病院 発売日・バックナンバー

全210件中 121 〜 135 件を表示
3,190円
■特集 ITの活用とこれからの医療■

巻頭言(井伊 雅子)
在宅医療・介護連携のための情報共有基盤(須藤 修)
超高齢社会における医療IT推進の必要性と課題(石川 広己)
社会保障財政における番号制度の活用と課題(吉識 宗佳・井伊 雅子)
医療におけるプライバシーマネジメント(山本 隆一)
医療情報ネットワークにおける連携活性化の要件(島貫 隆夫)
IT活用による保険者機能の強化(赤塚 俊昭)

【事例】
 韓国における医療情報の活用 韓国の医療情報化と政策への利活用(廉 宗淳)
 オランダの在宅ケア組織におけるICTの活用
  Buurtzorg Nederland and ICT Innovation
  - The Shift from Bureaucracy to Accountability
  (Ard Leferink・Jos de Blok・Sharda Nandram・Satoko Hotta)


□グラフ
医療と患者をつなぐ-ドナルド・マクドナルド・ハウス せたがやと
 国立成育医療研究センターとの連携
 (撮影/ドナルド・マクドナルド・ハウス,本誌編集室 構成/本誌編集室)

□アーキテクチャー
社会医療法人生長会/社会福祉法人悠人会 ベルアンサンブル(松村 泰孝)
From Hospital(戸田 爲久)

□世界病院史探訪
シーボルトがポリクリ実習を行ったヴュルツブルクの2つのシュピタール(石田 純郎)


□研究と報告
DPCおよび患者調査データを用いた鹿児島医療圏における急性期入院医療の分析
 (福留 亮・松田 晋哉・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)


●病院勤務者のための論文作成入門[6](最終回)
投稿と査読結果への回答(松田 晋哉・福留 亮・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)

●病院のお悩み相談室[6]
院内環境の整備(垂水 謙太郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
「小児救急」を専門にしています!(井上 信明)

●海外医療情報(二木 立)

3,190円
■特集 病院食再考■
巻頭言(山田 隆司)
病院食を再考する-病院食の現状とこれから(中村 丁次)
病院給食と管理栄養士の将来(宮澤 靖)
病院の給食管理-院外調理センターベルキッチンの戦略と実際
 (東條 桂子・北崎 尚子・正木 利明)
病院食の最近の動向(西脇 司)
高齢者と病院食(金谷 節子)

【事例】
 減塩食を美味しく-国立循環器病研究センター(上ノ町 かおり)
 これからの病院における癒しの食と地域性-徳島赤十字病院(栢下 淳子)
 本当の美味しさを病院で-アルテミス ウイメンズホスピタル(武谷 典子)


□グラフ
七尾の地で80年-恵寿総合病院の挑戦(撮影/恵寿総合病院,本誌編集室 構成/本誌編集室)

□アーキテクチャー
盛岡赤十字病院 緩和ケア病棟(北川 正仁)

From Hospital(旭 博史)

□世界病院史探訪
ローテンブルクの16~17世紀建造のシュピタール(石田 純郎)


□特別記事
ヨーロッパの医療福祉建築の動向-ロンドン・シュトゥットガルト・パリ視察より
 (山下 哲郎)


●病院勤務者のための論文作成入門[5]
論文執筆(後編)-考察・抄録の検討
 (松田 晋哉・福留 亮・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)

●病院のお悩み相談室[5]
看護師の採用と定着(垂水 謙太郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
「糖尿病劇場」って何ですか?(岡崎 研太郎)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 求められる看護補助者の役割■
巻頭言(神野 正博)
看護職と看護補助者の効果的な協働のために(川本 利恵子)
看護補助者教育のあり方
 -JCI受審で明らかになった教育システム構築の重要性(道端 由美子)
病院における看護補助業務の実態(西本 育夫・猪口 雄二)
地域における看護師と看護補助者の協働(松田 晋哉)
看護補助者と職員満足(齋藤 哲哉)
看護補助者としてのEPA外国人看護師・介護福祉士候補生の
 モチベーションと教育(安藝 佐香江)
看護補助者の労務管理(福島 通子)
【事例】
 愛仁会グループ:看護補助者とのチームによる業務実践例
 (永池 京子・板垣 伸恵・川上 一美・伊藤 雅子)
 恵寿総合病院:看護補助者活用上の課題と対策(平前 君恵)


