病院新聞 発売日・バックナンバー

全248件中 1 〜 15 件を表示
550円
▽第83回日本医学総会が4月11日(木)~12日(金)にパシフィコ横浜で開催
≪陣崎雅弘会長…第83回日本医学放射線学会総会の開催にあたって≫

ITEM2024出展各社の主要製品紹介

□富士フイルムメディカル…AIプラットフォーム「SYNAPSE SAI viewer」
□富士フイルムヘルスケア…検査ワークフローを効率化したCTシステム「FCT iStream」
□島津製作所…SⅰPM検出器を搭載したTOF-PET装置「BresTome」
□キヤノンメディカルシステムズ…高精細化と被ばく低減を両立させた「Aquilion ONE/INSIGHT Edition」
□PSP…クラウド型PACS「NOBORI」
□シーメンスヘルスケア…心臓CTに適したデュアルソースCT「SOMATOM Pro.Pulse」
□コニカミノルタジャパン…動態回診車「AeroDR TXm01」
□バルコ…高輝度カラーディスプレイ「Nio Fusion 12MP」
550円
▽厚労省・新たな地域医療構想検討会が初会合 在宅や医療提供体制全体を視野
▽日病が“かかりつけ医機能”について国民が理解できる適切な名称を検討するよう要望
▽日病協の代表者会議で“地域包括医療病棟”の導入に慎重な意見が多数
▽厚労省検討会が救急救命士のエコー実施実証実験案を検討 「研究デザインの精緻化」求める
▽厚労省・社保審医療部会で新型インフルエンザ等対策政府行動計画を議論 改定を巡り見直しを検討
▽厚労省・医療広告等分科会で「医療情報ネット『ナビイ』」の概要説明 4月からスタート
▽厚労省が2022年の医師等統計結果を公表 医師数は34万3275人
▽厚労省・医師偏在対策等検討会で2026年の医学部臨時定員上限を9403人で了承
▽厚労省・医療広告等分科会で2029年度から学会認定専門医の広告不可に 機構の専門医に移行を
▽日病が「かかりつけ医機能報告制度」創設に向け厚労相に提言
▽四病協が医療情報ネット「ナビイ」の検討を巡り説明不足を指摘、運用に懸念
▽[寄稿]勤務医 八巻孝之「マイナ保険証の推進に向けイメージではなく実感できるメリットを」
▽富士フイルムヘルスケアがチーム医療セミナー開く 「二次性骨折予防」の重要性を説明
▽フロンティア・フィールドが4月1日から「メドコム」に社名を変更
▽日清医療食品が1066人を迎え入社式 全国12会場をライブ中継
▽評価機構が医療事故情報収集事業の最新版の報告書を公表 退院前後の処方間違い事例を分析
500円
▽厚労省・医師の働き方改革推進検討会で4月の施行に向け推進策など議論
▽国立大病院長会議が働き方改革に向け準備進むも、心配つきず
▽厚労省・社保審医療部会で「新たな地域医療構想」の検討へ
▽厚労省・社保審医療保険部会で後発医薬品の新たな目標に「金額シェア65%以上」
▽中医協・総会がコロナ治療薬「ゾコーバ錠」を通常承認 薬価が現行と同額に
▽厚労省・医道審医師臨床研修部会で医師臨床研修制度を見直し
▽厚労省が医師国家試験の結果を公表 9547人が合格、合格率は92.4%
▽新日本空調の新社長に廣島雅則氏が就任 課題解決型で医療機関に貢献
▽日慢協が診療報酬改定による回リハへの影響を懸念 病院運営の継続に危機感も
▽エレクターが第10回CareTEX東京に出展 再加熱ワゴン「マルチサーブ」が注目を集める
▽ウィーメックスがリアルタイム遠隔医療システムを公立七戸病院に導入
▽シーメンスヘルスケアが心臓CTに適したデュアルソースCTを発売
▽シーメンスヘルスケアが外科用X線撮影装置を新発売
▽島津製作所が「SHIMADZUコネクテッド」を開始
▽島津製作所がオンライン分析用UHPLCを発売
500円
▽厚労省・地域医療後送WGで進捗状況報告 地域医療構想の推進を国が支援
▽公私病連が病院運営実態調査を分析・調査 外来患者が減少傾向に
▽厚労省・救急現場での医療関係職種の在り方検討会で救急救命士のエコー検査実証実験案を議論
▽厚労省検討会ががん診療連携拠点病院の指定を議論 病理医や放射線治療医の確保に課題
▽厚労省・標準型電カル検討WGが試行版でモデル事業 25年3月から医療DXの有用性検証
▽公私病連が2024年度診療報酬改定は「少な過ぎる」として病院の支出増に対応できないとの見解示す
▽日医が次期診療報酬改定の告示・通知の発出受け見解 異次元の改定、ターニングポイントに
▽日清医療食品が栃木市と災害時物資供給で協定
▽厚労省が「上手な医療のかかり方アワード」の第5回受賞団体を発表
▽ITEM2024が4月12日~14日にパシフィコ横浜で開催。出展製品の概要

