硬化症(TSC)  國枝武治
605 Li—Fraumeni症候群と脳腫瘍  藤巻高光
608 Cowden症候群  川西 裕 他
610 Turcot 症候群  村垣善浩
613 網膜芽細胞腫  中原由紀子 他
616 MEN(多発性内分泌腫瘍症)  廣畑倫生 他

●連載
516 神経解剖学の見方,考え方
 辺縁葉と辺縁系  小林 靖,寺田純雄
518 臨床医のための神経病理 再入門
 脈絡叢  仙石錬平
520 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)
 メラトニンとメラトニン受容体  飯郷雅之
523 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略
 軟膜動静脈瘻  金 太一,齊藤延人
526 医師のための人工知能入門
 「画像を分類する」人工知能(4)AlexNet成功の鍵(2)シナプスの結合を正しい方向に変える  北澤 茂
618 検査からみる神経疾患
 特発性無汗症の発汗試験  門脇 傑
620 神経疾患治療ノート
 肥厚性硬膜炎  植田晃広 他
622 ニューロサイエンスの最新情報
 小脳の言語機能  金野竜太 他
624 素顔のニューロサイエンティスト
 David M. Hasan  中川大地
625 Q&A―神経科学の素朴な疑問
 貧乏ゆすりが体に良いというのは本当ですか?  福武敏夫

626 バックナンバー

628 次号予告
2,970円
2,970円
メインテーマ

神経疾患の再生医療



再生医療とは

288 わが国の再生医療研究と国際状況

 大倉華雪 他

293 AMEDが進める神経難病の再生医療

 葛原 樹



iPS細胞による再生医療研究

299 脳梗塞

 金村米博 他

304 網膜変性疾患

 伊良波 諭 他

308 アルツハイマー病

 近藤孝之 他

312 パーキンソン病

 土井大輔 他

316 脊髄小脳変性症

 六車恵子

320 ALS(筋萎縮性側索硬化症)

 割田 仁 他

325 脊髄損傷

 小島孝太 他



iPS細胞による創薬研究と供給体制

328 疾患特異的iPS細胞を用いた神経変性

疾患の病態解析・創薬研究

 岡田洋平 他

333 品質管理

 森尾友宏

338 供給体制と臨床試験拠点病院

 冨岡亮作 他



神経・筋幹細胞による研究

342 脳梗塞

 鈴木基弘 他

346 傷害誘導性神経・多能性幹細胞

 ?木俊範 他

351 筋ジストロフィー

 鈴木友子 他



間葉系幹細胞による研究

356 脳卒中モデルに対するMuse細胞移植の

効果

 内田浩喜 他

361 骨髄幹細胞(MSC)による脳梗塞の治療

 本望 修

364 多系統萎縮症の治療

 石川欽也

367 末梢神経の移植と再生

 池口良輔



トピックス

370 ダイレクトリプログラミングによる神経再生

 山下 徹 他

373 再生医療研究における倫理的課題

 ―研究対象者保護を中心に

 高嶋佳代 他



●連載

272 神経解剖学の見方,考え方

 側脳室と海馬,線条体(尾状核),間脳付近の解剖(2)

 寺田純雄,小林 靖

276 臨床医のための神経病理 再入門

 ミクログリアの組織学的特徴

 他田真理 他

278 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)

 グレリン受容体の生理的および薬理的作用

 柳 重久 他

281 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略

 髄膜腫(anterior petrous type)

 金 太一,齊藤延人

284 医師のための人工知能入門

 「画像を分類する」人工知能(2)分類の基本は線を引く

 北澤 茂

377 Q&A―神経科学の素朴な疑問

 蜂や蠅はなぜ速く羽ばたけるのですか?