□グラフ
小規模多機能ホーム びんご倶楽部高須の挑戦
 -在宅主治医チームに支えられて(撮影/船元 康子 構成/本誌編集室)

□アーキテクチャー
長野県立こころの医療センター駒ヶ根(鈴木 慶治)

From Hospital(熊谷 健吉)

□世界病院史探訪
賑わうビアガーデンを持つカタリネンシュピタール(石田 純郎)


□特別記事
病院におけるソーシャルメディアポリシーと広報活動ガイドラインの策定(松岡 志穂)


●病院勤務者のための論文作成入門[4]
論文執筆(前編)-目的・データおよび分析方法・結果の検討
 (松田 晋哉・福留 亮・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)

●病院のお悩み相談室[4]
集患のための取り組みと地域連携(垂水 謙太郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
医療スタッフの心に火をつける? 「スタッフのための糖尿病教室」(岡田 浩)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 事務職員の人材開発・キャリアパス■

巻頭言(伊関 友伸)
病院に求められる事務職員の人材開発・キャリアパス(相田 俊夫)
病院事務職に期待する役割と人材開発-病院経営者からの視点(安藤 高朗)
地方における事務職員の人材開発の現状(熊坂 雅之)
自治体病院事務職員の人材開発のための「小林塾」を開催して(小林 利彦・山岡 泰冶)
医療専門職種が事務系管理者になるためのキャリアモデル
 -作業療法士が事務局長になった事例(進藤 浩美)

【事例】
 偕行会グループを次世代に託すための人材育成の取り組み(川原 真)
 IMSグループの事務職教育プログラム(長瀬 隆志)
 生長会における事務職員研修の取り組みと課題(松井 俊晴)
 済生会における事務職員の人材育成(林 紀次)


□グラフ
小児の在宅療養を支える
 子ども在宅クリニック あおぞら診療所墨田(撮影/船元 康子 構成/本誌編集室)

□アーキテクチャー
医療法人芙蓉会 村上病院(川崎 邦生・中村 守宏)
From Hospital(水木 一郎)

□世界病院史探訪
都心の川に架かるニュールンベルクの聖霊シュピタール(石田 純郎)


□特別記事
災害派遣福祉チームの体制づくり
 -東日本大震災の経験を踏まえ医療ソーシャルワーカーの視点から(山舘 幸雄)


●医療安全のこれから[8]最終回
【鼎談】医療安全の「これまで」と「これから」
 -患者安全革命の歴史的意味(小泉 俊三・坂本 すが・長谷川 敏彦)

●病院勤務者のための論文作成入門[3]
論文のアウトラインを書く(松田 晋哉・福留 亮・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)

●病院のお悩み相談室[3]
病院の経営戦略と経営管理(垂水 謙太郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
人の行動は変えられない?(都竹 茂樹)

●海外医療情報(二木 立)

3,190円
■特集 2025年に求められる病院経営のプロ■

巻頭言(今村 英仁)
2025年に求められる病院経営のプロフェッショナル力(田中 滋)
病床機能分化への対応-急性期大病院の立場より(相澤 孝夫)
2025年に求められる病院経営-急性期の中小病院の立場から(織田 正道)
回復期リハビリテーション病棟運営に求められるもの(宮井 一郎)
求められる慢性期病院と経営(原 祐一)
大学病院のミッションと経営,人材(松尾 清一)
国立病院機構のあゆみ-経営に着目して(桐野 高明)
医療職としての病院マネジメント職育成を考える(松田 晋哉)


□グラフ
新たな医の拠点へ-広島大学病院新診療棟,開院(撮影/安部 俊太郎 構成/本誌編集室)

□アーキテクチャー
特別養護老人ホーム 第二天神の杜(岩崎 直子)

施主の立場から(五十棲 恒治)

□世界病院史探訪
11世紀の大修道院が1804年にシュピタールに改組されたバンベルク(石田 純郎)


●医療安全のこれから[7]
ニュー・マネジメント思考の時代 価値共創のための5つの提言(松下 博宣)

●病院勤務者のための論文作成入門[2]
分析に取り組む(松田 晋哉・福留 亮・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)