◇富士フイルムグループ
◇キヤノンメディカルシステムズ
◇シーメンスヘルスケア
◇島津製作所
◇コニカミノルタジャパン
◇PSP
◇バルコ

[付録]ITEM2023展示マップ
500円
[特集]教訓を学び災害に備えを…被災地で奮闘する恵寿総合病院発災直後からから‟医療を守る” 
▽日医 被災地のニーズを踏まえ息の長い支援を継続
▽関西ペイント
▽三菱ケミカルアクア・ソリューションズ
▽済生会横浜市東部病院
▽新日本空調
▽国立大学病院長会議
▽厚労省の動き
▽厚労省・医療部会

▽厚労省・策定検討会が「日本人の食事摂取基準2025年版」を概ね了承
▽新菱冷熱工業がイノベーションハブ本館をオープン 新しい価値観を創造するプラットフォームに
500円
▽厚労省・社保審医療保険部会でマイナ保険証の利用促進について議論
「マイナンバーカードお持ちですか」窓口での呼びかけで利用率向上
▽武見厚労相が厚労省職員にマイナ保険証の利用呼びかけ
厚労省で「率先垂範」を
▽厚労省・医師養成過程の偏在対策等検討会で2026年度医学部臨時定員を議論
医学部定員減や医師の移動で対応を
▽四病協が医学部定員は「現状維持」を主張 医療を取り巻く全体の議論を
▽第51回日本集中治療医学会学術集会を〝Pre ICUそしてPost ICUへ〟テーマに開催
≪升田好樹会長…第51回日本集中治療医学会学術集会の開催にあたって≫
▽第51回日本集中治療医学会学術集会で各社が集中治療関連製品を出展
・フクダ電子…統合型モニタ管理システム〝DynaBaseⅡ CVW-8000〟を提案
・アイ・エム・アイ…ベンチレータelisa500、TOF-cuft筋弛緩モニタなど出展
▽キヤノンメディカルシステムがラドバウド大学メディカルセンターとPCCTの臨床研究を開始
▽「FOOD展2024」が10月9日(水)~11日(金)に東京ビッグサイトで開催 出展募集を開始
▽公私病連がDPCセミナー開きトリプル改定を控え何をすべきか討論
▽地ケア病協の仲井会長が地域包括医療病棟を〝高齢者救急のマスターピース〟との見解示す
▽日看協が看護サミット2023を開き看護職の生涯学習支援に向けサミット宣言2023を発表
▽公私病連と私病協が新事務所に移転
▽厚労省・社保審医療部会が2024年度医政局予算案を報告 コロナの知見踏まえた対応に大幅な予算増額
▽厚労省が2023年人口動態統計速報を公表 出生数8年連続減で過去最少の75.8万人
500円
▽日医と四病協が2024年度診療報酬改定で見解 “ベースアップ評価料”診療側の主張が実った
▽日病協が2024年度診療報酬改定の7対1の見直し厳しく、内科系病院の脱落を懸念
▽第88回日本循環器学会学術集会を3月8日(金)~10日(日)に神戸市で開催
▽フクダ電子が循環器領域に貢献するシステムを展開 医療サービス業務をトータルでサポート
▽島津製作所が第101回レントゲン祭り開く 記念講演会を挙行 最新のトピックスを紹介
▽フードサービスの専門展示会「HCJ2024」に5万人超が来場
▽人手不足対策などの展示に注目が集まる
▽シーメンスヘルスケアがMRI「MAGNETOM Cima.X」を新発売 脳神経領域の高度な研究ニーズに応える
▽日病が2024年度診療報酬改定で「病院の赤字解消は難しい」と見解
▽三師会が2024年度診療報酬改定を“満足ではないが評価”
▽現役看護部長らが組織づくりの事例紹介
▽ケアコム、テルモ、日本光電工業がセミナー
500円
▽中医協総会が2024年度診療報酬改定を厚労相に答申