 岩本裕之

378 ニューロサイエンスの最新情報

 前頭前野のワーキングメモリを制御する抑制性ニューロン

 神垣 司

381 素顔のニューロサイエンティスト

 Cenk Ayata

 滝沢 翼

382 検査からみる神経疾患

 皮質基底核症候群の診断と認知機能テスト

 堀内惠美子 他

384 神経疾患治療ノート

 Bickerstaff脳幹脳炎

 古賀道明

386 バックナンバー

388 次号予告
2,970円
メインテーマ

ニューロジェネティクス新時代 ―次世代シークエンサーが拓く新しい世界


総論

150 ニューロジェネティクスの歴史と展望

 戸田達史

156 次世代シーケンサーを用いた全エクソーム解析/

全ゲノム解析

 岩間一浩 他

162 イメージング ジェネティクス

 大井一高 他

168 神経系のエピゲノム研究

 久保田健夫 他



神経回路形成に働く遺伝子群

172 軸索ガイダンス

 桝 正幸

176 シナプス形成

 櫻井 武 他

181 層構造の形成

 山本亘彦

184 成体神経幹細胞のエピゲノム制御

 松原周蔵 他



筋疾患・神経疾患のジェネティクス

187 次世代シークエンサーを用いた筋疾患診断

 三橋里美

191 筋強直性ジストロフィー

 中森雅之

195 Charcot—Marie—Tooth病

 吉村明子 他

198 遺伝性ATTRアミロイドーシス

 関島良樹

200 球脊髄性筋萎縮症

 足立弘明

203 遺伝性痙性対麻痺

 石浦浩之

206 筋萎縮性側索硬化症

 土井 宏 他

210 脊髄小脳変性症

 池田佳生

213 ハンチントン病

 本間秀典 他

216 家族性/孤発性パーキンソン病

 舩山 学 他

219 レビー小体型認知症

 津田浩史 他

222 アルツハイマー病

 原 範和 他

227 パーキンソン病・アルツハイマー病の

エピゲノム

 間野かがり 他

230 ピック病・前頭側頭葉変性症

 東 晋二

233 てんかん

 山本俊至

236 プリオン病

 小林篤史



精神疾患のジェネティクス

238 自閉スペクトラム症

 石塚佳奈子 他

242 統合失調症

 高田 篤

246 双極性障害

 加藤忠史

249 うつ病

 菅原裕子 他

253 精神疾患におけるエピゲノム研究

 池亀天平 他



●連載

132 神経解剖学の見方,考え方

 側脳室と海馬,線条体(尾状核),間脳付近の解剖(1)

 寺田純雄,小林 靖

138 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)

 グレリン受容体の種類

 柳 重久 他

141 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略

 髄膜腫(蝶形骨縁)

 金 太一,齊藤延人

144 医師のための人工知能入門

 「画像を分類する」人工知能(1)深層学習がブレイクスルーをもたらした

 北澤 茂

146 臨床医のための神経病理 再入門

 髄鞘

 関 絵里香 他

256 検査からみる神経疾患

 レビー小体型認知症の診断と認知機能テスト

 渡部宏幸 他

258 神経疾患治療ノート

 レストレスレッグス症候群

 鈴木圭輔 他

260 ニューロサイエンスの最新情報

 時間情報処理での小脳・大脳基底核

 寺尾安生

262 Q&A―神経科学の素朴な疑問

 脳の力で機械は動かせますか?

 ?澤琢史

264 素顔のニューロサイエンティスト

 Steven W. Levison

 新美祐介

266 バックナンバー

268 次号予告
2,970円
2,970円
メインテーマ

神経毒とNeuroscience



総論

1380 神経毒の歴史と分類

 沼澤 聡



毒性のメカニズムと症候

1385 一酸化炭素

 佐藤和也 他

1390 メタノール

 上江田信彦

1393 エタノール

 三木崇範 他

1398 メチル水銀

 石原康宏 他

1402 有機ヒ素

 石井一弘

1408 有機リン

 野?博之

1412 グルタミン酸

 田中光一

1417 破傷風毒素

 徳本健太郎 他

1422 ボツリヌス毒素

 目崎高広

1427 キノコの毒

 橋本貴美子 他

1432 わが国に見られる植物に由来する神経毒

 船山信次

1440 サソリ,クモの毒

 小林睦生

1443 貝類,魚類,腔腸動物の毒

 山下まり 他

1449 ヘビ神経毒の構造と作用機序

 稲垣英利 他

1453 哺乳類の神経毒

 北 将樹

1457 毒タンパク質・ペプチドの分子進化と機能獲得

 小川智久



バイオセキュリティにおける神経毒

1462 バイオセキュリティの概念と神経毒

 小林 靖

1466 バイオセキュリティのための国際的な

制度とその現状

 四ノ宮成祥 他



●連載

1364 神経解剖学の見方,考え方

 前頭連合野

 小林 靖,寺田純雄

1368 神経生理学への招待

 神経生理学への招待―新時代の幕開け

 和田 真,北澤 茂

1371 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略

 髄膜腫(小脳テント)

 金 太一,齊藤延人

1374 分子から迫る神経薬理学(編集:櫻井 隆)

 ニューロメジンU受容体の生理的・薬理学的作用

 長谷川麻衣子

1376 臨床医のための神経病理 再入門

 オリゴデンドログリアの病変

 横田 修 他

1471 素顔のニューロサイエンティスト

 Carol Ann Mason

 桑島孝明

1472 検査からみる神経疾患

 前頭側頭葉変性症の診断と認知機能テスト―行動障害について

 船山道隆

1474 神経疾患治療ノート

 HTLV—1関連脊髄症(HAM)

 松浦英治,久保田龍二

1476 ニューロサイエンスの最新情報

 加齢による体内時計の変化

 柴田重信

1478 Q&A―神経科学の素朴な疑問

 時差ぼけは東回りと西回りで違うのですか?