●病院のお悩み相談室[2]
病院における防災対策(垂水 謙太郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
主治医に聞けない話(島屋 真希)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 人口高齢化と病院医療■
巻頭言(松田 晋哉)
生活モデルに基づくヘルスケア再編の射程(猪飼 周平)
高齢化の病院医療への影響-地域包括ケアと病院(松田 晋哉)
都市部(特に東京)における病院医療の課題
 -地域包括ケアを支援する病院のあり方を中心に(猪口 雄二)
地方における病院医療の課題(寺岡 暉)
地域連携における病院の役割
 -長崎在宅Dr. ネットの取り組みと在宅医が病院に望むこと(詫摩 和彦・白髭 豊)
高齢社会における病院と看護職(林田 賢史)


□グラフ
星総合病院-星北斗理事長に聞く(撮影/船元 康子 構成/本誌編集室)

□アーキテクチャー
伊勢赤十字病院(三谷 恭一)

From Hospital(村林 紘二)

□世界病院史探訪
小庭のある困窮者収容施設群-ライデンのホフィエ(石田 純郎)


●医療安全のこれから[6]
医療コミュニケーションと法(大磯 義一郎)

●〔新連載〕病院勤務者のための論文作成入門[1]
論文執筆事始め(松田 晋哉・福留 亮・村松 圭司・藤野 善久・久保 達彦)

●〔新連載〕病院のお悩み相談室[1]
病院経営層の業務・役割と事業承継(垂水 謙太郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
今朝の秋(津田 篤太郎)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 新たな専門医制度と病院■
巻頭言(井伊 雅子)
新たな専門医制度の全体像と今後の課題(池田 康夫)
病院における専門医の養成(堺 常雄)
新たな内科系専門医制度の考え方と制度設計の現況(渡辺 毅)
日本脳神経外科学会の立場からみた専門医制度(鈴木 倫保)
新たな専門医制度を踏まえた総合診療専門医の在り方と養成(草場 鉄周・丸山 泉)
新たな専門医制度に関する日本医師会の考え方(小森 貴)
新たな専門医制度における大学病院の役割(石黒 直樹・植村 和正)
若手医師からみた専門医制度(孫 大輔)
総合診療専門医と協働するプライマリ・ケア診療所看護師の役割と教育
 (森山 美知子・松浦 亜沙子)


□グラフ
HPHでみんなの健康づくりを実現する
 千鳥橋病院

□アーキテクチャー
聖マリア病院 地域医療支援棟(南部谷 真)
From Hospital(中島 成子)

□世界病院史探訪
ライデンのペストハウス(石田 純郎)


●医療安全のこれから[5]
メディカルコーチング-医療コミュニケーションの新たな技法と医療安全(小野 眞史)

●二次医療圏データベースの活用[3]〔最終回〕
開発の経過と効果的に使いこなすコツ(高橋 泰)

●リレーエッセイ 医療の現場から
コーチレジ-オール高知で,高知の医療を盛り上げたい(菅 健太郎)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 診療支援業務の新潮流■
巻頭言(伊関 友伸)
【座談会】病院における診療支援業務の現状とこれから
 (阿南 誠・矢口 智子・渡辺 明良・伊関 友伸)
様々な診療支援業務の現状と今後の展望
 -病院管理者の立場から(近森 正幸)
医師事務作業補助の仕事の現状と今後のあり方(瀬戸 僚馬)
病院における医療クラークの果たすべき役割と今後(山田 奈美恵)
多職種・院内外をつなぐ地域医療連携室の役割(赤星 麻沙子・副島 秀久)
疾病・健康管理における医療事務職の役割
 (土屋 由美・宇井 好美・中尾 歩惟・赤司 朋之・平井 愛山)
病院コンシェルジュの取り組み(霜山 芳子)
法律家としての病院支援(越後 純子)
医療者と患者をつなぎ病院と地域を結ぶ
 -医療市民マイスターの取り組み(阿真 京子)


□グラフ
家族と前向きに過ごせる場に
 淀川キリスト教病院 ホスピス・こどもホスピス病院

□アーキテクチャー
医療法人おもと会 大浜第一病院(佐藤 智和)

From Hospital(平良 也寸志)

□世界病院史探訪
ベッド・サイド・ティーチングの場となった聖セシリア病院(石田 純郎)


□特別記事
シンガポールの病院とJCI認証,ならびにメディカルツーリズム(小菅 瑠香)


●医療安全のこれから[4]
医療安全部門の戦略部門への転換
 -メタマネジメント・チェンジマネジメントのケーススタディ(古田 康之)