▽改定のポイント
▽第31回日本CT検診学会学術集会を3月1日(金)~2日(土)に名古屋市で開催
≪横地隆大会長…第31回日本CT検診学会学術集会の開催にあたって≫
▽富士フイルムヘルスケアが第31回日本CT検診学会学術集会でシンポ5を協賛
▽民間病院間で「非常時総合協力」体制を構築 IMSグループなど6医療機関が参加
▽ウィーメックスが北海道十勝・公立芽室病院にリアルタイム遠隔医療システムを道内初導入
▽2024年度診療報酬改定―賃上げや入院・外来医療の主な評価(抜粋)
500円
▽中医協総会で2024年度診療報酬改定の答申書附帯意見を了承
▽[2024年度診療報酬改定]答申書附帯意見(全文)
▽中医協総会で2024年度診療報酬改定に向けパブコメの結果を報告 賃上げや医療DX対応など2084件
▽賃上げ等の診療報酬改定とマイナ保険証の利用促進策 厚労省と関係団体がYouTubeで解説
▽中医協で2024年度診療報酬改定の「短冊」の議論を終了
▽厚労省・救急現場での医療関係職種の在り方検討会WGで救急救命士によるエコー検査を検討
▽厚労省・医療広告等に関する分科会で痩身目的のオンライン診療をめぐり議論 糖尿病治療薬で対応案
▽厚労省・障害福祉サービス等報酬改定検討チームで改定内容まとまる
▽厚労省が「ヘルスタ・アイデア・ボックス!」を開設
▽石川県全体で看護師不足 全自病協が県内の病院を支援対象に看護師派遣へ
▽日慢協が2024年度診療報酬改定の候別改定項目に見解 橋本会長「今後はアウトカム視点に期待」
▽[寄稿]PIN/パスキーは危険…五十嵐直敬 保健師・看護師
▽富士フイルムヘルスケアが「ARIETTA S750」を新発売
▽日病モバイルが業務効率化や災害医療に貢献
▽国際モダンホスピタルショウ出展を受付
「健康・医療・福祉の新たなステージ~DX推進による、確かな進化へ~」テーマに開催
▽≪大道久ホスピタルショウ委員会委員長…国際モダンホスピタルショウ2024の出展に向けて≫
▽ホスピタルショウオンライン開催 6月3日(月)~7月12日(金)
▽医療・福祉の課題解決に向けたヘルステック展開催
500円
▽急性期一般入院料1の平均在院日数を「16日以内」に短縮へ
▽医療従事者の人材確保や賃上げに向けて「ベースアップ評価料」を新設へ
▽厚労省・医療情報提供制度・医療広告に関する分科会でサブスぺ領域の広告を容認へ
▽厚労省・医師養成課程を通じた医師の偏在対策等検討会が初会合
▽厚労省・かかりつけ医機能の発揮される制度の施行分科会で構成員がプレゼン
▽日本能率協会がスマートライフ+プロジェクトを発足 健康長寿社会の具現化へ
▽公私病連が診療報酬請求事務WEBセミナーを開催
▽日本医学会会長に門脇孝氏が就任
▽保団連が18年ぶりに会長を交代 新会長に竹田副会長が就任
▽内閣府・危機管理統括庁が初のシンポ 平時から次の感染症への備えを
▽[寄稿]今、薬が足りない…八巻孝之・勤務医・宮城県保険医協会理事
500円
▽中医協総会で2024年度診療報酬改定の「短冊」の議論開始
▽中医協総会で給与総額と基本料の算定回数に基づき賃上げに向け評価料新設へ
▽厚労省・社保審介護給付費分科会で2024年度介護報酬改定案を了承
▽日病協で「地域包括医療病棟入院料」の新設に高い関心集まる
▽[HCJ2024特集]美味しい給食を365日提供 最新の機器が一堂に
・シコウ
・エレクター
・ホシザキ
・日清医療食品
・国内最大級の展示会 826社・2147ブース出展