 三島和夫

1482 バックナンバー

1484 次号予告
2,970円
腸内フローラと免疫

1280 腸内フローラと腸管免疫―dysbiosisと炎症

 奥村 龍 他

1285 腸内フローラや食品成分を介した免疫グロブリンA産生制御

 松永安由 他

1288 マイクロバイオームと制御性T細胞

 大貫公義 他

1290 腸内フローラとTH17細胞

 田之上 大 他

1293 ヒト腸内細菌叢のメタゲノム解析

 須田 亙



腸内フローラと全身疾患

1297 消化器疾患

 水野慎大 他

1301 肥満

 細野加奈子 他

1304 アレルギー疾患

 成田雅美

1309 婦人科疾患

 塩?有宏

1312 動脈硬化

 山下智也 他

1316 1型糖尿病における腸管バリア機能

 金澤昭雄



腸内フローラと神経・精神疾患

1321 多発性硬化症

 山村 隆

1324 Guillain⊖Barré症候群

 寒川 真 他

1327 脳虚血後炎症

 伊藤美菜子 他

1330 パーキンソン病

 平山正昭 他

1333 筋萎縮性側索硬化症

 高田和城 他

1337 自閉症スペクトラム症

 渡邉邦友

1342 うつ病・うつ状態

 須藤信行

1346 口腔内細菌とアルツハイマー病

 端 祐一郎 他



●連載

1268 神経解剖学の見方,考え方

 味覚系と味覚野

 小林 靖,寺田純雄

1270 神経生理学への招待

 海馬の機能(3)θサイクルが表現する現在と未来の位置の情報

 和田 真,北澤 茂

1272 分子から迫る神経薬理学

 ニューロメジンU受容体の種類

 長谷川麻衣子

1274 臨床医のための神経病理 再入門

 オリゴデンドログリアの正常形態

 村山繁雄,齊藤祐子

1276 融合3次元画像を用いた脳神経外科手術戦略

 脳動静脈奇形(2)テント下

 金 太一,齊藤延人

1350 検査からみる神経疾患

 アルツハイマー病診断と認知機能テスト―記憶障害以外の障害

 長谷川千洋 他

1353 素顔のニューロサイエンティスト

 James AR Nicoll

 坂井健二

1354 神経疾患治療ノート

 神経軸索スフェロイドを伴う遺伝性びまん性白質脳症

 池内 健

1356 ニューロサイエンスの最新情報

 幻肢痛をBMIで治す

 ?澤琢史

1358 Q&A―神経科学の素朴な疑問

 神経伝達物質の種類は終生変わらないのですか?

 平山正昭

1359 バックナンバー

1360 次号予告
2,970円
メインテーマ
中枢神経系の血管奇形 ―最新情報

血管奇形の分類と遺伝子
1158 血管奇形の病理分類  中里洋一
1161 Developmental venous anomaly(DVA)  鈴木謙介 他
1164 遺伝性出血性毛細血管拡張症と血管奇形  小宮山雅樹
1168 海綿状血管腫とCCM遺伝子  堤 佐斗志 他

脳動静脈奇形(AVM)
1172 AVMの分類と治療方針  高木康志
1176 AVMの外科治療  栗田浩樹
1182 AVMの血管内治療  宮地 茂
1187 AVMに対する定位放射線治療  長谷川洋敬 他

海綿状血管腫
1191 海綿状血管腫の自然歴  宮脇 哲
1194 テント上海綿状血管腫の外科的治療  菊田健一郎
1199 脳幹部海綿状血管腫の外科治療  中冨浩文 他
1204 海綿状血管腫に対する定位放射線治療  長谷川洋敬 他

頭部の硬膜動静脈瘻(dAVF)
1208 dAVFの分類  佐藤健一 他
1211 dAVFの外科治療  辻 篤司 他
1214 dAVFの定位放射線治療  周藤 高
1216 dAVFの血管内治療(海綿静脈洞部)  鶴田和太郎 他
1222 dAVFの治療(横S状静脈洞部)  平松匡文 他
1226 頭蓋頚椎移行部のdAVF  遠藤俊毅 他
1229 小脳テント部のdAVF 立林洸太朗 他

脊髄の血管奇形
1234 脊髄血管奇形の分類  片岡大治
1239 脊髄血管奇形の外科治療  高井敬介
1243 脊髄血管奇形の放射線治療  佐藤健吾
1246 脊髄硬膜動静脈瘻の外科手術  今井英明
1250 脊髄硬膜動静脈瘻の血管内治療  佐藤慎祐 他

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の内容

神経領域を志す医師必読の月刊誌
●毎号メインテーマを中心に構成し、臨床に必要な知識の基本から最新知見までを総合的にとらえ、啓蒙的に解説。●ワイドな誌面に豊富な図表を適切に配し、視覚的にも理解しやすいページづくり。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Clinical Neuroscience(クリニカルニューロサイエンス)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.