●二次医療圏データベースの活用[2]
地図機能の使い方(高橋 泰)

●リレーエッセイ 医療の現場から
『風立ちぬ』とサナトリウム(福永 肇)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 地域包括ケアと病院■

巻頭言(山田 隆司)
地域包括ケアシステムのこれから(迫井 正深)
地域包括ケアシステムと病院
 -ICTネットワークを活用した医療と介護の統合を目指して(高橋 肇)
地域包括ケアと介護施設(折茂 賢一郎)
地域包括ケアと在宅医療(高橋 昭彦)
地域包括ケアと多職種連携(秋山 正子)

【事例】地域包括ケアと病院
 都市部民間病院
  医療・介護・住まいの複合型プロジェクトの到達点と課題
  (山本 五十年,猪口 貞樹,鈴木 紳一郎,山本 仙子,
  小宮山 学,早坂 啓伸,石井 信朗,白土 玲子,
  渡辺 多恵子,片岡 キミ,青木 健二,西 仙浩)
 都市部公的病院
  台東区立台東病院の取り組み(杉田 義博)
 都市部サービス付き高齢者向け住宅
  岐阜シティ・タワー43の事業(石原 美智子)
 地域病院
  高知県国保梼原病院の取り組み(内田 望)
 地域包括ケア施設
  地域包括ケアセンターいぶきの取り組み(畑野 秀樹)


□グラフ
地域に根ざした医療と福祉を創造する
 医療法人社団 豊生会グループ

□アーキテクチャー
新百合ヶ丘総合病院(調 恒治,森本 通生)

From Hospital(笹沼 仁一)

□世界病院史探訪
ブルージュの聖ヤンス・ホスピタル(石田 純郎)


●医療安全のこれから[3]
医療安全管理者の秘訣 メタマネジメント・チェンジマネジメントの提案(松浦 真理子)

●〔新連載〕二次医療圏データベースの活用[1]
二次医療圏データベースをどう活用するか(高橋 泰)

●リレーエッセイ 医療の現場から
コクランレビューが日常診療の場で果たす役割(森 臨太郎)

●海外医療情報(二木 立)

3,190円
■特集 医療計画はこう変わる■

巻頭言(松田 晋哉)
第6次医療計画の概要とこれからの医療計画のあり方(松田 晋哉)
地域医療ビジョンの考え方と課題(島崎 謙治)
傷病構造の将来推計(伏見 清秀)
National Databaseを用いた医療計画のための評価指標(藤森 研司)
地理情報システム(GIS)を用いた医療提供体制の評価(石川 ベンジャミン光一)
長野県の医療計画策定(眞鍋 馨)
PDCAサイクルに基づく医療計画の評価(尾形 裕也)
フランスにおける医療計画改革の動向(松田 晋哉)


□グラフ
音楽劇「葉っぱの四季 フレディ」

□アーキテクチャー
竹田綜合病院 総合医療センター(宮村 順)
From Hospital(東瀬 多美夫)

□世界病院史探訪
15世紀に創設されたフランス・ボーヌのオテル・デュー(石田 純郎)


●アンケートが現場を変える-短期集中型業務改善[6]
病院改革はアンケートから始まった(阪本 研一)

●医療安全のこれから[2]
医療安全再考(後編) まだ来ぬ革命,求められるニューマネジメント革命(長谷川 敏彦)

●診療情報管理の最前線[11]
診療情報管理士の未来と課題(阿南 誠)

●病院機能分析の実際[3]
様々な診療機能比較分析(森脇 睦子・伏見 清秀)

●日本発の外国人患者対応認証[3]
湘南鎌倉総合病院のJMIP認証(代田 雄大)

●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…[72]
明日を見つめる病院のために(鉄郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
2つの職種で学んだこと(荒井 有美)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 なぜ今,医療基本法なのか■

巻頭言(井伊 雅子)
医療基本法はなぜ必要か(伊藤 雅治)
医療基本法と医療現場の課題(田中 秀一)
医療基本法はどうあるべきか(前田 哲兵)
財政から見た医療基本法(印南 一路)
患者会の立場から(長谷川 三枝子)
「医療基本法」制定に向けて-日本医師会の検討経緯(今村 定臣)
「医療基本法」制定に向けて-医療基本法案(全日病版)提案の経緯(飯田 修平)