▽厚労省・医療保険部会 マイナ保険証への移行に向け現役層の利用促進が課題に
▽公私病連が能登半島地震への救援体制報告 平時から医療資源が乏しくDMAT派遣が長期化
▽四病協が働き方改革の実態調査実施へ 地域医療への影響など
▽JAHISが賀詞交換会開く 生成AIの医療領域での応用へ
▽日本能率協会がスマートライフ+(プラス)プロジェクトを発足
500円
▽中医協が2024年度診療報酬改定に向け公聴会開く 医療従事者の処遇改善を確実なものに
▽中医協・入院・外来医療分科会が技術的検討の取りまとめを了承 ベアの実施に向けシミュレーション
▽中医協・入院・外来医療分科会で賃金増率の補填を試算
▽中医協総会で指導・監査等の実施状況等を報告
▽岸田首相が医療・介護・障害福祉関係24団体と意見交換 幅広い職種の賃上げを要請
▽中医協総会で重症度、医療・看護必要度等のシミュレーション結果を議論
▽日病が看護師不足の実態調査へ 病棟を閉鎖する病院も
▽評価機構が「医療事故情報取集等事業」最新版の報告書を説明
▽JIRAが2024年度年頭所感発表会開く 制度改定が多く、重要な1年に
▽[インタビュー]松阪市民病院 畑地 治 院長 率先垂範で職員のモチベーションをアップ
▽キヤノンメディカルシステムズとオリンパスが超音波内視鏡システムで協業
▽日医が能登半島地震の被災医療機関への支援金を受付中
▽WAMが災害復旧資金等の相談窓口を設置
▽日病と公私病連が診療報酬改定説明会を共催 3月14日にライブ配信
▽医法協が診療報酬・介護報酬同時改定説明会を3月19日にハイブリッド開催
▽公私病連がトリプル改定を見据えDPCセミナーを2月22日に開催
500円
▽厚労省が能登半島地震を受け医療関係団体と緊急連絡会議 連携強化し一丸となって被災地支援
▽中医協総会で能登半島地震を受け診療報酬上の特例措置
▽年頭所感
◎武見敬三・厚生労働大臣
◎伊原和人・保険局長
◎浅沼一成・医政局長
◎城克文・医薬局長
◎大坪寛子・健康・生活衛生局長
◎間隆一郎・老健局長
◎佐々木昌弘・感染症対策部長
[団体]
◎杉本達治・全国自治体病院開設者協議会
◎門脇孝・日本医療安全調査機構理事長
▽中医協総会で2024年度診療報酬改正への「議論の整理」を了承 厚労省が中医協に諮問
▽中医協総会で支払側と診療側が次期診療報酬改定の個別事項の意見まとめる
▽全自病協が能登への看護師派遣を検討 現地は事務や薬剤師不足で逼迫
▽日慢協が診療報酬改定に向け見解 QOL改善で国民に還元を
▽日清医療食品がヘリで被災地の介護施設へ緊急物資を搬送
▽ケアコムなど5社が「看護力向上セミナー」開く キャリアの振り返りや環境向上の取組み紹介
▽キヤノンメディカルシステムズが「画論31sThe Best Image」開く
CT、MR、超音波の上位入賞施設を表彰
▽島津製作所がシンガポール・チャンギ総合病院と血液検査プロジェクト 治療効果の向上に貢献
おすすめの購読プラン

病院新聞の内容

  • 出版社:病院新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週木曜日
病院長・理事長をはじめとした病院経営者及び看護、検査等各部門の責任者向けの全国唯一の病院専門紙です。
病院新聞は1966年に発刊。医療行政ニュースをはじめ、病院経営の実態や医療関係団体の動向を広く、正しく関係方面に伝えるとともに、医療機器、事務・給食・寝具等の設備機器、ITシステム、医薬品についても優秀な製品を紹介して病院関係者の参考に供し、病院経営の近代化と安定化に寄与いたしたいと努力してまいりました。近年は、病院経営を取り巻く環境が大きく変化し、厳しい状況に直面しておりますが、少しでも病院経営に役立つ記事を掲載するよう努めております。

病院新聞の目次配信サービス

病院新聞最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

病院新聞の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.