□グラフ
「1F5S」で地域の核になる
 「人」を中心とした堅実な医療と新たなチャレンジ 福山医療センター

□アーキテクチャー
倉敷中央病院-長期間にわたる施設整備の視点から(辻野 純徳)
From Hospital(相田 俊夫)

□世界病院史探訪
ベルギー・レシーヌの薔薇の聖母病院(石田 純郎)


□レポート(投稿)
手術安全チェックリスト導入によるリスクマネジメント
 (長嶋 健・鈴木 ティベリュウ 浩志・中島 正之・宮崎 勝)


●〔新連載〕医療安全のこれから[1]
医療安全再考(前編) 遅すぎた革命から,これからの革命へ(長谷川 敏彦)

●診療情報管理の最前線[10]
診療情報管理士の課題と将来像(大井 利夫)

●病院機能分析の実際[2]
診療科ベンチマーク分析(森脇 睦子・伏見 清秀)

●アンケートが現場を変える-短期集中型業務改善[5]
医師部門に与えたインパクト(阪本 研一)

●日本発の外国人患者対応認証[2]
りんくう総合医療センターのJMIP認証(南谷 かおり)

●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…[71]
一家言ある人この指とまれ QOLということ(鉄郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
地域医療情報データベース「せごどん」(古田 真美)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 病院の経営統合■

巻頭言(猪口 雄二)
経済学におけるM&A(宮島 英昭)
病院の経営統合-合併・再編成等に関する調査をもとに(アイテック株式会社)
病院の再生と統合-現状と今後の課題(翁 百合)
公立・公的病院の統廃合の実態(伊関 友伸)
病院M&Aの実際(谷口 慎太郎)
【事例】病院経営統合・グループ化の意義と理念(古城 資久)
【事例】民間病院の統合と独法化
 -桑名市総合医療センターの地域中核病院の実現への歩み(足立 幸彦・松本 正人・郡 三千男)
海外の医療事業体の成長戦略とM&A(松山 幸弘)


□グラフ
摂食・嚥下機能の支援

□アーキテクチャー
群馬病院(郡 明宏・高野 信)
From Hospital(濱田 秀伯)

□世界病院史探訪
教会に隣接したスペイン・ポルトガルのHospital(石田 純郎)


□特別記事
全館停電訓練による徹底検証(田丸 寿一,他)


●〔新連載〕病院機能分析の実際[1]
地域患者シェアと診療圏分析(森脇 睦子・伏見 清秀)

●診療情報管理の最前線[9]
学校教育と病院の診療情報管理士に対するニーズ(安孫子 かおり)

●アンケートが現場を変える-短期集中型業務改善[4]
業務改善策の作成(阪本 研一)

●〔新連載〕日本発の外国人患者対応認証[1]
医療の国際化とJMIP認証(真野 俊樹)

●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…[70]
患者はなぜ医者を「先生」と呼ぶのか? アンバランス上のかけひき(鉄郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
医療通訳サービスを志して(鄭 君)

●海外医療情報(二木 立)

3,190円
■特集 女性医師のキャリアデザインと病院■

巻頭言(伊関 友伸)
女性医師の果たす役割とこれから(津田 喬子)
女性医師の現状-日本医師会「女性医師の勤務環境の現況調査」より(小笠原 真澄)
海外における女性医師の現状(米本 倉基)
女性医師のキャリアデザイン(野村 恭子)
【座談会】女性医師が働きやすい病院とは
 (惠谷 ゆり・藤巻 高光・三石 知左子・依光 たみ枝・伊関 友伸)
産科・婦人科における女性医師のキャリアデザイン(木戸 道子)
外科における女性医師のキャリアデザイン(前田 耕太郎)
女性の初期研修医・医学生から見た「勤務したい病院」(瀬尾 恵美子)
女性医師支援を通じて地域の医療に貢献する
 -MUSCATプロジェクトの活動と今後(片岡 仁美)
男性医師の育児休業(大城 征)


□グラフ
安心の医療は職員のゆとりから
 北野病院

□アーキテクチャー
南浜中央病院の復興計画(鈴木 慶治)

From Hospital(高階 憲之)

□世界病院史探訪
古代ギリシアの医神アスクレピオスの神殿(石田 純郎)



□研究と報告(投稿)
インシデントに起因する追加的医療費算出の試み
 (江上 廣一・廣瀬 昌博・津田 佳彦・大濱 京子・本田 順一・島 弘志・今中 雄一)

□特別記事
災害に強い病院とは(小林 直樹)



●診療情報管理の最前線[8]
診療情報管理士の卒前教育(武田 隆久)

●アンケートが現場を変える-短期集中型業務改善[3]
改善を望む声(阪本 研一)

●決算書類を読みこなす[6](最終回)
病院経営と税金(牧 健太郎)

●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…[69]
家族が側を離れた時(鉄郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
現場の力になる広報を目指して(鍋嶌 紋子)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 これからの看護教育と病院■
巻頭言(神野 正博)
これからの病院と看護教育のあり方(井部 俊子・奥 裕美)
高度化する看護基礎教育に求められるもの(小松 浩子)
新人看護職員の臨床研修のあり方-努力義務化から4年目の課題(熊谷 雅美)
看護の継続教育のあり方(竹股 喜代子・渋谷 美香)
特定行為を担う看護師の養成と認証制度(山西 文子・松本 純夫)
近未来の看護と病院・学校の役割(星 北斗)
【事例 看護教育と病院】
 看護職の人材育成とサポート-上尾中央医科グループ(柳谷 良子・小林 亜紀・保坂 さとみ)
 春日部方式による病院・看護学校の運営と看護教育(山元 恵子・小谷 昭夫)
 職員の強みを活かした「組織づくり」「人づくり」-長田病院(武藤 節子・江崎 宣子)


□グラフ
チーム全員で 質の高い医療を
 聖マリア病院

□アーキテクチャー
心臓血管研究所付属病院(斎藤 俊一郎)
From Hospital(石川 宏幸)

□世界病院史探訪
トルコ,シリアの病院・医学校(石田 純郎)


●決算書類を読みこなす[5]
管理会計(牧 健太郎)

●診療情報管理の最前線[7]
医師と診療情報管理(高橋 長裕)

●アンケートが現場を変える-短期集中型業務改善[2]
アンケートのねらい(阪本 研一)

●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…[68]
在宅ホスピスケアを伝える (3)絵本のアンケート調査(鉄郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
ブログを書き続けているわけ(高橋 裕子)

●海外医療情報(二木 立)
3,190円
■特集 リビングウィルを考える■

巻頭言(井伊 雅子)
リビングウィルと法(樋口 範雄)
尊厳死のあり方-リビングウィルの法制化(岩尾 總一郎)
“good death”とリビングウィル(会田 薫子)
事前指示をめぐる世界の状況と日本(岡村 世里奈)
Advance Care Planningへの取り組み(三浦 久幸)
患者の死と家族のケア-プライマリ・ケアの立場から(望月 亮)
ベッドサイドに仏教がある風景-緩和ケアに参加した僧侶の経験から(長倉 伯博)


□グラフ
地域の透析医療を支える
 医療法人衆和会 長崎腎病院

□アーキテクチャー
北海道整形外科記念病院(小川 孝)
From Hospital(兼平 修治)

□〔新連載〕世界病院史探訪
スルタンが建てたモスクの病院(石田 純郎)



●〔新連載〕アンケートが現場を変える-短期集中型業務改善[1]
新築移転への不安(阪本 研一)

●診療情報管理の最前線[6]
DPC病院にとっての診療情報管理士(藤森 研司)

●医療ソーシャルワーカーの働きを検証する[80]〔最終回〕
【最終回記念対談】病院の社会的責任と医療ソーシャルワーク(炭谷 茂・村上 須賀子)

●決算書類を読みこなす[4]
経営分析(後編)(牧 健太郎)

●鉄郎おじさんの 町から病院や医療を見つめたら…[67]
在宅ホスピスケアを伝える (2)絵本の完成から配布へ(鉄郎)

●リレーエッセイ 医療の現場から
医師事務作業補助者の役割(藤原 典子)

●海外医療情報(二木 立)

おすすめの購読プラン

病院の内容

  • 出版社:医学書院
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:不定期
病院の運営管理など最新のトピックスを紹介
「特集」では、病院運営管理にとって大切なテーマを各方面から解説。その他に、各施設・各部門での現場における問題意識に基づいた取り組みや提言を紹介。さらに、病院の財務・経営・法律・建築など、多岐にわたるテーマで連載を展開。

病院の目次配信サービス

病院最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

病院の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.